研究余録 ~全集目次総覧~ TOP  >  スポンサー広告 >   >  山之口貘 >  『山之口貘全集』全4巻

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『山之口貘全集』全4巻

『山之口貘全集』全4巻(思潮社、1975.7~1976.9)



第1巻 全詩集 1975.7.19
 
思弁の苑………………………………………17
序文(佐藤春夫)…………………………18
序文(金子光晴)…………………………19
襤褸は寝てゐる……………………………21
加藤清正……………………………………23
鼻のある結論………………………………26
士族…………………………………………29
猫……………………………………………31
転居…………………………………………33
思弁…………………………………………35
来意…………………………………………37
再会…………………………………………39
座蒲団………………………………………41
傘……………………………………………43
数学…………………………………………45
僕の詩………………………………………48
存在…………………………………………50
食ひそこなつた僕…………………………52
マンネリズムの原因………………………54
無機物………………………………………56
音楽…………………………………………58
会話…………………………………………60
日曜日………………………………………62
挨拶…………………………………………63
岬……………………………………………65
玩具…………………………………………66
第一印象……………………………………68
石……………………………………………70
生きてゐる位置……………………………72
光線…………………………………………73
夢の後………………………………………74
夜……………………………………………76
解体…………………………………………78
青空に囲まれた地球の頂点に立つて……80
賑やかな生活である………………………82
妹へおくる手紙……………………………84
疲れた日記…………………………………86
無題…………………………………………88
夜景…………………………………………90
生活の柄……………………………………91
論旨…………………………………………92
大儀…………………………………………94
鏡……………………………………………95
喰人種………………………………………96
自己紹介……………………………………98
立ち往生……………………………………99
雨と床屋………………………………… 100
萌芽……………………………………… 102
唇のやうな良心………………………… 104
座談……………………………………… 106
端書……………………………………… 110
現金……………………………………… 111
春愁……………………………………… 112
教会の処女……………………………… 113
若しも女を掴んだら…………………… 115
求婚の広告……………………………… 116
杭………………………………………… 117
天………………………………………… 119
散歩スケツチ…………………………… 120
晴天……………………………………… 122
動物園…………………………………… 124
ものもらひの話………………………… 126
後記……………………………………… 128
山之口貘詩集……………………………… 131
喪のある景色…………………………… 132
世はさまざま…………………………… 134
畳………………………………………… 136
炭………………………………………… 138
思ひ出…………………………………… 140
結婚……………………………………… 142
友引の日………………………………… 144
夢を見る神……………………………… 146
上り列車………………………………… 148
弾痕……………………………………… 150
紙の上…………………………………… 152
日和……………………………………… 154
あとがき………………………………… 157
鮪に鰯……………………………………… 161
小序(金子光晴)……………………… 162
野次馬…………………………………… 165
ひそかな対決…………………………… 167
弾を浴びた島…………………………… 169
桃の花…………………………………… 170
核………………………………………… 172
首をのばして…………………………… 173
ある家庭………………………………… 175
元旦の風景……………………………… 176
十二月のある夜………………………… 177
かれの奥さん…………………………… 178
表札……………………………………… 180
ぼろたび………………………………… 182
癖のある靴……………………………… 183
月見草談義……………………………… 184
昇天した歩兵…………………………… 186
頭をかかえる宇宙人…………………… 188
崇り……………………………………… 190
満員電車………………………………… 192
胃………………………………………… 193
鼻………………………………………… 194
牛とまじない…………………………… 195
ろまんす・ぐれい……………………… 197
底を歩いて……………………………… 199
酔漢談義………………………………… 201
島………………………………………… 202
雲の上…………………………………… 204
正月と島………………………………… 207
島での話………………………………… 209
沖縄風景………………………………… 210
首………………………………………… 212
たぬき…………………………………… 214
石に雀…………………………………… 216
十二月…………………………………… 218
雲の下…………………………………… 220
貘………………………………………… 222
芭蕉布…………………………………… 224
口のある詩……………………………… 226
養鶏場風景……………………………… 228
花曇り…………………………………… 230
基地日本………………………………… 232
紳士寸感………………………………… 234
不沈母艦沖縄…………………………… 235
歯車……………………………………… 237
玄関……………………………………… 238
処女詩集………………………………… 240
無銭飲食………………………………… 241
羊………………………………………… 242
年越の詩………………………………… 244
柄にもない日…………………………… 246
鮪に鰯…………………………………… 247
萎びた約束……………………………… 249
自問自答………………………………… 251
編棒……………………………………… 252
蕪の新香………………………………… 254
鹿と借金………………………………… 256
右を見て左を見て……………………… 258
告別式…………………………………… 260
事故……………………………………… 262
がじまるの木…………………………… 263
耳と波上風景…………………………… 264
坐像……………………………………… 266
珈琲店…………………………………… 268
彼我……………………………………… 269
おさがりの思い出……………………… 271
影………………………………………… 272
借り貸し………………………………… 274
灸をすえる……………………………… 275
西の家…………………………………… 277
すれちがいの娘………………………… 279
ぼすとんばっぐ………………………… 281
深夜……………………………………… 282
人の酒…………………………………… 284
博学と無学……………………………… 285
奴………………………………………… 286
船………………………………………… 287
借金を背負って………………………… 288
その日その時…………………………… 290
沖縄よどこへ行く……………………… 292
郵便やさん……………………………… 298
税金のうた……………………………… 300
その畠…………………………………… 302
たねあかし……………………………… 303
利根川…………………………………… 305
親子……………………………………… 306
相子……………………………………… 308
島からの風……………………………… 310
桃の木…………………………………… 312
不忍池…………………………………… 314
またはじまった………………………… 316
かれの戦死……………………………… 318
巴………………………………………… 320
常磐線風景……………………………… 322
ある医師………………………………… 324
編上靴…………………………………… 326
初夢……………………………………… 328
汽車……………………………………… 330
藁の厠…………………………………… 332
利根川…………………………………… 334
きゃべつ………………………………… 335
蝿………………………………………… 337
闇と …………………………………… 339
ヤマグチイズミ………………………… 341
ミミコの独立…………………………… 343
ミミコ…………………………………… 345
縁側のひなた…………………………… 347
湯気……………………………………… 349
夢を評す………………………………… 350
立札……………………………………… 352
在………………………………………… 354
東の家…………………………………… 356
疎開者…………………………………… 358
弁当……………………………………… 360
竹林とその点景………………………… 362
土地〈1〉 ……………………………… 364
土地〈2〉 ……………………………… 366
土地〈3〉 ……………………………… 368
作者……………………………………… 370
鼻の一幕………………………………… 371
ねずみ…………………………………… 373
兄貴の手紙……………………………… 375
応召……………………………………… 377
チェロ…………………………………… 379
曲り角…………………………………… 381
天から降りて来た言葉………………… 383
生きる先々……………………………… 385
血………………………………………… 387
後記にかえて(山口泉)……………… 389
初期詩篇
むかしのお前でないことを……………… 392
彼の女は鈍感だから……………………… 394
私は歌はねばならない唄を……………… 396
お前の刺客を私に殺たしめよ…………… 397
盲目の子…………………………………… 399
恋人よ私に解いて下さいませ…………… 400
最後の歎願をもつて……………………… 401
殺意が押し開けてしまつた……………… 403
*資料……………………………………… 405
自伝…………………………………… 406
詩集校異……………………………… 409
詩集書誌……………………………… 416
*解説……………………………………… 419
鏡の原理(山本太郎)……………… 420
 

第2巻 小説 1975.12.1
 
小説
ダルマ船日記…………………………………12
詩人便所を洗う………………………………26
天国ビルの斎藤さん…………………………41
詩人、国民登録所にあらわる………………58
詩人の結婚……………………………………73
無銭宿…………………………………………87
お福さんの杞憂…………………………… 104
野宿………………………………………… 149
穴木先生と詩人…………………………… 162
親日家……………………………………… 193
貘という犬………………………………… 203
月謝………………………………………… 221
第四「貧乏物語」………………………… 230
質屋の娘…………………………………… 240
関白娘……………………………………… 242
光子の縁談………………………………… 254
第三日曜日………………………………… 262
アルパカ・ルパシカ……………………… 282
詩人の一家………………………………… 288
汲取屋になった詩人……………………… 296
首実検に来た客…………………………… 320
童話
さるのこどもとかにのこども…………… 328
空手ものがたり・ちょんまげのタルー… 330
だるません………………………………… 338
しらさぎのおつげ………………………… 340
はだかのきゅうぴい……………………… 346
ばくおじさん……………………………… 348
*解説……………………………………… 357
山之口貘の小説(仲程昌徳)……… 358
*掲載誌一覧……………………………… 377
 

第3巻 随筆 1976.5.1
 
随筆
昭和14年
かぎまき時計…………………………………16
楽になったという話…………………………20
満谷氏の「榕樹の蔭」と藤田氏の「琉球美人」……24
自動車との縁…………………………………27
昭和16年
スフに就て……………………………………32
乗り降り………………………………………34
昭和19年
那覇人…………………………………………36
昭和23年
兼業の悲喜劇…………………………………38
昭和24年
誤解されたお灸………………………………39
貉………………………………………………41
火野葦平『赤道祭』…………………………45
昭和25年
マイナス五千円………………………………47
闘魚……………………………………………49
ぬれたコウモリ………………………………50
出版界と詩人…………………………………51
夏向きの一夜…………………………………53
雨あがり………………………………………56
禁物・俸給日の訪問…………………………59
昭和26年
明け方…………………………………………63
昭和27年
人さまざま……………………………………65
ベンチ…………………………………………73
昭和28年
このごろ………………………………………74
池袋の店………………………………………75
フィクション…………………………………77
ある年の夏……………………………………79
Hとその息子 …………………………………87
歳末デコレーション…………………………89
冬の外套………………………………………92
昭和29年
雨とニコヨン…………………………………95
駐在所…………………………………………98
月見草…………………………………………99
山原船……………………………………… 101
暴風への郷愁……………………………… 104
街…………………………………………… 106
私の机の上………………………………… 108
歳末の質屋………………………………… 109
質札………………………………………… 113
声をあげて泣く…………………………… 115
昭和30年
初恋のやり直し…………………………… 116
カラカラ…………………………………… 119
箱根と湯之児……………………………… 120
バズィル・ホール『航海記』読後感…… 125
昭和31年
兄の受験…………………………………… 127
詩人と商人………………………………… 130
Aのたのしみ ……………………………… 133
装幀の悩み………………………………… 137
酒友列伝…………………………………… 139
わたしの日記……………………………… 149
某月某日…………………………………… 152
ゴミ焼却場………………………………… 152
歳末雑感…………………………………… 157
酒への郷愁………………………………… 160
昭和32年
試験………………………………………… 163
あとの祭り………………………………… 164
車中で拾った話…………………………… 168
着たいものを着る………………………… 169
首をすくめて見送る……………………… 172
豚のしっぽ………………………………… 173
赤い雨がっぱ……………………………… 175
聞きたい番組・見たい番組……………… 178
自分の家に住む夢………………………… 178
昭和33年
木の椅子…………………………………… 182
僕の正月…………………………………… 183
宝くじ・その後…………………………… 184
盲点三題…………………………………… 188
人間のタイプ……………………………… 192
夏とぼく…………………………………… 194
ある結婚の媒酌人………………………… 197
ツメを伸ばしている人…………………… 200
餞別………………………………………… 201
鹿児島雑感………………………………… 202
貧乏を売る………………………………… 204
昭和34年
テレビ出演の思い出……………………… 214
K珈琲店の或日 …………………………… 216
ある月ある日……………………………… 219
無題………………………………………… 221
こどもの言葉……………………………… 223
娘の転校…………………………………… 224
昭和35年
結婚と正月………………………………… 228
詩人とマダムとおキュウ………………… 231
両国の思い出の人たち…………………… 233
めし代十五銭……………………………… 236
腰掛の話…………………………………… 238
政治の谷間、酒の谷間…………………… 240
水の話……………………………………… 244
わかる絵・わからない絵………………… 246
ぼくの診断………………………………… 254
牛との対面………………………………… 256
昭和36年
友情と借金………………………………… 260
見えないものを見た話…………………… 261
暑がりは寒がり…………………………… 264
三〇から一つ出た女性…………………… 267
十銭の件…………………………………… 275
縁の下の文化功労者……………………… 276
とんでもない誤解………………………… 278
クチナシと家……………………………… 280
「花影」の人達と共に…………………… 283
行き当りぱったり………………………… 284
昭和37年
おきなわやまとぐち……………………… 292
似ている似てない………………………… 294
情と責任…………………………………… 297
軽井沢へ行く……………………………… 299
矢切の渡舟………………………………… 302
昭和38年
私の青年時代……………………………… 305
自伝
ぼくの半生記……………………………… 318
*解説……………………………………… 385
「貘さん」の詩と生活(鮎川信夫)…… 386
*掲載誌一覧……………………………… 394
 

第4巻 評論 1976.9.19
 
詩論
つまり詩は亡びる……………………………14
『朝鮮冬物語』によせて……………………17
諷刺詩鑑賞……………………………………20
自作詩鑑賞……………………………………34
現代詩講座選評………………………………39
バランスを求めるために……………………46
「小名木川小学校文集」序…………………68
詩とはなにか…………………………………69
詩人論
岩野泡鳴論……………………………………82
中原中也のこと………………………………95
逸見猶吉と……………………………………98
淵上毛銭とぼく…………………………… 100
『金子光晴詩集』解説…………………… 105
池田克巳の横顔…………………………… 117
金子光晴 心の友………………………… 118
高橋新吉覚書……………………………… 120
霜多正次…………………………………… 130
変った人たち……………………………… 133
佐藤惣之助と私…………………………… 135
琉球の情緒に酔った詩人………………… 140
葦平と毛銭とバク………………………… 143
葦平さんとの縁…………………………… 146
小伝………………………………………… 149
児童詩
希望………………………………………… 152
アカイ マルイ シルシ………………… 153
オホゾラノ ハナ………………………… 154
腕ずもう…………………………………… 155
バク………………………………………… 157
学年末の反省……………………………… 159
雷とおへそ………………………………… 160
赤とんぼ…………………………………… 161
田園の復興………………………………… 162
ひとりで…………………………………… 164
正月の朝…………………………………… 165
はつゆめ…………………………………… 166
ひなまつり………………………………… 168
阿蘇の春…………………………………… 169
ウォター・シュート……………………… 171
金魚………………………………………… 172
どんぐり…………………………………… 174
まつかさ…………………………………… 175
学校への道で……………………………… 176
桜並木……………………………………… 177
みどりの五月……………………………… 178
もう すぐ冬だ…………………………… 179
丸い うで時計…………………………… 181
あわてんぼう……………………………… 182
うちのしろ………………………………… 184
沖縄
琉球の幽霊………………………………… 188
「ひめゆりの塔」と沖縄調……………… 193
祖国琉球…………………………………… 195
がじまるの木蔭…………………………… 201
沖縄………………………………………… 205
沖縄と日の丸……………………………… 206
沖縄を思う………………………………… 207
ふるさと沖縄を思う……………………… 210
ヤファラジューシー……………………… 215
梯梧の花…………………………………… 217
沖縄の叫び………………………………… 220
チャンプルー……………………………… 229
沖縄悲歌…………………………………… 234
詩の島・八重山…………………………… 238
気にかかる沖縄…………………………… 239
正月の沖縄料理…………………………… 242
黒美人小…………………………………… 244
方言のこと………………………………… 246
沖縄………………………………………… 249
山羊料理…………………………………… 253
ゴーヤーの苦味…………………………… 259
沖縄帰郷始末記…………………………… 262
むかしの沖縄いまの沖縄………………… 265
石垣島紀行………………………………… 270
沖縄………………………………………… 274
郷里沖縄への旅…………………………… 275
沖縄はわが故郷…………………………… 277
失われた青春の風土……………………… 284
沖縄の芸術地図…………………………… 286
泡盛談義…………………………………… 297
風土と子ども……………………………… 301
沖縄………………………………………… 302
白・黒の精進あげ………………………… 307
ゴーヤー・チャンプルー………………… 311
『詩と版画・おきなわ』序文…………… 312
チャンプルー……………………………… 313
沖縄の話…………………………………… 316
台風の季節………………………………… 330
沖縄は生きている………………………… 332
沖縄の豆腐・味噌料理…………………… 339
沖縄の雑煮………………………………… 341
おもい出の泡盛…………………………… 342
沖縄の海…………………………………… 344
いまはむかしの夢………………………… 345
矛盾の島沖縄……………………………… 346
寄り合い世帯の島………………………… 349
沖縄よどこへ行く………………………… 357
仏桑花と梯梧……………………………… 369
消え去った婦人名………………………… 371
梯梧の花…………………………………… 373
*解説……………………………………… 377
食うこと詩を書くことをめぐって、六つの夜(鈴木志郎康)…… 378
*掲載誌紙一覧…………………………… 391
*年譜辻淳〔編〕………………………… 396
*参考文献辻淳〔編〕…………………… 404
[ 2011/04/05 00:43 ] 山之口貘 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール
本サイトでは管理人が趣味で作成したデータベースを公開しています。著作権等の知的財産権を侵害する意図はありません。ご要望のある方はお知らせください。速やかに対応致します。なお、データの無断複製・転載はお断りしています。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。