研究余録 ~全集目次総覧~ TOP  >  スポンサー広告 >   >  吉田精一 >  『吉田精一著作集』全25巻・別巻2巻

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『吉田精一著作集』全25巻・別巻2巻

『吉田精一著作集』全25巻・別巻2巻(桜楓社、1979.11~1981.11)



第1巻 1979.11.12
 
芥川龍之介…………………………………… 5
あとがき………………………………… 260
*第1巻 芥川龍之介 あとがき ……… 262
*解説(三好行雄)……………………… 264
 

第2巻 1981.11.12
 
I 芥川龍之介の世界………………………… 7
1 芥川龍之介の生涯と芸術……………… 9
2 芥川龍之介・人と作品…………………35
3 芥川龍之介の作品解説…………………93
II 芥川龍之介の文学 …………………… 155
1 漱石と芥川―「鼻」を中心に―…… 157
2 芥川『枯野抄』をめぐって………… 162
3 糸女覚え書…………………………… 174
4 「秋山図」について………………… 180
5 「西方の人」について……………… 186
6 芥川龍之介の童話…………………… 206
7 芥川龍之介の書……………………… 209
III 芥川龍之介の周辺…………………… 219
1 芥川私生児問題について―サント・ブーブとジムメル―…… 221
2 埋もれていた芥川の手紙…………… 232
3 芥川龍之介の恋人…………………… 245
4 パスカル・芥川・萩原氏など……… 267
5 蛇笏と龍之介………………………… 273
*第2巻 芥川龍之介II あとがき……… 285
*解説(三好行雄)……………………… 289
 

第3巻 1980.9.12
 
I 森鴎外……………………………………… 5
1 文芸評論界のメシア…………………… 7
2 ハルトマン美学と絵画論………………24
3 「日本韻文論」批判と没理想論争……43
4 美学原理と作品批評……………………61
5 評論活動の停滞と批評的小説…………79
II 高山樗牛 …………………………………95
1 古典評論と詩形論………………………97
2 日本主義と樗牛……………………… 115
3 逍遥との史劇・歴史画論争………… 136
4 美的生活論とニーチェ……………… 157
5 エゴイストの自覚…………………… 172
III 夏目漱石……………………………… 191
1 初期の著作と心理学的「文学論」… 193
2 プラグマティズムの影響と自然主義批判…… 214
3 趣味の独立と鑑賞の普遍性………… 233
4 文明批評家漱石……………………… 252
*第3巻 明治の文芸評論―鴎外・樗牛・漱石― あとがき…… 277
*解説(井上百合子)…………………… 279
 

第4巻 1981.3.12
 
I 森鴎外……………………………………… 7
1 森鴎外…………………………………… 9
2 鴎外と啄木………………………………66
3 森鴎外は「体制イデオローグ」か……82
4 森鴎外・人と作品………………………86
II 夏目漱石 ……………………………… 155
1 漱石と自然主義……………………… 157
2 漱石の思想と文学―鴎外と比較しつつ―…… 174
3 漱石における東洋と西洋…………… 184
4 作品論………………………………… 195
5 夏目漱石・人と作品………………… 242
6 夏目漱石拾遺………………………… 324
漱石全集の流行―なぜそれは読まれるか…… 324
生誕百年の四文豪―紅葉・露伴・子規・漱石…… 327
文豪と子ども達……………………… 330
III 鴎外と漱石…………………………… 334
1 漱石と鴎外―「三四郎」と「青年」を中心にして…… 335
2 鴎外と漱石―人としての比較―…… 344
*第4巻 鴎外・漱石 あとがき ……… 365
*解説(小泉浩一郎)…………………… 367
 

第5巻 1979.12.12
 
I 永井荷風…………………………………… 5
荷風年譜………………………………… 221
II 永井荷風拾遺 ………………………… 229
永井荷風の好色趣味…………………… 231
荷風と銀座・浅草……………………… 237
荷風と女たち…………………………… 241
永井荷風の文学史的位置……………… 247
「偏奇館吟草」稿本解説……………… 259
詩人荷風………………………………… 275
*第5巻 永井荷風 あとがき ………… 283
*解説(坂上博一)……………………… 285
 

第6巻 1981.7.12
 
I 島崎藤村…………………………………… 5
1 詩人藤村………………………………… 7
2 詩より散文へ……………………………33
3 「破戒」の出現…………………………43
4 「破戒」の反響と「春」………………61
5 「家」とその前後………………………84
6 フランスへの旅と伝統の自覚……… 103
7 「新生」から「嵐」まで…………… 113
8 「夜明け前」と「東方の門」……… 142
II 藤村名詩鑑賞 ………………………… 167
III 島崎藤村拾遺………………………… 267
1 「桜の実の熟する時」……………… 269
2 藤村の文体…………………………… 286
3 藤村詩の表現………………………… 302
4 「新片町より」漫想………………… 311
5 島崎藤村と現代文学………………… 317
6 島崎藤村論をめぐって……………… 320
*第6巻 島崎藤村 あとがき ………… 323
*解説(山田晃)………………………… 325
 

第7巻 1981.4.12
 
I 自然主義文学運動の概観………………… 3
1 自然主義文学運動の展開……………… 5
2 自然主義文学の社会的性格……………22
3 自然主義文学の問題……………………39
4 自然主義文学の様式……………………59
II 島村抱月 …………………………………75
1 島村抱月…………………………………77
1 日本三美学者の一人…………………77
2 外遊と「早稲田文学」の再興………95
3 自然主義の価値論………………… 113
4 自然主義理論の発展と膠着……… 132
5 芸術座の結成と新劇運動………… 150
III 岩野泡鳴……………………………… 171
1 岩野泡鳴……………………………… 173
1 泡鳴の出発………………………… 173
2 泡鳴の詩業………………………… 185
3 「神秘的半獣主義」……………… 207
4 小説家としての出発……………… 215
5 泡鳴五部作………………………… 225
6 泡鳴の日本主義…………………… 244
7 有情滑稽物と泡鳴文学の特異性… 258
2 文芸評論家としての泡鳴…………… 270
1 「新自然主義」より「悲痛の哲理」へ…… 270
2 一元描写論………………………… 285
3 「日本主義」と泡鳴………………… 298
IV 自然主義の評論 ……………………… 301
1 自然主義と反自然主義……………… 303
*第7巻 自然主義研究 抱月・泡鳴 あとがき…… 323
*解説(畑有三)………………………… 325
 

第8巻 1980.6.12
 
序章 花袋と秋声…………………………… 1
I 田山花袋…………………………………… 5
1 田山花袋………………………………… 7
1 感傷的自己告白の文学……………… 7
2 花袋と外国文学………………………30
3 花袋の転換……………………………42
4 「蒲団」の意義………………………59
5 「生」と平面描写論―花袋とゴンクール―……75
6 三部作と「田舎教師」………………96
7 短篇と「髪」……………………… 107
8 宗教的レアリスムへの脱出……… 117
9 花袋文学の四系統と四大作―「時は過ぎ行く」「一兵卒の銃殺」「残雪」「再び草の野に」―…… 132
10 歴史小説と落莫たる晩年 ……… 153
2 田山花袋―人と文学………………… 172
3 花袋文学の本質……………………… 201
4 近代作家像への照明―田山花袋―… 217
1 技巧を越えた作家資質…………… 217
2 純で一図で愚直な歩み…………… 221
II 徳田秋声 ……………………………… 227
1 徳田秋声……………………………… 229
1 自由主義者秋声…………………… 229
2 秋声の展開………………………… 249
3 「秋声集」より「新世帯」へ…… 263
4 「足迹」と「黴」………………… 276
5 秋声の爛熟と固定―「爛」から「あらくれ」へ―…… 287
6 世相小説から私小説へ―大正中後期の長、短篇―…… 300
7 晩年の秋声―「仮装人物」と「縮図」―…… 320
2 徳田秋声作品解題…………………… 344
*第8巻 花袋・秋声 あとがき ……… 369
*解説(和田謹吾)……………………… 371
 

第9巻 1980.12.12
 
I 浪漫主義の研究…………………………… 7
1 総論……………………………………… 9
2 初期浪漫派…………………………… 104
3 後期浪漫派…………………………… 134
II 補論 …………………………………… 233
1 浪漫主義の素描……………………… 235
2 浪漫主義の意義……………………… 239
3 明治の浪漫主義……………………… 267
*第9巻 浪漫主義研究 あとがき …… 275
*解説(平岡敏夫)……………………… 277
 

第10巻 1981.1.12
 
序章 耽美派序説…………………………… 5
耽美派序説………………………………… 7
I 泉鏡花………………………………………45
1 泉鏡花論…………………………………47
1 泉鏡花の輪廓…………………………47
2 泉鏡花の表現…………………………69
3 「高野聖」研究………………………86
2 泉鏡花・人と作品…………………… 114
3 鏡花の作品…………………………… 122
4 天才鏡花……………………………… 140
5 新泉奇談雑考………………………… 145
II 谷崎潤一郎 …………………………… 155
1 谷崎潤一郎・人と作品……………… 157
2 谷崎文学と西欧文学………………… 175
3 異端者の悲しみ……………………… 181
4 「細雪」……………………………… 195
III 佐藤春夫……………………………… 199
1 佐藤春夫・人と文学………………… 201
2 短編小説(1) ……………………… 232
3 短編小説(2) ……………………… 248
4 評論・随筆(1) …………………… 264
5 評論・随筆(2) …………………… 280
6 佐藤春夫の出発……………………… 298
7 歴史小説の史実と仮構―佐藤春夫「戦国佐久」―…… 303
IV 円地文子 ……………………………… 317
1 円地文子・人と作品………………… 319
*第10巻 耽美派作実論 あとがき…… 357
*解説(鷺只雄)………………………… 359
 

第11巻 1981.5.12
 
I 明治大正の文芸雑誌……………………… 5
1 しからみ草紙…………………………… 7
2 めさまし草・芸苑・芸文・万年艸……18
3 新著月刊…………………………………32
4 明星………………………………………38
5 馬酔木……………………………………51
6 スバル……………………………………75
7 三田文学……………………………… 104
8 白樺…………………………………… 126
大正時代と白樺派の位相…………… 147
9 新思潮………………………………… 157
10 朝日文芸欄 ………………………… 178
II 文学評論の系譜 ……………………… 187
1 明治大正の文芸評論………………… 189
2 作家作品論の系譜…………………… 225
III 近代の作家と作品…………………… 237
1 翻案時代の紅葉……………………… 239
2 樋口一葉……………………………… 245
樋口一葉……………………………… 245
一葉の危機…………………………… 251
樋口一葉の一資料…………………… 256
露伴と一葉…………………………… 260
3 近松秋江……………………………… 263
4 白樺における志賀直哉……………… 279
5 大正の作家…………………………… 304
1 小泉八雲…………………………… 306
2 高浜虚子…………………………… 308
3 伊藤左千夫………………………… 311
左千夫の小説……………………… 313
4 長塚節……………………………… 316
5 田村俊子…………………………… 318
6 素木しづ…………………………… 324
7 小川未明…………………………… 327
8 野上弥生子………………………… 332
9 長与善郎…………………………… 336
10 中勘助 …………………………… 339
11 豊島与志雄 ……………………… 340
12 菊池寛 …………………………… 345
13 吉田絃二郎 ……………………… 349
14 白鳥の戯曲 ……………………… 352
*第11巻 近代文学の諸相 あとがき… 355
*解説(浅井清)………………………… 359
 

第12巻 1980.1.12
 
I 近代詩……………………………………… 7
1 近代詩の草創―「新体詩抄」より「若菜集」まで…… 9
2 近代詩の成立―「若菜集」より「有明集」まで……35
3 自由詩の発生と進展―自然主義詩より民衆派詩壇まで……92
4 近代詩形の完成より破壊へ―「月に吠える」より「詩と詩論」まで…… 150
5 知性詩の成立と展開―「詩と詩論」創刊以後終戦まで…… 195
6 戦後の詩壇…………………………… 251
*第12巻 近代詩I あとがき…………… 270
*解説(角田敏郎)……………………… 271
 

第13巻 1981.8.12
 
I 詩の本質…………………………………… 7
1 詩の本質………………………………… 7
2 近代詩論と歌論・俳論…………………30
II 詩人論・詩集論 …………………………47
1 海潮音……………………………………49
2 詩人・与謝野寛―「 の葉」の小曲を中心に―……77
3 北原白秋論………………………………81
4 詩人高村光太郎……………………… 125
5 高村光太郎のmystification―「ブランデンブルグ」―…… 143
6 堀口大学の詩………………………… 150
7 堀口大学氏の訳詩…………………… 164
8 昭和詩に新風を送りこむ…………… 168
III 昭和詩史……………………………… 172
1 昭和詩史……………………………… 175
1 序説………………………………… 175
2 昭和詩への道―未来派、ダダイスム―…… 179
3 プロレタリア詩の発生と進展…… 186
4 知性詩への方向…………………… 197
5 「詩と詩論」の成立と意義……… 202
6 「詩と詩論」の分裂と「詩・現実」…… 217
7 地方詩人と「歴程」の運動……… 224
8 「四季」と伝統への回帰………… 229
9 抵抗詩と戦争詩…………………… 241
10 戦後の詩壇 ……………………… 250
2 転形期の詩…………………………… 259
*第13巻 近代詩II あとがき ………… 283
*解説(飛高隆夫)……………………… 285
 

第14巻 1980.4.12
 
日本近代詩鑑賞 上………………………… 5
1 島崎藤村………………………………… 7
2 土井晩翠…………………………………42
3 与謝野鉄幹………………………………52
4 薄田泣菫…………………………………69
5 上田敏……………………………………96
6 蒲原有明……………………………… 113
7 石川啄木……………………………… 147
8 北原白秋……………………………… 166
9 三木露風……………………………… 205
10 木下杢太郎 ………………………… 224
11 高村光太郎 ………………………… 245
*第14巻 日本近代詩鑑賞 上 あとがき…… 281
*解説(三浦仁)………………………… 283
 

第15巻 1980.5.12
 
日本近代詩鑑賞 下………………………… 5
1 室生犀星………………………………… 7
2 萩原朔太郎………………………………42
3 日夏耿之介………………………………65
4 西条八十…………………………………77
5 芥川龍之介………………………………89
6 佐藤春夫……………………………… 101
7 佐藤惣之助…………………………… 135
8 宮沢賢治……………………………… 145
9 堀口大学……………………………… 174
10 三好達治 …………………………… 188
11 中野重治 …………………………… 215
12 壷井繁治 …………………………… 234
13 金子光晴 …………………………… 247
14 草野心平 …………………………… 274
15 中原中也 …………………………… 289
16 立原道造 …………………………… 304
*解説(分銅惇作)……………………… 319
 

第16巻 1980.10.12
 
I 鑑賞と批評………………………………… 5
1 方法と理論……………………………… 7
1 文学史の方法―プレハノフについて―…… 7
2 言語と文学―言語過程説と文学―…27
2 古典和歌と物語について………………43
1 万葉集の頽唐美………………………43
2 物語様式の本質………………………61
3 近代文学の評論と鑑賞…………………83
1 短歌・俳句・私小説…………………83
2 近代小説の解釈―芥川龍之介の作品について―……96
4 近代詩の問題………………………… 147
1 近代詩の論理―詩論を中心に―… 147
2 創造と発見―詩の表現と本質―… 168
II 批評の方法 …………………………… 181
1 文学研究の態度―なかにし君の拙著に対する批評に答う―…… 183
2 詩と批評……………………………… 190
3 詩……………………………………… 193
*第16巻 鑑賞と批評 あとがき……… 217
*解説(長谷川泉)……………………… 219
 

第17巻 1981.10.12
 
I 詩歌の伝統………………………………… 9
1 近代詩と伝統詩歌………………………11
2 近代作家の見た芭蕉……………………32
II 短歌 ………………………………………59
1 近代短歌史概説…………………………61
2 新詩社とその意義………………………92
3 第二次『明星』……………………… 102
4 石川啄木―「一握の砂」・「悲しき玩具」―…… 117
5 斎藤茂吉―「赤光」解題―………… 131
6 中村憲吉論…………………………… 134
7 象徴的・古典的・浪漫的…………… 145
8 詩と批評……………………………… 148
9 詩歌の鑑賞について………………… 151
10 短歌の美の根源 …………………… 156
11 回想・この一冊―久松潜一著「万葉集の新研究」―…… 158
12 「日本和歌史論」中世篇など …… 162
13 歌集と歌人論の評 ………………… 168
1 直観に生きた詩人―塚崎進「折口信夫とその人生」―…… 168
2 閨秀歌人の第一流―「今井邦子短歌全集」―…… 171
3 思索的な近代抒情―安田章生歌集「明日を責む」―…… 173
III 俳句…………………………………… 177
1 近代俳句史概説……………………… 197
2 大正俳句概観………………………… 209
3 正岡子規―『春夏秋冬』解題―…… 221
4 虚子の道と碧梧桐の道……………… 225
5 垣のぞきの感想……………………… 243
6 詩歌の鑑賞―詩と俳句を中心に―… 250
7 危うきに遊ぶ………………………… 259
IV 川柳 …………………………………… 263
1 川柳の美学…………………………… 265
2 川柳中国史…………………………… 283
V 近代の詩論・歌論・俳論及び演劇論… 289
1 近代の詩論・歌論・俳論及び演劇論概観…… 291
*第17巻 詩歌の伝統 あとがき……… 311
*解説(飛高隆夫)……………………… 315
 

第18巻 1981.2.12
 
I 日本文芸学論攷…………………………… 5
1 国文学の方法…………………………… 7
日本文芸学の方法論…………………… 7
日本文献学の輪郭と方法………………25
実証主義的方法に対する批判…………39
2 基礎理論…………………………………50
鑑賞の本質………………………………50
文学史の方法……………………………61
様式論……………………………………76
3 国文学の理論的研究……………………96
物語様式の本質…………………………96
古事記伝の態度……………………… 119
近代散文の表現……………………… 128
4 日本文学理論の展望………………… 147
最近に於ける文学理論の動向……… 147
垣内学説の批評……………………… 150
近代文学の方法……………………… 156
II 文学研究の方法雑纂 ………………… 163
1 文学を研究するにはどういう方法があるか…… 165
2 文学作品とモデル…………………… 182
3 新興芸術派文学運動批判…………… 187
4 日本文学研究法批判………………… 192
5 小説の研究態度……………………… 205
6 歴史文学の問題……………………… 219
*第18巻 日本文学の理論 あとがき… 231
*解説 (鶴田欣也)…………………… 233
 

第19巻 1980.8.12
 
I 新日本文学史序説………………………… 5
1 民族文学………………………………… 7
2 古典文学(1) …………………………18
3 古典文学(2) …………………………31
4 中世文学…………………………………60
5 近世文学…………………………………93
6 近代文学……………………………… 142
II 時代と表現 …………………………… 179
1 近代の夜明け………………………… 181
2 個の自覚……………………………… 188
3 社会意識の発展……………………… 195
*第19巻 日本文学史 あとがき……… 201
*解説(秋山虔)………………………… 203
 

第20巻 1980.7.12
 
I 明治大正文学史…………………………… 5
1 啓蒙思潮………………………………… 7
2 写実主義思潮……………………………37
3 浪漫主義思潮……………………………70
4 自然主義思潮………………………… 120
5 頽唐思潮……………………………… 167
6 理想主義思潮………………………… 212
7 理知主義思潮………………………… 250
II
1 現代小説―満洲事変まで―………… 291
2 大正文学史序説……………………… 310
*第20巻 明治大正文学史 あとがき… 321
*解説(浅井清)………………………… 323
 

第21巻 1980.3.12
 
I 現代日本文学史…………………………… 9
近代文学史の時期区分……………………11
1 第1期 ……………………………………14
1 文明開化と啓蒙思想…………………14
2 翻訳文学と政治小説…………………20
2 第2期 ……………………………………26
1 逍遥と二葉亭…………………………26
2 硯友社の運動と文学界………………30
3 浪漫主義の小説………………………41
4 浪漫主義の詩歌………………………48
3 第3期 ……………………………………58
1 自然主義文学運動……………………58
2 自然主義の小説………………………65
3 漱石と鴎外……………………………75
4 耽美派の文学…………………………78
5 白樺派の理想主義……………………83
6 新思潮派の文学………………………93
7 心境小説と私小説………………… 102
8 詩歌人のむれ……………………… 109
4 第4期 ………………………………… 119
1 時代概観…………………………… 119
2 左翼文学…………………………… 122
3 新感覚派からモダニズムへ……… 129
4 芸術派の新作家群………………… 134
5 大家群の活動と非マルクシズムの評論…… 138
6 昭和文学の転換…………………… 144
7 戯曲………………………………… 153
8 詩歌………………………………… 156
5 第5期 ………………………………… 165
1 敗戦直後の状況…………………… 165
2 戦後文学の三潮流―民主主義文学と既成作家のむれ…… 171
3 「戦後文学派」の特色…………… 176
4 その他の戦後文学作家群と問題意識の衰弱…… 184
5 演劇………………………………… 187
6 詩歌………………………………… 188
II 近代日本文学入門 …………………… 193
1 近代文学の性格……………………… 196
1 近代文学の基盤…………………… 196
2 近代社会と文学…………………… 203
3 日本近代文学の展望……………… 219
4 古典文学との関係………………… 235
2 近代文学表現の歴史………………… 254
1 言文一致体の創始………………… 254
2 浪漫的表現………………………… 260
3 レアリスムの表現………………… 269
4 近代的表現の完成………………… 274
5 調和の破壊と新表現の追求……… 283
6 第二次大戦後……………………… 298
*第21巻 現代日本文学史 あとがき… 303
*解説(池内輝雄)……………………… 305
 

第22巻 1981.9.12
 
I 翻訳論……………………………………… 7
1 フランス語訳の「源氏物語」………… 9
2 源氏物語の解釈と評論―諸家の研究に対する随想―……13
3 「雪国」の翻訳―川端康成の文体―…28
4 誤訳、改訳あれこれ……………………56
II 比較文学研究 ……………………………63
1 世界における日本文学…………………65
1 八世紀末までの文化交流……………65
2 九~十五世紀の日本文学と外来文化……69
3 十六世紀日本と南蛮文明……………73
4 十七~十九世紀の日本文学とその環境……79
5 十九世紀後半以後の日本文学―西欧文学との交渉―……82
2 日本における比較文学研究の現状……90
3 ルソーと日本の近代文学…………… 108
4 「レ・ミゼラブル」と日本文学…… 119
5 明治大正の訳詩……………………… 124
1 西詩翻訳の濫觴…………………… 124
2 讃美歌の翻訳……………………… 130
3 『新体詩抄』……………………… 134
4 『於母影』………………………… 142
5 明治中期の訳詩集………………… 147
6 『海潮音』………………………… 152
7 明治末期の訳詩集………………… 159
8 『珊瑚集』………………………… 164
9 『リラの花』……………………… 168
10 『沙羅の木』 …………………… 171
11 『牧羊神』と上田敏の訳業 …… 173
12 『白孔雀』と『明るい時』 …… 179
13 『月下の一群』 ………………… 184
6 訳詩…………………………………… 193
1 ミニヨンゲーテ(於母影〔訳〕)…… 193
2 落葉ヴェルレーヌ,上田敏〔訳〕…… 197
3 山のあなたカール・ブッセ,上田敏〔訳〕…… 205
4 春の朝ブラウニング,上田敏〔訳〕…… 207
5 信天翁ボードレール,上田敏〔訳〕…… 210
6 無題ヴェルレーヌ,永井荷風〔訳〕…… 216
7 「新現実派」をめぐる問題―外国文学との関係について―…… 222
III 補論…………………………………… 237
1 F.I.L.L.M.(近代語学及び文学の国際連合)大会に出席して…… 239
*第22巻 日本文学の世界性 あとがき…… 251
*解説―現在の中の過去(武田勝彦)… 253
 

第23巻 1981.6.12
 
I 近代における古典の連続と断絶………… 7
1 本書の意図と構成……………………… 9
2 明治文学と古典…………………………24
3 自然主義と古典との断絶………………47
4 昭和文学と古典の新生…………………73
II 現代作家と古典 …………………………81
1 永井荷風と人情本………………………83
2 谷崎潤一郎と源氏物語―「細雪」を中心に―…… 112
3 芥川龍之介と今昔物語―「薮の中」を中心に―…… 127
4 室生犀星と王朝物語………………… 151
5 堀辰雄と王朝女流日記……………… 178
6 佐藤春夫と隠者文学………………… 200
7 川端康成と中世の幽玄……………… 229
8 三島由紀夫と中世能楽……………… 249
9 太宰治とお伽草子…………………… 265
10 織田作之助と西鶴 ………………… 282
11 石川淳と天明狂歌 ………………… 293
12 円地文子と上田秋成 ……………… 311
13 井伏鱒二と漂流記物 ……………… 330
*第23巻 現代文学と古典 あとがき… 353
*解説(吉田 生)……………………… 355
 

第24巻 1980.2.12
 
I 文学概論…………………………………… 5
1 詩………………………………………… 7
2 小説………………………………………61
3 戯曲…………………………………… 117
4 評論…………………………………… 139
5 文学の本質…………………………… 161
*第24巻 文学概論 あとがき………… 203
*解説(井上百合子)…………………… 204
 

第25巻 1980.11.12
 
I 随筆の世界………………………………… 5
1 随筆の読み方―随筆の本質―………… 7
2 随筆の書き方………………………… 134
3 近代の書簡文学……………………… 187
補遺 「いろごのみ」と「すきもの」…… 231
*第25巻 随筆の世界 あとがき……… 240
*解説(みなもとごろう)……………… 241
 

別巻1 1981.11.12
 
I
卒業論文傑作集―当世大学生気質………… 9
古事記は肉体文学か…………………………19
雪子と伸子……………………………………35
昔の侠客・いまのやくざ……………………43
やくざの生態………………………………43
侠客のおこりならびに中国の侠客………45
日本の侠客と旗本やっこのこと…………47
町やっことグレン隊のこと………………51
強きを助け弱きを挫く……………………52
風流江戸小咄…………………………………55
過ぎたるは及ばざるが如し………………55
恐妻家………………………………………57
ガラマサどん………………………………58
然らば御免…………………………………59
五人組………………………………………61
堂々たる密夫………………………………63
自衛隊幹部…………………………………65
雪隠のはねよけ……………………………66
有料便所繁昌伝……………………………67
宝舟炮焙のいる神もあり…………………68
神も仏も……………………………………69
物も使いよう………………………………70
糞の目きき…………………………………71
つまらぬ遠慮………………………………73
看板に偽り…………………………………74
サービス過剰………………………………75
貝は異なもの、味なもの…………………76
三本目の足…………………………………77
昭和小咄夜の花……………………………79
ししきがんこう……………………………82
魂入りし張形の名作………………………84
美学の中心…………………………………86
利用法………………………………………88
親子どんぶり………………………………90
娘十八………………………………………92
蛇、穴に入る………………………………94
無形文化財…………………………………95
行きすぎ……………………………………96
野良出合……………………………………98
恋の名歌……………………………………99
喧嘩すぎての…………………………… 100
少ないかな腎…………………………… 102
強弱二筋道……………………………… 105
女の評判………………………………… 106
危いもの………………………………… 108
墓まいり………………………………… 109
よい女房をもてば……………………… 111
仏の好物………………………………… 112
どっちが………………………………… 114
捲かぬ時計……………………………… 116
居留守…………………………………… 117
無心……………………………………… 119
はり札…………………………………… 120
紙入……………………………………… 121
風呂桶…………………………………… 123
数とり…………………………………… 124
磁石……………………………………… 125
相見互い………………………………… 126
ねぼけ…………………………………… 127
小袖……………………………………… 128
所変れば品変る………………………… 129
蚤とりの名人…………………………… 130
草双紙…………………………………… 131
薫風……………………………………… 132
夫婦喧嘩………………………………… 133
蛇のめいわく…………………………… 134
たこやくし……………………………… 135
おならの伝……………………………… 136
おいらん………………………………… 137
ほととぎす……………………………… 138
女郎の屁………………………………… 139
II
昭和9年
散文の本質………………………………… 143
花桜折る少将について…………………… 147
昭和11年
国文学界の二傾向………………………… 155
昭和16年
国文学の方向について…………………… 163
昭和24年
近代の女性………………………………… 168
昭和28年
堀辰雄……………………………………… 170
昭和29年
茂吉の書簡など…………………………… 179
昭和30年
競走者……………………………………… 184
忘れられない文章………………………… 185
へその辺りが掻ゆくなる………………… 186
卒論に手を加えて………………………… 188
昭和31年
透谷全集について………………………… 189
蝸牛庵訪問記……………………………… 201
昭和32年
自分を書きとめておくこと……………… 206
論文の進め方まとめ方…………………… 214
天外・風葉・綺堂・青果………………… 227
昭和33年
文学と道徳………………………………… 246
川端康成論………………………………… 249
昭和34年
西の京の秋………………………………… 261
昭和35年
ヨーロッパ女性覗きある記……………… 263
昭和36年
即興詩人のあとをたずねて……………… 272
カプリの旅………………………………… 276
昭和37年
食べものと本……………………………… 280
惨禍のなかの玄米飯……………………… 283
歌と私……………………………………… 286
「うつぼ」漫感…………………………… 290
昭和38年
ぶきみなものへの追求…………………… 294
伝統の保存………………………………… 299
近代文学の成熟…………………………… 304
昭和39年
ミシガンだより…………………………… 308
アメリカ人の親切………………………… 310
名著鑑賞・源氏物語……………………… 314
「君が代」論の打ち止め論……………… 316
昭和40年
アメリカの日本料理……………………… 320
谷崎潤一郎………………………………… 322
文明開化…………………………………… 325
生誕百年を迎える人々…………………… 330
昭和42年
勝本清一郎氏の思い出…………………… 334
時枝学説をめぐって……………………… 337
昭和43年
明治百年の春……………………………… 341
久松先生と文学評論史…………………… 342
狭心症と酒………………………………… 344
文明開化…………………………………… 346
昭和45年
ハワイの島々の旅………………………… 349
些細なことの悲喜………………………… 350
昭和46年
私の卒業論文……………………………… 352
ハワイ大学と日本………………………… 356
ほんとの出合い…………………………… 357
昭和47年
前田夕暮寸感……………………………… 360
能の三名人………………………………… 362
川端康成の文体…………………………… 364
川端康成氏をしのぶ……………………… 376
源氏物語鑑賞のさまざま………………… 381
江戸語・明治語など……………………… 384
昭和48年
自由民権運動家の裏側…………………… 389
茂吉の文化勲章受賞祝賀会……………… 390
二人の釣り人……………………………… 394
昭和49年
チャタレイ裁判など……………………… 397
「新泉奇談」はなぜ 当時未発表に…… 401
窪川鶴次郎氏の印象……………………… 404
昭和50年
昔を今に…………………………………… 411
宇都野研氏の思い出……………………… 414
昭和51年
現代語訳源氏の感興……………………… 416
蜻蛉集の豪華本…………………………… 426
士三日見ずんば…………………………… 427
中島敦の思い出…………………………… 430
久松先生と近代文学研究………………… 433
詩的で 洒な鮎…………………………… 439
昭和54年
震災に伴う火事…………………………… 443
ひと、本に会う…………………………… 445
古書探しと私……………………………… 448
興趣を添える私生活の記述……………… 451
昭和55年
小説の読み方……………………………… 456
昭和56年
観能五十年………………………………… 463
旅にかぎる………………………………… 465
*半世紀の酒友・吉田精一(浜田義一郎)…… 467
 

別巻2 1981.10.12
 
I 古典文学入門……………………………… 7
序章 古典文学の表現…………………… 9
1 やまとは国のまほろば―記紀の歌謡―……26
2 篭もよみ篭もち―万葉初期―…………40
3 筑波山に登る歌―万葉後期―…………51
4 発見と創造―万葉より古今へ―………59
5 貫河―催馬楽―…………………………72
6 狩の使―『伊勢物語』―………………84
7 七月の朝―『枕草子』―………………96
8 花の宴―『源氏物語』―…………… 110
9 ほとけはつねにいませども―『梁塵秘抄』―…… 124
10 海道下り―『平家物語』― ……… 144
11 女の性は皆ひがめり―『徒然草』―…… 157
12 一期は夢よ―『閑吟集』― ……… 170
13 唐辛子の巻―芭蕉の連句― ……… 184
14 うそもただは聞かぬ宿―西鶴『胸算用』―…… 204
15 かみなりをまねて―川柳― ……… 220
16 昔自慢のうそ―三馬の滑稽本― … 234
II 絵巻・縁起の世界 …………………… 249
1 王朝の古典物語……………………… 251
2 合戦・縁起の文学…………………… 266
3 説話文学と絵巻……………………… 284
4 お伽草子……………………………… 302
*別巻2 古典文学概論 あとがき……… 309
*解説(竹西寛子)……………………… 311
[ 2011/04/07 01:40 ] 吉田精一 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール
本サイトでは管理人が趣味で作成したデータベースを公開しています。著作権等の知的財産権を侵害する意図はありません。ご要望のある方はお知らせください。速やかに対応致します。なお、データの無断複製・転載はお断りしています。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。