研究余録 ~全集目次総覧~ TOP  >  スポンサー広告 >  未分類 >  『少年少女日本文学館』全30巻

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『少年少女日本文学館』全30巻

『少年少女日本文学館』全30巻(講談社、1985.10~1988.5、井上靖,小田切進編集企画,日本近代文学館編集協力)



第1巻 たけくらべ・山椒大夫 1986.12.14
 
樋口一葉……………………………………… 7
たけくらべ(円地文子訳)……………… 9
森鴎外…………………………………………93
山椒大夫(さんしようたゆう)…………95
高瀬舟…………………………………… 147
最後の一句……………………………… 169
羽鳥千尋(はとりちひろ)…………… 192
小泉八雲…………………………………… 223
耳なし芳一(ほういち)のはなし(平井呈一訳)…… 225
むじな…………………………………… 249
雪おんな………………………………… 254
*解説(前田愛)………………………… 266
*一葉は不幸な人だったか(杉本苑子)…… 274
*樋口一葉略年譜………………………… 280
*森鴎外略年譜…………………………… 282
*小泉八雲略年譜………………………… 284
 


第2巻 坊っちゃん 1985.10.18
 
坊っちゃん…………………………………… 5
文鳥………………………………………… 205
永日小品…………………………………… 229
柿………………………………………… 230
火鉢……………………………………… 234
猫の墓…………………………………… 239
山鳥(やまどり)……………………… 244
行列……………………………………… 250
*解説(江藤淳)………………………… 255
*わが少年期の漱石(三木卓)………… 262
*夏目漱石略年譜………………………… 268
 


第3巻 ふるさと・野菊の墓 1987.1.14
 
島崎藤村……………………………………… 7
ふるさと…………………………………… 9
伸び支度………………………………… 122
国木田独歩………………………………… 137
鹿狩……………………………………… 139
忘れえぬ人々…………………………… 157
伊藤左千夫………………………………… 179
野菊の墓………………………………… 181
*解説(猪野謙二)……………………… 258
*青春の墓(黒井千次)………………… 266
*島崎藤村略年譜………………………… 272
*国木田独歩略年譜……………………… 274
*伊藤左千夫略年譜……………………… 276
 


第4巻 小さな王国・海神丸 1987.2.14
 
谷崎潤一郎…………………………………… 7
小さな王国………………………………… 9
母を恋うる記………………………………62
鈴木三重吉………………………………… 105
おみつさん……………………………… 107
野上弥生子………………………………… 135
海神(かいじん)丸…………………… 137
*解説(瀬沼茂樹)……………………… 228
*少年たちの共和国(河野多恵子)…… 236
*谷崎潤一郎略年譜……………………… 242
*鈴木三重吉略年譜……………………… 244
*野上弥生子略年譜……………………… 246
 


第5巻 小僧の神様・一房の葡萄 1986.10.18
 
志賀直哉……………………………………… 7
小僧(こぞう)の神様…………………… 9
網走(あばしり)まで……………………29
母の死と新しい母…………………………44
正義派………………………………………59
清兵衛(せいべえ)と瓢箪(ひようたん)……72
城(き)の崎にて…………………………83
雪の遠足……………………………………94
焚火(たきび)………………………… 107
赤西蛎太(かきた)…………………… 129
武者小路実篤……………………………… 159
小学生と狐……………………………… 161
ある彫刻家……………………………… 169
有島武郎…………………………………… 209
一房(ひとふさ)の葡萄(ぶどう)… 211
小さき者へ……………………………… 224
*解説(巌谷大四)……………………… 248
*わたしの中学、高校時代(後藤明生)…… 256
*志賀直哉略年譜………………………… 262
*武者小路実篤略年譜…………………… 264
*有島武郎略年譜………………………… 266
 


第6巻 トロッコ・鼻 1985.12.18
 
羅生門………………………………………… 7
鼻………………………………………………22
煙草と悪魔……………………………………37
戯作(げさく)三昧(ざんまい)…………52
蜘蛛の糸…………………………………… 106
蜜柑………………………………………… 113
魔術………………………………………… 122
杜子春……………………………………… 140
トロッコ…………………………………… 162
雛…………………………………………… 174
白…………………………………………… 200
少年………………………………………… 218
*解説(三好行雄)……………………… 256
*知的な虚構の世界(井上靖)………… 262
*芥川龍之介略年譜……………………… 268
 


第7巻 ウミヒコヤマヒコ 1987.6.15
 
山本有三……………………………………… 7
兄弟………………………………………… 9
ウミヒコヤマヒコ…………………………19
こぶ…………………………………………48
菊池寛……………………………………… 115
納豆合戦………………………………… 117
三人兄弟………………………………… 126
身投げ救助業…………………………… 154
宇野浩二…………………………………… 169
春を告げる鳥…………………………… 171
海の夢山の夢…………………………… 179
王様の嘆き……………………………… 188
豊島与志雄………………………………… 201
天狗笑い………………………………… 203
天下一の馬……………………………… 215
*解説(竹盛天雄)……………………… 230
*貧しかった時代の人々(高井有一)… 238
*山本有三略年譜………………………… 244
*菊池寛略年譜…………………………… 246
*宇野浩二略年譜………………………… 248
*豊島与志雄略年譜……………………… 250
 


第8巻 明治・大正・昭和詩歌選 1987.9.21 井上靖,小田切進編集企画,日本近代文学館編集協力
 
詩……………………………………………… 7
自然………………………………………… 8
〔季節〕…………………………………… 8
田中冬二
春…………………………… 8
安西冬衛
春…………………………… 9
芥川龍之介
相聞(そうもん)三……… 9
木下夕爾
晩夏…………………………10
高村光太郎
秋の祈………………………11
草野心平
秋の夜の会話………………13
井上靖
十月の詩……………………14
西脇順三郎
冬の日………………………15
〔天象・気象〕……………………………17
山村暮鳥
雲……………………………17
月……………………………17
室生犀星
切なき思いぞ知る…………18
堀口大学
夕ぐれの時はよい時………19
西条八十
書物…………………………24
西脇順三郎
天気…………………………25
雨……………………………26
壷井繁治
星と枯草……………………27
井伏鱒二
なだれ………………………28
三好達治
雪……………………………30
尾形亀之助
東雲(しののめ)…………30
高見順
天……………………………31
菱山修三
夜明け………………………32
黒田三郎
夕焼け………………………32
安東次男
みぞれ………………………34
飯島耕一
他人の空……………………35
上田敏訳
雪(レミ・ドゥ・グルモン)……36
〔海山〕……………………………………38
国木田独歩
山林に自由存す……………38
堀口大学
海の風景……………………39
西条八十
海にて………………………40
宮沢賢治
高原…………………………41
三好達治
春の岬………………………42
中野重治
しらなみ……………………42
黒田喜夫
河……………………………43
上田敏訳
山のあなた(カアル・ブッセ)……44
〔自然〕……………………………………45
田村隆一
見えない木…………………45
茨木のり子
対話…………………………48
岸田衿子
地球に 種子(たね)が落ちること……49
地理…………………………………………50
〔郷土〕……………………………………50
薄田泣菫
ああ大和にしあらましかば……50
三木露風
ふるさとの…………………53
室生犀星
小景異情……………………54
田中冬二
ふるさとにて………………58
大木惇夫
ふるさと……………………59
八木重吉
故郷(ふるさと)…………60
〔田園と都会〕……………………………60
室生犀星
春の寺………………………60
丸山薫
汽車に乗って………………61
石川啄木
飛行機………………………62
北川冬彦
瞰下景(かんかけい)……63
岡本潤
夜の機関車…………………64
動物…………………………………………66
〔けもの〕…………………………………66
山村暮鳥
馬……………………………66
萩原朔太郎
猫……………………………67
丸山薫
らいおん……………………68
蔵原伸二郎
きつね………………………68
山之口獏
ねずみ………………………71
〔鳥〕………………………………………72
高村光太郎
ぼろぼろな駝鳥……………72
千家元麿
雁(かり)…………………73
高橋新吉
東天…………………………75
小熊秀雄
鴬の歌………………………76
伊東静雄
雷とひよっ子………………78
川崎洋
はくちょう…………………79
〔魚介〕……………………………………82
村野四郎
魚における虚無……………82
さんたんたる鮟鱇…………83
石垣りん
シジミ………………………85
〔昆虫〕……………………………………86
山村暮鳥
ある時………………………86
安西均
まろやかな水………………86
〔その他〕…………………………………88
萩原朔太郎
蛙の死………………………88
千家元麿
蛇……………………………89
草野心平
ケロッケ自伝………………90
春殖(しゆんしよく)……91
冬眠…………………………92
植物…………………………………………93
〔花〕………………………………………93
北原白秋
薔薇二曲……………………93
〔果物〕……………………………………94
島崎藤村
椰子の実……………………94
吉岡実
静物…………………………96
〔草木〕……………………………………98
河井酔茗
ゆずり葉……………………98
尾崎喜八
老いたる樫……………… 100
堀口大学訳
落葉(おちば)(ルミ・ド・グールモン)…… 102
社会……………………………………… 104
〔政治〕………………………………… 104
与謝野寛
誠之助の死……………… 104
〔戦争〕………………………………… 106
与謝野晶子
君死にたまうことなかれ…… 106
金子光晴
富士……………………… 109
小野十三郎
むかしばなし…………… 112
原民喜
焼ケタ樹木ハ…………… 114
峠三吉
仮繃帯所にて…………… 115
堀口大学訳
軍帽(レーモン・ラディゲ)…… 118
〔労働〕………………………………… 118
白鳥省吾
耕地を失う日…………… 118
〔風俗〕………………………………… 121
宮沢賢治
原体(はらたい)剣舞連(けんばいれん)………… 121
生活……………………………………… 125
〔衣装〕………………………………… 125
津村信夫
小扇(こおうぎ)……… 125
高田敏子
小さな靴………………… 126
杉山平一
帽子……………………… 127
〔住居〕………………………………… 128
百田宗治
何もない庭……………… 128
〔日常生活〕…………………………… 128
安西冬衛
再び誕生日……………… 128
北川冬彦
ラッシュ・アワア……… 129
高橋新吉
るす……………………… 129
立原道造
眠りの誘い……………… 130
木下夕爾
来訪者…………………… 131
〔遊び〕………………………………… 132
中原中也
サーカス………………… 132
淵上毛銭
ぶらんこ………………… 135
堀口大学訳
シャボン玉(ジャン・コクトー)…………………… 136
〔スポーツ〕…………………………… 137
村野四郎
棒高飛…………………… 137
〔音楽〕………………………………… 138
八木重吉
素朴な琴………………… 138
中野重治
歌………………………… 138
清岡卓行
音楽会で………………… 140
岸田衿子
一生おなじ歌を 歌い続けるのは…………………… 141
〔宗教〕………………………………… 142
八木重吉
貫ぬく光………………… 142
愛………………………………………… 143
島崎藤村
初恋……………………… 143
北原白秋
片恋(かたこい)……… 144
萩原朔太郎
雲雀(ひばり)料理…… 145
佐藤春夫
少年の日………………… 146
会田綱雄
伝説……………………… 148
小山正孝
雪つぶて………………… 153
吉原幸子
初恋……………………… 154
堀口大学訳
ミラボー橋(ギィヨーム・アポリネール)………… 156
人間……………………………………… 159
〔人世〕………………………………… 159
島崎藤村
小諸なる古城のほとり… 159
伊良子清白
安乗(あのり)の稚児… 162
与謝野晶子
そぞろごと……………… 164
高村光太郎
道程……………………… 171
あなたはだんだんきれいになる……………………… 172
木下杢太郎
むかしの仲間…………… 173
萩原朔太郎
中学の校庭……………… 173
波宜(はぎ)亭………… 174
福士幸次郎
感謝……………………… 175
佐藤惣之助
船乗りの母……………… 176
宮沢賢治
眼にて云う……………… 178
吉田一穂
母………………………… 180
少年……………………… 180
山之口獏
妹へおくる手紙………… 181
中原中也
生い立ちの歌…………… 183
羊の歌…………………… 186
I 祈り…………………… 186
田中克己
ツングース……………… 187
立原道造
小譚詩…………………… 189
山本太郎
生れた子に……………… 190
吉野弘
初めての児に…………… 192
新川和江
歌………………………… 194
中江俊夫
物音……………………… 195
三木卓
系図……………………… 196
〔心理〕………………………………… 198
土井晩翠
おおいなる手のかげ…… 198
蒲原有明
智慧の相者(そうじや)は我を見て………………… 199
北原白秋
断章……………………… 200
敵………………………… 201
武者小路実篤
喜びは…………………… 202
萩原朔太郎
こころ…………………… 203
金子光晴
しあわせについて……… 204
丸山薫
砲塁……………………… 205
三好達治
Enfance finie ………… 206
郷愁……………………… 207
伊東静雄
わがひとに与うる哀歌… 209
中原中也
汚(よご)れちまった悲しみに……………………… 210
安藤一郎
愛について……………… 212
三好豊一郎
壁………………………… 214
中村稔
凧………………………… 215
大岡信
水底吹笛(すいていすいてき)……………………… 216
谷川俊太郎
かなしみ………………… 218
愛………………………… 219
吉増剛造
燃える…………………… 222
〔からだ〕……………………………… 223
加藤介春
後ろ……………………… 223
八木重吉
顔………………………… 225
堀口大学訳
耳(ジャン・コクトー)………………………… 226
短歌………………………………………… 227
自然……………………………………… 228
落合直文
〔短歌〕1首 …………… 228
伊藤左千夫
〔短歌〕3首 …………… 228
正岡子規
〔短歌〕1首 …………… 229
佐佐木信綱
〔短歌〕3首 …………… 229
太田水穂
〔短歌〕4首 …………… 229
尾上柴舟
〔短歌〕1首 …………… 230
島木赤彦
〔短歌〕2首 …………… 230
窪田空穂
〔短歌〕1首 …………… 230
与謝野晶子
〔短歌〕3首 …………… 230
長塚節
〔短歌〕1首 …………… 231
会津八一
〔短歌〕2首 …………… 231
斎藤茂吉
〔短歌〕2首 …………… 231
前田夕暮
〔短歌〕3首 …………… 231
土岐善麿
〔短歌〕1首 …………… 232
石川啄木
〔短歌〕4首 …………… 232
木下利玄
〔短歌〕2首 …………… 233
古泉千樫
〔短歌〕1首 …………… 233
三ヶ島葭子
〔短歌〕1首 …………… 234
吉井勇
〔短歌〕1首 …………… 234
中村憲吉
〔短歌〕3首 …………… 234
今井邦子
〔短歌〕1首 …………… 234
結城哀草果
〔短歌〕2首 …………… 234
土田耕平
〔短歌〕1首 …………… 235
五島美代子
〔短歌〕1首 …………… 235
明石海人
〔短歌〕1首 …………… 235
前川佐美雄
〔短歌〕1首 …………… 235
木俣修
〔短歌〕2首 …………… 235
佐藤佐太郎
〔短歌〕1首 …………… 235
近藤芳美
〔短歌〕1首 …………… 236
上田三四二
〔短歌〕1首 …………… 236
前登志夫
〔短歌〕1首 …………… 236
地理……………………………………… 237
伊藤左千夫
〔短歌〕1首 …………… 237
与謝野寛
〔短歌〕1首 …………… 237
尾上柴舟
〔短歌〕1首 …………… 237
与謝野晶子
〔短歌〕3首 …………… 237
会津八一
〔短歌〕1首 …………… 238
北原白秋
〔短歌〕1首 …………… 238
土岐善麿
〔短歌〕1首 …………… 238
若山牧水
〔短歌〕1首 …………… 238
石川啄木
〔短歌〕1首 …………… 238
古泉千樫
〔短歌〕1首 …………… 238
吉井勇
〔短歌〕1首 …………… 238
中村憲吉
〔短歌〕1首 …………… 238
寺山修司
〔短歌〕1首 …………… 238
動物……………………………………… 240
落合直文
〔短歌〕1首 …………… 240
島木赤彦
〔短歌〕2首 …………… 240
窪田空穂
〔短歌〕2首 …………… 240
与謝野晶子
〔短歌〕1首 …………… 241
長塚節
〔短歌〕1首 …………… 241
前田夕暮
〔短歌〕1首 …………… 241
吉植庄亮
〔短歌〕3首 …………… 241
北原白秋
〔短歌〕2首 …………… 243
若山牧水
〔短歌〕1首 …………… 243
木下利玄
〔短歌〕1首 …………… 243
岡本かの子
〔短歌〕1首 …………… 243
中村憲吉
〔短歌〕1首 …………… 243
今井邦子
〔短歌〕1首 …………… 243
佐藤佐太郎
〔短歌〕2首 …………… 244
宮柊二
〔短歌〕1首 …………… 244
寺山修司
〔短歌〕1首 …………… 244
植物……………………………………… 245
落合直文
〔短歌〕1首 …………… 245
与謝野寛
〔短歌〕1首 …………… 245
金子薫園
〔短歌〕1首 …………… 245
島木赤彦
〔短歌〕1首 …………… 246
窪田空穂
〔短歌〕2首 …………… 246
長塚節
〔短歌〕1首 …………… 246
山川登美子
〔短歌〕1首 …………… 246
前田夕暮
〔短歌〕1首 …………… 246
若山牧水
〔短歌〕3首 …………… 246
木下利玄
〔短歌〕3首 …………… 247
釈迢空
〔短歌〕1首 …………… 247
岡本かの子
〔短歌〕1首 …………… 247
土屋文明
〔短歌〕2首 …………… 247
土田耕平
〔短歌〕1首 …………… 248
五島美代子
〔短歌〕1首 …………… 248
佐藤佐太郎
〔短歌〕2首 …………… 248
上田三四二
〔短歌〕1首 …………… 248
寺山修司
〔短歌〕1首 …………… 248
社会……………………………………… 249
伊藤左千夫
〔短歌〕1首 …………… 249
佐佐木信綱
〔短歌〕1首 …………… 249
会津八一
〔短歌〕1首 …………… 249
斎藤茂吉
〔短歌〕1首 …………… 249
吉植庄亮
〔短歌〕1首 …………… 250
土岐善麿
〔短歌〕3首 …………… 250
石川啄木
〔短歌〕2首 …………… 251
古泉千樫
〔短歌〕1首 …………… 251
釈迢空
〔短歌〕2首 …………… 251
土屋文明
〔短歌〕2首 …………… 251
結城哀草果
〔短歌〕1首 …………… 252
木俣修
〔短歌〕1首 …………… 252
宮柊二
〔短歌〕2首 …………… 252
生活……………………………………… 253
正岡子規
〔短歌〕1首 …………… 253
与謝野寛
〔短歌〕1首 …………… 253
太田水穂
〔短歌〕1首 …………… 253
尾上柴舟
〔短歌〕1首 …………… 253
与謝野晶子
〔短歌〕1首 …………… 254
長塚節
〔短歌〕3首 …………… 254
会津八一
〔短歌〕3首 …………… 254
前田夕暮
〔短歌〕1首 …………… 255
北原白秋
〔短歌〕3首 …………… 255
若山牧水
〔短歌〕1首 …………… 255
三ヶ島葭子
〔短歌〕1首 …………… 255
釈迢空
〔短歌〕1首 …………… 255
結城哀草果
〔短歌〕1首 …………… 256
五島美代子
〔短歌〕1首 …………… 256
吉野秀雄
〔短歌〕1首 …………… 256
木俣修
〔短歌〕1首 …………… 256
近藤芳美
〔短歌〕2首 …………… 256
塚本邦雄
〔短歌〕1首 …………… 256
岡井隆
〔短歌〕1首 …………… 258
人間……………………………………… 259
落合直文
〔短歌〕1首 …………… 259
正岡子規
〔短歌〕5首 …………… 259
佐佐木信綱
〔短歌〕4首 …………… 260
与謝野寛
〔短歌〕2首 …………… 261
太田水穂
〔短歌〕2首 …………… 261
尾上柴舟
〔短歌〕1首 …………… 261
金子薫園
〔短歌〕2首 …………… 262
島木赤彦
〔短歌〕2首 …………… 262
窪田空穂
〔短歌〕3首 …………… 262
与謝野晶子
〔短歌〕2首 …………… 263
長塚節
〔短歌〕1首 …………… 263
山川登美子
〔短歌〕4首 …………… 263
斎藤茂吉
〔短歌〕5首 …………… 263
前田夕暮
〔短歌〕1首 …………… 264
北原白秋
〔短歌〕3首 …………… 264
土岐善麿
〔短歌〕2首 …………… 265
若山牧水
〔短歌〕2首 …………… 265
石川啄木
〔短歌〕11首…………… 265
木下利玄
〔短歌〕1首 …………… 268
古泉千樫
〔短歌〕1首 …………… 269
三ヶ島葭子
〔短歌〕1首 …………… 269
吉井勇
〔短歌〕3首 …………… 269
釈迢空
〔短歌〕3首 …………… 269
岡本かの子
〔短歌〕2首 …………… 270
今井邦子
〔短歌〕1首 …………… 270
土屋文明
〔短歌〕2首 …………… 270
結城哀草果
〔短歌〕1首 …………… 270
土田耕平
〔短歌〕1首 …………… 271
五島美代子
〔短歌〕2首 …………… 271
明石海人
〔短歌〕3首 …………… 271
吉野秀雄
〔短歌〕6首 …………… 271
前川佐美雄
〔短歌〕3首 …………… 272
木俣修
〔短歌〕1首 …………… 273
宮柊二
〔短歌〕4首 …………… 273
近藤芳美
〔短歌〕2首 …………… 273
塚本邦雄
〔短歌〕2首 …………… 274
上田三四二
〔短歌〕1首 …………… 274
前登志夫
〔短歌〕1首 …………… 274
岡井隆
〔短歌〕1首 …………… 274
俳句………………………………………… 275
自然……………………………………… 276
村上鬼城
〔俳句〕2句 …………… 276
正岡子規
〔俳句〕1句 …………… 276
松瀬青々
〔俳句〕2句 …………… 276
石井露月
〔俳句〕1句 …………… 277
河東碧梧桐
〔俳句〕1句 …………… 277
高浜虚子
〔俳句〕2句 …………… 277
種田山頭火
〔俳句〕2句 …………… 277
渡辺水巴
〔俳句〕2句 …………… 277
荻原井泉水
〔俳句〕1句 …………… 278
飯田蛇笏
〔俳句〕2句 …………… 278
尾崎放哉
〔俳句〕1句 …………… 278
富安風生
〔俳句〕1句 …………… 278
原石鼎
〔俳句〕2句 …………… 278
久保田万太郎
〔俳句〕1句 …………… 279
芥川龍之介
〔俳句〕1句 …………… 279
水原秋桜子
〔俳句〕4句 …………… 279
山口青邨
〔俳句〕2句 …………… 279
高野素十
〔俳句〕2句 …………… 280
栗林一石路
〔俳句〕1句 …………… 280
富田木歩
〔俳句〕1句 …………… 280
橋本多佳子
〔俳句〕2句 …………… 280
川端茅舎
〔俳句〕1句 …………… 280
西東三鬼
〔俳句〕2句 …………… 280
永田耕衣
〔俳句〕1句 …………… 281
中村汀女
〔俳句〕3句 …………… 281
中村草田男
〔俳句〕3句 …………… 281
日野草城
〔俳句〕1句 …………… 282
山口誓子
〔俳句〕3句 …………… 282
富沢赤黄男
〔俳句〕2句 …………… 282
芝不器男
〔俳句〕1句 …………… 282
星野立子
〔俳句〕3句 …………… 282
大野林火
〔俳句〕3句 …………… 283
加藤楸邨
〔俳句〕3句 …………… 283
松本たかし
〔俳句〕3句 …………… 284
石田波郷
〔俳句〕2句 …………… 284
中村苑子
〔俳句〕1句 …………… 284
金子兜太
〔俳句〕1句 …………… 284
飯田龍太
〔俳句〕2句 …………… 284
野沢節子
〔俳句〕2句 …………… 285
動物……………………………………… 286
村上鬼城
〔俳句〕3句 …………… 286
松瀬青々
〔俳句〕2句 …………… 286
石井露月
〔俳句〕1句 …………… 287
松根東洋城
〔俳句〕2句 …………… 287
渡辺水巴
〔俳句〕1句 …………… 287
荻原井泉水
〔俳句〕2句 …………… 287
飯田蛇笏
〔俳句〕2句 …………… 287
原石鼎
〔俳句〕2句 …………… 288
杉田久女
〔俳句〕1句 …………… 288
芥川龍之介
〔俳句〕3句 …………… 288
水原秋桜子
〔俳句〕1句 …………… 288
山口青邨
〔俳句〕1句 …………… 290
高野素十
〔俳句〕3句 …………… 290
川端茅舎
〔俳句〕2句 …………… 290
西東三鬼
〔俳句〕1句 …………… 290
永田耕衣
〔俳句〕1句 …………… 290
中村汀女
〔俳句〕1句 …………… 291
秋元不死男
〔俳句〕2句 …………… 291
山口誓子
〔俳句〕2句 …………… 291
富沢赤黄男
〔俳句〕1句 …………… 291
芝不器男
〔俳句〕2句 …………… 291
大野林火
〔俳句〕1句 …………… 292
加藤楸邨
〔俳句〕4句 …………… 292
松本たかし
〔俳句〕1句 …………… 292
石田波郷
〔俳句〕3句 …………… 292
桂信子
〔俳句〕1句 …………… 293
金子兜太
〔俳句〕1句 …………… 293
森澄雄
〔俳句〕1句 …………… 293
植物……………………………………… 294
夏目漱石
〔俳句〕2句 …………… 294
正岡子規
〔俳句〕1句 …………… 294
河東碧梧桐
〔俳句〕1句 …………… 294
高浜虚子
〔俳句〕2句 …………… 294
種田山頭火
〔俳句〕1句 …………… 295
渡辺水巴
〔俳句〕1句 …………… 295
荻原井泉水
〔俳句〕2句 …………… 295
飯田蛇笏
〔俳句〕1句 …………… 295
富安風生
〔俳句〕3句 …………… 295
原石鼎
〔俳句〕1句 …………… 296
中塚一碧楼
〔俳句〕1句 …………… 296
杉田久女
〔俳句〕2句 …………… 296
水原秋桜子
〔俳句〕2句 …………… 296
高野素十
〔俳句〕1句 …………… 298
富田木歩
〔俳句〕1句 …………… 298
橋本多佳子
〔俳句〕1句 …………… 298
中村汀女
〔俳句〕1句 …………… 298
日野草城
〔俳句〕1句 …………… 298
芝不器男
〔俳句〕2句 …………… 298
星野立子
〔俳句〕1句 …………… 298
松本たかし
〔俳句〕1句 …………… 299
石田波郷
〔俳句〕2句 …………… 299
森澄雄
〔俳句〕1句 …………… 299
飯田龍太
〔俳句〕2句 …………… 299
社会……………………………………… 300
夏目漱石
〔俳句〕1句 …………… 300
松瀬青々
〔俳句〕1句 …………… 300
石井露月
〔俳句〕1句 …………… 300
渡辺水巴
〔俳句〕1句 …………… 300
原石鼎
〔俳句〕1句 …………… 301
久保田万太郎
〔俳句〕1句 …………… 301
杉田久女
〔俳句〕1句 …………… 301
山口青邨
〔俳句〕1句 …………… 301
栗林一石路
〔俳句〕1句 …………… 301
富田木歩
〔俳句〕1句 …………… 301
中村草田男
〔俳句〕1句 …………… 301
松本たかし
〔俳句〕1句 …………… 301
金子兜太
〔俳句〕1句 …………… 302
生活……………………………………… 303
夏目漱石
〔俳句〕2句 …………… 303
松瀬青々
〔俳句〕1句 …………… 303
高浜虚子
〔俳句〕1句 …………… 303
松根東洋城
〔俳句〕1句 …………… 304
種田山東火
〔俳句〕2句 …………… 304
渡辺水巴
〔俳句〕2句 …………… 304
荻原井泉水
〔俳句〕1句 …………… 304
飯田蛇笏
〔俳句〕2句 …………… 304
尾崎放哉
〔俳句〕3句 …………… 305
富安風生
〔俳句〕2句 …………… 305
竹下しづの女
〔俳句〕4句 …………… 305
中塚一碧楼
〔俳句〕2句 …………… 306
久保田万太郎
〔俳句〕4句 …………… 306
杉田久女
〔俳句〕3句 …………… 306
芥川龍之介
〔俳句〕1句 …………… 307
山口青邨
〔俳句〕1句 …………… 307
栗林一石路
〔俳句〕2句 …………… 307
富田木歩
〔俳句〕1句 …………… 307
橋本多佳子
〔俳句〕2句 …………… 307
川端茅舎
〔俳句〕3句 …………… 308
西東三鬼
〔俳句〕2句 …………… 308
永田耕衣
〔俳句〕1句 …………… 308
中村汀女
〔俳句〕1句 …………… 308
秋元不死男
〔俳句〕4句 …………… 309
中村草田男
〔俳句〕3句 …………… 309
富沢赤黄男
〔俳句〕1句 …………… 309
日野草城
〔俳句〕4句 …………… 310
山口誓子
〔俳句〕2句 …………… 310
星野立子
〔俳句〕1句 …………… 310
松本たかし
〔俳句〕1句 …………… 310
中村苑子
〔俳句〕1句 …………… 311
桂信子
〔俳句〕2句 …………… 311
森澄雄
〔俳句〕1句 …………… 311
野沢節子
〔俳句〕1句 …………… 311
*解説(浅井清)………………………… 312
*井上靖氏と現代詩歌(山本健吉)…… 320
*収録作家略歴…………………………… 326
*収録作品索引…………………………… 351
 


第9巻 幼年時代・風立ちぬ 1986.9.25
 
室生犀星……………………………………… 7
幼年時代…………………………………… 9
佐藤春夫………………………………………95
西班牙(スペイン)犬(いぬ)の家……97
実(みのる)さんの胡弓……………… 111
おもちゃの蝙蝠………………………… 120
わんぱく時代(抄)…………………… 124
新聞雑誌縦覧(じゆうらん)所(109~112)…… 124
口は禍(わざわい)の門(もん)(113~116)…… 136
カッパの川流れ(117~120)……… 149
校舎炎上(121~124)……………… 163
堀辰雄……………………………………… 177
風立ちぬ………………………………… 179
*解説(久保忠夫)……………………… 306
*青春の乱読(萩原葉子)……………… 314
*室生犀星略年譜………………………… 320
*佐藤春夫略年譜………………………… 322
*堀辰雄略年譜…………………………… 324
 


第10巻 銀河鉄道の夜 1985.11.27
 
セロ弾(ひ)きのゴーシュ………………… 7
どんぐりと山猫………………………………38
よだかの星……………………………………57
雪渡り…………………………………………70
雪渡り その1(小狐の紺(こん)三郎)……70
雪渡り その2(狐小学校の幻灯会) …78
注文の多い料理店……………………………89
水仙月の四日……………………………… 108
狼(オイノ)森と笊(ざる)森、盗森(ぬすともり)…… 122
風の又三郎………………………………… 137
銀河鉄道の夜……………………………… 209
*解説(中村稔)………………………… 296
*見えない遺産(矢川澄子)…………… 302
*宮沢賢治略年譜………………………… 308
 


第11巻 伊豆の踊子・泣虫小僧 1986.5.22
 
川端康成……………………………………… 7
伊豆の踊子………………………………… 9
百日堂先生…………………………………58
掌(てのひら)の小説(抄)……………84
骨(こつ)拾い…………………………84
帽子事件…………………………………91
バッタと鈴虫……………………………98
日向(ひなた)……………………… 105
夏の靴………………………………… 109
人間の足音…………………………… 114
有難う………………………………… 120
雨傘…………………………………… 125
林芙美子…………………………………… 129
風琴と魚の町…………………………… 131
泣虫小僧………………………………… 173
*解説(小田切進)……………………… 274
*伊豆へのあこがれ(吉行淳之介)…… 281
*川端康成略年譜………………………… 286
*林芙美子略年譜………………………… 288
 


第12巻 走れメロス・山椒魚 1986.7.18
 
太宰治………………………………………… 7
走れメロス………………………………… 9
富嶽(ふがく)百景………………………33
晩年(抄)…………………………………68
魚服記(ぎよふくき)…………………68
雀こ………………………………………82
ロマネスク………………………………89
仙術太郎………………………………89
喧嘩(けんか)次郎兵衛……………99
嘘(うそ)の三郎………………… 112
雪の夜(よ)の話……………………… 125
お伽(とぎ)草紙……………………… 136
前書き………………………………… 136
瘤(こぶ)取り……………………… 138
井伏鱒二…………………………………… 165
山椒魚(さんしよううお)…………… 167
屋根の上のサワン……………………… 179
遥拝(ようはい)隊長………………… 191
*解説(磯貝英夫)……………………… 242
*昔のこと(小沼丹)…………………… 250
*太宰治略年譜…………………………… 258
*井伏鱒二略年譜………………………… 260
 


第13巻 二十四の瞳 1986.3.18
 
二十四の瞳…………………………………… 7
石臼(いしうす)の歌…………………… 301
お母さんのてのひら……………………… 313
*解説(久保田正文)…………………… 318
*公平な眼(竹西寛子)………………… 325
*壷井栄略年譜…………………………… 332
 


第14巻 赤いろうそくと人魚 1986.8.20
 
小川未明……………………………………… 7
赤いろうそくと人魚……………………… 9
月夜と眼鏡…………………………………27
金の輪………………………………………37
野ばら………………………………………41
青空の下の原っぱ…………………………47
雪くる前の高原の話………………………93
坪田譲治…………………………………… 105
魔法……………………………………… 107
きつねとぶどう………………………… 122
正太(しようた)樹をめぐる………… 127
善太と汽車……………………………… 143
狐狩り…………………………………… 156
浜田広介…………………………………… 171
泣いた赤おに…………………………… 173
ある島のきつね………………………… 193
むく鳥のゆめ…………………………… 204
花びらのたび…………………………… 212
りゅうの目のなみだ…………………… 224
*解説(紅野敏郎)……………………… 240
*児童文学の御三家(ごさんけ)(山室静)…… 248
*小川未明略年譜………………………… 256
*坪田譲治略年譜………………………… 258
*浜田広介略年譜………………………… 260
 


第15巻 ごんぎつね・夕鶴 1986.4.18
 
新美南吉……………………………………… 7
ごんぎつね………………………………… 9
手袋を買いに………………………………24
赤い蝋燭……………………………………34
ごんごろ鐘…………………………………38
おじいさんのランプ………………………59
牛をつないだ椿の木………………………91
花のき村と盗人(ぬすびと)たち…… 116
木下順二…………………………………… 145
夕鶴……………………………………… 147
木竜(もくりゆう)うるし(人形劇)…… 197
山の背くらべ…………………………… 221
夢見小僧………………………………… 236
*解説(中島国彦)……………………… 244
*子供の初恋(宗左近)………………… 252
*新美南吉略年譜………………………… 258
*木下/順二略年譜……………………… 260
 


第16巻 ビルマの竪琴 1986.1.27
 
ビルマの竪琴(たてごと)………………… 5
第1話 うたう部隊 ……………………… 9
第2話 青い鸚哥(インコ) ……………50
第3話 僧の手紙 ……………………… 165
*解説(保昌正夫)……………………… 253
*むしろ現代日本への批評(西尾幹二)…… 260
*竹山道雄略年譜………………………… 268
 


第17巻 ちいさこべ・山月記 1986.11.14
 
山本周五郎…………………………………… 7
ちいさこべ………………………………… 9
尾崎一雄………………………………………93
虫のいろいろ………………………………95
円地文子…………………………………… 115
噴水(抄)……………………………… 117
摘草(つみくさ)…………………… 117
銅像…………………………………… 126
噴水…………………………………… 135
中島敦……………………………………… 139
山月記…………………………………… 141
木山捷平…………………………………… 157
尋三(じんさん)の春………………… 159
永井龍男…………………………………… 189
黒い御飯………………………………… 191
胡桃(くるみ)割り―ある少年に…… 200
とこやのいす…………………………… 220
原民喜……………………………………… 233
夏の花…………………………………… 235
*解説(奥野健男)……………………… 266
*断片的なノート(尾崎秀樹)………… 275
*山本周五郎略年譜……………………… 280
*尾崎一雄略年譜………………………… 282
*円地文子略年譜………………………… 284
*中島敦略年譜…………………………… 286
*木山捷平略年譜………………………… 288
*永井龍男略年譜………………………… 290
*原民喜略年譜…………………………… 292
 


第18巻 しろばんば 1986.2.27
 
しろばんば…………………………………… 5
*解説(高橋英夫)……………………… 398
*〈白〉のイメージとポエジーの結びつき―『しろばんば』前編の一魅惑(清岡卓行)…… 406
*井上靖略年譜…………………………… 412
 


第19巻 母六夜・おじさんの話 1986.6.20
 
大岡昇平……………………………………… 7
母…………………………………………… 9
母六夜………………………………………47
焚火…………………………………………61
童謡(小説)………………………………89
梅崎春生…………………………………… 151
ヒョウタン……………………………… 153
クマゼミとタマゴ……………………… 158
伊藤整……………………………………… 163
風(『少年』より)…………………… 165
中野重治…………………………………… 185
おじさんの話…………………………… 187
佐多稲子…………………………………… 229
キャラメル工場から…………………… 231
橋にかかる夢(『私の東京地図』より)…… 257
水………………………………………… 273
*解説(磯田光一)……………………… 284
*心にささったトゲを抜く(中野孝次)…… 290
*大岡昇平略年譜………………………… 296
*梅崎春生略年譜………………………… 298
*伊藤整略年譜…………………………… 299
*中野重治略年譜………………………… 300
*佐多稲子略年譜………………………… 301
 


第20巻 サアカスの馬・童謡 1987.4.18
 
安岡章太郎…………………………………… 7
宿題………………………………………… 9
サアカスの馬………………………………59
吉行淳之介……………………………………69
悪い夏………………………………………71
童謡〔小説〕…………………………… 101
遠藤周作…………………………………… 123
最後の殉教者…………………………… 125
阿川弘之…………………………………… 159
鱸(すずき)とおこぜ………………… 161
小川国夫…………………………………… 187
人隠し…………………………………… 189
北杜夫……………………………………… 211
天井裏の子供たち……………………… 213
*解説(佐伯彰一)……………………… 280
*誰の心にもある天井裏の世界(なだいなだ)…… 290
*安岡章太郎略年譜……………………… 296
*吉行淳之介略年譜……………………… 298
*遠藤周作略年譜………………………… 300
*阿川弘之略年譜………………………… 302
*小川国夫略年譜………………………… 304
*北杜夫略年譜…………………………… 306
 


第21巻 雪三景・裸の王様 1987.3.15
 
水上勉………………………………………… 7
秋末(あきずえ)の一日………………… 9
母一夜………………………………………36
雪三景………………………………………51
曽野綾子………………………………………81
落葉(おちば)の声………………………83
辻邦生……………………………………… 111
第九の物語 吝(しわ)い…………… 113
第十一の物語 婪(むさぼ)り……… 124
竹西寛子…………………………………… 135
神馬(じんめ)………………………… 137
開高健……………………………………… 147
裸の王様………………………………… 149
*解説(進藤純孝)……………………… 262
*三十年ひとむかし 開高健が……だった頃(大岡信)…… 269
*水上勉略年譜…………………………… 276
*曽野綾子略年譜………………………… 278
*辻邦生略年譜…………………………… 280
*竹西寛子略年譜………………………… 282
*開高健略年譜…………………………… 284
 


第22巻 汚点・春は夜汽車の窓から 1987.11.28
 
井上ひさし…………………………………… 7
汚点(しみ)……………………………… 9
野坂昭如………………………………………59
小さい潜水艦に恋をしたでかすぎるクジラの話……61
凧になったお母さん………………………75
三浦哲郎………………………………………93
春は夜汽車の窓から………………………95
初秋……………………………………… 105
メリー・ゴー・ラウンド……………… 124
村上春樹…………………………………… 147
貧乏な叔母さんの話…………………… 149
踊る小人(こびと)…………………… 186
*解説(福田宏年)……………………… 234
*童話の「やさしさ」と「残酷さ」(野口武彦)…… 242
*井上ひさし略年譜……………………… 248
*野坂昭如略年譜………………………… 250
*三浦哲郎略年譜………………………… 252
*村上春樹略年譜………………………… 254
 


第23巻 現代児童文学傑作選1 1987.7.19
 
安藤美紀夫
手品師の庭………………… 7
岡本良雄
あすもおかしいか…………37
後藤竜二
トマトとパチンコ…………55
岩崎京子
神かくしの山………………73
斎藤隆介
八郎……………………… 101
椋鳩十
片耳の大鹿……………… 113
松谷みよ子
黒ねこ四代……………… 131
今西祐行
あるハンノキの話……… 169
さねとうあきら
かっぱの目だま………… 189
大石真
見えなくなったクロ…… 205
古田足日
アンドロイド・アキコ… 225
*解説(砂田弘)………………………… 248
*クッションを入れる(宮川ひろ)…… 256
*安藤美紀夫略年譜……………………… 264
*岡本良雄略年譜………………………… 265
*後藤竜二略年譜………………………… 266
*岩崎京子略年譜………………………… 267
*斎藤隆介略年譜………………………… 268
*椋鳩十略年譜…………………………… 269
*松谷みよ子略年譜……………………… 270
*今西祐行略年譜………………………… 271
*さねとうあきら略年譜………………… 272
*大石真略年譜…………………………… 273
*古田足日略年譜………………………… 274
 


第24巻 現代児童文学傑作選2 1987.8.18
 
今江祥智
ちょうちょむすび………… 7
寺村輝夫
おしゃべりなたまごやき…19
いぬいとみこ
七まいのおりがみと………35
あまんきみこ
くましんし…………………61
小沢正
きばをなくすと……………75
与田凖一
海の中の歌…………………89
立原えりか
星からきたひと………… 103
佐藤さとる
おばあさんの飛行機…… 111
神沢利子
おいらはおいらのもん… 149
平塚武二
たまむしのずしの物語… 161
安房直子
きつねの窓……………… 183
長崎源之助
焼けあとの白鳥………… 201
筒井敬介
雨ですてきなたんじょう日…… 219
*解説(滑川道夫)……………………… 244
*いもづる式に(山下明生)…………… 252
*今江祥智略年譜………………………… 258
*寺村輝夫略年譜………………………… 259
*いぬいとみこ略年譜…………………… 260
*あまんきみこ略年譜…………………… 261
*小沢正略年譜…………………………… 262
*与田凖一略年譜………………………… 263
*立原えりか略年譜……………………… 264
*佐藤さとる略年譜……………………… 265
*神沢利子略年譜………………………… 266
*平塚武二略年譜………………………… 267
*安房直子略年譜………………………… 268
*長崎源之助略年譜……………………… 269
*筒井敬介略年譜………………………… 270
 


第25巻 次郎物語 第一部 1987.12.5
 
次郎物語〔第一部〕………………………… 5
あとがき(著者)……………………… 404
*解説(浜野卓也)……………………… 408
*反抗と愛と(三木卓)………………… 414
*下村湖人略年譜………………………… 420
 


第26巻 潮騒 1988.1.20
 
潮騒(しおさい)…………………………… 5
*解説(三好行雄)……………………… 222
*三島先生のこと(村松英子)………… 229
*三島由紀夫略年譜……………………… 236
 


第27巻 吾輩は猫である 上 1988.2.22
 
吾輩(わがはい)は猫である(上)……… 5
 


第28巻 吾輩は猫である 下 1988.3.21
 
吾輩は猫である(下)……………………… 5
*解説(小田切進)……………………… 332
*“猫”と私(井上靖)………………… 339
*夏目漱石略年譜………………………… 346
 


第29巻 強力伝・高安犬物語 1988.4.20
 
新田次郎……………………………………… 7
強力(ごうりき)伝……………………… 9
戸川幸夫………………………………………73
高安犬(こうやすいぬ)物語……………75
ほたる火の森…………………………… 152
田辺聖子…………………………………… 203
私の大阪八景(抄)…………………… 205
陛下と豆の木………………………… 205
*解説(小松伸六)……………………… 260
*新田(につた)さんの思いやり(随筆)(伊藤桂一)…… 266
*新田次郎略年譜………………………… 272
*戸川幸夫略年譜………………………… 274
*田辺聖子略年譜………………………… 276
 


第30巻 ノンフィクション名作選 1988.5.23
 
向田邦子……………………………………… 9
字のない葉書(『眠る盃』より)………11
ごはん(『父の詫び状』より)…………17
襞(ひだ)(『夜中の薔薇』より)……31
灰谷健次郎……………………………………37
二つの盗み(『わたしの出会った子どもたち』より)……39
骨(ほね)くんの話(『わたしの出会った子どもたち』より)……56
河合雅雄………………………………………77
裏薮の生き物たち(『少年動物誌』より)……79
梅棹エリオ………………………………… 107
熱気球イカロス5号(抄) …………… 109
ついに飛んだ………………………… 109
椎名誠……………………………………… 151
二日間のプレゼント(『岳(がく)物語』より)…… 153
植村直己…………………………………… 211
朝焼けのゴジュンバ・カン(『青春を山に賭けて』より)…… 213
黒柳徹子…………………………………… 245
窓ぎわのトットちゃん(抄)………… 247
新しい学校…………………………… 247
授業…………………………………… 249
海のものと山のもの………………… 253
プール………………………………… 260
夏休みが始まった…………………… 264
畠の先生……………………………… 269
「本当は、いい子なんだよ」……… 275
さよなら、さよなら………………… 278
小泉文夫…………………………………… 281
人はなぜ歌をうたうか(抄)―『小泉文夫フィールドワーク』より…… 283
動物と音楽…………………………… 283
生存を維持するための音楽………… 288
首狩り族とハーモニー……………… 299
日高敏隆…………………………………… 309
昆虫における時間(『昆虫という世界』より)…… 311
沢地久枝…………………………………… 335
おとなになる旅(抄)………………… 337
忘れられない授業…………………… 337
はみだしっ子………………………… 345
はだかの王さまが見えなくなる日… 363
*解説(井出孫六)……………………… 382
*「記憶」と「資料」(沢木耕太郎)… 390
[ 2013/03/01 00:00 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール
本サイトでは管理人が趣味で作成したデータベースを公開しています。著作権等の知的財産権を侵害する意図はありません。ご要望のある方はお知らせください。速やかに対応致します。なお、データの無断複製・転載はお断りしています。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。