研究余録 ~全集目次総覧~ TOP  >  スポンサー広告 >   >  横田専一 >  『横田専一全歌集』

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『横田専一全歌集』

『横田専一全歌集』全1巻(短歌新聞社、1993.4、横田コノ編)



 1993.4
 
通風筒………………………………………… 7
芳香族…………………………………………37
柘榴……………………………………………63
めたぼりずむ……………………………… 105
風土………………………………………… 137
北浦………………………………………… 187
歌論集……………………………………… 291
秀歌私注(一)~(三五)…………… 297
野生の回復……………………………… 391
筏井嘉一先生のこと…………………… 393
三代をつらぬく背骨…………………… 396
衰弱か前進か…………………………… 397
木下利玄の歌…………………………… 399
単純化ということ……………………… 402
初心ということ………………………… 405
文学性と日常性………………………… 407
短歌における連想空間………………… 410
古典について…………………………… 312
実作者のABC …………………………… 415
わが心の歌人筏井嘉一………………… 418
短歌のこころ…………………………… 423
いわゆる「ただごと歌」に関連して… 425
歌の原点ということ…………………… 427
新と自由と……………………………… 430
自己に正直な心………………………… 432
佐美雄の歌一首………………………… 435
自然人間の声を………………………… 437
一首に徹する…………………………… 439
人間の存在感…………………………… 442
〈転載歌〉わが風土記………………… 444
土岐善麿追悼…………………………… 446
一つの感想……………………………… 447
栄一・利玄……………………………… 449
自由ということ………………………… 450
短歌の顔………………………………… 451
短歌作品とその評価…………………… 454
批評について…………………………… 455
作品の顔………………………………… 456
短歌における一字一句………………… 457
短歌の条件……………………………… 458
短歌の原点……………………………… 460
自由人の心……………………………… 461
一つの提言……………………………… 464
我観万葉集……………………………… 466
短歌の条件―声調について…………… 469
短歌の条件―バイタリティーの根源… 470
咲き澄みいること……………………… 471
八月のこころ…………………………… 474
心眼の書『斜面慕情』………………… 477
短歌空間について……………………… 478
短歌形式というもの…………………… 479
現実性ということ……………………… 480
心の写実………………………………… 481
いわぬが面白き………………………… 483
一瞬々々の生…………………………… 484
短歌という詩形………………………… 485
集中力ということ……………………… 486
自然人の声……………………………… 488
精神が澄みきっていること…………… 489
作品は生きている……………………… 490
自然の「帰結」と「やむを得ず」…… 491
歌と風土………………………………… 493
品(ひん)ということ………………… 494
こだわらぬ心…………………………… 495
歌いたいことを歌いきる……………… 496
リアリティー獲得のために…………… 498
真の自己を……………………………… 499
臍の緒のついた歌……………………… 500
あくまでも直接的な…………………… 502
地に足のついた歌を…………………… 503
自由ということ―短歌の本質………… 504
心の満ちた作品空間…………………… 505
人は未踏の一瞬を生きる……………… 507
ことばの切れ味………………………… 508
自由と充溢と…………………………… 509
歌は自分の中にある…………………… 510
解放されたこころ……………………… 512
平凡に在り澄む………………………… 513
目をまっすぐに………………………… 514
感情のうねりの回復…………………… 516
手作りの器に人生を傾注する………… 517
「叫び」ということ…………………… 518
体感をもたらすもの…………………… 519
「面白い歌」について………………… 521
底ごもる人間性………………………… 522
愚に徹すること………………………… 523
省くということ………………………… 524
一瞬をとらえる………………………… 526
口語発想に関連して…………………… 527
心でえがく……………………………… 528
自然ということ………………………… 529
心と技術………………………………… 531
流動性ということ……………………… 532
純粋ということ………………………… 533
自らの言葉を…………………………… 534
寡黙と饒舌……………………………… 536
不易流行ということ…………………… 537
ことばのひびき………………………… 538
腰を据えるということ………………… 539
虚ということ・実ということ………… 541
己を空しうして己に忠実に…………… 542
重い断片・光る瞬間…………………… 543
ひびくということ……………………… 544
作品は生きものである………………… 546
真情ということ………………………… 547
純一さと強靱さ………………………… 548
魂の声を………………………………… 550
動的把握と純粋さ……………………… 551
粘り強さと思いきりのよさ…………… 552
日常の中の永遠………………………… 553
夾雑物のない情熱……………………… 555
根っこのある歌………………………… 556
実体をもったこころ…………………… 557
こだわらぬ内心の声…………………… 559
志をもつ歌……………………………… 560
生命感あるいは存在感………………… 561
自己を見据える………………………… 562
人間の歌………………………………… 564
歌は人である…………………………… 565
凡庸即非凡庸…………………………… 566
仮借のない自己凝視…………………… 568
生の実感………………………………… 569
直接に胸にとびこむ歌………………… 570
連想空間の大きさ……………………… 571
心の底からの声………………………… 573
平易ということ………………………… 574
おのれ自身に徹する…………………… 575
自然人の声……………………………… 577
短歌の言葉と心………………………… 578
真情ということ………………………… 579
実作者の執念…………………………… 580
平民の道………………………………… 582
人間性と集中力………………………… 583
一瞬と一劫……………………………… 584
はじめに驚きありき…………………… 585
いのちの奔騰…………………………… 587
*年譜……………………………………… 589
*あとがき………………………………… 593
[ 2011/04/07 01:32 ] 横田専一 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール
本サイトでは管理人が趣味で作成したデータベースを公開しています。著作権等の知的財産権を侵害する意図はありません。ご要望のある方はお知らせください。速やかに対応致します。なお、データの無断複製・転載はお断りしています。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。