研究余録 ~全集目次総覧~ TOP  >  スポンサー広告 >   >  吉野弘 >  『吉野弘全詩集』

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『吉野弘全詩集』

『吉野弘全詩集』全1巻(青土社、1994)



 1994.4.10
 
消息
(何もすることがないとき)……………15
君も…………………………………………17
さよなら……………………………………19
謀叛…………………………………………23
burst ………………………………………25
亡きKに ……………………………………27
挨拶…………………………………………30
記録…………………………………………35
日々を慰安が………………………………37
滅私奉公……………………………………40
刃……………………………………………42
奈々子に……………………………………44
モノローグ…………………………………48
ひとに………………………………………51
身も心も……………………………………55
雪の日に……………………………………58
美貌と心と…………………………………61
初めての児に………………………………63
父……………………………………………65
I was born…………………………………67
冬の海………………………………………70
雲と空と……………………………………72
かたつむり…………………………………74
樹木は………………………………………77
幻・方法
I
ハミング…………………………………82
何を作った………………………………85
工場………………………………………90
幻・方法…………………………………94
幻・その恩恵……………………………97
音楽…………………………………… 103
大谷さん……………………………… 105
名付けようのない季節……………… 108
II
たそがれ……………………………… 112
山高帽………………………………… 114
星……………………………………… 115
犬とサラリーマン…………………… 117
小さな旅……………………………… 119
III
(詩集『消息』と重複のため省略)
IV
フランシス・ジャム先生…………… 126
夕焼け………………………………… 128
山が…………………………………… 132
夏の夜の子守唄……………………… 133
クリスマス・ケーキと娘…………… 136
岩が…………………………………… 138
雲について…………………………… 140
冬の陽ざしの………………………… 142
10ワットの太陽
火の子………………………………… 147
乳房に関する一章…………………… 149
お茶の水・ニコライ堂……………… 152
鎮魂歌………………………………… 154
風が吹くと…………………………… 156
素直な疑問符………………………… 158
六月…………………………………… 160
顔……………………………………… 162
モンスーン域の……………………… 164
仕事…………………………………… 165
ハンタア……………………………… 168
命名…………………………………… 170
離婚式に出会う……………………… 173
研究される…………………………… 177
アジア・アフリカ…………………… 180
比喩の太陽…………………………… 182
ヒューマン・スペース論…………… 186
歌……………………………………… 190
「10ワットの太陽」あとがき……… 193
感傷旅行
1
第二の絆
第二の絆…………………………… 200
新種硝子…………………………… 202
修辞的鋳掛屋……………………… 205
伝道………………………………… 208
たまねぎ…………………………… 211
顔…………………………………… 213
香水―グッド・ラック
香水………………………………… 216
エド&ユキコ……………………… 220
あゝ個人…………………………… 227
黒い鞄……………………………… 230
鮃と鰈……………………………… 232
つきあい…………………………… 235
地下帝国のバラード
地下帝国のバラード……………… 238
通勤………………………………… 239
四月………………………………… 242
吹けば飛ぶような………………… 244
城…………………………………… 246
実業………………………………… 248
眼・空・恋
眼・空・恋………………………… 254
妻に………………………………… 256
或る朝の…………………………… 258
2

三月………………………………… 264
早春のバスの中で………………… 266
みずすましI ……………………… 268
みずすましII……………………… 270
沈丁華……………………………… 273
遊び………………………………… 275
一年生……………………………… 278
一番高いところから……………… 281
真昼の星…………………………… 282

海…………………………………… 286
鎮魂歌……………………………… 288
湖…………………………………… 290
湖は………………………………… 292
避雷針……………………………… 294
日本の六月………………………… 296
釣り………………………………… 297
六月………………………………… 299
物理の夏…………………………… 301
熟れる一日………………………… 303

ざくろ……………………………… 306
つるばら…………………………… 308
石仏………………………………… 311
曼珠沙華…………………………… 313
六体の石の御仏…………………… 314
愛そして風………………………… 316
種子について……………………… 318

初冬懐卵…………………………… 322
今昔感傷…………………………… 324
雪の日に…………………………… 326
飛翔………………………………… 329
雪のように………………………… 331
室内………………………………… 333
二月三十日の詩…………………… 335
死季
新しい旅立ちの日………………… 340
「感傷旅行」挨拶ふうなあとがき…… 343
北入曽(きたいりそ)
I
韓国語で……………………………… 350
漢字喜遊曲…………………………… 353
過……………………………………… 356
SCANDAL ……………………………… 357
争う…………………………………… 359
「目」の見方………………………… 361
II
生命は………………………………… 364
茶の花おぼえがき…………………… 367
III
病院の庭の芝生を…………………… 376
台風…………………………………… 378
虹の足………………………………… 381
閉じた海……………………………… 383
IV
秋の傷………………………………… 386
鏡による相聞歌……………………… 388
阿蘇…………………………………… 390
カンナ………………………………… 392
ほぐす………………………………… 395
V
雪国抒情……………………………… 400
氷の壁で……………………………… 402
二月の小舟…………………………… 404
小さな出来事………………………… 405
忘れられて…………………………… 407
父と子………………………………… 409
自分自身に…………………………… 412
樹……………………………………… 413
VI
豊かに………………………………… 416
オネスト・ジョン…………………… 422
挿話…………………………………… 425
「北入曽」あとがきに代えて……… 428
風が吹くと
(みんな)……………………………… 432
譲る……………………………………… 433
生命(いのち)は……………………… 435
魚を釣りながら思ったこと…………… 437
歩く……………………………………… 439
船は魚になりたがる…………………… 441
母・舟・雨……………………………… 443
滝………………………………………… 445
豹変……………………………………… 447
運動会…………………………………… 448
立ち話…………………………………… 450
祝婚歌…………………………………… 452
ウエストを……………………………… 455
「風が吹くと」あとがき……………… 457
叙景
I
叙景…………………………………… 462
夥しい数の…………………………… 465
林中叙景……………………………… 467
ほそい梢……………………………… 469
木が風に……………………………… 471
II
母……………………………………… 474
一枚の絵……………………………… 476
創世紀………………………………… 479
白い表紙……………………………… 482
初節供………………………………… 485
銀杏…………………………………… 487
III
漢字喜遊曲…………………………… 490
蟹の話………………………………… 492
脚……………………………………… 493
日向で………………………………… 496
時計…………………………………… 498
カヌー………………………………… 500
海に…………………………………… 502
IV
名前…………………………………… 506
夜遅く………………………………… 509
十三日の金曜日……………………… 513
声の大人たち………………………… 516
「叙景」あとがき…………………… 519
陽を浴びて
I
陽を浴びて…………………………… 524
夕方かけて…………………………… 527
一夜…………………………………… 529
円覚寺………………………………… 531
II
乗換駅のホームで…………………… 536
或る声・或る音……………………… 539
III
樹木…………………………………… 544
或る位置……………………………… 546
四つ葉のクローバー………………… 549
花は開いて咲く……………………… 551
IV
過ぎ去ってしまってからでないと… 554
多摩…………………………………… 558
V
漢字喜遊曲・亥(い)短調………… 562
漢字喜遊曲―王と正と武…………… 564
漢字喜遊曲ほか……………………… 567
変「お」蝶々………………………… 571
飛騨の里で…………………………… 573
VI
池の平………………………………… 576
列車が………………………………… 578
一枚の写真…………………………… 580
車窓から……………………………… 582
緑濃い峠の…………………………… 583
ある高さ……………………………… 586
秋の…………………………………… 588
紅葉…………………………………… 590
果実…………………………………… 592
草……………………………………… 593
北象(ほくしょう)………………… 595
スキンシップ………………………… 599
VII
スケッチ……………………………… 602
「陽を浴びて」あとがき…………… 604
北象
落葉林…………………………………… 607
霧………………………………………… 609
自然渋滞
I
少し前まで…………………………… 614
風流譚………………………………… 616
竹……………………………………… 617
鴨……………………………………… 618
歌の名勝で…………………………… 620
空の色が……………………………… 622
水着姿のギャルが写真の中から話しかけてきた…… 624
戯歌(ざれうた)四つ……………… 627
紹介…………………………………… 630
お神輿うた…………………………… 632
酒痴…………………………………… 634
歳時記………………………………… 637
雨飾山(あまかざりやま)………… 639
短日…………………………………… 641
白鳥…………………………………… 643
つくし………………………………… 644
自然渋滞……………………………… 646
II
畢と黙と表裏………………………… 650
蟹と主婦……………………………… 652
「止」戯歌(ざれうた)…………… 654
「馬」ほか四篇……………………… 656
「省」ほか一篇……………………… 659
怏と快………………………………… 662
風の中に……………………………… 664
「芸」「褻(せつ)」考…………… 667
(覆された宝石)考………………… 672
「うみ」「すな」考………………… 677
貝のヒント…………………………… 681
III
冷蔵庫に……………………………… 688
Candle's Scandal…………………… 691
モジリアニの眼……………………… 693
人間の言葉を借りて………………… 696
明るい方へ…………………………… 701
劇……………………………………… 703
夢街道………………………………… 707
夢の周辺……………………………… 712
最も鈍い者が………………………… 715
「自然渋滞」あとがき……………… 717
夢焼け
I
元日の夕日に………………………… 722
杏の里から…………………………… 724
湖上…………………………………… 726
俄俳句教室…………………………… 729
秋景…………………………………… 731
紅葉(もみぢ)(黄葉)清談……… 733
冬の鳩に……………………………… 735
氷よ―氷……………………………… 737
II
夢焼け………………………………… 742
テレビ二題…………………………… 745
某日…………………………………… 751
好餌…………………………………… 754
食口…………………………………… 758
少年少女たち………………………… 761
人形譚………………………………… 766
漢字喜遊病・症例報告(一)……… 769
漢字喜遊病・症例報告(二)……… 771
漢字喜遊病・症例報告(三)……… 773
III
富士…………………………………… 776
妻籠・馬籠・木曽…………………… 778
涸沢(からさわ)…………………… 780
菅公は超多忙………………………… 783
今昔…………………………………… 785
鳴門見物心得………………………… 787
厳島神社に詣でる…………………… 789
IV
ぬけぬけと自分を励ますまじめ歌… 792
春夏秋冬夢うつつ…………………… 794
「夢焼け」あとがき………………… 801
歌詞一覧
酒田市立琢成小学校校歌……………… 807
習志野市立第五中学校校歌…………… 809
酒田市立泉小学校校歌………………… 811
埼玉県立所沢中央高等学校校歌……… 813
新潟県亀田町立亀田西中学校校歌…… 815
秋田市立御野場中学校校歌…………… 817
埼玉県狭山市立入間野中学校校歌…… 819
山形県遊佐町立遊佐中学校校歌……… 821
山形県立上山明新館高等学校校歌…… 823
社歌―山友産業株式会社……………… 825
大沼労働組合結成20周年記念ユニオンソング…… 827
豊岡市立豊岡めぐみ幼稚園園歌……… 832
合唱組曲『心の四季』………………… 836
合唱組曲『風光歌』…………………… 848
合唱組曲『樹木抒情』………………… 857
合唱曲『走る海』……………………… 864
第四十七回国民体育大会賛歌(合唱曲)…… 868
収録詩集覚えがき
『消息』覚えがき……………………… 875
『幻・方法』覚えがき………………… 880
『10ワットの太陽』覚えがき………… 883
『感傷旅行』覚えがき………………… 884
豆本詩集『虹の足』覚えがき………… 887
『北入曽』覚えがき…………………… 888
『風が吹くと』覚えがき……………… 890
『叙景』覚えがき……………………… 892
『陽を浴びて』覚えがき……………… 894
『北象』覚えがき……………………… 896
『自然渋滞』覚えがき………………… 897
選詩集『贈るうた』覚えがき………… 899
『夢焼け』覚えがき…………………… 901
*著作年譜………………………………… 905
*著書一覧………………………………… 949
*付記……………………………………… 953
*あとがき………………………………… 955
[ 2011/04/07 01:42 ] 吉野弘 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール
本サイトでは管理人が趣味で作成したデータベースを公開しています。著作権等の知的財産権を侵害する意図はありません。ご要望のある方はお知らせください。速やかに対応致します。なお、データの無断複製・転載はお断りしています。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。