研究余録 ~全集目次総覧~ TOP  >  スポンサー広告 >  未分類 >  『少年少女のための日本名詩選集』全15巻

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『少年少女のための日本名詩選集』全15巻

『少年少女のための日本名詩選集』全15巻(あすなろ書房、1986.7~1986.12、萩原昌好編)



第1巻 島崎藤村 1986.8.25
 
*読者のみなさんへ(萩原昌好)………… 2
〔「藤村詩集」序文の一節〕………………10
潮音(しおのね)……………………………12
若水……………………………………………14
白壁(しらかべ)……………………………16
高楼(たかどの)……………………………18
*惜別の歌〔楽譜〕………………………21
梭(おさ)の音(ね)………………………22
流星……………………………………………24
夏の夜…………………………………………26
東西南北………………………………………28
初恋……………………………………………30
傘のうち………………………………………32
えにし…………………………………………34
雲のゆくえ……………………………………36
強敵(きようてき)…………………………38
望郷……………………………………………40
山精(やまびこ)……………………………42
春やいずこに…………………………………44
銀河……………………………………………46
小諸(こもろ)なる古城のほとり…………50
壮年の歌………………………………………52
緑蔭(りよくいん)…………………………54
罪………………………………………………58
椰子の実………………………………………60
*やしの実〔楽譜〕………………………62
千曲(ちくま)川旅情のうた………………64
問答の歌(少年のためにとてよめるうた二首)……66
其一…………………………………………66
其二…………………………………………67
*詩人のプロフィール………………………70
*現場の先生方へ……………………………72
*父母と教師のみなさんへ(萩原昌好)…76
 


第2巻 北原白秋 1986.8.25
 
*読者のみなさんへ(萩原昌好)………… 2
「わが生いたち」より〔『思ひ出』序文〕……10
邪宗門秘曲……………………………………12
空に真赤(まつか)な………………………14
人生……………………………………………16
柳河(やながわ)……………………………18
片恋(かたこい)……………………………22
海雀(うみすずめ)…………………………24
薔薇二曲………………………………………26
北斎……………………………………………28
雪に立つ竹……………………………………30
雪後……………………………………………32
雪後の声………………………………………34
庭の一部………………………………………36
雀よ……………………………………………38
雀………………………………………………40
風………………………………………………42
落葉松(からまつ)…………………………46
露………………………………………………50
あてのない消息………………………………52
空威張(からいばり)………………………54
言葉……………………………………………56
五十音…………………………………………60
からたちの花…………………………………62
*からたちの花〔楽譜〕…………………64
*詩人のプロフィール………………………66
*現場の先生方へ……………………………68
*北原白秋と童謡……………………………72
*父母と教師のみなさんへ(萩原昌好)…76
 


第3巻 高村光太郎 1986.9.25
 
*読者のみなさんへ(萩原昌好)………… 2
根付(ねつけ)の国…………………………10
父の顔…………………………………………12
山………………………………………………14
冬が来た………………………………………18
道程……………………………………………20
あたり前………………………………………22
鯰(なまず)…………………………………24
ぼろぼろな駝鳥………………………………26
秋を待つ………………………………………28
母をおもう……………………………………30
その年私の十六が来た………………………32
詩人……………………………………………34
冬の言葉………………………………………36
激動するもの…………………………………38
友よ……………………………………………40
最低にして最高の道…………………………42
独居(どつきよ)自炊………………………44
樹下(じゆか)の二人………………………46
あどけない話…………………………………50
千鳥と遊ぶ智恵子……………………………52
値(あ)いがたき智恵子……………………54
レモン哀歌……………………………………56
荒涼たる帰宅…………………………………58
案内……………………………………………60
クロツグミ……………………………………62
山の少女………………………………………64
山からの贈物(おくりもの)………………66
山のともだち…………………………………68
*詩人のプロフィール………………………70
*現場の先生方へ……………………………72
*父母と教師のみなさんへ(萩原昌好)…76
 


第4巻 山村暮鳥・千家元麿・百田宗治 1986.10.25
 
*読者のみなさんへ(萩原昌好)………… 2
山村暮鳥……………………………………… 9
風景―純銀もざいく………………………10
此(こ)の世界のはじめもこんなであったか……12
友におくる詩………………………………14
春の河(かわ)……………………………16
蝶々…………………………………………18
雲……………………………………………20
馬……………………………………………22
西瓜(すいか)の詩………………………24
月……………………………………………26
或る時………………………………………28
千家元麿………………………………………31
彼(かれ)は………………………………32
小景…………………………………………34
母と子………………………………………36
桜……………………………………………38
本気…………………………………………40
私の詩は……………………………………42
星……………………………………………44
冬の夕暮(ゆうぐれ)……………………46
葡萄…………………………………………48
百田宗治………………………………………51
私の帰ってくるのは此処(ここ)だ……52
地上の言葉…………………………………54
いかなる国より……………………………56
味噌汁………………………………………58
虫の音(ね)………………………………60
わすれもの…………………………………62
夕風…………………………………………64
象形(しようけい)文字…………………66
赤面鬼子(せきめんきし)………………68
*詩人のプロフィール………………………70
*現場の先生方へ……………………………72
*父母と教師のみなさんへ(萩原昌好)…76
 


第5巻 萩原朔太郎・佐藤春夫 1986.11.25
 
*読者のみなさんへ(萩原昌好)………… 2
萩原朔太郎…………………………………… 9
〔詩集「月に吠える」序文より〕………10
竹……………………………………………12
亀……………………………………………14
蛙の死………………………………………16
沖を眺望する………………………………18
野原に寝る…………………………………20
青空…………………………………………22
眺望…………………………………………24
家畜…………………………………………26
野景…………………………………………28
榛名(はるな)富士………………………30
こころ………………………………………32
静物…………………………………………34
中学の校庭…………………………………36
帰郷…………………………………………38
佐藤春夫………………………………………41
海辺(うみべ)の恋………………………42
断片…………………………………………44
秋刀魚(さんま)の歌……………………46
犬吠岬(いぬぼうざき)旅情のうた……50
しぐれに寄する抒情………………………52
暮春(ぼしゆん)のすみれ………………54
心を人に与へ得て…………………………56
海の若者……………………………………58
十三時………………………………………60
願ひ…………………………………………62
花のある杜(もり)………………………64
笛ふき………………………………………66
ゆく春………………………………………68
*詩人のプロフィール………………………70
*現場の先生方へ……………………………72
*父母と教師のみなさんへ(萩原昌好)…76
 


第6巻 室生犀星 1986.9.25
 
*読者のみなさんへ(萩原昌好)………… 2
〔「愛の詩集」自序の一節〕………………10
小景異情・その二……………………………12
ふるさと………………………………………14
寂しき春………………………………………16
しぐれ…………………………………………18
五月……………………………………………20
氷柱(つらら)………………………………22
朝の歌…………………………………………24
愛あるところに………………………………26
郊外の春………………………………………28
心………………………………………………30
冬の日…………………………………………32
第二の故郷(ふるさと)……………………34
鮎のかげ………………………………………38
二つの心………………………………………40
子守唄…………………………………………42
室内……………………………………………44
靴下……………………………………………46
明日……………………………………………48
朝日をよめる歌・その五……………………50
わが子のうた…………………………………52
王座……………………………………………54
年輪……………………………………………56
かにのうた……………………………………58
ひぐらしのうた………………………………60
からすのうた…………………………………62
はだかで………………………………………64
径(こみち)…………………………………66
卵………………………………………………68
*詩人のプロフィール………………………70
*現場の先生方へ……………………………72
*父母と教師のみなさんへ(萩原昌好)…76
 


第7巻 堀口大学・西脇順三郎 1986.11.25
 
*読者のみなさんへ(萩原昌好)………… 2
堀口大学……………………………………… 9
秋のピエロ…………………………………10
夕ぐれの時はよい時………………………12
落葉…………………………………………16
詩人…………………………………………18
路上…………………………………………20
海の風景……………………………………22
また一つ……………………………………24
蝉……………………………………………26
価(あたい)………………………………28
人に…………………………………………30
自(みずか)らに…………………………30
時……………………………………………32
九月の言葉…………………………………34
詩……………………………………………36
わが詩法……………………………………36
僕の文法……………………………………36
温胎(おんたい)の時間…………………38
富士の山……………………………………40
西脇順三郎……………………………………43
天気…………………………………………44
カプリの牧人………………………………46
雨……………………………………………48
太陽…………………………………………50
〔旅人かえらず〕10………………………52
〔旅人かえらず〕46………………………54
〔旅人かえらず〕83………………………56
〔旅人かえらず〕167 ……………………58
秋……………………………………………60
一月…………………………………………62
まさかり……………………………………64
宝石の眠り…………………………………66
奇蹟…………………………………………68
*詩人のプロフィール………………………70
*現場の先生方へ……………………………72
*父母と教師のみなさんへ(萩原昌好)…76
 


第8巻 宮沢賢治 1986.7.25
 
*読者のみなさんへ(萩原昌好)………… 2
屈折率…………………………………………10
くらかけの雪…………………………………12
日輪(にちりん)と太市(たいち)………14
恋と病熱………………………………………16
春と修羅(しゆら)…………………………18
雲の信号………………………………………22
報告……………………………………………24
岩手山…………………………………………26
高原……………………………………………28
原体剣舞連(はらたいけんばいれん)……30
永訣(えいけつ)の朝………………………34
山火……………………………………………38
曠原淑女(こうげんしゆくじよ)…………42
馬………………………………………………44
薤露青(かいろせい)………………………46
母に云(い)う………………………………50
春………………………………………………54
政治家…………………………………………56
〔あすこの田はねえ〕1082…………………58
〔もうはたらくな〕1088……………………62
病床……………………………………………64
眼(め)にて云う……………………………66
〔雨ニモマケズ〕……………………………68
*詩人のプロフィール………………………70
*現場の先生方へ……………………………72
*父母と教師のみなさんへ(萩原昌好)…76
 


第9巻 山之口貘・田中冬二 1986.12.20
 
*読者のみなさんへ(萩原昌好)………… 2
山之口貘……………………………………… 9
存在…………………………………………10
生きている位置……………………………12
妹へおくる手紙……………………………14
自己紹介……………………………………16
世はさまざま………………………………18
元旦の風景…………………………………20
月見草(つきみそう)談義………………22
満員電車……………………………………24
鼻……………………………………………26
ぼすとんばっぐ……………………………28
巴(ともえ)………………………………30
ミミコの独立………………………………32
ねずみ………………………………………34
生きる先々…………………………………36
田中冬二………………………………………39
村……………………………………………40
ふるさとにて………………………………42
くずの花……………………………………44
水郷(すいごう)…………………………46
障子…………………………………………48
軽井沢の氷(こおり)菓子………………50
春……………………………………………52
霧……………………………………………54
夏……………………………………………56
短日(たんじつ)…………………………59
冬日薄暮(とうじつはくぼ)……………60
追憶の母……………………………………62
冬日暮景(とうじつぼけい)……………64
美しき夕暮(ゆうぐれ)…………………66
林檎の花の下にて…………………………68
*詩人のプロフィール………………………70
*現場の先生方へ……………………………72
*父母と教師のみなさんへ(萩原昌好)…76
 


第10巻 草野心平 1986.9.25
 
*読者のみなさんへ(萩原昌好)………… 2
秋の夜の会話…………………………………10
おれも眠ろう…………………………………12
ぐりまの死……………………………………14
芝浦埋立(うめたて)地にて………………16
石………………………………………………18
空気祭…………………………………………20
天の一本道……………………………………22
斑雪(はだれ)………………………………24
樹木……………………………………………26
雪の朝…………………………………………28
五月六月………………………………………30
富士山・作品第肆(だいし)………………32
ゆき……………………………………………34
上小川村………………………………………36
雲雀(ひばり)………………………………40
春殖(しゆんしよく)………………………42
竜安寺(りようあんじ)方丈の庭…………44
エレジー………………………………………46
マグノリヤ富士………………………………54
言葉……………………………………………56
五月……………………………………………58
種山ケ原………………………………………60
その下の青い世界で…………………………62
驟雨(しゆうう)直後………………………64
無題……………………………………………66
青い水たんぼ…………………………………68
*詩人のプロフィール………………………70
*現場の先生方へ……………………………72
*父母と教師のみなさんへ(萩原昌好)…76
 


第11巻 金子光晴・小野十三郎・村野四郎・北川冬彦 1986.12.20
 
*読者のみなさんへ(萩原昌好)………… 2
金子光晴……………………………………… 9
月光不老……………………………………10
ごはん………………………………………12
おもいでの唄………………………………14
雪……………………………………………18
かっこう……………………………………22
しあわせの弁………………………………26
小野十三郎……………………………………29
葦の地方……………………………………30
播州平野……………………………………32
落葉…………………………………………34
木々が芽吹くとき…………………………36
鬼あざみ……………………………………38
山頂から……………………………………40
村野四郎………………………………………43
鉄棒(二)…………………………………44
飛込(とびこみ)(一)…………………46
崖の上の抒情………………………………48
さんたんたる鮟鱇(あんこう)…………50
菫(すみれ)………………………………52
冬……………………………………………54
北川冬彦………………………………………57
秋……………………………………………58
馬……………………………………………60
ハードル・レース…………………………62
春……………………………………………64
水鏡(みずかがみ)………………………66
一本一本……………………………………68
*詩人のプロフィール………………………70
*現場の先生方へ……………………………72
*父母と教師のみなさんへ(萩原昌好)…76
 


第12巻 三好達治 1986.10.25
 
*読者のみなさんへ(萩原昌好)………… 2
乳母車(うばぐるま)………………………10
雪………………………………………………12
甃(いし)のうえ……………………………14
少年……………………………………………16
春………………………………………………18
村………………………………………………20
Enfance finie(アンフアンスフイニ) …22
郷愁……………………………………………24
祖母……………………………………………26
蟋蟀(こおろぎ)……………………………28
信号……………………………………………30
友を喪(うしな)う 四章…………………32
首途(しゆと)……………………………32
展墓(てんぼ)……………………………32
路上…………………………………………33
服喪…………………………………………33
土………………………………………………34
本………………………………………………36
チューリップ…………………………………38
黄葉(もみじ)………………………………40
空山(くうざん)……………………………42
夜明けのランプ………………………………44
山鳩……………………………………………46
大阿蘇(おおあそ)…………………………48
涙………………………………………………50
汝(なんじ)の薪をはこべ…………………52
桃の花さく……………………………………56
氷の季節………………………………………58
涙をぬぐって働こう…………………………62
駱駝(らくだ)の瘤にまたがって…………64
*詩人のプロフィール………………………70
*現場の先生方へ……………………………72
*父母と教師のみなさんへ(萩原昌好)…76
 


第13巻 中原中也 1986.10.25
 
*読者のみなさんへ(萩原昌好)………… 2
サーカス………………………………………10
帰郷……………………………………………14
夏の日の歌……………………………………16
少年時…………………………………………18
汚(よご)れちまった悲しみに……………20
生い立ちの歌…………………………………22
羊の歌III ……………………………………26
羊の歌IIII……………………………………27
春………………………………………………30
冬の日の記憶…………………………………32
湖上……………………………………………34
雲雀(ひばり)………………………………36
北の海…………………………………………38
頑是(がんぜ)ない歌………………………40
雪の賦(ふ)…………………………………44
春宵感懐(しゆんしようかんかい)………46
曇天(どんてん)……………………………48
一つのメルヘン………………………………50
言葉なき歌……………………………………52
月夜の浜辺……………………………………54
冬の長門峡(ちようもんきよう)…………56
幼なかりし日…………………………………58
雪が降っている………………………………60
夏は青い空に…………………………………62
桑名の駅………………………………………64
砂漠……………………………………………66
*詩人のプロフィール………………………70
*現場の先生方へ……………………………72
*父母と教師のみなさんへ(萩原昌好)…76
 


第14巻 八木重吉 1986.7.25
 
*読者のみなさんへ(萩原昌好)………… 2
序〔詩集「秋の瞳」序文〕…………………10
おおぞらの こころ…………………………12
ふるさとの 山………………………………14
うつくしいもの………………………………16
ほそい がらす………………………………18
草の実…………………………………………20
彫(ほ)られた空……………………………22
桃子よ…………………………………………24
わが児(こ)…………………………………26
葉………………………………………………28
草に すわる…………………………………30
白い 雲………………………………………32
花がふってくると思う………………………34
光………………………………………………36
母をおもう……………………………………38
夜………………………………………………40
果物……………………………………………42
童(こども)…………………………………44
桜………………………………………………46
木………………………………………………48
水や草は いい方方(かたがた)である…50
ふるさとの川…………………………………52
顔………………………………………………54
雨………………………………………………56
(ぽくぽくひとりでついていた)…………58
まっしろな鳩…………………………………60
(ころころと)………………………………62
(えいえんを)………………………………62
(おもえば)…………………………………64
秋のこころ……………………………………66
母………………………………………………68
*詩人のプロフィール………………………70
*現場の先生方へ……………………………72
*父母と教師のみなさんへ(萩原昌好)…76
 


第15巻 丸山薫・立原道造・伊東静雄 1986.12.20
 
*読者のみなさんへ(萩原昌好)………… 2
丸山薫………………………………………… 9
水の精神(こころ)………………………10
嘘……………………………………………12
汽車にのって………………………………14
練習船………………………………………16
早春…………………………………………18
未明(みめい)の馬………………………20
未来へ………………………………………22
母の傘………………………………………24
詩人の言葉…………………………………28
立原道造………………………………………31
はじめてのものに…………………………32
晩(おそ)き日の夕べに…………………34
のちのおもいに……………………………36
I 或る風に寄せて…………………………38
II やがて秋…… …………………………40
V 真冬の夜の雨に…………………………42
序(はじめ)の歌…………………………44
VIII 午後に ………………………………46
晩秋…………………………………………48
伊東静雄………………………………………51
わがひとに与うる哀歌……………………52
咏唱…………………………………………54
即興…………………………………………56
砂の花………………………………………58
自然に、充分自然に………………………60
庭の蝉………………………………………62
夏の終り……………………………………64
そんなに凝視(みつ)めるな……………66
長い療養生活………………………………68
*詩人のプロフィール………………………70
*現場の先生方へ……………………………72
*父母と教師のみなさんへ(萩原昌好)…76
[ 2012/10/01 00:00 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール
本サイトでは管理人が趣味で作成したデータベースを公開しています。著作権等の知的財産権を侵害する意図はありません。ご要望のある方はお知らせください。速やかに対応致します。なお、データの無断複製・転載はお断りしています。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。