研究余録 ~全集目次総覧~ TOP  >  スポンサー広告 >   >  横光利一 >  『定本横光利一全集』全16巻

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『定本横光利一全集』全16巻

『定本横光利一全集』全16巻(河出書房新社、1981.6~1989.1)



第1巻 小説 1981.6.30
 
神馬…………………………………………… 3
犯罪…………………………………………… 8
父………………………………………………12
悲しめる顔……………………………………20
月夜……………………………………………37
南北……………………………………………50
笑はれた子……………………………………91
日輪……………………………………………98
蝿…………………………………………… 187
碑文………………………………………… 196
マルクスの審判…………………………… 205
落された恩人……………………………… 231
芋と指環…………………………………… 240
敵…………………………………………… 266
穴…………………………………………… 281
村の活動…………………………………… 287
御身………………………………………… 303
赤い着物…………………………………… 328
馬に乗る馬………………………………… 336
草の中……………………………………… 347
幸福の散布………………………………… 353
舟…………………………………………… 355
無礼な街…………………………………… 365
頭ならびに腹……………………………… 396
セレナード………………………………… 404
参考作品
姉弟………………………………………… 448
火…………………………………………… 456
宝…………………………………………… 466
杓子顔……………………………………… 475
*解題(保昌正夫)……………………… 487
*編集ノート(保昌正夫)……………… 492
 

第2巻 小説 1981.8.31
 
負けた良人…………………………………… 3
冬の女…………………………………………53
馬鹿と馬鹿……………………………………55
表現派の役者…………………………………72
慄へる薔薇………………………………… 102
美しき裏切………………………………… 121
青い石を拾つてから……………………… 128
園…………………………………………… 158
一条の詭弁………………………………… 175
静かなる羅列……………………………… 178
街の底……………………………………… 192
壊れた女王………………………………… 198
妻…………………………………………… 202
ナポレオンと田虫………………………… 208
梯子………………………………………… 223
鼻を賭けた夫婦…………………………… 228
街へ出るトンネル………………………… 244
春は馬車に乗つて………………………… 279
蛾はどこにでもゐる……………………… 298
計算した女………………………………… 312
青い大尉…………………………………… 335
美しい家…………………………………… 350
花園の思想………………………………… 356
火の点いた煙草…………………………… 381
盲腸………………………………………… 400
負けた勝者………………………………… 403
朦朧とした風……………………………… 421
担ぎ屋の心理……………………………… 439
七階の運動………………………………… 447
滑稽な復讐………………………………… 460
皮膚………………………………………… 468
眼に見えた虱……………………………… 492
名月………………………………………… 523
古い女……………………………………… 529
愛の栄光…………………………………… 535
花婿の感想………………………………… 550
或る職工の手記…………………………… 585
参考作品
悲しみの代価……………………………… 601
愛巻………………………………………… 670
*解題(栗坪良樹)……………………… 711
*編集ノート(栗坪良樹)……………… 717
 

第3巻 小説 1981.9.30
 
上海…………………………………………… 3
兄妹行進曲………………………………… 247
失恋………………………………………… 305
芋…………………………………………… 307
高架線……………………………………… 314
鳥…………………………………………… 330
機械………………………………………… 350
鞭…………………………………………… 379
寝園………………………………………… 388
参考作品
午前………………………………………… 586
*解題(保昌正夫)……………………… 591
*編集ノート(保昌正夫)……………… 594
 

第4巻 小説 1981.10.30
 
花花…………………………………………… 3
時間………………………………………… 154
父母の真似………………………………… 177
悪魔………………………………………… 186
雅歌………………………………………… 217
馬車………………………………………… 334
舞踏場……………………………………… 377
母…………………………………………… 397
歴史(はるぴん記)……………………… 431
受難者……………………………………… 452
春…………………………………………… 486
思ひ出……………………………………… 505
*解題(井上謙)………………………… 553
*編集ノート(井上謙)………………… 556
 

第5巻 小説 1981.11.30
 
薔薇…………………………………………… 3
日記……………………………………………42
時機を待つ間…………………………………53
書翰……………………………………………96
紋章………………………………………… 117
続 紋章…………………………………… 422
博士………………………………………… 500
*解題(井上謙)………………………… 525
*編集ノート(井上謙)………………… 527
 

第6巻 小説 1981.12.30
 
時計…………………………………………… 3
盛装………………………………………… 207
榛名………………………………………… 406
比叡………………………………………… 421
*解題(保昌正夫)……………………… 437
*編集ノート(保昌正夫)……………… 438
 

第7巻 小説 1982.1.30
 
天使…………………………………………… 3
家族会議…………………………………… 261
婦徳………………………………………… 613
青春………………………………………… 621
厨房日記…………………………………… 634
*解題(井上謙)………………………… 667
*編集ノート(井上謙)………………… 669
 

第8巻 小説 1982.2.27
 
旅愁…………………………………………… 3
第1篇 ……………………………………… 3
第2篇 …………………………………… 224
第3篇 …………………………………… 452
 

第9巻 小説 1982.3.30
 
旅愁…………………………………………… 3
第4篇 ……………………………………… 3
第5篇 …………………………………… 220
梅瓶……………………………………… 280
参考作品
最初の日…………………………………… 296
*解題(栗坪良樹)……………………… 301
*編集ノート(栗坪良樹)……………… 304
 

第10巻 小説 1982.4.30
 
春園…………………………………………… 3
由良之助…………………………………… 247
シルクハット……………………………… 276
王宮………………………………………… 298
実いまだ熟せず…………………………… 315
秋…………………………………………… 490
秘色………………………………………… 514
睡蓮………………………………………… 525
天城………………………………………… 540
終点の上で………………………………… 565
三つの記憶………………………………… 587
*解題(井上謙)………………………… 595
*編集ノート(井上謙)………………… 597
 

第11巻 小説 1982.5.30
 
鶏園…………………………………………… 3
将棋………………………………………… 178
恢復期……………………………………… 189
秋立ちて…………………………………… 216
橋を渡る火………………………………… 231
罌粟の中…………………………………… 247
雪解………………………………………… 272
古戦場……………………………………… 319
夜の靴……………………………………… 338
微笑………………………………………… 517
洋燈………………………………………… 558
参考作品
青葉のころ………………………………… 564
夜の靴ノート……………………………… 575
*解題(保昌正夫)……………………… 619
*編集ノート(保昌正夫)……………… 622
 

第12巻 戯曲 1982.6.30
 
食はされたもの……………………………… 3
男と女と男……………………………………26
淫月……………………………………………54
帆の見える部屋………………………………92
恐ろしき花………………………………… 156
閉らぬカーテン…………………………… 237
幸福を計る機械…………………………… 254
愛の挨拶…………………………………… 266
霧の中……………………………………… 291
笑つた皇后………………………………… 311
日曜日……………………………………… 348
*解題(井上謙)………………………… 383
*編集ノート(井上謙)………………… 386
 

第13巻 評論 随筆 1982.7.30
 
書方草紙……………………………………… 3
納涼………………………………………… 3
海の草……………………………………… 4
感想と風景………………………………… 6
日記………………………………………… 8
名称について………………………………10
急所について………………………………11
銀座について………………………………12
作家と家について…………………………14
肝臓と神について…………………………16
運について…………………………………19
旅……………………………………………20
春になつて…………………………………22
先づ長さを…………………………………23
日記から……………………………………24
戦争と平和…………………………………25
富ノ沢麟太郎………………………………26
控へ目な感想(1) ………………………28
控へ目な感想(2) ………………………30
控へ目な感想(3) ………………………32
作者の言葉…………………………………34
休息所………………………………………34
南京六月祭…………………………………35
近頃の雑筆…………………………………36
ユーモラス・ストオリイ…………………38
あんなチエホフ……………………………41
明日…………………………………………43
天才と象徴…………………………………45
無常の風……………………………………48
震災…………………………………………50
書けない原稿………………………………52
沈黙と饒舌…………………………………55
軽蔑…………………………………………56
犬養健………………………………………59
地獄の季節…………………………………60
作文…………………………………………61
冬彦抄………………………………………62
絶望を与へたる者…………………………63
書き出しについて…………………………65
鍵について…………………………………67
チツプその他………………………………68
日記…………………………………………70
枕……………………………………………71
旅行記………………………………………72
立てる言葉…………………………………74
新感覚論……………………………………75
客体としての自然への科学の浸蝕………82
内面と外面について………………………84
時評に際して………………………………86
形式物と実感物……………………………90
新感覚派とコンミニズム文学……………93
唯物論的文学論について…………………98
愛嬌とマルキシズムについて………… 107
文字について…………………………… 114
頂点とマックス・ジャコブと現実と… 120
人間学的文芸論………………………… 123
形式論の批判…………………………… 134
文学的実体について…………………… 137
芸術派の真理主義について…………… 140
文芸時評(1) ………………………… 143
文芸時評(2) ………………………… 147
文芸時評(3) ………………………… 158
文芸時評(4) ………………………… 166
詩と小説………………………………… 170
覚書………………………………………… 173
日記(1~2)…………………………… 173
覚書(1~5)…………………………… 185
悪霊について…………………………… 211
自然と純粋……………………………… 217
覚書6 …………………………………… 219
覚書7(作家の生活) ………………… 221
覚書8 …………………………………… 225
覚書9(伝統) ………………………… 230
懐疑と象徴……………………………… 232
純粋小説論……………………………… 233
作家の秘密……………………………… 246
早蕨の艦長のこと……………………… 250
嘉村礒多氏のこと……………………… 254
第一番の喪失…………………………… 255
直木三十五……………………………… 257
直木氏のこと…………………………… 260
古い筆…………………………………… 262
子路の質問……………………………… 265
婦人の言葉……………………………… 267
野原……………………………………… 270
宮沢賢治………………………………… 272
思想遠近………………………………… 273
「困つた人達」について……………… 276
絵本……………………………………… 277
北方……………………………………… 278
雑感……………………………………… 279
趣味生活………………………………… 281
ぶつしゆかん…………………………… 283
大阪と東京……………………………… 285
欧洲紀行…………………………………… 290
ハンガリア行…………………………… 320
イタリア行……………………………… 321
スヰス行………………………………… 324
オリンピツク記………………………… 394
オリンピツク開会式…………………… 395
巴里から帰つて………………………… 398
人間の研究……………………………… 402
考へる葦…………………………………… 410
静安寺の碑文…………………………… 410
スフインクス―(覚書)―…………… 416
北京と巴里(覚書)…………………… 429
支那海…………………………………… 437
覚書……………………………………… 446
考へる葦(覚書)……………………… 451
ある夜(覚書)………………………… 459
変性……………………………………… 467
沈黙の精神……………………………… 470
動揺の限界……………………………… 471
地図の変化……………………………… 473
地が揺れる……………………………… 474
自然放置の杉…………………………… 476
点線のまはり…………………………… 477
ある愛情………………………………… 479
機智と学生……………………………… 480
水中の光線……………………………… 482
力の場…………………………………… 484
島国的と大陸的………………………… 487
母の茶…………………………………… 491
季節……………………………………… 493
芭蕉と灰野……………………………… 495
満目季節………………………………… 497
新万葉集巻一…………………………… 500
日記……………………………………… 505
我等と日本……………………………… 508
覚書………………………………………… 513
灘にゐたころ…………………………… 513
琵琶湖…………………………………… 515
おあづけ………………………………… 519
秘色………………………………………… 520
覚書……………………………………… 520
希望について…………………………… 526
山の中…………………………………… 527
梅雨……………………………………… 531
羽田記…………………………………… 533
新幽霊…………………………………… 534
刺羽集……………………………………… 537
季節の幻………………………………… 537
日記から………………………………… 539
大掃除の記……………………………… 553
年頭の感………………………………… 555
日記……………………………………… 557
十年間…………………………………… 558
初期の作………………………………… 560
ノートルダム寺院……………………… 561
水上滝太郎氏のこと…………………… 563
科学寺…………………………………… 565
方寸虚実………………………………… 566
人物評論………………………………… 568
戦時議会傍聴記………………………… 569
軍神の賦………………………………… 571
鎌倉丸へ………………………………… 573
選手の徳望……………………………… 575
鵜飼……………………………………… 576
鳥屋の夕………………………………… 578
勝負……………………………………… 580
着物と心………………………………… 582
解説に代へて(1) …………………… 584
解説に代へて(2) …………………… 586
*解題(栗坪良樹)……………………… 591
*編集ノート(栗坪良樹)……………… 608
 

第14巻 評論 随筆 1982.12.15
 
大正9年~大正12年(1920~1923)
印象…………………………………………… 3
時代は放蕩する……………………………… 8
新らしき三つの焦点…………………………11
大正13年(1924)
最も感謝した批評……………………………14
黙示のページ…………………………………15
自己紹介………………………………………17
人生観…………………………………………18
客観描写………………………………………19
嘘の原稿………………………………………20
大きな鬼門……………………………………23
松竹座を見る…………………………………25
肉感……………………………………………27
自慢山ほど……………………………………29
汚ない家………………………………………31
文芸時代と誤解………………………………33
十月の文壇……………………………………35
夢もろもろ……………………………………48
新らしい馬鹿…………………………………52
新らしい生活と文学と所有…………………54
文芸時評………………………………………56
大正14年(1925)
イブセンの戯曲………………………………58
模倣者の活動…………………………………59
編輯中記………………………………………63
食はされた生活………………………………67
編輯中記………………………………………69
編輯中記………………………………………71
富ノ沢麟太郎の死……………………………75
川端康成三十講………………………………76
菊池寛と新感覚………………………………77
大きな問題……………………………………79
莓―ほか初夏十七景―………………………80
ただ名称のみについて………………………84
青年……………………………………………85
肉体の感想……………………………………87
大正15年・昭和元年(1926)
伊賀のこと……………………………………90
歌舞伎と新劇と人物…………………………92
富ノ沢の死の真相……………………………93
朝から晩まで…………………………………97
食事の時…………………………………… 100
二三のこと………………………………… 100
坂の上の鳴海要吉氏……………………… 101
「月夜の喫煙」を読む…………………… 103
知人への不満……………………………… 104
子供と大人………………………………… 106
寝たらぬ日記……………………………… 109
雑感………………………………………… 111
昭和2年(1927)
作品の深さ………………………………… 113
雑感………………………………………… 114
孔雀………………………………………… 115
主観主義と菊池寛氏……………………… 116
六月一日…………………………………… 117
高田保を送る……………………………… 119
屋上散歩と青年…………………………… 119
日輪挿話…………………………………… 120
東京・アレグロ…………………………… 122
昭和3年(1928)
偶感………………………………………… 124
空気その他………………………………… 125
空気……………………………………… 125
日付について…………………………… 125
マルキシズム…………………………… 125
支那……………………………………… 126
ミリタリズム…………………………… 126
女………………………………………… 126
快漢について…………………………… 126
アナキズム文学………………………… 127
芸術について…………………………… 127
老人と新感覚派………………………… 128
新感覚派について……………………… 128
感覚のある作家達………………………… 129
俳優の劇評………………………………… 133
形式と思想………………………………… 133
昭和4年(1929)
文芸時評…………………………………… 137
始めの事について………………………… 139
バレリー…………………………………… 140
女性と認識と……………………………… 140
中本たか子氏について…………………… 144
私の生活…………………………………… 145
池谷信三郎氏……………………………… 146
昭和5年(1930)
外国語……………………………………… 147
どんな風に発展するか…………………… 149
作者の言葉―『寝園』…………………… 150
満蒙について……………………………… 151
昭和6年(1931)
モダン・反モダン………………………… 153
心理主義文学と科学……………………… 155
ネオ・バーバリズムとは………………… 157
昭和7年(1932)
当時………………………………………… 159
一つの感想………………………………… 160
早春………………………………………… 162
小説と時間………………………………… 166
夏にでもなれば…………………………… 167
ジョイスの『若き日の芸術家の肖像』… 168
昭和8年(1933)
文学への道………………………………… 170
作者の言葉―『時計』…………………… 172
昭和9年(1934)
雑感―異変・文学と生命………………… 173
宮沢賢治氏について……………………… 175
歴史小説と作家…………………………… 176
作者の言葉―『盛装』…………………… 177
書きつつあるときだけ…………………… 178
昭和10年(1935)
雑感………………………………………… 179
行路難……………………………………… 182
作者の言葉―『家族会議』……………… 185
現代の青年………………………………… 185
紋章について……………………………… 189
昭和11年(1936)
覚書………………………………………… 190
新聞雑感…………………………………… 195
文芸雑感…………………………………… 198
自然解釈…………………………………… 201
覚書………………………………………… 202
覚書………………………………………… 205
旅中寸感…………………………………… 208
巴里通信…………………………………… 209
無題………………………………………… 210
近望の美エツフエル塔…………………… 211
当番記……………………………………… 212
欧洲から帰つて…………………………… 214
昭和12年(1937)
富ノ沢麟太郎……………………………… 217
感想………………………………………… 220
芥川龍之介賞経緯………………………… 221
早春雑句…………………………………… 222
着物………………………………………… 223
最後の絵…………………………………… 224
巴里と東京………………………………… 225
作者の言葉―『旅愁』…………………… 226
女の問題…………………………………… 227
猫…………………………………………… 228
芥川龍之介賞経緯………………………… 228
上海の事…………………………………… 229
友田の青い鳥……………………………… 231
昭和13年(1938)
覚書………………………………………… 233
芥川龍之介賞経緯………………………… 235
芥川龍之介賞経緯………………………… 236
日記………………………………………… 236
原作者の言葉……………………………… 237
昭和14年(1939)
往信復信―三木清様……………………… 238
芥川龍之介賞経緯………………………… 239
芥川龍之介賞経緯………………………… 239
名月の夜に………………………………… 240
昭和15年(1940)
写真について……………………………… 242
芥川龍之介賞経緯………………………… 243
季節について……………………………… 243
雑感………………………………………… 245
川端氏の芸術……………………………… 248
穆時英氏の死……………………………… 250
覚書………………………………………… 251
文学の再建―尾崎士郎君への返信―…… 255
作者の言葉―『鶏園』…………………… 256
昭和16年(1941)
芥川龍之介賞経緯………………………… 257
春の瀬戸…………………………………… 258
小説中の批評……………………………… 259
みそぎ祭…………………………………… 260
昭和17年(1942)
芥川・直木賞選評―芥川賞……………… 263
神々に祈る―橿原神宮に参拝して……… 264
昭和18年(1943)
蒙疆文学賞・短篇小説―選評…………… 266
芥川賞選評………………………………… 269
大いなる一瞬……………………………… 270
アツツ島を憶ふ…………………………… 271
朝鮮のこと………………………………… 275
芥川賞詮衡感想…………………………… 277
わが郷土讃………………………………… 278
昭和19年(1944)
今日の挨拶………………………………… 281
芥川賞選評………………………………… 283
パンと戦争………………………………… 284
芥川賞選評………………………………… 286
不急の願望を貫く………………………… 286
昭和20年(1945)
典型人の死………………………………… 288
芥川賞選評………………………………… 292
特攻隊……………………………………… 293
昭和21年(1946)
春の日……………………………………… 295
紅い花……………………………………… 297
桔梗君の相………………………………… 301
悪人の車―覚書―………………………… 302
無題………………………………………… 309
塩…………………………………………… 310

新感覚派文学の研究……………………… 312
新小説論…………………………………… 380
文学の倫理………………………………… 427
散文の精神………………………………… 432
*解題(保昌正夫)……………………… 443
*編集ノート(保昌正夫)……………… 461
 

第15巻 詩歌 講演 対談 座談 1983.4.30
 

愛……………………………………………… 3
雲……………………………………………… 3
似顔…………………………………………… 4
木蘭…………………………………………… 4
冬……………………………………………… 5
海夫…………………………………………… 5
賻 …………………………………………… 6
郊外夜景……………………………………… 6
〈『書方草紙』詩十篇〉…………………… 7
海…………………………………………… 7
春の眺め…………………………………… 7
捨子………………………………………… 8
扇子を使ふ………………………………… 9
死……………………………………………10
秋草…………………………………………10
御身…………………………………………11
油……………………………………………12
善について…………………………………12
蟻……………………………………………13
煮沸る湯……………………………………14
短歌………………………………………15
俳句………………………………………17
講演
改造社二十周年への言葉……………………39
現代生活………………………………………40
現代文学………………………………………45
事変と私等……………………………………48
対談・座談
第4回合評会―「六月の戯曲」(抄)(金子洋文,北尾亀男,横光利一,菊池寛,高田保,関口次郎,能島武文,三宅周太郎,久保田万太郎)……55
既成新進対抗の文壇(抄)(片岡鉄兵,林房雄,横光利一,堀木克三,石浜金作,浅原六朗,金子洋文,藤森淳三,山田清三郎,森本巌夫)……64
新潮合評会 第45回―3月の創作評(抄)(麻生義,堀木克三,藤森淳三,片岡鉄兵,林房雄,尾崎士郎,葉山嘉樹,横光利一)……77
文壇時事問題批判会―第57回新潮合評会(抄)(金子洋文,尾崎士郎,北村喜八,大宅壮一,横光利一,蔵原惟人,中村武羅夫,浅原六朗)……87
第66回新潮合評会―当来の文学と要望する文学(黒田礼二,浅原六朗,新居格,横光利一,片岡鉄兵,平林初之輔,勝本清一郎,大宅壮一,中村武羅夫)…… 126
第6回新正統派合評会(石浜金作,逸見広,川端康成,尾崎一雄,横光利一,坪田勝,谷崎精二,八木東作,井上幸次郎,酒井松男,本田親男)…… 159
直木三十五を偲ぶ座談会(抄)(久米正雄,笹本寅,三上於菟吉,植村清二,白井喬二,香西りゑ,横光利一,菊池寛,青野季吉,佐佐木茂索,岩田専太郎,菅忠雄,川口松太郎,大草実)…… 178
横光利一氏と大学生の座談会…………… 182
「純粋小説」を語る(豊島与志雄,深田久弥,三木清,河上徹太郎,谷川徹三,中島健蔵,横光利一,中山義秀,川端康成,小野松二)…… 192
『文芸時代』座談会(菅忠雄,中河与一,片岡鉄兵,岸田国士,川端康成,山本実彦,横光利一)…… 211
横光利一文学談(横光利一,舟橋聖一,阿部知二)…… 231
文学界同人座談会(第2回)抄(横光利一,村山知義,川端康成,河上徹太郎,小林秀雄,阿部知二,林房雄,森山啓,深田久弥,島木健作,武田麟太郎,舟橋聖一)…… 243
横光利一渡欧歓送会(横光利一,村山知義,川端康成,河上徹太郎,小林秀雄,阿部知二,林房雄,島木健作,深田久弥,舟橋聖一,武田麟太郎)…… 251
横光利一と藤沢桓夫 一問一答………… 275
欧羅巴漫遊問答(菊池寛,小林秀雄,横光利一,林房雄)…… 281
横光利一に欧洲を訊く(菊岡久利)…… 292
対談記(水原秋桜子,横光利一) ……… 300
科学と文学を語る(横光利一,林髞,河上徹太郎,式場隆三郎)…… 320
現代芸術の分野―文学・美術・音楽・映画・舞踊―(山根銀二,福沢一郎,今日出海,六車修,蘆原英了,岸田国士,横光利一,河上徹太郎,林房雄,村山知義,舟橋聖一,小林秀雄)…… 370
作家ばかりの座談会(抄)(菊池寛,久米正雄,小島政二郎,佐佐木茂索,佐藤春夫,徳田秋声,横光利一,吉川英治,斎藤龍太郎)…… 405
文学雑談(川端康成,舟橋聖一,武田麟太郎,横光利一,深田久弥,森山啓,小林秀雄,芹沢光治良,佐藤信衛,河上徹太郎)…… 413
現代日本および日本人を語る(抄)(小泉丹,林房雄,向坂逸郎,武者小路実篤,辰野隆,横光利一,新居格)…… 444
最近の文学諸問題(抄)(三木清,芹沢光治良,青野季吉,林房雄,小林秀雄,深田久弥,河上徹太郎,阿部知二,舟橋聖一,横光利一,川端康成)…… 455
日本知識階級への警鐘―時代の皮膚に触れて(川合仁,横光利一)…… 464
欧洲より帰りて日本知識階級に与ふ(今日出海,横光利一,中島健蔵,深田久弥,阿部知二)…… 468
日本女性としての教養の方向(横光利一,古谷信子,森泰子,疋田育子,御厨鞆音,斎藤千枝子,川添武子)…… 492
火野葦平と語る(菊池寛,横光利一,火野葦平)………………………………………… 501
作家と批評家 横光利一氏を囲む座談会(横光利一,伊藤信吉,勝見勝,吉田健一,足立重,斎藤正直,平野仁啓,山本健吉,西村孝次,権守操一)…… 515
政治と知性(横光利一,風見章) ……… 538
芥川龍之介賞・直木三十五賞 委員会記(佐藤春夫,宇野浩二,白井喬二,滝井孝作,佐佐木茂索,室生犀星,小島政二郎,横光利一,片岡鉄兵)…… 553
日本の精神(吉川英治,横光利一) …… 568
芸術対談会(岡本太郎,横光利一) …… 583
米国談義(抄)(小畑薫良,横光利一,篠原陸朗,石坂洋次郎,松本重治,河上徹太郎)…… 598
「即戦体制下文学者の心」同人座談会(抄)(小林秀雄,河上徹太郎,亀井勝一郎,中村光夫,中山義秀,舟橋聖一,三好達治,横光利一)…… 601
文学の指標(横光利一,吉川英治,井上司郎)…… 609
作家の独白(横光利一,岸田国士,川端康成,今日出海)…… 624

詩=初期習作及び未定稿………………… 639
夜の翅…………………………………… 639
想妹草…………………………………… 639
水車……………………………………… 640
悍馬……………………………………… 640
悍馬…………………………………… 640
風景…………………………………… 641
旅……………………………………… 641
故郷…………………………………… 641
夜半……………………………………… 641
短歌=未定稿……………………………… 642
俳句=未定稿……………………………… 643
講演=参考
仮説を作つて物自体に当れ……………… 644
酵素利用の乾物試食会 祝辞…………… 644
松葉酒紋章試飲会の席上にて…………… 645
内面論理と外面論理……………………… 646
現代生活…………………………………… 649
転換期の文学……………………………… 651
日本と我等………………………………… 659
*解題(井上謙,保昌正夫) …………… 665
*編集ノート(井上謙,保昌正夫) …… 684
 

第16巻 1987.12.20
 
書翰……………………………………… 3
習作…………………………………… 362
夜の翅……………………………………… 362
第五学年修学旅行記……………………… 363
自序・自跋…………………………… 367
「新興芸術派文学集」序………………… 367
「書方草紙」序…………………………… 369
「上海」序………………………………… 370
「雅歌」序………………………………… 371
「花花」序………………………………… 372
「上海」序………………………………… 373
「赤い着物」附記………………………… 373
「現代長篇小説全集 第九巻 横光利一篇」跋…… 374
「寝園」自序……………………………… 374
「機械・他八篇」巻末に………………… 375
「月夜」自序……………………………… 376
上海再刊の序……………………………… 377
「秘色」巻末に…………………………… 378
「婦徳」自序……………………………… 379
「旅愁 第一篇」後記…………………… 379
「紋章」後記……………………………… 381
「旅愁 第四篇」後記…………………… 382
「夜の靴」あとがき……………………… 382
序文・跋文…………………………… 384
「一番美しく」序………………………… 384
「聖家族」序……………………………… 384
「月・水・金」跋………………………… 385
「青い手帖」序文にかへて……………… 385
「貧時交」序……………………………… 386
「長谷川春草句集」序…………………… 386
「鶴の眼」序……………………………… 387
「野鴨は野鴨」序………………………… 388
「わが愛の記」序………………………… 388
「浪」序…………………………………… 389
「ちゝはゝの紋」跋……………………… 390
「剃刀日記」序…………………………… 391
「花電車」序……………………………… 391
推薦文………………………………… 394
これにまさる全集はない………………… 394
真珠婦人について………………………… 394
文学を理解するには……………………… 395
日本文学に就いて………………………… 396
ジイド全集………………………………… 396
天才詩人…………………………………… 397
直木三十五氏について…………………… 398
現代青年の心を表現……………………… 398
バルザック全集刊行……………………… 399
茶道の再認識……………………………… 400
知識階級への救助………………………… 400
ジイド以後の道…………………………… 401
この全集の価値…………………………… 401
林芙美子氏………………………………… 402
川端康成讃………………………………… 402
林さんの作品……………………………… 403
三代集について…………………………… 403
精神の委員………………………………… 404
「現代詩集」に寄す……………………… 404
源氏美の効用……………………………… 405
「麦と兵隊について」…………………… 405
アンケート…………………………… 406
雑纂…………………………………… 408
小説別稿…………………………………… 408
創作ノート………………………………… 421
評論・随筆………………………………… 431
談話…………………………………… 494
古メリヤスを着せられた話……………… 494
○…………………………………………… 497
「記念祭」の監督………………………… 498
指導理論ありや…………………………… 498
小泉信三著『日清戦争と支那事変』を読んで…… 499
覚書 科学に関して……………………… 501
横光利一氏は語る………………………… 503
補遺I ………………………………… 505
『大正二年 当用日記』………………… 505
補遺II………………………………… 539
敵―水守氏へ……………………………… 539
文壇波動調………………………………… 540
文壇波動調………………………………… 542
新鮮な贈物………………………………… 543
外面リズムと里見 氏…………………… 545
年齢戦と新リアリズム…………………… 547
電話と客観 附 藤森君の批評眼……… 548
衣笠貞之助座談会………………………… 550
時には足で………………………………… 556
識者の批判に見よ………………………… 558
自己より社会へ…………………………… 559
「機械」序………………………………… 559
最近の感想………………………………… 560
うす馬鹿…………………………………… 562
濠…………………………………………… 563
題未定……………………………………… 564
白梅………………………………………… 564
別離………………………………………… 565
尾崎士郎氏の文学………………………… 566
*解題・編集ノート……………………… 567
*年譜……………………………………… 599
*書誌……………………………………… 639
*書翰索引………………………………… 699
*題名索引………………………………… 702
[ 2011/04/07 01:33 ] 横光利一 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール
本サイトでは管理人が趣味で作成したデータベースを公開しています。著作権等の知的財産権を侵害する意図はありません。ご要望のある方はお知らせください。速やかに対応致します。なお、データの無断複製・転載はお断りしています。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。