研究余録 ~全集目次総覧~ TOP  >  スポンサー広告 >  未分類 >  『赤い鳥代表作集』全3巻

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『赤い鳥代表作集』全3巻

『赤い鳥代表作集』全3巻(小峰書店、1958.10~1958.11、与田準一・坪田譲治・森三郎・鈴木珊吉編、安倍能成・小宮豊隆監修 日本児童文学集成第1期)



第1巻 初期 1958.10.15
 
*まえがき(坪田譲治)…………………… 3
童話の部………………………………………13
鈴木三重吉
ぽっぽのお手帳……………15
芥川竜之介
くもの糸……………………23
有島生馬
ないてほめられた話………28
島崎藤村
小さなみやげ話……………36
菊池寛
一郎次、二郎次、三郎次…40
野上豊一郎
ねこを殺した話……………54
久米正雄
どろぼう……………………59
小島政二郎
ふえ…………………………66
芥川竜之介
魔術…………………………70
杜子春………………………80
有島武郎
一ふさのぶどう……………93
加能作次郎
少年と海………………… 102
秋田雨雀
白鳥の国………………… 109
室生犀星
さびしき魚(うお)…… 113
鈴木三重吉
お馬……………………… 119
宇野浩二
ふきの下の神様………… 130
あるアイヌじいさんの話…… 138
木下杢太郎
花屋の娘………………… 146
小山内薫
イルゼベルの望み……… 149
小原亮
落書……………………… 157
小川未明
黒い人と赤いそり……… 165
長田秀雄
はがね色の自動車……… 171
永島直昭
黄金(こがね)のりんご…… 183
中村星湖
むじなの手……………… 189
久保田万太郎
三つのなぞ……………… 196
小川未明
あめチョコの天使……… 203
豊島与志雄
手品師…………………… 209
江口渙
なめくじが蛇を食べた話…… 217
楠山正雄
針………………………… 223
佐藤春夫
実さんの胡弓…………… 229
鈴木三重吉
大震火災記……………… 235
童謡の部……………………… 249
北原白秋
りすりす小りす………… 251
泉鏡花
あの紫は………………… 251
三木露風
毛虫とり………………… 252
小川未明
紅い雲…………………… 252
西条八十
忘れたばら……………… 253
北原白秋
雨………………………… 253
お祭……………………… 254
赤い鳥小鳥……………… 256
西条八十
かなりや………………… 256
三木露風
冬の歌…………………… 257
しぐれの歌……………… 257
北原白秋
あわて床屋……………… 258
西条八十
あしのうら……………… 259
三木露風
夏のうぐいす…………… 260
西条八十
鉛筆の心………………… 261
夕顔……………………… 261
北原白秋
とんぼの目玉…………… 262
西条八十
お菓子の家……………… 263
北原白秋
月夜の家………………… 264
西条八十
山の母…………………… 264
おもちゃの舟…………… 265
柳沢健
冬………………………… 266
西条八十
春の日…………………… 266
からすの手紙…………… 267
西条八十
けが……………………… 267
ひつじ…………………… 268
お山の大将……………… 268
仲よし小よし…………… 269
北原白秋
まいまいつぶろ………… 269
お清書…………………… 270
かくれんぼ……………… 270
跳ね橋…………………… 271
吹雪の晩………………… 271
りんりんりんごの……… 272
祭の笛…………………… 273
子どもの村……………… 273
おれのあられ…………… 275
あの子のお家…………… 275
(投稿の部)……………… 276
槙田浜吉
かたぎの実……………… 276
川上すみを
つくし…………………… 276
都築益世
ぶどうの実……………… 276
松野一郎
水車……………………… 277
宮崎博
嫩草山(わかくさやま)…… 277
村上たつま
湊(みなと)…………… 277
安井純星
いなかの道……………… 278
渡辺四郎
夏が来たよ……………… 279
安井純星
海水浴…………………… 279
松本篤造
ありの巣………………… 280
児童作品の部……………………………… 283
作文……………………………………… 285
自由詩…………………………………… 296
*付録……………………………………… 303
*赤い鳥運動の意義(阪本一郎)…… 305
*赤い鳥の歴史的背景(鳥越信)…… 314
*鈴木三重吉の幼年童話(松居直)… 328
*最初の文学的運動―創刊に際してのプリント(鈴木三重吉)…… 337
*赤い鳥総目次(その1) …………… 341
 


第2巻 中期 1958.11.5
 
童話の部…………………………13
吉田絃二郎
杢平(もくへい)じいさんの死……15
水木京太
同情学校……………………20
鈴木三重吉
おたんじょう日……………27
森田草平
ねずみのおとむらい………38
豊島与志雄
コーカサスのはげたか……46
伊藤貴麿
三人の書生…………………52
宇野千代
十年一夜(じゆうねんひとよ)……58
久保田万太郎
「北風」のくれたテーブルかけ……65
相馬泰三
紀平次(きへいじ)の畑…87
宮原晃一郎
子どもと子ねこ……………93
大木篤夫
ろうそくをつぐ話…………99
森銑三
伊藤圭介の話…………… 107
塚原健二郎
奇術師のかばん………… 118
木内高音
くまと車掌……………… 127
鈴木三重吉
黒い小猫………………… 137
下村千秋
壇ノ浦の鬼火…………… 148
堤文子
文鳥……………………… 158
江口渙
ある日の鬼ガ島………… 163
宮島資夫
清造と沼………………… 175
丹野てい子
桃色リボン……………… 182
木内高音
水菓子屋の要吉………… 188
上司小剣
すいかどろぼう………… 195
細田民樹
三びきの小牛…………… 199
坪田譲治
小川の葦………………… 208
狩野りつ子
ゴム長ぐつ……………… 213
小野浩
かばんを追っかける話… 219
豊島与志雄
悪魔の宝………………… 228
小川未明
赤いガラスの宮殿……… 238
童謡の部…………………… 247
北原白秋
探検家…………………… 249
たんぽぽ………………… 250
からたちの花…………… 250
ほういほうい…………… 251
祭りのあと……………… 251
夜中……………………… 252
すかんぽの咲くころ…… 252
よい祭り………………… 253
足ぶみ…………………… 253
ばら……………………… 254
この道…………………… 254
ぼうやのお国…………… 255
寒い山…………………… 255
海のむこう……………… 256
ぼたん…………………… 256
月へゆく道……………… 257
月に……………………… 257
からりこ………………… 258
おかあさま……………… 258
そうらんえ……………… 259
与田凖一
道………………………… 261
あたたかい日…………… 261
ふご……………………… 261
ほうぜよ………………… 262
雨の日…………………… 262
写真機…………………… 263
木ねずみ………………… 263
母………………………… 264
風から来る鶴…………… 264
遠いけしき……………… 265
村のはなし……………… 265
空がある………………… 266
巽聖歌
お山の広っぱ…………… 267
水口(みなくち)……… 268
子きぎす………………… 268
こぶし…………………… 269
風………………………… 269
福井研介
小松姫松………………… 270
お使いの帰り…………… 271
飛べよ たかの子……… 271
つつましい秋…………… 272
さざんかのかげ………… 272
佐藤義美
お山の夏………………… 273
めじろの声……………… 274
きぎす…………………… 274
みそはぎ………………… 275
たんぽぽ………………… 275
月の中…………………… 276
柴野民三
冬空……………………… 276
秋………………………… 277
児童作品の部……………………………… 279
作文……………………………………… 281
自由詩…………………………………… 295
*付録……………………………………… 305
*三重吉と「赤い鳥」の童話(坪田譲治)…… 307
*「赤い鳥」の童謡―その創刊当初をめぐって(与田凖一)…… 316
*赤い鳥つづり方の現代的意義(滑川道夫)…… 324
*十周年を迎えて(鈴木三重吉)…… 337
*「赤い鳥」休刊(鈴木三重吉)…… 340
*赤い鳥総目次(その2) …………… 343
 


第3巻 後期 1958.11.25
 
童話の部………………………………………13
塚原健二郎
子どもの会議………………15
久保田万太郎
雨のふる日はわるいお天気……21
吉田絃二郎
沈んだ鐘……………………46
森田草平
もちつき……………………52
平塚武二
魔法のテーブル……………61
鈴木三重吉
うらない……………………66
新美南吉
正坊(しようぼう)とクロ……74
堤文子
おふろや……………………80
森田たま
ふしあな……………………86
今井鑑三
川島君………………………90
新美南吉
ごんぎつね…………………98
鈴木三重吉
そり……………………… 105
土岐龍三
牧場の子………………… 117
坪田洋吉
五銭の白銅……………… 124
森三郎
雪………………………… 132
大山春樹
鉄橋……………………… 139
堤みどり
たて……………………… 146
清水重道
たばこ…………………… 159
塩野百合子
すえっ子………………… 166
坪田譲治
お馬……………………… 168
小松淑郎
おとうと………………… 176
下村千秋
あたまでっかち………… 181
平方久直
線路……………………… 206
小山東一
クラムバンブリ………… 212
坪田譲治
ビワの実………………… 220
林芙美子
かえる…………………… 228
木内高音
修学旅行………………… 232
童謡の部…………………………………… 241
北原白秋
猿沢の池………………… 243
音………………………… 243
SOS ……………………… 244
ぞうさん………………… 245
東へいけば……………… 245
かえる…………………… 246
ひょうたん……………… 247
雁風呂(がんぶろ)…… 247
風に目がある…………… 248
月に開いた……………… 249
月夜にも………………… 249
小林金次郎
岡のうえで……………… 251
歌見誠一
れんげほして…………… 251
小林純一
病気……………………… 252
真田亀久代
省線電車………………… 253
高麗弥助
つたのつる……………… 253
清水たみ子
原っぱ…………………… 254
柴野民三
かぎの音………………… 254
古村徹三
たね……………………… 255
真田亀久代
えのころぐさ…………… 255
清水たみ子
月………………………… 256
すずめの卵……………… 256
小林純一
ボール…………………… 257
伊藤富士雄
ゆめ……………………… 257
柴野民三
ある日…………………… 258
清水たみ子
病気の夜………………… 258
近藤益雄
トマト畑で……………… 259
高麗弥助
ぼくのからだ…………… 259
新美南吉
島………………………… 260
古川武雄
ぼくの哲学……………… 261
高麗弥助
リレーの練習…………… 261
深川二郎
今夜とあした…………… 262
植松一郎
虫………………………… 263
児童作品の部……………………………… 265
作文……………………………………… 267
自由詩…………………………………… 292
*付録……………………………………… 301
*「赤い鳥」と私(野町てい子)…… 303
*私の記者時代(森三郎)…………… 313
*三重吉先生(平塚武二)…………… 331
*「赤い鳥」の落第記者(豊田三郎)…… 337
*「赤い鳥」研究文献目録抄(鳥越信)…… 341
*「赤い鳥」の復刊(鈴木三重吉)… 344
*赤い鳥総目次………………………… 348
[ 2011/08/12 00:00 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール
本サイトでは管理人が趣味で作成したデータベースを公開しています。著作権等の知的財産権を侵害する意図はありません。ご要望のある方はお知らせください。速やかに対応致します。なお、データの無断複製・転載はお断りしています。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。