研究余録 ~全集目次総覧~ TOP  >  スポンサー広告 >   >  矢山哲治 >  『矢山哲治全集』

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『矢山哲治全集』

『矢山哲治全集』全1巻(未来社、1987.9、阿川弘之,島尾敏雄,那珂太郎,真鍋呉夫監修)



1987.9.5
 

詩集 くんしやう………………………… 3
祈祷……………………………………… 6
更春……………………………………… 8
茶ひと……………………………………10
道の中……………………………………11
勲章………………………………………13
菊花の章…………………………………14
海…………………………………………15
川と葦のうた……………………………16
夜に………………………………………17
朝…………………………………………18
あとがき…………………………………20
詩集 友達…………………………………21
詩集 柩……………………………………33
優しい歌………………………………36
灰の歌……………………………………37
序………………………………………37
顔………………………………………38
夕の歌…………………………………39
てまりこ………………………………40
父・母…………………………………41
雅歌……………………………………43
柩…………………………………………47
柩………………………………………47
部屋………………………………………54
部屋……………………………………54
お話の本抄………………………………66
序………………………………………66
春………………………………………68
蝶のメエルヘン………………………69
夜の歌…………………………………70
環水荘…………………………………71
田舎……………………………………74
七月の日のうた………………………75
夜の想ひ………………………………76
無花果……………………………………78
無花果…………………………………78
無花果…………………………………79
未刊詩篇
習作詩篇
泉………………………………………83
黄蝶……………………………………83
転住……………………………………84
疎林の円卓……………………………84
勲章……………………………………85
樹樹……………………………………85
こをろ詩篇………………………………87
小さい嵐………………………………87
野薊花と詩人のうた…………………87
船………………………………………88
晴れた日のピアノ……………………88
アネモネ………………………………89
一つのめざめ…………………………90
詩人と死………………………………90
夏野のうた……………………………91
誕生日に贈りて………………………91
三月……………………………………91
相聞歌…………………………………92
祝ぎ歌…………………………………93
新しい歌………………………………93
新しい歌………………………………94
(わたしは梅雨にぬれて歩きます…)……94
生活正義………………………………95
鳥………………………………………96
花火……………………………………97
(薔薇のマントを纏つた少年達が…)……97
春日……………………………………98
訳詩
ストラハヰツ「独逸物語詩」…………99
ダグラスの心臓………………………99
クリヨン…………………………… 103
フラウ・ヒルデ…………………… 104
「幽霊船(シフ・アホイ)」…… 105
ノオト……………………………… 107
春(カロッサ作)…………………… 107
ヒヤシンス(シユトルム作)……… 108
俳句・短歌
俳句……………………………………… 111
短歌……………………………………… 112
小説・小品
少年はどう思ふでせう………………… 115
三隅川を下る…………………………… 116
盗難……………………………………… 118
青春……………………………………… 122
桃日……………………………………… 127
十二月…………………………………… 147
エッセイ・雑記
花がたみ………………………………… 181
母音の鈴………………………………… 185
過失抒情………………………………… 187
詩人の死 立原道造のこと…………… 188
火枝について…………………………… 190
「肉体の秋」矢野朗氏出版記念……… 191
手紙(岸田国士・横光利一・太宰治について)…… 196
日曜学校(おとなのために)………… 201
友達……………………………………… 203
私信―こをろを読んで下さる方に…… 204
むかしの歌……………………………… 207
火野先生 文学すること 生活すること…… 208
栞草……………………………………… 217
編集後記
あとがき(「校友会誌」31号)……… 221
創刊のことば(「こおろ」創刊号)… 224
あとがき(「こをろ」8号) ………… 225
あとがき(「こをろ」9号) ………… 225
編輯後記(「九大文学」10号)……… 226
「こをろ」通信より…………………… 227
同人雑誌「こおろ」創刊趣旨………… 227
こおろ創刊号私感……………………… 228
手紙に代へて(五日夜)……………… 229
発禁問題についての一反省…………… 230
(「こをろ」4号同人批判抄) ……… 231
解散提案者の動機その他について…… 233
私信にかへて…………………………… 235
こをろ七号批評………………………… 235
書簡
*書簡凡例……………………………… 239
昭和十二年(一九三七年)…………… 241
昭和十三年(一九三八年)…………… 242
昭和十四年(一九三九年)…………… 267
昭和十五年(一九四〇年)…………… 301
昭和十六年(一九四一年)…………… 338
昭和十七年(一九四二年)…………… 394
昭和十八年(一九四三年)…………… 416
*書簡注(近藤洋太)………………… 424
*光の薪―矢山哲治の詩と真実(解説)(真鍋呉夫)…… 435
*解題(近藤洋太)……………………… 445
*年譜・参考文献(近藤洋太)………… 453
*年譜(近藤洋太)…………………… 455
*参考文献(近藤洋太)……………… 474
[ 2011/04/05 00:51 ] 矢山哲治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール
本サイトでは管理人が趣味で作成したデータベースを公開しています。著作権等の知的財産権を侵害する意図はありません。ご要望のある方はお知らせください。速やかに対応致します。なお、データの無断複製・転載はお断りしています。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。