研究余録 ~全集目次総覧~ TOP  >  スポンサー広告 >  未分類 >  『少年倶楽部名作選』全6巻・別巻2巻

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『少年倶楽部名作選』全6巻・別巻2巻

『少年倶楽部名作選』全6巻・別巻2巻(講談社、1966.12~1969.10、加藤謙一編,尾崎秀樹,佐藤忠男,鳥越信,滑川道夫,福田清人編集参与)


第1巻 長編小説集 1966.12.17
 
*本書の発刊について(野間省一)……巻頭
吉川英治……………………………………… 1
神州天馬侠………………………………… 1
大仏次郎…………………………………… 501
角兵衛獅子……………………………… 501
佐藤紅緑…………………………………… 651
あゝ玉杯に花うけて…………………… 651
佐々木邦…………………………………… 777
苦心の学友……………………………… 777
*児童雑誌変遷史(福田清人)………… 987
*第1巻に収容した作品についての解説(尾崎秀樹)…… 997
 

第2巻 長編・中編小説集 1966.12.17
 
長編小説……………………………………… 1
山中峯太郎
亜細亜の曙………………… 1
南洋一郎
吼える密林……………… 185
平田晋策
昭和遊撃隊……………… 261
高垣眸
快傑黒頭巾……………… 371
江戸川乱歩
怪人二十面相…………… 491
須川邦彦
無人島に生きる十六人… 593
中編小説…………………………………… 693
吉川雉子郎
でこぼこ花瓶…………… 693
大仏次郎
海の男…………………… 711
池田宣政
リンカーン物語………… 750
吉祥寺弘
大洋に迷う……………… 807
山中峯太郎
敵中横断三百里………… 849
佐藤紅緑
黒将軍快々譚…………… 909
小山勝清
彦一頓知ばなし………… 934
いも問答………………… 934
思いやり………………… 935
飛行術…………………… 937
目かくし競走…………… 938
拾った小判……………… 940
切れぬ紙………………… 943
小鳥、野ねずみ退治…… 946
おしの兄弟……………… 948
朝顔……………………… 950
右と左…………………… 952
足跡……………………… 954
*「少年倶楽部」の意義(佐藤忠男)… 959
*第2巻に収録した作品についての解説(尾崎秀樹)…… 974
 

第3巻 少年詩・童謡ほか 1966.12.17
 
短編第一部…………………………………… 1
片岡鉄兵
猿の絵の運命……………… 2
牧逸馬
煙るシカゴ…………………11
小島政二郎
南洋の真珠王………………18
川端康成
級長の探偵…………………28
福永恭助
給仕勲八等…………………37
山中峯太郎
小指一本の大試合…………45
十一谷義三郎
難破船の犬…………………51
サトウハチロー
足軽の先祖…………………60
橋爪健
南極の黄金船………………66
太田黒克彦
山の友情……………………74
赤川武助
師弟決死隊…………………84
椋鳩十
山の太郎熊…………………96
朝日壮吉
秋空晴れて……………… 106
輝く友情………………… 115
梶野千万騎
ぼくらの英雄…………… 125
佐々木邦
にわか英雄……………… 135
牧水江
犬の飴屋さん…………… 144
木見敏三
うれしい制服…………… 152
椋鳩十
大造爺さんと雁………… 161
阿部知二
青空のうた……………… 166
福田清人
たこあげ………………… 172
那須辰造
海………………………… 177
山岡荘八
鉄腕のうた……………… 185
棟田博
軍犬疾風(はやて)号… 200
短編第二部………………………………… 211
高桑義生
魂を呼ぶ笛……………… 212
直木三十五
可愛岳(えのたけ)突破…… 219
片岡鉄兵
獣を撃つ少年…………… 230
金子光晴
名剣旭丸………………… 239
前田曙山
鳥さし伊助……………… 243
安藤盛
名馬朝月………………… 250
大河内翠山
小太刀の秘術…………… 259
菊池寛
毛利元就………………… 267
安藤盛
情の一騎打……………… 273
天野雉彦
投げ代五百石…………… 281
高桑義生
残月野田城……………… 289
木村毅
七人目の虜……………… 296
山本周五郎
だんまり伝九…………… 304
三浦楽堂
馬の草鞋………………… 313
三木喬太郎
天晴れ黄八幡兄弟……… 321
下村悦夫
侠勇鳥毛の大槍………… 332
梶野千万騎
笛吹き三千石…………… 341
大倉桃郎
わが父強し……………… 351
赤川武助
武士の子………………… 358
小島健三
ひばり小次郎…………… 368
大倉桃郎
片眼の大学者…………… 377
中沢 夫
阿蘇の火祭り…………… 385
短編第三部……………… 397
磯村善夫
お祖父様は犬嫌い……… 398
森下雨村
天国の少年……………… 404
尾崎喜八
兄弟の愛………………… 412
金子光晴
霧………………………… 415
サトウハチロー
名優のなさけ…………… 422
横光利一
愛の栄光………………… 427
小酒井不木
ジェンナー伝…………… 435
池田宣政
小山羊の唄……………… 444
三浦楽堂
黒い偉人………………… 453
江口渙
靺鞨(まっかつ)嵐…… 465
大滝鞍馬
一念は徹(とお)る…… 475
那珂良二
思い出のリンゴ………… 485
生地泰
めずらしい花輪………… 489
池田宣政
ナポレオンと少年鼓手… 494
中根栄
軍旗を守る犬…………… 501
豊島与志雄
絨毯の文字……………… 510
三上於莵吉
リッツオ艇長…………… 516
池田宣政
サーカスの名馬………… 522
天野雉彦
愛国の金貨……………… 528
吉田甲子太郎
負けない少年…………… 535
林竜雄
ジンブルさんはなぜ食われなかったか…… 542
上沢謙二
盲の逓信大臣…………… 546
薄田斬雲
狼の王ロボ……………… 555
河合三郎
燈台の火を守れ………… 563
光吉夏弥
プラーグの笛吹き……… 573
短編第四部……………… 579
松本丈山
猛牛奮迅………………… 580
池田宣政
形見の万年筆…………… 585
小酒井不木
国際射的大競技………… 590
鳴弦楼主人
肉弾相搏つ巨人………… 593
野村胡堂
日本一になるまで……… 600
松原幹
日本マッチの恩人……… 609
平山蘆江
角のない牛……………… 616
富田常雄
転がり試合……………… 624
木村毅
忘れられぬ梨…………… 628
梶野千万騎
あげよ柔道の誉………… 634
上沢謙二
死の吹雪と闘う勇(ゆう)少年…… 643
梶野千万騎
豪勇水兵と豚…………… 651
小出正吾
太平洋の橋……………… 661
短編第五部……………… 671
横山銀吉
ふしぎなノートブック… 672
宇野浩二
王様と靴直し…………… 678
小島政二郎
王様は上機嫌…………… 683
千葉省三
手白猿…………………… 688
豊島与志雄
金の猫の鬼……………… 693
久米舷一
鼻利き権助……………… 698
東山新吉
シルダの馬鹿市民……… 703
久米舷一
森の名探偵……………… 709
少年詩・童謡…………… 715
水野葉舟
夏のはじめ……………… 716
北原白秋
山の唄…………………… 716
平井晩村
露の宿…………………… 717
三木露風
黙って歌をうたう世界… 717
柳沢健
春がきた………………… 717
与謝野晶子
我子のために…………… 718
平井晩村
初夏……………………… 718
与謝野晶子
京之介の絵……………… 719
正富汪洋
雪と竹馬………………… 719
若山牧水
八兵衛と兎……………… 720
与謝野晶子
健之介の畑……………… 721
若山喜志子
あけびの花が咲いた…… 721
三木露風
春風の円舞曲(ロンド)…… 721
海鳴り…………………… 722
与謝野晶子
蟻の歌…………………… 722
西条八十
浜辺の出来事…………… 722
山村暮鳥
山径(やまみち)にて… 723
野口雨情
雀の宿…………………… 723
山村暮鳥
天の鳥…………………… 724
蕗谷虹児
灯の影…………………… 724
吉田絃二郎
あたたかい風…………… 724
三木露風
静かな日………………… 725
児玉花外
浪枕の景清(かげきよ)…… 725
加藤まさを
金貨の小径……………… 726
凧………………………… 727
児玉花外
桶狭間の雨……………… 727
織田子青
夏の欠伸(あくび)…… 728
加藤まさを
赤い椿…………………… 728
葛原 
野の芽山の芽…………… 729
加藤まさを
夜の海辺………………… 729
白鳥省吾
牛………………………… 729
二階の窓………………… 730
野口雨情
四つの星………………… 730
西条八十
鷲と少年………………… 730
山村暮鳥
初つばめ………………… 731
金子光晴
蝸牛(かたつむり)…… 731
早川桂太郎
ひるね…………………… 732
野口雨情
案山子…………………… 733
尾崎喜八
鍬を持つ男……………… 733
入交総一郎
海の子守唄……………… 733
尾崎喜八
忠実な少年……………… 734
竹貫真弓
日向ぼっこ……………… 734
北原白秋
スキー…………………… 735
高村光太郎
路ばた…………………… 735
相馬御風
春と少年………………… 735
サトウハチロー
湯の町へ行く馬車……… 736
大音竜太
真夏の大洋を歌う……… 736
サトウハチロー
とんがらし爺さん……… 737
川路柳虹
わたり鳥………………… 737
北原白秋
鮒つり…………………… 737
吉田絃二郎
落葉……………………… 738
北原白秋
沼べり…………………… 739
千家元麿
太陽の方へ……………… 739
相馬御風
雪の上の道……………… 740
西条八十
その夜の侍……………… 740
ゆめたけひさ
春は飛ぶ………………… 741
西条八十
谺(こだま)…………… 741
ゆめたけひさ
育つもの………………… 742
サトウハチロー
小笠原島………………… 742
ゆめたけひさ
すもう…………………… 742
西条八十
荊軻(けいか)………… 743
浜田広介
どんど焼き……………… 743
西条八十
海をゆくの歌…………… 743
野口雨情
親のない信吉…………… 744
八木隆一郎
霙(みぞれ)の手紙…… 744
八波則吉
扶老坂…………………… 745
浜田広介
寒い教室………………… 745
太郎んぼ………………… 746
サトウハチロー
一本の藁………………… 746
西条八十
兜を謳う………………… 747
時雨音羽
若葉の唄………………… 747
中西悟堂
暑さを銷(け)す歌…… 748
西条八十
貧しき少年に与うる歌… 749
横瀬夜雨
美しい情景……………… 750
西条八十
日の丸の歌……………… 750
吉川英治
池田屋の夜……………… 751
もどり途………………… 751
水谷まさる
赤ちゃん………………… 752
相馬御風
笑い……………………… 752
川路柳虹
秋の郊外………………… 753
サトウハチロー
夕方の音………………… 753
中西悟堂
お山の出来事…………… 754
浜田広介
笛と薔薇………………… 755
西条八十
ワーテルロオ…………… 755
中西悟堂
蝉の物語………………… 756
西条八十
鷲の歌…………………… 757
サトウハチロー
赤牛(あか)病む……… 757
西条八十
日本刀の歌……………… 758
佐藤惣之助
少年鉄工………………… 758
サトウハチロー
ラッキィ・セブン……… 758
西条八十
祭りの宵………………… 579
与田凖一
僕の子守唄……………… 759
浜田広介
新しい先生……………… 759
島田忠夫
夜のいろり……………… 760
西条八十
日吉丸…………………… 760
記念樹…………………… 761
横瀬夜雨
たとえ不具でも………… 761
川路柳虹
魚釣り…………………… 761
サトウハチロー
おせんべを焼きながら… 762
僕は電報配達夫………… 762
松本彦三
それは楽しいことだった…… 763
サトウハチロー
犬小舎(いぬごや)をつくる…… 763
島田忠夫
朝の漁村………………… 764
サトウハチロー
一年生と六年生………… 764
西条八十
日本地図を眺めて……… 765
鎌倉を訪ねて…………… 765
佐藤惣之助
少年音頭………………… 766
西条八十
戦場の軍旗……………… 766
佐藤惣之助
腕がこんなに太ったぞ… 767
サトウハチロー
やぶれ帽子にこわれ靴… 767
今年の収穫(とりいれ)…… 768
西条八十
書物……………………… 768
サトウハチロー
うれしい鑵詰…………… 769
スキー小舎(ごや)のおじさん…… 769
西条八十
大御宝(おおみたから)…… 769
サトウハチロー
燈台守のおじさん……… 770
新しい本………………… 770
形と音と色と匂い……… 771
西条八十
近江聖人………………… 771
蔵原伸二郎
秋と少年………………… 772
百田宗治
夜汽車の中で逢った少年…… 772
西条八十
山の泉…………………… 775
武者小路実篤
矢を射る者……………… 776
三好達治
丘のうえ………………… 776
サトウハチロー
だるま凧………………… 777
大江満雄
海の歌…………………… 777
丸山薫
ボール…………………… 778
カナカナがなけば……… 778
サトウハチロー
カレンダーは十月……… 778
草野心平
凧………………………… 779
漫画……………………… 781
田河水泡
のらくろ………………… 782
のらくろ二等卒………… 782
のらくろ一等卒………… 798
のらくろ一等兵………… 802
のらくろ上等兵………… 810
のらくろ伍長…………… 820
のらくろ軍曹…………… 832
島田啓三
冒険ダン吉……………… 855
*少年倶楽部の短篇作品(鳥越信)…… 895
*少年詩解説(滑川道夫)……………… 905
*漫画と附録(佐藤忠男)……………… 909
*主要作品目録…………………………… 915
*あとがき(加藤謙一)…………………1011
 

第4巻 絵画編 1967.7.17
 
口絵傑作集…………………………………… 1
樺島勝一ペン画集……………………………81
少年詩画集(一)………………………… 129
佐藤惣之助
少年漁夫………………… 129
浜田広介
川狩(かわがり)……… 130
サトウハチロー
春遠からじ……………… 132
西条八十
真田幸村………………… 134
竹久夢二
育つもの………………… 136
中西悟堂
猿芝居…………………… 138
サトウハチロー
小騎兵…………………… 140
野口雨情
田植え歌………………… 142
(小学読本巻11より)
冬………………………… 144
画譜………………………………………… 145
絵物語……………………………………… 161
西条八十
大聖釈迦絵物語………… 161
サトウハチロー
厨子王と安寿姫………… 170
少年詩画集(二)………………………… 177
(小学唱歌)
夏は来ぬ………………… 177
千家元麿
太陽の方へ……………… 178
サトウハチロー
思い出の雨……………… 180
小笠原島………………… 182
野口雨情
秋のお使ひ……………… 184
浜田広介
ながい路でも…………… 186
金子光晴
母校……………………… 188
竹久夢二
曲馬団(サアカス)の旅…… 190
山村暮鳥
鰹釣り…………………… 192
口絵写真集………………………………… 193
挿絵名場面集(一)……………………… 209
山中峯太郎
敵中横断三百里………… 209
南洋一郎
吼(ほ)える密林……… 269
大仏次郎
狼隊の少年……………… 309
吉川英治
天兵童子………………… 361
赤川武助
源吾旅日記……………… 417
挿絵名場面集(二)……………………… 449
滑稽和歌集………………………………… 605
*解説―「少年倶楽部」のイラストレーション(上笙一郎)…… 670
*あとがき(加藤謙一)………………… 677
 

第5巻 面白づくし・知恵くらべ珠玉全集 1968.11.10
 
巻頭口絵……………………………………巻頭
西条八十
兜を謳う…………………巻頭
日本刀……………………巻頭
書物………………………巻頭
第一部 少年訓話…………………………… 1
第二部 おもしろ絵とき学校………………51
第三部 少倶名物集……………………… 141
第四部 特選漫画大会…………………… 261
第五部 特別読物選……………………… 419
第六部 輝くスポーツの記録…………… 479
第七部 少年娯楽園……………………… 555
第八部 愛読者の作品集………………… 643
第九部 附録博覧会……………………… 687
第十部 思ひ出の広告…………………… 859
*「ダイヤモンド記事」と「熱血の甲子園」について(須藤憲三)…… 871
*少年倶楽部の愛読者(西村俊成)…… 873
*漫画特集の誕生(松井利一)………… 876
*あとがき 珠玉礼讃―子どもの生活文化資料として(加藤謙一)…… 878
 

第6巻 熱血痛快小説集 1969.10.20
 
長編…………………………………………… 1
高垣眸
豹(ジヤガー)の眼……… 1
山中峯太郎
大東(だいとう)の鉄人…… 131
平田晋
新戦艦高千穂…………… 259
高垣眸
まぼろし城……………… 359
南洋一郎
魔界の宝………………… 403
江戸川乱歩
少年探偵団……………… 513
南洋一郎
豪勇荒鷲艦長…………… 615
海野十三
浮かぶ飛行島…………… 719
短編……………………… 855
吉川英治
武田菱(たけだびし)誉れの初陣…… 856
桧山灯二
ああ梅ヶ香丸…………… 865
福永恭助
海魔の囮(おとり)…… 872
池田宣政
巨象「森の王」と闘う… 881
久米元一
ナイヤガラ決死の冒険… 891
中正夫
暁の空中決闘…………… 899
橋爪健
波間の信号……………… 908
中川勇
熊狩り夜話……………… 913
大仏次郎
鞍馬天狗………………… 921
安倍季雄
日本(やまと)魂の職工さん…… 941
宮原晃一郎
軍艦富士のスエズ運河乗り切り…… 949
梶野千万騎
日米短艇競漕…………… 957
*少年倶楽部年表(須藤憲三)………… 965
*あとがき(加藤謙一)…………………1001
 

別巻1 のらくろ漫画全集 1967.7.25
 
まえがき(田河水泡)…………………巻頭
のらくろ突進隊……………………………… 3
のらくろ二等卒………………………………30
のらくろ一等卒………………………………78
のらくろ一等兵………………………………82
のらくろ上等兵………………………………98
のらくろ伍長……………………………… 128
のらくろ大事件…………………………… 140
のらくろ伍長……………………………… 166
のらくろ軍曹……………………………… 194
のらくろ軍曹猛特訓の巻………………… 229
のらくろ軍事探偵………………………… 269
のらくろ曹長……………………………… 304
のらくろ小犬時代………………………… 325
のらくろ曹長……………………………… 356
のらくろ士官学校の巻…………………… 378
のらくろ少尉……………………………… 406
のらくろ小隊長…………………………… 438
のらくろ少尉……………………………… 454
のらくろ鬼小尉…………………………… 470
のらくろ中尉……………………………… 498
のらくろ中尉深海探検の巻……………… 522
〔のらくろ〕真夏の猛犬連隊…………… 538
のらくろ中尉……………………………… 543
のらくろ豪勇部隊長……………………… 559
のらくろ大尉……………………………… 586
のらくろ思い出話………………………… 614
のらくろ大尉……………………………… 630
のらくろ肉弾中隊………………………… 646
のらくろ守備隊長………………………… 654
のらくろ大尉歓送会……………………… 671
のらくろ大陸行(こう)………………… 678
のらくろ出発……………………………… 694
のらくろ大陸……………………………… 698
のらくろ探検隊…………………………… 710
のらくろ鉱山……………………………… 759
のらくろ探検隊…………………………… 766
*漫画(小林秀雄)……………………… 799
*“のらくろ”の魅力(手塚治虫)…… 802
*“のらくろ”覚えがき(加藤謙一)… 806
 

別巻2 冒険ダン吉漫画全集 1967.8.30
 
まえがき(島田啓三)…………………巻頭
冒険ダン吉(昭和八年掲載)……………… 3
冒険ダン吉(昭和九年掲載)………………59
冒険ダン吉海賊島の秘密……………………75
冒険ダン吉(昭和十年掲載)…………… 181
ダン吉島の暴れ正月……………………… 181
冒険ダン吉の歌…………………………… 215
冒険ダン吉(昭和十一年掲載)………… 306
冒険ダン吉(昭和十二年掲載)………… 420
冒険ダン吉(昭和十三年掲載)………… 540
冒険ダン吉(昭和十四年掲載)………… 643
冒険ダン吉 動く日の丸島……………… 643
*ストーリイ漫画の先達者(手塚治虫)…… 670
*“冒険ダン吉”覚えがき(加藤謙一)…… 674
[ 2012/07/01 00:00 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール
本サイトでは管理人が趣味で作成したデータベースを公開しています。著作権等の知的財産権を侵害する意図はありません。ご要望のある方はお知らせください。速やかに対応致します。なお、データの無断複製・転載はお断りしています。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。