研究余録 ~全集目次総覧~ TOP  >  スポンサー広告 >   >  山本有三 >  『定本山本有三全集』全12巻

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『定本山本有三全集』全12巻

『定本山本有三全集』全12巻(新潮社、1976.6~1977.5)



第1巻 1977.2.25
 
穴 一幕……………………………………… 5
津村教授 三幕………………………………25
生命の冠 三幕…………………………… 105
嬰児ごろし 一幕………………………… 193
女おや 三幕……………………………… 227
坂崎出羽守 四幕………………………… 287
淀見蔵 三幕……………………………… 353
蔓珠沙華 一幕…………………………… 399
*編集後記(高橋健二)………………… 417
 

第2巻 1976.10.25
 
指鬘縁起 第一部三幕……………………… 5
同志の人びと 二幕…………………………49
ウミヒコ・ヤマヒコ 一幕…………………89
本尊 一幕………………………………… 109
熊谷蓮生坊 三幕………………………… 129
スサノオノミコト 二幕………………… 173
大磯がよい 一幕………………………… 207
女中の病気 四場………………………… 221
父おや 三場……………………………… 247
嘉門と七郎右衛門 二幕………………… 271
西郷と大久保 三幕……………………… 299
*編集後記(高橋健二)………………… 375
 

第3巻 1976.12.25
 
霧の中 ラジオ・ドラマ…………………… 5
盲目の弟 四場………………………………33
女人哀詞 四幕………………………………77
「女人哀詞」の中の外国語訳解……… 208
米百俵 二場……………………………… 213
注………………………………………… 264
隠れたる先覚者 小林虎三郎…………… 273
そえがき………………………………… 289
*編集後記(高橋健二)………………… 311
 

第4巻 1977.1.25
 
生きとし生けるもの………………………… 5
兄弟………………………………………… 189
雪…………………………………………… 197
子役………………………………………… 217
チョコレート……………………………… 239
ふしゃくしんみょう……………………… 261
こぶ………………………………………… 323
*「作者のことば」など………………… 367
作者のことば………………………… 368
おわび………………………………… 369
巻末に………………………………… 370
*編集後記(高橋健二)………………… 373
 

第5巻 1976.9.25
 
波……………………………………………… 5
はにかみやのクララ……………………… 303
ストウ夫人………………………………… 353
*「作者から」など……………………… 405
作者から……………………………… 406
筆をおくに当つて…………………… 407
胸にひゞく話………………………… 408
あとがき……………………………… 409
*編集後記(高橋健二)………………… 411
 

第6巻 1976.11.25
 
風……………………………………………… 5
*「作者の言葉」など…………………… 395
作者の言葉…………………………… 396
後記…………………………………… 396
あとがき……………………………… 397
あとがき……………………………… 399
*編集後記(高橋健二)………………… 405
 

第7巻 1976.8.25
 
女の一生……………………………………… 5
「女の一生」付記……………………… 539
*編集後記(高橋健二)………………… 543
 

第8巻 1976.7.25
 
真実一路……………………………………… 5
*編集後記(高橋健二)………………… 353
 

第9巻 1976.6.25
 
路傍の石……………………………………… 5
「路傍の石」付録―新聞連載末尾の未刊行部分―…… 359
*「作者の言葉」など…………………… 427
作者の言葉…………………………… 428
まへがき……………………………… 429
あとがき……………………………… 430
*編集後記(高橋健二)………………… 435
 

第10巻 1977.3.25
 
随筆・評論
芸術は「あらわれ」なり……………………10
久米正雄に……………………………………18
表現主義雑感…………………………………20
折りにふれて…………………………………23
道しるべ………………………………………26
心の置きどころ………………………………28
見る目・見る人………………………………31
錯覚……………………………………………32
一人一回かぎり………………………………34
その日から翌朝まで…………………………38
地震と有一……………………………………42
大地……………………………………………43
展覧会を見たあとで…………………………47
空外飛行………………………………………50
すわり…………………………………………53
正方形と円……………………………………58
途上……………………………………………59
夫婦げんか……………………………………61
すが目の悪魔…………………………………63
一即多…………………………………………66

文学の輸出入…………………………………70
広告制限………………………………………74
創作で立とうとする人びとに………………78
小学読本と童話読本…………………………88
あに発売禁止のみならんや…………………96
諮問会の設置…………………………………98
翻訳権の問題……………………………… 100

島村抱月先生に…………………………… 108
美術劇場と無名会………………………… 115
「復讐」とStil…………………………… 129
新時代劇一瞥……………………………… 136
「酒中日記」を見て……………………… 140
私の事……………………………………… 144
史劇と史実………………………………… 145
「その妹」の上演………………………… 148
泡鳴氏の戯曲集『焔の舌』のあとに…… 154
「父帰る」を見て………………………… 156
芝居むだ話………………………………… 161
「布施太子の入山」を評す……………… 167
女優劇廃止論……………………………… 172
上演されたとき不愉快なこと…………… 175
「坂崎出羽守」と悲劇の主人公………… 176
「坂崎出羽守」漫談……………………… 179
菊五郎の芸………………………………… 183
井上君とぼく……………………………… 185
芝居談義…………………………………… 188
観劇料問答………………………………… 194
国立劇場について………………………… 199
劇作家として……………………………… 203
「指鬘縁起」について…………………… 204
「演劇新潮」を編集するに当たって…… 207
「演劇新潮」の編集方針を問われて…… 209
第二次「演劇新潮」……………………… 211
劇壇新潮…………………………………… 214
編集室より………………………………… 223
宗之助の思い出…………………………… 225
築地小劇場の反省を促す………………… 227
小山内薫氏に答う………………………… 232
離反価値…………………………………… 235
「同志の人びと」の上演に際して……… 238
疑いを解く………………………………… 239
神経過敏の弁……………………………… 241
序…………………………………………… 243
演劇映画検閲問題………………………… 245
戯曲の隆盛と……………………………… 248
「嬰児ごろし」の評を見て……………… 251
小山内薫氏に……………………………… 253
「牧場の兄弟」初演のころ……………… 255

野外劇場の話……………………………… 260
野外劇場…………………………………… 265
ドイツの野外劇場………………………… 271
Strindbergの読み方……………………… 277
ドイツの三大戯曲家小観………………… 287
『シュニッツレル選集』の序文………… 324
アルトゥール・シュニッツレル………… 327
*編集後記(高橋健二)………………… 337
 

第11巻 1977.4.25
 
随筆・評論
おみおつけ……………………………………10
小人国…………………………………………15

芥川君の戯曲…………………………………22
当分原稿御依頼謝絶…………………………25
西郷と大久保…………………………………27
沢田君…………………………………………29
(雑誌「新潮」掲載短文)…………………33
新聞社はあやまらなくてもいいのか………36
いずこに訴えん………………………………41
序に代えて……………………………………49
われらの主張の根本要旨……………………51
婦人雑誌………………………………………62
やど屋のまくら………………………………67
「嬰児ごろし」漫談…………………………69
バラック建築…………………………………74
興味とは何か、問題とは何か………………75
研摩会得の道場………………………………78
直木君の最後…………………………………80
文学士道弁……………………………………83
新人の芽ばえを………………………………86
「ウミヒコ・ヤマヒコ」について…………89
卒業製作選集のあとに………………………96
(芥川龍之介賞経緯)…………………… 100
検事の論告と「女の一生」……………… 101
近衛公を語る……………………………… 109
(人生に熱意を写し出す人びととなれ)…… 113
「土の茂作」を推す……………………… 114
火の赤十字の作者………………………… 115

この本を出版するに当たって…………… 122
改訂版のはじめに………………………… 133
「ふりがな廃止論とその批判」のまえがき…… 135
国語問題の検討…………………………… 143
もじと国民………………………………… 150

ロハス大統領と神保中佐………………… 164
「銀河」のはじめに……………………… 170
戦争放棄と日本…………………………… 175
竹…………………………………………… 181
教育費について…………………………… 189
立候補に際して…………………………… 200
「文化」の役わり………………………… 202
農業と文化………………………………… 205
露伴翁の永眠に対して…………………… 207
人間菊池…………………………………… 213
(原作者の言葉)………………………… 218
『大和巡礼』を手にして………………… 219
投票日に思う……………………………… 221

アメリカと直線…………………………… 226
はなむけ…………………………………… 231
「文化の日」がきまるまで……………… 236
金山の家のことなど……………………… 239
思い出の六月……………………………… 242
紀元節について…………………………… 244
三鷹の思い出……………………………… 249
母の思い出………………………………… 250
実行不可能の条件………………………… 258
石川さんを思う…………………………… 259
からっぽ…………………………………… 261
佐藤さんと緑風会………………………… 265
自然は急がない…………………………… 269
(私が最も影響を受けた小説)………… 269
(祝辞)…………………………………… 270
死にべた…………………………………… 273
(国立国語研究所創立十周年記念祝辞)…… 277
うちの三代目……………………………… 281
座談・対談
徳富蘇峰氏座談会(徳富蘇峰,山本有三,芥川龍之介,菊池寛)…… 283
国語国字の問題(山本有三,林房雄,阿部知二)…… 296
『昭和の動乱』をめぐって(安倍能成,太田三郎,加瀬俊一,重光葵,山本有三)…… 326
自分に落第点を(山本有三,土屋文明)…… 341
*編集後記(高橋健二)………………… 353
 

第12巻 1977.5.25
 
無事の人……………………………………… 5
「無事の人」付録―初版本第9、第10章―……97
濁流近衛文麿〔雑談〕…………………… 113
詩・俳句

ブランコ…………………………………… 236
雲…………………………………………… 236
あるとき…………………………………… 238
俳句
病間雑吟…………………………………… 239
雑吟………………………………………… 240
閑居雑吟…………………………………… 241
遺作………………………………………… 243
草稿
竹…………………………………………… 246
大臣や大官の奥さんたち………………… 249
長次郎の茶わんの銘……………………… 257
がくや小品………………………………… 258
*著書目録高橋健二,平林文雄,松川俊尋〔作製〕…… 269
*作品別索引平林文雄,松川俊尋〔作製〕…… 293
*参考文献平林文雄,松川俊尋〔作製〕…… 321
*年譜平林文雄,松川俊尋〔作製〕 …… 345
「年譜」付録―山本有三アルバム―…… 373
*編集後記(高橋健二)………………… 389
[ 2011/04/05 00:49 ] 山本有三 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール
本サイトでは管理人が趣味で作成したデータベースを公開しています。著作権等の知的財産権を侵害する意図はありません。ご要望のある方はお知らせください。速やかに対応致します。なお、データの無断複製・転載はお断りしています。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。