研究余録 ~全集目次総覧~ TOP  >  スポンサー広告 >   >  和田徹三 >  『和田徹三全集』全6巻

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『和田徹三全集』全6巻

『和田徹三全集』全6巻(沖積舎、1983.11~1993.6)



1 詩篇 1 1984.6.1
 
白と黒のポエマティア……………………… 7
目2 ………………………………………… 9
時……………………………………………10
矢……………………………………………11
合……………………………………………12
願……………………………………………13
綱……………………………………………14
花2 …………………………………………15
命……………………………………………16
二……………………………………………17
手2 …………………………………………18
波……………………………………………19
魚……………………………………………20
光……………………………………………21
塵……………………………………………22
紋……………………………………………23
一……………………………………………24
渦……………………………………………25
歌2 …………………………………………27
蝶……………………………………………28
馬……………………………………………29
歌1 …………………………………………30
楽……………………………………………31
胴……………………………………………32
顔……………………………………………33
道2 …………………………………………34
球……………………………………………35
和2 …………………………………………36
譚……………………………………………37
温……………………………………………39
罪……………………………………………40
手1 …………………………………………41
譚詩 浄瑠璃寺幻想・華……………………43
虚…………………………………………… 135
虚1 ……………………………………… 137
虚2 ……………………………………… 138
虚3 ……………………………………… 139
車………………………………………… 140
癩………………………………………… 141
言………………………………………… 142
目………………………………………… 143
海2 ……………………………………… 144
戯………………………………………… 145
泉………………………………………… 146
汚………………………………………… 147
詩………………………………………… 148
夢1 ……………………………………… 149
夢2 ……………………………………… 151
蝋………………………………………… 153
獄………………………………………… 154
灯………………………………………… 155
実………………………………………… 156
面………………………………………… 157
声………………………………………… 158
門2 ……………………………………… 159
笛………………………………………… 160
溶………………………………………… 161
転………………………………………… 162
海1 ……………………………………… 163
玄………………………………………… 164
足………………………………………… 165
虫2 ……………………………………… 167
指………………………………………… 168
和………………………………………… 169
風………………………………………… 170
狐………………………………………… 171
道………………………………………… 172
点………………………………………… 173
花………………………………………… 174
根………………………………………… 175
仏………………………………………… 176
門1 ……………………………………… 178
窓………………………………………… 179
骨………………………………………… 181
虫1 ……………………………………… 183
神話的な変奏・自然回帰………………… 185
*解説(星野徹)………………………… 275
 

2 詩篇 2 1983.11.25
 
金属の下の時間……………………………… 7
I
倖せな蜜蜂たち………………………… 9
苦い風……………………………………11
流れる雲の下で…………………………13
静かな歯と眼……………………………15
白い鏡……………………………………17
夜の汀……………………………………19
朝の絵……………………………………21
昼の門……………………………………23
雪と石……………………………………25
しずかな寓話……………………………28
吹雪は燃えている………………………30
夜の河……………………………………32
言葉のはざまから………………………35
鏡のなかの夜……………………………37
濡れた窓…………………………………39
II
ネガ・リヴィング………………………42
ニュースの陰の暗がりで………………45
壁に書いた詩……………………………48
首…………………………………………50
道…………………………………………52
袋…………………………………………54
金属の下の時間・拾遺………………………57
石の花………………………………………59
花の歌………………………………………61
わたしたちは………………………………63
白い海藻の街…………………………………65
白い海藻の街から…………………………67
歌わないオルゴールの歌…………………69
粘液の記録…………………………………71
雪のなかの歌………………………………73
馬について…………………………………75
風の日の記録………………………………77
紙を切抜く少女……………………………78
吹雪の記録…………………………………80
犬のうたう犬の歌…………………………81
冬の幻について……………………………83
空(くう)について………………………85
愛について…………………………………87
癲狂院の庭…………………………………89
瘋癲病院の廊下から………………………91
黄いろい花の曲角…………………………92
使いものにならない鋳型の話……………94
乞食に紙幣を貰った話……………………96
ばかばかしい夜の話………………………98
風廊〈抄〉………………………………… 101
初苺……………………………………… 103
たそがれゆく…………………………… 105
病床寸楮………………………………… 107
ぽぷら…………………………………… 109
糧………………………………………… 111
こぶしと霧……………………………… 113
季魂……………………………………… 115
綿雪……………………………………… 117
合弁花冠…………………………………… 119
冬の歌…………………………………… 121
嵐………………………………………… 123
鼻………………………………………… 125
点描……………………………………… 126
転落……………………………………… 128
膿………………………………………… 130
薤………………………………………… 131
札幌市創成川…………………………… 133
春………………………………………… 135
鬼………………………………………… 136
風………………………………………… 137
コロポックル…………………………… 139
天蓋……………………………………… 141
幻………………………………………… 143
子供の生まれる朝……………………… 145
生理……………………………………… 147
平行……………………………………… 148
フランソワ・ヴィヨンへの手紙……… 149
唐草物語…………………………………… 151
序詩・アラベスク……………………… 153
懺悔物語………………………………… 156
点描……………………………………… 158
I 娼婦………………………………… 158
II 塀 ………………………………… 158
III 朝………………………………… 159
IV 秋 ………………………………… 159
V 僧…………………………………… 160
びやん…………………………………… 162
寒夜痴語………………………………… 164
奇面……………………………………… 166
古里……………………………………… 168
暁霧譜…………………………………… 169
讃歌……………………………………… 171
対峙……………………………………… 173
苦闘……………………………………… 175
挽歌……………………………………… 176
傷痕……………………………………… 178
嬰児……………………………………… 180
真夜の雪………………………………… 182
凍原物語………………………………… 183
焼く……………………………………… 187
動かざるとき…………………………… 189
叡知……………………………………… 191
矛盾……………………………………… 193
帰路……………………………………… 195
門…………………………………………… 197
神話……………………………………… 199
夜曲……………………………………… 201
涯………………………………………… 203
ネアン…………………………………… 206
風影……………………………………… 208
黙劇……………………………………… 210
夜明……………………………………… 212
SKETCHES………………………………… 214
小景…………………………………… 214
Overture……………………………… 215
鳩……………………………………… 215
窓辺…………………………………… 216
門……………………………………… 216
園………………………………………… 217
現象……………………………………… 218
歌唱詩集
北の歌…………………………………… 225
1 北の春……………………………… 225
2 夏の海……………………………… 226
3 北の秋……………………………… 227
4 雪の魔法…………………………… 228
コタンの歌……………………………… 231
1 船漕ぎ歌(チポハウ)…………… 231
2 マリモの歌………………………… 233
3 熊の坐歌(くまのウポポ)……… 234
4 アッシの歌………………………… 237
5 臼搗き歌(イコタウポポ)……… 238
6 ムックリの歌……………………… 241
7 パナンペ・ペナンペの輪舞(リムセ)…… 241
8 カエルの子守歌(イフンケ)…… 243
母の歌…………………………………… 245
1 ルミがいなくなってから………… 245
2 あのとき…………………………… 247
3 白い鳥……………………………… 249
愛の河…………………………………… 251
1 相聞………………………………… 251
2 華燭………………………………… 253
3 誕生………………………………… 255
4 祝婚歌……………………………… 257
海の歌…………………………………… 259
1 春の海……………………………… 259
2 夏の海……………………………… 260
3 秋の海……………………………… 261
4 冬の海……………………………… 262
北の花…………………………………… 265
1 ハマナス…………………………… 265
2 スズラン…………………………… 266
3 ライラック………………………… 267
4 キタコブシ………………………… 268
5 エゾキスゲ………………………… 268
6 エゾシャクナゲ…………………… 269
みんなの歌の…………………………… 271
チューリップのゆめI ………………… 272
チューリップのゆめII………………… 274
小鳥の会話……………………………… 276
春の風…………………………………… 278
原始人のように………………………… 280
神話的な変奏…………………………… 281
1 水色のオード……………………… 281
2 童話風なファンタジア・こころ… 283
3 終章………………………………… 286
讃歌……………………………………… 290
1 蝋…………………………………… 290
2 海…………………………………… 291
3 泉…………………………………… 291
4 塵…………………………………… 292
5 笛…………………………………… 293
6 波…………………………………… 294
*解説(杉本春生)……………………… 295
 

3 児童文学篇 1983.12.15
 
少年詩集 緑のアーチ……………………… 7
早春………………………………………… 9
北の春………………………………………10
スズメの教室………………………………11
チューリップのゆめ………………………13
チョウとバラ………………………………15
タンポポ・ヘリコプター…………………17
交響曲『雨の日曜日』……………………19
夏の海………………………………………21
夏の絵………………………………………22
バレー・ボール・マッチ…………………24
雲……………………………………………26
机の上………………………………………27
初秋…………………………………………31
北の秋………………………………………33
ちゃわんとメダカ…………………………34
きみとぼくのあいだを……………………36
きいろいぼうし……………………………38
雪の魔法……………………………………40
スキー………………………………………42
おはなし……………………………………44
冬の芽………………………………………48
緑の行進……………………………………49
戦争時代記念博物館………………………54
風の歌………………………………………60
ライラックの家………………………………75
この本のはじめに(百田宗治)…………77
とびらのことば……………………………78
お誕生日……………………………………81
通知箋………………………………………94
たねまき………………………………… 103
競馬虫…………………………………… 108
ライラック……………………………… 112
三毛とトンボ…………………………… 125
よいこのなかま………………………… 131
とりいれ………………………………… 146
ナイフ…………………………………… 150
おとしとり……………………………… 159
光の祭……………………………………… 167
この本を読むみなさんに 序(百田宗治)…… 169
風のあれる夜…………………………… 171
風の精…………………………………… 177
赤い島…………………………………… 182
紫の島…………………………………… 195
青い島…………………………………… 206
緑の島…………………………………… 218
黄の島…………………………………… 230
白い島…………………………………… 241
風の舞…………………………………… 251
あかるい朝……………………………… 263
あとがき………………………………… 267
子すずめのひろった話…………………… 269
子すずめの家…………………………… 271
白い蝶にきいた話……………………… 280
ありとたね……………………………… 287
しろ くろ 子ねこ…………………… 292
ひよこのべんきょう…………………… 297
花火のようなたからもの……………… 300
うみがもにきいた話…………………… 304
冬の歌…………………………………… 311
春まつ家………………………………… 316
内村鑑三…………………………………… 321
1 エルムの学校………………………… 323
2 はじめてもらった聖書……………… 327
3 クラーク先生………………………… 330
4 クリスチャンになる………………… 337
5 海辺のいのり………………………… 343
6 エルウィンの精薄者収容所………… 350
7 アマスト大学………………………… 357
8 紙に頭はさげられない……………… 363
9 理想国と渡良瀬川…………………… 371
10 戦争反対のたたかい ……………… 377
11 三つのかなしみ …………………… 380
12 ウメの花はちる …………………… 382
年譜……………………………………… 387
「内村鑑三」あとがき………………… 391
拾遺作品集
ほしのうたうよる……………………… 395
おさじ…………………………………… 398
おとのこどもたち……………………… 400
夢虫……………………………………… 406
鈴………………………………………… 416
わが子と厨子王………………………… 423
金と銀の橋……………………………… 428
実験室の戦士…………………………… 437
オキクルミと日の女神………………… 445
*解説(安藤美紀夫)…………………… 453
 

4 翻訳篇 1984.8.1
 
エドウィン・ミュア 時間の主題による変奏…… 7
エドウィン・ミュアについて……………35
ウォレス・スティーヴンズ詩抄……………53
もうひとりの泣きぬれる女………………55
十三様の黒い鳥……………………………56
カロライナで………………………………61
フロリダの寓話……………………………62
夏の祭壇(十章)…………………………63
マリーナ女王………………………………74
黒い支配……………………………………76
春の前の憂鬱………………………………78
家はしずか世界もおだやか………………79
雪男…………………………………………81
日曜日の耕作………………………………83
十時の幻滅…………………………………85
ランプを運ぶ娘……………………………86
アイス・クリームの皇帝…………………87
雲への話し方について……………………88
墓と考えられている天国について………89
乾いたパン…………………………………90
日曜日の朝(八章)………………………92
ウォレス・スティーヴンズについて… 100
ハーバート・リード フィーニクスの変容…… 109
ハーバート・リードの『フィーニクスの変容』について…… 127
ハーバート・リード 詩と詩論………… 139
ハーバート・リード 三十五の詩篇… 141
一九四〇年の一召集兵に…………… 143
スペインの被爆死傷者たち………… 147
ハーシェル・グリンスバン………… 148
コーニーリアス・ヴェインの死刑… 151
休戦記念日に寄せる短詩…………… 160
戦争の終末…………………………… 162
スペインのアナーキストたちに寄せる歌…… 196
北部軍団……………………………… 197
よく揃った糸束……………………… 198
九月の野火…………………………… 200
中間の時……………………………… 201
昼の確認……………………………… 203
夜の拒否……………………………… 204
夏の雨………………………………… 205
老朽船………………………………… 207
墓碑名………………………………… 209
シック エト ノン………………… 210
七人のねむる人……………………… 214
固い呪文……………………………… 216
装置…………………………………… 217
取り戻された時間…………………… 218
愛の分析……………………………… 219
フィーニクスの変容………………… 220
ベィアータラルマ…………………… 222
後退…………………………………… 226
ルースの白い島……………………… 234
鷹と鳩………………………………… 235
無心の目……………………………… 236
メルヴィル…………………………… 238
屋根…………………………………… 240
クラナッハ…………………………… 241
園遊会………………………………… 242
幼年時代……………………………… 243
ユニキュウムの悲しみ……………… 247
田園詩三篇…………………………… 248
ハーバート・リードの詩論 近代詩の形式…… 251
第1章 浪漫主義の形式と古典主義の形式…… 253
第2章 個性と性格 ………………… 258
第3章 詩における近代性 ………… 288
第4章 短詩形と長詩形 …………… 312
第5章 詩の生成と形式 …………… 335
*解説(中崎一夫)……………………… 397
 

5 詩論・随想篇 1984.12.20
 
形而上詩論ノート…………………………… 7
ハーバート・リード論…………………… 151
詩をめぐる断章…………………………… 295
「湾」創刊の頃………………………… 297
全詩集を刊行して……………………… 301
断章四題………………………………… 304
I ウィリアム・ブレイクのこと…… 304
II 村野さんのこと ………………… 306
III 安西美学についての断簡……… 309
IV 『環』と『玄猿』について …… 312
私の二詩集について…………………… 315
I 詩集『虚』………………………… 315
II 長篇詩集『神話的な変奏・自然回帰(じねんかいき)』…… 316
百田宗治の人と作品をめぐって……… 321
『空洞』について……………………… 348
西脇順三郎先生を悼む………………… 350
譚『浄瑠璃寺幻想・華』を書きおえて…… 356
批評の伝統化…………………………… 358
季節の歌…………………………………… 363
運動会…………………………………… 365
我が家のつつじ………………………… 368
春を待つ………………………………… 369
地獄の門………………………………… 372
合唱組曲『母の歌』をめぐって……… 376
宮城野萩のことなど…………………… 380
書物と装幀……………………………… 382
小品四題………………………………… 386
南窓記…………………………………… 392
傍観録…………………………………… 395
終の住みか……………………………… 398
浄土について…………………………… 402
花………………………………………… 405
冬の鏡……………………………………… 407
*解説(星野徹)………………………… 447
*年譜(斎藤邦男)……………………… 457
*全集全五巻の上梓を終えて(和田徹三)…… 483
 

6 増補篇 1993.6.21
 
詩集・詩論…………………………………… 5
永遠―わが唯識論…………………………… 7
白と黒のポエマティア………………………55
芯……………………………………………57
門3 …………………………………………58
我……………………………………………59
像……………………………………………60
灯2 …………………………………………61
蛙……………………………………………62
粒……………………………………………63
歪……………………………………………64
滝……………………………………………65
鈴……………………………………………66
心……………………………………………67
木……………………………………………68
光3 …………………………………………69
種……………………………………………70
目3 …………………………………………71
寿……………………………………………72
光2 …………………………………………73
涙……………………………………………74
虫3 …………………………………………77
繭……………………………………………78
花3 …………………………………………79
目2 …………………………………………80
時……………………………………………81
矢……………………………………………82
合……………………………………………83
願……………………………………………84
綱……………………………………………85
花2 …………………………………………86
命……………………………………………87
二……………………………………………88
手2 …………………………………………89
波……………………………………………90
魚……………………………………………91
光……………………………………………92
塵……………………………………………93
紋……………………………………………94
一……………………………………………95
渦……………………………………………96
歌2 …………………………………………98
蝶……………………………………………99
馬………………………………………… 100
歌1 ……………………………………… 101
楽………………………………………… 102
胴………………………………………… 103
顔………………………………………… 104
道2 ……………………………………… 105
球………………………………………… 106
和2 ……………………………………… 107
譚………………………………………… 108
温………………………………………… 110
罪………………………………………… 111
手1 ……………………………………… 112
譚 大経ファンタジア・神話…………… 113
トライアングルの音のする夢の会話…… 167
形而上詩論素稿…………………………… 181
評論・随想………………………………… 393
形而上詩論原動力に…………………… 395
少年の日………………………………… 398
T・Sエリオットと「中道」…………… 402
佐藤三夫氏への手紙…………………… 404
十部限定の和綴じ本…………………… 410
『人形連祷』随想……………………… 412
京の旅・ブレイクの旅………………… 416
北園克衛の思い出……………………… 419
跋………………………………………… 420
アンニュイとエロティシズムの小宇宙…… 426
詩碑の除幕式に出席して……………… 432
永田耕衣翁のこと……………………… 434
形而上詩論ノート……………………… 437
『ブレイク詩集』と『書物論集成』の出版を祝って…… 455
ウィリアム・ブレイク著 寿岳文章訳「唯理神之書」「永遠之福音」について…… 457
余白の独語……………………………… 466
ムーアの形象美………………………… 471
星野詩風についての断章……………… 474
山頭火讃仰……………………………… 477
「湾」の三十五年……………………… 478
戸田ヒロコさんと私の詩集…………… 481
幻想的唯識論をめぐって……………… 483
杉本春生の文章の魅力………………… 489
*解説(星野徹)………………………… 491
*「湾」と和田徹三(斎藤邦男)……… 497
*年譜(続)(斎藤邦男編)…………… 503
*全著作解題(和田徹三,斎藤邦男編)…… 511
*後書(和田徹三)……………………… 525
[ 2011/04/10 12:20 ] 和田徹三 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール
本サイトでは管理人が趣味で作成したデータベースを公開しています。著作権等の知的財産権を侵害する意図はありません。ご要望のある方はお知らせください。速やかに対応致します。なお、データの無断複製・転載はお断りしています。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。