研究余録 ~全集目次総覧~ TOP  >  スポンサー広告 >   >  吉行淳之介 >  『吉行淳之介全集』全17巻・別巻3巻

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『吉行淳之介全集』全17巻・別巻3巻

『吉行淳之介全集』全17巻・別巻3巻(講談社、1983.4~1985.1)



第1巻 1983.6.10
 
懶惰…………………………………………… 7
工場の窓から………………………………… 7
薄明…………………………………………… 8
白鳥賦…………………………………………10
二行詩…………………………………………11
月光……………………………………………11

路上……………………………………………13
藁婚式…………………………………………23
薔薇販売人……………………………………40
谷間……………………………………………70
祭礼の日………………………………………93
治療………………………………………… 110
驟雨………………………………………… 131
薔薇………………………………………… 159
夜の病室…………………………………… 178
水の畔り…………………………………… 194
夏の休暇…………………………………… 212
軽い骨……………………………………… 236
重い躯……………………………………… 245
原色の街…………………………………… 254
*解説 性を軸とする冷静な人生観察者(上田三四二)…… 360
*解題(青山毅)………………………… 371
 

第2巻 1983.7.10
 
漂う部屋……………………………………… 7
夕焼の色………………………………………62
墓地……………………………………………82
水族館にて……………………………………96
悩ましき土地……………………………… 113
斜面の少年………………………………… 130
悪い夏……………………………………… 146
花嫁と警笛………………………………… 166
決闘………………………………………… 185
焔の中……………………………………… 203
*解説 敵としての健康者(平岡篤頼)…… 352
*解題(青山毅)………………………… 364
 

第3巻 1983.8.10
 
ある情事……………………………………… 7
さまざまな眉…………………………………24
尿器のエスキス………………………………40
風景と女と……………………………………53
武勇談…………………………………………72
崖下の家………………………………………88
人形を焼く………………………………… 105
男と女の子………………………………… 119
娼婦の部屋………………………………… 247
寝台の舟…………………………………… 272
白い神経毬………………………………… 288
鳥獣虫魚…………………………………… 303
八重歯……………………………………… 335
*解説 才能の季節(川嶋至)………… 352
*解題(青山毅)………………………… 364
 

第4巻 1983.9.10
 
青い花………………………………………… 5
島へ行く………………………………………49
風景の中の関係………………………………68
街の底で………………………………………94
*解説 都会を描くということ(秋山駿)…… 373
*解題(青山毅)………………………… 387
 

第5巻 1983.10.10
 
海沿いの土地で……………………………… 7
深夜の散歩……………………………………22
手鞠……………………………………………41
未知の人………………………………………52
青い映画の話…………………………………68
がらんどう……………………………………90
蛸の話……………………………………… 108
ハーバー・ライト………………………… 122
電話と短刀………………………………… 138
童謡………………………………………… 153
くちびるの形……………………………… 170
流行………………………………………… 188
家屋について……………………………… 205
艶話ふたつ………………………………… 215
1 肥った客……………………………… 215
2 眼鏡の女……………………………… 223
探す………………………………………… 235
子供の領分………………………………… 252
闇のなかの祝祭…………………………… 271
*解説 「闇のなかの祝祭」再読(鮎川信夫)…… 375
*解題(青山毅)………………………… 385
 

第6巻 1983.4.20
 
風呂焚く男…………………………………… 5
室内……………………………………………24
砂の上の植物群………………………………55

私の文学放浪……………………………… 247
*解説 「見る」ことの力学(磯田光一)…… 369
*解題(青山毅)………………………… 384
 

第7巻 1983.11.10
 
出口…………………………………………… 7
暗い宿屋………………………………………21
花束……………………………………………35
西瓜を持つ女…………………………………49
錆びた海………………………………………58
香水瓶…………………………………………71
手品師…………………………………………83
痴…………………………………………… 104
騙す………………………………………… 124
技巧的生活………………………………… 142
皿の苺……………………………………… 313
紫陽花……………………………………… 330
猫踏んじゃった…………………………… 348
*解説 都会のなかの関係(奥野健男)…… 362
*解題(青山毅)………………………… 375
 

第8巻 1983.12.10
 
窓の中………………………………………… 7
食卓の光景……………………………………23
長い崖道………………………………………34
不意の出来事…………………………………70
車のなか………………………………………94
マドモアゼル・クロード………………… 108
初恋………………………………………… 123
星と月は天の穴…………………………… 130
埋葬………………………………………… 274
あしたの夕刊……………………………… 287
春の声……………………………………… 304
夢三つ……………………………………… 320
双生………………………………………… 331
*解説 「白」のエロス的形而上学(高橋英夫)…… 345
*解題(青山毅)………………………… 358
 

第9巻 1984.1.10
 
曲った背中…………………………………… 5
おもいやり……………………………………20
アイラブユーの相良武雄……………………35
赤い歳月………………………………………73
ある夫婦…………………………………… 120
暗室………………………………………… 134
*解説 『暗室』再読(川村二郎)…… 366
*解題(青山毅)………………………… 375
 

第10巻 1984.2.10
 
廃墟の眺め…………………………………… 7
歯………………………………………………21
ディエップ=ニューヘイヴン経由…………23
白い半靴………………………………………64
その魚…………………………………………76
花畠……………………………………………81
紺色の実………………………………………83
蝿………………………………………………87
古い家屋………………………………………90
楽隊の音………………………………………96
一見猥本風……………………………………99
湿った空乾いた空………………………… 107
暗い道……………………………………… 244
待つ女……………………………………… 251
七変化の奇人……………………………… 258
百メートルの樹木………………………… 276
小石………………………………………… 288
薬…………………………………………… 294
壁…………………………………………… 300
鞄の中身…………………………………… 303
独語癖……………………………………… 314
スーパースター…………………………… 326
都会の雪女………………………………… 338
パーティー………………………………… 352
*解説 夢の横道(清水徹)…………… 359
*解題(青山毅)………………………… 374
 

第11巻 1984.3.10
 
三人の警官…………………………………… 5
ミスター・ベンソン…………………………13
立っている肉…………………………………25
怖ろしい場所…………………………………38
*解説 存在と不安とのっぺらぼう(大岡信)…… 353
*解題(青山毅)………………………… 363
 

第12巻 1984.4.10
 
暗闇の声……………………………………… 7
あいびき………………………………………24
三人目の王様…………………………………28
片方の靴………………………………………43
扉のむこう……………………………………47
蛾………………………………………………52
鮭ぞうすい製造法……………………………54
雨傘……………………………………………57
死んだ兵隊さん………………………………61
手術……………………………………………64
サンタクロース………………………………67
粘土合戦………………………………………71
百の唇…………………………………………78
夕暮まで………………………………………86
卵…………………………………………… 218
寝たままの男……………………………… 221
煙突男……………………………………… 236
菓子祭……………………………………… 254
葛飾………………………………………… 268
沈む都……………………………………… 290
*解説 双頭の蛇(種村季弘)………… 354
*解題(青山毅)………………………… 366
 

第13巻 1984.5.10
 
言葉と表情……………………………………15
暖く動き過ぎる心臓…………………………17
「芥川賞」受賞の言葉………………………20
中城ふみ子『乳房喪失』評…………………21
三浦朱門『冥府山水図』評…………………24
戦中少数派の発言……………………………27
富士正晴『贋・久坂葉子伝』評……………32
私の帰郷………………………………………34
九百九拾円の放蕩……………………………36
阿川弘之『雲の墓標』評……………………58
銀座と私………………………………………60
安岡章太郎の作品……………………………64
私の聞いたラジオ番組………………………70
「居酒屋」映画評……………………………78
静岡市精密大地図……………………………83
「数字」へのあこがれ………………………85
「魔物の仕業」にメス………………………88
名前について…………………………………90
雑踏の中で……………………………………93
江戸川乱歩『わが夢と真実』評……………96
円地文子『妖』評……………………………98
焼大福……………………………………… 100
作家は職業か……………………………… 103
交友録断章………………………………… 106
小説製造機の「苦悩」…………………… 110
お化け映画は楽しい……………………… 113
山へ海へと人は行くが…………………… 116
詐欺………………………………………… 119
年齢について……………………………… 122
日記………………………………………… 125
私の誕生日………………………………… 129
カンガルーと拳闘………………………… 133
抒情詩人の扼殺―荷風小論―…………… 136
週刊誌小説について……………………… 142
都会の中の旅……………………………… 146
「鍵」映画評……………………………… 149
小説の処方箋……………………………… 151
師走の隅田川……………………………… 155
北杜夫『どくとるマンボウ航海記』評… 158
詐欺の口上………………………………… 160
日記………………………………………… 162
小説とモデル問題について……………… 165
詩よりも詩的なもの……………………… 168
審美眼……………………………………… 172
プライヴァシーについて………………… 175
座右の辞書………………………………… 177
小島信夫のこと…………………………… 178
シャボテンの鉢…………………………… 181
世界選手権ボクシング観戦記(1) …… 183
某月某日…………………………………… 185
ヴィクトル・E・フランクル『夜と霧』評…… 187
偶然について……………………………… 189
『島尾敏雄作品集』推薦………………… 192
「風景」の一年…………………………… 195
季節を口説く……………………………… 197
九官鳥……………………………………… 200
牧野信一ファン…………………………… 203
悩ましい時間……………………………… 206
恩師岡田先生のこと……………………… 209
世界選手権ボクシング観戦記(2) …… 214
日記………………………………………… 216
『わたくし論』あとがき………………… 221
「文学界」新人賞(第15回)選評……… 222
金…………………………………………… 224
「夜の終りに」映画評…………………… 227
日本シリーズ野球観戦記………………… 231
実感的十返肇論…………………………… 233
営業方針について………………………… 250
舟橋聖一小論……………………………… 256
北原武夫『誘惑者の手記』推薦………… 266
コワモテ風の姿勢を排す………………… 267
夏目伸六『父・夏目漱石』評…………… 270
北陸温泉郷・芸者問答…………………… 273
達人の話…………………………………… 290
未知の人の手紙…………………………… 292
殊勲賞の弁………………………………… 296
仲間たち…………………………………… 298
料理への愛情……………………………… 317
トリュフォー「柔らかい肌」を観て…… 321
映画と短篇小説…………………………… 327
老眼鏡の話………………………………… 332
高見順氏と私……………………………… 335
私の能率学………………………………… 341
電話………………………………………… 344
能島廉『駒込蓬莱町』推薦……………… 349
「新潮社文学賞」受賞の言葉…………… 350
酒中日記…………………………………… 351
飲む………………………………………… 355
『軽薄派の発想』あとがき……………… 359
野坂昭如『エロ事師たち』推薦………… 360
芝居「雨か日和か」原作者の言葉……… 361
*解説 「吉行淳之介鞍馬天狗論」もしくは暖簾に腕押し(山口瞳)…… 363
*解題(青山毅)………………………… 378
 

第14巻 1984.6.10
 
映画「幸福」の感想…………………………17
「復讐」のために―文学は何のためにあるのか―……19
路地について…………………………………27
名著発掘………………………………………30
川端康成伝断片………………………………33
作品と制作プロセス…………………………67
「文学界」新人賞(第23回)選評…………70
わが詩歌………………………………………72
山口瞳『世相講談』推薦……………………79
なんのせいか…………………………………80
ライスカレー…………………………………93
野坂昭如『受胎旅行』推薦…………………96
重厚と軽薄……………………………………97
ヘンリー・ミラー『愛と笑いの夜』訳書あとがき…… 100
山と太陽と家……………………………… 106
マンディアルグについて………………… 110
鬱の一年…………………………………… 115
戦没者遺稿集について…………………… 139
私のなかの危機感………………………… 143
いくらとすずこ…………………………… 147
一声タレントの記………………………… 149
亜米利加の宿……………………………… 151
日曜日……………………………………… 153
引越して咲いた金木犀の花……………… 156
銀座の露店………………………………… 159
死とのすれ違い…………………………… 162
ドストエフスキー「地下生活者の手記」評…… 166
辞書を引く………………………………… 170
坂口安吾について………………………… 172
久生十蘭のこと…………………………… 174
日記………………………………………… 176
ケチの才能………………………………… 179
ある種の晩年意識………………………… 184
自転車事故………………………………… 190
紙ツブテ「面白半分」…………………… 192
「ブンガク人間」小島信夫……………… 195
古井由吉『杳子・妻隠』評……………… 199
一通の封書が届く………………………… 203
靴のはなし………………………………… 205
ある記念会場にて………………………… 209
戯作者ということ………………………… 211
私と教科書………………………………… 213
花冷えの季節……………………………… 216
桜の花がきれいだよ……………………… 218
風が吹けば………………………………… 221
傘を売った話……………………………… 223
ある調査表のこと………………………… 224
内田百 氏のこと………………………… 226
中井英夫『黒衣の短歌史』推薦………… 229
殿山泰司『バカな役者め!!』推薦…… 230
役者・芦田伸介…………………………… 231
アフォリズム……………………………… 233
貰い下手…………………………………… 235
怒りと慣れ………………………………… 238
ミス東京と都民税………………………… 241
電話が鳴る………………………………… 244
幻化忌の夜………………………………… 247
森内俊雄『骨川に行く』評……………… 249
暑い日曜日………………………………… 251
「海の百合」のこと……………………… 253
一代かぎり………………………………… 257
いやな夢こわい夢………………………… 260
某月某日…………………………………… 263
奇妙な夢…………………………………… 265
断片的に…………………………………… 268
悪い季節…………………………………… 271
作家は職業か……………………………… 273
『てろてろ』をめぐって………………… 275
志賀直哉氏のこと………………………… 277
むつかしい日本語………………………… 280
酒中日記…………………………………… 282
綴方について……………………………… 287
草を引っ張ってみる……………………… 289
弁解のいる暖炉…………………………… 291
飼い馴らしと書きおろし………………… 293
うらぶれた記憶…………………………… 296
ある日曜日………………………………… 299
白痴化……………………………………… 301
弱い大関の誕生…………………………… 306
芥川賞(第66回)選評…………………… 307
サドの周辺………………………………… 309
素九鬼子『旅の重さ』推薦……………… 312
『幻の花たち』編集後記………………… 313
芥川賞(第67回)選評…………………… 319
長部日出雄『津軽世去れ節』推薦……… 321
樹に千びきの毛蟲………………………… 322
『樹に千びきの毛蟲』まえがき………… 327
芥川賞(第68回)選評…………………… 330
ママカリ…………………………………… 332
太宰賞(第9回)選評 …………………… 334
長部日出雄の乱れ酒……………………… 336
パチンコ雑話……………………………… 343
芥川賞(第69回)選評…………………… 348
庄野潤三のこと…………………………… 350
マリリン・モンロー……………………… 353
日本腰巻文学大賞(第1回)選評 ……… 356
*解説 短篇小説と随筆(吉村昭)…… 358
*解題(青山毅)………………………… 368
 

第15巻 1984.7.10
 
クレーをめぐる気侭な小文…………………15
残酷と野放図―童謡と私―…………………30
『岡本かの子全集』を推す…………………38
芥川賞(第70回)選評………………………39
開高健のこと…………………………………41
浦島太郎―童話と私―………………………44
「世紀末」と「明治人間」…………………51
遠藤周作のユーモアと話術…………………64
四畳半襖の下張「裁判」法廷私記…………71
『四角三角丸矩形』あとがき………………92
芥川賞(第71回)選評………………………93
『北原武夫文学全集』を推す………………95
日記……………………………………………96
パリで観た「エマニエル夫人」……………99
冬の味……………………………………… 101
新戯作派についての独断と偏見………… 103
白色嫌厭症………………………………… 109
映画館の看板……………………………… 114
私の近況…………………………………… 116
いろいろの正月…………………………… 118
外国の歩道で……………………………… 123
葡萄酒とみそ汁…………………………… 126
三島事件当日の午後……………………… 139
芥川賞(第72回)選評…………………… 143
夢を見る技術……………………………… 145
松葉杖の花売娘…………………………… 149
テリエ館…………………………………… 152
チャプリンと七匹の猿…………………… 159
芥川賞(第73回)選評…………………… 162
児玉隆也との最後の日曜日……………… 164
コリンヌ・リュシェール………………… 170
「陰翳礼讃」を読む……………………… 173
スロット・マシン………………………… 177
「狂才」筒井康隆………………………… 180
大晦日……………………………………… 186
石膏色と赤………………………………… 190
洋の東西…………………………………… 194
原稿用紙…………………………………… 199
「瘋癲老人日記」を読む………………… 201
追悼・舟橋聖一…………………………… 207
芥川賞(第74回)選評…………………… 211
眼の変化…………………………………… 213
葉書の書留………………………………… 217
高峰秀子さんの手相……………………… 219
前川直展によせて………………………… 223
『水上勉全集』を推す…………………… 224
眼鏡屋へ…………………………………… 225
滝田ゆうと玉ノ井と……………………… 227
芥川賞(第75回)選評…………………… 232
税務署からの電話………………………… 234
『酒について』後書き…………………… 236
郷里・岡山………………………………… 239
怪盗マブゼ博士…………………………… 241
受験と人生………………………………… 245
「?」と「!」の話……………………… 249
近況………………………………………… 252
芥川賞(第76回)選評…………………… 253
「男たちよ!」感想文…………………… 255
好きな詩…………………………………… 259
色川武大『怪しい来客簿』推薦………… 263
紳士トリストラム・シャンディの生涯と意見…… 264
太宰賞(第13回)選評…………………… 266
「権威」について………………………… 268
「虚構の春」のこと……………………… 279
木の洞穴…………………………………… 283
ボルドーの南……………………………… 287
内容と外形の照応………………………… 291
芥川賞(第77回)選評…………………… 300
睡眠薬と高見順…………………………… 302
父エイスケについて……………………… 305
葱とタマネギ……………………………… 319
ひとりの時間……………………………… 322
『日本近代文学大事典』を推す………… 323
『佐多稲子全集』を推す………………… 324
深夜の妄想………………………………… 325
和田さんの塩煎餅………………………… 329
カレンダーの謎…………………………… 332
慶祝慶賀大飯店…………………………… 335
千の眼……………………………………… 340
恐怖について……………………………… 344
鞄…………………………………………… 346
排便についての賭………………………… 350
芥川賞(第78回)選評…………………… 352
埴谷さんのこと…………………………… 354
オペラ「娼婦の部屋」…………………… 357
怪しい笑い………………………………… 361
群像新人賞(第21回)選評……………… 363
追悼・柴田錬三郎………………………… 366
*解説 頑固な人(池田満寿夫)……… 369
*解題(青山毅)………………………… 380
 

第16巻 1984.8.10
 
私の文章修業…………………………………17
芥川賞(第79回)選評………………………22
『和田芳恵全集』を推す……………………24
『酔っぱらい読本・壱』編者あとがき……25
『酔っぱらい読本・弐』編者あとがき……28
私の一九七八年………………………………32
赤線地帯の島尾………………………………34
山本容朗『文壇百話 ここだけの話』跋文……38
野間賞受賞の言葉……………………………42
エアポケット…………………………………43
身辺雑記………………………………………48
名刺……………………………………………51
山口瞳『血族』を読む………………………54
『酔っぱらい読本・参』編者あとがき……56
ホテル暮しのときの一週間…………………59
サーモンピンクの壁…………………………66
私の近況………………………………………74
芥川賞(第80回)選評………………………76
ダダ雑感………………………………………78
本のない本屋…………………………………83
街角の煙草屋までの旅………………………85
『街角の煙草屋までの旅』後記……………89
『酔っぱらい読本・肆』編者あとがき……90
『種村季弘のラビリントス』推薦…………92
眼の問題………………………………………93
『酔っぱらい読本・伍』編者あとがき……95
緑の葉…………………………………………98
群像新人賞(第22回)選評……………… 100
カタラクト………………………………… 102
二行の出典………………………………… 104
『酔っぱらい読本・陸』編者あとがき… 107
控室で……………………………………… 109
スペインの蝿……………………………… 115
芥川賞(第81回)選評…………………… 121
阿佐田哲也『麻雀放浪記』推薦………… 123
中央公論新人賞(第5回)選評 ………… 124
「ベスト・ドレッサー賞」謝辞………… 126
女性の手の紙ばさみ……………………… 127
『酔っぱらい読本・漆』架空対談……… 128
ビートルズカラーのクリップ…………… 131
『小沼丹作品集』を推す………………… 132
ヤマフジ博士とサンドウ氏……………… 133
「 東綺譚」を読む……………………… 137
虎列剌の話………………………………… 144
朝の電話…………………………………… 148
『川崎長太郎自選全集』を推す………… 152
芥川賞(第82回)選評…………………… 153
小林亜星『あざみ白書』推薦…………… 155
スルメと焼酎……………………………… 156
『島尾敏雄全集』を推す………………… 167
『久坂葉子作品集』推薦………………… 168
幾つかの「一冊の本」…………………… 169
五味康祐のこと…………………………… 180
「才能」と「運」と……………………… 184
ヘンリー・ミラーと私…………………… 186
永井荷風『断腸亭日乗』を推す………… 190
芥川賞(第83回)選評…………………… 192
『吉行淳之介娼婦小説集成』後記……… 194
映画「夕暮まで」を見て………………… 196
ゴシップの限界…………………………… 198
ヴェニスへの旅…………………………… 200
なつかしい気分…………………………… 205
初代編集長の弁…………………………… 207
あるテストの結果………………………… 211
石川淳氏との一夜………………………… 216
読売国際漫画大賞(第2回)選評 ……… 221
年賀状……………………………………… 223
酒中日記…………………………………… 228
梶山季之の思い出………………………… 232
芥川賞(第84回)選評…………………… 235
和田誠の似顔絵…………………………… 237
漫画とわたし……………………………… 241
踊り子……………………………………… 244
追悼・立原正秋…………………………… 268
「幻に化す料理」集成…………………… 273
『谷崎潤一郎全集』を推す……………… 277
赤とんぼ騒動……………………………… 278
芥川賞(第85回)選評…………………… 281
永井龍男氏との縁………………………… 283
薬…………………………………………… 287
犬が育てた猫……………………………… 292
日記―「とくになし」について………… 296
芥川賞(第86回)選評…………………… 310
酒中日記…………………………………… 312
森茉莉「薔薇くい姫」など……………… 316
芥川賞(第87回)選評…………………… 324
理髪店で…………………………………… 326
『古井由吉 作品』を推す……………… 331
『黒岩重吾全集』を推す………………… 332
「小さな大人」ということ……………… 333
末広がり…………………………………… 337
『〈古典を読む〉シリーズ』を推す…… 339
芥川賞(第88回)選評…………………… 340
個人全集の内側…………………………… 342
メモの切れ端……………………………… 346
ダンボールの箱…………………………… 349
黒目が遊ぶ………………………………… 351
向田邦子に御馳走になった経緯………… 353
芥川賞(第89回)選評…………………… 361
「祭礼の日」から三十年………………… 363
子年生れ…………………………………… 367
*解説 吉行さんのニンゲン分析(田中小実昌)…… 369
*解題(青山毅)………………………… 382
 

第17巻 1984.9.10
 
好色五人女…………………………………… 7
好色一代男………………………………… 113
訳者覚え書……………………………… 317
世之介とは何者………………………… 377
*解説 八丁堀のダンナ(村松友視)… 407
*解題(青山毅)………………………… 418
 

別巻1 1984.10.10
 
短篇についての論議(安岡章太郎)……… 7
文学における体験(北原武夫)……………42
ポルノと現代文学(開高健)………………68
中年と老年の文学(丸谷才一)……………91
拒絶反応について(古井由吉)………… 110
女体の陰翳(加山又造)………………… 149
湧き水について(田村隆一)…………… 164
小説について(和田芳恵)……………… 193
文体への二つのアプローチ(河野多恵子)…… 224
批評の怖ろしさ(川村二郎)…………… 255
気紛れ「ことば」対談(森茉莉)……… 284
ザ・ダーク・ルーム(ジョン・ベスター)…… 301
夢・鏡・迷路(種村季弘)……………… 329
*解説 吉行さんの対談好き(清水信)…… 352
*解題(青山毅)………………………… 363
 

別巻2 1984.11.10
 
変った種族研究(抄)……………………… 9
野坂昭如……………………………………11
鴨居羊子……………………………………20
青島幸男……………………………………29
浜口庫之助…………………………………38
富永一朗……………………………………47
戸川昌子……………………………………56
殿山泰司……………………………………66
今村昌平……………………………………76
加賀まりこ…………………………………85
柳家三亀松…………………………………95
アンジェラ浅丘………………………… 104
武智鉄二………………………………… 114
高橋鉄…………………………………… 123
野末陳平………………………………… 132
清水正二郎……………………………… 141
恐怖対談…………………………………… 151
酒乱乱酔篇(長部日出雄)…………… 153
こわいでしたねサヨナラ篇(淀川長治)…… 177
赤いポチポチ変幻篇(色川武大)…… 202
「一夜にして白髪」篇(斎藤茂太)… 227
亀は東を向いてナクばかり篇(小沢昭一)…… 252
リメンバー・ニューヨーク・復讐篇(黒田征太郎)…… 275
サイネスとヨダレニズム篇(池田満寿夫)…… 297
フレッドとジムの葬式篇(倉本聡)… 321
アロハニオヘソ篇(小田島雄志)…… 342
*解説 吉行さんの写真術(長部日出雄)…… 368
*解題(青山毅)………………………… 378
 

別巻3 1985.1.10
 
習作集
隔離病室にて…………………………………15
予感……………………………………………16
饗宴……………………………………………17
懶い恐れの夜…………………………………18
盛夏……………………………………………19
遁走……………………………………………21
餓鬼……………………………………………28
雪………………………………………………31
父の年齢………………………………………36
I
川村二郎 金属の薔薇……………………39
川村二郎 『夕暮まで』について………53
磯田光一 空間崩壊の文学………………58
高橋英夫 衰弱からの再生………………69
清水信 「ヴェニス紀行」と『菓子祭』……85
後藤明生 不思議な興奮…………………94
古井由吉 《暗室》へ……………………97
河野多恵子 『夕暮まで』の性………… 103
日野啓三 「世界を支援せよ」……… 106
日高普 『寝台の舟』について……111
丸谷才一 花柳小説論ノート………… 117
秋山駿 レモンを絞る場所………… 126
柘植光彦 吉行淳之介の方法………… 141
奥野健男 素顔の作家………………… 155
藤林靖晃 「夢の車輪」論…………… 160
馬場礼子 防壁の背後にあるもの…… 172
三浦雅士 眼の遊戯…………………… 179
中野孝次 対談・小説作法…………… 198
II
島尾敏雄 ヨシユキ反応……………… 233
結城信一 短篇小説の新人群………… 240
坂本一亀 『原色の街』から―年代記風に…… 245
森茉莉 広い野原の中の吉行淳之介…… 248
山藤章二 上野毛の黄門様…………… 250
中沢けい 白いカフスと花束………… 252
村上春樹 僕の出会った有名人……… 255
結城昌治 格即是風…………………… 257
山口瞳 吉行さんの名刺…………… 259
色川武大 吉行さんはいつも吉行さん…… 261
荒川洋治 吉行淳之介の「男」……… 265
正津勉 詩・漆黒…………………… 268
渋沢龍彦 「ああモッタイない」…… 270
三浦朱門 市ケ谷の頃………………… 274
北杜夫 もてすぎること…………… 277
野坂昭如 吉行さんの存在…………… 279
長部日出雄 吉行淳之介と娼婦の街…… 282
村松友視 吉行さんとのライブの時間…… 291
和田誠 軽薄対談から恐怖対談へ… 307
殿山泰司 あの「洋食屋」のオヤジは…… 311
芦田伸介 バカバカしい席での仲間… 314
生島治郎 吉行さんとオトシ穴……… 318
黒岩重吾 酒場での挨拶……………… 321
黒鉄ヒロシ ボクは連呼魔になってしまう…… 324
小島功 新人漫画家発掘の名人…… 328
峯島正行 その編集者時代と若い漫画家たち…… 331
山本容朗 酒場の人間模様…………… 335
武田百合子 よしゆき賛江……………… 344
瀬戸内晴美 水のように………………… 347
阿川弘之 おせつ徳三郎……………… 350
遠藤周作 ニセ伯爵令嬢事件………… 355
大久保房男 『闇のなかの祝祭』のころ…… 360
中島和夫 『暗室』に灯りがともるとき…… 364
小島信夫 それは誤解です…………… 367
進藤純孝 風向き……………………… 370
安岡章太郎 吉行淳之介と自動車の関係…… 382
*解題……………………………………… 396
*執筆者紹介……………………………… 407
*年譜……………………………………… 417
*著書目録………………………………… 433
*参考文献目録…………………………… 449
[ 2011/04/07 01:49 ] 吉行淳之介 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール
本サイトでは管理人が趣味で作成したデータベースを公開しています。著作権等の知的財産権を侵害する意図はありません。ご要望のある方はお知らせください。速やかに対応致します。なお、データの無断複製・転載はお断りしています。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。