研究余録 ~全集目次総覧~ TOP  >  スポンサー広告 >   >  吉川英治 >  『吉川英治全集』全48巻・別巻5巻・補巻3巻

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『吉川英治全集』全48巻・別巻5巻・補巻3巻

『吉川英治全集』全48巻・別巻5巻・補巻3巻(講談社、1966.8~1970.8)


第1巻 1967.7.20
 
剣難女難……………………………………… 1
神変麝香猫………………………………… 223


 

第2巻 1966.12.20
 
鳴門秘帖……………………………………… 1




 

第3巻 1968.5.20
 
万花地獄……………………………………… 1
女来也……………………………………… 285
 

第4巻 1968.2.20
 
江戸三国志…………………………………… 1




 

第5巻 1969.8.20
 
貝殻一平……………………………………… 1
処女爪占師………………………………… 305



 

第6巻 1970.2.20
 
恋ぐるま……………………………………… 1
金忠輔……………………………………… 321
 

第7巻 1969.6.20
 
江戸城心中…………………………………… 1
さけぶ雷鳥………………………………… 225
 

第8巻 1969.4.20
 
牢獄の花嫁…………………………………… 1
隠密七生記………………………………… 173
春秋編笠ぶし……………………………… 305
一領具足組………………………………… 367


 

第9巻 1968.6.20
 
檜山兄弟……………………………………… 1



 

第10巻 1970.1.20
 
女人曼陀羅…………………………………… 1
お千代傘…………………………………… 305
 

第11巻 1969.7.20
 
燃える富士…………………………………… 1
修羅時鳥…………………………………… 197
菊一文字…………………………………… 357


 

第12巻 1969.10.20
 
恋山彦………………………………………… 1
善魔鬘……………………………………… 151
きつね雨…………………………………… 385
 

第13巻 1968.3.20
 
かんかん虫は唄う…………………………… 1
あるぷす大将…………………………………95
青空士官…………………………………… 229
夜の司令官………………………………… 337


 

第14巻 1969.9.20
 
虚無僧系図…………………………………… 1
自雷也小僧………………………………… 203
 

第15巻 1968.7.20
 
松のや露八…………………………………… 1
遊戯菩薩…………………………………… 131
無明有明…………………………………… 233


 

第16巻 1968.12.20
 
新編忠臣蔵…………………………………… 1
彩情記……………………………………… 329



 

第17巻 1968.9.20
 
宮本武蔵(1) ……………………………… 1
序…………………………………………… 1
はしがき―「旧序抄の」………………… 2
旧序………………………………………… 5
地の巻……………………………………… 3
水の巻…………………………………… 101
火の巻…………………………………… 247




 

第18巻 1968.10.20
 
宮本武蔵(2) ……………………………… 1
風の巻……………………………………… 3
空の巻…………………………………… 283




 

第19巻 1968.11.20
 
宮本武蔵(3) ……………………………… 1
空の巻(つづき)………………………… 3
二天の巻……………………………………83
円明の巻………………………………… 247



 

第20巻 1966.11.20
 
親鸞…………………………………………… 1




 

第21巻 1969.12.20
 
魔粧仏身……………………………………… 1
悲願三代塔………………………………… 147
江戸長恨歌………………………………… 311
 

第22巻 1967.1.20
 
新書 太閤記(1) ………………………… 1
序…………………………………………… 1




 

第23巻 1967.2.20
 
新書 太閤記(2) ………………………… 1




 

第24巻 1967.3.20
 
新書 太閤記(3) ………………………… 1




 

第25巻 1967.4.20
 
新書 太閤記(4) ………………………… 1



 

第26巻 1966.8.10
 
三国志(1) ………………………………… 1
序…………………………………………… 1
桃園の巻…………………………………… 3
群星の巻………………………………… 169
草莽の巻………………………………… 335
臣道の巻………………………………… 501
三国志地図(巻末折込)



 

第27巻 1966.9.20
 
三国志(2) ………………………………… 1
臣道の巻(つづき)……………………… 3
孔明の巻……………………………………87
赤壁の巻………………………………… 231
望蜀の巻………………………………… 375



 

第28巻 1966.10.20
 
三国志(3) ………………………………… 1
図南の巻…………………………………… 3
出師の巻………………………………… 183
五丈原の巻……………………………… 377


 

第29巻 1969.5.20
 
梅里先生行状記……………………………… 1
新版天下茶屋……………………………… 199
柳生石舟斎………………………………… 359


 

第30巻 1970.3.20
 
源頼朝………………………………………… 1
黒田如水…………………………………… 287



 

第31巻 1969.11.20
 
高山右近……………………………………… 1
上杉謙信…………………………………… 261


 

第32巻 1968.4.20
 
平の将門……………………………………… 1
大岡越前…………………………………… 223


 

第33巻 1967.8.20
 
新・平家物語(1) ………………………… 1
“はしがき”に代えて…………………… 1
ちげぐさの巻……………………………… 3
九重の巻………………………………… 107
ほげんの巻……………………………… 211
六波羅行幸の巻………………………… 315
常磐木の巻……………………………… 427
系譜・系図……………………………… 485
皇統系譜……………………………… 485
平氏系図……………………………… 486
源氏系図……………………………… 486




 

第34巻 1967.9.20
 
新・平家物語(2) ………………………… 1
常磐木の巻(つづき)…………………… 3
石船の巻……………………………………57
みちのくの巻…………………………… 165
火乃国の巻……………………………… 275
御産の巻………………………………… 391




 

第35巻 1967.10.24
 
新・平家物語(3) ………………………… 1
りんねの巻………………………………… 3
断橋の巻………………………………… 133
かまくら殿の巻………………………… 243
三界の巻………………………………… 357




 

第36巻 1967.11.20
 
新・平家物語(4) ………………………… 1
くりからの巻……………………………… 3
一門都落ちの巻……………………………99
京乃木曽殿の巻………………………… 231
ひよどり越えの巻……………………… 367
千手の巻………………………………… 479




 

第37巻 1967.12.20
 
新・平家物語(5) ………………………… 1
千手の巻(つづき)……………………… 3
やしまの巻……………………………… 105
浮巣の巻………………………………… 251
壇ノ浦の巻……………………………… 397


 

第38巻 1968.1.20
 
新・平家物語(6) ………………………… 1
壇の浦の巻(つづき)…………………… 3
悲弟の巻……………………………………47
静の巻…………………………………… 191
吉野雛の巻……………………………… 327
完結のことば…………………………… 465


 

第39巻 1969.1.20
 
私本 太平記(1) ………………………… 1
あしかが帖………………………………… 3
婆娑羅帖………………………………… 113
みなかみ帖……………………………… 223
帝獄帖…………………………………… 335




 

第40巻 1969.2.20
 
私本 太平記(2) ………………………… 1
世の辻の帖………………………………… 3
八荒帖…………………………………… 103
千早帖…………………………………… 203
新田帖…………………………………… 311
建武らくがき帖………………………… 421




 

第41巻 1969.3.20
 
私本 太平記(3) ………………………… 1
建武らくがき帖(つづき)……………… 3
風花帖………………………………………61
筑紫帖…………………………………… 171
湊川帖…………………………………… 251
黒白帖…………………………………… 357



 

第42巻 1967.5.20
 
新・水滸伝(1) …………………………… 1



 

第43巻 1967.6.20
 
新・水滸伝(2) …………………………… 1
篝火の女…………………………………… 179
御鷹………………………………………… 211
魚紋………………………………………… 223
鍋島甲斐守………………………………… 241
死んだ千鳥………………………………… 255
 かみ浪人………………………………… 273
夕顔の門…………………………………… 295
夏虫行燈…………………………………… 313
山浦清麿…………………………………… 335
林崎甚助…………………………………… 385
高橋泥舟…………………………………… 399
小野忠明…………………………………… 411
小野寺十内の妻…………………………… 437
人間山水図巻……………………………… 447



 

第44巻 短編集 1 1968.7.20
 
醤油仏………………………………………… 1
八寒道中………………………………………17
野槌の百………………………………………33
飢えたる彰義隊………………………………59
梅 の杖………………………………………83
銀河まつり……………………………………99
勤王田舎噺………………………………… 125
治郎吉格子………………………………… 153
明治秋風吟………………………………… 175
函館病院…………………………………… 201
花街三和尚………………………………… 219
無宿人国記………………………………… 233
田崎草雲とその子………………………… 267
筑後川……………………………………… 287
雲霧閻魔帳………………………………… 303
蝎を飼う女たち…………………………… 337
下頭橋由来………………………………… 369
退屈兵学者………………………………… 379
黄昏の少将辻話…………………………… 405
べんがら炬燵……………………………… 431


 

第45巻 短編集 2 1970.5.20
 
玉堂琴士……………………………………… 1
慶応の朝………………………………………15
野火の兄弟……………………………………31
石を耕す男……………………………………61
みじか夜峠……………………………………83
葉がくれ月………………………………… 105
大谷刑部…………………………………… 125
牡丹焚火…………………………………… 145
朝顔更紗…………………………………… 171
鬼…………………………………………… 195
悲願の旗…………………………………… 211
吉野太夫…………………………………… 239
城乗一番…………………………………… 265
合戦小屋炉話……………………………… 283
松風みやげ………………………………… 293
東雄ざくら………………………………… 315
柳生月影抄………………………………… 331
茶漬三略…………………………………… 359
袴だれ保輔………………………………… 397


 

第46巻 1969.5.20
 
随筆宮本武蔵………………………………… 1
序…………………………………………… 3
随筆宮本武蔵……………………………… 9
はしがき………………………………… 9
彼の略史伝………………………………11
独行道……………………………………14
彼の歩いた「道」とその「時流」……15
画人としての宮本二天…………………22
武蔵の画と書を通して…………………26
五輪書と霊巌洞…………………………37
「手紙の話」と「彼の筆蹟」…………42
島原役における彼の書簡………………45
画にも運命のある話……………………48
自詠の和歌と、疑問の一句……………49
愚堂和尚讃「二天画祖師像」に就て…50
武者修行について………………………57
各家の武蔵論……………………………65
少年時代と家庭…………………………69
家系………………………………………71
武蔵と吉岡家……………………………73
離郷 附 本位田又八…………………76
流寓の新免家六人衆……………………78
三宅軍兵衛との試合……………………80
佐々木小次郎に就て……………………83
二刀に就て………………………………85
佩刀考……………………………………86
沢庵と細川忠利…………………………90
柳生の剣法・武蔵の剣法………………96
武蔵、忠利、沢庵交渉年表……………98
遺跡紀行………………………………… 103
京都一乗寺下り松…………………… 103
宮本村へ……………………………… 110
讃甘から巌流島へ…………………… 112
巌流島拾遺…………………………… 115
熊本紀行……………………………… 119
小倉紀行……………………………… 127
宮本武蔵年表…………………………… 134
逸話の宮本武蔵………………………… 141
口絵解説………………………………… 149
随筆新平家………………………………… 155
はしがき………………………………… 157
新平家落穂集…………………………… 163
新平家雑感……………………………… 228
清盛という人間……………………… 228
古い鏡と今日の顔…………………… 229
出家の話……………………………… 231
机のちり……………………………… 233
折々ぐさ……………………………… 235
客窓雑記……………………………… 238
草の実抄……………………………… 240
晴稿雨筆……………………………… 242
歳寒雑記……………………………… 245
牛歩漫筆……………………………… 246
或る一日半夜記……………………… 248
窓辺雑草……………………………… 250
新・平家今昔紀行……………………… 252
伊勢から熊野路の巻………………… 252
湯ノ峰から那智の巻………………… 258
淀川から神戸界隈の巻……………… 264
四国白峯の巻………………………… 270
屋島寺から壇ノ浦の巻……………… 276
瀬戸内と別府の巻…………………… 282
門司・小倉あるきの巻……………… 287
宮島の巻……………………………… 292
鬼怒川から山王越えの巻…………… 300
会津磐梯山の巻……………………… 304
新潟“白浪抄”……………………… 310
名古屋から車窓の近江路…………… 313
京の雷と有馬の河鹿………………… 317
木の無い生田の森…………………… 320
会下山展望…………………………… 323
鵯越えに立ちて……………………… 326
須磨寺寝詣での記…………………… 328
新・平家物語を中心に(対談)……… 330
附録 新・平家今昔紀行 伊豆の巻… 340
随筆私本太平記…………………………… 349
新春太平綺語…………………………… 353
筆間茶話………………………………… 356
巻外雑筆………………………………… 397
太平記寸感……………………………… 399
南北朝文化展を観て…………………… 401


 

第47巻 1970.6.20
 
草思堂随筆…………………………………… 1
序…………………………………………… 3
日曜夕語…………………………………… 3
鮭………………………………………… 3
訪問客…………………………………… 4
郷土文化………………………………… 5
主婦失業者……………………………… 6
高野往来………………………………… 6
遺族さまざま…………………………… 7
蘭三態…………………………………… 8
りんご…………………………………… 9
ふる手紙…………………………………10
春場所寸言………………………………10
講演………………………………………11
東京人と海………………………………12
花・菜根…………………………………13
温泉雑景…………………………………13
唖と詩人…………………………………14
不用毛髪…………………………………15
釣と飛行機………………………………16
口紅と藤原行成…………………………16
つんぼ……………………………………17
土…………………………………………18
きせる……………………………………19
友情碑……………………………………19
新茶譜……………………………………20
土のいろ人間のいろ……………………21
伊達政宗…………………………………22
舌を洗う…………………………………23
下手将棋の弁……………………………23
大坂の「サカ」…………………………24
市井雑音……………………………………25
元日………………………………………25
四十初惑…………………………………26
大衆文学に反映した近代種々相………27
屋根のない生活者………………………29
歳寒飢語…………………………………30
隧道………………………………………33
背なか哲学………………………………35
人生の転機―婦人公論への答え―……38
議会を観る………………………………40
郷庭の友へ………………………………42
文芸家と国家関心………………………43
僕の三畳……………………………………45
田能村竹田の性格とその隠操思想……45
故人凡骨…………………………………52
しらなみ拾遺……………………………56
書斎と主人………………………………60
春日書斎開放……………………………65
お臀の顔………………………………65
木魚と機関車…………………………65
魔の蚊…………………………………66
歩く構想………………………………66
標札……………………………………67
感情混線………………………………68
幻影人間………………………………69
忠実ナンセンス………………………69
材料雑話………………………………70
くせ………………………………………71
史話片々……………………………………74
瀬戸内海と町人志士―日柳燕石に就て―……74
史書余録…………………………………75
英傑と凡物………………………………77
自然人を語る……………………………80
将門……………………………………80
良寛……………………………………81
筆間茶話…………………………………82
開府挿話………………………………82
焼跡異聞………………………………83
「他所物」と「琉妻」………………83
甲賀者由来……………………………84
歩術と飛脚屋…………………………84
黄金同志封……………………………85
紅毛人見聞記…………………………85
「正忍記」の口訣……………………86
異書異説………………………………86
草思堂随筆…………………………………87
穂波村から………………………………87
うごき……………………………………94
戦争文学…………………………………96
作家と社会………………………………98
ゴシップ……………………………… 100
映画…………………………………… 104
婦人記者……………………………… 106
近代金沢八景………………………… 107
心の友………………………………… 108
純……………………………………… 110
下頭橋………………………………… 112
窓辺雑草…………………………………… 116
序………………………………………… 116
硯滴……………………………………… 116
大衆文学随想………………………… 116
視野を拡げよ……………………… 116
僕の書くもの……………………… 117
興味のある時代…………………… 117
二・二六事件とその聯想………… 118
世界に冠たる大探偵小説………… 118
始終考えていること……………… 119
作家の世界………………………… 119
小説と史実………………………… 120
故人を呼びかえす………………… 121
宮本武蔵を書く…………………… 121
郷土の文学………………………… 122
作家たらんとする人に…………… 123
書きたい人物……………………… 124
文学と大衆…………………………… 124
現代小説と時代小説……………… 124
地方文化と郷土愛………………… 125
新聞小説の旧套打破……………… 126
ある寒語……………………………… 127
非常人茶語 その1 ………………… 128
非常人茶語 その2 ………………… 131
鴨と鹿の頭…………………………… 134
直木三十五のこと…………………… 142
四十雀舌……………………………… 143
苦徹成珠―有信館茶話―…………… 145
青年・馬上に棲む…………………… 147
日の出………………………………… 149
燈火の秋……………………………… 149
窓辺雑草………………………………… 150
よその母わが母……………………… 150
胸に住む母…………………………… 151
夕立裸姿……………………………… 153
お盆…………………………………… 154
よくぞ男に生れける………………… 156
女……………………………………… 158
英雄と女性・恋愛…………………… 165
理性と情熱、頼朝と義経の場合… 165
事実と恋愛、美丈夫信長………… 166
武将の女性感……………………… 166
女性と没交渉な謙信と松陰……… 167
森田節斎の結婚ロマンス………… 167
いか物喰い―清盛と家康………… 168
幕末の志士と愛人………………… 169
赤穂義士磯貝と琴の爪…………… 170
永遠に生きる女性………………… 170
陽根譚………………………………… 171
国立公園早廻り追記………………… 173
甲府温泉…………………………… 173
月見草と赤富士…………………… 174
葡萄とダンキ氏…………………… 174
都会の庭…………………………… 175
旅情とバス嬢……………………… 175
変化する富士……………………… 176
湖上の軍艦マーチ………………… 176
富士・箱根・寸感…………………… 177
ぬる川の宿…………………………… 179
旅情童心……………………………… 181
夜寒・一口ばなし…………………… 182
真珠と仔牛…………………………… 184
春日狸言……………………………… 185
河豚…………………………………… 187
酒つれづれ草………………………… 189
草思堂雑稿………………………………… 193
草思堂随筆……………………………… 193
花と月………………………………… 193
達人の不覚…………………………… 193
松明の話……………………………… 194
有機物………………………………… 194
紙の罰………………………………… 195
猫舌…………………………………… 195
虫……………………………………… 196
非茶人茶話……………………………… 196
やさしい・むずかしい……………… 196
茶味即実生活 利休居士三百五十年遠忌記念講演草稿…… 199
硯田余耕………………………………… 205
宮本武蔵追記………………………… 205
青田の嵐……………………………… 211
草莽寸心…………………………………… 212
極意の歌………………………………… 212
江田島寸想……………………………… 213
わが父の記……………………………… 216
草思堂史話……………………………… 222
清風仰月の語………………………… 222
「間雅」「ゆとり」………………… 223
戦陣に退屈なし……………………… 223
ヒゲ二題……………………………… 224
綯い合う主従………………………… 225
梅里先生落穂集………………………… 225
夜がたりの局…………………………… 226
夜がたりの局………………………… 226
金すけの母…………………………… 229
会津の女性たち……………………… 231
折々の記…………………………………… 233
折々の記………………………………… 233
世の“名ヅケ子”…………………… 233
紙コップ……………………………… 234
中学生………………………………… 235
日の丸ぐもり………………………… 236
老歌人………………………………… 236
サンドイッチ・マン………………… 237
消える・消えない問答……………… 238
天皇と競馬…………………………… 239
音痴の歌……………………………… 240
頼朝と遊覧バス……………………… 241
市味山心……………………………… 242
トラの関雪さん……………………… 243
巴里の紅バラ………………………… 244
医学天正記…………………………… 245
夏隣り………………………………… 246
写楽の顔……………………………… 247
小鳥譜二曲…………………………… 248
育つもの……………………………… 249
非茶人茶話…………………………… 249
野性と名門…………………………… 250
混血の万葉…………………………… 251
ぼたんを想う………………………… 252
すっぽん……………………………… 253
うたかた帖…………………………… 254
里子村………………………………… 255
偽印譜………………………………… 256
デザイン過剰………………………… 257
藤にも百合にも……………………… 258
おきんの小伝………………………… 259
梅の生る頃…………………………… 260
書斎忘話……………………………… 260
罪と新ジャガ………………………… 261
幼稚の弁……………………………… 262
或る基地の小歴史…………………… 263
静と騒音……………………………… 264
ボールと八卦………………………… 265
車窓走感……………………………… 266
河童戯言……………………………… 267
友の臍………………………………… 268
めしや変遷…………………………… 269
蛙と河鹿……………………………… 270
奈良のかみなり……………………… 271
吉野村別記…………………………… 272
僕の歴史小説観………………………… 273
僕の歴史小説観……………………… 273
歴史上の人物あれこれ……………… 274
虚名と人気…………………………… 281
しら浪雑抄…………………………… 284
小説にならない小説の話…………… 287
「新・平家物語」と私……………… 295
向う河岸の人生…………………… 295
後鏡としての歴史小説…………… 296
大衆というもの…………………… 297
愛憎の彼方へ……………………… 299
書斎雑感……………………………… 302
骨肉相食む悲しみ…………………… 309
メーデー事件と大坂夏の陣……… 309
庶民の犠牲に咲いた“栄華”…… 311
味い返したい「七歩の詩」……… 313
若人よ宇宙観を持て……………… 315
小説のタネ…………………………… 316
鳴門秘帖のころ…………………… 316
空想の遊びが功徳………………… 318
宮本武蔵を書かせた直木………… 319
清盛観の訂正……………………… 320
宗教を描く難しさ………………… 321
西遊記の面白さ…………………… 322
作家と歴史………………………… 324
俗つれづれ草…………………………… 325
あかんぼの発見……………………… 325
都心静寂……………………………… 325
鴬……………………………………… 326
勝負師の涙…………………………… 327
鳶か鷹か……………………………… 328
木の芽どき…………………………… 329
晩秋独想……………………………… 329
泣き虫………………………………… 330
女性相談……………………………… 330
幸福…………………………………… 331
貧しき者の友、愛情と四季………… 331
素朴な善心の群……………………… 332
色の昨今……………………………… 332
カクテル・スタイル………………… 333
爪紅…………………………………… 333
廃語辞典……………………………… 334
あぷれ語世潮………………………… 334
神とのアベック……………………… 335
童歌の世界…………………………… 335
笑くぼ………………………………… 336
菩薩の手……………………………… 337
悪戯者………………………………… 337
女の顔………………………………… 337
豊国祭………………………………… 337
椋の木………………………………… 338
おせっかいな弁 ある結婚式の式場で…… 338
色の教室……………………………… 340
焚き反古の記………………………… 342
苦労というもの…………………… 342
試写会の一隅で…………………… 343
顔…………………………………… 343
水仙花追想………………………… 343
底の岐路…………………………… 344
一つの体験………………………… 345
税務監督局給仕…………………… 345
歳寒漫筆……………………………… 346
忘…………………………………… 346
忘れ得ぬ一文……………………… 346
死に方……………………………… 347
友の余戯…………………………… 348
文学の乱兆………………………… 348
校歌………………………………… 349
競馬………………………………… 349
俗即菩提…………………………… 350
性愛談……………………………… 351
霜庭春語……………………………… 352
ある結婚披露式……………………… 353
常冬の記……………………………… 358
菊五郎の死と笠置…………………… 361
菊池寛的人生感……………………… 365
菊池寛氏と私………………………… 367
蓮如・洗馬・菊池寛………………… 371
蓮如をおもう………………………… 374
霊山子片想…………………………… 378
八大山人……………………………… 381
逃鴬日記……………………………… 383
ぼくのいなかや……………………… 386
梅ちらほら…………………………… 388
×…………………………………… 388
梅と話す人………………………… 388
王朝女性と蓮月…………………… 389
梅の唇……………………………… 389
父の一日…………………………… 389
紅梅夢……………………………… 390
奥多摩閑話…………………………… 390
ふるさとの話………………………… 391
雉子郎物語…………………………… 392
煙突と机とぼくの青春など………… 395
折々の記以後……………………………… 403
美しい日本の歴史……………………… 403
鼻の白粉……………………………… 403
敗戦の狐窟…………………………… 404
兵隊と天皇…………………………… 405
皇居文明開化に開く日……………… 405
“ままごと棚”世相………………… 406
うずらの羽虫………………………… 408
試されたお妃………………………… 409
菊池寛氏のオチ……………………… 410
又之丞の恋…………………………… 410
性花斉放……………………………… 411
尼のもの底無し……………………… 412
さあお進み下さい…………………… 413
大大論………………………………… 413
ほほ笑ましきスト…………………… 414
蜂飼いの大臣………………………… 415
異見会………………………………… 416
押入れ随筆……………………………… 417
持ちもの嫌い………………………… 417
暮しの初心…………………………… 417
塗料と習慣…………………………… 418
二つのニュース……………………… 419
味噌遍歴……………………………… 419
梅の味………………………………… 420
真珠の王冠…………………………… 420
紅梅の客………………………………… 422
親鸞の水脈……………………………… 427
親鸞聖人について……………………… 430
文化の日………………………………… 441
紋付を着るの記………………………… 442
辞典のすすめ…………………………… 444
正倉院展を観る………………………… 445
雪村筆「茄子図」……………………… 447
落日の壮厳に似る―大観画伯の終焉… 447
舌のすさび……………………………… 449


 

第48巻 1968.8.20
 
忘れ残りの記―四半自叙伝―……………… 1
あとがき………………………………… 152
江の島物語………………………………… 153
剣侠百花鳥―予道流祖の伝―…………… 169
明治残血録………………………………… 199
蜘蛛売紅太郎……………………………… 215
邯鄲片手双紙……………………………… 229
ナンキン墓の夢…………………………… 257
旗岡巡査…………………………………… 275
めくら笛…………………………………… 303
あづち・わらんべ………………………… 329
戯曲 新・平家物語……………………… 353
*年譜……………………………………… 393
*作品年表………………………………… 407


 

補巻1 1970.8.20
 
親鸞記………………………………………… 1
剣魔侠菩薩………………………………… 165
坂東侠客陣………………………………… 225
 

補巻2 1970.7.20
 
紅騎兵………………………………………… 1
愛獄の父母………………………………… 237
日本名婦伝………………………………… 353
 

補巻3 1968.7.20
 
書簡……………………………………… 1
大正15年……………………………………… 3
昭和元年……………………………………… 6
昭和2年 ……………………………………… 7
昭和3年 ……………………………………… 9
昭和5年 ………………………………………11
昭和6年 ………………………………………12
昭和7年 ………………………………………15
昭和8年 ………………………………………25
昭和9年 ………………………………………28
昭和10年………………………………………31
昭和11年………………………………………34
昭和12年………………………………………39
昭和13年………………………………………41
昭和14年………………………………………55
昭和15年………………………………………60
昭和16年………………………………………64
昭和17年………………………………………68
昭和18年………………………………………75
昭和19年………………………………………82
昭和20年………………………………………99
昭和21年…………………………………… 107
昭和22年…………………………………… 116
昭和23年…………………………………… 127
昭和24年…………………………………… 136
昭和25年…………………………………… 146
昭和26年…………………………………… 160
昭和27年…………………………………… 175
昭和28年…………………………………… 188
昭和29年…………………………………… 201
昭和30年…………………………………… 213
昭和31年…………………………………… 229
昭和32年…………………………………… 259
昭和33年…………………………………… 282
昭和34年…………………………………… 294
昭和35年…………………………………… 303
昭和36年…………………………………… 319
昭和37年…………………………………… 342
川柳・俳句・詩歌…………………… 349
 

別巻1 1966.11.20
 
神州天馬侠…………………………………… 1
 

別巻2 1967.11.20
 
ひよどり草紙………………………………… 1
月笛日笛…………………………………… 157
風神門……………………………………… 391
 

別巻3 1967.6.20
 
龍虎八天狗…………………………………… 1
母恋鳥……………………………………… 383
 

別巻4 1968.11.20
 
左近右近……………………………………… 1
胡蝶陣……………………………………… 187
やまどり文庫……………………………… 309
 

別巻5 1968.6.20
 
天兵童子……………………………………… 1
魔海の音楽師……………………………… 243
朝顔夕顔…………………………………… 301
[ 2011/04/07 01:36 ] 吉川英治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール
本サイトでは管理人が趣味で作成したデータベースを公開しています。著作権等の知的財産権を侵害する意図はありません。ご要望のある方はお知らせください。速やかに対応致します。なお、データの無断複製・転載はお断りしています。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。