研究余録 ~全集目次総覧~ TOP  >  スポンサー広告 >   >  保田与重郎 >  『保田与重郎選集』全6巻

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『保田与重郎選集』全6巻

『保田与重郎選集』全6巻(講談社、1971.9~1972.2)



第1巻 1971.9.12
 
戴冠詩人の御一人者 緒言………………… 5
戴冠詩人の御一人者………………………… 9
大津皇子の像…………………………………49
白鳳天平の精神………………………………63
当麻曼荼羅……………………………………73
斎宮の琴の歌…………………………………89
雲中供養仏……………………………………94
更級日記…………………………………… 107
建部綾足…………………………………… 125
饗宴の芸術と雑遊の芸術………………… 135
明治の精神………………………………… 144
英雄と詩人 正岡子規について………… 188
他界の観念………………………………… 198
ルツインデの反抗と僕のなかの群衆…… 207
清らかな詩人……………………………… 225
民族と文芸 はしがき…………………… 243
尾張国熱田太神宮縁記のこと 並びに 日本武尊楊貴妃になり給ふ伝説の研究…… 248
蓬莱島のこと……………………………… 266
百人一首概説……………………………… 277
天王寺未来記のこと……………………… 295
道成寺考…………………………………… 302
仙人記録…………………………………… 340
花のなごり………………………………… 374
残花余語…………………………………… 397
アジアの廃墟……………………………… 411
文明開化の論理の終焉について………… 424
未だ輝かざる黎明………………………… 432
*後書……………………………………… 435
 

第2巻 1971.10.12
 
日本の橋 はしがき………………………… 5
誰ケ袖屏風…………………………………… 6
日本の橋………………………………………19
河原操子………………………………………48
木曽冠者………………………………………73
後鳥羽院 増補新版の初めに…………… 120
後鳥羽院 序……………………………… 122
日本文芸の伝統を愛しむ………………… 124
物語と歌…………………………………… 135
宮廷の詩心………………………………… 183
桃山時代の詩人たち……………………… 194
後水尾院の御集…………………………… 203
近世の唯美主義…………………………… 225
芭蕉の新しい生命………………………… 237
近世の発想について……………………… 249
蕪村の位置………………………………… 258
近代文芸の誕生…………………………… 266
承久拾遺…………………………………… 276
契冲と芭蕉………………………………… 300
国学の源流………………………………… 308
ヱルテルは何故死んだか………………… 320
ロツテの弁明……………………………… 369
セント・ヘレナ…………………………… 386
解題………………………………………… 435
*後記……………………………………… 446
 

第3巻 1971.11.12
 
万葉集の精神 その成立と大伴家持 序… 5
万葉集と家持………………………………… 9
慟哭の悲歌……………………………………20
嗚咽の哀歌……………………………………39
言霊の風雅……………………………………67
時代(1) ……………………………………84
少年期……………………………………… 108
家庭と文化………………………………… 119
青年………………………………………… 150
時代(2) ………………………………… 200
回想と自覚………………………………… 221
運命………………………………………… 358
飛鳥の濫觴………………………………… 378
吉野離宮の濫觴…………………………… 400
山ノ辺ノ道の濫觴………………………… 417
額田王の念持仏…………………………… 429
*後記……………………………………… 438
 

第4巻 1971.12.12
 
和泉式部論…………………………………… 5
西行……………………………………………36
紀貫之…………………………………………44
芭蕉 はしがき………………………………53
祭と文芸………………………………………55
野ざらしの旅…………………………………75
有心と無心……………………………………94
道と俳諧…………………………………… 126
風雅論の歴史感覚………………………… 145
匂附の問題………………………………… 166
軽みと慟哭………………………………… 188
甲子吟行「御廟」の句について………… 203
「橿ノ下」私抄…………………………… 209
近世第一の歌人…………………………… 266
『南山踏雲録』執筆の由来……………… 270
佐藤春夫 はしがき……………………… 274
課題と意義………………………………… 276
新文明と詩人……………………………… 283
浪曼主義と自然主義……………………… 296
近代文学と小説…………………………… 313
事変と文学者……………………………… 331
言ひ訣け風な註釈………………………… 345
読者に……………………………………… 355
終りの春の花……………………………… 359
萩原朔太郎詩集解題……………………… 362
土井晩翠詩集解題………………………… 380
落柿舎のしるべ…………………………… 396
明恵上人…………………………………… 420
五升庵址碑建立ノ記……………………… 431
*後記……………………………………… 443
 

第5巻 1972.1.28
 
鳥見のひかり………………………………… 5
にひなめ と としごひ……………………71
初国……………………………………………92
磐余道…………………………………………97
島ノ庄の石舞台…………………………… 112
檜隈墓の猿石と益田の岩船……………… 123
潮干のなごり……………………………… 133
京あない…………………………………… 142
日ノ岡名号石……………………………… 161
奈良てびき………………………………… 163
「月夜の美観」について………………… 184
涙河の弁…………………………………… 198
民芸運動について………………………… 215
「日本人の美的生活」といふことについて…… 222
長谷寺……………………………………… 235
玉井西阿伝による史談…………………… 302
天杖記……………………………………… 380
*後記……………………………………… 455
 

第6巻 1972.2.28
 
みやらびあはれ……………………………… 5
『祖国』発刊の趣旨…………………………30
『日本に祈る』自序…………………………32
『日本に祈る』後記…………………………34
しぬびごと……………………………………55
祭文四篇………………………………………57
祝詞講義意宴時告神詞……………………57
一年祭詞……………………………………57
祭文…………………………………………58
禁門戦争百年祭詞…………………………58
契約の血………………………………………60
回顧の契点と今日の課題……………………73
『三十三年之夢』恵州事件に就て…………83
河井寛次郎……………………………………85
『新論』創刊の辞……………………………94
皇大神宮の祭祀………………………………96
当麻曼荼羅についての談話……………… 114
太平記と大楠公…………………………… 119
秋風のひと………………………………… 131
二十年私志………………………………… 136
乾十郎……………………………………… 149
義仲寺再建………………………………… 156
日本の歌…………………………………… 159
教育について……………………………… 162
元禄といふ時代…………………………… 172
松園女史讃………………………………… 175
鬱結ノ記…………………………………… 180
日本浪曼派の時代………………………… 195
*後記……………………………………… 453
[ 2011/04/04 22:18 ] 保田与重郎 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール
本サイトでは管理人が趣味で作成したデータベースを公開しています。著作権等の知的財産権を侵害する意図はありません。ご要望のある方はお知らせください。速やかに対応致します。なお、データの無断複製・転載はお断りしています。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。