研究余録 ~全集目次総覧~ TOP  >  スポンサー広告 >   >  山本耕一路 >  『山本耕一路全詩集』

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『山本耕一路全詩集』

『山本耕一路全詩集』(野獣詩話会、1984~1989)

『山本耕一路全詩集』(野獣詩話会、1984~1989)

第1巻 1984.10.1
 
第I集 ………………………………………… 7
「岩」から(昭和38年)………………… 9
山の石……………………………………10
野の石……………………………………12
森のシミがついていた古本……………14
凶漁海域…………………………………17
折れた葦…………………………………20
「壁をくわえた海」から(昭和40年)…23
すすき道…………………………………24
只今家族十一人…………………………26
いるかの亡霊に憑かれた石投げ男……28
脱衣箱……………………………………32
「蒼い渕」から(昭和46年)……………35
銃の花……………………………………36
煙草ゆうれい……………………………37
岩…………………………………………38
うなぎおんな……………………………40
白い石の上には…………………………43
水のおんな………………………………46
椅子作り職人……………………………49
音…………………………………………52
黒い崖……………………………………54
谷間で……………………………………57
崖上の石…………………………………60
「しろい樹」から(昭和49年)…………63
ふんどし…………………………………64
墓場の戸と錆びた蝶番…………………65
島の散髪屋………………………………68
白い塀の通りで…………………………70
石…………………………………………72
風の出ないうちに………………………74
ひとりとひとり…………………………76
蛸…………………………………………78
猿…………………………………………80
どぶねずみの唄…………………………82
橋の人……………………………………87
長靴………………………………………88
「眠りのひと」から(昭和51年)………91
秋の日に…………………………………92
雪の日の奇妙なバス……………………94
顔…………………………………………96
電柱………………………………………97
暗い柳……………………………………98
六地蔵………………………………… 100
黒塗りの箸と或る男………………… 102
めがね屋……………………………… 104
公園と老人…………………………… 106
飢えの刻……………………………… 108
眠りのひと…………………………… 110
いちじくの木のある踏切…………… 112
「森の織糸」から(昭和54年)……… 117
壁……………………………………… 118
烏と硝子……………………………… 121
繁く手紙を書く女…………………… 124
野の線路……………………………… 126
蛙……………………………………… 128
庭で…………………………………… 130
月明かりの公園……………………… 132
ひと房の葡萄………………………… 134
公園には児童専用地下出入口がある…… 136
振り向き岩…………………………… 138
漢字戯曲……………………………… 141
海の死者への幻想…………………… 144
森の織糸……………………………… 146
扉……………………………………… 148
しゃぼん玉戯曲……………………… 151
猫……………………………………… 154
断崖上に伸び出た腕の這松………… 156
突ッかけ草履………………………… 160
眼の奥の眼…………………………… 164
汽車…………………………………… 166
団扇…………………………………… 169
天二題………………………………… 170
幻想煙突……………………………… 172
玉葱小屋……………………………… 176
あたりまえの神様…………………… 177
階段…………………………………… 178
鈍行列車の中で……………………… 180
海辺の老人…………………………… 184
木……………………………………… 186
秋……………………………………… 188
杉山…………………………………… 190
広場で………………………………… 192
第II集……………………………………… 195
門………………………………………… 196
或る日背中は…………………………… 198
襖………………………………………… 200
野………………………………………… 202
雲………………………………………… 203
森の白馬………………………………… 204
怪写真…………………………………… 207
すきま風………………………………… 211
寝ぐるしき夜に………………………… 214
秋………………………………………… 216
老体……………………………………… 218
梢………………………………………… 220
たんぽぽ………………………………… 222
厖大相貌………………………………… 224
小さな枝に……………………………… 228
洋服かけ………………………………… 230
ころがる………………………………… 232
釣り橋…………………………………… 235
8の字のうた …………………………… 238
縞蛇に…………………………………… 240
看板談義………………………………… 241
秋の貌…………………………………… 244
重い手…………………………………… 246
山への合図……………………………… 248
釣座禅…………………………………… 250
発生源…………………………………… 253
雁への思念……………………………… 256
にんげん森……………………………… 258
狐女幻想譜……………………………… 264
オルガンと階段………………………… 267
田園戯抄………………………………… 270
昆虫変身………………………………… 272
十人と十人の靴………………………… 275
風呂屋の番台で………………………… 279
風紋の女………………………………… 282
納涼船…………………………………… 286
暗い声…………………………………… 288
寒月……………………………………… 291
ヒトダマ戯景…………………………… 294
九十三日目の留守へ帰って来た一軒家の男…… 301
をんな滝………………………………… 304
旅の道で………………………………… 306
秋の川…………………………………… 310
毬と少女………………………………… 312
八股の榎さん…………………………… 314
第III集 …………………………………… 317
不思議な公園…………………………… 318
暮れがたの町で………………………… 321
金魚を売る男…………………………… 322
春の日…………………………………… 324
雪の傘…………………………………… 326
春日幻夢………………………………… 327
秋………………………………………… 329
零れる髪………………………………… 330
流れる髪………………………………… 332
海の声…………………………………… 334
ドアーが嗤った………………………… 337
こころの河原…………………………… 340
厖大客船戯譚…………………………… 343
白壁と蝙蝠傘…………………………… 346
ひとつかふたつの野のともり………… 349
始源の声………………………………… 352
大工の源さん…………………………… 354
或る無人駅……………………………… 357
野の昼…………………………………… 360
窓のひと………………………………… 362
夢の少女………………………………… 364
遠い日の出来ごと……………………… 367
空の鐘…………………………………… 370
山………………………………………… 374
画中の二人……………………………… 376
石の願い………………………………… 378
足の行進曲……………………………… 381
秋と犬…………………………………… 382
春の窓辺で……………………………… 384
垂れる物の行方………………………… 386
隣り村が見えるのは…………………… 388
自転車になった男……………………… 391
第IV集……………………………………… 395
公園の木………………………………… 396
冬木にたれさがる縄についての思考… 399
茶室の霊………………………………… 402
夜の坂の町で…………………………… 404
物の真ン中に憑かれた男……………… 406
漢字戯曲………………………………… 408
樹の館…………………………………… 410
民宿……………………………………… 414
雲になった脚…………………………… 417
バス停にて……………………………… 420
滝………………………………………… 422
長靴……………………………………… 424
冬木立…………………………………… 426
夕鴉……………………………………… 428
おかしな撞木と梵鐘…………………… 429
喫茶店にて……………………………… 432
ひらがな暮景…………………………… 434
戻った自転車…………………………… 436
生涯の切り目…………………………… 438
唐人町郵便局前ポスト………………… 440
六本の足指……………………………… 444
痛くもない頸の理由…………………… 446
木椅子恐怖症男戯曲…………………… 448
ポンコツとボールと少年……………… 452
*<詩人について>信から耕一路へ架ける橋―近代への批判として(堀内統義)… 455
*<作品について>山本耕一路ノート―神話的全体性の蘇生力(堀内統義)…… 461
*あとがき………………………………… 481
 

第2巻 1989.9.15
 
第I集 ………………………………………… 7
「鰯もしんぶん読んでいる」(昭和60年)…… 9
鰯もしんぶん読んでいる………………10
スリッパの薔薇…………………………12
雨と石段…………………………………14
孔雀………………………………………16
海を跨いだ釣竿…………………………18
二つの木椅子……………………………20
かまぼこ板顛末記………………………22
老いた獅子―野獣百二十四号を前に(旧作から)……26
春の線路…………………………………30
花びらと水甕……………………………34
雄鹿戯譚…………………………………38
髪の川……………………………………40
一本の杭…………………………………42
トンネル口の芒…………………………44
立ち喰い…………………………………45
山の杖……………………………………46
鴉…………………………………………47
或る時代もの小説家……………………48
ざぶとん…………………………………49
呼び声……………………………………50
貌…………………………………………53
指…………………………………………54
白い箱……………………………………56
白いベンチ………………………………60
二重のキャッチボール…………………62
第II集…………………………………………65
「歩いても歩いても」(昭和62年)……67
断崖を駈けぬける白い馬………………68
街の通りと五階窓………………………70
ふとんの滝にお茶が出る………………72
帽子………………………………………74
躍動………………………………………75
公園の空を翔ぶ帯………………………76
秋彼岸……………………………………78
口笛………………………………………80
灯影………………………………………82
月と老人…………………………………84
鬼瓦変じて猫瓦となる日がある………86
気味の悪い日よ…………………………88
車庫行き列車は霊柩車―乗り違えた新大阪駅……90
友あり雨中を来たる……………………94
野の駅で…………………………………96
針の刺さった蝶が飛ぶ…………………98
龍の恋………………………………… 100
河童夫婦……………………………… 102
花貌…………………………………… 103
田ンぼの蛙…………………………… 104
雪の傘………………………………… 106
横に引かれた色調の海辺で………… 108
名古屋東山動物園 伊予男戯譚…… 110
神と古縄……………………………… 114
鳴き砂………………………………… 116
白壁の焦慮…………………………… 118
建造物を変型する壁の男…………… 120
浪と芒………………………………… 124
凧あげ唄に想う……………………… 126
冬木立………………………………… 128
海辺の太鼓…………………………… 130
投網狂の男…………………………… 132
第III集 …………………………………… 135
「樹の女」(昭和63年)……………… 137
たたみの上を匍うてくるさぶとん… 138
一枚の皿が変わった………………… 140
梯子を登る男………………………… 142
滝の性別……………………………… 146
ズボンがズボンの男を知っていた… 148
ゴリラ館……………………………… 152
老いたこおろぎ……………………… 154
樹の馬………………………………… 156
廃屋の壁……………………………… 159
春の海辺で―蟹と子と石垣の穴…… 160
野ら猫………………………………… 162
落葉戯遊園…………………………… 164
心に波の通い路が…………………… 166
棒立つ黝き君なる背なよ…………… 168
水辺の木……………………………… 170
風の節………………………………… 173
蝶の断章……………………………… 174
浪花屋のひらがなうなぎ…………… 180
或る風景……………………………… 182
橋曼陀羅……………………………… 184
冥土行という名の電車……………… 186
二つの電話ボックスと人形老舗…… 192
文字の女……………………………… 196
夢想妄想戯譚………………………… 198
花瓶と女……………………………… 200
団十郎猫……………………………… 202
孤愁…………………………………… 203
はなびらのひとつかふたつ………… 204
放尿夕暮れ…………………………… 206
ボタンをつけた背広の空…………… 208
木の疾走……………………………… 210
海沿いの木工所……………………… 212
グラスの中のわたし―或る夏の夜の夢…… 214
ちびたエンピツ……………………… 216
レクイエム―歌手美空ひばり……… 218
波と学帽……………………………… 219
山水画に出てくる不思議な老人…… 220
一つの棒……………………………… 221
川の言い分…………………………… 222
九百九拾九日目の花瓶……………… 224
花駒絵傘綺譚………………………… 226
*跋友 迷宮への彷徨(堀内統義)…… 233
*愛媛詩人連合の活動…………………… 235
*著者年譜………………………………… 240
*あとがき………………………………… 243
[ 2011/04/05 00:49 ] 山本耕一路 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール
本サイトでは管理人が趣味で作成したデータベースを公開しています。著作権等の知的財産権を侵害する意図はありません。ご要望のある方はお知らせください。速やかに対応致します。なお、データの無断複製・転載はお断りしています。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。