研究余録 ~全集目次総覧~ TOP  >  スポンサー広告 >  未分類 >  『ジュニア版 名作文学』全10巻

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『ジュニア版 名作文学』全10巻

『ジュニア版 名作文学』全10巻(学習研究社、1978)

第1巻 次郎物語 1978.10.20
 
次郎物語 第二部…………………………… 3
*読書の手引き(増田信一)…………… 221
*読書感想文……………………………… 233
*「次郎物語」を読んで(所知恵子)…… 234
*下村湖人の「次郎物語」を読んで(大洞好人)…… 236
*感想文を読んで(増田信一)…… 238
*下村湖人の一生(福田清人)………… 239
*年譜(欄外)………………………… 240
 


第2巻 友情 1978.10.20
 
友情…………………………………………… 3
*読書の手引き(矢田 士)………… 103
桃源………………………………………… 109
*読書の手引き(矢田 士)………… 133
愛と死……………………………………… 135
*読書の手引き(矢田 士)………… 219
*読書感想文…………………………… 223
*友情(森下城光)………………… 224
*友情(宮島敦子)………………… 226
*「愛と死」を読んで(竹内美寿子)…… 228
*感想文を読んで(矢田 士)… 230
*武者小路実篤の一生(紅野敏子)… 231
*年譜(欄外)……………………… 232
 


第3巻 二十四の瞳 1978.10.20
 
あたたかい右の手…………………………… 3
*読書の手引き(黒沢浩)………………15
坂道……………………………………………17
*読書の手引き(黒沢浩)………………37
二十四の瞳……………………………………39
*読書の手引き(黒沢浩)…………… 221
*読書感想文…………………………… 231
*「二十四の瞳」を読んで(清水紀与)…… 232
*「あたたかい右の手」を読んで(倉長恵子)…… 234
*感想文を読んで(黒沢浩)…… 236
*壷井栄の一生(瀬沼茂樹)………… 237
*年譜(欄外)…………………… 238
 


第4巻 伊豆の踊子・雪国 1978.10.20
 
伊豆の踊子…………………………………… 3
*読書の手引き(増田信一)……………31
花のワルツ……………………………………37
*読書の手引き(増田信一)………… 111
雪国………………………………………… 113
*読書の手引き(増田信一)………… 226
*読書感想文…………………………… 229
*「伊豆の踊子」を読んで(大塚かの子)…… 230
*「雪国」を読んで(小林明子)… 232
*感想文を読んで(増田信一)… 234
*川端康成の一生(長谷川泉)……… 235
*年譜(欄外)……………………… 236
 


第5巻 鼻・羅生門 1978.10.20
 
父……………………………………………… 3
*読書の手引き(矢田 士)…………… 9
蜘蛛の糸………………………………………11
*読書の手引き(矢田 士)……………17
杜子春…………………………………………19
*読書の手引き(矢田 士)……………35
魔術……………………………………………37
*読書の手引き(矢田 士)……………49
鼻………………………………………………51
*読書の手引き(矢田 士)……………61
芋粥(いもがゆ)……………………………63
*読書の手引き(矢田 士)……………85
羅生門…………………………………………87
*読書の手引き(矢田 士)……………97
奉教人の死……………………………………99
*読書の手引き(矢田 士)………… 115
地獄変……………………………………… 117
*読書の手引き(矢田 士)………… 157
河童(かつぱ)…………………………… 159
*読書の手引き(矢田 士)………… 213
或阿呆の一生……………………………… 215
*読書の手引き(矢田 士)………… 239
*読書感想文…………………………… 241
*「杜子春」をめぐって(佐藤美智子)…… 242
*「鼻」を読んで(武藤雅子)…… 244
*「羅生門」を読んで(村尾英子)…… 246
*「地獄変」(竹内悦子)………… 248
*感想文を読んで(矢田 士)… 250
*芥川龍之介の一生(高田瑞穂)…… 251
*年譜(欄外)……………………… 252
 


第6巻 高瀬舟・恩讐の彼方に・落城 1978.10.20
 
森鴎外………………………………………… 3
山椒大夫…………………………………… 3
最後の一句…………………………………39
高瀬舟………………………………………55
阿部一族……………………………………69
*読書の手引き―森鴎外・人と作品(吉井善三郎)…… 111
菊池寛……………………………………… 117
形………………………………………… 117
父帰る…………………………………… 121
入れ札…………………………………… 135
恩讐の彼方に…………………………… 151
忠直卿行状記(ただなおきようぎようじようき)…… 185
*読書の手引き―菊池寛・人と作品(吉井善三郎)…… 221
田宮虎彦…………………………………… 227
落城……………………………………… 227
*読書の手引き―田宮虎彦・人と作品(吉井善三郎)…… 269
*読書感想文…………………………… 271
*「高瀬舟」を読んで(坂本加津枝)…… 272
*「阿部一族」を読んで(佐藤恵子)…… 274
*「父帰る」を読んで(草野三千代)…… 276
*「恩讐の彼方」を読んで(小松節子)…… 278
*感想文を読んで(吉井善三郎)…… 280
 


第7巻 坊っちゃん 1978.10.20
 
坊っちゃん…………………………………… 3
*読書の手引き(西沢正太郎)……… 127
二百十日(にひやくとおか)…………… 135
*読書の手引き(西沢正太郎)……… 189
吾輩は猫である(抄)…………………… 191
*読書の手引き(西沢正太郎)……… 263
*読書感想文…………………………… 265
*「坊っちゃん」を読んで(柳田隆介)…… 266
*坊っちゃん(山崎純子)………… 268
*二百十日(客野宮治)…………… 270
*感想文を読んで(黒沢浩)…… 272
*夏目漱石の一生(川副国基)……… 273
*年譜(欄外)……………………… 274
 


第8巻 野菊の墓・麦藁帽子・エデンの海・サインノート 1978.10.20
 
伊藤左千夫…………………………………… 3
野菊の墓…………………………………… 3
*読書の手引き(望月道子)…………53
堀辰雄…………………………………………59
麦藁帽子……………………………………59
*読書の手引き(望月道子)…………83
若杉慧…………………………………………85
エデンの海…………………………………85
*読書の手引き(望月道子)……… 175
富島健夫…………………………………… 181
サイン・ノート………………………… 181
*読書の手引き(望月道子)……… 219
*読書感想文…………………………… 221
*「野菊の墓」を読んで(石井環)…… 222
*清らかな恋(高橋佳代子)……… 224
*「エデンの海」を読んで(保田由美子)…… 226
*「エデンの海」を読んで(大塚節子)…… 228
*「エデンの海」の恋愛(原辺陽子)…… 230
*感想文を読んで(望月道子)… 232
 


第9巻 天国にいちばん近い島 1978.10.20
 
天国にいちばん近い島……………………… 3
*読書の手引き(神岡孝也)………… 207
*読書感想文…………………………… 217
*森村桂と私(天国にいちばん近い島)(後藤龍子)…… 218
*「天国にいちばん近い島」を読んで(武田理)…… 220
*感想文を読んで(増田信一)… 222
 


第10巻 こころの詩集 1978.10.20
 
こころの詩集………………………………… 5
*詩のたのしさ―はじめに(小海永二)…… 6
自然の美しさ………………………………11
丸山薫
北の春………………………16
宮沢賢治
春(作品第184番) ………18
北川冬彦
春……………………………20
草野心平
春……………………………22
山村暮鳥
野良(のら)道……………24
三好達治
大阿蘇………………………26
大木実
山清水(しみず)…………28
尾崎喜八
高原…………………………30
高原…………………………31
山村暮鳥
雲……………………………33
島崎藤村
舟路…………………………34
ヘルマン・ヘッセ
白い雲(高橋健二訳)……36
八木重吉
素朴な琴……………………38
ルミ・ド・グールモン
落ち葉(堀口大学訳)……39
北原白秋
落葉松(からまつ)………41
高村光太郎
冬の奴(やつ)……………45
ガルシア・ロルカ
セビーリャ小唄(小海永二訳)……47
堀口大学
夕ぐれの時はよい時………49
西脇順三郎
太陽…………………………53
村野四郎
鹿……………………………54
愛のときめき…………………………55
島崎藤村
初恋…………………………60
シェリー
ジェーンに(星谷剛一訳)……62
佐藤春夫
海べの恋……………………64
室生犀星
三月…………………………66
高村光太郎
あどけない話………………67
立原道造
虹とひとと…………………68
中野重治
わかれ………………………70
伊藤整
吹雪(ふぶき)の街を……71
野村英夫
祈祷(きとう)……………73
小海永二
夜ふけて……………………75
山之口貘
求婚の広告…………………77
ジャック・プレベール
夜のパリ(小海永二訳)…78
ホイットマン
見も知らぬ人に(有島武郎訳)……79
立原道造
眠りの誘い…………………81
ゲーテ
すみれ(手塚富雄訳)……83
堀口大学
母の声………………………85
高田敏子
いち日に何度も……………86
千家元麿
若い母………………………88
八木重吉
赤い寝衣(ねまき)………90
花……………………………91
津村信夫
夏草…………………………92
人生の豊かさ………………………95
野村英夫
心のなかで……………… 100
ヘルマン・ヘッセ
どこかに(高橋健二訳)…… 101
石川啄木
路傍の草花に…………… 102
室生犀星
小景異情………………… 104
北原白秋
柳河(やながわ)……… 108
中原中也
冬の日の記憶…………… 111
田中冬二
青い夜道………………… 113
三好達治
少年……………………… 115
カール・ブッセ
山のあなた(上田敏訳)…… 116
ポール・ベルレーヌ
落ち葉(上田敏訳)…… 117
中原中也
サーカス………………… 119
千家元麿
三人の親子……………… 121
高村光太郎
米久(よねきゆう)の晩餐…… 124
武者小路実篤
一個の人間……………… 129
ツルゲーネフ
乞食(中山省三郎訳)… 131
萩原朔太郎
郵便局…………………… 133
黒田三郎
ある日あるとき………… 135
谷川俊太郎
雲………………………… 136
茨木のり子
汲む……………………… 138
丸山薫
未来へ…………………… 141
空想の楽しさ…………………………… 143
北原白秋訳
十人の黒ん坊(ぼ)の子ども(まざあ・ぐうすより)…… 148
萩原朔太郎
殺人事件………………… 152
宮沢賢治
下背に日の出をもつ山に関する童話風の構想(作品第375番)…… 154
丸山薫
蝶物語…………………… 157
竹中郁
外科医…………………… 160
北川冬彦
星になった私…………… 162
丸山薫
焔………………………… 166
草野心平
聾(つんぼ)のるりる… 168
アンリ・ミショー
突堤(とつてい)(小海永二訳)…… 172
萩原朔太郎
春夜……………………… 175
村野四郎
変な界隈(かいわい)… 177
社会への開眼…………………………… 179
与謝野晶子
君死にたもうことなかれ…… 184
石川啄木
はてしなき議論の後…… 187
宮沢賢治
作品第一〇六三番……… 189
中野重治
汽車……………………… 191
小野十三郎
たつまきの歌…………… 195
ラングストン・ヒューズ
黒人少女のためのうた(木島始訳)…… 197
北川冬彦
戦争……………………… 199
金子光晴
風景……………………… 200
原民喜
水ヲクダサイ…………… 202
家なき子のクリスマス… 205
トワルドフスキー二行(稲田定雄訳)…… 206
吉野弘
香水……………………… 208
村野四郎
現代の冬………………… 212
*読書の手引き(増田信一)………… 215
[ 2012/05/01 00:00 ] 未分類 | TB(1) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

まとめtyaiました【『ジュニア版 名作文学』全10巻】
『ジュニア版 名作文学』全10巻(学習研究社、1978)
[2012/05/01 17:53] まとめwoネタ速suru
プロフィール
本サイトでは管理人が趣味で作成したデータベースを公開しています。著作権等の知的財産権を侵害する意図はありません。ご要望のある方はお知らせください。速やかに対応致します。なお、データの無断複製・転載はお断りしています。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。