研究余録 ~全集目次総覧~ TOP  >  スポンサー広告 >   >  渡辺淳一 >  『渡辺淳一全集』全24巻

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『渡辺淳一全集』全24巻

『渡辺淳一全集』全24巻(角川書店、1995.10~1997.10)



1 1996.11.27
 
葡萄…………………………………………… 5
クラビクラ……………………………………25
境界……………………………………………41
アン・ドゥ・トロア…………………………57
死化粧…………………………………………67
夜の声…………………………………………91
訪れ………………………………………… 107
浜益まで…………………………………… 157
ダブル・ハート…………………………… 173
脳死人間…………………………………… 213
血痕追跡…………………………………… 241
恐怖はゆるやかに………………………… 267
自殺のすすめ……………………………… 309
秋の終りの旅……………………………… 321
黄金分割…………………………………… 349
猿の抵抗…………………………………… 369
宣告………………………………………… 389
光と影……………………………………… 419
*解説(郷原宏)………………………… 469
 

2 1996.9.27
 
花埋み………………………………………… 5
白き旅立ち………………………………… 269
*解説(郷原宏)………………………… 435
 

3 1995.12.25
 
無影灯………………………………………… 5
廃礦にて…………………………………… 357
贈りもの…………………………………… 393
四月の風見鶏……………………………… 415
*解説(郷原宏)………………………… 441
 

4 1996.7.27
 
雪舞…………………………………………… 5
神々の夕映え……………………………… 181
霙…………………………………………… 351
十五歳の失踪……………………………… 417
*解説(川西政明)……………………… 457
 

5 1996.2.27
 
阿寒に果つ…………………………………… 5
冬の花火…………………………………… 215
*解説(森開逞次)……………………… 429
 

6 1997.2.27
 
くれなゐ……………………………………… 5
午後の別れ………………………………… 357
銀座たそがれ……………………………… 369
歳月………………………………………… 397
風の噂……………………………………… 409
*解説(安宅夏夫)……………………… 423
 

7 1996.3.27
 
遠き落日……………………………………… 5
少女の死ぬ時……………………………… 381
胎児殺し…………………………………… 413
閉じられた脚……………………………… 439
書かれざれる脳…………………………… 467
*解説(藤田昌司)……………………… 489
 

8 1996.5.27
 
流氷への旅…………………………………… 5
氷紋………………………………………… 265
*解説(森開逞次)……………………… 415
 

9 1997.4.27
 
桐に赤い花が咲く…………………………… 5
白き狩人…………………………………… 157
プレパラートの翳………………………… 313
乳房切断…………………………………… 347
ガラスの結晶……………………………… 377
薔薇連想…………………………………… 407
 趾反張女仏……………………………… 437
*解説(郷原宏)………………………… 467
 

10 1995.10.27
 
化粧…………………………………………… 5
*解説(清原康正)……………………… 595
 

11 1997.5.27
 
夜の出帆……………………………………… 5
七つの恋の物語…………………………… 283
*解説(清原康正)……………………… 431
 

12 1996.1.27
 
ひとひらの雪………………………………… 5
ためらい傷………………………………… 419
頬杖………………………………………… 431
秋冷え……………………………………… 445
匂い袋……………………………………… 459
春の怨み…………………………………… 473
*解説(秋山駿)………………………… 495
 

13 1997.1.27
 
女優…………………………………………… 5
長崎ロシア遊女館………………………… 273
項の貌……………………………………… 295
かさぶた宗建……………………………… 315
腑分け絵師甚平秘聞……………………… 343
沃子誕生…………………………………… 381
*解説(清原康正)……………………… 411
 

14 1997.7.27
 
白夜I 彷徨の章……………………………… 5
白夜II 朝霧の章 ………………………… 175
白夜III 青芝の章………………………… 333
*解説(森開逞次)……………………… 479
 

15 1997.8.27
 
白夜IV 緑陰の章 …………………………… 5
白夜V 野分の章…………………………… 135
長く暑い夏の一日………………………… 299
*解説(千葉宣一)……………………… 453
 

16 1996.6.27
 
愛のごとく…………………………………… 5
浮島………………………………………… 283
*解説(清原康正)……………………… 401
 

17 1996.10.27
 
化身…………………………………………… 5
*解説(安宅夏夫)……………………… 591
 

18 1997.3.27
 
静寂(しじま)の声―乃木希典夫妻の生涯…… 5
*解説(清原康正)……………………… 439
 

19 1996.4.27
 
桜の樹の下で………………………………… 5
野わけ……………………………………… 297
*解説(川西政明)……………………… 471
 

20 1996.12.25
 
うたかた……………………………………… 5
パリ行最終便……………………………… 333
流氷の原…………………………………… 359
玉虫厨子…………………………………… 385
桜いろの桜子……………………………… 413
ある心中の失敗…………………………… 431
*解説(秋山駿)………………………… 445
 

21 1996.8.27
 
メトレス 愛人……………………………… 5
別れぬ理由………………………………… 223
*解説(藤田昌司)……………………… 417
 

22 1997.9.27
 
何処へ………………………………………… 5
影絵―ある少年の愛と性の物語………… 281
*解説(郷原宏)………………………… 423
 

23 1997.6.27
 
麻酔…………………………………………… 5
麗しき白骨………………………………… 237
*解説(藤田昌司)……………………… 443
 

24 1997.10.27
 
I ……………………………………………… 5
北国通信(抄)…………………………… 6
平原と線路……………………………… 7
とうきび………………………………… 9
秋刀魚のころ……………………………12
鮭といくら………………………………14
道東の晩秋………………………………17
父の命日…………………………………19
十一月の憂鬱……………………………22
ね雪のころ………………………………24
北へ帰る…………………………………26
石狩鍋……………………………………29
夜の食堂列車……………………………31
紋別まで…………………………………34
流氷のくる街……………………………36
懐かしさと嫌悪と………………………39
雪割りの季節……………………………41
鰊群来……………………………………44
荒れた風景………………………………46
汽車の旅…………………………………49
一本の道…………………………………51
リラ冷えのころ…………………………54
衣更え……………………………………56
初夏の祭り………………………………59
北国の季語………………………………61
空と屋根の塀……………………………64
小樽の人…………………………………66
わたしの京都(抄)………………………69
雪と桜……………………………………70
南向性と異文化…………………………74
失意と天女………………………………79
作家のフランチャイズ…………………84
京の言葉…………………………………89
ロンドンと西部…………………………94
京の花街…………………………………99
落葉の請求書………………………… 104
つうの遊び…………………………… 109
京都ではそうしません……………… 113
京の女………………………………… 118
京のホスピタリティ………………… 122
忘れ得ぬ人…………………………… 127
山紫水明……………………………… 132
遠い過去 近い過去(抄)他………… 137
ペチカ燃える夜……………………… 138
若さの裏に潜むもの………………… 145
京の陰翳……………………………… 147
美しさと愛しさと…………………… 150
「秘すれば花」か…………………… 152
アンダルシアの悲劇………………… 156
四季のない国………………………… 159
日本語で怒る………………………… 163
父の時代……………………………… 165
春は曙………………………………… 168
ある夫婦喧嘩から…………………… 170
わたしの原風景……………………… 174
親孝行したいときには……………… 178
母の死………………………………… 181
母の死のあと………………………… 184
「この指…」とは、どの指か?…… 187
II…………………………………………… 191
シネマティク恋愛論(抄)…………… 191
1 愛の嵐―肉体に刻みこまれた愛の深さ…… 193
2 恋に落ちて―妻子ある男と人妻との愛…… 201
3 危険な情事―愛が憎しみから狂気へ変わる時…… 209
4 情婦マノン―悪女に惹かれる男の純愛…… 218
5 終着駅―妻が夫以外の男に揺れる時…… 226
6 ローマの休日―夢であるが故に軽く爽やかな恋…… 234
7 昼顔―女性の中に潜む娼婦願望… 241
8 カサブランカ―男の甘さとダンディズム……… 248
9 旅情―キャリアウーマンのひと夏の恋…… 258
III ………………………………………… 267
新釈・からだ事典(抄)……………… 268
脳死を考える…………………………… 355
*収録作品解題…………………………… 369
*解説(川西政明)……………………… 371
*年譜/書誌/参考資料(川西政明,阿貴編)…… 383
[ 2011/04/10 12:21 ] 渡辺淳一 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール
本サイトでは管理人が趣味で作成したデータベースを公開しています。著作権等の知的財産権を侵害する意図はありません。ご要望のある方はお知らせください。速やかに対応致します。なお、データの無断複製・転載はお断りしています。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。