研究余録 ~全集目次総覧~ TOP  >  スポンサー広告 >   >  山崎正和 >  『山崎正和著作集』全12巻

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『山崎正和著作集』全12巻

『山崎正和著作集』全12巻(中央公論社、1981.10~1982.10)



第1巻 戯曲 1 1982.3.20
 
凍蝶 喜劇一幕……………………………… 3
呉王夫差 三幕六場…………………………61
カルタの城 三幕四場…………………… 157
世阿弥 四幕とエピローグ……………… 251
動物園作戦 四幕六場…………………… 345
*編集覚書………………………………… 441
*書誌……………………………………… 444
 

第2巻 戯曲 2 1982.8.20
 
野望と夏草 三幕六場とエピローグ……… 3
舟は帆船よ 三幕とエピローグ……………97
おう エロイーズ! 一幕……………… 195
実朝出帆 二幕とエピローグ…………… 251
「ト書き」の言葉について―あとがきの代りに―…… 339
木像磔刑 三幕…………………………… 345
強者の友情―あとがきに代へて―…… 432
地底の鳥 二幕十二場…………………… 435
無常の国の二重スパイ―あとがきに代へて―…… 524
*書誌……………………………………… 530
 

第3巻 人生としての芸術 1982.4.20
 
I
人生としての芸術…………………………… 5
1 或る愚問愚答…………………………… 5
2 大衆化時代の芸術論……………………11
3 理性と感性の二元論を超えて…………23
4 芸術的な自己と共同体…………………38
5 満たされた実存…………………………55
II
劇的な精神について―ドラマの恢復と現実の恢復―……69
1 『オイディプース王』の体験…………70
2 「新劇」といふもの……………………74
3 人間を「性格」として見るといふこと……76
4 劇のなり立つ場所………………………79
5 劇の恢復と劇的なものの見方…………82
歴史と悲劇について―木下順二氏への手紙―……87
演劇精神の今日的意義―〈剥ぎとる者〉と〈蔽ふ者〉―……99
III
人は役者、世界は舞台―私の名作劇場―…… 119
序章 演劇は死んだか………………… 121
第1章 崇高なる傲慢―ソフォクレス『オイディプース王』―…… 135
第2章 行動する不機嫌―シェイクスピア『ハムレット』―…… 148
第3章 愛への嫉妬―シェイクスピア『オセロー』―…… 162
第4章 情熱の蘇生―モリエール『タルチュフ』―…… 176
第5章 成熟の悲劇―ラシーヌ『ブリタニキュス』―…… 190
第6章 愛の逆説―ミュッセ『戯れに恋はすまじ』―…… 204
第7章 死にいたる退屈―イプセン『ヘッダ・ガブラー』―…… 216
第8章 観客による救済―チェーホフ『三人姉妹』―…… 230
第9章 憂愁の時代の英雄―ロスタン『シラノ・ド・ベルジュラック』―…… 244
第10章 劇中劇の深淵―ピランデルロ『ヘンリイ四世』―…… 257
第11章 現実の溶解―ピンター『バースデイ・パーティ』―…… 270
第12章 限界としての自我―イヨネスコ『瀕死の王さま』―…… 284
IV
密室のなかの戯曲―ドストエーフスキイ―…… 303
彷徨する激情―ターナー―……………… 313
拡散の時代の造形家―ルノワール―…… 321
V
文化と環境と芸術と……………………… 337
1 歴史的主体のパラドクス…………… 337
2 神話的感受性………………………… 345
3 日本文化の空間意識………………… 353
4 芸術の役割…………………………… 356
都市の復活のために……………………… 359
1 反都市の哲学―“自然に帰れ”の精神…… 359
2 情報のるつぼ―都市の聖域性……… 367
3 新しい都市倫理―欧米と日本の実験…… 373
要なき楽しみ……………………………… 383
*書誌……………………………………… 390
 

第4巻 変身の美学 1982.1.20
 
I
変身の美学―世阿弥の芸術論……………… 5
1 世阿弥との邂逅………………………… 5
2 芸術家の運命―宗教と政治のあひだで……17
3 演技する人間の自由(1)―演技者と観客……37
4 演技する人間の自由(2)―演技者と実存……62
II
反・徹底の哲学―長明と兼好のもうひとつの思想―……85
装飾性の求道者………………………………89
浮世(floating world)のドラマ……… 102
「世のまがひ者」のドラマ―近松門左衛門―…… 116
III
劇的なる日本人…………………………… 131
日本文化の底を流れるもの―室町期の芸術と社交を中心に―…… 168
日本的表現の環境―盆地と私生活―…… 202
IV
室町記……………………………………… 231
第1章 沸騰するるつぼ ……………… 233
第2章 乱世を開いた二人の覇者 …… 240
第3章 乱世を彩る脇役群像 ………… 247
第4章 奇妙な統治者 ………………… 262
第5章 乱世が生んだ趣味の構造 …… 271
第6章 一揆と下剋上 ………………… 287
第7章 乱世の虚実 …………………… 298
第8章 文化人たち …………………… 312
第9章 世界の中の日本 ……………… 340
第10章 活気ある巨大な実験室……… 351
V
“小さな鬼”の不安感…………………… 359
洛南遊行…………………………………… 363
法界寺妄想………………………………… 373
一塊の石―醍醐三宝院の藤渡(戸)の石―…… 383
*書誌……………………………………… 386
 

第5巻 海の桃山記 1981.10.20
 
I
海の桃山記…………………………………… 5
マカオにて………………………………… 7
海へ開く門……………………………… 8
ういきょうの香る「南欧」……………12
悲しきポルトガル………………………17
禁断の国への旅…………………………23
ゴア(インド)にて………………………27
雨と緑と大聖堂と………………………28
「副王波止場」のほとりで……………33
二つの聖堂のあひだで…………………38
ザヴィエルの「法難」…………………43
浜辺の十字架……………………………48
ポルトガル…………………………………53
「近代」の遺跡―リスボンで―………54
海に憑かれた国―リスボンで―………59
日本人とポルトガル人―リスボンで―……63
「戦闘」といふ名の寺―バターリヤで―……67
「数学通り」のある町―クインブラで―……71
国と世界と―ナザレで―………………76
喪はれた海―エーヴォラへ―…………80
天球儀のある噴水―エーヴォラで―…85
スペインからパリへ………………………89
「経・教分離」の失敗―セヴィリアで―……90
トレド今昔………………………………94
或るすれ違ひ―トレドで―……………99
荘厳なる欲望―エスコリアルで―… 103
弱さの自覚―パリで―……………… 107
イタリア………………………………… 113
首都でない首都―ローマで―……… 114
燃え尽きた感動―ローマで―……… 118
矛盾した情熱―ローマで―………… 124
衝動と思想―アッシジで―………… 129
もうひとつのコミュニケイション―フィレンツェへ―…… 134
イタリア人と日本人―フィレンツェで―…… 139
一九七四年夏―フィレンツェで―… 145
陶器の「海の星」―ヴェネチアで―…… 150
あとがき………………………………… 155
II
無常と行動………………………………… 161
土俗と近代の逆説………………………… 189
夢を見ない人―黒田清輝………………… 201
III
私生活者のための歴史―太平記の救済―…… 219
中世の芸能と都会性―徒然草の世界―… 240
IV
日本の自己表現…………………………… 275
1 自己イメージの分裂………………… 275
2 十六世紀は実験室…………………… 287
3 江戸時代の文化政策と現代………… 296
第二次近代化の時代―この十年を振返って―…… 306
V
日本への手紙……………………………… 335
もうひとつの公害……………………… 335
霞を喰ふ文化…………………………… 337
不安な国のたくましい文化…………… 339
死を思ひ出したときに………………… 342
期待されない百一人目………………… 344
自然の玩味と所有……………………… 348
文化の自然……………………………… 350
豊かさとはなにか……………………… 352
ナショナリズムのもうひとつの意味… 355
各論の時代へ…………………………… 357
チャーリー・ブラウンわれらが家父長…… 361
日本人の心とかたち……………………… 364
文明の常識……………………………… 364
無常のリズム…………………………… 367
水の東西………………………………… 369
もうひとつの自然恢復………………… 371
元号とげん直し………………………… 373
演じられた風景………………………… 375
自然回帰のための機械………………… 377
高層建築の「わび」…………………… 380
時計の塔の困惑………………………… 382
悲しき新体詩…………………………… 384
ダイダラザウルスの哀れ……………… 386
いぢらしい国家………………………… 389
恨みを買はない誇り…………………… 391
落書の明暗……………………………… 393
能楽堂の憂鬱…………………………… 396
茶道具とアメリカ人…………………… 398
能と狂気………………………………… 400
鹿鳴館と神風連のあひだ……………… 403
『実朝出帆』…………………………… 406
*書誌……………………………………… 414
 

第6巻 芸術現代論 1982.7.20
 
I
芸術現代論…………………………………… 5
芸術と現実―序にかへて―……………… 7
現代の空間のなかで―建築―……………13
現代の時間のなかで―小説―……………28
現代の「運命」にむかひあって―劇―…44
現代において抒情とはなにか……………59
1 詩………………………………………59
2 音楽……………………………………76
現代において叙事とはなにか……………92
1 テレビ・ドラマ………………………92
2 小説とことば……………………… 107
現代人にはなにが見えるか…………… 123
1 造形芸術…………………………… 123
2 映像芸術(写真)………………… 138
物語の世界を超えるもの……………… 153
1 演劇(古典演劇)………………… 153
2 小説………………………………… 168
現代において記録とはなにか―映画―…… 184
現代において批評とはなにか………… 198
現代において芸術とはなにか………… 213
II
芸術の現状と意味―現代の芸術はどこまで来たか―…… 235
現代演劇・二つの罠―アメリカの小劇場を観て―…… 261
世界と個性………………………………… 274
前衛の土壌………………………………… 281
今日と明日の芸術………………………… 304
III
「文楽協会」の現状と前途……………… 331
可能性に埋もれた虚弱児………………… 339
芸術家を題材にするといふこと………… 342
演劇的感動といふことについて………… 345
世阿弥現代考……………………………… 348
続・日本への手紙………………………… 351
パロディーの意味……………………… 351
演劇は「祭祀」か……………………… 353
ある批評家の死………………………… 355
褒め上手………………………………… 357
ヨーロッパからの脱出………………… 360
シェイクスピアと非ヨーロッパ……… 362
伊勢物語とアメリカの学生…………… 365
パトロネイジといふこと……………… 368
「狂気」の恢復のまへに……………… 372
世阿弥と前衛のあひだで……………… 375
手とイメージ……………………………… 379
1 情報化の歪み………………………… 379
2 変質する情報………………………… 383
3 アイデンティティーの喪失………… 387
4 現代芸術の自己解体………………… 391
5 手仕事としての芸術………………… 397
6 ものの復活…………………………… 400
秋のうた…………………………………… 407
*書誌……………………………………… 408
 

第7巻 鴎外・闘ふ家長 1981.11.20
 
I
鴎外・闘ふ家長……………………………… 5
第1部 ……………………………………… 7
第1章 ふたつの不安 ………………… 8
第2章 ある二十年 ……………………29
第3章 洋行帰りの保守主義者 ………49
第2部 ………………………………………69
第1章 生まれながらの「父」 ………70
第2章 闘ふ家長 ………………………88
第3章 勤勉なる傍観者 …………… 111
第4章 見る人・演じる人 ………… 132
第3部 …………………………………… 163
第1章 愛情のやうな雰囲気 ……… 164
第2章 罰せられた人 ……………… 188
第3章 「石見人」 ………………… 210
あとがき………………………………… 236
II
「バロック的」人間像の発見…………… 243
淋しい人間―夏目漱石―………………… 247
鎖された成熟―田中千禾夫―…………… 277
III
若い芸術家………………………………… 315
『聖女ジャンヌ・ダーク』……………… 317
バートン主演の『ハムレット』………… 319
現代の円型劇場…………………………… 320
成功したニューヨーク能公演…………… 323
ユニークな東洋の発見…………………… 324
オルビーの新作『小さなアリス』……… 326
アメリカ演劇文学の不振………………… 328
演劇と小劇場……………………………… 330
はじめての演出…………………………… 333
戯曲は二度うまれる……………………… 334
《舞台の可能性への試み》……………… 336
ある疑心暗鬼……………………………… 338
現在位置…………………………………… 340
兇暴なチェーホフ………………………… 343
「知識」のこちら側・向かう側………… 345
戯曲と雄弁………………………………… 348
「檐板漢」………………………………… 350
〈公開質問状〉劇作家の未来…………… 352
日本人と「悲劇」………………………… 354
フィレンツェの『世阿弥』公演………… 357
“変はらざる”ヨーロッパの旅………… 360
文化外交に発想の転換を………………… 363
ある賞をめぐる論争……………………… 367
反・文学的演劇の時代ののちに―「手の会」のこと…… 370
「新劇」使命観の減退の時代に………… 375
もうひとつの実朝像……………………… 378
三年目の君子の交はり…………………… 381
ヤン・コット氏のこと…………………… 383
劇と散文のあひだで……………………… 384
劇・歴史・現代…………………………… 387
劇と現実―ピンターの場合……………… 391
*書誌……………………………………… 405
 

第8巻 不機嫌の時代 1981.12.20
 
I
不機嫌の時代………………………………… 5
第1部 ……………………………………… 7
第1章 不機嫌の自覚―志賀直哉― … 8
第2章 その時代―荷風と漱石― ……27
第3章 気分の構造―鴎外― …………50
第2部 ………………………………………61
第1章 「私」と「公」の乖離 ………62
第2章 感情の自然主義 ………………81
第3部 …………………………………… 103
第1章 『それから』の時間 ……… 104
第2章 『明暗』の行動 …………… 127
第4部 …………………………………… 153
第1章 傍観と自虐 ………………… 154
第2章 不機嫌と実存の不安 ……… 187
あとがき………………………………… 206
II
反俗の蹉跌の後に………………………… 211
歴史の衰退と小説の氾濫………………… 223
1 歴史から解放された顔……………… 223
2 「歴史主義」の時代から「地理的」な時代へ…… 228
3 失はれた歴史とはなにか…………… 234
4 小説の氾濫…………………………… 240
5 歴史恢復の可能性…………………… 245
偽せの終末………………………………… 250
文学と自己………………………………… 266
不機嫌の体験……………………………… 276
III
批評家の「私」―江藤淳―……………… 283
眩暈への凝視―石原慎太郎―…………… 300
閉ぢられた世界の探求者―奈良原一高―…… 309
君子が怪力乱神を語るとき―司馬遼太郎―…… 317
現実への不信と帰属―井上靖―………… 328
徴兵忌避者が忌避したもの―丸谷才一―…… 342
IV
みづからの贖罪―ノーマン・メイラー『アメリカの夢』…… 359
静止的なドラマ―野上弥生子『秀吉と利休』…… 364
反語と抒情―郭沫若『則天武后・筑』… 367
思想は思想、人は人―花田清輝『ものみな歌でおわる』 三島由紀夫『喜びの琴』…… 369
能楽を思はせる儀式性―三島由紀夫『英霊の声』…… 372
「現代芸術」か、現代の芸術か―ラゴン『新しい芸術の誕生』…… 375
「和魂洋才」の克服を求めて―平川祐弘『和魂洋才の系譜』…… 378
小島信夫氏の恐ろしさ―『私の作家評伝』を読んで…… 382
*書誌……………………………………… 386
 

第9巻 このアメリカ 1982.2.20
 
I
このアメリカ………………………………… 5
第1章 ある狂人の車 …………………… 7
第2章 大学のある町 ……………………19
第3章 グリニッチ・ヴィレッジにて …29
第4章 草花の咲く庭 ……………………47
第5章 トラックに乗った詩人 …………57
第6章 ふたりの亡命者 …………………70
第7章 「少数者」の緊張 ………………81
第8章 鎖されたひとたちのうた …… 102
第9章 「さまよへる都会」にて …… 122
第10章 「ZEAMI」 …………………… 189
第11章 わかれ………………………… 230
II
猥褻なる存在証明―アメリカ黒人と日本人―…… 255
船と幌馬車の国…………………………… 273
新しきシルクロード―日本の文化的存在証明への道―…… 282
1 影響を及ぼしたことのない文化…… 282
2 「和魂洋才」の破産………………… 285
3 ヨーロッパならざる西洋…………… 291
4 存在証明の再編成…………………… 297
アメリカ“群島”から“大陸”へ……… 302
チェーホフとアメリカ人………………… 305
歴史の国・アメリカ……………………… 307
ある満月…………………………………… 310
個人と国家と儀式………………………… 314
III
言文一致はさかだちしてゐる―思想と実感の間にあるべきもの―…… 325
1 「国語に強くなる」態度を疑ふ…… 325
2 「言」と「文」との定義…………… 327
3 「言」は「文」に従ふべし………… 330
4 らっきょうと猿の寓話……………… 334
少数派意識の多数者……………………… 340
昭和世代への招待………………………… 347
現代化粧論………………………………… 360
コラムから………………………………… 371
他人の人生……………………………… 371
「中程度」の幸福……………………… 374
ちびっ子………………………………… 375
歴史の罪………………………………… 376
しごきと教育…………………………… 377
日本風…………………………………… 378
家のうち・そと………………………… 379
安定への感受性………………………… 380
ある随筆………………………………… 381
日本の文学観…………………………… 382
鍵、鍵、鍵……………………………… 383
保守的反徴兵…………………………… 384
好奇心…………………………………… 385
幸福な国………………………………… 386
日本人とは……………………………… 387
門衛さんの豪語………………………… 388
幼児たち………………………………… 389
「青空」と国際理解…………………… 390
無言の約束……………………………… 391
秘すべきもの…………………………… 392
「できない」自覚……………………… 393
実感の矛盾……………………………… 394
破壊のための言葉……………………… 395
花鳥風月………………………………… 396
敵はまぼろし…………………………… 397
優しくだまされる……………………… 398
教育の“逆説”………………………… 399
団地の「田舎っぺ」…………………… 400
「イーハトヴ」………………………… 401
長髪と思弁……………………………… 402
生活技術の喪失………………………… 403
自分自身に会ふ………………………… 404
対話と自己顕示………………………… 405
批評氾濫の時代に……………………… 406
リレーとマラソン……………………… 407
歩く自由を見出す……………………… 408
批評と奨励賞…………………………… 409
*書誌……………………………………… 410
 

第10巻 病みあがりのアメリカ 1982.6.20
 
I
反体制の条件………………………………… 5
第1部 ……………………………………… 7
反体制の条件…………………………… 8
「永生」の観念―戦後民主主義と喪失感―……32
「教育」の終焉…………………………58
第2部 ………………………………………77
あるアメリカ黒人の死…………………78
悪事の時代の悪―ブロードウェイのふたつの現代劇―……95
ある崩壊の発見―Broadway '68―… 120
滞米雑感……………………………… 140
日本の知識人、アメリカの知識人…… 140
アメリカの社会と学生…………… 144
もうひとつの「太平洋国家」…… 147
新しい模倣の不安………………… 151
第3部 …………………………………… 155
「参加」と「所属」―われわれにとってリアリティーとはなにか…… 156
人間の所属と共生―アメリカ東南部紀行…… 180
II
病みあがりのアメリカ…………………… 217
まへがき………………………………… 219
第1章 やせ我慢の国の荒廃と優しさ…… 221
第2章 社会変化に敏感な演劇 ……… 248
第3章 薄れてきた大国意識 ………… 274
第4章 大学に暮らす日々 …………… 301
第5章 『るつぼを越えて』 ………… 337
第6章 「逆櫓」のついた社会 ……… 355
III
大統領選挙と現代のアメリカ…………… 373
アメリカは病んでゐるか………………… 377
アメリカ大統領選挙をめぐって………… 382
観念の復権………………………………… 386
未来からの脅迫…………………………… 400
続・コラムから…………………………… 410
狼が来るぞ……………………………… 410
「早わかり」の害……………………… 412
未来設計の憂鬱………………………… 414
ピンポンの次は………………………… 417
ニュー・ロックと商業主義…………… 419
現代の「花鳥諷詠」…………………… 421
人道主義の葛藤………………………… 422
「軍国主義」を口にする前に………… 424
イデオロギーの復習…………………… 425
フィレンツェの東洋演劇祭…………… 426
美のオリンピックが教へるもの……… 428
生きがひといふこと…………………… 430
*書誌……………………………………… 433
 

第11巻 おんりい・いえすたでい'60s 1982.5.20
 
I
おんりい・いえすたでい'60s……………… 5
序論・愛憎交々の十年…………………… 7
自己の位置づけを求めて…………………19
「不定愁訴」の時代………………………34
「時代は変った、紅茶にソネット」……46
猿に帰った食生活…………………………56
ながら族とついで族………………………64
「無責任」と「無限責任」の逆説………78
ブラック・ボックスの皮肉………………87
ヤング・オア・ヤング・アット・ハート?……98
キザがムキにならない時代…………… 108
祭りと演出家の時代…………………… 120
口ごもる動乱期………………………… 132
ブームとゲリラの時代………………… 143
フローの情報からストックの情報へ… 157
新しい歳時記…………………………… 170
「ナウ」な時代の不安と楽しみ……… 182
あとがき………………………………… 193
II
現代の神話………………………………… 199
はじめに―片はしから疑ふこと……… 199
「清潔派」主義―大衆(1) ………… 202
「判官びいき」の変質―大衆(2) … 204
地方自治のムダ―反国家(1) ……… 207
「市民」といふ立場―反国家(2) … 210
「多数決」の暴力―民主主義………… 212
「脱亜」と「興亜」―アジア………… 215
「死にがひ」の喪失―生命尊重(1)…… 217
氾濫する疑似冒険―生命尊重(2) … 219
エコノミック・アニマル―自然保護(1)…… 222
「未開に帰れ」?―自然保護(2) … 224
「世代断絶」の被害者―若さ(1) … 227
「父ちゃん坊ちゃん」―若さ(2) … 230
「働きすぎは悪」の論理―レジャー(1)…… 232
空白な時間―レジャー(2) ………… 235
「人生」の手ごたへ―行動(1) …… 238
「男は黙って……」―行動(2) …… 240
「行き先」のない脱出―脱(1) …… 243
「反体制」の構造―脱(2) ………… 246
「情報」といふ騒音―情報(1) …… 248
「情報」のねだん―情報(2) ……… 251
「ポルノ」論争―性(1) …………… 253
結婚と「両性の合意」―性(2) …… 256
教師の幻想―教育……………………… 259
曲り角で考へる…………………………… 262
1 情報化社会とつきあふこと………… 262
2 労働と怠惰のあひだで……………… 270
3 曲り角の感情教育…………………… 279
4 豊かさへの模索……………………… 294
III
論壇時評…………………………………… 311
1970年3月 ……………………………… 311
1970年6月 ……………………………… 317
1970年9月 ……………………………… 323
1970年12月……………………………… 329
「国際交流基金」の宿命………………… 336
大衆社会のなかの小さな声……………… 340
石油危機のもうひとつの教訓…………… 344
寛容とじだらくの間……………………… 348
都市に住む心……………………………… 352
日本の旅と現代の交通…………………… 356
『中央公論』巻頭言……………………… 360
*書誌……………………………………… 374
 

第12巻 演技する精神 1982.10.30
 
I
演技する精神………………………………… 5
第1章 演技とその常識 ………………… 7
1 問ひと対象…………………………… 7
2 日常のなかの演技……………………14
3 「鼎話」的表現構造…………………23
4 古典のなかの演技観(1) …………28
5 古典のなかの演技観(2) …………39
第2章 演技と行動 ………………………55
1 行動の模倣……………………………55
2 行動の構造(1)―意志 ……………67
3 行動の構造(2)―動機 ……………80
4 演技の構造と意味……………………93
第3章 演技と意識 …………………… 109
1 意識のなかの意志と動機………… 109
2 意識の「図」と「地」…………… 118
3 動く意識―ベルクソンの場合…… 127
4 動かない意識―サルトルの場合… 139
5 動いて動かない意識―メルロ=ポンティの場合…… 150
第4章 演技と実存 …………………… 173
1 演技とリズム……………………… 173
2 リズムと世界……………………… 189
3 リズミカルな実存………………… 206
第5章 演技と表現 …………………… 227
1 ふたつの自我の成立……………… 227
2 自己表現と様式…………………… 244
3 演劇としての演技………………… 260
II
映画論ノート……………………………… 281
演劇論ノート……………………………… 298
遊戯論批判………………………………… 316
1 疲労と倦怠のなかで………………… 316
2 遊戯論の昏迷………………………… 319
3 遊戯の慰安…………………………… 327
4 「目的」からの解放………………… 332
近代劇と日本―トマス・ライマー氏との一問一答…… 343
*書誌……………………………………… 366
*山崎正和年譜(谷沢永一,浦西和彦)…… 369
第1部 山崎家略系譜 ……………… 370
第2部 山崎正和履歴 ……………… 372
第3部 著作目録 …………………… 385
第4部 戯曲目録 …………………… 396
第5部 評論・エッセイ・詩・翻訳目録…… 397
第6部 口述・座談目録 …………… 427
第7部 上演・演出目録 …………… 440
[ 2011/04/05 00:37 ] 山崎正和 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール
本サイトでは管理人が趣味で作成したデータベースを公開しています。著作権等の知的財産権を侵害する意図はありません。ご要望のある方はお知らせください。速やかに対応致します。なお、データの無断複製・転載はお断りしています。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。