研究余録 ~全集目次総覧~ TOP  >  スポンサー広告 >   >  吉田満 >  『吉田満著作集』全2巻

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『吉田満著作集』全2巻

『吉田満著作集』全2巻(文芸春秋、1986.9)



上 1986.9.20
 
戦艦大和ノ最期……………………………… 7
臼淵大尉の場合―進歩への願い………… 145
祖国と敵国の間…………………………… 241
提督伊藤整一の生涯……………………… 429
「あとがき」等五篇
「戦艦大和ノ最期」初版あとがき…… 641
「戦艦大和ノ最期」決定稿に寄せて… 645
「鎮魂戦艦大和」あとがき…………… 647
「鎮魂戦艦大和」文庫版に寄せて…… 652
「提督伊藤整一の生涯」あとがき…… 654
*「戦艦大和ノ最期」初出テクスト…… 657
*初出誌収載単行本一覧………………… 698
 

下 1986.9.20
 
I
戦中派の死生観………………………………15
死によって失われたもの―「わがいのちの月明に燃ゆ」を読む……19
散華の世代……………………………………32
戦没学徒の遺産………………………………46
学徒出陣三十年………………………………65
青年は何のために戦ったか…………………69
戦中の青年たちは何を読んだか……………90
戦後日本に欠落したもの………………… 103
死者の身代りの世代……………………… 115
三島由紀夫の苦悩………………………… 127
一兵士の責任……………………………… 144
戦争協力の責任はどこにあるのか―「戦艦大和」に対する批判の分析…… 161
「戦艦大和ノ最期」をめぐって………… 181
戦争体験をめぐって―高校生にこたえる…… 196
II
終りなき貫徹……………………………… 207
病床断想…………………………………… 217
異国にて…………………………………… 230
重過ぎる善意―父のこと………………… 248
III
戦争文学の広さ…………………………… 271
戦争文学者,この三十年の心情 ………… 276
戦中派はなにを為しえたか―阿川弘之「暗い波濤」をめぐって…… 280
書いても書いても書いても…―古山高麗雄氏の戦地再訪記…… 288
江藤淳「海は甦える」…………………… 305
島尾さんとの出会い……………………… 308
黒地のネクタイ…………………………… 315
めぐりあい―小林秀雄氏………………… 319
終戦から「高山右近」までの頃………… 324
ニューヨークの三島由紀夫……………… 330
IV
津軽の四季………………………………… 339
青森の思い出……………………………… 341
十和田と乙女の像………………………… 343
青森の人びと……………………………… 349
ノルウェーと青森………………………… 351
総合都市への夢…………………………… 355
みのりある対立…………………………… 358
青森は未来県……………………………… 362
大県岩手…………………………………… 367
われらに郷土館を………………………… 371
地方文化を育てる………………………… 374
太宰治と津軽……………………………… 385
V
昭和の五十年を送って…………………… 439
一年の計…………………………………… 441
一生の趣味………………………………… 445
転機………………………………………… 449
網干さんにとっての下北………………… 453
弁護士ギル………………………………… 459
谷間のなかの日系二世…………………… 463
映画「八甲田山」………………………… 467
霊のはなし………………………………… 471
若者に兆す公への関心…………………… 477
五十年……………………………………… 480
陸軍と海軍………………………………… 482
富士山の百七十七倍……………………… 484
詩人………………………………………… 486
津軽海峡・冬景色………………………… 488
文字に飢える……………………………… 490
火と水……………………………………… 492
書斎………………………………………… 494
フォーク…………………………………… 496
民度………………………………………… 498
スーパースター…………………………… 500
白髪と軍帽………………………………… 502
社会の一年生……………………………… 504
人間の幸福………………………………… 506
独行の人…………………………………… 508
エリート支配……………………………… 510
平和………………………………………… 512
ライフワーク……………………………… 514
よき時代…………………………………… 516
死…………………………………………… 518
罪と罰……………………………………… 520
遠い思い出………………………………… 522
真実を語る………………………………… 524
決別………………………………………… 526
VI
死を思う…………………………………… 531
死・愛・信仰……………………………… 536
底深きもの………………………………… 556
死と信仰…………………………………… 563
死を乗り越えて―戦艦大和と私………… 566
青年の生と死……………………………… 571
短歌―今田神父様に捧ぐ………………… 578
なれペトロ―讃美歌……………………… 580
信仰によってのみ………………………… 581
誠実で暖かい友人―田辺公二君追悼…… 584
前進するキリスト者―鈴木正久牧師追悼…… 590
どのように生きるべきか………………… 594
主に従う…………………………………… 596
「何をするか」と「何であるか」……… 599
誰よりも深いよろこびを………………… 602
平和の問題………………………………… 605
戦中派の求める平和……………………… 609
平和に生きる……………………………… 628
年頭雑感…………………………………… 630
戦責告白と現代…………………………… 634
七〇年代の後半に向かって……………… 642
学徒兵の苦しみ―「浩平詩集」について…… 645
戦争責任告白を考え直す………………… 650
平和への一歩……………………………… 654
ニューヨークから………………………… 658
北の国から………………………………… 664
青森の友へ………………………………… 668
東北への長い旅…………………………… 672
病床から…………………………………… 677
VII
江田島……………………………………… 683
二つの慰霊祭……………………………… 687
同期の桜…………………………………… 690
伝説の中のひと…………………………… 692
伝説からぬけ出てきた男………………… 696
海軍という世界…………………………… 700
海軍電測学校……………………………… 707
観桜会……………………………………… 713
VIII
書翰抄……………………………………… 723
*年譜……………………………………… 782
*初出紙誌収載単行本一覧……………… 791
[ 2011/04/07 01:40 ] 吉田満 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール
本サイトでは管理人が趣味で作成したデータベースを公開しています。著作権等の知的財産権を侵害する意図はありません。ご要望のある方はお知らせください。速やかに対応致します。なお、データの無断複製・転載はお断りしています。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。