研究余録 ~全集目次総覧~ TOP  >  スポンサー広告 >   >  吉田健一 >  『吉田健一集成』全8巻・別巻1巻

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『吉田健一集成』全8巻・別巻1巻

『吉田健一集成』全8巻・別巻1巻(新潮社、1993.6~1994.6)



1 批評 I 1993.11.5
 
英国の文学…………………………………… 9
シェイクスピア
エリザベス時代の演劇………………… 121
「ロメオとジュリエツト」…………… 128
「真夏の夜の夢」……………………… 138
フォルスタフ…………………………… 141
「十二夜」……………………………… 147
十四行詩………………………………… 154
「ハムレツト」………………………… 163
「オセロ」……………………………… 179
「リヤ王」……………………………… 192
「マクベス」…………………………… 207
「アントニイとクレオパトラ」……… 219
「嵐」…………………………………… 230
東西文学論………………………………… 239
英国の近代文学…………………………… 273
*解題……………………………………… 403
*編集付記………………………………… 415
 

2 批評 II 1993.8.5
 
文学概論……………………………………… 7
文学の楽み………………………………… 113
ヨオロツパの世紀末……………………… 225
文学が文学でなくなる時………………… 343
*解題(武藤康史)……………………… 472
*編集付記………………………………… 479
 

3 批評 III 1993.6.10
 
書架記………………………………………… 7
ラフォルグの短篇集……………………… 9
「ヴァリエテ」……………………………17
プルウストの小説…………………………25
ドヌ詩集……………………………………33
「悪の華」…………………………………41
ワイルドの批評……………………………49
エリオツト・ポオルの探偵小説…………57
マルドリュス訳の「千夜一夜」…………65
ホツプキンス詩集…………………………73
「パルマの僧院」…………………………82
イエイツ詩集………………………………90
「ブライヅヘツド再訪」…………………99
「テスト氏」…………………………… 107
ディラン・トオマス詩集……………… 115
交遊録……………………………………… 123
牧野伸顕………………………………… 125
G・ロウェス・ディツキンソン ……… 134
F・L・ルカス…………………………… 144
河上徹太郎……………………………… 153
中村光夫………………………………… 163
横光利一………………………………… 172
福原麟太郎……………………………… 182
石川淳…………………………………… 191
ドナルド・キイン……………………… 201
木暮保五郎……………………………… 210
若い人達………………………………… 220
吉田茂…………………………………… 229
時間………………………………………… 239
変化………………………………………… 355
*解題(武藤康史)……………………… 452
*編集付記………………………………… 459
 

4 批評 IV 1993.12.5
 
I ……………………………………………… 7
近代に於る純粋の観念に就て…………… 9
ラフォルグ…………………………………15
ヴァレリイ…………………………………28
ボオドレエル………………………………49
近代と頽廃…………………………………55
ヨオロツパの人間…………………………66
ホレス・ワルポオル………………………75
十八世紀の女達……………………………85
II………………………………………………95
読者の立場から見た今日の日本文学……97
梶井基次郎……………………………… 127
河上徹太郎……………………………… 137
中村光夫………………………………… 143
III ………………………………………… 151
本が語つてくれること………………… 153
思ひ出すままに(抄)………………… 197
IV…………………………………………… 249
素朴に就て……………………………… 251
控へ目に………………………………… 266
無駄を省くこと………………………… 282
言ふことがあることに就て…………… 297
何も言ふことがないこと……………… 313
象徴……………………………………… 329
英国の文化の流れ……………………… 332
ロンドン………………………………… 341
英国の四季……………………………… 344
食べものと飲みもの…………………… 358
或る田舎町の魅力……………………… 364
文明に就て……………………………… 368
*解題(武藤康史)……………………… 376
*編集付記………………………………… 389
 

5 随筆 I 1994.1.5
 
乞食王子………………………………………17
発端…………………………………………19
銀座風景拾遺………………………………20
拾遺…………………………………………21
おせつかい…………………………………22
傍観者………………………………………23
無為といふこと……………………………24
銀座界隈……………………………………25
田舎もの……………………………………28
東京…………………………………………30
田舎と都会…………………………………31
理想郷………………………………………33
贅沢…………………………………………34
貧乏…………………………………………36
再び理想郷に就て…………………………37
天国往来……………………………………39
天国相手の国民外交………………………40
もう一つの天国……………………………41
天国から帰つた男…………………………42
人の親切……………………………………43
ロンドンの乞食……………………………44
スコツトランドの乞食……………………45
宮廷…………………………………………46
京都の御所…………………………………47
死ぬことに就て……………………………48
安心の種……………………………………49
口舌の徒……………………………………50
文士…………………………………………51
水増し文化…………………………………52
思ひ出………………………………………53
汎水論………………………………………55
水の音………………………………………56
武器よ、さらば……………………………57
退屈…………………………………………58
せつかち……………………………………59
宴会…………………………………………61
バアの話……………………………………63
地方色………………………………………64
日本的………………………………………65
戦争の思ひ出………………………………66
放射能雨……………………………………67
文明と野蛮…………………………………68
日本の首府…………………………………70
都会の憂鬱…………………………………71
旅……………………………………………72
平和論………………………………………73
国会と相撲…………………………………74
色……………………………………………75
食べもの屋…………………………………76
乞食の思想調査……………………………77
戦後の日本に来たアメリカの中佐………81
天下国家のこと……………………………84
炉辺の幸福…………………………………86
家……………………………………………87
没談国事……………………………………88
海坊主………………………………………89
沖縄…………………………………………93
独立といふこと……………………………94
琉球料理……………………………………96
戦艦「大和」………………………………97
城……………………………………………98
残虐行為……………………………………99
色々と華やかだつた頃………………… 100
英国の今昔……………………………… 101
今の英国………………………………… 102
今の日本………………………………… 103
アチラ…………………………………… 104
唐天竺…………………………………… 105
二人の友達……………………………… 106
主に瀬戸内海に沿つて………………… 108
日本のどこでも………………………… 109
橋の下で………………………………… 110
地下室に降りて行く乞食……………… 111
夏と出版と小説………………………… 115
講義をする文士………………………… 116
ものの見方……………………………… 118
再び東京に就て………………………… 119
昔の銀座………………………………… 120
昔の方々………………………………… 123
乞食王子………………………………… 125
三文紳士…………………………………… 127
母に就て………………………………… 129
蓬莱山荘………………………………… 131
仲間……………………………………… 139
酒と議論の明け暮れ…………………… 147
或る時代の横光利一…………………… 149
我が青春記……………………………… 155
師走の酒、正月の酒…………………… 156
中村光夫………………………………… 159
満腹感…………………………………… 163
桜に錨のボタン………………………… 169
八月十五日……………………………… 169
乞食時代………………………………… 171
晩年の牧野伸顕………………………… 176
貧乏物語………………………………… 183
世にも不思議な新聞社の話…………… 190
福田恒存………………………………… 196
父のスケツチ…………………………… 204
食べる話に飲む話……………………… 206
昔の思ひ出……………………………… 208
家を建てる話…………………………… 210
駅と広い道と…………………………… 218
ラヂオに就て…………………………… 219
初めと終り……………………………… 222
小休止…………………………………… 223
日本管見………………………………… 226
暑さを忘れる為の妄想………………… 227
新年の予想……………………………… 230
行つたことがない場所………………… 231
飲食行…………………………………… 233
十年目の年末…………………………… 235
最後のレジスタンス…………………… 236
商売……………………………………… 238
本の話…………………………………… 241
恐しい時代……………………………… 242
「声」雑記……………………………… 247
定本 落日抄……………………………… 251
思ひ出…………………………………… 253
京都……………………………………… 254
畳敷き…………………………………… 255
あんよはおじよず……………………… 257
三題噺…………………………………… 260
ドナルド・キイン氏のこと…………… 264
道草……………………………………… 267
変化……………………………………… 269
風俗時評………………………………… 271
寺小屋…………………………………… 290
人間以外の動物と人間………………… 293
外国の生活……………………………… 294
本棚に並んだ本………………………… 296
酒談義…………………………………… 298
金沢……………………………………… 313
明治の時代……………………………… 314
東京所見………………………………… 316
二日酔ひ………………………………… 318
酒、旅その他…………………………… 320
閑文字…………………………………… 321
呉の町…………………………………… 323
酒と肴…………………………………… 324
腰弁になるの記………………………… 326
老後……………………………………… 327
文学と学問……………………………… 329
ロンドン訪問記………………………… 332
公害……………………………………… 335
挽歌…………………………………… 335
紙屑…………………………………… 336
隣の買ひもの………………………… 337
背後関係……………………………… 337
酒、肴、酒……………………………… 339
アメリカの酒場………………………… 342
ロンドンの飲み屋……………………… 343
外国での日本文学……………………… 345
神戸の味………………………………… 348
超特急…………………………………… 349
童心雑記………………………………… 351
我が町…………………………………… 358
留学の頃のこと………………………… 360
禁酒の勧め……………………………… 362
乞食と王子……………………………… 367
年のせゐ………………………………… 369
動物……………………………………… 370
サナトリウム…………………………… 372
金沢、又………………………………… 378
季節……………………………………… 380
河上さんのこと………………………… 382
英語で書いた文学……………………… 383
本のこと………………………………… 385
英国のこと……………………………… 389
昔の「批評」…………………………… 390
父のこと………………………………… 399
父を語る………………………………… 401
父を廻つて……………………………… 403
又………………………………………… 408
帝国海軍………………………………… 409
言葉その他……………………………… 416
墓………………………………………… 418
とぼけることの効用…………………… 420
季節、又………………………………… 422
戦後……………………………………… 424
金沢、又々……………………………… 425
母のこと………………………………… 426
正月……………………………………… 427
本の話…………………………………… 429
電話がない話…………………………… 431
薬………………………………………… 437
文学界の七十年………………………… 438
美味求真………………………………… 440
春………………………………………… 442
場所……………………………………… 443
樫村実…………………………………… 446
*解題(武藤康史)……………………… 450
*編集付記………………………………… 471
 

6 随筆 II 1994.2.5
 
甘酸つぱい味…………………………………21
書き出しの言葉……………………………23
季節季節……………………………………24
懐古の情……………………………………26
新しいもの…………………………………27
中古のもの…………………………………29
規格品………………………………………30
食べもの……………………………………32
高級なこと…………………………………33
日本の小説…………………………………35
地を這ふ文化………………………………36
眼の前にあること…………………………38
平凡…………………………………………39
浪漫主義……………………………………41
紙の世界……………………………………42
言葉の力……………………………………44
歯と耳………………………………………45
足……………………………………………47
再び食べものに就て………………………48
飲むこと……………………………………50
理想…………………………………………51
人間であることに就て……………………53
おでん屋……………………………………54
東京と大阪…………………………………56
都市…………………………………………57
家……………………………………………59
古い家………………………………………60
庭……………………………………………62
自然…………………………………………63
我々の体……………………………………65
彫刻…………………………………………66
博物館………………………………………68
バア…………………………………………69
飲み屋………………………………………71
カフェ………………………………………72
日本の場合…………………………………74
生きて行くことと仕事……………………75
暇潰し………………………………………77
一本の酒……………………………………78
我々の場合…………………………………80
他所の場所…………………………………81
ここ…………………………………………83
昔通り………………………………………84
機械文明……………………………………86
未来図………………………………………87
時代…………………………………………89
近代…………………………………………90
或る時代……………………………………92
その頃………………………………………93
煙草の煙……………………………………95
戦争…………………………………………96
戦争の跡……………………………………98
乱世…………………………………………99
年月……………………………………… 101
日本……………………………………… 102
昔話……………………………………… 104
歴史の教へ方…………………………… 105
採集……………………………………… 107
思ひ出…………………………………… 108
縁日……………………………………… 110
我々の生活……………………………… 111
趣味……………………………………… 113
縮図……………………………………… 114
暇………………………………………… 116
現実……………………………………… 117
重箱の隅………………………………… 119
技巧……………………………………… 120
距離……………………………………… 122
帰郷……………………………………… 123
執着……………………………………… 125
住居……………………………………… 126
アパアト………………………………… 128
楽天主義………………………………… 129
暗黒面…………………………………… 131
笑ひ……………………………………… 132
負け惜み………………………………… 134
眠ること………………………………… 135
お談義…………………………………… 137
そつぽを向く…………………………… 138
小事件…………………………………… 140
軍部……………………………………… 141
海軍……………………………………… 143
漸進主義………………………………… 144
明治調…………………………………… 146
校長の禿げ頭…………………………… 147
地理……………………………………… 149
古人の月………………………………… 150
チンドン屋……………………………… 152
今日のこと……………………………… 153
拙速……………………………………… 155
観点……………………………………… 156
釣り合ひ………………………………… 158
暇な人間………………………………… 159
言葉遣ひ………………………………… 161
自分の国の言葉………………………… 162
まだまだの精神………………………… 164
伝統……………………………………… 165
この一筋の道…………………………… 167
名称……………………………………… 168
息抜き…………………………………… 170
おしまひ………………………………… 171
舌鼓ところどころ………………………… 173
食べものあれこれ……………………… 175
舌鼓ところどころ……………………… 189
新鮮強烈な味の国、新潟…………… 189
食ひ倒れの都、大阪………………… 194
瀬戸内海に味覚あり………………… 200
カステラの町、長崎………………… 206
味のある城下町、金沢……………… 212
世界の味を持つ神戸………………… 218
山海の味、酒田……………………… 223
以上の裏の所………………………… 229
胃の話…………………………………… 237
女房コツク論…………………………… 243
饗宴……………………………………… 248
当て外れ………………………………… 255
仕事をする気持………………………… 257
駅弁の旨さに就て……………………… 259
東京の食べものや……………………… 261
飲み食ひの思ひ出……………………… 264
酒と人生………………………………… 269
酒の飲み方に就て……………………… 273
飲む話…………………………………… 274
文学に出て来る食べもの……………… 278
私の食物誌………………………………… 293
私の食物誌……………………………… 295
食物の美………………………………… 373
酒の味その他…………………………… 379
酒と風土………………………………… 385
飲む場所………………………………… 386
立食式…………………………………… 396
旨いもの………………………………… 398
*解題(武藤康史)……………………… 403
*編集付記………………………………… 412
 

7 長編小説 1993.9.5
 
瓦礫の中……………………………………… 5
絵空ごと………………………………………99
金沢………………………………………… 209
東京の昔…………………………………… 301
*解題(武藤康史)……………………… 408
*編集付記………………………………… 411
 

8 短編小説 1993.10.10
 
酒宴……………………………………………07
逃げる話…………………………………… 9
マクナマス氏行状記………………………21
夏は暑い……………………………………30
アドニスとナスビ…………………………33
マツチ売りの少女…………………………39
沼……………………………………………48
百鬼の会……………………………………57
酒宴…………………………………………67
ロツホ・ネスの怪物………………………76
国籍がない大使の話………………………86
春の野原……………………………………95
残光………………………………………… 115
辰三の場合……………………………… 117
流れ……………………………………… 126
出廬……………………………………… 141
残光……………………………………… 156
空蝉……………………………………… 171
邯鄲……………………………………… 186
旅の時間…………………………………… 197
飛行機の中……………………………… 199
昔のパリ………………………………… 211
大阪の夜………………………………… 224
英国の田舎……………………………… 236
東北本線………………………………… 249
ニュー・ヨークの町…………………… 261
ロンドン………………………………… 274
神戸……………………………………… 286
京都……………………………………… 299
航海……………………………………… 311
怪奇な話…………………………………… 325
山運び…………………………………… 327
お化け…………………………………… 338
酒の精…………………………………… 349
月………………………………………… 360
幽霊……………………………………… 371
老人……………………………………… 382
流転……………………………………… 393
化けもの屋敷…………………………… 404
瀬戸内海………………………………… 415
*解題(武藤康史)……………………… 426
*編集付記………………………………… 430
 

別巻 1994.6.10
 
シェイクスピア詩集…………………………13
シェイクスピアの十四行詩に就て………15
十四行詩抄…………………………………21
翻訳論………………………………………64
雑纂……………………………………………73
「批評」編輯後記…………………………75
「声」同人雑記………………………… 103
禿山頑太集……………………………… 109
時間について(インタビュー)……… 207
時間は流れている(インタビュー)… 212
*解題(武藤康史)……………………… 217
*吉田健一年譜(武藤康史編)………… 221
*吉田健一書誌(武藤康史編)………… 285
吉田健一・人と文学……………………… 313
福原麟太郎……………………………… 315
一人の貴族(福原麟太郎)………… 315
弔 吉田健一(福原麟太郎)……… 316
河上徹太郎……………………………… 318
吉田健一(河上徹太郎)…………… 318
世紀末人・吉田健一(河上徹太郎)…… 322
三代の交遊(河上徹太郎)………… 324
吉田君の死(河上徹太郎)………… 327
我儘(河上徹太郎)………………… 329
永井龍男………………………………… 332
吉田君と子息(永井龍男)………… 332
山本健吉………………………………… 335
往事渺茫(山本健吉)……………… 335
白洲正子………………………………… 338
変な友達(白洲正子)……………… 338
中村光夫………………………………… 343
吉田健一の死(中村光夫)………… 343
知りあつたころ(中村光夫)……… 346
氷上英広………………………………… 349
吉田健一氏をめぐる時間(氷上英広)…… 349
福田恒存………………………………… 354
『英国の文学』解説(福田恒存)… 354
安東次男………………………………… 356
旧稿有用(安東次男)……………… 356
奥津峡独吟(半歌仙)(安東次男)…… 358
ドナルド・キーン……………………… 359
吉田健一の思い出(ドナルド・キーン)…… 359
吉田健一とケンブリッヂ大学(ドナルド・キーン)…… 363
丸谷才一………………………………… 365
変形譚(丸谷才一)………………… 365
吉田健一氏を悼む(丸谷才一)…… 366
出陣(丸谷才一)…………………… 367
幸福の文学(丸谷才一)…………… 369
辻邦生…………………………………… 371
『英国の文学』を読んだ頃(辻邦生)…… 371
吉田健一のためのレクイエム(辻邦生)…… 372
中村雄二郎……………………………… 382
時間の旅人(中村雄二郎)………… 382
中村稔…………………………………… 385
人生の達人(中村稔)……………… 385
篠田一士………………………………… 387
文章家(篠田一士)………………… 387
莫春者 春服既成(篠田一士)…… 390
生きる喜び(篠田一士)…………… 393
出会い(篠田一士)………………… 399
吉田さんの本(篠田一士)………… 401
観世栄夫………………………………… 403
金沢でのこと(観世栄夫)………… 403
川村二郎………………………………… 408
思い出(川村二郎)………………… 408
尾崎秀樹………………………………… 411
吉田健一の大衆文学観(尾崎秀樹)…… 411
飯島耕一………………………………… 417
ラフォルグの「水族館」(飯島耕一)…… 417
秋山駿…………………………………… 420
ユニークな精神(秋山駿)………… 420
高橋英夫………………………………… 422
風にたゆたう対話(高橋英夫)…… 422
琥珀の夜から朝の光へ(高橋英夫)…… 426
汎現在と時間(高橋英夫)………… 429
「私」隠し(高橋英夫)…………… 433
磯田光一………………………………… 437
雅俗の平衡感覚(磯田光一)……… 437
杉本秀太郎……………………………… 442
『ラフォルグ全集』第三巻の余白に(杉本秀太郎)…… 442
三半規管の王子(杉本秀太郎)…… 446
大岡信…………………………………… 450
荒地を越えて(大岡信)…………… 450
『ハムレツト異聞』そのほか(大岡信)…… 453
清水徹…………………………………… 455
宴のあとに(清水徹)……………… 455
文明を生きた市民の文学(清水徹)…… 474
夕方の光のなかで(清水徹)……… 475
谷川俊太郎……………………………… 477
手紙のことなど(谷川俊太郎)…… 477
倉橋由美子……………………………… 480
吉田健一氏の文章(倉橋由美子)… 480
幾野宏…………………………………… 484
「アラスカ」での昼食(幾野宏)… 484
富士川義之……………………………… 485
吉田氏の本との出会い(富士川義之)…… 485
柳瀬尚紀………………………………… 488
文体の魅力(柳瀬尚紀)…………… 488
池沢夏樹………………………………… 494
少年の感謝(池沢夏樹)…………… 494
吉田暁子………………………………… 497
まっすぐな線(吉田暁子)………… 497
金井美恵子……………………………… 501
横道にそれることの正しさ(金井美恵子)…… 501
武藤康史………………………………… 504
牧野伸顕(武藤康史)……………… 504
*『吉田健一全集』内容見本推薦文…… 506
*『ポエティカ』内容見本推薦文……… 508
*『吉田健一著作集』内容見本推薦文… 509
*対談 吉田健一の生き方(河上徹太郎,丸谷才一)…… 519
[ 2011/04/07 01:38 ] 吉田健一 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール
本サイトでは管理人が趣味で作成したデータベースを公開しています。著作権等の知的財産権を侵害する意図はありません。ご要望のある方はお知らせください。速やかに対応致します。なお、データの無断複製・転載はお断りしています。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。