研究余録 ~全集目次総覧~ TOP  >  スポンサー広告 >   >  吉本隆明 >  『吉本隆明全著作集』全15巻

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『吉本隆明全著作集』全15巻

『吉本隆明全著作集』全15巻(勁草書房、1968.10~1975.12)



第1巻 定本詩集 1968.12.20
 
I
異神…………………………………………… 4
エリアンの手記と詩………………………… 8
(海の風に)…………………………………38
青い並木の列にそひて………………………66
夕の死者………………………………………68
暁の死者………………………………………70
エリアンの詩…………………………………73
緑の聖餐………………………………………81
一九四九年冬…………………………………83
地底の夜の歌…………………………………88
〈手形〉………………………………………90
II
固有時との対話………………………………94
III
転位のための十篇………………………… 123
火の秋の物語…………………………… 125
分裂病者………………………………… 128
黙契……………………………………… 131
絶望から苛酷へ………………………… 135
その秋のために………………………… 138
ちひさな群への挨拶…………………… 141
廃人の歌………………………………… 145
死者へ瀕死者から……………………… 147
一九五二年五月の悲歌………………… 150
審判……………………………………… 155
IV
蹉跌の季節………………………………… 162
昏い冬……………………………………… 165
ぼくが罪を忘れないうちに……………… 167
涙が涸れる………………………………… 170
抗訴………………………………………… 172
破滅的な時代へ与へる歌………………… 174
少年期……………………………………… 179
きみの影を救うために…………………… 181
異数の世界へおりてゆく………………… 183
挽歌………………………………………… 186
少女………………………………………… 189
悲歌………………………………………… 191
反祈祷歌…………………………………… 195
戦いの手記………………………………… 200
明日になつたら…………………………… 203
日没………………………………………… 206
崩壊と再生………………………………… 210
贋アヴアンギヤルド……………………… 212
恋唄………………………………………… 214
恋唄………………………………………… 216
二月革命…………………………………… 218
首都へ……………………………………… 220
恋唄………………………………………… 224
V
死の国の世代へ…………………………… 228
時のなかの死……………………………… 230
孤独の幼女………………………………… 240
死者の埋められた砦……………………… 243
佃渡しで…………………………………… 248
〈沈黙のための言葉〉…………………… 251
〈信頼〉…………………………………… 254
〈われわれはいま――〉………………… 257
この執着はなぜ…………………………… 260
告知する歌………………………………… 263
*解題(川上春雄)……………………… 277
 

第2巻 初期詩篇 1 1968.10.20
 
呼子と北風…………………………………… 3
北風………………………………………… 4
呼子………………………………………… 4
岡本かの子へ(りんね)………………… 6
フランス語回顧…………………………… 8
山の挿話……………………………………10
詩稿IV…………………………………………11
大樹…………………………………………12
老工夫………………………………………12
旅唱…………………………………………13
童子像………………………………………14
童子像………………………………………14
夜番…………………………………………16
麦熟期………………………………………17
夜番…………………………………………18
夜番…………………………………………18
夜番…………………………………………19
永訣…………………………………………20
赤い合羽……………………………………20
降誕…………………………………………21
夜番…………………………………………21
夜番…………………………………………22
幼年…………………………………………23
劇場…………………………………………24
黄樹…………………………………………24
レモン………………………………………25
恋譜連抄……………………………………25
風……………………………………………26
走れわが馬…………………………………26
旅……………………………………………27
虚空…………………………………………28
かなしきいこひに……………………………29
かなしきいこひに…………………………30
またのいこひに……………………………34
晩秋…………………………………………36
哀歌…………………………………………36
秋……………………………………………37
卑心…………………………………………37
河原…………………………………………38
夢……………………………………………39
苦行…………………………………………41
寂しき日に…………………………………42
高地…………………………………………42
吹く風の秋のごとくに……………………43
石碑…………………………………………44
人間…………………………………………44
告別…………………………………………45
氷雨幻想……………………………………45
風雅…………………………………………46
在家…………………………………………46
宗祖…………………………………………47
ぼんやりと…………………………………47
黄昏に………………………………………49
白日の旅から…………………………………51
白日の旅から………………………………52
(にぶい陽の耀きが洩れて)……………53
詩稿X …………………………………………55
挽歌…………………………………………56
挽歌…………………………………………58
優しき祈り…………………………………58
過去…………………………………………60
暗い樹々……………………………………61
陰地…………………………………………61
風の決定……………………………………62
冬の夜………………………………………64
風の地………………………………………65
檜原峠………………………………………66
冬のなかの春………………………………67
地の夕映え…………………………………69
地獄…………………………………………70
天の雁………………………………………71
病獣…………………………………………72
奥羽街道の幻想……………………………73
春の労働……………………………………75
曠野…………………………………………76
孤独な風の貌など…………………………77
遠いメルヘン………………………………78
習作…………………………………………78
静かな日かげ………………………………79
貪婪なる樹々………………………………80
ニツケルの幻想……………………………81
不眠の労働…………………………………82
レオナルドの歌……………………………82
挽歌…………………………………………83
提琴…………………………………………84
褐色の樹々…………………………………85
岸壁…………………………………………86
飢雁…………………………………………88
二月の挽歌…………………………………88
緑の慕情……………………………………89
夕霧…………………………………………90
古式の恋慕…………………………………90
夕映えの様式………………………………91
雪映え………………………………………91
暁の卑屈……………………………………92
華幻…………………………………………93
打鐘の時……………………………………94
芥河…………………………………………95
回帰の幻想…………………………………96
林間の春……………………………………97
日々の偏奇…………………………………98
少年期………………………………………98
青桐……………………………………… 100
荒天……………………………………… 101
雪崩……………………………………… 102
道心……………………………………… 103
冬の炎…………………………………… 104
告訣……………………………………… 104
時計……………………………………… 104
不遇の使節……………………………… 105
雨烟のなかにて………………………… 106
習作……………………………………… 107
エピキユルの園………………………… 108
放浪……………………………………… 108
反徒の学校……………………………… 109
習作……………………………………… 109
習作……………………………………… 110
緋の夕映え……………………………… 110
地主……………………………………… 111
X嬢に …………………………………… 112
暗像……………………………………… 113
呼び子…………………………………… 114
絵画館…………………………………… 115
祈り……………………………………… 116
峠………………………………………… 117
梅花……………………………………… 118
冷たい曇り日の陰……………………… 118
反響……………………………………… 119
沈丁花の幻想…………………………… 120
花の色…………………………………… 121
告訣……………………………………… 122
また少女に……………………………… 123
さすらひ………………………………… 125
(遥かなる雲にありても)…………… 126
歩行者…………………………………… 127
遅雪……………………………………… 127
島影……………………………………… 129
春の枯樹………………………………… 131
春の炎…………………………………… 131
銀の樹木………………………………… 131
魚紋……………………………………… 133
氷のうへ………………………………… 134
影との対話……………………………… 135
雀………………………………………… 136
祷歌……………………………………… 136
習作……………………………………… 137
梨原……………………………………… 137
少女……………………………………… 138
寂しい化粧……………………………… 139
神よ……………………………………… 139
悔悟……………………………………… 140
願ひ……………………………………… 140
反吐……………………………………… 141
(いつまでも消えなかつた)………… 141
渦動……………………………………… 142
(苦しい夜がある)…………………… 142
訣別……………………………………… 143
(苦しくても己れの歌を唱へ)……… 144
薄明……………………………………… 145
春の内部………………………………… 146
(とほい昔のひとが住んでゐる)…… 147
残照篇……………………………………… 149
善………………………………………… 150
革まる季節……………………………… 150
午前……………………………………… 152
理神の独白……………………………… 153
通信……………………………………… 154
回帰……………………………………… 156
残照……………………………………… 157
悪の童話………………………………… 158
列島の民のための歌…………………… 159
重工業…………………………………… 160
暁………………………………………… 161
堀割……………………………………… 163
昔の歌…………………………………… 164
出発……………………………………… 166
触手……………………………………… 168
夜の国…………………………………… 169
日の終末………………………………… 171
長駆……………………………………… 173
前夜……………………………………… 174
夢………………………………………… 175
凱歌……………………………………… 177
雨期……………………………………… 179
眼の夏の時……………………………… 180
街………………………………………… 181
傷手……………………………………… 183
地の果て………………………………… 186
忍辱……………………………………… 187
日時計篇(上)…………………………… 191
〈日時計〉……………………………… 192
〈時間の頌〉…………………………… 193
〈歌曲詩習作稿〉……………………… 194
〈暗い時圏〉…………………………… 195
秋の狂乱………………………………… 197
〈虫譜〉………………………………… 198
〈暗い日に充ちた〉…………………… 199
詩への贈答……………………………… 201
暗鬱と季節……………………………… 202
睡りの造型……………………………… 204
〈暗い招き〉…………………………… 206
季節……………………………………… 207
泡立ち…………………………………… 209
〈亡失風景〉…………………………… 210
秋の深い底の歌………………………… 212
〈日本の空の下には〉………………… 213
秋の予感………………………………… 215
〈わたしのこころは秋を感じた〉…… 216
〈倦怠〉………………………………… 218
〈風の雅歌〉…………………………… 220
〈海べの街の記憶〉…………………… 221
〈青の季節〉…………………………… 223
〈老いたる予感〉……………………… 224
路上……………………………………… 225
〈思ひ出と赤い日〉…………………… 226
風過……………………………………… 228
秋の残像………………………………… 229
〈韻のない独奏曲〉…………………… 230
〈緑から黄にかけての叙情〉………… 232
〈辛い風景〉…………………………… 233
〈亡失〉………………………………… 234
〈少女にまつはること〉……………… 236
〈光のうちとそとの歌〉……………… 237
〈並んでゆく蹄の音のやうに〉……… 239
〈骨と魂とがゆきつく果て〉………… 240
影のうちに在るものの歌……………… 242
〈空洞〉………………………………… 243
〈雲のなかの氷塊〉…………………… 245
〈ひとつの季節〉……………………… 246
〈祈りは今日もひくい〉……………… 250
〈秋のアリア〉………………………… 251
〈孤独といふこと〉…………………… 252
〈木の実座遺聞〉……………………… 253
〈寂しい路〉…………………………… 255
〈秋風はどこから〉…………………… 256
〈過去と現在の歌〉…………………… 257
〈晩祷の歌〉…………………………… 258
〈一九五〇年秋〉……………………… 260
〈規劃された時のなかで〉…………… 261
〈風と光と影の歌〉…………………… 263
〈寂かな光の集積層で〉……………… 264
〈駈けてゆく炎の歌〉………………… 266
〈さいの河原〉………………………… 267
〈罪びとの歌〉………………………… 268
〈意匠の影のしたに〉………………… 270
〈抽象せられた史劇の序歌〉………… 271
〈晨の歌〉……………………………… 273
〈風の明りの歌〉……………………… 274
〈ゆふぐれといつしよに唱ふ歌〉…… 275
〈曲り路〉……………………………… 276
〈虔ましい時〉………………………… 277
〈秋雷の夜の歌〉……………………… 278
〈夜の歌〉……………………………… 279
〈夕はいつまでも在つた〉…………… 281
〈黄いろい河水に沿つて〉…………… 282
〈鳥獣の歌〉…………………………… 283
〈緑色のある暮景〉…………………… 285
〈風の離別の歌〉……………………… 286
〈晩秋の歌〉…………………………… 287
〈幸せの歌〉…………………………… 288
〈黙示〉………………………………… 289
〈擬牧歌〉……………………………… 290
〈至近の時のもとに〉………………… 292
〈荒天〉………………………………… 293
〈戸外からの光の歌〉………………… 294
〈独白〉………………………………… 295
〈海の子たちの歌〉…………………… 296
〈褐色をした落葉の記〉……………… 298
〈わたしたちのうへに夜がきたときの歌〉…… 299
〈暗鬱なる季節〉……………………… 300
〈仮定された船歌〉…………………… 301
〈誘惑者〉……………………………… 302
〈寂かな歩みの歌〉…………………… 304
〈行手の歌〉…………………………… 305
〈記憶が花のやうに充ちた夜の歌〉… 306
〈微光の時に〉………………………… 307
〈寂かである時〉……………………… 308
〈触手〉………………………………… 309
〈徒弟の歌〉…………………………… 310
〈晩秋永眠〉…………………………… 312
〈希望の歌〉…………………………… 313
〈十一月の晨の歌〉…………………… 314
〈太陰の歌〉…………………………… 315
〈むしろ遠い禍ひを願ひ〉…………… 316
〈湿地帯〉……………………………… 318
〈晩光の時に〉………………………… 319
〈忘却の歌〉…………………………… 320
〈風が睡る歌〉………………………… 321
〈建築の歌〉…………………………… 323
〈神のない真昼の歌〉………………… 324
〈雲が眠入る間の歌〉………………… 325
〈午後〉………………………………… 326
〈酸えた日差のしたで〉……………… 327
〈死霊のうた〉………………………… 328
〈鎮魂歌〉……………………………… 330
〈蒼馬のやうな雲〉…………………… 331
〈B館附近〉 …………………………… 333
〈睡りの歌〉…………………………… 334
〈寂寥〉………………………………… 335
〈地の果て〉…………………………… 336
〈斜光の時に〉………………………… 337
〈掟の歌〉……………………………… 338
〈運河のある都会の歌〉……………… 340
〈変貌〉………………………………… 341
〈晩い秋の歌〉………………………… 342
〈風枯れる夕べの歌〉………………… 343
〈晩に風が刺した時〉………………… 345
〈時間の頌歌〉………………………… 346
希望の歌………………………………… 348
〈冬がやつてきたとき仲間のうたふ歌〉…… 349
〈わたしたちの囁きの歌〉…………… 350
〈雑感の歌〉…………………………… 352
〈暗い構図〉…………………………… 353
〈独りでゐるときにうたふ歌〉……… 354
〈風のある風景〉……………………… 356
〈わたしたちが葬ふときの歌〉……… 357
〈われらのとしは過ぎてゆく〉……… 358
〈視えない街のこと〉………………… 359
〈或る晴れた日の歌〉………………… 360
〈薄明の歌〉…………………………… 361
〈逝く者のための歌〉………………… 363
〈冬の時代〉…………………………… 364
〈遠くのものに与へる童話〉………… 365
〈メリイ・クリスマス〉……………… 366
〈降誕祭〉……………………………… 368
〈夕雲とひととの歌〉………………… 369
〈冬の日差しの歌〉…………………… 370
〈寂しい街衢の歌〉…………………… 371
〈寂寥のなかに在る日の歌〉………… 372
〈暗い冬の歌〉………………………… 373
〈寂かな予感〉………………………… 375
〈悪霊の歌〉…………………………… 376
〈冬がきたとき仲間たちの唱ふ歌〉… 377
〈冬風のなかの建築の歌〉…………… 378
〈夕べは暗い〉………………………… 380
〈落日の歌〉…………………………… 381
〈ひとつあるわたしの在処の歌〉…… 383
〈死にいたる歌〉……………………… 384
*解題(川上春雄)……………………… 387
 

第3巻 初期詩篇 2 1969.5.30
 
日時計篇(下)……………………………… 3
〈還らざる歌〉…………………………… 5
〈生の隔絶のうしろにあるもの〉……… 6
〈穢悪の時代〉…………………………… 8
〈この寂寥の根にあるもの〉……………10
〈寂寥に眼をかすもの〉…………………11
〈冬のなかの心景〉………………………13
〈惨像〉……………………………………14
〈わたしたちのうちで亡びゆくもの〉…15
〈天荊〉……………………………………17
〈冬の歌〉…………………………………18
〈剥離された風景〉………………………19
〈絵画のやうにきた冬〉…………………21
〈冬の遺書〉………………………………22
〈冬を監視する者の歌〉…………………24
〈冬が逝く〉………………………………25
〈歳月のなかの空洞〉……………………31
〈詩の形で書いた非宗教的な説教〉……33
〈冬のまんなかにたつとき〉……………34
〈わたしを信じない歌〉…………………36
〈虐げられた冬〉…………………………37
〈もつと真なるものを〉…………………39
〈冬の奇跡〉………………………………40
〈裂風のとき〉……………………………41
〈冬の掟ての歌〉…………………………42
〈暗い歌〉…………………………………44
〈冬〉………………………………………45
〈第一の歌〉………………………………46
〈愛の絶えざる歌〉………………………48
〈雪が都会を埋める〉……………………49
〈冬の歌〉…………………………………50
〈酷しい冬〉………………………………51
〈記されない愛〉…………………………53
〈冬のかげに〉……………………………54
〈死びとをかくまふ歌〉…………………55
〈夕日のある風景〉………………………57
〈冬のうた〉………………………………58
〈冬の歌〉…………………………………59
〈禁制の歌〉………………………………60
〈降誕祭前夜〉……………………………62
〈冬風の鳴る夜の歌〉……………………63
〈余燼〉……………………………………65
〈暗い冬〉…………………………………66
〈墓掘り人を憎む歌〉……………………68
〈渇いた二月〉……………………………69
〈雪の暗いときの歌〉……………………70
〈暗い冬〉…………………………………71
〈冬のとき仲間たちのための歌〉………72
〈ふたつない訣れ〉………………………74
〈凩がやむときわれらの陰にさすもの〉……75
〈冬の歌〉…………………………………77
〈冬眠〉……………………………………78
〈衣をつけた忍辱〉………………………80
〈独りでゆく冬〉…………………………81
〈薄ももいろの冬〉………………………83
〈真をまもるもの〉………………………84
〈冬の花屋〉………………………………86
〈発端〉……………………………………86
〈断ちがたい冬〉…………………………88
〈転身〉……………………………………90
〈遇ひにきた冬〉…………………………91
〈祝福をうけない男〉……………………93
〈冬のための哀歌〉………………………95
〈春がちかいといふ〉……………………96
〈遠くへ放つ小鳥〉………………………97
〈わがままな撰択〉………………………99
〈ある追悼詩〉………………………… 100
〈傷を負つた春〉……………………… 102
〈ソクラテス以前〉…………………… 103
〈複本〉………………………………… 104
〈軛にかけられた生存〉……………… 106
〈わたしの傍にあるものに〉………… 107
〈泥まみれになつた道〉……………… 109
〈時間をかけた自画像〉……………… 110
〈暗い晩冬〉…………………………… 111
〈非宗教的な祈祷〉…………………… 113
〈瞋りをかすもの〉…………………… 114
〈冬のあと〉…………………………… 116
〈壁画のやうな詩〉…………………… 117
〈詩への敬礼〉………………………… 118
〈ぼくらの国の黄昏は何処で夜になるか〉…… 120
〈ぼくらの傍に春がきてゐる〉……… 121
〈駅丁〉………………………………… 123
〈偽使徒〉……………………………… 124
〈来歴〉………………………………… 126
〈わたしたちもまた時代のやうに暗い〉…… 127
〈不安な季節〉………………………… 128
〈詩でかかれた鼓舞のうた〉………… 130
〈暗い春の絵〉………………………… 131
〈晩冬のうた〉………………………… 133
〈崩壊期〉……………………………… 136
〈凱歌〉………………………………… 137
〈未知なものに〉……………………… 138
〈噴火〉………………………………… 139
〈たのみがたい春〉…………………… 141
〈反抗期〉……………………………… 142
〈視えない花びら〉…………………… 143
〈囚虜の時代〉………………………… 145
〈奇形な春〉…………………………… 146
〈決められた春〉……………………… 147
〈征服されない人々に〉……………… 148
〈寂しい転変〉………………………… 150
〈 い春〉……………………………… 151
遇ひにきた……………………………… 152
〈非議するもの〉……………………… 154
〈側面史〉……………………………… 155
〈邂逅〉………………………………… 156
〈聖ニコライ堂附近で〉……………… 157
〈小さな異端者の思ひ出〉…………… 159
〈視えないといふことが……〉……… 160
〈恐慌〉………………………………… 162
〈暗い絵本の註〉……………………… 164
〈架空の年代誌〉……………………… 165
〈寂しい太陽〉………………………… 167
〈反抗の沈められる時代〉…………… 168
〈底知れない誘惑者〉………………… 170
〈ドラマトウルギー〉………………… 171
〈黙示〉………………………………… 172
〈地上にきてゐる忍辱〉……………… 173
〈告訣〉………………………………… 175
〈都市街道〉…………………………… 176
〈風景のない季節〉…………………… 178
〈愛を刻むうた〉……………………… 179
〈風をたずねる歌〉…………………… 181
〈花開くこと〉………………………… 182
〈虐げられた春〉……………………… 183
〈独りの道〉…………………………… 185
〈旱天〉………………………………… 186
〈通信〉………………………………… 187
〈暗い春〉……………………………… 188
〈夕べの時における都会〉…………… 190
〈愛が自戒にかはるとき〉…………… 191
〈春の日の自我像〉…………………… 193
〈小さな歌〉…………………………… 194
〈真青な空のしたの街で〉…………… 196
〈星のない夜も星のある夜も〉……… 197
〈海の手が都会を触れにくる〉……… 199
〈コミニストのための歌〉…………… 201
〈信仰のないものの覚書〉…………… 202
〈死を背にしたにんげんの構図〉…… 204
〈小さな街で在つたこと〉…………… 205
〈時のある街と時のない街〉………… 207
〈辺疆地区〉…………………………… 208
〈架空な春〉…………………………… 210
〈色彩のある暮景のなかに〉………… 211
〈石材置場の詩〉……………………… 213
〈星の響きをきく歌〉………………… 214
〈夕ぐれの歌〉………………………… 215
〈一九五一年晩春〉…………………… 217
〈星座のある風景〉…………………… 218
〈死の合間からの歌〉………………… 220
〈女たちに告げる歌〉………………… 221
〈鎮魂歌〉……………………………… 223
〈暗い記録〉…………………………… 224
〈ひとつの予感〉……………………… 225
〈物象のなかの季節〉………………… 227
〈貧乏なY家の三男がうたふ歌〉 …… 228
〈風が皮膚のなかを吹く〉…………… 230
〈何故に愚行が赦されるか〉………… 231
〈風が夏を連れてくるわたしたちの処に〉…… 233
未生の混沌……………………………… 234
(ああきみたち?)…………………… 236
〈最終の日の歌〉……………………… 237
〈更に大きくなつた少女たちに与へる歌〉…… 238
〈享けない星のうた〉………………… 240
〈時がわたしに告げた歌〉…………… 243
〈暗い季節におけるわたしたちの自画像〉…… 244
〈五月の夜を記憶するための歌〉…… 246
〈星の撤かれた都会のうた〉………… 247
〈未来のない季節〉…………………… 249
〈五月と六月とのあひだの歌〉……… 250
〈星の視えなくなつた六月の夜の歌〉…… 252
〈炎のゆく空の歌〉…………………… 253
〈時がわたしの傍に死者を遺してゆく〉…… 255
〈友と訣れる時にうたふ歌〉………… 256
〈怒号と運命とが一緒にきた〉……… 258
〈鎮魂的なる〉………………………… 259
〈長雨期〉……………………………… 260
〈重たい鳥の歌〉……………………… 261
〈五月の夜に思つたことの歌〉……… 263
〈閉ぢられた窓からの風景〉………… 264
〈時の深みに在つての歌〉…………… 266
〈寂かな眼のある時刻〉……………… 267
〈明らかにわたしたちは変つた〉…… 268
〈海のなかでの季節〉………………… 270
〈夜がわたしたちの周囲に降りてくる〉…… 271
〈形態のない危機〉…………………… 272
〈或る晴れた五月の夜に〉…………… 274
〈夏のなかでうたふ歌〉……………… 275
〈われらの街の黄昏の歌〉…………… 276
〈眼のある季節〉……………………… 278
〈都会の女たちのための歌〉………… 279
〈六月の憂愁について〉……………… 280
〈わたしたちの自戒の歌〉…………… 281
〈ゆえいの季節における手記〉……… 283
〈わたしたちの夜の追憶のうた〉…… 284
〈曙のなかの星たちの歌〉…………… 287
〈架空な未来に祈る歌〉……………… 288
〈砲火に抗ふものの歌〉……………… 289
〈乾いた風と砲火の夜〉……………… 290
〈流亡と救済〉………………………… 292
〈わたしたちの生のための六月の歌〉…… 293
〈戦士のための交響的な判断からなる詩〉…… 295
〈六月の風に対つてうたふ歌〉……… 296
〈青葉と敗北の日のうた〉…………… 297
〈風が燃える日の歌〉………………… 299
〈病者から病者への歌〉……………… 300
〈小さな空のなかの暗い空洞〉……… 301
〈知られざる歌〉……………………… 303
〈流寓〉………………………………… 305
〈物語を遺さない者のために〉……… 306
〈われらの未来と暗さをうたふために〉…… 308
〈愛する者のために記された詩の一部〉…… 309
〈敗者となつた兵士たちを回想する歌〉…… 311
〈酒場のある街の夕べから〉………… 315
〈不遇な愛のために書かれた詩の一部〉…… 317
〈午後の歌〉…………………………… 318
〈多様な夏のなかの一つのうた〉…… 319
〈美しく優しい歌〉…………………… 321
〈連鎖〉………………………………… 323
〈緑の季節の思想から〉……………… 323
〈何を夏の夜に信じたか〉…………… 325
〈夏の終りのうた〉…………………… 326
〈苦しい夜の詩の一部から〉………… 328
〈死霊〉………………………………… 329
〈都会での擬抒情歌〉………………… 331
〈憩ひのない夜の間に記したうた〉… 333
〈残酷詩篇〉…………………………… 335
〈自由な夜のために書かれた詩の一部〉…… 337
〈自由な夜のために歌はれた詩の一部〉…… 339
〈星をあつめる歌〉…………………… 340
〈対置風に書かれた星のうた〉……… 342
〈辺疆の地からの歌〉………………… 343
〈都会の触手〉………………………… 345
〈わたしたちの望みを描いた詩の一部〉…… 346
〈暗い季節〉…………………………… 347
〈火圏〉………………………………… 348
〈自由な夜のために書かれた詩の一部〉…… 350
〈一九五一年夏に記したうた〉……… 351
〈わたしたちの星に寄せる歌〉……… 353
〈檻の季節〉…………………………… 354
〈夜の広場〉…………………………… 356
〈屈折の歌〉…………………………… 358
〈自由な夜のために書かれた詩の一部〉…… 359
〈地球が区劃される〉………………… 361
〈幻影から生れた女〉………………… 363
〈自由な夜のために書かれた詩の一部〉…… 364
〈秋に似たうた〉……………………… 366
〈九月のはじめの詩篇〉……………… 367
〈自由な夜のために書かれた詩の一部〉…… 369
〈終末を感じる季節〉………………… 370
〈遺志のない遺言歌の一節〉………… 372
〈残酷詩篇〉…………………………… 373
〈無心の歌〉…………………………… 375
〈秋の忍辱のうた〉…………………… 376
〈異邦人にうりわたされた時のうた〉…… 377
〈乾いた季節〉………………………… 379
〈夜の河〉……………………………… 381
〈売女Kが去つたときに贈るうた〉 … 382
〈自由な夜のために書かれた詩の一部〉…… 383
〈流転〉………………………………… 385
〈道化の歌〉…………………………… 386
〈動乱の季節〉………………………… 388
〈聴聞のうた〉………………………… 389
〈都会の秋のときの歌〉……………… 391
〈自由な夜のために書かれた詩の一部〉…… 393
〈反抗と現実〉………………………… 394
〈都会の睡眠時〉……………………… 396
〈自由な夜のために書かれた詩の一部〉…… 397
〈九月のをはりの歌〉………………… 399
〈一部の者たちのために書かれた詩篇〉…… 401
ユーラシヤの暗い太陽の下で………… 402
〈日光の乏しい季節〉………………… 405
〈ユーラシヤの暗い太陽の下で〉…… 407
〈晨と夕ぐれとに祈ることを拒否する歌〉…… 409
〈夕ぐれと夜と晨とのうた〉………… 411
〈困難は暗いといふことではない〉… 413
〈宿無しの女のために書かれた詩〉… 415
〈愛なき者がうたつたうた〉………… 417
〈わたしたちの魂の鎮めのためのうたの一部〉…… 419
〈忘れてのちに彼等は何処に〉……… 420
〈夜は異邦のやうに〉………………… 422
〈非詩的な詩人から詩的な女詩人へおくる晩秋の歌〉…… 423
〈忘れることのできないことの歌〉… 425
〈兆候〉………………………………… 427
〈後悔する時の歌〉…………………… 429
〈自由な夜のために書かれた詩の一部〉…… 430
〈秋のなかの暗い場処で〉…………… 432
〈暗い(昏い)秋〉…………………… 433
〈シメオンの讃歌にかはる暗いうた〉…… 435
〈燃える季節〉………………………… 437
〈暗い記念碑〉………………………… 438
〈自由な夜のために書かれた詩の一部〉…… 440
〈風景と智慧〉………………………… 442
〈また其処に夜がきたとき〉………… 443
〈わたしたちの魂の鎮めのうたの一部〉…… 445
〈褐色の時代〉………………………… 447
〈地の繋約〉…………………………… 449
〈焔と死の秋〉………………………… 451
〈知られざる秋のうた〉……………… 452
〈祝祷〉………………………………… 454
〈深夜に目覚めてゐた時のうた〉…… 456
〈秋の炎〉……………………………… 458
〈踏切番の歌〉………………………… 460
〈砂漠〉………………………………… 461
〈夕べとなれば安息もある〉………… 463
〈風景と祈祷〉………………………… 465
〈夕べの風景・都会〉………………… 467
〈向うから来た秋のために〉………… 469
〈自由な夜のために書かれた詩の一部〉…… 470
〈火山湖から帰つて〉………………… 472
〈わたしたちの魂を鎮めるための詩の一部〉…… 474
〈わたしたちは退くことができない〉…… 476
〈赤い日が落ちかかつてゐた或時刻に〉…… 477
〈秋の飢餓のうた〉…………………… 479
〈眠ることなき者をして眠らしめよ〉…… 481
〈城砦〉………………………………… 482
〈罪びとの罪の歌〉…………………… 484
〈冬に具へての詩の一部〉…………… 486
〈積木と夕ぐれ〉……………………… 488
〈冬のうた街のうた死と荒廃のうた〉…… 490
〈記憶によつて回想された風景の詩〉…… 492
〈星と繋がれた歌〉…………………… 494
〈寂寥を巣にかへせ〉………………… 496
〈鉄鎖と冬〉…………………………… 497
〈冬にならない時のうた〉…………… 498
〈冬の街角で画家に出遇つたとき感じたことのメモワアル〉…… 500
〈明日からはまた寂しくなる〉……… 502
〈雪が消えてまた来る季節〉………… 504
〈風と冬と奈落の土地〉……………… 505
〈冬がはじまるときの歌〉…………… 507
*解題(川上春雄)……………………… 511
 

第4巻 文学論 1 1969.4.25
 
第I部
伊勢物語論I ………………………………… 5
伊勢物語論II…………………………………16
歎異鈔に就いて………………………………33
マチウ書試論…………………………………42
第II部
民主主義文学批判………………………… 109
戦後文学は何処へ行ったか……………… 129
芸術的抵抗と挫折………………………… 145
アクシスの問題…………………………… 173
転向ファシストの詭弁…………………… 188
近代批評の展開…………………………… 213
社会主義リアリズム論批判……………… 261
文学的表現について……………………… 281
想像力派の批判…………………………… 297
戦後文学の転換…………………………… 318
戦後文学の現実性………………………… 340
いま文学に何が必要か…………………… 358
性についての断章………………………… 417
沈黙の有意味性について………………… 434
異常性をいかにとらえるか……………… 445
個人・家族・社会………………………… 454
第III部
民主主義文学者の謬見…………………… 469
芸術運動とは何か………………………… 474
「戦旗」派の理論的動向………………… 492
文学の上部構造性………………………… 510
不許芸人入山門…………………………… 528
「乞食論語」執筆をお奨めする………… 533
芸術大衆化論の否定……………………… 537
海老すきと小魚すき……………………… 556
言語の美学とは何か……………………… 571
芸術論の構図……………………………… 586
政治と文学の背理………………………… 592
「党生活者」……………………………… 597
マルクス主義文学とは何か……………… 605
社会主義リアリズム……………………… 613
戦後文学論の思想………………………… 617
「政治と文学」なんてものはない……… 624
「政治文学」への挽歌…………………… 630
「近代文学」派の問題…………………… 637
なぜ書くか………………………………… 652
文芸的な、余りに文芸的な……………… 661
*解題(川上春雄)……………………… 667
 

第5巻 文学論 2 1970.6.25
 
第I部
詩と科学との問題…………………………… 5
ラムボオ若くはカール・マルクスの方法に就ての諸註……12
方法的思想の一問題…………………………24
前世代の詩人たち……………………………38
日本近代詩の源流……………………………56
「四季」派の本質………………………… 119
詩とはなにか……………………………… 136
近代精神の詩的展開……………………… 173
詩的乾坤…………………………………… 191
第II部
前衛的な問題……………………………… 205
定型と非定型……………………………… 219
番犬の尻尾………………………………… 230
短歌命数論………………………………… 240
三種の詩器………………………………… 253
短歌的表現の問題………………………… 257
短歌的喩について………………………… 273
短歌的喩の展開…………………………… 285
歌集『喚声』読後………………………… 297
岡井隆歌集『土地よ、痛みを負え』を読んで…… 301
第III部
I
現代詩における感性と現実の秩序……… 310
現代への発言 詩………………………… 315
日本の現代詩史論をどうかくか………… 317
一九五五年詩壇 小雑言集……………… 327
現代詩の問題……………………………… 328
現代詩批評の問題………………………… 344
現代詩の発展のために…………………… 359
日本の詩と外国の詩……………………… 374
戦争中の現代詩…………………………… 380
現代詩のむつかしさ……………………… 396
詩人論序説………………………………… 401
詩人のノート……………………………… 454
金子光晴「落下傘」……………………… 456
「四季」派との関係……………………… 458
情況に対する問い………………………… 470
詩論について……………………………… 473
II
不毛な論争………………………………… 482
くだらぬ提言はくだらぬ意見を誘発する…… 485
今月の作品から…………………………… 491
もっと深く絶望せよ……………………… 511
文芸時評…………………………………… 520
III
ルカーチ『実存主義かマルクス主義か』…… 534
善意と現実………………………………… 539
新風への道………………………………… 544
関根弘『狼が来た』……………………… 549
奥野健男『太宰治論』…………………… 551
服部達『われらにとって美は存在するか』…… 554
平野謙『政治と文学の間』……………… 557
野間宏『地の翼』上巻…………………… 561
山田清三郎『転向記』…………………… 564
堀田善衛『記念碑』『奇妙な青春』批判…… 565
中村光夫『自分で考える』……………… 569
堀田善衛『乱世の文学者』……………… 571
阿部知二他編『講座現代芸術III芸術を担う人々』…… 573
草野心平編『宮沢賢治研究』…………… 576
戦後学生像の根…………………………… 578
武田泰淳『貴族の階段』………………… 581
久野収・鶴見俊輔・藤田省三『戦後日本の思想』…… 584
阿部知二『日月の窓』…………………… 586
河上徹太郎『日本のアウトサイダー』… 590
井上光晴『虚構のクレーン』…………… 592
橋川文三『日本浪曼派批判序説』……… 596
桑原武夫『研究者と実践者』…………… 598
大江健三郎『孤独な青年の休暇』……… 600
『金子光晴全集』第1巻 ………………… 602
椎名麟三『罠と毒』……………………… 604
武井健人編著『安保闘争』日高六郎編『一九六〇年五月一九日』…… 606
大岡信『抒情の批判』…………………… 609
渋沢龍彦『神聖受胎』…………………… 611
埴谷雄高『垂鉛と弾機』………………… 613
ルソオ『懺悔録』………………………… 615
『花田清輝著作集II』…………………… 617
IV
『大菩薩峠』……………………………… 622
『大菩薩峠』(完結篇)………………… 625
『純愛物語』……………………………… 630
『風前の灯』……………………………… 633
『夜の牙』………………………………… 636
映画的表現について……………………… 639
V
昭和17年から19年のこと………………… 662
十四年目の八月十五日…………………… 664
戦争と世代………………………………… 665
読書について……………………………… 669
ある履歴…………………………………… 673
小伝………………………………………… 676
想い出メモ………………………………… 677
思想的不毛の子…………………………… 679
佃んべえ…………………………………… 683
学生について……………………………… 686
VI
『芸術的抵抗と挫折』あとがき………… 692
『抒情の論理』あとがき………………… 693
『異端と正系』あとがき………………… 695
『擬制の終焉』あとがき………………… 696
『模写と鏡』あとがき…………………… 698
『自立の思想的拠点』あとがき………… 700
『情況への発言 吉本隆明講演集』あとがき…… 702
『試行』後記……………………………… 704
岸上大作『意志表示』…………………… 749
桶谷秀昭『土着と情況』………………… 749
奥野健男『現代文学の基軸』…………… 750
磯田光一『比較転向論序説』…………… 751
戦後のアヴァンギャルド芸術をどう考えるか…… 751
本のうわさ………………………………… 752
「思想の科学」のプラスとマイナス…… 753
30人への3つの質問 ……………………… 753
再刊・復刻を望む本……………………… 754
はじめの志………………………………… 755
*解題(川上春雄)……………………… 757
 

第6巻 文学論 3 1972.2.25
 
言語にとって美とはなにか………………… 1
序…………………………………………… 3
第I章 言語の本質 ………………………10
1 発生の機構……………………………10
2 進化の特性……………………………24
3 音韻・韻律・品詞……………………41
第II章 言語の属性………………………56
1 意味……………………………………56
2 価値……………………………………73
3 文字・像………………………………86
4 言語表現における像…………………97
第III章 韻律・撰択・転換・喩 …… 104
1 短歌的表現………………………… 104
2 詩的表現…………………………… 121
3 短歌的喩…………………………… 134
4 散文的表現………………………… 147
第IV章 表現転移論…………………… 156
第I部 近代表出史論(I)………… 156
1 表出史の概念…………………… 156
2 明治初期………………………… 165
3 「舞姫」・「風流微塵蔵」…… 177
4 「照葉狂言」・「今戸心中」… 188
5 「武蔵野」・「地獄の花」・「水彩画家」…… 194
第II部 近代表出史論(II)……… 198
1 自然主義と浪漫主義の意味…… 199
2 「それから」・「ヰタ・セクスアリス」…… 209
3 「網走まで」・「刺青」・「道草」…… 219
4 「明暗」・「カインの末裔」・「田園の憂鬱」…… 234
第III部 現代表出史論 …………… 240
1 新感覚の意味…………………… 240
2 新感覚の安定(文学体)……… 252
3 新感覚の安定(話体)………… 266
4 新感覚の尖端…………………… 275
第IV部 戦後表出史論……………… 281
1 表現的時間……………………… 281
2 断絶的表現……………………… 286
3 断絶的表現の変化……………… 313
4 断絶的表現の頂点……………… 328
第V章 構成論 ………………………… 335
第I部 詩 …………………………… 335
1 前提……………………………… 335
2 発生論の前提…………………… 338
3 発生の機構……………………… 347
4 詩の発生………………………… 360
5 古代歌謡の原型………………… 371
第II部 物語………………………… 400
1 問題の所在……………………… 400
2 物語の位相……………………… 406
3 成立の外因……………………… 411
4 折口説…………………………… 415
5 物語のなかの歌………………… 420
6 説話系…………………………… 424
7 歌物語系………………………… 428
8 日記文学の性格………………… 432
9 源氏物語の意味………………… 437
10 構成 …………………………… 441
第III部 劇 ………………………… 444
第I篇 成立論 …………………… 444
1 劇的言語帯…………………… 444
2 舞台・俳優・道具・観客…… 451
3 劇的言語の成立……………… 459
4 劇的本質……………………… 466
5 劇の原型……………………… 471
6 劇的構成……………………… 478
第II篇 展開論…………………… 487
1 「粋」と「侠」の位相……… 487
2 劇的思想……………………… 501
3 構成的思想(I) …………… 507
4 構成的思想(II)…………… 513
5 展開の特質…………………… 526
第VI章 内容と形式…………………… 535
1 芸術の内容と形式………………… 535
2 文学の内容と形式………………… 548
3 註…………………………………… 558
4 形式主義論争……………………… 563
VII章 立場 …………………………… 573
第I部 言語的展開(I)…………… 573
1 言語の現代性…………………… 573
2 自己表出の構造………………… 585
3 文学の価値(I) ……………… 596
第II部 言語的展開(II)………… 607
1 文学の価値(II)……………… 607
2 理論の空間……………………… 610
3 記号と像………………………… 616
あとがき………………………………… 623
解題(川上春雄)……………………… 625
索引………………………………………… 1
 

第7巻 作家論 1 1968.11.20
 
第I部
蕪村詩のイデオロギイ……………………… 5
西行……………………………………………16
宗祇論…………………………………………32
第II部
安西冬衛論……………………………………47
アラゴンへの一視点…………………………53
戦後詩人論……………………………………96
鮎川信夫…………………………………… 113
芥川龍之介の死…………………………… 145
埴谷雄高…………………………………… 159
萩原朔太郎………………………………… 215
室生犀星…………………………………… 228
小林秀雄…………………………………… 246
本多秋五…………………………………… 258
斎藤茂吉…………………………………… 277
清岡卓行…………………………………… 291
第III部
谷川雁……………………………………… 299
中野重治…………………………………… 310
江藤淳……………………………………… 341
石川啄木…………………………………… 349
竹内好……………………………………… 361
柳田国男…………………………………… 380
島崎藤村…………………………………… 385
倉橋顕吉論………………………………… 387
岩淵五郎…………………………………… 395
秋山清……………………………………… 401
*解題(川上春雄)……………………… 406
 

第8巻 作家論 2 1973.2.15
 
高村光太郎…………………………………… 3
第I部
高村光太郎………………………………… 7
『道程』前期…………………………… 8
『道程』論………………………………45
『智恵子抄』論…………………………73
詩の註解…………………………………95
戦争期………………………………… 112
敗戦期………………………………… 137
戦後期………………………………… 164
第II部
I 小論集………………………………… 189
「出さずにしまつた手紙の一束」のこと…… 190
詩のなかの女………………………… 193
高村光太郎鑑賞……………………… 195
高村光太郎の世界…………………… 205
高村光太郎私誌……………………… 217
II 春秋社版『高村光太郎選集』解題…… 235
1 端緒の問題………………………… 236
2 〈自然〉の位置…………………… 254
3 成熟について……………………… 272
4 崩壊の様式について……………… 289
5 二代の回顧について……………… 301
6 高村光太郎と水野葉舟―その相互代位の関係…… 316
7 彫刻のわからなさ………………… 335
第III部
I 講演…………………………………… 349
詩人としての高村光太郎と夏目漱石…… 350
高村光太郎について―鴎外をめぐる人々…… 381
II 年譜・参考文献目録 他 ………… 405
年譜…………………………………… 406
参考文献目録………………………… 428
飯塚書店版あとがき………………… 431
春秋社版あとがき…………………… 433
究極の願望…………………………… 436
*解題(川上春雄)……………………… 437
 

第9巻 作家論 3 1975.12.25
 
島尾敏雄……………………………………… 3
第I部
〈原像〉…………………………………… 7
〈戦争〉……………………………………34
〈家族〉……………………………………91
〈日常〉………………………………… 156
第II部
聖と俗…………………………………… 189
島尾敏雄 遠近法……………………… 205
〈関係〉としてみえる文学…………… 209
恥について……………………………… 213

島尾敏雄『琉球弧の視点から』……… 216
島尾敏雄『日を繋けて』……………… 221
島尾敏雄『夢の中での日常』 井上光晴『書かれざる一章』…… 226
第III部
島尾文学の鍵島尾敏雄,吉本隆明〔対談〕…… 237
傍系について島尾敏雄,吉本隆明〔対談〕…… 261
あとがき………………………………… 285
*島尾敏雄年譜稿(川上春雄)………… 287
*解題(川上春雄)……………………… 313
 

第10巻 思想論 1973.11.10
 
心的現象論序説……………………………… 3
はしがき…………………………………… 5
I 心的世界の叙述………………………… 8
1 心的現象は自体としてあつかいうるか…… 8
2 心的な内容……………………………14
3 心的内容主義…………………………21
4 〈エス〉はなぜ人間的構造となるか……32
5 新しいフロイド批判の立場について……38
II 心的世界をどうとらえるか …………50
1 原生的疎外の概念を前景へおしだすために……50
2 心的な領域をどう記述するか………54
3 異常または病的とはなにか…………59
4 異常と病的とは区別できるか………66
5 心的現象としての精神分裂病………78
6 心的現象としての病的なもの………90
7 ミンコフスキーの『精神分裂病』について……94
III 心的世界の動態化………………… 103
1 前提………………………………… 103
2 原生的疎外と純粋疎外…………… 106
3 度(Grad)について……………… 112
4 ふたたび心的現象としての精神分裂病について…… 120
5 感官相互の位相について………… 125
6 聴覚と視覚の特異性……………… 135
7 原生的疎外と純粋疎外の関係…… 141
IV 心的現象としての感情 …………… 145
1 感情とはなにか…………………… 145
2 感情の考察についての註………… 153
3 感情の障害について……………… 160
4 好く・中性・好かぬ……………… 164
V 心的現象としての発語および失語… 170
1 心的現象としての発語…………… 170
2 心的な失語………………………… 177
3 心的現象としての〈概念〉と〈規範〉…… 188
4 概念障害の時間的構造…………… 192
5 規範障害の空間的構造…………… 198
6 発語における時間と空間との相互転換…… 202
VI 心的現象としての夢 ……………… 210
1 夢状態とはなにか………………… 210
2 夢における〈受容〉と〈了解〉の変化…… 215
3 夢の意味…………………………… 219
4 なぜ夢をみるか…………………… 227
5 夢の解釈…………………………… 229
6 夢を覚えているとはなにか……… 236
7 夢の時間化度と空間化度の質…… 244
8 一般夢の問題……………………… 248
9 一般夢の解釈……………………… 255
10 類型夢の問題 …………………… 260
VII 心像論……………………………… 268
1 心像とはなにか…………………… 268
2 心像の位置づけ…………………… 274
3 心像における時間と空間………… 282
4 引き寄せの構造I ………………… 286
5 引き寄せの構造II………………… 294
6 引き寄せの構造III ……………… 300
7 引き寄せの構造IV………………… 306
8 引き寄せの世界…………………… 318
あとがき………………………………… 322
*全著作集のためのあとがき…………… 323
*解題(川上春雄)……………………… 325
*索引………………………………………… 1
 

第11巻 思想家論 1972.9.30
 
共同幻想論…………………………………… 3
全著作集のための序……………………… 5
序……………………………………………11
禁制論………………………………………36
憑人論………………………………………63
巫覡論………………………………………82
巫女論…………………………………… 101
他界論…………………………………… 119
祭儀論…………………………………… 139
母制論…………………………………… 160
対幻想論………………………………… 179
罪責論…………………………………… 204
規範論…………………………………… 227
起源論…………………………………… 250
後記……………………………………… 276
解題(川上春雄)……………………… 279
 

第12巻 思想家論 1969.10.25
 
丸山真男論…………………………………… 3
カール・マルクス……………………………97
第1部 マルクス紀行 ……………………99
第2部 マルクス伝 …………………… 153
マルクス年譜ノート…………………… 247
ある感想………………………………… 266
*解題(川上春雄)……………………… 269
 

第13巻 政治思想評論集 1969.7.15
 
第I部
転向論………………………………………… 5
戦後世代の政治思想…………………………28
擬制の終焉……………………………………47
頽廃への誘い…………………………………72
前衛的コミュニケーションについて………87
日本のナショナリズムについて………… 102
反安保闘争の悪煽動について…………… 120
非行としての戦争………………………… 131
模写と鏡…………………………………… 142
戦後思想の価値転換とは何か…………… 164
日本のナショナリズム…………………… 186
自立の思想的拠点………………………… 240
思想的弁護論……………………………… 275
戦後思想の荒廃…………………………… 316
情況とはなにか…………………………… 337
第II部
労働組合運動の初歩的な段階から……… 411
文学者の戦争責任………………………… 416
街のなかの近代…………………………… 425
情勢論……………………………………… 429
天皇制をどうみるか……………………… 460
橋川文三への返信………………………… 463
詩人の戦争責任論………………………… 466
異端と正系………………………………… 479
工作者と殺人キッド……………………… 484
戦争のこと・平和のこと………………… 488
「怒れる世代」をめぐって……………… 493
憂国の文学者たちに……………………… 496
若い世代のこと…………………………… 500
知識人とは何か…………………………… 503
日本ファシストの原像…………………… 507
大衆芸術運動について…………………… 537
カンパの趣意は明快そのもの…………… 542
“パルタイ”とは何か…………………… 544
白昼の部分と夜の部分…………………… 549
趣意書……………………………………… 554
去年の死…………………………………… 555
慷慨談……………………………………… 558
睡眠の季節………………………………… 563
現代学生論………………………………… 571
葬儀屋との訣別…………………………… 577
軋み………………………………………… 581
混迷のなかの指標………………………… 584
芸術とディスコミュニケーション……… 589
六・一五事件と私………………………… 595
現状と展望………………………………… 601
未来は負い目……………………………… 615
情況における詩…………………………… 619
“終焉”以後……………………………… 630
“対偶”的原理について………………… 646
頽廃の名簿………………………………… 658
ポンチ絵のなかの思想…………………… 668
中共の『文化革命』についての往復書簡…… 675
二つの書翰………………………………… 681
*解題(川上春雄)……………………… 689
 

第14巻 講演 対談集 1972.7.30
 
第I部
戦闘の思想的土台をめぐって……………… 5
情況と文学……………………………………14
情況への発言…………………………………25
情況が強いる切実な課題とはなにか………35
反権力の思想情況批判………………………46
青年について…………………………………64
国家のイメージと大衆ナショナリズム……73
現代詩の孤立を擁護する……………………83
日本文学の現状………………………………90
自立の思想的拠点………………………… 107
知識人―その思想的課題………………… 123
情況とはなにか…………………………… 134
国家・家・大衆・知識人………………… 144
現代とマルクス…………………………… 158
自立的思想の形成について……………… 177
調和への告発……………………………… 195
個体・家族・共同性としての人間……… 215
戦後詩とはなにか………………………… 233
幻想としての人間………………………… 244
幻想―その打破性と主体性……………… 264
再度情況とはなにか……………………… 285
人間にとって思想とはなにか…………… 296
幻想としての国家………………………… 318
国家論……………………………………… 337
新約的世界の倫理について……………… 361
第II部
『地下水道』の意慾山本薩夫〔対談者〕…… 379
戦争 思想 抵抗久野収〔対談者〕…… 385
展開への示唆安東次男〔対談者〕……… 398
文学と思想江藤淳〔対談者〕…………… 412
どこに思想の根拠をおくか鶴見俊輔〔対談者〕…… 462
思想の発生する根本的基盤伊藤勝彦〔対談者〕…… 487
現代の文学と思想高橋和巳〔対談者〕… 538
私の文学を語る秋山駿〔対談者〕……… 577
思想と状況竹内好〔対談者〕…………… 605
*解題(川上春雄)……………………… 631
 

第15巻 初期作品集 1974.5.20
 
第I部
I 少年期
随想………………………………………… 6
相対性原理漫談(2) …………………… 8
孔丘と老 …………………………………11
「哲」の歌…………………………………18
くものいと…………………………………19
うら盆………………………………………19
冬……………………………………………20
II 米沢時代
巻頭言………………………………………22
無方針………………………………………23
朝貌…………………………………………26
郷愁…………………………………………26
序詞…………………………………………27
III 草莽
序詞…………………………………………30
謹悼義靖院衝天武烈居士…………………30
原子番号0番 ………………………………31
原子番号一番………………………………33
原子番号二番………………………………35
原子番号三番………………………………39
機械…………………………………………41
秋の花………………………………………42
かぶと山と虚妄列車………………………42
銀河と東北…………………………………43
撩乱と春……………………………………45
無神論………………………………………46
続呼子………………………………………47
親鸞和讃……………………………………50
背棄…………………………………………51
雲と風と鳶…………………………………52
明暗…………………………………………53
草ふかき祈り………………………………54
帰命…………………………………………56
IV 哀しき人々
哀しき人々…………………………………58
雲と花との告別……………………………60
第II部
I 姉の死など
姉の死など…………………………………66
II 覚書I
一九四四年晩夏……………………………70
夕ぐれと夜との独白(一九五〇年I) …74
III 箴言I
序章…………………………………………84
エリアンの感想の断片……………………85
〈建築についてのノート〉………………93
風の章………………………………………94
形而上学ニツイテノNOTE…………………99
下町……………………………………… 106
〈少年と少女へのノート〉…………… 110
〈老人と少女のゐた説話〉の構想I … 117
〈夕ぐれと夜との言葉〉……………… 117
〈春の嵐〉……………………………… 119
原理の照明……………………………… 120
〈夕ぐれと夜の言葉〉………………… 132
中世との共在…………………………… 134
〈夕ぐれと夜の言葉〉………………… 136
〈夕ぐれと夜との言葉〉……………… 137
〈老人と少女のゐる説話〉II………… 138
〈老人と少女のゐる説話〉III ……… 139
秩序の構造……………………………… 140
方法的制覇……………………………… 142
〈老人と少女のゐる説話〉IV………… 143
カール・マルクス小影………………… 144
〈老人と少女のゐる説話〉V ………… 145
忘却の価値について…………………… 146
〈思考の体操の基本的な型について〉…… 148
芸術家について………………………… 150
〈老人と少女のゐる説話〉VI………… 151
〈夕ぐれと夜との言葉〉……………… 152
IV 箴言II
断想I …………………………………… 154
〈僕の歴史的な現実に対するいら立ちの解析〉…… 155
断想II…………………………………… 156
〈不幸の形而上学的註〉……………… 158
〈虚無について〉……………………… 159
断想III ………………………………… 160
断想IV…………………………………… 162
断想V …………………………………… 165
〈方法について〉……………………… 166
断想VI…………………………………… 168
〈詩集序文のためのノート〉………… 171
断想VII ………………………………… 171
〈批判の原則についての註〉………… 174
〈現代の倫理的構造についての考察〉…… 175
〈寂寥についての註〉………………… 176
断想VIII………………………………… 176
第二詩集の序詞………………………… 178
V 無門関研究
無門関研究……………………………… 180
VI 短歌
短歌四首………………………………… 186
VII 時祷詩集……………………………… 187
詩作における事象の取扱について…… 188
習作4(宝塔) ……………………… 188
習作5(風笛) ……………………… 190
習作7(餓 地域) ………………… 191
習作9(挽歌) ……………………… 193
習作14(所惑)………………………… 195
習作15(夕日と夕雲の詩)…………… 197
習作24(米沢市)……………………… 198
童子像…………………………………… 200
習作43(愛歓)………………………… 200
習作50(河原)………………………… 201
習作51(松川幻想)…………………… 202
序跋一束………………………………… 204
創刊の辞……………………………… 204
後記…………………………………… 204
後記…………………………………… 205
創刊に………………………………… 206
編輯後記……………………………… 206
VIII 詩集
詩三章…………………………………… 208
老白…………………………………… 208
観花…………………………………… 208
哀辞…………………………………… 209
巡礼歌…………………………………… 210
幻想的習作……………………………… 212
錯倒……………………………………… 213
青い帽子の詩…………………………… 216
第III部
I 詩碑を訪れて
詩碑を訪れて…………………………… 220
イギリス海岸の歌……………………… 224
雲の信号………………………………… 225
「宮沢賢治と女性」雑考……………… 227
セロ弾きのゴーシュ…………………… 228
やまなし………………………………… 237
ざしき童子のはなし…………………… 243
よだかの星……………………………… 244
雁の童子………………………………… 247
風の又三郎……………………………… 249
農民芸術概論綱要評…………………… 251
〔科学者の道〕………………………… 256
くらかけ山の雪………………………… 258
II 宮沢賢治序叙草稿第4………………… 275
孤独と風童……………………………… 276
宮沢賢治童話論………………………… 316
四 地人時代後期……………………… 324
III 宮沢賢治序叙草稿第5 ……………… 333
続四雑録………………………………… 334
IV 宮沢賢治論 …………………………… 339
宮沢賢治の倫理について……………… 340
宮沢賢治の系譜について……………… 355
異常感覚感の由来について…………… 363
宮沢詩学の解析について……………… 379
深淵の思ひ……………………………… 392
或る孤高の生涯………………………… 404
創造と宿命……………………………… 413
孤独と神秘とユーモア………………… 419
再び宮沢賢治の系譜について………… 424
宮沢賢治の散文について……………… 433
第IV部
北村透谷小論〔断片I〕 ………………… 437
北村透谷小論〔断片II〕………………… 440
〈現代詩の情況〉〔断片〕……………… 444
過去についての自註……………………… 453
『初期ノート』増補版のための覚書…… 469
全著作集のためのメモ…………………… 471
*解題(川上春雄)……………………… 473
[ 2011/04/07 01:44 ] 吉本隆明 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール
本サイトでは管理人が趣味で作成したデータベースを公開しています。著作権等の知的財産権を侵害する意図はありません。ご要望のある方はお知らせください。速やかに対応致します。なお、データの無断複製・転載はお断りしています。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。