研究余録 ~全集目次総覧~ TOP  >  スポンサー広告 >   >  山室静 >  『山室静自選著作集』全10巻

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『山室静自選著作集』全10巻

『山室静自選著作集』全10巻(郷土出版社、1992.5~1993.11)



1 全詩集 1993.1.27
 
詩集
少年詩篇……………………………………17
多摩川にて………………………………17
街…………………………………………19
李 二章…………………………………20
深まる夕暮の中で………………………21
ある家庭の詩……………………………23
五月………………………………………24
驟雨のあった夜…………………………25
五月のゆく日……………………………27
胡桃の窓で………………………………28
住家………………………………………29
青い卵……………………………………31
杏の木の下の少女………………………31
松の花……………………………………33
松林の家…………………………………34
無心の時…………………………………35
日記………………………………………36
草木の秋…………………………………37
母と守る家で……………………………39
台所の詩…………………………………40
白い小さな太陽…………………………41
憩いの時…………………………………42
仕事場にて………………………………44
哀歌………………………………………45
薄暮の都会………………………………46
ある日の歌………………………………47
故郷………………………………………49
逝く春の中で……………………………50
秋 断章…………………………………52
辛夷の春…………………………………54
朝…………………………………………56
蝶…………………………………………57
寂光の河に………………………………58
一瞬の中に………………………………59
夕暮、碓氷峠をすぎて…………………61
墓の中でのように静かに………………62
朝あけのほの小暗きに…………………63
好日播種…………………………………64
対話と独語………………………………66
夕暮、小さい泉が………………………68
時間の外で抄………………………………70
辛夷の散る日……………………………70
美しい夕暮………………………………71
春…………………………………………72
時間の外で………………………………74
実在の浜辺で……………………………76
棒のメルヘン……………………………80
初冬記……………………………………82
グリーンランド上空にて………………85
ギリシャの廃墟で………………………87
極北の港にて……………………………88
トロニエムにて…………………………90
ハイデルベルクの古城…………………92
ローソクがみるみる短くなって………94
老いたる女神……………………………96
古ウプサラにて…………………………99
初秋の庭……………………………… 101
うたたねの中で……………………… 102
場末の飲み屋で……………………… 104
桶と鍋………………………………… 106
老人…………………………………… 109
オホーツクの浜辺にて……………… 110
朴の木………………………………… 110
うらなり人生………………………… 112
秋雨の夜に…………………………… 114
尾根の道……………………………… 118
灰よせ………………………………… 121
風もないのに青い林檎が…………… 123
相似形………………………………… 125
静かな春……………………………… 127
かのように抄………………………… 129
蜜蜂…………………………………… 133
薬屋で………………………………… 135
春はあやしい季節…………………… 137
脱皮…………………………………… 140
最初の記憶…………………………… 141
人生への第一歩……………………… 143
独楽博士の死………………………… 146
春さきの夜…………………………… 148
ゴムマリ……………………………… 150
もう一度は春がくるか……………… 151
がたぴし人生………………………… 152
焼跡にて……………………………… 154
冬眠の時……………………………… 156
八十歳を迎えて……………………… 157
「聖フランシス伝」に寄せて……… 159
旅の道づれ…………………………… 162
世紀末の春…………………………… 164
時は過ぎゆく………………………… 166
訳詩集
古代エジプトの詩から〔翻訳〕……… 173
大きな喜びの歌〔翻訳〕…………… 173
酔っぱらいの歌〔翻訳〕…………… 176
ラビンドラナート・タゴール詩抄〔翻訳〕…… 180
朝 私は海に網を打った〔翻訳〕… 180
私は落着かない、私は遥かに遠いものにこがれてゐる〔翻訳〕…… 181
おゝお母様、若い王子様が〔翻訳〕…… 182
手は手にまつはり眼は眼にたゆたうて〔翻訳〕…… 184
五月であった〔翻訳〕……………… 185
チヤムパの花〔翻訳〕……………… 186
婚姻の時は黄昏なり〔翻訳〕……… 187
われは知る〔翻訳〕………………… 188
王よ御身は路傍にわが笛を吹かしめんとて〔翻訳〕…… 188
御身が琴には無数の絃あり〔翻訳〕…… 189
我が歌をして朝のめざめの如く〔翻訳〕…… 189
私は見た〔翻訳〕…………………… 190
御身の歌ひ手たるつとめの〔翻訳〕…… 191
わが生命の賓客らよ〔翻訳〕……… 191
短詩抄〔翻訳〕……………………… 192
私の歌は飾りを〔翻訳〕…………… 195
あなたのお傍に暫く気儘に坐らせて下さい〔翻訳〕…… 196
わたしが歌ひ来た歌は〔翻訳〕…… 197
死が汝の扉を叩くとき〔翻訳〕…… 198
若かった時わたしの生命は〔翻訳〕…… 198
路あるところでは〔翻訳〕………… 199
否、蕾を花咲かせるのは〔翻訳〕… 199
一握の砂も〔翻訳〕………………… 200
原初の日の太陽が〔翻訳〕………… 201
目の前には平和の大洋が〔翻訳〕… 202
近代北欧詩抄…………………………… 203
デンマーク篇………………………… 203
アンデルセン……………………… 203
雪の女王〔翻訳〕……………… 203
わたしは愛す〔翻訳〕………… 206
世界は偽りだ〔翻訳〕………… 207
短詩三章〔翻訳〕……………… 209
老人―一八七四年〔翻訳〕…… 210
忘却の中にとび去る―それが永遠なのか?〔翻訳〕…… 211
ヨルゲンセン……………………… 212
雷のけはい〔翻訳〕…………… 212
ワルプルギスの夜〔翻訳〕…… 214
若い娘たち〔翻訳〕…………… 216
われらの姉妹なる雪〔翻訳〕… 217
今や大きな闇が〔翻訳〕……… 220
ラ・クール………………………… 221
夜のささやき〔翻訳〕………… 221
森〔翻訳〕……………………… 222
樹木〔翻訳〕…………………… 224
草の下の水〔翻訳〕…………… 226
ディトレウセン…………………… 227
ただあなたのために〔翻訳〕… 227
眠っている娘〔翻訳〕………… 228
悔い〔翻訳〕…………………… 230
わたしの心臓〔翻訳〕………… 232
わたしの知る最も美しいもの〔翻訳〕…… 233
ヤコブセン………………………… 236
詩劇 グレの歌〔翻訳〕……… 236
ノルウェー篇………………………… 265
イプセン…………………………… 265
毛わたがも〔翻訳〕…………… 265
鉱夫〔翻訳〕…………………… 266
金色と赤との鉱床にありて〔翻訳〕…… 267
海燕〔翻訳〕…………………… 270
詩〔翻訳〕……………………… 271
死人の舞踏会〔翻訳〕………… 271
ビヨルンソン……………………… 274
木〔翻訳〕……………………… 274
僕は思った〔翻訳〕…………… 276
然り、われらはこの国を愛す〔翻訳〕…… 277
お姫さま〔翻訳〕……………… 282
問答〔翻訳〕…………………… 283
オプストフェルダー……………… 285
颶風〔翻訳〕…………………… 285
樹木〔翻訳〕…………………… 287
祈り〔翻訳〕…………………… 289
私は見る〔翻訳〕……………… 290
いつか僕が結婚する時は〔翻訳〕…… 292
エグナー…………………………… 294
クリスマス・ツリー売り〔翻訳〕…… 294
太鼓たたき〔翻訳〕…………… 296
お人形のアマンドウ〔翻訳〕… 297
スウェーデン篇……………………… 300
フリョーディング………………… 300
ギターと手風琴〔翻訳〕……… 300
世のつねの道〔翻訳〕………… 302
小さいインガ〔翻訳〕………… 303
わたしの白い絹の靴〔翻訳〕… 305
兎の権利〔翻訳〕……………… 306
カールフェルト…………………… 307
収穫のあとの歌〔翻訳〕……… 307
フリドリンの愚行〔翻訳〕…… 309
小宇宙〔翻訳〕………………… 311
蛇の唄〔翻訳〕………………… 313
ラーゲルクヴィスト……………… 315
苦悩よ、苦悩こそは〔翻訳〕… 315
いとしい人よ、いろりから〔翻訳〕…… 316
杖はわれらの手から〔翻訳〕… 318
どんな手も私のそれほど〔翻訳〕…… 319
歌をうたっている墓掘り人足〔翻訳〕…… 321
人生の戦いの歌、女と男の歌を〔翻訳〕…… 322
大地はただあなたとわたしと〔翻訳〕…… 323
愛は何物でもない〔翻訳〕…… 324
いつかすべては静かになる〔翻訳〕…… 324
*終りに…………………………………… 328
 

2 小説集(I) 1993.7.30
 
何のために
何のために…………………………………15
鬱陶しい春…………………………………31
春さきの四、五日…………………………60
蜃気楼の町…………………………………94
青い桃…………………………………… 119
山荘にて………………………………… 146
旅の手帖から…………………………… 168
蝶………………………………………… 198
『何のために』巻末に………………… 215
晩秋記
ひとりね………………………………… 221
晩秋記…………………………………… 236
庭さきにて……………………………… 272
家系……………………………………… 286
夢の中の母……………………………… 321
遅日抄…………………………………… 341
『晩秋記』後記………………………… 378
*あとがき………………………………… 380
 

3 小説集(II) 1992.5.28
 
美女記…………………………………………11
ノルナゲスト記………………………………79
ヴィグジスという女……………………… 101
詩人コルマク……………………………… 115
白熊のオードウンの話…………………… 139
氷フィヨルドの仇討ち…………………… 155
氷島記(詩人エギルの生涯)…………… 195
ロルブ・クラキ王と熊の子ベズワルの物語…… 317
*解説(山室静)………………………… 353
 

4 鴎外・藤村論 1992.7.29
 
森鴎外…………………………………………15
一 鴎外の歩み……………………………17
二 作品解説…………………………… 103
島崎藤村…………………………………… 149
一 島崎藤村の生涯と作品…………… 151
二 「夜明け前」について…………… 277
三 藤村生誕百年を迎えて…………… 285
四 望郷と市井の人―島崎藤村文学紀行…… 289
*解説(山室静)………………………… 321
 

5 懐かしき詩人・作家たち 1993.5.28
 
武者小路実篤氏の歩み………………………13
千家元麿全集 編集記………………………87
小川未明論………………………………… 101
未明の死と童話の問題…………………… 118
山村暮鳥について………………………… 127
尾崎喜八さんの思い出…………………… 145
日夏耿之介先生をいたむ………………… 149
日夏先生の夢……………………………… 152
室生犀星の人と詩業……………………… 157
川端康成私見……………………………… 174
川端康成『眠れる美女』………………… 183
上林 暁『諷詠詩人』…………………… 187
上林さんへの感謝………………………… 190
八木重吉について………………………… 195
高見順と詩………………………………… 203
嘉村礒多…………………………………… 210
堀辰雄の歩み……………………………… 215
『聖家族』まで…………………………… 230
堀辰雄さんの思い出……………………… 240
堀多恵子さんの『来し方の記・辰雄の思い出』…… 244
葛西善蔵と私小説………………………… 249
心のふるさと坪田譲治の文学…………… 262
三ヶ島葭子のこと………………………… 275
江口きち遺稿『武尊の麓』……………… 280
平林たい子文学紀行……………………… 286
尾崎一雄小論……………………………… 300
老熟期の尾崎一雄………………………… 315
宮沢賢治の人と文学……………………… 322
宮沢賢治の魔術的世界…………………… 351
宮沢賢治の世界…………………………… 370
宮沢賢治の童話…………………………… 381
*あとがき………………………………… 386
 

6 北欧文学への招待 1992.11.30
 
北欧文学への招待
I 北欧文学略史………………………………13
一 古代中世文学…………………………15
二 文芸復興から十八世紀まで…………42
三 十九世紀文学…………………………53
四 世紀末から二十世紀前半まで………74
II
一 「エッダ」とその作者スノリ………95
二 北欧神話の世界と意味…………… 129
三 氷島サガ概観……………………… 153
III
一 イプセンの生涯と作品…………… 191
二 イプセンの描いた女性像………… 212
三 ハムスン小伝……………………… 224
四 ストリンドベルイ論……………… 228
五 ヤコブセンについて……………… 269
六 ウンセット女史について………… 282
IV
一 白夜とフィヨルドから生れた文学…… 297
二 童話の国を訪ねて………………… 304
三 ラックスネス氏とアイスランドの印象…… 310
*あとがき(山室静)…………………… 322
 

7 アンデルセンと童話論 1992.9.28
 
アンデルセンと童話論
アンデルセンの生涯…………………………13
一 生い立ち………………………………15
二 少年時代………………………………40
三 都コペンハーゲンにて………………59
四 ラテン語学校時代……………………76
五 コペンハーゲン大学入学と詩人としての出発……94
六 初恋………………………………… 114
七 ドイツへの旅と二度目の恋……… 132
八 ふたたび外国へ…………………… 144
九 イタリアと「即興詩人」………… 154
一〇 童話の発見と確立……………… 169
一一 旅………………………………… 203
一二 最後の恋………………………… 222
一三 人間アンデルセン……………… 237
一四 栄光の中に……………………… 254
一五 晩年―死………………………… 267
小川未明とアンデルセン………………… 279
<さまよえるユダヤ人>とアンデルセン…… 291
童話論抄…………………………………… 299
一 童話の魅力………………………… 301
二 近代童話の成立まで……………… 313
三 ゲーテとドイツ浪漫派の童話…… 334
四 ノヴァーリス……………………… 353
五 妖精学事始め……………………… 373
*解説(山室静)………………………… 389
 

8 評伝 1993.3.27
 
タゴール………………………………………13
シュワイツァー―愛と思索の生涯……… 127
*あとがき………………………………… 376
 

9 飜訳 1993.9.25
 
ニイルス・リイネ―死と愛(原作J・Pヤコブセン)〔翻訳〕……11
海の夫人(原作イプセン)〔翻訳〕…… 279
*解説……………………………………… 445
 

10 随筆集 1993.11.27
 
一、 朴の木山房の記………………………11
二、 庭さきで………………………………43
三、 季節の手帳から………………………60
四、 わが家の植物…………………………76
五、 春の女神との対面……………………96
六、 花と虫と昔話と―七月の日記から…… 111
七、 身辺雑記…………………………… 128
八、 北欧の旅から……………………… 156
九、 北欧の花…………………………… 176
十、 旅…………………………………… 181
*山室静年譜覚書(荒井武美編)……… 209
*あとがき………………………………… 294
*最終巻刊行に当たって(山室美喜)… 296
[ 2011/04/05 00:45 ] 山室静 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール
本サイトでは管理人が趣味で作成したデータベースを公開しています。著作権等の知的財産権を侵害する意図はありません。ご要望のある方はお知らせください。速やかに対応致します。なお、データの無断複製・転載はお断りしています。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。