研究余録 ~全集目次総覧~ TOP  >  スポンサー広告 >   >  吉本隆明 >  『吉本隆明全集撰』全7巻・別巻1巻

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『吉本隆明全集撰』全7巻・別巻1巻

『吉本隆明全集撰』全7巻・別巻1巻(大和書房、1986.9~1988.4)
*第2巻・別巻は刊行中止



第1巻 全詩撰 1986.9.30
 
I 初期…………………………………………11
巡礼歌………………………………………13
老工夫………………………………………17
童子像………………………………………19
夜番…………………………………………20
劇場…………………………………………21
エリアンの手記と詩………………………22
かなしきいこひに…………………………61
哀歌…………………………………………67
(海の風に)………………………………68
挽歌……………………………………… 103
冬の夜…………………………………… 106
風の地…………………………………… 108
地の夕映え……………………………… 110
春の労働………………………………… 112
少女……………………………………… 113
青い並木の列にそひて………………… 114
夕の死者………………………………… 117
暁の死者………………………………… 119
緑の聖餐………………………………… 122
風過……………………………………… 124
<ひとつの季節>……………………… 126
<祈りは今日もひくい>……………… 131
<秋風はどこから>…………………… 133
<壁画のやうな詩>…………………… 135
<来歴>………………………………… 137
<崩壊期>……………………………… 139
<反抗期>……………………………… 141
<寂しい転変>………………………… 143
<聖ニコライ堂附近で>……………… 145
<貧乏なY家の三男がうたふ歌> …… 147
<時がわたしに告げた歌>…………… 150
<長雨期>……………………………… 153
<重たい鳥の歌>……………………… 155
<星をあつめる歌>…………………… 157
<夜の広場>…………………………… 159
<遺志のない遺言歌の一節>………… 162
<無心の歌>…………………………… 164
<燃える季節>………………………… 166
<また其処に夜がきたとき>………… 169
<地の繋約>…………………………… 172
<祝祷>………………………………… 175
<砂漠>………………………………… 178
<向うから来た秋のために>………… 181
II 固有時との対話 ……………………… 183
固有時との対話………………………… 185
III 転位のための十篇…………………… 217
火の秋の物語…………………………… 219
分裂病者………………………………… 222
黙契……………………………………… 225
絶望から苛酷へ………………………… 229
その秋のために………………………… 232
ちひさな群への挨拶…………………… 236
廃人の歌………………………………… 240
死者へ瀕死者から……………………… 241
一九五二年五月の悲歌………………… 245
審判……………………………………… 251
IV 〔定本詩集(IV,V)+新詩集〕 …… 259
ぼくが罪を忘れないうちに…………… 261
涙が涸れる……………………………… 264
抗訴……………………………………… 267
少年期…………………………………… 269
きみの影を救うために………………… 271
異数の世界へおりてゆく……………… 274
挽歌……………………………………… 277
少女……………………………………… 280
悲歌……………………………………… 283
反祈祷歌………………………………… 288
戦いの手記……………………………… 294
明日になつたら………………………… 298
日没……………………………………… 301
贋アヴアンギヤルド…………………… 306
恋唄……………………………………… 308
恋唄……………………………………… 311
二月革命………………………………… 313
首都へ…………………………………… 315
恋唄……………………………………… 319
<韋駄天>……………………………… 322
<亡命>………………………………… 324
<運河のうへの太陽の歌>…………… 327
時のなかの死…………………………… 329
孤独の幼女……………………………… 341
死者の埋められた砦…………………… 345
1 勝者のないたたかいは…………… 345
2 疲労病……………………………… 347
3 遠い声……………………………… 349
佃渡しで………………………………… 351
この執着はなぜ………………………… 355
告知する歌……………………………… 359
<演技者の夕暮れ>に………………… 375
<おまえが墳丘にのぼれば>………… 379
<農夫ミラーが云つた>……………… 382
<五月の空に>………………………… 387
<たぶん死が訪れる>………………… 390
帰つてこない夏………………………… 393
ある鎮魂………………………………… 397
星の駅で………………………………… 400
V 新詩集以後……………………………… 403
太陽と死とは…………………………… 405
詩人論…………………………………… 410
The rain comes……………………… 410
ある註解……………………………… 414
追跡…………………………………… 419
飢え…………………………………… 422
瞬時……………………………………… 425
私の暗喩………………………………… 428
鳥をめぐる挿話………………………… 436
韻の少年………………………………… 442
小虫譜…………………………………… 449
渚からの手紙…………………………… 454
これに似た日…………………………… 459
渇いたのどへ…………………………… 466
抽象的な街で…………………………… 469
古くからの旅籠………………………… 474
海に流した自伝………………………… 479
木の根に帰る司祭……………………… 484
鳥の話…………………………………… 490
水の死…………………………………… 494
魚の木…………………………………… 498
本草譚…………………………………… 503
葉の声…………………………………… 507
字画の挿話……………………………… 510
掌の旅(異稿)………………………… 514
「祖母」という樹……………………… 517
祖母の影絵……………………………… 520
字の告白………………………………… 523
余談……………………………………… 526
声の葉…………………………………… 529
深さとして 風のいろとして………… 532
活字のある光景………………………… 535
活字都市………………………………… 539
VI 「記号の森の伝説歌」より ………… 543
演歌……………………………………… 545
*解題(川上春雄)……………………… 561
 


第3巻 政治思想 1986.12.10
 
I
転向論………………………………………… 9
アクシスの問題………………………………35
II
戦後世代の政治思想…………………………53
擬制の終焉……………………………………74
模写と鏡―ある中ソ論争論……………… 101
戦後思想の価値転換とは何か―心情的党派主義の終焉のために…… 126
日本のナショナリズム…………………… 150
自立の思想的拠点………………………… 212
思想的弁護論―六・一五事件公判について…… 252
III
収拾の論理………………………………… 299
機能的論理の彼岸………………………… 318
修景の論理………………………………… 334
芸能の論理………………………………… 351
IV
「反核」運動の思想批判………………… 373
「反核」運動の思想批判 番外………… 400
ポーランドへの寄与―レーニン以後はじめての社会主義構想…… 409
V
埴谷雄高…………………………………… 437
1 埴谷雄高論…………………………… 437
2 永久革命者とは何か………………… 461
3 持続された思惟……………………… 476
政治なんてものはない―埴谷雄高への返信…… 499
重層的な非決定―埴谷雄高の「苦言」への批判…… 537
VI
文学者と戦争責任について……………… 569
「アンチ・オイディプス」論―ジル・ドゥルーズ,フェリックス・ガタリ批判 …… 585
権力について―ある孤独な反綱領……… 607
*解題(川上春雄)……………………… 625
 


第4巻 思想家 1987.6.10
 
柳田国男論…………………………………… 7
体液の論理―序にかえて………………… 9
第I部 縦断する「白」 …………………32
1 海の流線の方位………………………32
2 「白」の神の担い手…………………54
3 「白」という言葉をめぐって………68
第II部 動機・法社会・農………………84
1 動機の鏡………………………………84
2 動機の濃淡……………………………99
3 動機の根拠………………………… 112
4 舞台の意味………………………… 117
5 農…………………………………… 127
第III部 旅人・巡回・遊行 ………… 157
1 旅人とはなにか(1) …………… 157
2 旅人とはなにか(2) …………… 170
3 巡回と遊行(1) ………………… 182
4 巡回と遊行(2) ………………… 195
丸山真男論………………………………… 203
カール・マルクス………………………… 283
第一部 マルクス紀行………………… 285
第二部 マルクス伝…………………… 329
マルクス年譜ノート…………………… 407
*「全集撰」第4巻のためのあとがき … 417
*解題(川上春雄)……………………… 419
 


第5巻 宗教 1987.12.10
 
I
マチウ書試論―反逆の倫理………………… 9
喩としてのマルコ伝…………………………81
II
最後の親鸞………………………………… 163
和讃―親鸞和讃の特異性………………… 198
ある親鸞…………………………………… 226
親鸞伝説…………………………………… 244
教理上の親鸞……………………………… 261
親鸞論註…………………………………… 308
親鸞における言葉………………………… 361
III
天皇および天皇制について……………… 389
南島論―家族・親族・国家の論理……… 433
共同体の起源についての註……………… 491
*「全集撰」第5巻のためのあとがき … 517
*解題(川上春雄)……………………… 519
 


第6巻 古典 1987.10.10
 
西行論………………………………………… 7
I 僧形論…………………………………… 9
II 武門論 …………………………………75
III 歌人論……………………………… 120
1 劇(I) ……………………………… 120
2 劇(II)……………………………… 136
3 「心」と「世」……………………… 164
4 「花」と「月」……………………… 202
源実朝……………………………………… 237
I 実朝的なもの………………………… 239
II 制度としての実朝 ………………… 261
III 頼家という鏡……………………… 280
IV 祭祀の長者 ………………………… 296
V 実朝の不可解さ……………………… 312
VI 実朝伝説 …………………………… 327
VII 実朝における古歌………………… 362
VIII <古今的>なもの ……………… 384
IX 「古今集」以後 …………………… 403
X <新古今的>なもの………………… 417
XI <事実>の思想 …………………… 433
実朝年譜………………………………… 459
参考文献………………………………… 466
良寛論……………………………………… 471
I 思想詩………………………………… 473
II 僧侶 ………………………………… 507
III 隠者………………………………… 537
1 自然のなかの自然………………… 537
2 自然のなかの生活………………… 548
3 自然のなかの倫理………………… 561
4 自然のなかの宗教………………… 572
5 書の自然性としての良寛………… 579
註記……………………………………… 592
*「全集撰」第6巻のためのあとがき … 595
*解題(川上春雄)……………………… 597
 


第7巻 イメージ論 1988.4.10
 
ハイ・イメージ論…………………………… 7
映像の終りについて……………………… 9
ファッション論……………………………35
像としての文学I …………………………66
像としての文学II…………………………81
映像都市論…………………………………99
多空間論………………………………… 127
地図論…………………………………… 142
人工都市論……………………………… 173
像としての音階I ……………………… 197
像としての音階II……………………… 210
マス・イメージ論………………………… 239
変成論…………………………………… 241
停滞論…………………………………… 267
推理論…………………………………… 286
世界論…………………………………… 307
差異論…………………………………… 328
縮合論…………………………………… 352
解体論…………………………………… 373
喩法論…………………………………… 392
詩語論…………………………………… 420
地勢論…………………………………… 437
画像論…………………………………… 459
語相論…………………………………… 482
あとがき………………………………… 506
*「全集撰」第7巻のためのあとがき … 509
*解題(川上春雄)……………………… 513
[ 2011/04/07 01:43 ] 吉本隆明 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール
本サイトでは管理人が趣味で作成したデータベースを公開しています。著作権等の知的財産権を侵害する意図はありません。ご要望のある方はお知らせください。速やかに対応致します。なお、データの無断複製・転載はお断りしています。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。