研究余録 ~全集目次総覧~ TOP  >  スポンサー広告 >  未分類 >  『少年少女日本文学選集』全30巻

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『少年少女日本文学選集』全30巻

『少年少女日本文学選集』全30巻(あかね書房、1955.12~1958.6、志賀直哉,谷川徹三,石川脩平監修)



第1巻 夏目漱石名作集 1956.11.10 亀井勝一郎編
 
*はじめに(亀井勝一郎)………………… 1
坊っちゃん…………………………………… 8
草枕(抄)………………………………… 128
吾輩は猫である(抄)…………………… 140
二百十日(抄)…………………………… 160
文鳥………………………………………… 178
*漱石の一生とその作品(亀井勝一郎)…… 194
*作品の読みかた(滑川道夫)………… 225
*読書のあとで(石田成太郎)………… 237
*年表……………………………………… 239
*国語教科書にのっている漱石の作品… 242
*漱石の本………………………………… 243
 

第2巻 森鴎外名作集 1956.11.20 荒正人編
 
*はじめに(荒正人)……………………… 1
山椒大夫(さんしようだゆう)…………… 8
高瀬舟…………………………………………40
阿部一族………………………………………52
妄想(抄)……………………………………90
蛇…………………………………………… 104
羽鳥千尋(はとりちひろ)……………… 120
心頭語(抄)……………………………… 139
少時の友………………………………… 139
性格ある友……………………………… 139
真の友の有無…………………………… 139
友に訴うる時…………………………… 140
友に訴えらる時………………………… 140
うずしお…………………………………… 141
*森鴎外の一生とその作品(荒正人)… 180
*作品の読みかた(滑川道夫)………… 211
*読書のあとで(石田成太郎)………… 227
*年表……………………………………… 229
*国語教科書にのっている森鴎外の作品(中学校)…… 234
*森鴎外の本……………………………… 235
 

第3巻 芥川龍之介名作集 1956.10.1 吉田精一編
 
*はじめに(吉田精一)…………………… 1
鼻………………………………………………10
父………………………………………………19
蜘蛛の糸………………………………………25
毛利先生………………………………………30
犬と笛…………………………………………48
蜜柑……………………………………………60
魔術……………………………………………65
龍………………………………………………77
杜子春…………………………………………90
アグニの神………………………………… 105
トロッコ…………………………………… 118
仙人………………………………………… 125
三つの宝…………………………………… 131
報恩記……………………………………… 143
白…………………………………………… 164
雛…………………………………………… 176
*芥川龍之介の一生とその作品(吉田精一)…… 200
*作品の読み方(滑川道夫)…………… 231
*読書のあとで…………………………… 248
*年表……………………………………… 250
*国語教科書にのっている芥川龍之介の作品(中学校)…… 253
*芥川龍之介の本………………………… 255
 

第4巻 島崎藤村名作集 1956.5.25 滑川道夫編
 
*はじめに(滑川道夫)…………………… 1
嵐………………………………………………10
分配……………………………………………62
眼鏡……………………………………………87
詩…………………………………………… 134
小諸なる古城のほとり………………… 134
千曲川旅情のうた……………………… 135
椰子の実………………………………… 135
春やいづこに…………………………… 136
二つの泉………………………………… 136
晩春の別離……………………………… 138
潮音……………………………………… 141
葡萄の樹かげ…………………………… 142
若水……………………………………… 144
千曲川のスケッチ(抄)………………… 145
青麦の熟する時………………………… 145
少年の群………………………………… 146
麦畠……………………………………… 147
古城の初夏……………………………… 150
田舎牧師………………………………… 154
山中生活………………………………… 155
落葉の一………………………………… 158
落葉の二………………………………… 158
落葉の三………………………………… 159
炬燵話…………………………………… 160
小春の岡辺……………………………… 162
川船……………………………………… 164
雪の海…………………………………… 165
路傍の雑草……………………………… 167
学生の死………………………………… 169
暖い雨…………………………………… 170
第一の花………………………………… 171
山上の春………………………………… 172
童話………………………………………… 174
雀の案内………………………………… 174
鬼………………………………………… 177
水泳……………………………………… 178
燕の通訳………………………………… 179
もう一度、水泳について……………… 181
書籍(ほん)…………………………… 184
荒浜……………………………………… 184
兄弟の話………………………………… 186
二人の旅人の問答……………………… 186
地大根(じだいこん)………………… 188
山の上へ来る冬………………………… 189
少年の日を追想して(一)…………… 190
少年の日を追想して(二)…………… 191
樹木の言葉……………………………… 192
*藤村の一生とその作品(滑川道夫)… 198
*作品の読みかた(滑川道夫)………… 232
*読書のあとで(石田成太郎)………… 246
*年表……………………………………… 248
*国語教科書にのっている藤村の作品(中学校)…… 251
*藤村の本………………………………… 253
 

第5巻 志賀直哉名作集 1956.6.25 網野菊編
 
*はじめに(網野菊)……………………… 1
菜の花と小娘…………………………………10
或る朝…………………………………………15
子供三題………………………………………20
清兵衛と瓢箪(ひようたん)………………28
出来事…………………………………………34
蜻蛉(とんぼ)………………………………41
宿かりの死……………………………………43
山の木と大鋸(おが)………………………47
小僧の神様……………………………………52
雪の遠足………………………………………63
焚火(たきび)………………………………71
百舌(もず)…………………………………83
朝昼晩…………………………………………90
池の縁……………………………………… 101
クマ………………………………………… 103
鬼…………………………………………… 114
馬と木賊(とくさ)……………………… 118
兎…………………………………………… 120
玄人素人…………………………………… 124
猫…………………………………………… 129
動物小品…………………………………… 136
がまと山かがし………………………… 136
子すずめ………………………………… 138
末っ児……………………………………… 141
目白と鵯(ひよどり)と蝙蝠(こうもり)…… 148
自転車……………………………………… 154
朝顔………………………………………… 166
尾の道(暗夜行路)……………………… 170
鞍馬の火祭(暗夜行路)………………… 177
大山(だいせん)(暗夜行路)………… 181
あかつきの山上(暗夜行路)…………… 185
*志賀直哉のおいたちとその作品(網野菊)…… 196
*作品の読みかた(滑川道夫)………… 225
*読書のあとで(石田成太郎)………… 238
*年表……………………………………… 243
*国語教科書にのっている志賀直哉の作品(中学校)…… 246
*志賀直哉の本…………………………… 247
 

第6巻 武者小路実篤名作集 1957.1.15 亀井勝一郎編
 
はじめに(武者小路実篤)………………… 1
或る男(抄)………………………………… 8
釈迦(抄)……………………………………44
耶蘇(やそ)(抄)…………………………57
だるま…………………………………………65
或る日の一休…………………………………73
人間万歳………………………………………83
孫達………………………………………… 140
祖父さん祖母さん………………………… 152
牡丹と柿…………………………………… 158
ぼたんとかき…………………………… 158
わさびとれんこん問答………………… 159
暴君と聖者と死に神…………………… 161
詩…………………………………………… 166
バン・ゴッホ…………………………… 166
レンブラント…………………………… 166
神というものは………………………… 167
神に愛されて…………………………… 167
まあいい………………………………… 167
果報は…………………………………… 167
本気に…………………………………… 167
おれは、おれは………………………… 167
おれをやってしまえ…………………… 167
仏陀という……………………………… 168
おれの空想……………………………… 168
笛を吹く男……………………………… 169
一つの大理石から……………………… 170
心のよろこび…………………………… 170
矢を射る者……………………………… 171
桃栗……………………………………… 171
泉………………………………………… 172
梁楷(りようかい)の「踊布袋」を見て…… 172
歓喜雀躍………………………………… 173
歩くなり―梁楷の「李太白」から暗示されて…… 174
馬鈴薯讃………………………………… 175
うんどうぐつ…………………………… 176
林檎と蜜柑……………………………… 177
柿と柚…………………………………… 177
いろいろの野菜………………………… 177
*武者小路実篤のおいたちとその作品(亀井勝一郎)…… 184
*作品の読みかた(滑川道夫)………… 214
*読書のあとで(石田成太郎)………… 226
*年表……………………………………… 229
*国語教科書にのっている武者小路実篤の作品(中学校)…… 234
*武者小路実篤の本……………………… 235
 

第7巻 石川啄木名作集 1955.11.16 福田清人編
 
*はじめに(福田清人)…………………… 1
一握の砂(短歌)…………………………… 8
我を愛する歌……………………………… 8
煙……………………………………………27
秋風のこころよさに………………………40
忘れがたき人人……………………………46
手套(てぶくろ)を脱ぐ時………………59
悲しき玩具(短歌)…………………………74
呼子と口笛(詩抄)…………………………97
はてしなき議論の後………………………97
ココアのひとさじ…………………………98
飛行機………………………………………99
曠野(あらの)…………………………… 100
祖父………………………………………… 105
二筋の血…………………………………… 111
雲は天才である…………………………… 129
*注………………………………………… 175
*石川啄木の一生とその作品(福田清人)…… 180
*作品の読みかた(滑川道夫)………… 225
*読書のあとで(石田成太郎)………… 238
*年表……………………………………… 239
*国語教科書にのっている石川啄木の作品…… 241
*石川啄木の本…………………………… 243
 

第8巻 国木田独歩名作集 1955.12.15 塩田良平編
 
*はじめに(塩田良平)…………………… 1
武蔵野…………………………………………10
忘れ得ぬ人々…………………………………33
鹿狩……………………………………………47
河霧……………………………………………59
置土産…………………………………………71
春の鳥…………………………………………82
巡査……………………………………………93
画の悲み…………………………………… 100
空知川の岸辺……………………………… 108
非凡なる凡人……………………………… 124
馬上の友…………………………………… 137
泣き笑い…………………………………… 152
源叔父(げんおじ)……………………… 158
星…………………………………………… 176
山林に自由存す(詩)…………………… 180
たき火(詩)……………………………… 182
*国木田独歩の一生とその作品(塩田良平)…… 196
*作品の読みかた(滑川道夫)………… 230
*読書のあとで(石田成太郎)………… 242
*年表……………………………………… 246
*国語教科書にのっている国木田独歩の作品(中学校)…… 250
*国木田独歩の本………………………… 251
 

第9巻 小泉八雲名作集 1956.12.20 古谷綱武編
 
*はじめに(古谷綱武)…………………… 1
耳なし芳一の話………………………………10
雪おんな………………………………………22
食人鬼(じきにんき)………………………28
むじな…………………………………………34
ろくろ首………………………………………37
青柳ものがたり………………………………49
鮫人の恩がえし………………………………60
果心居士(かしんこじ)の話………………67
梅津忠兵衛の話………………………………77
興義(こうぎ)和尚の話……………………82
漂流……………………………………………89
常識……………………………………………99
茶わんのなか……………………………… 104
草ひばり…………………………………… 108
鳥取のふとん……………………………… 113
乙吉のだるま……………………………… 119
東洋における最初の日(抄)…………… 127
潜戸(くりど)―子どもの亡霊岩屋…… 146
読書論(抄)……………………………… 166
*小泉八雲の一生とその作品(古谷綱武)…… 190
*作品の読みかた(滑川道夫)………… 219
*訳者のことば(大石真,寺村輝夫) … 231
*読書のあとで(石田成太郎)………… 233
*年表……………………………………… 236
*国語教科書にのっている小泉八雲の作品(中学校)…… 240
*小泉八雲の本…………………………… 241
 

第10巻 宮沢賢治名作集 1956.8.10 串田孫一編
 
*はじめに(串田孫一)…………………… 1
詩………………………………………………10
雲の信号……………………………………10
風景…………………………………………10
東岩手火山…………………………………11
鈴谷平原(すずやへいげん)……………18
「スタンレー探検隊に対する二人のコンゴー土人の演説」……20
早春独白……………………………………21
遠足許可……………………………………23
山の晨明(しんめい)に関する童話風の構想……24
告別…………………………………………26
下で別れたさっきの人は…………………28
ローマンス…………………………………30
もう二三べん………………………………31
童話……………………………………………35
土神と狐……………………………………35
鹿踊りのはじまり…………………………49
おきなぐさ…………………………………60
鳥をとるやなぎ……………………………66
シグナルとシグナレス……………………73
十力(じゆうりき)の金剛石……………91
水仙月の四日…………………………… 105
インドラの網…………………………… 114
黄いろのトマト………………………… 121
風の又三郎(異稿)…………………… 131
龍と詩人………………………………… 171
歌曲………………………………………… 175
種山が原………………………………… 175
牧歌……………………………………… 176
ポランの広場…………………………… 178
牧場の歌………………………………… 180
*宮沢賢治の一生とその作品(串田孫一)…… 186
*作品の読みかた(滑川道夫)………… 217
*読書のあとで(石田成太郎)………… 232
*年表……………………………………… 236
*国語教科書にのっている宮沢賢治の作品(中学校)…… 238
*宮沢賢治の本…………………………… 239
 

第11巻 山本有三名作集 1955.12.20 大木直太郎編
 
*はじめに(大木直太郎)………………… 1
路傍の石……………………………………… 8
ウミヒコ ヤマヒコ……………………… 240
兄弟………………………………………… 254
*山本有三のおいたちとその作品……… 260
*作品の読み方(滑川道夫)…………… 280
*一 胸にひびくもの………………… 280
*二 読語の感想を語る(座談会)(滑川道夫,帆足英二,多田玲子,滝雄三,高津龍二)…… 283
*読書のあとで(石田成太郎)………… 293
*年表……………………………………… 294
*国語教科書にのっている山本有三の作品(中学校)…… 298
*山本有三の本…………………………… 299
 

第12巻 川端康成名作集 1956.3.20 中島健蔵編
 
*はじめに(中島健蔵)…………………… 1
伊豆の踊り子…………………………………10
十六歳の日記…………………………………36
油………………………………………………60
骨(こつ)拾い………………………………68
雨傘……………………………………………73
夏の靴…………………………………………75
バッタと鈴虫…………………………………78
わかめ…………………………………………83
花のワルツ(抄)……………………………89
百日堂先生………………………………… 102
ゆくひと…………………………………… 117
たまゆら…………………………………… 127
名人(抄)………………………………… 143
山の音(抄)……………………………… 160
純粋の声…………………………………… 176
*川端康成のおいたちとその作品(中島健蔵)…… 186
*作品の読み方(滑川道夫)…………… 213
*読書のあとで(石田成太郎)………… 227
*年表……………………………………… 230
*国語教科書にのっている川端康成の作品(中学校)…… 234
*川端康成の本…………………………… 235
 

第13巻 谷崎潤一郎名作集 1956.4.25 十返肇編
 
*はじめに(十返肇)……………………… 1
母を恋うる記………………………………… 8
小さな王国……………………………………34
私………………………………………………67
途上……………………………………………85
信西(しんぜい)………………………… 107
吉野葛(抄)……………………………… 121
細雪(ささめゆき)(抄)……………… 140
若紫(源氏物語 抄)…………………… 186
陰翳礼讃(抄)…………………………… 197
*谷崎潤一郎のおいたちとその作品(十返肇)…… 222
*作品の読みかた(滑川道夫)………… 243
*読書のあとで(石田成太郎)………… 251
*年表……………………………………… 254
*国語教科書にのっている谷崎潤一郎の作品(中学校)…… 259
*谷崎潤一郎の本………………………… 260
 

第14巻 有島武郎名作集 1956.5.15 瀬沼茂樹編
 
*はじめに(瀬沼茂樹)…………………… 1
一房の葡萄…………………………………… 8
溺れかけた兄妹………………………………17
碁石を呑んだ八っちゃん……………………26
僕の帽子のお話………………………………35
片輪者(かたわもの)………………………44
火事とポチ……………………………………52
小さき者へ……………………………………65
凱旋……………………………………………79
親子……………………………………………91
生まれいずる悩み(抄)………………… 120
星座(抄)………………………………… 139
ドモ又の死………………………………… 183
*有島武郎の一生とその作品(瀬沼茂樹)…… 216
*作品の読みかた(石黒修)…………… 239
*年表……………………………………… 253
*国語教科書にのっている有島武郎の作品(中学校)…… 258
*有島武郎の本…………………………… 259
 

第15巻 菊池寛名作集 1956.10.30 瀬沼茂樹編
 
*はじめに(瀬沼茂樹)…………………… 1
恩讐(おんしゆう)の彼方に………………10
無名作家の日記………………………………42
忠直(ただなお)卿行状記…………………72
死者を嗤う………………………………… 106
身投げ救助業……………………………… 112
入れ札……………………………………… 120
笑い………………………………………… 134
仇討三態…………………………………… 147
蘭学事始(らんがくことはじめ)……… 171
随筆………………………………………… 195
「父帰る」のこと……………………… 195
真の読書家なし矣……………………… 200
災後雑感………………………………… 201
落ちざるを恥ず………………………… 202
自分の名まえ…………………………… 203
図書館…………………………………… 204
小説家…………………………………… 206
よしなしごと…………………………… 208
*菊池寛の一生とその作品(瀬沼茂樹)…… 218
*作品の読みかた(鈴木栄二)………… 239
*年表……………………………………… 248
*国語教科書にのっている菊池寛の作品(中学校)…… 252
*菊池寛の本……………………………… 253
 

第16巻 佐藤春夫名作集 1956.12.15 高見順編
 
*はじめに(高見順)……………………… 1
西班牙(スペイン)犬の家………………… 8
お絹とその兄弟………………………………18
杏の実をくれる娘……………………………50
二少年の話……………………………………57
李太白(りたいはく)………………………89
神聖な噺…………………………………… 124
蝗(いなご)の大旅行…………………… 149
田舎の家にて……………………………… 154
街上小景(がいじようしようけい)…… 158
田園の憂鬱(抄)………………………… 163
詩集………………………………………… 200
犬吠岬(いぬぼうさき)旅情のうた… 200
少年の日………………………………… 200
詩論……………………………………… 201
海の若者………………………………… 201
私の柱時計……………………………… 202
十三時…………………………………… 202
ある詩人の願い………………………… 203
流水歌…………………………………… 203
薔薇(そうび)をつめば……………… 205
池のほとりなる竹……………………… 205
霜下の草………………………………… 205
*佐藤春夫のおいたちとその作品(高見順)…… 214
*作品の読みかた(石森延男)………… 230
*年表……………………………………… 242
*国語教科書にのっている佐藤春夫の作品(中学校)…… 247
*佐藤春夫の本…………………………… 248
 

第17巻 横光利一・堀辰雄名作集 1956.6.10 河上徹太郎編
 
*はじめに(河上徹太郎)………………… 1
横光利一……………………………………… 9
蠅……………………………………………10
御身(おんみ)……………………………17
花園の思想…………………………………37
榛名(はるな)……………………………57
旅愁(抄)…………………………………70
夜の靴(抄)………………………………94
*横光利一の一生とその作品(河上徹太郎)…… 107
*作品の読みかた(佐山祐三)……… 118
*横光利一年表………………………… 124
堀辰雄……………………………………… 127
幼年時代(抄)………………………… 128
麦藁帽子………………………………… 148
ルウベンスの偽画……………………… 171
美しい村(抄)………………………… 188
風立ちぬ(抄)………………………… 211
*堀辰雄の一生とその作品(河上徹太郎)…… 231
*作品の読みかた(佐山祐三)……… 241
*堀辰雄年表…………………………… 247
*国語教科書にのっている横光利一・堀辰雄の作品(中学校)…… 251
*横光利一・堀辰雄の本………………… 252
 

第18巻 井伏鱒二・太宰治名作集 1956.9.15 臼井吉見編
 
*はじめに(臼井吉見)…………………… 1
井伏鱒二……………………………………… 9
山椒魚………………………………………10
鯉……………………………………………18
屋根の上のサワン…………………………23
休憩時間……………………………………30
「槌ツァ」と「九郎治ツァン」は喧嘩して私は用語について煩悶すること……38
防火水槽……………………………………46
源太が手紙…………………………………56
御神火(ごじんか)………………………60
*井伏鱒二のおいたちとその作品(臼井吉見)…… 101
*作品の読みかた(増淵恒吉)……… 111
*井伏鱒二年表………………………… 119
太宰治……………………………………… 123
思い出(抄)…………………………… 124
走れメロス……………………………… 137
正義と微笑(抄)……………………… 151
*太宰治の一生とその作品(臼井吉見)…… 218
*作品の読みかた(増淵恒吉)……… 228
*太宰治年表…………………………… 233
*国語教科書にのっている井伏鱒二・太宰治の作品(中学校)…… 237
*井伏鱒二・太宰治の本………………… 238
 

第19巻 林芙美子・壷井栄名作集 1956.12.15 河盛好蔵編
 
*はじめに(河盛好蔵)…………………… 1
林芙美子……………………………………… 7
風琴と魚の町……………………………… 8
清貧の書……………………………………29
放浪記(抄)………………………………56
*林芙美子の一生とその作品(河盛好蔵)……73
*作品の読みかた(石田佐久馬)………83
*林芙美子年表……………………………88
壷井栄…………………………………………91
二十四の瞳…………………………………92
*壷井栄のおいたちとその作品(河盛好蔵)…… 246
*作品の読みかた(石田佐久馬)…… 257
*壷井栄年表…………………………… 260
*国語教科書掲載の作品(中学校)…… 263
*林芙美子・壷井栄の本………………… 263
 

第20巻 徳富蘆花・樋口一葉名作集 1957.1.15 福田清人編
 
*はじめに(福田清人)…………………… 1
徳富蘆花……………………………………… 9
思い出の記(抄)…………………………10
みみずのたわごと(抄)…………………74
水汲み……………………………………74
白…………………………………………77
水車問答…………………………………84
農…………………………………………87
露の祈り…………………………………91
草とり……………………………………91
自然と人生(抄)…………………………95
このごろの富士のあけぼの……………95
相模灘の落日……………………………96
さくら……………………………………97
わが家の富………………………………99
*徳富蘆花の一生とその作品(福田清人)…… 106
*作品の読みかた(四方田正作)…… 118
*徳富蘆花年表………………………… 123
樋口一葉…………………………………… 127
たけくらべ……………………………… 128
大つごもり……………………………… 167
日記(抄)……………………………… 181
若葉かげ……………………………… 181
塵の中………………………………… 199
水のうえ……………………………… 214
みずの上日記………………………… 217
*樋口一葉の一生とその作品(福田清人)…… 225
*作品の読みかた(四方田正作)…… 237
*樋口一葉年表………………………… 242
*国語教科書にのっている徳富蘆花・樋口一葉の作品(中学校)…… 245
*徳富蘆花・樋口一葉の本……………… 246
 

第21巻 下村湖人名作集 1956.7.15 古谷綱武編
 
*はじめに(古谷綱武)…………………… 1
次郎物語(第一部)………………………… 8
努力と天啓………………………………… 226
*下村湖人の一生とその作品(古谷綱武)…… 234
*作品の読みかた(石田成太郎)……… 251
*年表……………………………………… 257
*国語教科書にのっている下村湖人の作品(中学校)…… 260
*下村湖人の本…………………………… 260
 

第22巻 続 夏目漱石名作集 1956.7.30 山本健吉編
 
*はじめに(山本健吉)…………………… 1
三四郎………………………………………… 8
夢十夜(抄)……………………………… 227
第六夜…………………………………… 227
永日小品(抄)…………………………… 230
蛇………………………………………… 230
*夏目漱石の作品について(山本健吉)…… 240
*作品の読みかた(古田拡)…………… 251
 

第23巻 続 島崎藤村名作集 1956.11.30 唐木順三編
 
*はじめに(唐木順三)…………………… 1
桜の実の熟する時…………………………… 8
生いたちの記(抄)……………………… 171
夜明け前(抄)…………………………… 191
*島崎藤村の作品について(唐木順三)…… 214
*作品の読みかた(西原慶一)………… 231
 

第24巻 続 芥川龍之介名作集 1956.9.30 中村真一郎編
 
*はじめに(中村真一郎)………………… 1
大川の水………………………………………10
酒虫(しゆちゆう)…………………………16
芋粥……………………………………………26
手巾(はんけち)……………………………47
煙草(たばこ)と悪魔………………………58
煙管(キセル)………………………………67
蛙………………………………………………78
戯作三昧………………………………………81
奉教人の死………………………………… 111
舞踏会……………………………………… 124
槍が嶽紀行………………………………… 132
捨児………………………………………… 139
動物園……………………………………… 146
神神の微笑………………………………… 154
六の宮の姫君……………………………… 167
おしの……………………………………… 176
三右衛門の罪……………………………… 182
少年………………………………………… 193
*芥川龍之介の作品について(中村真一郎)…… 228
*作品の読みかた(宮崎健三)………… 246
 

第25巻 続 山本有三名作集 1956.6.30 滑川道夫編
 
*はじめに(滑川道夫)…………………… 1
真実一路(抄)……………………………… 8
ふしゃくしんみょう…………………………54
子やく……………………………………… 116
はにかみやのクララ……………………… 137
生きとし生けるもの(抄)……………… 185
竹…………………………………………… 207
*山本有三のおいたちとその作品(滑川道夫)…… 218
*年表……………………………………… 250
 

第26巻 児童文学名作集 1956.10.15 坪田譲治編
 
*はじめに(坪田譲治)…………………… 1
巌谷小波………………………………………10
ひつじ太鼓…………………………………10
鈴木三重吉……………………………………29
むかでの室・蛇の室………………………29
少年駅伝夫…………………………………40
黒い小ねこ…………………………………53
小川未明………………………………………66
金の輪………………………………………66
二どと通らない旅人………………………69
牛女(うしおんな)………………………77
野ばら………………………………………85
小さい針の音………………………………89
とうげの茶屋………………………………97
坪田譲治…………………………………… 106
小川の葦………………………………… 106
夢………………………………………… 112
善太の四季……………………………… 119
一匹の鮒………………………………… 140
葡萄の若葉……………………………… 152
浜田広介…………………………………… 166
五ひきのやもり………………………… 166
犬と少年………………………………… 178
りゅうの目のなみだ…………………… 187
ますとおじいさん……………………… 197
*児童文学について(坪田譲治)……… 206
*作品の読みかた(久米井束)………… 235
*児童文学年表…………………………… 243
*国語教科書にのっているこの本の著者の作品(中学校)…… 251
 

第27巻 現代戯曲名作集 1958.1.15 木下順二編
 
*はじめに(木下順二)…………………… 1
木下杢太郎
和泉屋染物店……………… 8
菊池寛
真似…………………………29
真山青果
玄朴と長英…………………39
小山内薫
奈落…………………………64
岸田国士
チロルの秋…………………73
久保田万太郎
北風のくれたテーブルかけ……87
村山知義
人形芝居 スカートをはいたネロ…… 105
真船豊
小さき町………………… 127
加藤道夫
天邪鬼(あまのじやく)
………………………… 156
木下順二
夕鶴……………………… 172
*現代戯曲のなりたち…………………… 198
*戯曲の読みかた(冨田博之)………… 220
*現代戯曲年表…………………………… 229
*国語教科書掲載の作品(中学校)…… 237
 

第28巻 随筆紀行名作集 1957.1.29 串田孫一編
 
*はじめに(串田孫一)…………………… 1
三島由紀夫
アポロの林…………………10
辰野隆
てんかん……………………21
パリの独白…………………26
内田清之助
ふえた鳥減った鳥…………27
梅雨明け……………………31
カイツブリ…………………33
本田正次
米のなる木…………………34
草遊び花遊び………………36
臘月色譜(ろうげつしきふ)……39
内田亨
とんぼ取り…………………43
答案…………………………57
末広恭雄
アユの季節…………………58
サンマ………………………59
さかなの入院………………62
野尻抱影
むじな話……………………65
望遠鏡受難…………………70
「アルビレオ」より………78
亀井勝一郎
春……………………………79
尾崎喜八
童話…………………………86
河田 
砂丘の童話…………………95
ゴルフリンクス……………95
柏林(はくりん)…………97
花……………………………98
砂丘神社………………… 102
池………………………… 104
さかな…………………… 106
夜………………………… 108
山とふるさと…………… 109
森田たま
ふるさとの味…………… 110
はこべら………………… 113
「はつ雪の日」より…… 116
田部重治
麓(ふもと)の宿……… 117
峠あるき………………… 122
「幽境の旅」より……… 127
鈴木信太郎
日の出…………………… 128
春の点景………………… 130
海その一………………… 130
海その二………………… 130
青空とりんご…………… 130
新宿……………………… 131
旅先で見たけしき……… 132
小絲源太郎
どろぼう………………… 136
新居……………………… 141
母とトランプ…………… 143
宮城道雄
物売りの声……………… 146
訪問者…………………… 148
勘違い…………………… 152
奥野信太郎
喜神因縁………………… 153
「幻享雑記」より……… 162
渋沢秀雄
せみの声………………… 163
新春閑話………………… 167
泉鏡花
栃の実…………………… 168
山村暮鳥
赤城山…………………… 174
沼………………………… 183
吉田絃二郎
茶の花…………………… 184
静日夜(せいじつや)… 186
山を恋う………………… 189
寺田寅彦
藤の実…………………… 195
科学者のあたま………… 199
*注………………………………………… 204
*随筆・紀行文について(串田孫一)… 216
*作品のよみかた(石黒修)…………… 231
*国語教科書掲載の作品………………… 241
 

第29巻 現代詩集 1956.8.25 神保光太郎編
 
*はじめに(神保光太郎)………………… 1
詩集……………………………………………11
島崎藤村
潮音(ちようおん)………12
小諸なる古城のほとり……12
椰子の実……………………13
鳥なき里……………………13
舟路(ふなじ)……………14
土井晩翠
荒城の月……………………16
おおいなる手のかげ………16
岸辺の桜……………………17
河井酔茗
若き胸ふるき胸……………18
雪炎(せつえん)…………19
新しいことば………………19
樹木の素質…………………21
薄田泣菫
雲……………………………22
ああ大和にしあらましかば……22
蒲原有明
牡蛎の殻……………………24
光の歌………………………25
与謝野晶子
伊豆の海岸にて……………26
太陽出現……………………27
上田敏
落葉(ポール・ベルレェヌ)……28
山のあなた(カール・ブッセ)……28
髪(レミ・ド・グルモン)……29
伊良子清白
鳥……………………………30
野口米次郎
船頭…………………………31
詩人…………………………31
われ山上に立つ……………32
石川啄木
飛行機………………………33
拳……………………………33
北原白秋
ほのかにひとつ……………34
薔薇二曲……………………34
竹林の七賢…………………35
渡り鳥………………………35
落葉松(からまつ)………35
白鷺…………………………37
早春の朝飯…………………38
微笑(ほほえみ)…………38
からたちの花………………39
三木露風
ふるさとの…………………40
水……………………………40
晴れ間………………………41
牛……………………………41
あかとんぼ…………………42
野口雨情
雲の秋………………………43
洪水の跡……………………43
川路柳虹
日本の曙……………………44
掌(て)……………………46
加藤介春
山上の石……………………47
高村光太郎
冬が来た……………………48
牛……………………………48
道程…………………………51
氷上戯技……………………52
山のひろば…………………53
あどけない話………………53
ぼろぼろな駝鳥……………54
昔話…………………………54
千家元麿
わが子は歩む………………55
雁……………………………57
山村暮鳥
万物節………………………59
ザボンの詩…………………59
老漁夫の詩…………………60
朝……………………………61
雲……………………………61
おなじく 雲 ……………61
萩原朔太郎
竹……………………………62
陸橋…………………………62
沖を眺望する………………62
商業…………………………63
遊泳…………………………64
小出新道……………………64
福士幸次郎
自分は太陽の子である―八月十一日……65
小さい花……………………66
佐藤春夫
少年の日……………………67
夕づつを見て………………67
海の若者……………………68
冬夜微吟……………………68
おとめらよ歌わずや………68
渚の蝶………………………69
堀口大学
雪……………………………70
渡り鳥………………………71
峠……………………………71
耳(ジャン・コクトオ)…71
武者小路実篤
俺の空想……………………72
西条八十
失える人形…………………74
鳥かげ………………………75
母の唄………………………76
おれの大将…………………76
北村初雄
祝祭―終詞…………………77
百田宗治
ぬかるみの街道……………79
佐藤惣之助
潜水夫………………………82
船乗りの母…………………83
宮沢賢治
松の針………………………84
牛……………………………85
母に言う……………………85
十一月三日 雨ニモマケズ ……87
大手拓次
十六歳の少年の顔…………88
おとめの顔…………………88
尾崎喜八
野の小川……………………89
母……………………………89
お花畑………………………90
秋の流域……………………91
西脇順三郎
灯台へ行く道………………92
磁器…………………………93
深尾須磨子
母と私………………………94
凧……………………………94
すばらしい仕事……………94
大木惇夫
風・光・木の葉……………96
野の羊………………………96
海とこおろぎ………………97
麦畑…………………………97
金子光晴
寒山寺………………………98
落下傘………………………98
吉田一穂
旅愁……………………… 101
雪………………………… 101
少年思慕調……………… 101
暦………………………… 102
曙………………………… 102
薔薇(そうび)………… 102
母………………………… 102
草野心平
河童と蛙………………… 103
海………………………… 104
牧場の秋………………… 105
富士山…………………… 105
高橋新吉
雲………………………… 106
唸る……………………… 106
松………………………… 106
雨の降る日……………… 106
山………………………… 107
日………………………… 107
水………………………… 107
壷井繁治
まひる…………………… 108
向日葵(ひまわり)…… 108
声………………………… 108
岡本潤
子ども…………………… 110
山………………………… 110
径(みち)……………… 111
山の子ども……………… 111
貨車……………………… 111
小野十三郎
早春……………………… 112
大怪魚…………………… 113
中野重治
挿木をする……………… 114
波………………………… 114
きかん車………………… 115
田中冬二
秋の灯ともし頃………… 117
晴夜(せいや)………… 117
小さな山の町…………… 117
村………………………… 118
雪の日…………………… 118
三好達治
湖水……………………… 119
雪………………………… 119
ブブル…………………… 119
蟹………………………… 119
鹿………………………… 120
土………………………… 120
街道……………………… 120
チューリップ…………… 120
訪問者…………………… 120
大阿蘇(だいあそ)…… 121
丸山薫
兄弟……………………… 122
日本の空………………… 122
学校遠望………………… 122
未来へ…………………… 123
鯨を見る………………… 124
北川冬彦
喜び……………………… 125
平原……………………… 125
歩く人…………………… 125
早春……………………… 125
あたたかい島にて……… 126
雑草……………………… 126
枯れ草…………………… 127
石………………………… 127
竹中郁
テニス…………………… 128
春の朝…………………… 128
海………………………… 128
海の子…………………… 128
蟻………………………… 129
風………………………… 129
村野四郎
鉄棒……………………… 130
飛込(とびこみ)……… 130
愛国詩…………………… 130
息子……………………… 131
秋へ……………………… 132
花を持った人…………… 132
八木重吉
雲………………………… 133
幼い日…………………… 133
静かな炎………………… 133
白い道…………………… 133
坂本遼
おかん腹おさえておくれ…… 134
春………………………… 134
笹沢美明
河………………………… 135
オルガン………………… 136
蔵原伸二郎
いもり…………………… 137
虎………………………… 137
松の木…………………… 138
山鳥の卵………………… 138
阪本越郎
来信……………………… 139
山恋い…………………… 139
新生児…………………… 140
安藤一郎
かんこ鳥………………… 141
冬の虹…………………… 142
なでしこ………………… 142
菊岡久利
小さな小さなクリスマス…… 143
雲は流れて……………… 144
中原中也
北の海…………………… 145
月夜の浜辺……………… 145
村の時計………………… 146
山之口貘
天………………………… 147
ものもらいの話………… 147
ミミコの独立…………… 148
大江満雄
海流……………………… 149
長崎……………………… 149
昴星(スバル)………… 150
敗戦の日………………… 150
藤原定
蒙古……………………… 151
満洲の馬………………… 152
神保光太郎
鐘の歌…………………… 153
花河(はなかわ)……… 153
雲の家族………………… 154
ほのおの歌……………… 155
伊東静雄
燕………………………… 156
雲雀……………………… 156
明かるいランプ………… 157
夜の停留所で…………… 158
津村信夫
晴夜(せいや)………… 159
愛する神の歌…………… 159
冬の夜道………………… 160
立原道造
眠りの誘い……………… 161
ひとり林に……………… 161
草に寝て………………… 162
うた……………………… 162
静物……………………… 163
大木実
停車場にて……………… 164
雨のいなか町…………… 164
北陸沿線………………… 164
一家……………………… 165
古里(ふるさと)……… 165
*注………………………………………… 166
*現代詩について(神保光太郎)……… 169
*〈読書指導〉詩の味わいかた(神保光太郎)…… 189
短歌・俳句集……………………………… 195
短歌……………………………………… 196
落合直文
短歌 10首…………… 196
佐佐木信綱
短歌 10首…………… 197
正岡子規
短歌 10首…………… 198
与謝野寛
短歌 10首…………… 199
与謝野晶子
短歌 10首…………… 200
金子薫園
短歌 10首…………… 201
尾上柴舟
短歌 10首…………… 202
伊藤左千夫
短歌 10首…………… 203
長塚節
短歌 10首…………… 204
窪田空穂
短歌 10首…………… 205
太田水穂
短歌 10首…………… 206
若山牧水
短歌 10首…………… 207
木下利玄
短歌 10首…………… 208
前田夕暮
短歌 10首…………… 209
石川啄木
短歌 10首…………… 210
土岐善麿
短歌 10首…………… 211
吉井勇
短歌 10首…………… 212
北原白秋
短歌 10首…………… 213
島木赤彦
短歌 10首…………… 214
斎藤茂吉
短歌 10首…………… 215
古泉千樫
短歌 10首…………… 216
俳句……………………………………… 217
正岡子規
俳句 14句…………… 217
河東碧梧桐
俳句 14句…………… 218
高浜虚子
俳句 14句…………… 219
飯田蛇笏
俳句 14句…………… 220
荻原井泉水
俳句 14句…………… 221
村上鬼城
俳句 14句…………… 222
原石鼎
俳句 14句…………… 223
久保田万太郎
俳句 14句…………… 224
日野草城
俳句 14句…………… 225
富安風生
俳句 14句…………… 226
水原秋桜子
俳句 14句…………… 227
山口誓子
俳句 14句…………… 228
松本たかし
俳句 14句…………… 229
川端茅舎
俳句 14句…………… 230
中村草田男
俳句 14句…………… 231
中村汀女
俳句 14句…………… 232
石田波郷
俳句 14句…………… 233
加藤楸邨
俳句 14句…………… 234
*注………………………………………… 235
*現代短歌について(中村正爾)……… 237
*現代俳句について(石川桂郎)……… 245
*年表……………………………………… 254
 

第30巻 現代日本文学史 1958.6.10 吉田精一編
 
はじめに(吉田精一)……………………… 1
現代日本文学史……………………………… 7
明治時代…………………………………… 9
大正時代………………………………… 109
昭和時代………………………………… 189
*現代日本文学年表……………………… 241
*さくいん………………………………… 253
[ 2013/04/01 00:00 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール
本サイトでは管理人が趣味で作成したデータベースを公開しています。著作権等の知的財産権を侵害する意図はありません。ご要望のある方はお知らせください。速やかに対応致します。なお、データの無断複製・転載はお断りしています。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。