研究余録 ~全集目次総覧~ TOP  >  スポンサー広告 >   >  吉屋信子 >  『吉屋信子全集』全12巻

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『吉屋信子全集』全12巻

『吉屋信子全集』全12巻(朝日新聞社、1975.2~1976.1)



第1巻 1975.3.15
 
花物語………………………………………… 3
はじめに…………………………………… 5
鈴蘭…………………………………………11
月見草………………………………………13
白萩…………………………………………15
野菊…………………………………………17
水仙…………………………………………20
名も無き花…………………………………23
鬱金桜………………………………………30
忘れな草……………………………………34
あやめ………………………………………38
紅薔薇白薔薇………………………………42
山梔の花……………………………………45
コスモス……………………………………49
白菊…………………………………………52
蘭……………………………………………55
紅梅白梅……………………………………58
フリージア…………………………………61
緋桃の花……………………………………64
紅椿…………………………………………67
雛芥子………………………………………72
白百合………………………………………78
桔梗…………………………………………85
白芙蓉………………………………………88
福寿草………………………………………93
三色菫…………………………………… 101
藤………………………………………… 108
紫陽花…………………………………… 116
露草……………………………………… 123
ダーリア………………………………… 130
燃ゆる花………………………………… 141
釣鐘草…………………………………… 159
寒牡丹…………………………………… 169
秋海棠…………………………………… 177
アカシア………………………………… 187
桜草……………………………………… 196
日陰の花………………………………… 202
浜撫子…………………………………… 205
黄薔薇…………………………………… 219
合歓の花………………………………… 233
向日葵…………………………………… 246
龍膽の花………………………………… 258
沈丁花…………………………………… 267
ヒヤシンス……………………………… 285
ヘリオトロープ………………………… 291
スイートピー…………………………… 295
白木蓮…………………………………… 315
梨の花…………………………………… 322
 瑰花…………………………………… 325
睡蓮……………………………………… 333
心の花…………………………………… 344
曼珠沙華………………………………… 350
屋根裏の二処女…………………………… 357
童話
鳴らずの太鼓……………………………… 519
赤い夢……………………………………… 523
黄金の貝…………………………………… 534
野薔薇の約束……………………………… 540
茸の家……………………………………… 543
*あとがき………………………………… 547
 

第2巻 1975.6.15
 
地の果まで…………………………………… 3
空の彼方へ………………………………… 211
短篇
姉妹………………………………………… 371
貸家探し…………………………………… 390
夏草………………………………………… 396
ハモニカ…………………………………… 405
王者の妻…………………………………… 410
女人涅槃経………………………………… 417
異母兄と牡丹の苗………………………… 426
童貞女昇天………………………………… 464
巴里の塩鮭………………………………… 477
櫟林の家…………………………………… 484
*あとがき………………………………… 491
 

第3巻 1975.7.15
 
女の友情……………………………………… 3
暴風雨の薔薇……………………………… 323
*あとがき………………………………… 515
 

第4巻 1975.8.15
 
男の償い……………………………………… 3
花…………………………………………… 257
*あとがき………………………………… 450
 

第5巻 1975.2.15
 
良人の貞操…………………………………… 3
家庭日記…………………………………… 269
*あとがき………………………………… 461
 

第6巻 1975.9.15
 
女の教室……………………………………… 3
花鳥………………………………………… 285
*あとがき………………………………… 419
 

第7巻 1975.5.15
 
安宅家の人々………………………………… 3
女の年輪…………………………………… 193
*あとがき………………………………… 557
 

第8巻 1975.10.15
 
徳川の夫人たち……………………………… 3
続 徳川の夫人たち……………………… 277
*あとがき………………………………… 545
 

第9巻 1975.4.15
 
女人平家……………………………………… 3
天平の后―寧楽秘抄―…………………… 409
*あとがき………………………………… 459
 

第10巻 1975.11.15
 
短篇
呉須の柘榴…………………………………… 9
海潮音…………………………………………18
麻雀……………………………………………53
外交官…………………………………………66
かげろふ………………………………………77
みおつくし……………………………………95
花の詐欺師………………………………… 105
生霊………………………………………… 115
鶴…………………………………………… 133
鬼火………………………………………… 145
手毬唄……………………………………… 150
茶 ………………………………………… 173
父の果……………………………………… 182
凍蝶………………………………………… 193
二世の母…………………………………… 203
嫗の幻想…………………………………… 241
もう一人の私……………………………… 251
宴会………………………………………… 261
見合旅行…………………………………… 272
かくれんぼ………………………………… 289
後家サロン………………………………… 297
嫉妬………………………………………… 308
晩春の騒ぎ………………………………… 317
蕃社の落日………………………………… 328
西太后の壷………………………………… 342
夏手袋……………………………………… 361
ブラジルの蝶……………………………… 368
マカオの露台……………………………… 391
誰かが私に似ている……………………… 406
井戸の底…………………………………… 418
海幻譚……………………………………… 426

香取夫人の生涯…………………………… 443
*あとがき………………………………… 573
 

第11巻 1975.12.15
 
底のぬけた柄杓―憂愁の俳人たち………… 3
ある女人像―近代女流歌人伝―………… 127
自伝的女流文壇史………………………… 327
随筆
白いハンケチ……………………………… 445
絵島の墓………………………………… 445
未知の月日……………………………… 450
日記買う………………………………… 451
日記みたいなもの……………………… 453
啄木の年譜の魅力……………………… 454
文士劇…………………………………… 455
本郷森川町……………………………… 457
春の喪服………………………………… 461
母………………………………………… 463
さかな…………………………………… 466
馬と私…………………………………… 466
廿一年前………………………………… 471
夏………………………………………… 474
白いハンケチ…………………………… 475
私の雑記帳………………………………… 477
男だったら……………………………… 477
食味の変遷……………………………… 478
昇降機…………………………………… 480
樋口一葉女史の墓……………………… 482
異国点景…………………………………… 484
シベリアを行く………………………… 484
モスコーから伯林へ…………………… 485
伊太利の印象片々……………………… 489
巴里……………………………………… 491
倫敦遠足記……………………………… 494
ミス・あめりかの横顔………………… 495
随筆小片…………………………………… 498
点燈夫…………………………………… 498
長崎の灯………………………………… 500
あまのじゃくの唄える………………… 500
擬人法…………………………………… 501
*あとがき………………………………… 505
 

第12巻 1976.1.15
 
私の見た人…………………………………… 3
田中正造…………………………………… 9
万龍・照葉…………………………………13
徳富蘇峰……………………………………15
三浦環………………………………………18
新渡戸稲造…………………………………19
小林一三……………………………………21
グラーツィア・デレッダ…………………23
大杉栄………………………………………24
九条武子……………………………………26
モルガンお雪………………………………29
直木三十五…………………………………31
中村吉右衛門………………………………33
宮城道雄……………………………………34
九条日浄尼…………………………………36
横綱玉錦……………………………………39
与謝野晶子…………………………………42
菊池寛………………………………………45
高橋箒庵……………………………………48
汪兆銘………………………………………51
張学良………………………………………55
七世宗十郎…………………………………57
坂田三吉……………………………………59
春日とよ……………………………………61
中谷宇吉郎…………………………………63
久米正雄……………………………………64
平出英夫……………………………………67
長勇…………………………………………70
田村俊子……………………………………73
美濃部達吉夫妻……………………………76
関屋敏子……………………………………81
高浜虚子……………………………………84
徳冨愛子……………………………………88
及川道子……………………………………93
近松秋江……………………………………96
竹久夢二……………………………………99
湯川秀樹夫妻…………………………… 103
古今亭志ん生…………………………… 106
森律子…………………………………… 108
現・歌右衛門…………………………… 109
井上正夫………………………………… 112
羽仁もと子夫妻………………………… 114
徳田秋声………………………………… 117
大倉喜七郎……………………………… 122
藤蔭静樹………………………………… 123
小波と水蔭……………………………… 128
菅原時保………………………………… 131
市川猿翁………………………………… 133
ときの声…………………………………… 135
私の見た美人たち………………………… 317
梨本伊都子の日記……………………… 321
不死鳥・中上川あき…………………… 330
尼寺巡礼………………………………… 337
古河不二子……………………………… 345
岡田静(万龍)………………………… 348
入江たか子……………………………… 354
栗島すみ子……………………………… 359
北村兼子の功名心……………………… 362
平塚らいてう小伝……………………… 373
沈丁花匂う頃…………………………… 382
ノーベル文学賞作家の家……………… 384
わが日記物語…………………………… 388
郷愁……………………………………… 393
小さい駅……………………………… 393
桐の箪笥……………………………… 395
祖先は祖先、私は私………………… 397
随筆(未刊)
幼き芽生より……………………………… 405
幼き日のクリスマス…………………… 405
幼き芽生より…………………………… 406
投書時代………………………………… 408
詩集遍歴………………………………… 410
憧れし作家の人々……………………… 415
私と俳句………………………………… 418
忘れ得ぬ人たち…………………………… 424
文壇百花之譜…………………………… 424
凱旋の人………………………………… 428
偉大な人間的魅力……………………… 429
宇野千代言行録………………………… 431
作家社長さん―佐佐木茂索氏を悼む―…… 437
豊饒なる美的生活……………………… 438
忘れ得ぬ人たち………………………… 441
私の泉鏡花……………………………… 444
木歩忌五十年に思う(絶筆)………… 445
たそがれの絵……………………………… 448
父の追悼断片…………………………… 448
絵の相撲………………………………… 449
たそがれの絵…………………………… 450
片恋ゴルフ……………………………… 452
山雀の芸………………………………… 453
月下の大仏……………………………… 455
幻の町々………………………………… 456
震災忌…………………………………… 458
上野桜木町……………………………… 460
私の観劇史……………………………… 461
折りにふれて……………………………… 465
久遠の女性……………………………… 465
無題……………………………………… 466
講演の旅………………………………… 467
石筆……………………………………… 473
机上登山………………………………… 475
Toilet…………………………………… 476
非売品の伝記…………………………… 477
松………………………………………… 480
人間と色彩……………………………… 482
淡路のたびびと………………………… 486
探しもの………………………………… 489
ちょっと待ってあげて………………… 491
心境小説のような哀愁………………… 493
落葉降る墓……………………………… 493
小言……………………………………… 496
たべものの話は尽きず…………………… 498
くわい…………………………………… 498
牡蛎とツグミ…………………………… 499
桜餅……………………………………… 500
ところてん……………………………… 502
百貨店の食堂…………………………… 503
味の今昔………………………………… 504
句集…………………………………… 507
*あとがき………………………………… 531
*年譜(吉屋千代)……………………… 545
[ 2011/04/07 01:46 ] 吉屋信子 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール
本サイトでは管理人が趣味で作成したデータベースを公開しています。著作権等の知的財産権を侵害する意図はありません。ご要望のある方はお知らせください。速やかに対応致します。なお、データの無断複製・転載はお断りしています。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。