研究余録 ~全集目次総覧~ TOP  >  スポンサー広告 >   >  安岡章太郎 >  『安岡章太郎随筆集』全8巻

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『安岡章太郎随筆集』全8巻

『安岡章太郎随筆集』全8巻(岩波書店、1991.6~1992.2)



第1巻 初期随筆 1992.2.3
 
I
「青馬」のあとに………………………… 3
夢―芥川賞受賞のことば………………… 5
私の文章…………………………………… 7
随想…………………………………………11
モデルと小説………………………………14
臭い臭ひ……………………………………18
マンジュウの味……………………………23
自家中毒者の弁……………………………26
毒を以て毒を制す…………………………29
私小説の不可能性…………………………38
「第三の新人」ということ………………45
身近な言葉…………………………………49
野間宏論……………………………………55
II
僕の少年時代………………………………69
サーカスの馬―市立一中時代……………73
作家の生活…………………………………77
「さんまの歌」の想い出…………………83
築地小田原町の下宿………………………86
不機嫌な顔と冷たいタオル………………93
恋愛失格……………………………………96
思想音痴からの発言…………………… 103
ロバの声………………………………… 114
F上等兵のこと ………………………… 117
キャット・キラー・カクテル………… 120
病気と私………………………………… 125
憲法と「ホドナー」…………………… 132
メイ・アイ・ヘルプ…………………… 138
論語に異議あり―三十ニシテ立タズ… 142
海色の外套……………………………… 149
悪妻礼讃………………………………… 157
モン・パパの記………………………… 165
III
ぼくの男性観…………………………… 177
女性恐怖………………………………… 181
ピアノのおけいこ……………………… 186
直言居士と被直言居士………………… 193
勲章……………………………………… 201
クミトリ文化…………………………… 207
“兵(ツワモノ)どもが夢の跡”を追って…… 217
赤線という名の不死鳥………………… 228
眠りをさそう奇怪な交響楽…………… 244
IV
8・15の前と後―私の読書遍歴 ……… 257
時計の由来……………………………… 260
書斎の工夫……………………………… 263
茶の湯とコーヒー……………………… 273
ニセモノの優秀性……………………… 283
スイゾウうまい………………………… 290
ガマ的反省……………………………… 293
文士は商売になるか…………………… 295
妥協する地点…………………………… 298
タコ部屋とニコヨン…………………… 301
服部君のこと…………………………… 306
三人の写真……………………………… 309
僕の悪い仲間…………………………… 311
頭髪……………………………………… 319
耳垢譚…………………………………… 323
歯は葉にして…………………………… 326
*後記……………………………………… 331
*〔初出〕………………………………… 332
 

第2巻 アメリカ感情旅行 1991.7.3
 
アメリカ感情旅行…………………………… 1
はしがき…………………………………… 3
I ある劣等感……………………………… 5
II 差別と偏見 ……………………………21
III 休日の憂鬱……………………………37
IV ある親近感 ……………………………52
V 自動車旅行………………………………68
VI よそ者たち ……………………………84
VII 宣誓式とニグロ集会……………… 100
VIII 風と共に去りぬ ………………… 112
IX 坐りこみ …………………………… 125
X 福祉施設……………………………… 135
XI 魔術師の訊問 ……………………… 146
XII 気質のちがい……………………… 166
XIII テント・シティーの周辺 ……… 180
XIV 旅行者の見たハエについて……… 202
アメリカ再訪……………………………… 217
わがアルト・ハイデルベルヒ………… 219
GOHONZON is only a white paper…… 287
敗北したことは忘れよう……………… 314
私の西部劇紀行………………………… 327
月世界旅行…………………………… 327
蝋人形博物館………………………… 336
テンガロン帽子の孤独……………… 346
自由のキビシサ……………………… 356
*後記……………………………………… 367
*〔初出〕………………………………… 368
 

第3巻 文学論的交友録 1991.6.3
 
井伏鱒二……………………………………… 1
井伏さんとマタタビ……………………… 3
知らぬが仏………………………………… 6
「鯉」の想い出…………………………… 9
井伏文学の洗脳力…………………………10
ふるさとへ帰る……………………………13
井伏鱒二……………………………………26
色調の下に…………………………………59
朝焼け夜空…………………………………72
おかしみに就いて―「小黒坂の猪」……77
井戸の底から………………………………80
好きな詩……………………………………99
井伏鱒二の文章と歴史………………… 102
「海揚り」……………………………… 120
抑え難い魅力―「海揚り」…………… 122
「荻窪風土記」………………………… 125
「鯉」について………………………… 127
「鞆ノ津茶会記」……………………… 139
鶏のいる風情…………………………… 141
事実と真実……………………………… 145
「仕事部屋」―せめぎ合う羞恥心と情熱…… 155
第三の新人………………………………… 161
吉行淳之介……………………………… 163
三番センター庄野潤三君……………… 192
近藤啓太郎の親切心について………… 210
「抱擁家族」の頃……………………… 225
遠藤周作のウソとマコトについて…… 229
あの人,この人 …………………………… 245
クサリガマ伝説………………………… 247
一つの飢餓感…………………………… 251
山川方夫君のこと……………………… 257
練馬大王梅崎春生の死………………… 262
大江君の体操…………………………… 279
顔の印象………………………………… 282
詩人の肖像……………………………… 288
散歩者の孤独…………………………… 307
川端さんの笑顔………………………… 311
北原さんのこと………………………… 315
欲望について…………………………… 320
河上さんと郷土………………………… 323
年々歳々………………………………… 328
通信……………………………………… 332
*後記……………………………………… 341
*〔初出〕………………………………… 341
 

第4巻 志賀直哉 1991.10.3
 
志賀直哉私論………………………………… 1
「暗夜行路」その背景…………………… 3
二つの自我…………………………………30
下谷根岸お行の松…………………………71
都市と農村……………………………… 103
風土的拒否反応………………………… 121
風土と思想……………………………… 162
私小説の成立…………………………… 196
暗夜行路後篇…………………………… 230
志賀直哉をめぐって……………………… 283
志賀直哉訪問記………………………… 285
持続する文体…………………………… 318
「暗夜行路」…………………………… 331
友情と肉親……………………………… 334
「和解」への道筋……………………… 385
無作為のフィクション………………… 392
志賀先生の遺言………………………… 399
「志賀直哉私論」について…………… 404
イメージを生む力―「志賀直哉全集」を推す…… 406
仕事と名声……………………………… 408
志賀直哉宛書簡について……………… 414
昭和をつくった七〇〇人―志賀直哉… 418
尋ねあぐねて…………………………… 420
*後記……………………………………… 423
*〔初出〕………………………………… 424
 

第5巻 時評と文学と 1991.8.2
 
時代,そして社会 …………………………… 1
「愛国心」について……………………… 3
途上大国のハシカ,オリンピック ………19
雲の中の革命劇……………………………29
隔靴掻痒……………………………………48
セメント時代の思想………………………51
虚無的な世相………………………………69
怨念―日本人の怒りについて……………74
休日恐怖……………………………………78
忠誠心とさとごころ………………………82
私の紙面批評………………………………87
考えさせられる江川問題………………87
アジア的「常識」と疑惑と……………91
過保護とエリート意識…………………95
釈然とさせたい政治記事………………99
終末の言葉……………………………… 103
田んぼの中のバッハ・ホール………… 108
「昭和」はいつも新しかった………… 115
しごとの周辺…………………………… 128
「金鶏」の役目……………………… 128
変革の順序…………………………… 129
あれから五十年……………………… 130
テレビ時代…………………………… 131
僕の文学<論>…………………………… 133
デブの自尊心…………………………… 135
ちいさな片隅の別世界………………… 142
感じたままに書く……………………… 158
日本語の授業…………………………… 162
憂鬱な季節―芥川賞選評に代えて…… 171
おのが身の闇―与謝蕪村……………… 173
見えざる主人公―森鴎外……………… 186
近代化と文学―夏目漱石……………… 195
水の流れ―永井荷風…………………… 208
風景の底にあるもの―内田百 ……… 234
三種の神器―梶井基次郎……………… 238
逆説の文体―坂口安吾………………… 243
失われた故郷―太宰治………………… 252
奪われたものの豊富な体験―大江健三郎…… 286
*後記……………………………………… 305
*〔初出〕………………………………… 306
 

第6巻 さまざまな旅 1991.9.3
 
I
東北弁の旅情……………………………… 3
豊かな自然と貧弱な人工…………………12
弘前・暗さのなかの明るさ………………21
毛里田・足尾………………………………32
枕崎,坊津,種子島…………………………45
わが家のチミモーリョー…………………57
なやましき京都……………………………83
隅田川―流域紀行…………………………96
II
ソビエト感情旅行 七月七日(日)… 125
ソビエト感情旅行 七月八日(月)… 140
メキシコ―アメリカに近すぎる国…… 156
ブドンゴの森で………………………… 179
“ああ戦いの焼き栗…”……………… 209
北米紀行………………………………… 248
晴れた空曇った顔……………………… 256
葡萄畑の精霊…………………………… 272
コルクの栓と固い壜…………………… 288
バルセロナの白ゴリラ………………… 297
*後記……………………………………… 303
*〔初出〕………………………………… 304
 

第7巻 自伝の試み,歴史への問い 1991.12.3
 
僕の昭和史…………………………………… 1
僕の昭和史………………………………… 3
きれぎれの憶い出………………………… 243
私の新体制……………………………… 245
「ヘ・コシロ」のこと………………… 248
コブの記憶……………………………… 253
「ガラスの靴」の頃…………………… 263
「先生」になった頃…………………… 271
別館の記………………………………… 275
歴史への問い―「流離譚」をめぐって… 281
歴史小説について……………………… 283
歴史について…………………………… 288
脱走者の兄……………………………… 292
龍馬と革靴……………………………… 299
街道の温もり…………………………… 304
私の中の歴史…………………………… 317
*後記……………………………………… 321
*〔初出〕………………………………… 322
 

第8巻 作家の楽しみ,人生の楽しみ 1991.11.5
 
I
ゴヤと応挙………………………………… 3
博物館と新開地と…………………………15
画家と小説家の自我 小出楢重…………29
肉体的な刺戟の滑稽感―「切腹」………41
魔力の消え失せた影像―「イワン雷帝」……53
映画館は不良の巣・興奮の場……………66
パリ祭………………………………………71
音楽の愉しみ………………………………73
悔恨と音楽…………………………………77
ステレオの慰め……………………………82
おたまじゃくし漫歩………………………85
II
北国の旦那……………………………… 103
亮という人……………………………… 110
麓さんのこと…………………………… 117
なまけの恥……………………………… 122
語学の習練……………………………… 136
春さきということ……………………… 142
消えたオノト・ザ・ペン……………… 144
痛みの記憶……………………………… 151
私の進化論―猿が人間になるまでの孤独の役割…… 157
京都のゴリラ三代記…………………… 172
III
松茸とトリュッフ……………………… 187
ビフテキからおろし粥まで…………… 209
くまびき譚……………………………… 211
父の酒…………………………………… 214
無類の適応力まざまざと……………… 227
本と時代とわたくしと………………… 237
「放屁抄」蛇足………………………… 255
犬の教訓………………………………… 263
コンタと命名…………………………… 276
犬の戸叩き……………………………… 290
コンタの上に雪ふりつもる…………… 292
犬と遊べば……………………………… 298
投込み寺の詩碑―浅草・吉原………… 306
山門暮色―赤羽・荒川………………… 313
夢の白帆―大森………………………… 321
河原から峡谷の小径を辿って―多摩川河畔…… 329
*後記……………………………………… 337
*〔初出〕………………………………… 339
[ 2011/04/04 22:18 ] 安岡章太郎 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール
本サイトでは管理人が趣味で作成したデータベースを公開しています。著作権等の知的財産権を侵害する意図はありません。ご要望のある方はお知らせください。速やかに対応致します。なお、データの無断複製・転載はお断りしています。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。