研究余録 ~全集目次総覧~ TOP  >  スポンサー広告 >  未分類 >  『日本文学名作選』全60巻

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『日本文学名作選』全60巻

『日本文学名作選』全60巻(偕成社、1964.12~1974.11、ジュニア版)



第1巻 次郎物語(第一部) 1965.7.1
 
*この本について(荒正人)……………… 1
次郎物語(第一部)………………………… 5
*(注)…………………………………… 297
*作者と作品について(解説)(荒正人)…… 302
 

第2巻 わんぱく時代 1965.8.15
 
*この本について(吉田精一)…………… 1
わんぱく時代………………………………… 5
*(注)…………………………………… 302
*作者と作品について(解説)(吉田精一)…… 306
 

第3巻 野菊の墓 1965.2.1
 
*この本について(塩田良平)…………… 1
野菊の墓……………………………………… 6
隣の嫁…………………………………………73
水篭り……………………………………… 119
告げ人……………………………………… 129
奈々子……………………………………… 145
守(もり)の家…………………………… 165
箸…………………………………………… 173
紅黄録……………………………………… 201
姪子………………………………………… 219
老獣医……………………………………… 231
河口湖……………………………………… 255
水害雑録…………………………………… 265
*(注)…………………………………… 289
*作者と作品について(解説)(塩田良平)…… 293
 

第4巻 坊っちゃん 1965.2.1
 
*この本について(松岡譲)……………… 1
坊っちゃん…………………………………… 6
二百十日…………………………………… 176
文鳥………………………………………… 244
永日小品…………………………………… 264
蛇………………………………………… 264
柿………………………………………… 267
火鉢……………………………………… 270
下宿……………………………………… 275
山鳥……………………………………… 279
昔………………………………………… 284
クレイグ先生…………………………… 287
*(注)…………………………………… 296
*作者と作品について(松岡譲)……… 302
 

第5巻 二十四の瞳 1965.2.1
 
*この本について(山室静)……………… 1
二十四の瞳…………………………………… 6
大根の葉…………………………………… 209
柿の木のある家…………………………… 256
柳の糸……………………………………… 284
*(注)…………………………………… 296
*作者と作品について(解説)(山室静)…… 302
 

第6巻 羅生門 1964.12.1
 
*この本について(高木卓)……………… 1
羅生門………………………………………… 6
鼻………………………………………………17
芋粥……………………………………………29
手巾……………………………………………58
戯作三昧………………………………………72
枯野抄……………………………………… 115
毛利先生…………………………………… 130
蜜柑………………………………………… 154
魔術………………………………………… 161
杜子春……………………………………… 176
トロッコ…………………………………… 196
報恩記……………………………………… 205
仙人………………………………………… 234
三つの宝…………………………………… 241
白…………………………………………… 257
子供の病気………………………………… 272
蜃気楼……………………………………… 283
*(注)…………………………………… 293
*作者と作品について(解説)(高木卓)…… 304
 

第7巻 しろばんば 1964.12.25
 
*この本について(福田宏年)…………… 1
しろばんば…………………………………… 5
*(注)…………………………………… 300
*作者と作品について(解説)(福田宏年)…… 304
 

第8巻 路傍の石 1965.11.20
 
*この本について(福田清人)…………… 1
路傍の石……………………………………… 5
*(注)…………………………………… 300
*作者と作品について(解説)(福田清人)…… 306
 

第9巻 熊犬物語 1964.12.25
 
*この本について(子母沢寛)…………… 1
高安犬(こうやすいぬ)物語……………… 6
北へ帰る………………………………………63
熊犬物語………………………………………84
咬ませ犬…………………………………… 124
爪王………………………………………… 169
山犬塚……………………………………… 205
仏法僧(ぶつぽうそう)………………… 230
猪犬(ししいぬ)物語…………………… 268
*(注)…………………………………… 294
*作者と作品について(解説)(子母沢寛)…… 301
 

第10巻 走れメロス・女生徒 1964.12.25
 
*この本について(吉田精一)…………… 1
走れメロス…………………………………… 6
雪の夜の話……………………………………25
女生徒…………………………………………34
新樹(しんじゆ)の言葉……………………89
ろまん灯篭………………………………… 116
地球図……………………………………… 182
富獄百景…………………………………… 195
乞食学生…………………………………… 223
おしゃれ童子……………………………… 286
*(注)…………………………………… 296
*作者と作品について(解説)(吉田精一)…… 306
 

第11巻 ビルマの竪琴 1965.2.10
 
*この本について(鳥越信)……………… 1
ビルマの竪琴………………………………… 6
あしおと…………………………………… 201
思い出……………………………………… 218
抵抗と妥協………………………………… 246
砧…………………………………………… 266
インドの仏跡をたずねて………………… 281
*(注)…………………………………… 292
*作者と作品について(解説)(鳥越信)…… 299
 

第12巻 伊豆の踊子 1965.2.25
 
*この本について(村松定孝)…………… 1
伊豆の踊子…………………………………… 6
十六歳の日記…………………………………43
油………………………………………………73
乙女の港………………………………………83
たまゆら…………………………………… 272
*(注)…………………………………… 292
*作者と作品について(解説)(村松定孝)…… 296
 

第13巻 怪談 1965.3.10 平井呈一訳
 
*この本について(平井呈一)…………… 1
耳なし芳一のはなし………………………… 6
ろくろ首………………………………………26
雪おんな………………………………………44
おかめのはなし………………………………52
食人鬼(じきにんき)………………………60
葬られた秘密…………………………………69
むじな…………………………………………75
青柳(あおやぎ)ものがたり………………79
茶わんの中……………………………………95
忠五郎(ちゆうごろう)のはなし……… 102
幽霊滝の伝説……………………………… 112
草ひばり…………………………………… 118
和解………………………………………… 126
乙吉のだるま……………………………… 136
停車場(ていしやば)で………………… 147
カエル……………………………………… 155
虫の音楽家………………………………… 170
富士の山…………………………………… 207
生神(いきがみ)………………………… 239
盆おどり…………………………………… 267
*(注)…………………………………… 292
*作者と作品について(解説)(平井呈一)…… 303
 

第14巻 山椒大夫・高瀬舟 1965.4.10
 
*この本について(荒正人)……………… 1
山椒大夫……………………………………… 6
金貨……………………………………………51
金毘羅…………………………………………79
羽鳥千尋(はとりちひろ)……………… 136
阿部一族…………………………………… 162
堺事件……………………………………… 213
安井夫人…………………………………… 246
高瀬舟……………………………………… 268
*(注)…………………………………… 284
*作者と作品について(解説)(荒正人)…… 297
 

第15巻 友情 1965.3.25
 
*この本について(吉田精一)…………… 1
友情…………………………………………… 6
或る日の一休……………………………… 140
小さき世界………………………………… 153
桃源にて…………………………………… 201
だるま……………………………………… 228
宮本武蔵…………………………………… 238
盲目(めくら)と聾者(つんぼ)……… 263
仙崖和尚(せんがいおしよう)………… 275
*(注)…………………………………… 294
*作者と作品について(解説)(吉田精一)…… 302
 

第16巻 ジョン万次郎漂流記 1965.5.15
 
*この本について(吉田精一)…………… 1
ジョン万次郎漂流記………………………… 6
山椒魚……………………………………… 103
鯉…………………………………………… 113
屋根の上のサワン………………………… 121
お濠(ほり)に関する話………………… 131
多甚古村…………………………………… 152
休憩時間…………………………………… 280
*(注)…………………………………… 291
*作者と作品について(解説)(吉田精一)…… 301
 

第17巻 小さき者へ・生まれ出ずる悩み 1965.5.25
 
*この本について(吉田精一)…………… 1
小さき者へ…………………………………… 6
凱旋……………………………………………26
小さき影………………………………………42
生まれ出ずる悩み……………………………60
親子………………………………………… 155
カインの末裔……………………………… 193
ドモ又の死………………………………… 250
私の父と母………………………………… 285
*(注)…………………………………… 291
*作者と作品について(解説)(吉田精一)…… 299
 

第18巻 末っ子物語 1965.6.15
 
*この本について(浅見淵)……………… 1
末っ子物語…………………………………… 6
こおろぎ…………………………………… 191
虫のいろいろ……………………………… 208
小鳥の声…………………………………… 224
「母の日」のことなど…………………… 238
木刀をつくる……………………………… 251
トラの話…………………………………… 272
かまきりと蜘蛛…………………………… 291
*(注)…………………………………… 297
*作者と作品について(解説)(浅見淵)…… 299
 

第19巻 吾輩は猫である(上) 1965.9.20
 
*この本について(夏目伸六)…………… 1
吾輩は猫である(上)……………………… 3
*(注)…………………………………… 290
*作者と作品について(解説)(夏目伸六)…… 304
 

第20巻 吾輩は猫である(下) 1965.9.20
 
*この本について(夏目伸六)…………… 1
吾輩は猫である(下)……………………… 3
*(注)…………………………………… 282
*作者と作品について(解説)(夏目伸六)…… 298
 

第21巻 次郎物語(第二部) 1965.10.1
 
*この本について(荒正人)……………… 1
次郎物語(第二部)………………………… 5
*(注)…………………………………… 295
*作者と作品について(解説)(荒正人)…… 298
 

第22巻 真実一路 1965.8.20
 
*この本について(高橋健二)…………… 1
真実一路……………………………………… 5
*(注)…………………………………… 410
*作者と作品について(解説)(高橋健二)…… 414
 

第23巻 地獄変・六の宮の姫君 1965.10.15
 
*この本について(三好行雄)…………… 1
地獄変………………………………………… 6
ひょっとこ……………………………………56
煙草と悪魔……………………………………67
或日の大石内蔵助(おおいしくらのすけ)……79
蜘蛛の糸………………………………………96
奉教人の死………………………………… 102
犬と笛……………………………………… 121
龍…………………………………………… 138
舞踏会……………………………………… 156
山鴫………………………………………… 167
アグニの神………………………………… 183
将軍………………………………………… 200
六の宮の姫君……………………………… 231
雛…………………………………………… 244
海のほとり………………………………… 266
父…………………………………………… 279
*(注)…………………………………… 286
*作者と作品について(解説)(三好行雄)…… 299
 

第24巻 子供の四季 1965.11.1
 
*この本について(鳥越信)……………… 1
子供の四季…………………………………… 5
*(注)…………………………………… 441
*作者と作品について(解説)(鳥越信)…… 444
 

第25巻 恩讐の彼方に 1965.11.15
 
*この本について(瀬沼茂樹)…………… 1
恩讐の彼方に………………………………… 6
父帰る…………………………………………51
勝負事…………………………………………67
無名作家の日記………………………………75
屋上の狂人………………………………… 113
俊寛………………………………………… 130
身投げ救助業……………………………… 164
自讃………………………………………… 175
蘭学事始…………………………………… 191
極楽………………………………………… 223
死者を嗤(わら)う……………………… 235
ゼラール中尉……………………………… 244
出世………………………………………… 259
随筆………………………………………… 276
小説家…………………………………… 276
『父帰る』のこと……………………… 278
講演……………………………………… 284
図書館…………………………………… 287
*(注)…………………………………… 291
*作者と作品について(解説)(瀬沼茂樹)…… 301
 

第26巻 母のない子と子のない母と 1965.11.20
 
*この本について(鳥越信)……………… 1
母のない子と子のない母と………………… 6
がきのめし………………………………… 253
小さな先生大きな生徒…………………… 267
まつりご…………………………………… 280
*(注)…………………………………… 291
*作者と作品について(解説)(鳥越信)…… 295
 

第27巻 ゆうれい船(上) 1965.12.15
 
*この本について(小松伸六)…………… 1
ゆうれい船(上)…………………………… 5
*(注)…………………………………… 292
*作者と作品について(解説)(小松伸六)…… 297
 

第28巻 ゆうれい船(下) 1965.12.15
 
*この本について(小松伸六)…………… 1
ゆうれい船(下)…………………………… 5
*(注)…………………………………… 292
*作者と作品について(解説)(小松伸六)…… 298
 

第29巻 悦ちゃん 1965.12.20
 
*この本について(瀬沼茂樹)…………… 1
悦ちゃん……………………………………… 5
*(注)…………………………………… 406
*作者と作品について(解説)(瀬沼茂樹)…… 413
 

第30巻 武蔵野 1966.1.10
 
*この本について(山室静)……………… 1
山の力………………………………………… 6
春の鳥…………………………………………18
忘れえぬ人々…………………………………32
鹿狩……………………………………………51
富岡先生………………………………………65
少年の悲哀……………………………………96
馬上の友…………………………………… 108
画の悲み…………………………………… 128
非凡なる凡人……………………………… 138
牛肉と馬鈴薯……………………………… 155
空知川の岸辺……………………………… 186
武蔵野……………………………………… 206
詩…………………………………………… 235
山林に自由存(そん)す……………… 235
夏の夜…………………………………… 236
沖の小島………………………………… 236
風の音…………………………………… 236
鎌倉妙本寺懐古………………………… 237
竹の木戸…………………………………… 238
河霧………………………………………… 264
巡査………………………………………… 279
帽子………………………………………… 288
*(注)…………………………………… 296
*作者と作品について(解説)(山室静)…… 302
 

第31巻 次郎物語(第三部) 1966.5.5
 
*この本について(荒正人)……………… 1
次郎物語(第三部)………………………… 5
*(注)…………………………………… 291
*作者と作品について(解説)(荒正人)…… 296
 

第32巻 三四郎 1967.1.20
 
*この本について(村松定孝)…………… 1
三四郎………………………………………… 3
*(注)…………………………………… 284
*作者と作品について(解説)(村松定孝)…… 295
 

第33巻 コタンの口笛(第一部) 1966.2.15
 
*この本について(村松定孝)…………… 1
コタンの口笛(第一部 あらしの歌)…… 7
*(注)…………………………………… 431
*作者と作品について(村松定孝)…… 434
 

第34巻 コタンの口笛(第二部) 1966.2.15
 
*この本について(村松定孝)…………… 1
コタンの口笛(第二部 光の歌)………… 7
*(注)…………………………………… 422
*作者と作品について(解説)(村松定孝)…… 424
 

第35巻 女中っ子 1966.3.15
 
*この本について(板垣直子)…………… 1
女中っ子……………………………………… 6
一年の間に……………………………………51
脱走……………………………………………86
夕すげ……………………………………… 125
買手たち…………………………………… 165
北風の笛…………………………………… 237
*(注)…………………………………… 296
*作者と作品について(解説)(板垣直子)…… 300
 

第36巻 落城・小さな赤い花 1966.4.5
 
*この本について(吉田精一)…………… 1
絵本…………………………………………… 6
幼女の声………………………………………42
柿の木と蛇……………………………………69
小さな赤い花……………………………… 103
母の場合と子の場合……………………… 177
朝鮮ダリヤ………………………………… 197
落城………………………………………… 246
*(注)…………………………………… 295
*作者と作品について(解説)(吉田精一)…… 302
 

第37巻 美しい暦 1967.9.20
 
*この本について(平松幹夫)…………… 1
美しい暦……………………………………… 4
壁画………………………………………… 227
聖なる人々………………………………… 261
*(注)…………………………………… 291
*作者と作品について(平松幹夫)…… 297
 

第38巻 哀しき少年 1966.5.20
 
*この本について(瀬沼茂樹)…………… 1
海神丸………………………………………… 6
小指……………………………………………81
大石良雄…………………………………… 125
哀しき少年………………………………… 212
母親の通信………………………………… 240
片脚の問題………………………………… 290
*(注)…………………………………… 299
*作者と作品について(解説)(瀬沼茂樹)…… 304
 

第39巻 次郎物語(第四部) 1966.4.10
 
*この本について(荒正人)……………… 1
次郎物語(第四部)………………………… 5
*(注)…………………………………… 304
*作者と作品について(荒正人)……… 307
 

第40巻 次郎物語(第五部) 1966.5.10
 
*この本について(荒正人)……………… 1
次郎物語(第五部)………………………… 5
*(注)…………………………………… 307
*作者と作品について(解説)(荒正人)…… 310
 

第41巻 こころ 1967.11
 
*この本について(村松定孝)…………… 1
こころ………………………………………… 3
〈上〉先生と私…………………………… 4
〈中〉両親と私………………………… 101
〈下〉先生と遺書……………………… 150
*(注)…………………………………… 305
*作者と作品について(解説)(村松定孝)…… 307
*夏目漱石の年譜………………………… 317
 

第42巻 出家とその弟子 1967.12
 
*この本について(吉田精一)…………… 1
出家とその弟子……………………………… 4
俊寛………………………………………… 225
*(注)…………………………………… 303
*作者と作品について(解説)(吉田精一)…… 309
*倉田百三の年譜………………………… 317
 

第43巻 愛と死 1967.11
 
*この本について(中川孝)……………… 1
愛と死………………………………………… 6
わしも知らない…………………………… 120
初恋………………………………………… 142
秀吉と曽呂利(そろり)………………… 182
牛若丸……………………………………… 213
池の大雅…………………………………… 227
牟礼の生活………………………………… 258
*(注)…………………………………… 294
*作者と作品について(解説)(中川孝)…… 301
*武者小路実篤の年譜…………………… 309
 

第44巻 一握の砂・悲しき玩具 1968.1
 
*この本について…………………………… 1
一握の砂……………………………………… 6
我を愛する歌……………………………… 7
煙……………………………………………29
秋風のこころよさに………………………43
忘れがたき人々……………………………51
悲しき玩具……………………………………87
『あこがれ』ほか………………………… 115
あこがれ………………………………… 115
啄木鳥………………………………… 115
月と鐘………………………………… 116
ほととぎす…………………………… 116
マカロフ提督追悼の詩……………… 117
壁なる影……………………………… 122
秋風高歌……………………………… 124
黄の小花(おばな)……………… 124
君が花……………………………… 124
波は消えつつ……………………… 125
愛の道……………………………… 126
秘密………………………………… 126
あゆみ……………………………… 127
枯林…………………………………… 128
のぞみ………………………………… 131
眠れる都……………………………… 133
二つの影……………………………… 135
心の声………………………………… 137
祭りの夜…………………………… 137
落ち葉の煙………………………… 138
『あこがれ』補遺……………………… 140
愛の海………………………………… 140
お蝶…………………………………… 141
梟……………………………………… 143
『あこがれ』以後……………………… 147
夕暮れ………………………………… 147
公孫樹………………………………… 147
雪の夜………………………………… 149
心の姿の研究………………………… 150
夏の街の恐怖……………………… 150
拳…………………………………… 151
騎馬の巡査………………………… 152
琴を弾け……………………………… 153
かりがね……………………………… 154
友藻外(そうがい)に……………… 154
黒き箱………………………………… 155
わが少女(おとめ)も……………… 155
卯月の夜半…………………………… 156
東京…………………………………… 157
水無月………………………………… 158
年老いし彼はあき人………………… 159
辻……………………………………… 161
蟹に…………………………………… 163
馬車の中……………………………… 164
詩六章………………………………… 165
一 路傍の草花に………………… 165
二 口笛…………………………… 166
三 手紙…………………………… 166
四 花かんざし…………………… 167
五 ああほんとに………………… 168
六 昨日も今日も………………… 168
詩稿ノート……………………………… 169
江畔雑詩……………………………… 169
たわぶれ……………………………… 169
雨にぬれて………………………… 170
木犀…………………………………… 171
渋谷村小吟…………………………… 171
山杜鵑(やまほとどき)………… 171
雪の夜(よ)……………………… 172
はてしなき議論の後(のち)……… 172
呼び子と口笛………………………… 175
家…………………………………… 175
飛行機……………………………… 178
無題…………………………………… 178
木の果(み)は色づきぬ…………… 179
森の中………………………………… 180
渡り鳥………………………………… 181
無題…………………………………… 182
唱歌…………………………………… 182
校友歌……………………………… 182
別れ………………………………… 184
歌のいろいろ……………………………… 185
雲は天才である…………………………… 197
二筋の血…………………………………… 258
*(注)…………………………………… 282
*作者と作品について(解説)(鈴木享)…… 290
*石川啄木の年譜………………………… 309
 

第45巻 放浪記 1968.3
 
*この本について(板垣直子)…………… 1
放浪記………………………………………… 3
*(注)…………………………………… 298
*作者と作品について(解説)(板垣直子)…… 308
*林芙美子の年譜………………………… 315
 

第46巻 パリに死す 1968.2
 
*この本について(進藤純孝)…………… 1
パリに死す…………………………………… 3
*(注)…………………………………… 279
*作者と作品について(解説)(進藤純孝)…… 285
*芹沢光治良の年譜……………………… 301
 

第47巻 智恵子抄 1968.9
 
*この本について(村野四郎)…………… 1
智恵子抄……………………………………… 6
人に………………………………………… 6
或る夜のこころ……………………………10
涙……………………………………………12
おそれ………………………………………14
或る宵………………………………………18
郊外の人に…………………………………21
冬の朝のめざめ……………………………23
深夜の雪……………………………………26
人類の泉……………………………………29
人に…………………………………………33
僕等…………………………………………36
愛の嘆美……………………………………39
晩餐…………………………………………42
美に生きる…………………………………44
樹下の二人…………………………………46
狂奔する牛…………………………………49
鯰……………………………………………51
金……………………………………………52
夜の二人……………………………………53
あなたはだんだんきれいになる…………54
あどけない話………………………………55
同棲同類……………………………………56
美の監禁に手渡す者………………………57
人生遠視……………………………………58
風にのる智恵子……………………………59
千鳥と遊ぶ智恵子…………………………60
値(あ)いがたき智恵子…………………61
山麓の二人…………………………………62
或る日の記…………………………………64
レモン哀歌…………………………………65
亡き人に……………………………………67
梅酒…………………………………………68
荒涼たる帰宅………………………………70
おそろしい空虚……………………………71
松庵寺………………………………………73
報告(智恵子に)…………………………75
もしも智恵子が……………………………76
元素智恵子…………………………………78
メトロポオル………………………………79
裸形…………………………………………81
案内…………………………………………82
あの頃………………………………………84
吹雪の夜の独白……………………………85
噴霧的な夢…………………………………87
智恵子と遊ぶ………………………………88
報告…………………………………………90
十和田湖畔の裸像に与う…………………91
うた六首……………………………………93
智恵子の半生………………………………95
九十九里浜の初夏……………………… 116
智恵子の切り抜き絵…………………… 118
「道程」…………………………………… 120
根付けの国……………………………… 120
寂寥……………………………………… 121
新緑の毒素……………………………… 123
父の顔…………………………………… 129
泥七宝…………………………………… 131
冬が来る………………………………… 143
冬が来た………………………………… 144
冬の詩…………………………………… 145
牛………………………………………… 156
道程……………………………………… 164
『道程』以後……………………………… 165
丸善工場の女工達……………………… 165
雨にうたるるカテドラル……………… 168
米久(よねきゆう)の晩餐…………… 175
クリスマスの夜………………………… 180
下駄……………………………………… 183
鉄を愛す………………………………… 184
猛獣編……………………………………… 187
清廉……………………………………… 187
白熊……………………………………… 190
傷をなめる獅子………………………… 192
象の銀行………………………………… 196
雷獣……………………………………… 197
ぼろぼろな駝鳥………………………… 198
竜………………………………………… 199
象………………………………………… 201
森のゴリラ……………………………… 202
氷上競技………………………………… 204
火星が出ている………………………… 205
冬の奴(やつ)………………………… 209
花下仙人に遇う………………………… 210
エピグラム……………………………… 212
母をおもう……………………………… 213
上州湯檜曽(ゆびそ)風景…………… 215
似顔……………………………………… 216
ばけもの屋敷…………………………… 218
鯉を彫る………………………………… 220
北冥の魚………………………………… 221
地理の書………………………………… 222
へんな貧(ひん)……………………… 227
最低にして最高の道…………………… 229
美しき落葉……………………………… 231
「典型」…………………………………… 233
雪白く積めり…………………………… 233
ちょんまげ……………………………… 234
御前彫刻………………………………… 236
楠公(なんこう)銅像………………… 237
終戦……………………………………… 239
人体飢餓………………………………… 241
おれの詩………………………………… 246
典型……………………………………… 248
田園小詩………………………………… 250
山菜ミズ……………………………… 250
山のひろば…………………………… 251
山口部落……………………………… 252
かくしねんぶつ……………………… 254
クロツグミ…………………………… 255
クチバミ……………………………… 256
別天地………………………………… 257
岩手の人……………………………… 258
山からの贈物………………………… 259
この年………………………………… 260
*(注)…………………………………… 262
*作者と作品について(解説)(村野四郎)…… 276
*高村光太郎の年譜……………………… 303
 

第48巻 風立ちぬ・美しい村 1968.8
 
*この本について(山室静)……………… 1
風立ちぬ……………………………………… 6
菜穂子……………………………………… 110
美しい村…………………………………… 218
*(注)…………………………………… 292
*作者と作品について(解説)(山室静)…… 296
*堀辰雄の年譜…………………………… 305
 

第49巻 青年・雁 1968.12
 
*この本について(高橋義孝)…………… 1
青年…………………………………………… 4
雁…………………………………………… 228
妄想………………………………………… 361
*(注)…………………………………… 385
*作者と作品について(高橋義孝)…… 403
*森鴎外の年譜…………………………… 415
 

第50巻 天平の甍 1969.3
 
*この本について(山本健吉)…………… 1
天平の甍(いらか)………………………… 4
漂流………………………………………… 223
*(注)…………………………………… 269
*作者と作品について(解説)(山本健吉)…… 288
*井上靖の年譜…………………………… 297
 

第51巻 たけくらべ 1969.10
 
*この本について(塩田良平)…………… 1
たけくらべ…………………………………… 6
十三夜…………………………………………68
大つごもり……………………………………95
ゆく雲……………………………………… 116
わかれ道…………………………………… 135
闇桜………………………………………… 149
日記(抄)………………………………… 160
*(注)…………………………………… 273
*作者と作品について(解説)(塩田良平)…… 302
*樋口一葉の年譜………………………… 310
 

第52巻 桜の実の熟する時 1969.10
 
*この本について(山室静)……………… 1
桜の実の熟する時…………………………… 4
芽生え……………………………………… 219
*(注)…………………………………… 270
*作者と作品について(解説)(山室静)…… 285
*島崎藤村の年譜………………………… 299
 

第53巻 鞍馬天狗 1971.1
 
*この本について(小松伸六)…………… 1
鞍馬天狗〔角兵衛獅子の巻〕……………… 5
*作者と作品について(小松伸六)…… 305
*大仏次郎の年譜………………………… 313
 

第54巻 性に目覚める頃 1971.1
 
*この本について(吉田精一)…………… 1
幼年時代……………………………………… 4
性に目覚める頃………………………………89
或る少女の死まで………………………… 186
*(注)…………………………………… 303
*作者と作品について(吉田精一)…… 307
*室生犀星の年譜………………………… 315
 

第55巻 姉妹 1971.6
 
*この本について(佐多稲子)…………… 1
姉妹(きようだい)………………………… 3
*(注)…………………………………… 286
*作者と作品について(解説)(佐多稲子)…… 292
*畔柳二美の年譜………………………… 299
 

第56巻 草枕 1973.3
 
*この本について(福田清人)…………… 1
草枕…………………………………………… 6
倫敦塔……………………………………… 182
夢十夜……………………………………… 212
倫敦消息…………………………………… 247
*(注)…………………………………… 283
*作者と作品について(福田清人)…… 305
*夏目漱石の年譜………………………… 315
 

第57巻 忘れ残りの記 1972.11
 
*この本について(尾崎秀樹)…………… 1
忘れ残りの記―四半自叙伝………………… 5
*(注)…………………………………… 284
*作者と作品について(解説)(尾崎秀樹)…… 294
*吉川英治の年譜………………………… 305
 

第58巻 福翁自伝 1974.9
 
*この本について(高橋誠一郎)………… 1
福翁自伝……………………………………… 4
*(注)(富田正文)…………………… 388
*作者と作品について(高橋誠一郎)… 421
*福沢諭吉の年譜………………………… 435
 

第59巻 舞姫 1974.11
 
*この本について(吉田精一)…………… 1
舞姫…………………………………………… 4
イタ・セクスアリス…………………………39
里芋の芽と不動の目……………………… 175
大発見……………………………………… 186
うたかたの記……………………………… 204
百物語……………………………………… 240
*(注)…………………………………… 268
*作者と作品について(解説)(吉田精一)…… 295
*森鴎外の年譜…………………………… 305
 

第60巻 愛の詩集 1972.10
 
*この本について(鈴木亨)……………… 1
島崎藤村
高楼(たかどの)………… 8
初恋…………………………10
相思…………………………12
知るや君……………………13
椰子の実……………………14
土井晩翠
星と花………………………15
詩人…………………………16
国木田独歩
森に入(い)る……………17
沖の小島……………………18
薄田泣菫
おもいで……………………19
白すみれ……………………20
なつめ………………………21
蒲原有明
牡蛎(かき)の殻…………22
水禽(みずとり)…………23
河井酔茗
霧降る宵……………………25
山の歓喜……………………26
ゆずり葉……………………27
鳥の寝息……………………28
伊良子清白
漂泊…………………………30
森鴎外
扣鈕(ボタン)……………32
与謝野晶子
君死にたもうことなかれ…34
五月の海……………………36
石川啄木
馬車の中……………………37
一塊(ひとくれ)の土……38
拳……………………………39
飛行機………………………40
北原白秋
「断章」より………………41
糸車…………………………42
落葉松………………………42
からたちの花………………45
三木露風
去りゆく五月の詩…………46
幸い…………………………48
ふるさとの…………………49
厩……………………………49
赤とんぼ……………………50
茅野蕭々
歎き…………………………51
その頃………………………52
高村光太郎
道程…………………………53
ぼろぼろな駝鳥……………53
あどけない話………………54
郊外の人に…………………55
樹下の二人…………………56
レモン哀歌…………………58
亡き人に……………………59
女医になった少女…………60
山村暮鳥
老漁夫の詩…………………61
ある時………………………63
雲……………………………63
ゆうがた……………………64
朝……………………………64
白鳥省吾
雪の曠野(こうや)で……65
ある風景……………………66
福田正夫
苦しい肯定…………………68
働いてる子供の手…………68
石工の歌……………………69
福士幸次郎
日の子………………………70
自分は太陽の子である……74
萩原朔太郎
青樹(あおき)の梢をあおぎて……76
馬車の中で…………………77
こころ………………………78
旅上…………………………78
郵便局………………………79
室生犀星
「小景異情」より…………81
寂しき春……………………82
心……………………………82
靴下…………………………83
逢いて来し夜は……………83
切なき思いぞ知る…………84
武者小路実篤
俺の空想……………………85
戦争はよくない……………87
一個の人間…………………88
千家元麿
秘密…………………………89
雁……………………………90
少年と少女…………………91
柳沢健
暮れゆく空へ………………93
時……………………………94
洋灯(ランプ)……………94
春の小唄……………………95
堀口大学
雪……………………………96
夕ぐれの時はよい時………97
砂の枕………………………99
小学生………………………99
海の風景………………… 100
母の声…………………… 100
夏の思い出……………… 101
西条八十
海にて…………………… 102
砂山の幻………………… 102
かなりや………………… 103
空の羊…………………… 104
旅………………………… 105
愛………………………… 106
佐藤春夫
水辺月夜(すいへんげつや)の歌…… 107
海辺の恋………………… 107
ためいき………………… 108
少年の日………………… 110
夕づつを見て…………… 112
海の若者………………… 112
北村初雄
一生……………………… 113
Adieu(アデイユー) … 114
百田宗治
遠いところで子供たちが歌っている…… 116
樹のぼり………………… 117
石工の歌………………… 118
楡の町…………………… 119
夕やけの雲の下に……… 122
佐藤惣之助
船乗りの母……………… 124
小さい灯(ひ)………… 125
深尾須磨子
春………………………… 126
母と私…………………… 126
収穫祭…………………… 127
愛………………………… 128
永遠の母………………… 129
宮沢賢治
永訣の朝………………… 130
稲作挿話………………… 132
「雨ニモマケズ」……… 134
八木重吉
幼い日…………………… 136
皎皎(こうこう)とのぼってゆきたい…… 136
春………………………… 137
母の瞳…………………… 137
母をおもう……………… 137
果物……………………… 138
虫………………………… 138
桜………………………… 138
素朴な琴………………… 139
故郷……………………… 139
母………………………… 139
父………………………… 140
大手拓次
恋………………………… 141
ばらのあしおと………… 141
風のなかに巣をくう小鳥…… 142
とじた眼に……………… 143
尾崎喜八
友だちが帰ったあと…… 144
道づれ…………………… 145
言葉……………………… 146
秋の流域………………… 148
早春の道………………… 149
金子光晴
富士……………………… 150
かっこう………………… 152
若葉よ来年は海へゆこう…… 153
ぶらんこ………………… 154
ENVOY(エンボイ) …… 157
草野心平
秋の夜の会話…………… 158
蛙のいる風景…………… 159
ぐりまの死……………… 160
富士山…………………… 160
山之口獏
妹へおくる手紙………… 162
桃の花…………………… 163
ミミコの独立…………… 164
小熊秀雄
蹄鉄屋の歌……………… 165
白樺の樹の幹をめぐった頃…… 167
壷井繁治
風の中の乞食…………… 168
星と枯草………………… 168
挨拶……………………… 169
鉄びんのうた…………… 170
吉田一穂
母………………………… 171
暦………………………… 171
少年……………………… 172
安西冬衛
春………………………… 173
春………………………… 173
秋………………………… 173
秋………………………… 174
北川冬彦
楽器……………………… 175
ラッシュ・アワア……… 175
戦争……………………… 176
雑草……………………… 177
あたたかい島にて……… 177
一本一本………………… 178
西脇順三郎
天気……………………… 179
カプリの牧人(ぼくじん)…… 179
雨………………………… 180
灯台へ行く道…………… 180
竹中郁
晩夏……………………… 182
テニス…………………… 182
春の朝…………………… 183
遠足……………………… 183
葦笛……………………… 184
つばめ…………………… 185
もらった火……………… 186
足どり…………………… 187
村野四郎
飛込み…………………… 188
登校……………………… 189
花………………………… 190
笹沢美明
愛………………………… 191
青園村…………………… 192
言葉……………………… 193
安藤一郎
新雪……………………… 195
冒険……………………… 196
なでしこ………………… 197
若い薔薇たち…………… 197
緑の花火………………… 198
伊藤整
夜明け…………………… 200
雪夜……………………… 201
また月夜………………… 201
林檎園の六月…………… 202
病む父…………………… 204
弟の日…………………… 205
大江満雄
崖上の花をとり………… 206
古い機織部屋(はたおりべや)…… 207
坂本遼
恋人……………………… 209
新美南吉
葬式……………………… 211
貝殻……………………… 212
春風……………………… 212
三好達治
乳母車…………………… 214
雪………………………… 215
甃(いし)のうえ……… 215
谺(こだま)…………… 216
信号……………………… 216
夜明けのランプ………… 217
ちちと啼きしは………… 217
丸山薫
水の精神(こころ)…… 218
汽車に乗って…………… 219
練習船…………………… 220
雪の幸福………………… 221
美しい想念……………… 221
北の春…………………… 222
原子香水………………… 223
田中冬二
青い夜道………………… 224
ふるさとにて…………… 225
春………………………… 226
レーキサイド・ホテル… 226
母………………………… 227
雪の日…………………… 227
中原中也
生い立ちの歌…………… 229
冬の日の記憶…………… 231
湖上……………………… 232
月夜の浜辺……………… 233
また来ん春……………… 234
蔵原伸二郎
コスモス………………… 235
たそがれいろのきつね… 236
すずめ…………………… 236
遠い友よ………………… 237
分校に行く道…………… 238
津村信夫
小扇(しようせん)…… 239
戸隠(とがくし)びと… 239
荒地野菊………………… 240
冬の夜道………………… 241
夏草……………………… 242
立原道造
眠りの誘(いざな)い… 244
ひとり林に……………… 245
うたうようにゆっくりと……… 246
浅き春によせて………… 247
草に寝て………………… 248
夢みたものは…………… 248
伊東静雄
燕………………………… 250
灯台の光を見つつ……… 251
早春……………………… 252
夏の終り………………… 252
夜の停留所で…………… 253
神保光太郎
雲の家族………………… 254
ほのおの歌……………… 255
幼童二景………………… 256
鏡と子供………………… 256
おっとせい……………… 256
阪本越郎
蝶………………………… 258
愛について……………… 258
真壁仁
みちのく………………… 260
大木実
花季……………………… 262
雨のいなか町…………… 263
楢(なら)の若葉……… 263
初節句…………………… 264
おさなご………………… 265
鉈(なた)……………… 266
指………………………… 266
峠三吉
墓標……………………… 268
嵯峨信之
ききょうの花…………… 275
旅情……………………… 275
及川均
提灯さげてゆく花嫁…… 277
小山正孝
雪つぶて………………… 279
黒田三郎
もはやそれ以上………… 281
僕はまるでちがって…… 282
明日……………………… 283
とつぜん僕にはわかったのだ…… 284
谷川俊太郎
はる……………………… 286
二十億光年の孤独……… 287
ソネット………………… 288
夕方……………………… 288
地球へのピクニック…… 289
高田敏子
夏の午後………………… 291
高原の馬………………… 292
わたしの恋は…………… 293
学校……………………… 294
大岡信
夢のひとに……………… 297
春のために……………… 298
新川和江
赤ちゃんに寄す………… 300
ライラックの森………… 302
雨にぬれる花…………… 303
赤いカンナ……………… 304
吉野弘
奈々子…………………… 306
夕焼け…………………… 308
真昼の星………………… 310
*近代詩について(解説)(鈴木亨)… 311
[ 2012/04/01 00:00 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール
本サイトでは管理人が趣味で作成したデータベースを公開しています。著作権等の知的財産権を侵害する意図はありません。ご要望のある方はお知らせください。速やかに対応致します。なお、データの無断複製・転載はお断りしています。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。