研究余録 ~全集目次総覧~ TOP  >  スポンサー広告 >   >  山本周五郎 >  『山本周五郎全集』全30巻

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『山本周五郎全集』全30巻

『山本周五郎全集』全30巻(新潮社、1981.9~1984.2)



第1巻 1982.7.25
 
夜明けの辻…………………………………… 5
新潮記…………………………………………55
菊屋敷……………………………………… 211
*附記木村久迩典〔記〕………………… 247
 

第2巻 1981.9.15
 
小説 日本婦道記…………………………… 5
柳橋物語…………………………………… 211
むかしも今も……………………………… 311
*附記木村久迩典〔記〕………………… 384
 

第3巻 1982.1.25
 
花筵…………………………………………… 5
おたふく物語…………………………………83
楽天旅日記………………………………… 151
*附記木村久迩典〔記〕………………… 323
 

第4巻 1984.1.25
 
寝ぼけ署長…………………………………… 5
火の杯……………………………………… 183
*附記木村久迩典〔記〕………………… 393
 

第5巻 1983.7.25
 
山彦乙女……………………………………… 5
花も刀も…………………………………… 139
ちくしょう谷……………………………… 237
*附記木村久迩典〔記〕………………… 306
 

第6巻 1983.5.25
 
風流太平記…………………………………… 5
*附記木村久迩典〔記〕………………… 300
 

第7巻 1982.2.25
 
栄花物語……………………………………… 5
*附記木村久迩典〔記〕………………… 293
 

第8巻 1983.2.25
 
正雪記………………………………………… 5
*附記木村久迩典〔記〕………………… 391
 

第9巻 1982.11.25
 
樅ノ木は残った(上)……………………… 5
*附記木村久迩典〔記〕………………… 281
 

第10巻 1982.12.25
 
樅ノ木は残った(下)……………………… 5
*附記木村久迩典〔記〕………………… 324
 

第11巻 1981.10.25
 
赤ひげ診療譚………………………………… 5
五弁の椿…………………………………… 179
*附記木村久迩典〔記〕………………… 332
 

第12巻 1982.3.25
 
天地静大……………………………………… 5
*附記木村久迩典〔記〕………………… 388
 

第13巻 1983.3.25
 
彦左衛門外記………………………………… 5
町奉行日記………………………………… 149
平安喜遊集………………………………… 191
大納言狐………………………………… 193
牛………………………………………… 215
もののけ………………………………… 241
地蔵……………………………………… 265
偸盗……………………………………… 297
*附記木村久迩典〔記〕………………… 324
 

第14巻 1981.11.25
 
青べか物語…………………………………… 5
季節のない街……………………………… 159
*附記木村久迩典〔記〕………………… 356
 

第15巻 1982.5.25
 
虚空遍歴……………………………………… 5
*附記木村久迩典〔記〕………………… 402
 

第16巻 1981.12.25
 
さぶ…………………………………………… 5
ひとごろし………………………………… 215
へちまの木………………………………… 239
あとのない仮名…………………………… 271
枡落し……………………………………… 313
おごそかな渇き…………………………… 347
*附記木村久迩典〔記〕………………… 384
 

第17巻 1982.9.25
 
ながい坂……………………………………… 5
*附記木村久迩典〔記〕………………… 504
 

第18巻 1983.6.25
 
須磨寺附近…………………………………… 7
だだら団兵衛…………………………………18
溜息の部屋……………………………………32
豹………………………………………………39
其角と山賊と殿様……………………………47
麦藁帽子………………………………………53
薮落し…………………………………………60
留さんとその女………………………………67
お繁……………………………………………74
無頼は討たず…………………………………81
正体……………………………………………94
蛮人………………………………………… 101
暗がりの乙松……………………………… 108
入婿十万両………………………………… 122
嫁取り二代記……………………………… 134
おもかげ抄………………………………… 148
お美津簪…………………………………… 161
松林蝙也…………………………………… 176
槍術年代記………………………………… 190
喧嘩主従…………………………………… 207
朝顔草紙…………………………………… 221
違う平八郎………………………………… 235
本所霙河岸………………………………… 250
粗忽評判記………………………………… 264
秋風不帰…………………………………… 278
柿…………………………………………… 294
抜打ち獅子兵衛…………………………… 309
土佐の国柱………………………………… 322
主計は忙しい……………………………… 342
城中の霜…………………………………… 360
蕗問答……………………………………… 372
三十二刻…………………………………… 380
松風の門…………………………………… 396
内蔵允留守………………………………… 408
鼓くらべ…………………………………… 420
*附記木村久迩典〔記〕………………… 430
 

第19巻 1983.10.25
 
夫婦の朝……………………………………… 7
笠折半九郎……………………………………20
落武者日記……………………………………34
三年目…………………………………………47
蜜柑……………………………………………60
避けぬ三左……………………………………72
蕭々十三年……………………………………83
狐………………………………………………91
花宵……………………………………………99
おかよ……………………………………… 109
おもかげ…………………………………… 118
青竹………………………………………… 128
水戸梅譜…………………………………… 141
めおと鎧…………………………………… 153
殉死………………………………………… 164
夏草戦記…………………………………… 174
さるすべり………………………………… 193
義経の女…………………………………… 204
薯粥………………………………………… 208
石ころ……………………………………… 219
御馬印拝借………………………………… 230
紅梅月毛…………………………………… 248
荒法師……………………………………… 262
水の下の石………………………………… 277
鉢の木……………………………………… 289
兵法者……………………………………… 300
一人ならじ………………………………… 308
菊月夜……………………………………… 318
足軽奉公…………………………………… 334
ゆだん大敵………………………………… 348
武道無門…………………………………… 370
討九郎馳走………………………………… 382
壷…………………………………………… 393
楯輿………………………………………… 407
孫七とずんど……………………………… 414
武家草鞋…………………………………… 429
*附記木村久迩典〔記〕………………… 446
 

第20巻 1983.8.25
 
晩秋…………………………………………… 5
彩虹……………………………………………16
花咲かぬリラ…………………………………32
備前名弓伝……………………………………50
山だち問答……………………………………74
四年間…………………………………………90
明暗嫁問答………………………………… 108
恋の伝七郎………………………………… 128
野分………………………………………… 154
初蕾………………………………………… 175
蜆谷………………………………………… 193
ひやめし物語……………………………… 207
葦…………………………………………… 223
金五十両…………………………………… 235
風流化物屋敷……………………………… 248
評釈勘忍記………………………………… 266
若殿女難記………………………………… 284
忍術千一夜 第一話 艶妖記…………… 306
忍術千一夜 第二話 三悪人物語……… 325
*附記木村久迩典〔記〕………………… 355
 

第21巻 1983.12.25
 
椿説女嫌い…………………………………… 5
失恋第五番……………………………………22
失恋第六番……………………………………47
山椿……………………………………………69
柘榴……………………………………………85
壱両千両………………………………………97
うぐいす…………………………………… 117
古い樫木…………………………………… 139
青嵐………………………………………… 152
上野介正信………………………………… 171
真説吝嗇記………………………………… 182
人情裏長屋………………………………… 196
花匂う……………………………………… 218
蘭…………………………………………… 234
合歓木の蔭………………………………… 244
おしゃべり物語…………………………… 258
山茶花帖…………………………………… 294
山女魚……………………………………… 315
*附記木村久迩典〔記〕………………… 337
 

第22巻 1983.4.25
 
落ち梅記……………………………………… 5
陽気な客………………………………………35
契りきぬ………………………………………57
桑の木物語……………………………………89
おれの女房………………………………… 128
泥棒と若殿………………………………… 152
おばな沢…………………………………… 173
寒橋………………………………………… 197
いさましい話……………………………… 216
めおと蝶…………………………………… 254
菊千代抄…………………………………… 278
長屋天一坊………………………………… 314
*附記木村久迩典〔記〕………………… 344
 

第23巻 1983.11.25
 
百足ちがい…………………………………… 5
つばくろ………………………………………33
ゆうれい貸屋…………………………………55
思い違い物語…………………………………77
追いついた夢……………………………… 121
嘘ァつかねえ……………………………… 142
はたし状…………………………………… 154
七日七夜…………………………………… 174
雨あがる…………………………………… 193
半之助祝言………………………………… 216
竹柏記……………………………………… 239
夕靄の中…………………………………… 286
雪の上の霜………………………………… 296
*附記木村久迩典〔記〕………………… 322
 

第24巻 1983.9.25
 
ぼろと釵……………………………………… 5
よじょう………………………………………18
宵闇の義賊……………………………………42
四人囃し………………………………………55
似而非物語……………………………………69
わたくしです物語………………………… 102
暴風雨の中………………………………… 127
梅雨の出来事……………………………… 143
雨の山吹…………………………………… 157
鍔鳴り平四郎……………………………… 173
いしが奢る………………………………… 188
「こいそ」と「竹四郎」………………… 212
秋の駕篭…………………………………… 229
貧窮問答…………………………………… 247
修業綺譚…………………………………… 271
砦山の十七日……………………………… 289
凌霄花……………………………………… 316
*附記木村久迩典〔記〕………………… 335
 

第25巻 1983.1.25
 
扇野…………………………………………… 5
雪と泥…………………………………………39
三十ふり袖……………………………………60
初夜……………………………………………78
みずぐるま……………………………………96
艶書………………………………………… 123
夜の蝶……………………………………… 148
四日のあやめ……………………………… 159
日日平安…………………………………… 179
月の松山…………………………………… 207
鵜…………………………………………… 228
葦は見ていた……………………………… 248
しじみ河岸………………………………… 267
女は同じ物語……………………………… 295
*附記木村久迩典〔記〕………………… 318
 

第26巻 1982.4.25
 
大炊介始末…………………………………… 5
おたは嫌いだ…………………………………32
夜の辛夷………………………………………55
かあちゃん……………………………………72
釣忍……………………………………………95
ほたる放生………………………………… 114
しゅるしゅる……………………………… 135
裏の木戸はあいている…………………… 153
水たたき…………………………………… 172
妻の中の女………………………………… 197
渡の求婚…………………………………… 225
凍てのあと………………………………… 233
なんの花か薫る…………………………… 254
こんち午の日……………………………… 276
あんちゃん………………………………… 304
*附記木村久迩典〔記〕………………… 325
 

第27巻 1982.8.25
 
逃亡記………………………………………… 5
月夜の眺め……………………………………32
将監さまの細みち……………………………48
しづやしづ……………………………………70
肌匂う…………………………………………93
並木河岸…………………………………… 105
つゆのひぬま……………………………… 124
深川安楽亭………………………………… 150
枕を三度たたいた………………………… 188
法師川八景………………………………… 215
茶摘は八十八夜から始まる……………… 234
鶴は帰りぬ………………………………… 260
花杖記……………………………………… 285
*附記木村久迩典〔記〕………………… 323
 

第28巻 1982.10.25
 
末っ子………………………………………… 5
屏風はたたまれた……………………………33
ちいさこべ……………………………………45
橋の下…………………………………………78
ひとでなし……………………………………90
あだこ……………………………………… 109
ちゃん……………………………………… 132
若き日の摂津守…………………………… 155
古今集巻之五……………………………… 179
薊…………………………………………… 200
その木戸を通って………………………… 216
やぶからし………………………………… 239
失蝶記……………………………………… 261
落葉の隣り………………………………… 283
*附記木村久迩典〔記〕………………… 312
 

第29巻 1982.6.25
 
ばちあたり…………………………………… 5
霜柱……………………………………………27
あすなろう……………………………………42
燕………………………………………………63
おさん…………………………………………89
榎物語……………………………………… 121
饒舌り過ぎる……………………………… 153
超過勤務…………………………………… 181
十八条乙…………………………………… 196
改訂御定法………………………………… 209
源蔵ケ原…………………………………… 239
滝口………………………………………… 252
醜聞………………………………………… 301
*附記木村久迩典〔記〕………………… 324
 

第30巻 1984.2.25
 
小説の効用…………………………………… 5
作品雑感…………………………………… 7
大衆文学芸術論?…………………………10
小説の芸術性………………………………15
「面白さ」の立場から……………………17
中島健蔵氏に問う…………………………19
小説の効用…………………………………22
歴史か小説か………………………………24
歴史と文学…………………………………26
歴史的事実と文学的真実…………………39
小説と事実…………………………………41
雨のみちのく…………………………………43
直木三十五賞「辞退のこと」……………45
断片―昭和25年のメモより………………45
堀口さんとメドック………………………48
雨のみちのく………………………………49
跋に代えて…………………………………51
毎日出版文化賞……………………………52
三十年後の青べか…………………………53
「青べか」について………………………65
文芸春秋読者賞を辞すの弁………………66
すべては「これから」……………………66
極貧者たちの喜びと怒りを………………68
江分利満氏のはにかみ……………………69
作品の跡を訪ねて…………………………71
季節のない街………………………………72
暗がりの弁当…………………………………77
横浜伊勢佐木町……………………………79
アメリカの町ヨコハマ……………………80
北へ傾がった家……………………………81
歳晩雑感……………………………………83
某月某日……………………………………84
写真嫌い……………………………………84
或る令嬢たち………………………………87
暗がりの弁当………………………………89
全部エヌ・ジイ……………………………91
語る事なし…………………………………93
六月おおみそか説…………………………96
酒屋の夜逃げ………………………………98
無限の快楽……………………………… 100
某月某日………………………………… 102
ちんばの踏段…………………………… 103
年の瀬の音……………………………… 104
小説「よじょう」の恩人……………… 107
独居のたのしみ………………………… 109
八百長について………………………… 114
景気のこちら側………………………… 116
昔のままの石垣………………………… 118
畏友 山手樹一郎へ…………………… 119
酒も食べ物も…………………………… 121
笑われそうな話………………………… 124
からっぽの箪笥………………………… 127
それが来る……………………………… 129
米と貧しさ……………………………… 131
行水と自炊……………………………… 133
日録……………………………………… 135
豆腐屋のラッパ………………………… 140
ブドー酒・哲学・アイスクリーム…… 142
好みの移り変り………………………… 145
人生の冬・自然の冬…………………… 148
三十余年目の休養……………………… 154
めがねと四十年と………………………… 157
多忙……………………………………… 159
飛躍にも表と蔭………………………… 160
性分……………………………………… 162
武士道の精髄…………………………… 164
国史に残る忍城の教訓………………… 168
武家の食生活…………………………… 170
めがねと四十年と……………………… 172
朝めし…………………………………… 174
お手洗…………………………………… 174
わが野鳥たち…………………………… 176
酒みづく………………………………… 179
思い違い………………………………… 182
旅館について…………………………… 185
年齢について…………………………… 192
旧帝劇の回想…………………………… 193
作者の言葉………………………………… 195
『山彦乙女』…………………………… 197
『火の杯』……………………………… 197
『竹柏記』……………………………… 198
『風流太平記』………………………… 198
『正雪記』……………………………… 199
『栄花物語』…………………………… 199
『樅ノ木は残った』…………………… 200
『花も刀も』…………………………… 201
もっとも恐れる事……………………… 201
『夜の辛夷』について………………… 202
『樅ノ木は残った』の続編を連載するにあたり…… 202
『こんち午の日』について…………… 203
『将監さまの細みち』………………… 204
蛇足『牛』について…………………… 204
『大久保彦左衛門実記』……………… 205
申すことなし『その木戸を通って』について…… 206
『天地静大』…………………………… 207
『季節のない街』……………………… 207
『季節のない街』を終って…………… 208
『さぶ』………………………………… 209
『小説の効用』………………………… 210
『ながい坂』…………………………… 211
『醜聞』について……………………… 212
『おごそかな渇き』…………………… 212
*年譜木村久迩典〔作成〕……………… 213
*参考文献木村久迩典〔作成〕………… 256
*附記木村久迩典〔記〕………………… 262
[ 2011/04/05 00:47 ] 山本周五郎 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール
本サイトでは管理人が趣味で作成したデータベースを公開しています。著作権等の知的財産権を侵害する意図はありません。ご要望のある方はお知らせください。速やかに対応致します。なお、データの無断複製・転載はお断りしています。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。