研究余録 ~全集目次総覧~ TOP  >  スポンサー広告 >   >  山口誓子 >  『山口誓子全集』全10巻

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『山口誓子全集』全10巻

『山口誓子全集』全10巻(明治書院、1977.1~1977.10)



第1巻 俳句集 1 1977.1.25
 
凍港…………………………………………… 1
序(高浜虚子)…………………………… 3
跋……………………………………………49
黄旗……………………………………………51
序……………………………………………52
炎昼………………………………………… 115
「黄旗」以後に於ける山口誓子の業績(水原秋桜子)…… 117
編輯後記………………………………… 195
七曜………………………………………… 199
初学抄……………………………………… 273
*初出百句………………………………… 339
*解題(松井利彦)……………………… 343
*解説(平畑静塔)……………………… 346
 

第2巻 俳句集 2 1977.3.25
 
激浪…………………………………………… 1
寄誓子(川田順)………………………… 3
遠星………………………………………… 167
後記……………………………………… 301
*初出百句………………………………… 303
*解題(松井利彦)……………………… 307
*解説(平畑静塔)……………………… 314
 

第3巻 俳句集 3 1977.6.25
 
晩刻…………………………………………… 1
青女………………………………………… 107
後記……………………………………… 166
和服………………………………………… 169
後記……………………………………… 250
構橋………………………………………… 253
後記……………………………………… 324
*初出百句………………………………… 329
*解題(松井利彦)……………………… 333
*解説(平畑静塔)……………………… 337
 

第4巻 俳句集 4 1977.9.25
 
方位…………………………………………… 1
後記…………………………………………75
青銅……………………………………………79
後記……………………………………… 149
一隅………………………………………… 155
後記……………………………………… 221
不動………………………………………… 229
後記……………………………………… 287
雪嶽………………………………………… 297
後記……………………………………… 325
*初出百句………………………………… 329
*解題(松井利彦)……………………… 333
*解説(平畑静塔)……………………… 337
 

第5巻 自伝回想集 1977.2.25
 
第1章 句による自伝 ……………………… 1
第2章 自叙伝 ………………………………49
第3章 私の履歴書 …………………………79
第4章 祖父のいる随筆 ………………… 119
第5章 京都・樺太の記 ………………… 139
凧の記憶………………………………… 140
活動写真………………………………… 142
幼時の美感……………………………… 143
洋食……………………………………… 144
女難……………………………………… 144
夏祭……………………………………… 146
原敬……………………………………… 147
樺太の思ひ出…………………………… 147
ボーイズ・ビー・アンビシアス……… 152
ラグビイの話…………………………… 154
能登……………………………………… 157
私の京都時代―京大三高俳句会の思ひ出―…… 158
雅号由来記……………………………… 161
佐々木惣一……………………………… 162
出会い…………………………………… 163
わが青春記……………………………… 165
誓子弾琴………………………………… 166
大宅壮一のこと………………………… 168
第6章 詩・人の記 ……………………… 171
初学の頃………………………………… 172
句集『凍港』のことども……………… 174
連作俳句………………………………… 176
高浜虚子………………………………… 183
虚子……………………………………… 184
私の読書遍歴…………………………… 185
川田順さんと私―住友時代の思い出―…… 187
川田順…………………………………… 189
茂吉……………………………………… 190
住友……………………………………… 191
暗い大阪………………………………… 193
鈴鹿の山山……………………………… 198
現代俳句の道標山口誓子,山口波津女,平畑静塔,橋本多佳子,西東三鬼〔出席者〕…… 204
泳ぎ……………………………………… 221
水害雑記………………………………… 222
第7章 西宮の記 ………………………… 225
甲山……………………………………… 226
六甲のひぐらし………………………… 228
火星のことなど………………………… 228
関西……………………………………… 230
第8章 風土の記 ………………………… 233
南山……………………………………… 234
奉天……………………………………… 239
長崎へ…………………………………… 244
松山……………………………………… 248
鳴門の憲吉……………………………… 249
新涼……………………………………… 252
残虫……………………………………… 253
役の行者を思えば……………………… 254
星空をながめて………………………… 255
菰野円空・志摩円空…………………… 257
吉野の奥………………………………… 258
初伊勢…………………………………… 260
移りゆく西宮…………………………… 261
峠路……………………………………… 262
賽郭翁祠碑の石………………………… 263
角定……………………………………… 264
句碑をたずねて………………………… 266
多賀の鳥居……………………………… 271
戸隠行…………………………………… 273
滝原行…………………………………… 276
季節の窓………………………………… 279
小豆島と放哉…………………………… 280
足守と利玄……………………………… 282
湖北……………………………………… 283
木曽行…………………………………… 284
伊勢街道………………………………… 286
御母衣行………………………………… 287
九十九里浜行…………………………… 289
神島……………………………………… 291
高い山から……………………………… 292
神々の国………………………………… 294
参宮街道………………………………… 295
正月の志摩……………………………… 296
奄美大島行……………………………… 297
湯の山の宿……………………………… 299
御斎峠…………………………………… 301
第9章 今昔歳時記十二カ月 …………… 303
年末年始………………………………… 304
二月……………………………………… 307
三月……………………………………… 310
四月……………………………………… 311
五月……………………………………… 314
六月……………………………………… 317
七月……………………………………… 320
八月……………………………………… 322
九月……………………………………… 325
十月……………………………………… 327
十一月…………………………………… 329
十二月…………………………………… 332
*解題(松井利彦)……………………… 337
*解説(松井利彦)……………………… 341
 

第6巻 古典研究集 1977.5.25
 
第1章 芭蕉・蕪村研究 …………………… 1
芭蕉に就ての感想………………………… 2
嵯峨日記…………………………………… 5
須磨・明石…………………………………12
真偽…………………………………………16
芭蕉書翰……………………………………19
旅……………………………………………66
書……………………………………………72
師弟…………………………………………77
芭蕉の言葉…………………………………82
老と病と……………………………………86
芭蕉の再認識………………………………91
連句との交流………………………………93
大阪と芭蕉…………………………………96
敦賀―大垣……………………………… 101
古典としての蕪村俳句………………… 104
わが蕪村………………………………… 109
第2章 子規研究 ………………………… 111
山荘閑談………………………………… 112
正岡子規論……………………………… 117
子規の生長と小説……………………… 126
翁墳……………………………………… 135
角定……………………………………… 138
子規と愚庵……………………………… 142
須磨……………………………………… 147
子規と漱石……………………………… 153
子規と西洋……………………………… 163
正岡子規………………………………… 171
子規と現代俳句………………………… 190
ヘミングウエイと子規………………… 192
子規から茂吉へ………………………… 196
子規と虚子……………………………… 200
子規の俳句について…………………… 204
子規の文章……………………………… 211
第3章 芭蕉俳句鑑賞 …………………… 217
第4章 蕪村俳句鑑賞 …………………… 279
*解題(松井利彦)……………………… 295
*解説(松井利彦)……………………… 299
 

第7巻 俳論 自解集 1977.7.25
 
第1章 新俳句論 …………………………… 1
責任といふこと…………………………… 2
俳壇の趨移を論ず………………………… 5
象徴の鋭角性………………………………20
わが小さき芸術観…………………………22
言葉は蜥蜴のやうなものである…………26
一つの仮説…………………………………29
内部律と外部律とに就いて………………32
俳壇なるもの………………………………34
形象と情緒…………………………………38
梅と俳句……………………………………43
第2章 写生構成・連作論 …………………45
現実と芸術…………………………………46
連作俳句は如何にして作らるゝか………48
ホトトギスの人々とその主張……………51
誤まられたる花鳥諷詠詩…………………61
連作俳句に於ける二三の問題……………66
詩人の視線…………………………………71
連作是………………………………………75
近代俳句小論………………………………76
写生論の変遷………………………………78
第3章 有季定型論 …………………………89
射手の挨拶…………………………………90
子規以後季題観念の変遷…………………90
季題論序説……………………………… 110
胴体の言葉……………………………… 115
俳壇人縦横記…………………………… 128
覚書……………………………………… 132
第4章 戦争俳句論 ……………………… 137
戦争と俳句……………………………… 138
戦争詩歌を語る………………………… 142
戦争俳句………………………………… 147
前線俳句………………………………… 152
現代俳句を中心に(座談会)(岡本松浜,山口誓子,井上白文地,日野草城,皆吉爽雨,嶋田青峰)…… 154
現代文学と俳句………………………… 173
歌の心…………………………………… 176
第5章 対「第二芸術」論・社会性論 … 183
俳句の復活……………………………… 184
俳句今後………………………………… 184
青年は…………………………………… 187
桑原武夫氏へ…………………………… 188
俳句の命脈……………………………… 190
歌のわかれ……………………………… 193
出発の言葉……………………………… 196
白樺……………………………………… 196
序………………………………………… 199
座談会 苦楽園に集ひて(秋元不死男,西東三鬼,山口誓子,谷野予志,平畑静塔)…… 200
俳句と庶民性・社会性………………… 214
第6章 自句自解 ………………………… 219
*解題(松井利彦)……………………… 353
*解説(松井利彦)……………………… 357
 

第8巻 俳話 鑑賞集 1977.4.25
 
第1章 跳躍する芸術(アフォリズム) … 1
季節の挨拶………………………………… 2
遽かなる焚火……………………………… 8
跳躍する芸術………………………………12
結社の頂角…………………………………16
第2章 俳句とは如何なる詩か ……………21
短歌と俳句…………………………………22
選後独断……………………………………24
自分自身の句………………………………25
俳句のはなし………………………………25
実作者の読み………………………………28
随想…………………………………………30
感想…………………………………………32
杜甫と俳句…………………………………35
俳句へのいざない…………………………36
俳句・その作り方…………………………43
飛躍法………………………………………47
定型…………………………………………55
批評…………………………………………57
第3章 俳句と自然・季節 …………………59
随想…………………………………………60
感想…………………………………………60
現実尊重……………………………………61
想像力について……………………………62
安西冬衛の詩業……………………………66
天然と人間…………………………………70
自然と人間…………………………………72
「般若心経」と「連想飛躍法」…………74
貫之と芭蕉…………………………………75
第4章 俳句と言葉 …………………………79
詩より俳句へ………………………………80
言葉について………………………………83
随想…………………………………………86
感想…………………………………………87
言葉について………………………………90
瞬間の言葉…………………………………94
三つの言葉…………………………………98
添削のこと……………………………… 101
第5章 俳句の方法 ……………………… 105
写生構成………………………………… 106
選後独断………………………………… 107
三鬼の句・多佳子の句………………… 107
裏返し…………………………………… 109
挨拶……………………………………… 109
鏡………………………………………… 113
句集『塩田』…………………………… 115
句集『海彦』序………………………… 116
選後私言………………………………… 117
三鬼句集『変身』序…………………… 117
感想……………………………………… 119
「旅寝論」より………………………… 119
短歌写生の説…………………………… 120
花を見て花となる……………………… 121
構図……………………………………… 122
工夫のこと……………………………… 123
第6章 他句鑑賞 ………………………… 127
選後私言(抄)………………………… 128
雑詠句評会(花蓑,紫雲郎,秋桜子,誓子,たけし)…… 129
雑詠句評会……………………………… 136
新選秀吟百句(抄)…………………… 143
秀句の鑑賞(抄)……………………… 159
選後独断(抄)………………………… 285
選後私言(抄)………………………… 294
*解題(松井利彦)……………………… 319
*解説(松井利彦)……………………… 323
 

第9巻 随筆 随想集 1977.8.25
 
第1章 おりおりの人I……………………… 1
回想の秋桜子……………………………… 2
梶井基次郎に関聯して…………………… 8
遠き日の思ひ出……………………………11
青々を偲ぶ…………………………………13
川田さんのこと……………………………14
潁原先生のこと……………………………18
日野草城詩兄………………………………21
三鬼のこと…………………………………23
第2章 おりおりの人II ……………………25
良寛…………………………………………26
山陽のこと…………………………………28
気といふこと………………………………34
子規の清貧…………………………………36
子規について………………………………40
蘇山人………………………………………41
愚庵…………………………………………54
鴎外の「医者」……………………………58
鴎外…………………………………………61
藤村のこと…………………………………65
槐南の詩……………………………………68
贄崎…………………………………………70
桃源境………………………………………71
「悲報来」「一本道」……………………73
茂吉の理解…………………………………75
茂吉の歌一首………………………………78
芭蕉と茂吉…………………………………80
茂吉と虚子…………………………………82
芥川龍之介…………………………………85
第3章 日記抄(アフォリズム) …………87
日記抄………………………………………88
死の随筆……………………………………95
日記抄………………………………………98
第4章 四季おりおり …………………… 127
一歩をかけぬ…………………………… 128
初富士…………………………………… 129
さくら…………………………………… 130
惜春……………………………………… 130
新緑……………………………………… 131
水玉模様………………………………… 132
七月の歳時記…………………………… 133
虫干追憶………………………………… 136
雲の峯…………………………………… 138
蟋蟀など………………………………… 140
虫………………………………………… 144
草………………………………………… 147
無花果…………………………………… 150
海辺の雪………………………………… 152
冬至……………………………………… 157
冬の金魚………………………………… 158
大寒……………………………………… 159
第5章 「物」 …………………………… 161
雉と鷹…………………………………… 162
横山外科病院で見たもの……………… 163
蕪村の像………………………………… 165
海浪……………………………………… 167
愚庵の徳利……………………………… 170
郭公……………………………………… 176
狐火……………………………………… 178
惜しむ…………………………………… 180
結城つむぎ……………………………… 182
嫁さん自動車…………………………… 183
眼鏡について…………………………… 184
娼家……………………………………… 189
私の本棚………………………………… 190
星………………………………………… 191
二つの星夜……………………………… 194
柿の句…………………………………… 195
籘椅子…………………………………… 199
初時雨…………………………………… 201
高崎山の猿……………………………… 202
更紗のこと……………………………… 203
伊達黒船………………………………… 205
第6章 「事」 …………………………… 207
安値はフェミニズム…………………… 208
俳句鑑賞論……………………………… 209
子の名前………………………………… 215
校正の話………………………………… 216
書名……………………………………… 219
宰相山雑記……………………………… 220
郷土史…………………………………… 226
茶道……………………………………… 228
ボウルセンさん………………………… 229
堀坂山の雪……………………………… 231
揮毫……………………………………… 233
海の女王………………………………… 235
女体……………………………………… 236
自転車相乗禁断のこと………………… 237
火と闇…………………………………… 238
火こそ神ながら………………………… 240
ぶり網…………………………………… 241
東南アジアの舞踊……………………… 242
高嶺と高齢……………………………… 243
俳句と画・よもやまばなし山本健吉,山口誓子〔対談〕…… 245
ことしの恵方…………………………… 250
第7章 「処」 …………………………… 253
阿蘇のこと……………………………… 254
二条城の記……………………………… 257
海辺にて………………………………… 260
いなびかり……………………………… 263
伊良湖のこと…………………………… 264
方言……………………………………… 265
谿間にて………………………………… 267
木曽馬篭………………………………… 269
龍安寺…………………………………… 270
南紀三輪崎……………………………… 272
安乗盛夏………………………………… 273
椎葉印象記……………………………… 275
東海の天………………………………… 277
淀川のこと……………………………… 278
若狭より奈良へ………………………… 279
季節の窓………………………………… 281
富士山…………………………………… 282
道………………………………………… 284
小話……………………………………… 289
夏の吉野………………………………… 290
印度のこと……………………………… 291
印度にての連想………………………… 294
鳴門と伊良湖…………………………… 295
変わらぬ「白き処女地」……………… 298
東山三十六峯…………………………… 300
喜界島行………………………………… 302
第8章 良書は常に新刊(書評・作品評)…… 305
『秋苑』の一隅に佇ちて……………… 306
『波の群』放談………………………… 308
新万葉集読後感………………………… 311
『岩礁』を読む………………………… 314
東西対談(水原秋桜子,山口誓子) … 319
宇野浩二 一途の道…………………… 338
俳句的散歩……………………………… 339
序………………………………………… 343
能登塩田………………………………… 345
第9章 自画像 …………………………… 349
自画像…………………………………… 350
或る対談………………………………… 351
病人の私は……………………………… 353
*解題(松井利彦)……………………… 355
*解説(松井利彦)……………………… 359
 

第10巻 紀行文 年譜 初句索引 1977.10.25
 
紀行文
第1章 北海道・東北 ……………………… 1
夏の航路…………………………………… 2
山の人々…………………………………… 4
稚内…………………………………………13
白河の関……………………………………14
平泉…………………………………………15
象潟…………………………………………18
出羽三山……………………………………19
松島にて……………………………………22
第2章 関東・信濃 …………………………25
八丈島一周…………………………………26
日光…………………………………………28
堂ヶ島………………………………………30
山姿…………………………………………33
蓼科行………………………………………35
第3章 東海・近江 …………………………39
佐屋行………………………………………40
赤羽根の椿…………………………………42
豊橋…………………………………………43
渥美…………………………………………44
伊良湖………………………………………45
紙漉き………………………………………46
岐阜…………………………………………47
大垣…………………………………………48
伊吹山………………………………………49
彦根…………………………………………52
幻住庵………………………………………53
第4章 伊勢 …………………………………57
桑名…………………………………………58
猿蓑塚………………………………………59
伊勢詣………………………………………60
二見・鳥羽…………………………………65
志摩の崎々…………………………………67
伊賀上野……………………………………68
第5章 京都・大阪・南紀 …………………77
嵯峨…………………………………………78
金福寺………………………………………80
奥丹後半島行………………………………81
和歌山………………………………………83
高野山………………………………………84
潮岬…………………………………………86
雛流し………………………………………87
第6章 奈良 …………………………………89
大仏殿………………………………………90
三月堂………………………………………93
春日神社……………………………………94
唐招提寺……………………………………97
法隆寺………………………………………99
季節の窓………………………………… 102
吉野……………………………………… 103
第7章 北陸・山陰・瀬戸内海 ………… 105
出雲崎…………………………………… 106
市振……………………………………… 107
黒部行…………………………………… 108
金沢……………………………………… 110
山中……………………………………… 112
種の浜…………………………………… 113
打ち水…………………………………… 115
鳴門游記………………………………… 117
須磨……………………………………… 119
第8章 四国・九州 ……………………… 123
松山……………………………………… 124
高松行…………………………………… 125
小豆島行………………………………… 127
高知……………………………………… 129
日向坪谷………………………………… 130
南薩行…………………………………… 132
第9章 国外 ……………………………… 135
新京……………………………………… 136
安奉線…………………………………… 140
アンコール巡礼………………………… 145
仏跡と更紗……………………………… 147
インド行………………………………… 148
タジ・マハール………………………… 150
仏跡……………………………………… 152
ニュージーランド紀行………………… 154
メキシコ紀行…………………………… 156
スリランカ行…………………………… 157
*年譜(松井利彦)……………………… 161
*解題(松井利彦)……………………… 251
*解説(松井利彦)……………………… 255
*初句索引………………………………… 263
[ 2011/04/05 00:34 ] 山口誓子 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール
本サイトでは管理人が趣味で作成したデータベースを公開しています。著作権等の知的財産権を侵害する意図はありません。ご要望のある方はお知らせください。速やかに対応致します。なお、データの無断複製・転載はお断りしています。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。