研究余録 ~全集目次総覧~ TOP  >  スポンサー広告 >   >  山本健吉 >  『山本健吉全集』全16巻・別巻1巻

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『山本健吉全集』全16巻・別巻1巻

『山本健吉全集』全16巻・別巻1巻(講談社、1983.5~1985.1)



第1巻 1983.5.20
 
古典と現代文学……………………………… 1
詩の自覚の歴史…………………………… 3
柿本人麻呂…………………………………15
抒情詩の運命………………………………27
物語における人間像の形成………………40
源氏物語……………………………………51
隠者文学……………………………………64
詩劇の世界…………………………………75
座の文学……………………………………86
近松の周辺…………………………………98
談笑の世界……………………………… 109
あとがき………………………………… 122
行きて帰る………………………………… 125
日本文化の一側面……………………… 127

聖徳太子 附、聖武天皇・光明皇后… 137
万葉集…………………………………… 149
鎮魂論序説―万葉集挽歌における生と死の意味―…… 160
日本文学と季節感……………………… 176
万葉の旅心……………………………… 183
万葉歌人の群像………………………… 189
柿本人麻呂……………………………… 207
大伴家持………………………………… 212
大系本『万葉集』について…………… 218

伝統的なものの再評価………………… 222
「もののあはれ」……………………… 225
古代日本人の理想像…………………… 237
二つの教養……………………………… 242
歴史と虚構―源氏物語「螢の巻」箋―…… 246
和泉式部の歌…………………………… 256
二つの『鼻』…………………………… 259

転換期の歌人たち……………………… 262
平家物語 附、保元物語・平治物語… 269
太平記の人間像………………………… 283
永遠の散文『歎異鈔』………………… 292
詩劇への一つの道―能における劇的原理―…… 294
能の美しさ……………………………… 301
乱世の連歌師たち……………………… 310
連句と発句……………………………… 313
「行きて帰る心の味ひ」―俳句における二律背反―…… 329
季の詞―この秩序の世界―…………… 337
『三国演義』の文学…………………… 353
契沖と訓詁……………………………… 359
本居宣長覚書I ………………………… 363
本居宣長覚書II………………………… 376

現代の文学理念と民俗学……………… 382
古典とのかかわりあい………………… 397
あとがき………………………………… 408
*解説(丸谷才一)……………………… 411
*解題……………………………………… 417
 

第2巻 1983.9.20
 
柿本人麻呂…………………………………… 1
序、人麻呂的なものの展望……………… 3
人麻呂における詩の誕生…………………26
長歌における主題の分裂…………………46
長歌を基盤としての反歌の独立…………59
人麻呂の先行詩人たち……………………71
挽歌的発想…………………………………82
長歌様式の終焉………………………… 114
あとがき………………………………… 136
大伴家持…………………………………… 139
幼年時代………………………………… 141
少年時代………………………………… 158
橘家の饗宴……………………………… 167
窈窕淑女………………………………… 174
靭懸くる伴緒―大伴家の歴史………… 189
欝結の緒………………………………… 197
寿は知らず―安積皇子への挽歌……… 203
晩蝉の歌―孤りごころ………………… 216
否にはあらず―笠女郎、紀女郎を中心に…… 219
つかさびと家持………………………… 230
海行かば―内兵の誇り………………… 236
樹下美人―憂鬱と倦怠と……………… 245
悽惆の意―詩の頂点…………………… 252
移りゆく時―心疼く回想……………… 258
大伴の氏と名―家持の孤立…………… 262
虚空に消えた声―万葉末期の政治と人間…… 271
あとがき………………………………… 276
家持和歌索引…………………………… 278
万葉集……………………………………… 281
古今和歌集………………………………… 357
古今和歌集索引………………………… 403
*解説(上田三四二)…………………… 405
*解題……………………………………… 412
 

第3巻 1983.11.20
 
詩の自覚の歴史―遠き世の詩人たち―…… 1
序章1 宴の歌―その1、暗いうたげ― … 3
序章2 宴の歌―その2、懽のうたげ― …12
第1章 羇旅歌における叙景詩の胎動 …24
第2章 柿本人麻呂と高市黒人 …………36
第3章 柿本人麻呂の羇旅歌 ……………49
第4章 旅びとの夜の歌―高市黒人― …63
第5章 旅びとの夜の歌―山部赤人― …75
第6章 山部赤人の位置 …………………88
第7章 筑紫詞壇の成立―言志の文学―…… 101
第8章 大伴旅人の讃酒歌 …………… 116
第9章 大伴旅人と山上憶良 ………… 125
第10章 山上憶良の思想詩―載道の文学―…… 137
第11章 山上憶良の「貧窮問答」…… 149
第12章 山上憶良の最晩年…………… 161
第13章 大伴坂上郎女の位置―大宰府時代まで―…… 172
第14章 大伴坂上郎女の相聞往来歌… 190
第15章 大伴坂上郎女の相聞往来歌 つづき…… 204
第16章 大伴旅人の 従たち………… 217
第17章 姨の力―大伴家持と坂上郎女、その1― …… 234
第18章 旅人没後―大伴家持と坂上郎女、その2― …… 243
第19章 婿と姑―大伴家持と坂上郎女、その3― …… 254
第20章 鬱悒と悽惆と―大伴家持、その1―…… 268
第21章 言志の痛情―大伴家持、その2―…… 277
あとがき………………………………… 304
引用歌索引……………………………… 309
原 詩の自覚の歴史……………………… 317
*解説(佐竹昭広)……………………… 361
*解題……………………………………… 368
 

第4巻 1984.8.20
 
いのちとかたち―日本美の源を探る―…… 1
序章 那智滝私考………………………… 3
第1章 二つの肖像画 ……………………15
第2章 「影」と「たましひ」と ………26
第3章 後白河院をめぐって ……………36
第4章 画龍点睛 …………………………52
第5章 和魂漢才 …………………………62
第6章 源氏物語「少女」の巻箋 ………73
第7章 魂の女教育者たち ………………86
第8章 人と神の間 ………………………98
第9章 辞林遡  ……………………… 108
第10章 生きる力の根源……………… 116
第11章 「いろごのみ」再考………… 128
第12章 「諸向き心」と「直向き心」…… 144
第13章 二つの後宮サロン…………… 158
第14章 栄枯盛衰……………………… 169
第15章 「いみじき心ばせ」………… 179
第16章 歌枕の誕生…………………… 188
第17章 囁くような告げごと………… 201
第18章 遥かなみちのく 遠い歌枕… 211
第19章 花の美学……………………… 220
第20章 茶の思想……………………… 230
第21章 世阿弥の能における………… 239
第22章 死・老・狂・修羅…………… 248
第23章 鏡の間と鏡板の意味………… 258
終章 造花と自然と…………………… 268
あとがき………………………………… 278
天際の借景………………………………… 281
I 天際の借景…………………………… 283
天際の借景…………………………… 283
時雨の円通寺………………………… 285
日本の庭について…………………… 287
侘、寂、茶…………………………… 294
造形と生命と………………………… 296
一期一会、一座建立、独座観念…… 299
自然と芸術…………………………… 302
いけばなの思想……………………… 305
「かたち」と「いのち」と………… 312
雪月花の時…………………………… 317
II 日本の自然 ………………………… 320
治山治水の心づくし 古代日本人と自然1 …… 320
故郷を愛する気持 古代日本人と自然2…… 322
土地の名の自然 古代日本人と自然3…… 325
叙景歌の移り変り 古代日本人と自然4…… 327
山や川とのつき合い 古代日本人と自然5 …… 330
自然観の変革………………………… 332
信濃路の自然………………………… 335
信濃路の自然、ふたたび…………… 339
武蔵野と古典文学…………………… 346
III 野の学問…………………………… 356
生きている「野の学問」…………… 356
柳田国男生誕百年…………………… 359
柳田学の夏…………………………… 362
野の学問のために…………………… 364
神々の追求…………………………… 370
柳田国男と日本民俗学……………… 374
『不幸なる芸術』…………………… 382
『遠野物語』I ……………………… 387
『遠野物語』II……………………… 390
あとがき………………………………… 398
*解説(高階秀爾)……………………… 401
*解題……………………………………… 407
 

第5巻 1984.1.20
 
芭蕉 その鑑賞と批評……………………… 1
はしがき…………………………………… 3
談林時代…………………………………… 7
『虚栗』時代………………………………14
『野ざらし紀行』 『冬の日』以前……29
『野ざらし紀行』 『冬の日』以後……44
貞享時代……………………………………66
『笈の小文』 東海道の部………………86
『笈の小文』 近畿の部……………… 106
『更科紀行』前後……………………… 133
『奥の細道』 表日本の部…………… 145
『奥の細道』 裏日本の部…………… 169
『猿蓑』時代 幻住庵前後…………… 206
『猿蓑』時代 『嵯峨日記』前後…… 237
『猿蓑』から『炭俵』へ……………… 251
『炭俵』時代…………………………… 271
終りの旅 故郷まで…………………… 282
終りの旅 終焉まで…………………… 300
第2部あとがき ………………………… 322
第3部あとがき ………………………… 323
合本版あとがき………………………… 325
文庫版あとがき………………………… 326
凩の風狂 『冬の日』叙説……………… 329
高館 『奥の細道』叙説………………… 340
芭蕉………………………………………… 350
芭蕉の句の注釈…………………………… 361
芭蕉の詩心 『奥の細道』の発句に沿って…… 364
芭蕉の影響………………………………… 372
*解説(大岡信)………………………… 385
*解題……………………………………… 394
 

第6巻 1983.7.20
 
芭蕉全発句…………………………………… 1
まえがき…………………………………… 1
寛文期……………………………………… 3
延宝期………………………………………20
天和期………………………………………55
天和4年(貞享元年) ……………………64
貞享2年 ……………………………………95
貞享3年 ………………………………… 111
貞享4年 ………………………………… 121
貞享5年(元禄元年) ………………… 150
貞享年間………………………………… 187
元禄2年 ………………………………… 191
元禄3年 ………………………………… 247
元禄4年 ………………………………… 272
元禄5年 ………………………………… 300
元禄6年 ………………………………… 315
元禄7年 ………………………………… 339
元禄年間………………………………… 377
年次不詳………………………………… 381
あとがき(山本健吉)………………… 387
初句索引………………………………… 390
*解説(尾形仂)………………………… 401
*解題……………………………………… 409
 

第7巻 1984.6.20
 
現代俳句……………………………………… 1
正岡子規…………………………………… 3
夏目漱石……………………………………18
高浜虚子……………………………………23
村上鬼城……………………………………39
渡辺水巴……………………………………42
飯田蛇笏……………………………………47
原石鼎………………………………………56
前田普羅……………………………………62
久保田万太郎………………………………69
芥川龍之介…………………………………74
室生犀星……………………………………80
富田木歩……………………………………82
鈴木花蓑……………………………………86
杉田久女……………………………………88
日野草城……………………………………92
水原秋桜子…………………………………95
山口誓子………………………………… 102
阿波野青畝……………………………… 119
高野素十………………………………… 122
富安風生………………………………… 129
山口青邨………………………………… 135
西島麦南………………………………… 139
芝不器男………………………………… 143
川端茅舎………………………………… 145
松本たかし……………………………… 162
金尾梅の門……………………………… 173
中村汀女………………………………… 177
星野立子………………………………… 182
橋本多佳子……………………………… 184
中村草田男……………………………… 185
長谷川素逝……………………………… 203
五十崎古郷……………………………… 208
篠田悌二郎……………………………… 209
高屋窓秋………………………………… 214
石橋辰之助……………………………… 216
石田波郷………………………………… 219
加藤楸邨………………………………… 241
秋元不死男……………………………… 259
平畑静塔………………………………… 262
西東三鬼………………………………… 266
石塚友二………………………………… 274
永田耕衣………………………………… 276
新書版上巻あとがき…………………… 280
新書版下巻あとがき…………………… 281
新版あとがき…………………………… 283
作者別引用句索引……………………… 285
現代俳句作家論…………………………… 303
飯田蛇笏………………………………… 305
久保田万太郎…………………………… 309
水原秋桜子……………………………… 313
中村草田男……………………………… 319
加藤楸邨………………………………… 325
石田波郷………………………………… 330
歳時記について…………………………… 337
その1 歳時記の歴史と季題・季語…… 339
その2 日本文学と季節感……………… 352
その3 芭蕉の季題観…………………… 359
その4 季の詞―この秩序の世界……… 369
その5 季語の年輪……………………… 386
*解説(川崎展宏)……………………… 393
*解題……………………………………… 401
 

第8巻 1984.4.20
 
俳句の世界…………………………………… 1
俳句の世界………………………………… 3
挨拶と滑稽…………………………………21
1 時間性の抹殺…………………………21
2 物の本情………………………………29
3 時雨の伝統……………………………36
4 古池の季節……………………………40
5 談笑の場………………………………46
純粋俳句―写生から寓意へ―……………53
芭蕉と現代…………………………………67
俳諧についての十八章……………………73
1 俳句の方法……………………………73
2 ディアローグの芸術…………………74
3 俳諧の連衆……………………………77
4 生活の俳諧……………………………79
5 「かな」についての月並的考察……82
6 「や」についての考察………………85
7 写生について…………………………87
8 事実と暗喩……………………………89
9 風土と方言……………………………90
10 言葉の生命力 ………………………94
11 旅について …………………………97
12 俳句の鑑賞 ……………………… 101
13 今日の詩人 ……………………… 105
14 鶏頭論終結 ……………………… 107
15 頬白の説 ………………………… 112
16 月・雪・雲 ……………………… 116
17 挨拶ということ ………………… 119
18 「人声や」「この道や」 ……… 123
時評的俳句論…………………………… 127
俳句と社会性………………………… 127
レースのスカート…………………… 131
三鬼の一句…………………………… 134
純粋ラッキョウ……………………… 137
草田男の「第三存在」……………… 140
根源追求の俳句……………………… 142
袋小路からの脱出…………………… 144
「もの」論者の盲点………………… 146
充たされない欲求…………………… 147
現代俳句の盲点……………………… 149
方法論と歴史的意識………………… 151
あとがき………………………………… 154

「軽み」の論―序説―………………… 157
即興と眼前体………………………… 157
「言ひ了せて何かある」…………… 162
方法論を超えて……………………… 167
さび・しをり・細み………………… 173
余呉の海、路通、芭蕉………………… 178
漂泊と思郷と……………………………… 189
I
拒み通す心……………………………… 191
「軽み」と「重み」と………………… 194
甦る短歌と俳句………………………… 202
「俳」と「詩」と……………………… 205
「俳」の世界…………………………… 208
ウィットといのちと…………………… 209
歳時記の楽しみ………………………… 211
アメリカでの俳句……………………… 213
II
漂泊と思郷と…………………………… 216
東海道と芭蕉の風雅…………………… 226
影法師考………………………………… 234
雪万家…………………………………… 237
三家抄…………………………………… 239
『蕪村自筆句帳』の意味……………… 245
III
蛇笏晩年の世界………………………… 247
殉教址と古戦場………………………… 249
東籬の菊………………………………… 252
『旅塵を払ふ』から…………………… 254
芝不器男のこと………………………… 255
草田男の一句…………………………… 257
波郷の一句……………………………… 258
石田波郷の俳句………………………… 260
『吹越』を読む………………………… 262
加藤楸邨の「道」……………………… 265
車谷弘の俳句…………………………… 268
「蘭」…………………………………… 271
那智滝…………………………………… 273
面と篭手と……………………………… 275
『鯉素』寸感…………………………… 277
寡黙と談笑……………………………… 278
弔辞―角川源義告別式にて―………… 281
『西行の日』寸評……………………… 283
「月の人」私解………………………… 284
角川源義氏を思う……………………… 285
「命」の嬉戯…………………………… 287
桂郎追悼………………………………… 289
不死男追悼……………………………… 291
三谷昭追悼……………………………… 297
風生翁逝く……………………………… 299
IV
「百人一句」のこと…………………… 302
「かさね」の一句……………………… 304
歳時記とは……………………………… 307
重い俳句軽い俳句……………………… 309
批評家の責任…………………………… 311
草田男と楸邨…………………………… 313
初雪と子供と…………………………… 315
秋元不死男氏の死など………………… 317
森澄雄の近作…………………………… 319
俳句と俳諧……………………………… 321
「堕ちた蝶」と「蝶墜ちて」………… 324
碧梧桐と一碧楼………………………… 326
安西冬衛と俳句………………………… 329
草田男のメルヒェンの世界…………… 331
歳時記と私……………………………… 334
遊俳のひと車谷弘……………………… 336
思い出の俳人たち……………………… 339
『曼陀羅』の俳諧自在………………… 341
榎本星布尼のこと……………………… 344
寺田寅彦の「連句論」………………… 347
反「軽み」論の氾濫…………………… 349
漱石の句の滑稽思想…………………… 352
「昭和俳句事件」……………………… 354
最終回の弁……………………………… 357
箒木の影………………………………… 359
一期一会………………………………… 361
新季題いろいろ………………………… 362
三好達治の「雪」の詩………………… 364
豊かな「俳」の世界…………………… 365
「俳」への回帰………………………… 367
老年の花………………………………… 368
「薪能」の季について………………… 370
虚実のあわい…………………………… 371
西東三鬼の憂鬱………………………… 373
蛇笏賞と迢空賞………………………… 374
中村苑子の詩魂………………………… 376
秋桜子の艶……………………………… 377
V
虚子と碧梧桐…………………………… 379
滑稽と諧謔……………………………… 391
母郷思慕のうた………………………… 397
あとがき………………………………… 408
*解説(飯田龍太)……………………… 411
*解題……………………………………… 418
 

第9巻 1984.2.20
 
釈迢空………………………………………… 1
1 釈迢空歌抄……………………………… 3
2 釈迢空、人と業蹟…………………… 131
折口信夫―学問と思想……………… 131
孤独者の歌の近代―人と作品……… 140
恐怖と憧憬と―作品解説…………… 147
鎮魂歌―『死者の書』を読みて…… 155
3 釈迢空随想…………………………… 171
釈迢空追悼…………………………… 171
二つの歓び…………………………… 185
『口訳万葉集』に記された評語…… 187
「人はいさ」の解釈………………… 190
釈迢空と明日香……………………… 192
『わが師 折口信夫』……………… 197
4 迢空幻想……………………………… 199
迢空幻想……………………………… 199
あとがき………………………………… 210
短歌 その器を充たすもの……………… 213
I
短歌 その器を充たすもの…………… 215
「安積山」の歌………………………… 225
小町の歌………………………………… 228
白峯……………………………………… 231
西行、芭蕉「命二ツ」………………… 234
後白河院の歎き………………………… 236
羇旅の歌………………………………… 239
歌がるたの想い出……………………… 240
百人一首について……………………… 242
契沖の解釈の豊かさ…………………… 248
ちかごろの感想………………………… 252
言志のうた……………………………… 257
人生の詩………………………………… 259
雪に寄せて……………………………… 261
最上川舟唄……………………………… 263
一つの歌………………………………… 265
II
大伴池主の詩…………………………… 267
山柿の門………………………………… 268
臨終の花………………………………… 270
短歌の醍醐味…………………………… 271
詩歌のこころ…………………………… 273
憶良の歌の虚実………………………… 274
忘瓦亭の歌……………………………… 276
艶いたつ戦時吟………………………… 277
西行伝への試み………………………… 279
稲森宗太郎の歌………………………… 280
『斎藤茂吉伝』………………………… 282
詩歌と流行歌…………………………… 283
時代に生きる力………………………… 285
III
正岡子規………………………………… 287
左千夫全集を歓ぶ……………………… 290
伊藤左千夫のこと……………………… 291
左千夫と碧梧桐………………………… 294
伊藤左千夫……………………………… 296
長塚節…………………………………… 299
晶子の歌が語りかけるもの…………… 301
晶子と蕪村……………………………… 304
窪田空穂………………………………… 307
牧水断想………………………………… 311
牧水雑感………………………………… 313
夕暮「木の花」考……………………… 322
土岐善麿………………………………… 324
土岐善麿を哭す………………………… 328
赤彦全集を推す………………………… 329
茂吉の魅力……………………………… 330
会津八一・人と作品…………………… 331
会津八一………………………………… 338
会津八一の歌…………………………… 341
中村三郎歌集を出すよろこび………… 344
中村三郎の歌…………………………… 346
私説佐藤佐太郎………………………… 351
『天眼』礼讃…………………………… 356
魚野川の鮭……………………………… 357
『忘瓦亭の歌』頌……………………… 358
歌に托した五十年の夢と現実………… 359
宮柊二の歌……………………………… 360
近藤芳美『青春の碑』………………… 364
安田章生氏の歌………………………… 366
『縄文紀』を推す……………………… 370
辺見じゅんの歌………………………… 371
IV
日本近代詩の歴史……………………… 375
近代短歌史素描………………………… 400
あとがき………………………………… 413
*解説(岡野弘彦)……………………… 415
*解題……………………………………… 422
 

第10巻 1984.9.20
 
私小説作家論………………………………… 1
葛西善蔵…………………………………… 3
牧野信一……………………………………18
1 肉親と道徳……………………………18
2 夢と人生………………………………27
嘉村礒多……………………………………37
宇野浩二……………………………………48
1 序説……………………………………48
2 大阪……………………………………50
3 夢見る部屋……………………………56
4 人間の探究……………………………64
岡本かの子…………………………………71
北条民雄……………………………………79
滝井孝作……………………………………87
1 俳句について…………………………87
2 『無限抱擁』について………………96
志賀直哉………………………………… 104
前篇 古典人………………………… 104
後篇 道義人………………………… 115
梶井基次郎……………………………… 127
上林暁…………………………………… 136
田中英光………………………………… 147
原民喜…………………………………… 159
跋………………………………………… 170
新版あとがき…………………………… 172
十二の肖像画……………………………… 173
正宗白鳥………………………………… 175
三島由紀夫……………………………… 187
伊藤整…………………………………… 199
室生犀星………………………………… 212
高見順…………………………………… 225
武田泰淳………………………………… 237
中野重治………………………………… 249
井上靖…………………………………… 262
舟橋聖一………………………………… 274
上林暁…………………………………… 288
丹羽文雄………………………………… 300
佐藤春夫………………………………… 314
あとがき………………………………… 326
初期文学論抄……………………………… 329
公正の精神―サント・ブウヴ『わが毒』に就いて―…… 331
素朴の精神に就いて…………………… 336
批評に就いて…………………………… 342
歴史への構想―保田与重郎『民族と文芸』―…… 348
物語への郷愁…………………………… 352
歴史・物語・小説……………………… 358
演劇の伝統……………………………… 363
言志と載道―文学と道徳―…………… 369
虚構と大作……………………………… 376
時評的感想……………………………… 383
孤児なる芸術…………………………… 389
イタリアの情熱―『イタリア年代記』覚書―…… 398
*解説(野口冨士男)…………………… 409
*解題……………………………………… 417
 

第11巻 1983.10.20
 
漱石 啄木 露伴…………………………… 1
夏目漱石の巻……………………………… 3
漢詩の世界……………………………… 3
漢詩の世界 つづき……………………12
新体詩と俳躰詩…………………………20
述ベテ作ラズ……………………………31
石川啄木の巻………………………………39
鴎外と啄木………………………………39
詩人という観念…………………………45
詩人の変貌………………………………52
詩人の変貌 つづき……………………63
『悲しき玩具』…………………………70
幸田露伴の巻………………………………79
明治の作家の「転向」…………………79
「雑学」の根底…………………………84
「縁」の思想……………………………89
「左国史漢」の文学……………………96
生きた人間の歴史…………………… 103
『運命』頌…………………………… 109
『連環記』頌………………………… 115
石橋忍月に関する二章………………… 125
わが家の明治百年…………………… 125
明治の文学者の一経験……………… 133
あとがき………………………………… 142
正宗白鳥―その底にあるもの―………… 145
序説……………………………………… 147
「棄教」の意味………………………… 155
背理と信仰……………………………… 161
背理と信仰 つづき…………………… 167
葬儀の様式……………………………… 175
葬儀の様式 つづき…………………… 180
老年と死………………………………… 185
世界との和解…………………………… 190
白鳥の「含羞」………………………… 197
白鳥と十字架山………………………… 204
不安と救い……………………………… 210
『浴泉記』と若き白鳥………………… 216
内村鑑三の「文学」…………………… 224
ペチョーリンと白鳥…………………… 229
『イワ゛ン・イリッチの死』………… 235
白鳥の秘密……………………………… 242
「棄てる」ということ………………… 249
「棄てる」ということ つづき……… 254
死は何処にいるのだ?………………… 260
死の恐怖………………………………… 266
死の恐怖 つづき……………………… 271
恐ろしい神からの脱出………………… 276
死の影・生の影………………………… 281
「永遠の生」…………………………… 286
「死」の終り…………………………… 291
不可解の微光…………………………… 297
あとがき………………………………… 302
明治作家論………………………………… 305
坪内逍遥―逍遥百年祭に―…………… 307
二葉亭四迷―余計者の文学―………… 311
森鴎外と石橋忍月―二つの青春―…… 318
幸田露伴―その「雑学」の根底にあるもの―…… 327
樋口一葉………………………………… 330
泉鏡花…………………………………… 339
鏡花の芸術…………………………… 339
鏡花回想……………………………… 342
『歌行燈』と玉の段………………… 345
島崎藤村―若き日の藤村・『若菜集まで』―…… 349
夏目漱石………………………………… 372
小さな肖像画………………………… 372
漱石の作品世界……………………… 383
徳田秋声………………………………… 393
正宗白鳥………………………………… 401
正宗白鳥氏の業績…………………… 401
正宗白鳥さん追憶…………………… 403
岩野泡鳴………………………………… 406
近松秋江………………………………… 413
柳田国男………………………………… 416
*解説(遠藤周作)……………………… 431
*解題……………………………………… 437
 

第12巻 1983.8.20
 
近代日本の詩人たち………………………… 1
高村光太郎………………………………… 3
詩人の肖像……………………………… 3
石川啄木……………………………………15
人と作品…………………………………15
詩人としての要件………………………23
北原白秋……………………………………37
その詩と短歌……………………………37
永井荷風……………………………………46
荷風文学の到達…………………………46
荷風と春水………………………………51
斎藤茂吉……………………………………55
哀韻………………………………………55
茂吉断想…………………………………58
斎藤茂吉・人と文学……………………62
釈迢空………………………………………71
壱岐か奥熊野か―「葛の花」の歌に秘されたもの―……71
詩人の肖像………………………………80
詞章に篭る「生命の指標」……………83
佐藤春夫……………………………………89
人と作品…………………………………89
「旅びと」佐藤春夫……………………97
佐藤春夫―二つの『憂鬱』―……… 103
室生犀星………………………………… 111
室生犀星の死………………………… 111
室生犀星氏のこと―その野性的なもの―…… 117
室生犀星―詩人と小説家と―……… 119
三好達治………………………………… 125
萩原朔太郎と三好達治……………… 125
述志の詩・昨日の詩………………… 128
わが文学随想・三好達治…………… 132
三好達治の最後の詩………………… 137
三好達治の底にあるもの…………… 140
西脇順三郎……………………………… 144
存在のをかしさ……………………… 144
朔太郎・順三郎・ウィット………… 147
西脇順三郎における「人生的」…… 149
中野重治………………………………… 152
家持・司馬遷・中野重治…………… 152
中野重治―その「歌のわかれ」―… 154
あとがき………………………………… 160
子規と虚子………………………………… 163
正岡子規………………………………… 165
子規と虚子…………………………… 165
子規と漱石…………………………… 168
啄木・久良伎・子規………………… 171
三家素描……………………………… 174
正岡子規…………………………… 174
高浜虚子…………………………… 176
河東碧梧桐………………………… 177
正岡子規の重さ……………………… 178
子規の三つの作品…………………… 181
正岡子規―晩年の世界―…………… 183
正岡子規―人と文学―……………… 187
『正岡子規集』作品解題…………… 196
『病牀六尺』の世界………………… 203
『子規遺墨』序……………………… 213
子規の短歌三首……………………… 218
正岡子規……………………………… 220
高浜虚子………………………………… 225
造化随順の世界……………………… 225
虚子と碧梧桐………………………… 229
弔辞…………………………………… 231
俳人虚子……………………………… 232
虚子なき後の俳壇…………………… 236
高浜虚子―その正体―……………… 238
『高浜虚子集』解説………………… 246
『虚子自選句集』解説……………… 254
高浜虚子―企業家と芸術家―……… 259
高浜虚子―人と作品―……………… 270
『定本高浜虚子全集』について…… 276
『定本高浜虚子全集』第5巻小説集解題…… 279
高浜虚子の世界―「存問」と「軽み」と―…… 288
箒木の句に見る虚子の世界………… 291
高浜虚子……………………………… 293
近代短歌俳句史………………………… 298
『明治俳人集』解題………………… 298
近代俳句……………………………… 314
短歌革新まで………………………… 358
あとがき………………………………… 374
*解説(清岡卓行)……………………… 377
*解題……………………………………… 384
 

第13巻 1984.3.20
 
小説の再発見………………………………… 1
序説………………………………………… 3
『トム・ジョウンズ』の笑い……………11
『自負と偏見』の微笑……………………24
『嵐が丘』と『金色夜叉』………………36
「全体小説」とは何か?…………………42
劇的小説の世界……………………………55
伝奇と歴史小説……………………………67
船乗りと戦士………………………………78
『三国志』をめぐって……………………90
露伴の『運命』………………………… 101
徳田秋声の世界………………………… 111
小説に関する愚問愚答………………… 117
「散文のごった煮」としての小説…… 132
あとがき………………………………… 145
現代文学覚え書…………………………… 147
現代文学覚え書………………………… 149
作品は作家への通路であるか?…… 149
詩劇について………………………… 156
主張する個性・奉仕する個性……… 163
高村光太郎の生涯…………………… 171
古典とは何か?……………………… 178
芸術、この規定しがたきもの……… 185
詩劇のための条件…………………… 193
近代文学批判の出発点……………… 201
『楢山節考』について……………… 209
近代批評への懐疑……………………… 216
詩を批評しないことが批評家の感受性に及ぼす悪い結果について…… 221
批評家の変貌…………………………… 227
現代詩の活路…………………………… 233
詩について……………………………… 238
エリオットと日本の詩………………… 246
独創と賭の意識………………………… 255
文学と民俗学…………………………… 261
あとがき………………………………… 270
小説に描かれた青春像(抄)…………… 271
『にごりえ』のお力…………………… 273
『雲は天才である』の新田耕助……… 278
『何処へ』の菅沼健次………………… 284
『俳諧師』の塀和三蔵………………… 290
『三四郎』……………………………… 296
『田舎教師』の林清三………………… 302
『青年』の小泉純一…………………… 307
『或る女』の早月葉子………………… 313
『桜の実の熟する時』の岸本捨吉…… 318
『児を盗む話』の私…………………… 324
『異端者の悲しみ』の間室章三郎…… 329
『神経病時代』の鈴本定吉…………… 334
『真知子』……………………………… 339
きりしたん事始…………………………… 347
*解説(中村光夫)……………………… 389
*解題……………………………………… 395
 

第14巻 1984.7.20
 
現代作家論…………………………………… 1
谷崎潤一郎………………………………… 3
谷崎潤一郎とその時代………………… 3
谷崎文学三題……………………………32
『蓼喰ふ虫』……………………………48
四つの作品………………………………50
『細雪』の褒貶…………………………56
『乱菊物語』……………………………68
谷崎潤一郎と陰翳礼讃…………………71
『鍵』……………………………………74
『瘋癲老人日記』………………………78
志賀直哉……………………………………81
直哉再論…………………………………81
その道念と美意識………………………88
歿後の一会―志賀直哉氏を悼む―……94
志賀直哉二題……………………………99
武者小路実篤…………………………… 103
『馬鹿一』…………………………… 103
里見 …………………………………… 108
里見 氏の文学……………………… 108
芥川龍之介……………………………… 110
芥川龍之介…………………………… 110
芥川龍之介と「苦悶」……………… 131
宇野浩二………………………………… 135
『苦の世界』………………………… 135
宇野浩二氏の文学…………………… 139
ある大正作家の生涯―宇野浩二の世界―…… 143
横光利一………………………………… 149
晩年の思想…………………………… 149
『旅愁』……………………………… 151
川端康成………………………………… 161
人と作品……………………………… 161
『十六歳の日記』…………………… 172
『伊豆の踊子』……………………… 178
『禽獣』……………………………… 184
『雪国』……………………………… 188
『名人』……………………………… 193
『山の音』…………………………… 198
『山の音』紅葉見の巻……………… 201
『千羽鶴』…………………………… 203
『美しい日本の私』を読んで……… 206
死と隣合せの文学…………………… 208
「懐しさ」と「寂しさ」と―川端康成の死とその文学―…… 211
川端文学素描………………………… 218
読者との結縁………………………… 225
絶体絶命の境………………………… 229
日本人の心の精髄…………………… 233
大仏次郎………………………………… 237
ある鎌倉の文人―大仏次郎の人と作品―…… 237
大仏次郎氏逝く……………………… 247
井伏鱒二………………………………… 250
なつかしき現実……………………… 250
『集金旅行』………………………… 254
嘉村礒多………………………………… 259
岡本かの子……………………………… 264
林芙美子………………………………… 271
宇野千代………………………………… 279
尾崎一雄………………………………… 286
網野菊…………………………………… 298
平林たい子……………………………… 306
『砂漠の花』………………………… 306
円地文子………………………………… 315
小林秀雄………………………………… 319
「歴史」の一語―小林秀雄氏と私―…… 319
中野重治と小林秀雄―あるいは、一つの運命―…… 323
『白鳥・宣長・言葉』について…… 326
河上徹太郎……………………………… 329
『吉田松陰』………………………… 329
堀辰雄…………………………………… 335
滝井孝作………………………………… 343
梶井基次郎……………………………… 348
中島敦…………………………………… 352
上林暁…………………………………… 357
上林暁氏を悼む……………………… 357
あの時の上林暁……………………… 358
山本周五郎……………………………… 361
石川達三………………………………… 367
石川達三……………………………… 367
『蒼氓』……………………………… 377
高見順…………………………………… 381
人と作品……………………………… 381
晩年の作品…………………………… 391
石坂洋次郎……………………………… 399
『麦死なず』………………………… 399
亀井勝一郎……………………………… 402
その人と文学………………………… 402
浪曼の批評家亀井氏………………… 412
中村光夫………………………………… 414
丸岡明…………………………………… 421
作家と作品…………………………… 421
『幼年時代』その他………………… 436
木山捷平、丸岡明氏を悼む………… 439
大岡昇平………………………………… 442
『武蔵野夫人』の問題……………… 442
『野火』……………………………… 450
武田泰淳………………………………… 451
史家の魂―『司馬遷』について―… 451
『司馬遷』再論……………………… 455
誄詞…………………………………… 463
田中英光………………………………… 466
夢と文学―『我が西遊記』に寄せて―…… 466
梅崎春生………………………………… 472
『幻化』『狂ひ凧』………………… 472
梅崎春生君を悼む…………………… 480
井上靖…………………………………… 482
井上靖の出発………………………… 482
井上靖「現代の英雄」と「小さい真実」…… 502
井上靖「欠史時代」と精神の形成… 514
『楼蘭』『異域の人』その他……… 523
『天平の甍』『補陀落渡海記』…… 527
『井上靖文学 海外の評価』序…… 538
『桃李記』雑感……………………… 541
「死」か「無」か―『本覚坊遺文』一説―…… 545
幸田文…………………………………… 549
その人間形成………………………… 549
福田恆存………………………………… 557
三島由紀夫……………………………… 561
三島由紀夫の発想…………………… 561
『近代能楽集』……………………… 570
三島由紀夫の死……………………… 572
劇的な、あまりに劇的な…………… 574
和田芳恵………………………………… 577
『樋口一葉伝』……………………… 577
堀田善衛………………………………… 582
『方丈記私記』……………………… 582
庄野潤三………………………………… 586
庄野潤三と島尾敏雄………………… 586
島尾敏雄………………………………… 592
『死の棘』…………………………… 592
遠藤周作………………………………… 598
遠藤周作―その一貫した主題―…… 598
『沈黙』……………………………… 606
『死海のほとり』…………………… 609
『侍』………………………………… 610
深沢七郎………………………………… 611
深沢七郎の作品……………………… 611
*解説(佐伯彰一)……………………… 619
*解題……………………………………… 627
 

第15巻 1983.12.20
 
ことばの歳時記……………………………… 1
歳時記について〈はしがきに代えて〉… 3
春…………………………………………… 9
夏……………………………………………59
秋………………………………………… 100
冬(附・新年)………………………… 135
ことばの季節……………………………… 157
ことばの季節…………………………… 159
現代の秀歌……………………………… 174
現代の秀句……………………………… 189
人生のうた……………………………… 204
わが師わが友………………………… 204
私の人生遍歴………………………… 205
お金の哲学…………………………… 206
美味求真……………………………… 207
自然との対話………………………… 208
趣味のすすめ………………………… 210
親子・夫婦…………………………… 211
旅と人生……………………………… 212
科学者の目…………………………… 213
生活の中の美………………………… 215
こころのうた………………………… 216
四季のことば…………………………… 218
春……………………………………… 218
夏……………………………………… 222
秋……………………………………… 231
冬……………………………………… 247
日記から………………………………… 258
田の神・野の仏……………………… 258
家伝来の食品………………………… 258
ある一首の歌………………………… 259
俗悪な風景…………………………… 259
日本の祭……………………………… 260
さつき晴れ…………………………… 261
太陽・空気・水・土地……………… 261
地蔵と子供たち……………………… 262
武蔵野の今昔………………………… 262
喬木か高木か………………………… 263
書巻の気……………………………… 264
大物・小物…………………………… 264
歳時点描………………………………… 266
薪能…………………………………… 266
東京の夏祭…………………………… 266
とげぬき地蔵の縁日………………… 267
田植…………………………………… 267
滝修行………………………………… 268
ちゃぐちゃぐ馬子…………………… 268
沖縄慰霊の日………………………… 269
四条河原の床………………………… 269
鬼灯市………………………………… 270
千鳥ヶ淵の燈篭流し………………… 270
はるかなる甲子園…………………… 271
隅田川のペーロン…………………… 271
ねぶた………………………………… 272
ビル街の向日葵……………………… 272
泳ぎ…………………………………… 273
吉田の火祭…………………………… 273
風の盆………………………………… 274
横綱誕生……………………………… 274
流鏑馬………………………………… 275
蘭盆勝会……………………………… 275
台風と稲刈…………………………… 276
木場の角乗り………………………… 276
池上のお会式………………………… 277
鹿の角切り…………………………… 277
目黒の甘藷祭………………………… 278
酉の市………………………………… 278
七五三の祝い………………………… 279
御火焚………………………………… 279
銀杏落葉……………………………… 280
水鳥たちの天国……………………… 280
鮟鱇…………………………………… 281
世田谷ぼろ市………………………… 281
羽子板市……………………………… 282
門松…………………………………… 283
十日戎の宝恵篭……………………… 283
奥三河の花祭………………………… 284
湯島天神の合格祈願………………… 284
探梅…………………………………… 285
札幌雪祭……………………………… 285
針供養………………………………… 286
横手のかまくら……………………… 286
大島の椿……………………………… 287
雛祭…………………………………… 288
奈良のお水取………………………… 288
菜の花………………………………… 289
謝恩会………………………………… 289
花……………………………………… 290
四国遍路……………………………… 291
茶摘…………………………………… 291
亀戸の藤……………………………… 292
博多どんたく………………………… 292
初鰹…………………………………… 293
神田祭………………………………… 293
鵜飼…………………………………… 294
あとがき………………………………… 295
日本の言葉(抄)………………………… 297
言葉・ことば・コトバ………………… 299
埴生の宿……………………………… 299
大阪言葉について…………………… 300
豊かな生活語を……………………… 302
綴方・修辞・文体…………………… 306
雑読雑感……………………………… 317
言葉・ことば・コトバ……………… 319
言葉の手帖……………………………… 323
娘の「新かな」……………………… 323
動物の名前…………………………… 324
ダシとフェーン……………………… 325
話し方・聴き方……………………… 326
子供の誤りの正しさ………………… 327
地形を現す言葉……………………… 328
「かたづく」「かたずく」………… 329
外国地名の表記……………………… 330
送りがなの問題……………………… 331
特殊仮名遣の表記…………………… 332
「役人」という言葉………………… 333
「地」の語意識……………………… 334
「わりかし」とヅカ言葉…………… 335
二つの新語…………………………… 336
馬鹿を見るのはだれか……………… 337
「ゴる」「イなる」………………… 338
「か車」という書き方……………… 339
『女が階段を上る時』……………… 340
南国土佐の南国市…………………… 341
二つの可能性………………………… 342
翻訳小説の文章……………………… 343
「大臣」という言葉………………… 344
小学校の漢字教育…………………… 345
疑問な「言葉のゆれ」……………… 346
二つのよみかた……………………… 347
テレビの言葉………………………… 348
言葉の問題……………………………… 349
国語の変革と現代文学……………… 349
新かなを使って十年………………… 352
目標を失った国語教育……………… 355
新送りがなの制定について………… 357
国語審議会は何を望んでいるか…… 359
私の意見……………………………… 361
新送りがなと正書法………………… 363
中島健蔵氏への手紙………………… 369
国語問題の焦点……………………… 375
話し言葉と表記法…………………… 380
漢字問題私見…………………………… 383
『国語改革を批判する』を読んで…… 386
*解説(細見綾子)……………………… 389
*解題……………………………………… 397
 

第16巻 1984.11.25
 
遊糸繚乱……………………………………… 1
第1章 遊糸繚乱 ………………………… 3
遊糸繚乱………………………………… 3
山蛭……………………………………… 5
邯鄲譜…………………………………… 9
秋の声……………………………………12
螢…………………………………………13
木の今昔…………………………………14
ハリモミの純林…………………………17
アニミスト?……………………………21
桜の美学…………………………………24
花吹雪……………………………………26
秋の蔭・冬の溝…………………………28
「命」の歌………………………………30
酒田の落日………………………………32
歳時記の自然観…………………………35
第2章 故旧訪歴 …………………………38
史跡散策…………………………………38
昔の肖像画……………………………38
石位寺の石仏…………………………39
日本の廃墟……………………………40
入鹿の首塚……………………………44
久恋の地を旅して………………………46
扶余の風光……………………………46
扶余をたずねて………………………48
朝鮮二題………………………………51
海底の陵………………………………55
韓国の古都をゆく……………………57
あとがき……………………………………70
猿の腰かけ……………………………………73
猿の腰かけ…………………………………75
由布嶽の猿酒……………………………75
由布院のやそぜり………………………76
天草灘のかなた…………………………77
口之津と鬼池……………………………78
矢部川の鮎狩……………………………80
原城址の赤のまま………………………81
亡びゆく国土……………………………82
坊の津のダチュラ………………………83
幽霊とお化け……………………………84
土地の名について………………………85
わが故郷喪失……………………………86
臭いものに蓋……………………………88
「葛の花」の歌…………………………89
土俵に落す涙……………………………90
鼠島のはじき豆…………………………91
さまよえるユダヤ人……………………92
わが水泳談義……………………………93
世にはびこるもの………………………95
われは海の子……………………………96
生でも死でもなく………………………97
草木も国土も……………………………98
歳時記のすすめ…………………………99
眼鏡橋のうた………………………… 101
雑木林の今昔………………………… 102
唐津の校長先生……………………… 103
交通事故の今昔……………………… 104
雉はどこで寝るか?………………… 105
日本の川の嘆き……………………… 106
秘密兵器はまだだ…………………… 108
古代史の小さな一齣………………… 109
浦上びとの面影……………………… 110
さようなら鼠島……………………… 111
ものの「縁」を知る………………… 112
青い屋根赤い屋根…………………… 113
金華山の鹿の数……………………… 114
コルベ神父の生涯…………………… 116
軍隊がまだあったころ……………… 117
自然と人工との間…………………… 118
アニオーさんの行列………………… 119
長崎人気質…………………………… 120
「心のふるさと」とは?…………… 121
若い運転手のこころ………………… 123
文武王の海中陵……………………… 124
渡辺庫輔氏のこと…………………… 125
「葛の花」の歌ふたたび…………… 126
故郷の二つの面……………………… 127
私の行った小学校…………………… 129
出島と正宗白鳥……………………… 130
虫の音の季節………………………… 131
猿の尻笑い…………………………… 132
羇旅感懐………………………………… 134
長崎叙情……………………………… 134
私の母校…………………………… 134
昔なじみ…………………………… 135
長崎案内…………………………… 137
くんち過ぎ………………………… 142
ハワイ紀行…………………………… 143
布哇だより………………………… 143
ハワイで見たもの………………… 146
ハワイ見聞………………………… 151
二度の中国…………………………… 153
中国文芸界の印象………………… 153
北京の文学者たち………………… 157
新中国の印象……………………… 160
桂林の山水………………………… 165
十八年目の中国…………………… 167
自然のこころ………………………… 175
桜花ところどころ………………… 175
秋の心……………………………… 180
樹相・林相………………………… 183
日本人の色………………………… 185
海行かば・山行かば……………… 187
生きた尺度………………………… 189
職人の嘆き………………………… 191
あとがき………………………………… 195
狐の提灯…………………………………… 197
狐の提灯………………………………… 199
子供の頓知くらべ…………………… 199
甲子園と兄の思い出………………… 200
数字に弱い人たち…………………… 202
赤とんぼの唄………………………… 203
井戸塀を残して……………………… 205
一ツ木ヶ原の古戦場………………… 206
味覚の文化について………………… 208
寿限無の教訓………………………… 209
仁和寺で聴いたこと………………… 211
蔵書整理は可能か?………………… 212
高杉晋作の都々逸…………………… 214
夕日のある風景……………………… 215
慶応びと、明治びと………………… 217
「いのち」と「かたち」……………… 219
造型の先の『いのち』……………… 219
「諸向き心」と「直向き心」……… 220
『メディア』と『死の棘』と……… 222
春曙考………………………………… 225
最期の一句…………………………… 228
雪舟の山水画………………………… 231
利休寸感……………………………… 233
芭蕉木像の強さ……………………… 234
書の面白さ―熊谷守一の書―……… 237
御室における雅びの伝統…………… 240
往事渺茫………………………………… 249
自伝抄………………………………… 249
妣の国………………………………… 275
「妣の国」加賀…………………… 275
金沢の味覚さまざま……………… 283
賎ヶ岳遺聞………………………… 287
余呉湖の古戦場…………………… 289
長崎と父……………………………… 292
父の五十回忌……………………… 292
長崎の想い出……………………… 294
長崎魚族紳士録…………………… 303
きりしたんと私…………………… 306
あとがき………………………………… 310
*年譜(紅野敏郎,比護隆界) ………… 311
*著作目録(比護隆界)………………… 383
*解説(竹西寛子)……………………… 431
*解題……………………………………… 439
 

別巻 1985.1.20
 
文学論
純粋ロマネスク……………………………… 3
二つの俘虜記…………………………………13
「二つの俘虜記」再論―加藤周一氏の一文に寄せて……15
『金色夜叉』についての反時代的考察……20
国民文学について―国土・国語・国民……29
新平家・義経・弁慶…………………………36
小説と政治的風土……………………………44
芥川龍之介の問題……………………………49
小説批評の立場………………………………52
読書論…………………………………………54
高村光太郎の生き方―伊藤、今泉両氏に質問したいこと……60
魯迅……………………………………………62
ロマネスクの考察……………………………73
原型への回帰―詩と劇との出会い…………80
短篇小説の不毛………………………………90
文壇的文体と散文……………………………99
変りゆく「芸術の理想」………………… 109
最近の恋愛小説…………………………… 118
文学とモラルとの関係―佐古純一郎氏の一文について…… 120
果して文学は不在か……………………… 122
小説における想像力……………………… 128
現代詩への疑問…………………………… 136
「現代詩への疑問」再論………………… 138
姦通小説論………………………………… 140
伊藤整氏に望む…………………………… 148
小説の中の日本的風土…………………… 151
神と人間性の追求を―遠藤周作氏に答える…… 155
女流作家であること―女性こそもっとも行動的である…… 157
事実と小説―『人間の壁』をめぐって… 164
戦後の文学………………………………… 166
歴史小説と現実―高見順氏へ…………… 171
文学と読者………………………………… 174
モデル問題について……………………… 183
歴史と小説………………………………… 188
再び「歴史と小説」について…………… 191
純文学と大衆文学………………………… 194
文学はどこへ行く………………………… 198
「純文学」論争の行くえ………………… 203
老境の文学について……………………… 209
歴史と文学について……………………… 215
伝記への要望……………………………… 219
再び「伝記」について…………………… 225
現代小説への不信………………………… 231
純文学の敵ということ…………………… 246
戦争文学はまだ書かれていない………… 248
低声の批評家たち………………………… 253
頂上・鞍部・裾野………………………… 258
流される批評家たち―作家たちの攻撃に答える…… 260
批評は芸術か……………………………… 264
危機に立つ文学批評……………………… 266
泰平下の文学―気ままな随想風に……… 272
初心とは?………………………………… 279
歴史と文学………………………………… 281
死を見つめた作家たち…………………… 283
小説よ、奢るなかれ……………………… 286
松本清張氏に答える―『火の虚舟』の批評について…… 288
文芸時評はだれのものか………………… 291
『ブライズヘッドふたたび』 Brideshead Revisited…… 293
歴史書・伝記への興味―虚構の文学にないもの…… 306
現代にとって文学とは何か……………… 309
さまざまな『源氏物語』―現代訳にみる苦心…… 314
有朋堂文庫など…………………………… 316
頑固の説―借り物の思想を拒否する心… 320
旅のこころ(抄)
南都二題
春ひらく………………………………… 325
鑑真和上に遭う………………………… 327
旅のこころ
旅のこころ……………………………… 331
楊柳新たなり…………………………… 333
山のみずうみ…………………………… 335
北陸路の冬……………………………… 337
実朝ほか
実朝の歌枕―鎌倉……………………… 340
琉歌の島………………………………… 346
信濃紀行―空穂と赤彦………………… 351
吉野の花吹雪…………………………… 363
ふるさと長崎
生い立ちの町―砦と岬と築地と……… 366
佐多稲子氏の長崎地図………………… 374
『南の肌』風土記……………………… 381
『沈黙』と長崎………………………… 389
私の住んでみたい町…………………… 392
*解説(磯田光一)
*解題(編集部)
[ 2011/04/05 00:47 ] 山本健吉 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール
本サイトでは管理人が趣味で作成したデータベースを公開しています。著作権等の知的財産権を侵害する意図はありません。ご要望のある方はお知らせください。速やかに対応致します。なお、データの無断複製・転載はお断りしています。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。