研究余録 ~全集目次総覧~ TOP  >  スポンサー広告 >   >  安岡章太郎 >  『安岡章太郎集』全10巻

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『安岡章太郎集』全10巻

『安岡章太郎集』全10巻(岩波書店、1986.6~1988.5)



第1巻 1986.6.18
 
ガラスの靴…………………………………… 1
ジングルベル…………………………………27
宿題……………………………………………43
愛玩……………………………………………81
蛾………………………………………………99
ハウス・ガード…………………………… 117
陰気な愉しみ……………………………… 137
悪い仲間…………………………………… 155
剣舞………………………………………… 191
勲章………………………………………… 223
築地小田原町……………………………… 245
吟遊詩人…………………………………… 265
家庭………………………………………… 283
王様の耳…………………………………… 299
体温計……………………………………… 319
逆立………………………………………… 337
うらない師………………………………… 357
科学的人間………………………………… 375
夢みる女…………………………………… 403
秘密………………………………………… 423
習作
首斬り話………………………………… 443
洋袴祭…………………………………… 453
*後書―習作のころ……………………… 467
 

第2巻 1986.7.18
 
青馬館………………………………………… 1
青髭……………………………………………41
マルタの嘆き…………………………………67
音楽の授業……………………………………89
故郷………………………………………… 109
キリザンショ……………………………… 133
サアカスの馬……………………………… 163
鶏と豪蔵…………………………………… 173
肥った女…………………………………… 193
松の木のある町で………………………… 215
職業の秘密………………………………… 241
銃…………………………………………… 257
猥褻な飲料………………………………… 273
D町のにおい ……………………………… 291
老人………………………………………… 311
もぐらの手袋……………………………… 329
顔の責任…………………………………… 351
茶色の馬…………………………………… 373
青葉しげれる……………………………… 395
*後書……………………………………… 437
 

第3巻 1986.9.18
 
美しい瞳……………………………………… 1
鼻の中の目覚時計……………………………19
緑色の豚………………………………………47
一年後…………………………………………63
相も変らず……………………………………95
雨…………………………………………… 135
河豚………………………………………… 151
子供部屋…………………………………… 169
餓…………………………………………… 187
質屋の女房………………………………… 205
革の臭い…………………………………… 223
家族団欒図………………………………… 243
むし暑い朝………………………………… 261
裏庭………………………………………… 319
軍歌………………………………………… 343
焼き栗とアスパラガスの街……………… 363
野の声……………………………………… 393
猫の庭……………………………………… 413
埋まる谷間………………………………… 443
*後書……………………………………… 463
 

第4巻 1986.11.18
 
ソウタと犬と………………………………… 1
テーブル・スピーチ…………………………35
木の上の生活…………………………………81
聊斎私異…………………………………… 103
走れトマホーク…………………………… 125
球の行方…………………………………… 147
瀑布………………………………………… 165
ケベックの雨……………………………… 191
父の日記…………………………………… 257
夜半の波音………………………………… 279
ピクニックの憂鬱………………………… 301
血ぼくろ…………………………………… 327
放屁抄……………………………………… 351
猶予時代の歌……………………………… 373
切腹………………………………………… 395
離島にて…………………………………… 417
遥かなるイリノイ………………………… 449
*後書……………………………………… 477
 

第5巻 1986.8.28
 
遁走…………………………………………… 1
舌出し天使………………………………… 171
海辺の光景………………………………… 327
*後書……………………………………… 453
 

第6巻 1986.10.23
 
花祭…………………………………………… 1
私説聊斎志異……………………………… 163
*後書……………………………………… 375
 

第7巻 1988.4.18
 
幕が下りてから……………………………… 1
月は東に…………………………………… 285
*後書……………………………………… 489
 

第8巻 1988.1.18
 
流離譚 上…………………………………… 1
*後書……………………………………… 477
 

第9巻 1988.2.18
 
流離譚 下…………………………………… 1
*後書……………………………………… 495
 

第10巻 1988.5.18
 
大世紀末サーカス…………………………… 1
千年の終末………………………………… 3
欲ばりよこはま……………………………13
老芸人の執念………………………………25
闇に浮ぶ顔…………………………………36
見せ物「日本人」…………………………47
カリフォルニアは金の里…………………58
美麗なる日本少年…………………………68
くろしん国から雪のニューヨークへ……78
エレベーターと時計………………………88
国王に招かれ,あつ両致す ………………99
旅芸人かたぎ…………………………… 109
天は人の下に人をつくらず…………… 119
さすらう人々…………………………… 131
魔術師の挫折…………………………… 141
踏みこんでこそ,あとは極楽 ………… 151
花の万博パリの鞘当て………………… 161
怪人モンブラン………………………… 171
フランス貴族の尊王論………………… 181
パリの空は晴れても…………………… 191
風船はふくらむ………………………… 201
パリの歓び……………………………… 212
復讐はボディー・ブロウの如く……… 223
リオンの艶福…………………………… 234
氷雨のロンドン………………………… 245
広八,抜刀奮戦のこと ………………… 255
テームズの川風に吹かれて…………… 266
広八,粘り抜く ………………………… 276
泥棒するならイギリスで……………… 286
異境の亡命者たち……………………… 296
オフェリヤの歌………………………… 306
うしころしと異端審問………………… 317
明るい空,暗い思い …………………… 327
世紀を占う水晶の玉…………………… 338
秋風落莫………………………………… 348
旅の終りに……………………………… 359
世紀送迎の声…………………………… 370
*後書……………………………………… 381
*年譜(鳥居邦朗)……………………… 393
*著作目録(鳥居邦朗)………………… 405
[ 2011/04/04 22:16 ] 安岡章太郎 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール
本サイトでは管理人が趣味で作成したデータベースを公開しています。著作権等の知的財産権を侵害する意図はありません。ご要望のある方はお知らせください。速やかに対応致します。なお、データの無断複製・転載はお断りしています。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。