研究余録 ~全集目次総覧~ TOP  >  スポンサー広告 >   >  山室静 >  『山室静著作集』全6巻

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『山室静著作集』全6巻

『山室静著作集』全6巻(冬樹社、1972.5~1973.1)



第1巻 1972.5.20
 
現在の文学の立場
I
現在に於ける文学の立場…………………… 9
自然主義の立場と方法………………………17
ビルドゥングス・ロマンの問題……………27
一つの文学的常識主義………………………37
小説の問題……………………………………44
人間の回復……………………………………53
明治文学の精神………………………………65
川端康成私見…………………………………76
島木健作論……………………………………85
嘉村礒多の場合………………………………97
梶井基次郎断片…………………………… 106
高見順断片………………………………… 112
葛西善蔵と私小説………………………… 118
田山花袋について………………………… 125
漱石私論…………………………………… 131
文芸時評…………………………………… 138
II
文学史的研究以前のこと………………… 177
『夜明け前』と『青年』………………… 182
島崎藤村の『農夫』試論………………… 191
J・M・マリのMarxismとPacifism ……… 211
国民文学論への希望……………………… 222
人間の扱い方について…………………… 230
客観小説と私小説………………………… 237
生の肯定からの出発……………………… 245
欲の深さについて………………………… 255
広瀬川の辺りにて………………………… 262
夢の中で…………………………………… 267
冬のおとずれ……………………………… 271
胡桃の実そのほか………………………… 278
山うどの香り……………………………… 287
籐椅子の上で……………………………… 295
附録 少年詩篇抄………………… 302
山上の春にゐて…………………………… 302
李 二章…………………………………… 304
驟雨のあつた夜…………………………… 306
五月の逝く日……………………………… 308
庭隅………………………………………… 309
青い卵……………………………………… 310
哀歌………………………………………… 311
台所の詩…………………………………… 312
憩ひの時…………………………………… 314
仕事場にて………………………………… 316
故郷………………………………………… 318
秋 断章…………………………………… 320
*解題―回顧と註解をかねて(山室静)…… 322
 

第2巻 1972.6.15
 
文学と倫理の境で
I
明日のために………………………………… 9
長篇小説への要望……………………………12
デカダンスの文学……………………………27
生の浄化………………………………………39
童話……………………………………………42
理想主義のために……………………………47
生命感の歪み…………………………………57
人間喪失と奇蹟待望…………………………76
ヒューマニズムの立場から…………………86
ストリンドベリ論………………………… 102
ロシア・ヒューマニズムの性格………… 139
ウンセット女史について………………… 175
II
文学の出発点について…………………… 189
漱石の『それから』と『門』…………… 201
なぜ民主主義文学は不毛か……………… 228
ブルジョア的人間観について…………… 237
芸術の世界と現実の世界………………… 245
シュティフターの生涯と作品…………… 254
シュヴァイツァーの問題………………… 289
III
ロシア文学者への希望…………………… 301
堀辰雄さんの横顔………………………… 304
堀さんと雑誌「高原」のこと…………… 309
小川未明作品集をめぐって……………… 312
蝶の思い出………………………………… 317
*解題―回顧と註解をかねて(山室静)…… 320
 

第3巻 1972.7.15
 
新編・踊り場にて
I
革命とヒューマニズム……………………… 9
政治的人間の史観をめぐって………………19
ベルジャーエフにおける悪の問題…………39
昭和詩の展望…………………………………62
昭和の文章………………………………… 114
大正人をめぐって………………………… 135
正宗白鳥の死……………………………… 158
文学の基盤と範域………………………… 172
伊藤整の「芸」の理論など……………… 186
戦後文学のロマンチックな夢…………… 200
文芸時評折り折り………………………… 211
II
恩寵のない行程…………………………… 251
不景気な感想……………………………… 271
老ボヘミヤンの死………………………… 274
長谷川利行と『放水路落日』の作者…… 277
子供と蝶と………………………………… 282
山房の春の二三日………………………… 284
植物的生活の中から……………………… 291
永遠のニヒリズム………………………… 297
中学時代の思い出………………………… 305
浅春日録抄………………………………… 310
*解題―回顧と註解をかねて―(山室静)…… 321
 

第4巻 1972.9.1
 
愛読する作家たち
鴎外文学の世界………………………………11
鴎外文学の評価史(覚え書)………………39
宮沢賢治の魔術的世界………………………50
宮沢賢治の世界………………………………67
宮沢賢治の童話………………………………77
小川未明論……………………………………82
未明の死と童話の問題………………………97
小川未明とアンデルセン………………… 104
山村暮鳥について………………………… 114
中勘助の世界……………………………… 130
室生犀星の人と詩業……………………… 137
田畑修一郎論……………………………… 152
堀辰雄の歩み……………………………… 162
『聖家族』まで…………………………… 176
片山敏彦さんについての断章…………… 185
林芙美子論………………………………… 194
宮本百合子論……………………………… 207
平林たい子文学紀行……………………… 223
武者小路実篤―人と作品………………… 236
尾崎一雄小論……………………………… 248
庄野潤三論………………………………… 263
II
ゲオルギウ『二十五時』………………… 291
津村信夫『初冬の山』…………………… 295
玉木愛子『この命ある限り』…………… 297
宮島俊夫『癩夫婦』……………………… 297
堀田善衛・永丘智郎編『深い淵から』… 300
本多秋五『有効性の上にあるもの』…… 302
中村真一郎『戦後文学の回想』………… 305
高杉一郎編『エロシェンコ全集』……… 309
伊藤信吉『逆流の中の歌』……………… 310
『草入水晶』の作者……………………… 312
外村繁『夢幻泡影』……………………… 314
結城信一『青い水』……………………… 317
上林暁『諷詠詩人』……………………… 321
上林さんへの感謝………………………… 324
川端康成『眠れる美女』………………… 327
山崎斌さんと小説『草木染』…………… 330
ある老農の詩集から……………………… 332
江口きち遺稿『武尊の麓』……………… 340
二つの詩集………………………………… 345
愛読する詩人たち………………………… 349
中勘助、八木重吉、田中冬二…………… 355
気になること二三………………………… 359
文学者の晩年……………………………… 362
*解題―回顧と註解をかねて(山室静)…… 366
 

第5巻 1972.11.15
 
世界文学への窓
I
アイスランド自由国の歴史………………… 9
氷島サガ概観……………………………… 104
『巫女の予言』について………………… 136
ハルドール・ラックスネス……………… 167
ティングベリールの半日………………… 180
II
タゴールの生涯…………………………… 187
『辺城』小感……………………………… 262
聖書について……………………………… 271
トルストイ………………………………… 297
ヘルダーリン小感………………………… 306
婦人解放運動とエレン・ケイの立場…… 312
シュワイツァー博士の手紙……………… 322
読書雑記…………………………………… 327
1 ラグラン卿の『英雄』…………… 327
2 ホイジンハの『ホモ・ルデンス』…… 333
*解題―回顧と註解をかねて(山室静)…… 340
 

第6巻 1973.1.30
 
藤村論考
I
藤村文学の魅力……………………………… 9
藤村の生涯と作品……………………………24
藤村詩の成立……………………………… 108
藤村童話について………………………… 159
藤村の感想集……………………………… 172
II
『若菜集』『落梅集』鑑賞……………… 185
『破戒』…………………………………… 244
『千曲川のスケッチ』について………… 251
『春』……………………………………… 263
『家』……………………………………… 277
『桜の実の熟する時』…………………… 283
『新生』…………………………………… 292
『夜明け前』……………………………… 310
附録 灰よせ詩集………………… 323
時間の外で………………………………… 325
実在の浜辺で……………………………… 327
棒のメルヘン……………………………… 331
初冬記……………………………………… 333
グリーンランド上空にて………………… 336
ギリシャの廃墟にて……………………… 338
極北の港にて……………………………… 339
ハイデルベルクの古城…………………… 342
朴の木……………………………………… 344
うらなり人生……………………………… 346
尾根の道…………………………………… 348
灰よせ……………………………………… 351
風もないのに青い林檎が――…………… 353
相似形……………………………………… 354
薬屋で……………………………………… 357
春はあやしい季節………………………… 358
脱皮………………………………………… 361
滅びの前に………………………………… 362
*解題―回顧と註解をかねて(山室静)…… 365
*山室静年譜(山室静)………………… 369
[ 2011/04/05 00:45 ] 山室静 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール
本サイトでは管理人が趣味で作成したデータベースを公開しています。著作権等の知的財産権を侵害する意図はありません。ご要望のある方はお知らせください。速やかに対応致します。なお、データの無断複製・転載はお断りしています。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。