研究余録 ~全集目次総覧~ TOP  >  スポンサー広告 >  未分類 >  『少年少女日本文学全集』全24巻

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『少年少女日本文学全集』全24巻

『少年少女日本文学全集』全24巻(講談社、1962.1~1966.2)



第1巻 森鴎外・島崎藤村・国木田独歩集 1962.9.25
 
森鴎外………………………………………… 9
*森鴎外の人と作品について(吉田精一)……10
山椒太夫……………………………………11
高瀬舟………………………………………42
羽鳥千尋(はとりちひろ)………………54
じいさんばあさん…………………………72
最後の一句…………………………………80
島崎藤村………………………………………93
*島崎藤村の人と作品について(吉田精一)……94
千曲川のスケッチ(抄)…………………95
生い立ちの記―或る婦人に与うる手紙…… 122
伸び支度………………………………… 178
国木田独歩………………………………… 187
*国木田独歩の人と作品について…… 188
山の力…………………………………… 189
忘れ得ぬ人々…………………………… 198
鹿狩……………………………………… 212
馬上の友………………………………… 222
春の鳥…………………………………… 236
日の出…………………………………… 247
非凡なる凡人…………………………… 262
画(え)の悲しみ……………………… 274
二葉亭四迷………………………………… 281
*二葉亭四迷の人と作品について(吉田精一)…… 282
小いぬポチ(「平凡」から)………… 283
徳富芦花…………………………………… 303
*徳富芦花の人と作品について(吉田精一)…… 303
思出(おもいで)の記(抄)………… 304
一の巻………………………………… 305
二の巻………………………………… 334
*解説(吉田精一)……………………… 366
*読書指導(滑川道夫,斉藤喜門) …… 379
 


第2巻 夏目漱石・中勘助・高浜虚子集 1966.2.25
 
夏目漱石……………………………………… 9
*夏目漱石の人と作品について(福田清人)……10
坊っちゃん…………………………………11
吾輩は猫である(抄)………………… 151
一……………………………………… 151
二……………………………………… 168
草枕(抄)……………………………… 201
とうげの茶屋………………………… 201
かみゆいどこの親方………………… 210
観海寺のおしょう…………………… 220
文鳥……………………………………… 231
中勘助……………………………………… 245
*中勘助の人と作品について(福田清人)…… 246
銀の匙…………………………………… 247
高浜虚子…………………………………… 325
*高浜虚子の人と作品について(福田清人)…… 326
沢子の嘘………………………………… 327
野上弥生子………………………………… 335
*野上弥生子の人と作品について(福田清人)…… 336
哀しき少年……………………………… 337
*解説―写生文派の作家(福田清人)… 359
*読書指導(滑川道夫,今村秀夫) …… 378
 


第3巻 小川未明集 1962.9.25
 
小川未明……………………………………… 9
*小川未明の人と作品について(滑川道夫)……10
港に着いた黒んぼ…………………………11
金の輪………………………………………21
野ばら………………………………………25
赤いろうそくと人魚………………………29
ある夜の星たちの話………………………39
子どもの時分の話…………………………46
千代紙の春…………………………………54
月夜とめがね………………………………61
月とあざらし………………………………67
雪くるまえの高原の話……………………73
あほうどりの鳴く日………………………80
赤いガラスの宮殿…………………………91
角笛(つのぶえ)吹く子…………………98
殿さまのちゃわん……………………… 104
二どと通らない旅人…………………… 110
島の暮れがたの話……………………… 117
頭をさげなかった少年………………… 121
銀河の下の町…………………………… 126
波あらくとも…………………………… 133
野ぎくの花……………………………… 141
万の死…………………………………… 147
どこかに生きながら…………………… 154
さか立ちこぞうさん…………………… 160
考えこじき……………………………… 170
道の上で見た話………………………… 176
春はよみがえる………………………… 182
巌谷小波…………………………………… 191
*巌谷小波の人と作品について(滑川道夫)…… 192
こがね丸………………………………… 193
きのこ太夫……………………………… 230
鈴木三重吉………………………………… 253
*鈴木三重吉の人と作品について(滑川道夫)…… 254
少年駅伝夫……………………………… 255
猿の手…………………………………… 267
救護隊…………………………………… 286
星の女…………………………………… 300
楠山正雄…………………………………… 317
*楠山正雄の人と作品について(滑川道夫)…… 318
ふたりの少年と琴……………………… 319
*解説(滑川道夫)……………………… 373
*読書指導(滑川道夫,斉藤尚吾) …… 388
 


第4巻 志賀直哉・武者小路実篤・有島武郎集 1962.12.25
 
志賀直哉……………………………………… 9
*志賀直哉の人と作品について(福田清人)……10
菜の花と小娘………………………………11
清兵衛と瓢箪………………………………16
小僧の神様…………………………………22
剃刀(かみそり)…………………………33
正義派………………………………………43
母の死と新しい母…………………………51
或る朝………………………………………60
自転車………………………………………65
子供三題……………………………………77
クマ…………………………………………86
宿かりの死…………………………………97
山の木と大鋸(おが)………………… 101
百舌(もず)…………………………… 106
兎………………………………………… 113
犬………………………………………… 117
網走まで………………………………… 126
城の崎にて……………………………… 135
焚火……………………………………… 143
玄人(くろうと)素人………………… 156
武者小路実篤……………………………… 161
*武者小路実篤の人と作品について(福田清人)…… 162
小学生ときつね………………………… 163
鳩と鷲…………………………………… 168
花咲爺…………………………………… 173
桃源にて………………………………… 192
だるま…………………………………… 211
姉………………………………………… 218
馬鹿一…………………………………… 230
有島武郎…………………………………… 245
*有島武郎の人と作品について(福田清人)…… 246
一房の葡萄……………………………… 247
溺れかけた兄妹(きようだい)……… 256
碁石を呑んだ八(や)っちゃん……… 265
僕の帽子のお話………………………… 274
火事とポチ……………………………… 283
小さき者へ……………………………… 295
親子……………………………………… 309
長与善郎…………………………………… 337
*長与善郎の人と作品について(福田清人)…… 338
兎………………………………………… 339
哀れな少女……………………………… 350
*解説(福田清人)……………………… 386
*読書指導(滑川道夫,野村純三) …… 396
 


第5巻 芥川龍之介・菊池寛・豊島与志雄集 1962.6.25
 
芥川龍之介…………………………………… 9
*芥川龍之介の人と作品について(福田清人)……10
蜘蛛の糸……………………………………11
杜子春………………………………………17
白……………………………………………33
トロッコ……………………………………45
蜜柑…………………………………………52
アグニの神…………………………………58
鼻……………………………………………71
芋粥…………………………………………81
羅生門…………………………………… 105
魔術……………………………………… 114
三つの宝………………………………… 125
菊池寛……………………………………… 137
*菊池寛の人と作品について(福田清人)…… 138
三人兄弟………………………………… 139
納豆合戦………………………………… 156
恩讐(おんしゆう)の彼方に………… 163
父帰る(一幕)………………………… 196
出世……………………………………… 209
蘭学事始(ことはじめ)……………… 222
豊島与志雄………………………………… 245
*豊島与志雄の人と作品について(福田清人)…… 246
コーカサスのわし……………………… 247
ふしぎなぼうし………………………… 254
影法師…………………………………… 261
しいの木………………………………… 268
てんぐわらい…………………………… 277
天下一の馬……………………………… 285
エミリアンの旅………………………… 294
宇野浩二…………………………………… 337
*宇野浩二の人と作品について(福田清人)…… 338
ゆりかごの歌の思い出………………… 339
春をつげる鳥…………………………… 353
ふきの下の神さま……………………… 358
海のゆめ山のゆめ……………………… 368
*解説(福田清人)……………………… 374
*読書指導(菅忠道,久米井束) ……… 388
 


第6巻 佐藤春夫・室生犀星・川端康成集 1963.2.25
 
佐藤春夫……………………………………… 9
*佐藤春夫の人と作品について(那須辰造)……10
西班牙(スペイン)犬の家………………11
私の父が狸と格闘した話…………………21
杏の実をくれる娘…………………………28
李太白………………………………………35
たからもの…………………………………67
鸚鵡…………………………………………77
実(みのる)さんの胡弓…………………82
蝗(いなご)の大旅行……………………88
おもちゃの蝙蝠(こうもり)……………93
最もよき夕(ゆうべ)……………………96
室生犀星…………………………………… 121
*室生犀星の人と作品について(那須辰造)…… 122
幼年時代………………………………… 123
動物詩集(抄)………………………… 169
あぶのうた…………………………… 169
ちょうのうた………………………… 170
かとんぼのうた……………………… 170
みみずのうた………………………… 171
ばったのうた………………………… 171
こおろぎのうた 一………………… 171
こおろぎのうた 二………………… 172
まつむし、すずむしのうた………… 172
もずのうた…………………………… 173
あひるのうた………………………… 173
ふなのうた…………………………… 174
なまこのうた………………………… 174
いぬのうた…………………………… 175
しろくまのうた……………………… 175
竜の笛…………………………………… 177
鮎吉、船吉、春吉……………………… 200
川端康成…………………………………… 229
*川端康成の人と作品について(那須辰造)…… 230
級長の探偵……………………………… 231
弟の秘密………………………………… 246
ゆくひと………………………………… 260
雨傘……………………………………… 269
夏の靴…………………………………… 272
ざくろ…………………………………… 276
朝雲……………………………………… 280
ばらの家………………………………… 300
伊豆の踊子……………………………… 309
吉田絃二郎………………………………… 335
*吉田絃二郎の人とその作品(那須辰造)…… 336
子馬は帰りぬ…………………………… 337
白い雲が飛ぶ…………………………… 349
*解説(那須辰造)……………………… 361
*読書指導(滑川道夫,黒沢浩) ……… 373
 


第7巻 小泉八雲・秋田雨雀・山村暮鳥集 1963.3.25
 
小泉八雲……………………………………… 9
*小泉八雲の人と作品について(山室静)……10
ちんちん小袴(こばかま)………………11
耳なし芳一の話……………………………18
むじな………………………………………29
おしどり……………………………………32
雪女…………………………………………34
安芸之助の夢………………………………39
はかりごと…………………………………46
約束をはたした話…………………………50
茶わんのなか………………………………55
常識…………………………………………58
果心居士……………………………………62
生神(いきがみ)…………………………71
乙吉のだるま………………………………86
人形の墓……………………………………91
日本海のほとりにて………………………96
停車場にて……………………………… 114
焼津(やいず)にて…………………… 118
秋田雨雀…………………………………… 131
*秋田雨雀の人と作品について(山室静)…… 132
つるの湯………………………………… 133
監督判事………………………………… 139
白鳥の国………………………………… 145
旅人とちょうちん……………………… 150
先生のお墓……………………………… 157
太陽と花園……………………………… 164
三人の百姓……………………………… 171
牧神と羊の群れ(童話劇)…………… 180
山村暮鳥…………………………………… 189
*山村暮鳥の人と作品について(山室静)…… 190
理想郷(りそうきよう)(ユートピア)の一事件…… 191
地獄の門………………………………… 204
酒樽の新郎(はなむこ)……………… 233
詩………………………………………… 255
日本…………………………………… 255
野ら道………………………………… 257
おなじく 野ら道 ………………… 257
おなじく 野ら道 ………………… 257
おなじく 野ら道 ………………… 258
おなじく 野ら道 ………………… 258
エロシェンコ……………………………… 259
*エロシェンコの人と作品について(山室静)…… 260
海の王女と漁師………………………… 261
鷲の心…………………………………… 278
せまい檻………………………………… 289
一本のなしの木―セルビアの話……… 306
相馬御風…………………………………… 317
*相馬御風の人と作品について(山室静)…… 318
良寛さま………………………………… 319
*解説(山室静)………………………… 369
*読書指導(久米井束,大島健二郎) … 382
 


第8巻 山本有三集 1962.3.25
 
*山本有三の人と作品について(福田清人)……10
路傍の石………………………………………11
戦争とふたりの婦人……………………… 235
はにかみやのクララ…………………… 235
ストウ夫人……………………………… 276
兄弟………………………………………… 318
ウミヒコ ヤマヒコ(一幕)…………… 323
*「雪」解説(福田清人)…………… 336
雪―Scenarioの形を借りて……………… 337
おみおつけ………………………………… 350
小人国(しようじんこく)……………… 356
*解説(福田清人)……………………… 361
*読書指導(滑川道夫,谷川澄雄) …… 377
 


第9巻 浜田広介・塚原健二郎・酒井朝彦集 1963.7.25
 
浜田広介……………………………………… 9
*浜田広介の人と作品について(関英雄)……10
むく鳥のゆめ………………………………11
みそさざい…………………………………15
魂が見にきて二度とこない話……………20
地蔵さまとはたおり虫……………………28
砂山の松……………………………………34
ますとおじいさん…………………………39
りゅうの目のなみだ………………………46
黒いきこりと白いきこり…………………55
ある島のきつね……………………………62
ひらめの目の話……………………………69
五ひきのやもり……………………………73
泣いた赤おに………………………………84
うさぎのにげかた…………………………95
第三のさら……………………………… 102
田の神のうた…………………………… 115
花と水…………………………………… 119
二つのシャツとぼけの花……………… 124
酒井朝彦…………………………………… 127
*酒井朝彦の人と作品について(関英雄)…… 128
ふるさとの門…………………………… 129
天に昇った蛍…………………………… 136
青い光の国……………………………… 143
ゆきおんば……………………………… 150
雪虫……………………………………… 158
虫のあわれさ…………………………… 162
海は鳴りどよむ………………………… 165
小出正吾…………………………………… 181
*小出正吾の人と作品について(関英雄)…… 182
さつまはやと…………………………… 183
赤道祭(さい)………………………… 189
風船虫(むし)………………………… 198
ぜっぺき………………………………… 209
塚原健二郎………………………………… 217
*塚原健二郎の人と作品について(関英雄)…… 218
風と花の輪……………………………… 219
*解説(関英雄)………………………… 355
*読書指導(久米井束,小松崎進) …… 368
 


第10巻 宮沢賢治集 1962.1.25
 
*宮沢賢治の作品について(滑川道夫)…10
雨ニモマケズ…………………………………11
オッペルと象…………………………………13
セロ弾きのゴーシュ…………………………22
注文の多い料理店……………………………40
よだかの星……………………………………49
どんぐりと山猫………………………………57
風の又三郎(異稿)…………………………67
双子(ふたご)の星……………………… 106
貝の火……………………………………… 124
グスコーブドリの伝記…………………… 147
雁の童子…………………………………… 180
やまなし…………………………………… 192
祭の晩……………………………………… 197
なめとこ山の熊…………………………… 203
銀河鉄道の夜……………………………… 213
烏の北斗七星……………………………… 271
林の底……………………………………… 278
狼森(オイノモリ)と笊森、盗森……… 286
十力(りき)の金剛石…………………… 295
北守(ほくしゆ)将軍と三人兄弟の医者…… 308
土神(どじん)と狐……………………… 323
雪渡り……………………………………… 336
鳥をとるやなぎ…………………………… 347
東岩手火山………………………………… 354
シグナルとシグナレス…………………… 361
虔十(けんじゆう)公園林……………… 377
ざしき童子(ぼつこ)のはなし………… 385
*解説(滑川道夫)……………………… 388
*読書指導(滑川道夫,野村純三) …… 400
 


第11巻 坪田譲治・千葉省三集 1962.9.25
 
坪田譲治……………………………………… 9
*坪田譲治の人と作品について(関英雄)……10
風の中の子供………………………………11
善太と三平…………………………………89
笛……………………………………………97
びわの実………………………………… 105
魔法……………………………………… 113
小川の葦………………………………… 121
かあちゃん……………………………… 127
きつね狩り……………………………… 131
どろぼう………………………………… 139
お馬……………………………………… 147
武南(たけなみ)倉造………………… 155
夢………………………………………… 184
お化けの世界…………………………… 190
合田(ごうだ)忠是(ただし)君…… 215
ペルーの話……………………………… 223
千葉省三…………………………………… 249
*千葉省三の人と作品について(関英雄)…… 250
虎ちゃんの日記………………………… 251
乗合馬車………………………………… 274
仁兵衛(にへえ)学校………………… 281
梅づけの皿……………………………… 287
鷹の巣とり……………………………… 295
峠みち…………………………………… 299
定(さだ)ちゃんの手紙……………… 303
おばあさんの話………………………… 308
おばけばなし…………………………… 312
みち……………………………………… 316
むじな…………………………………… 319
しょんべん稲荷………………………… 324
高原の春………………………………… 330
けんか…………………………………… 334
井戸……………………………………… 341
安(やす)の話………………………… 346
少年のころ……………………………… 354
機関車と月の話………………………… 363
五右衛門風(かぜ)…………………… 369
*解説(関英雄)………………………… 374
*読書指導(菅忠道,渋谷清視) ……… 388
 


第12巻 与田凖一・新美南吉・平塚武二集 1963.1.25
 
与田凖一……………………………………… 9
*与田凖一の人と作品について(古田足日)……10
五十一番めのザボン………………………12
新美南吉…………………………………… 131
*新美南吉の人と作品について(古田足日)…… 132
ごんぎつね……………………………… 133
おじいさんのランプ…………………… 141
牛をつないだつばきの木……………… 158
いぼ……………………………………… 172
鳥山鳥右衛門…………………………… 188
張紅倫(ちようこうりん)…………… 212
平塚武二…………………………………… 219
*平塚武二の人と作品について(古田足日)…… 220
馬ぬすびと……………………………… 221
風と花びら……………………………… 249
たまむしのずしの物語………………… 274
ヨコハマのサギ山……………………… 285
ヨシタカが生まれた年………………… 296
関英雄……………………………………… 307
*関英雄の人と作品について(古田足日)…… 308
北国(ほつこく)の犬………………… 309
迷鳥ものがたり………………………… 320
山の絵…………………………………… 344
ねむい星………………………………… 352
*解説(古田足日)……………………… 358
*読書指導(久米井束,斉藤英男) …… 371
 


第13巻 福田清人・那須辰造・太田博也集 1962.10.25
 
福田清人……………………………………… 9
*福田清人の人と作品(滑川道夫)……10
天平の少年…………………………………11
長良川のほとり…………………………11
奈良の大仏………………………………64
那須辰造…………………………………… 149
*那須辰造の人と作品(滑川道夫)… 150
みどりの十字架………………………… 151
太田博也…………………………………… 257
*太田博也の人と作品(滑川道夫)… 258
風(かざ)ぐるま……………………… 259
*解説(滑川道夫)……………………… 391
*読書指導(滑川道夫,黒沢浩) ……… 397
 


第14巻 竹山道雄・住井すえ・吉田甲子太郎集 1962.2.25
 
竹山道雄……………………………………… 9
*竹山道雄の人と作品について(荒正人)……10
ビルマの竪琴………………………………11
住井すえ…………………………………… 157
*住井すえの人と作品について(荒正人)…… 158
夜あけ朝あけ…………………………… 159
吉田甲子太郎……………………………… 287
*吉田甲子太郎の人と作品について(荒正人)…… 288
兄弟いとこものがたり………………… 289
ヒロシの元旦(1月) ……………… 289
ピアノと算数(2月) ……………… 298
自転車のゆめ(4月) ……………… 305
タロウのるすばん(7月) ………… 314
海で(8月) ………………………… 324
にわか雨(9月) …………………… 332
ひげのおじさん(10月)…………… 340
星とお金(11月)…………………… 348
雪の丘(12月)……………………… 358
*解説(荒正人)………………………… 367
*読書指導(滑川道夫,佐々木元一) … 382
 


第15巻 壷井栄・林芙美子集 1962.4.25
 
壷井栄………………………………………… 9
*壷井栄の人と作品について(菅忠道)……10
二十四の瞳…………………………………11
まつりご………………………………… 159
十五夜の月……………………………… 168
妙貞(みようてい)さんの萩の花…… 183
やなぎの糸……………………………… 193
小さな物語……………………………… 203
石臼の歌………………………………… 213
柿の木のある家………………………… 221
ヤッチャン……………………………… 243
坂道……………………………………… 253
矢車草…………………………………… 272
林芙美子…………………………………… 277
*林芙美子の人と作品について(菅忠道)…… 278
風琴と魚の町…………………………… 279
泣虫小僧………………………………… 301
蛙………………………………………… 357
鶴のふえ………………………………… 363
*解説(菅忠道)………………………… 368
*読書指導(滑川道夫,増村王子) …… 385
 


第16巻 石井桃子・北畠八穂・北川千代集 1962.5.25
 
石井桃子……………………………………… 9
*石井桃子の人と作品について(関英雄)……10
ノンちゃん雲に乗る………………………11
北畠八穂…………………………………… 175
*北畠八穂の人と作品について(関英雄)…… 176
ジロウ・ブーチン日記………………… 177
十二歳の半年…………………………… 287
北川千代…………………………………… 299
*北川千代の人と作品について(関英雄)…… 300
茂次(しげじ)の登校………………… 301
おかあさんを売る店…………………… 318
団体旅行………………………………… 327
あらしのあと…………………………… 333
沼のほとり……………………………… 355
*解説(関英雄)………………………… 363
*読書指導(滑川道夫,亀村五郎) …… 378
 


第17巻 下村湖人集 1961
 
*次郎物語について(永杉喜輔)…………10
少年少女の次郎物語について(下村湖人)……11
少年少女の次郎物語…………………………13
*解説(永杉喜輔)……………………… 399
*読書指導―次郎物語の読みかた(滑川道夫,黒沢浩)…… 407
 


第18巻 国分一太郎・中野重治・槙本楠郎集 1962.11.25
 
国分一太郎…………………………………… 9
*国分一太郎の人と作品について(菅忠道)……10
鉄の町の少年………………………………11
中野重治…………………………………… 183
*中野重治の人と作品について(菅忠道)…… 184
おじさんの話…………………………… 185
鉄の話―なわをだれの首にかけるか… 208
徳永直……………………………………… 223
*徳永直の人と作品について(菅忠道)…… 224
最初の記憶……………………………… 225
泣かなかった弱虫……………………… 243
槙本楠郎…………………………………… 251
*槙本楠郎の人と作品について(菅忠道)…… 252
掃除当番………………………………… 253
先生と生徒……………………………… 260
原っぱの子供会………………………… 268
母の日…………………………………… 276
ぼんおどりの夜………………………… 283
猪野省三…………………………………… 291
*猪野省三の人と作品について(菅忠道)…… 292
希望の百円さつ………………………… 293
テングの庭……………………………… 315
川崎大治…………………………………… 327
*川崎大治の人と作品について(菅忠道)…… 328
川をわたる歌声………………………… 329
夕焼の雲の下…………………………… 339
雪山の煙の下に………………………… 351
*解説(菅忠道)………………………… 373
*読書指導(菅忠道,品川緑郎) ……… 390
 


第19巻 石森延男集 1963.6.25
 
*石森延男の人と作品について(村松定孝)…… 6
コタンの口笛………………………………… 7
*解説(村松定孝)……………………… 377
*読書指導(滑川道夫,野村純三) …… 385
 


第20巻 佐藤暁・山中恒・いぬいとみこ集 1963.4.25
 
佐藤暁………………………………………… 5
*佐藤暁の人と作品について(鳥越信)…… 6
だれも知らない小さな国………………… 7
山中恒……………………………………… 131
*山中恒の人と作品について(鳥越信)…… 132
サムライの子…………………………… 133
いぬいとみこ……………………………… 261
*いぬいとみこの人と作品について(鳥越信)…… 262
木かげの家の小人(こびと)たち…… 263
物語の前に…………………………… 263
*解説(鳥越信)………………………… 411
*読書指導(滑川道夫,増村王子) …… 416
 


第21巻 現代日本文学名作集 1963.5.25 菅忠道著者代表
 
第1部 ………………………………………… 9
*第1部の作家と作品について(菅忠道)……10
樋口一葉
たけくらべ(菅忠道訳編)……11
横光利一
面……………………………45
佐多稲子
キャラメル工場から………50
堀辰雄
「幼年時代」から…………63
無花果(いちじく)のある家……63
あかままの花………………68
入道雲………………………77
太宰治
千代女(ちよじよ)………86
島木健作
赤がえる………………… 101
尾崎一雄
虫のいろいろ…………… 111
田宮虎彦
幼女の声………………… 123
畔柳二美
花の歳月………………… 142
井上靖
晩夏……………………… 153
戸川幸夫
くまいぬ物語…………… 166
第2部 ……………………………………… 195
*第2部の作家と作品について(菅忠道)…… 196
岩倉政治
空気がなくなる日……… 197
伊藤整
学芸会…………………… 205
外村繁
山の小僧………………… 218
幸田文
あか……………………… 229
伊藤永之介
くまの出る村…………… 238
小山勝清
「牛使いの少年」から… 271
野性のめざめ…………… 271
たたかう一番うし……… 284
江口渙
鶴………………………… 296
藤森成吉
かがみ犬………………… 304
火野葦平
人形と兵隊……………… 314
阿部知二
おまわりさんと少年…… 331
飯沢匡
子どもおとな…………… 340
*解説(菅忠道)………………………… 358
*読書指導(久米井束,斉藤英男) …… 369
 


第22巻 現代日本童話名作集 1963.9.25 松谷みよ子著者代表
 
第1部 ………………………………………… 9
*松谷みよ子の人と作品について(関英雄)……10
松谷みよ子
竜の子太郎…………………11
その1 竜の子太郎とあや…11
その2 おかあさんをたずねて……50
第2部 …………………………………………81
*短編集の作家と作品について(関英雄)……82
伊藤貴麿
竜(りゆう)………………83
青木茂
三太花荻先生の野球………86
三太うなぎ騒動………… 100
大木雄二
ぶっこわし……………… 119
奈街三郎
青と黒と赤……………… 126
狼タブウ………………… 133
夜の木馬………………… 140
佐藤義美
三日月(みかづき)にぶらさがった男の話…… 154
大波の日………………… 163
王さまの子どもになってあげる…… 173
椋鳩十
片耳の大鹿……………… 181
暗い土の中でおこなわれたこと…… 190
土家由岐雄
犬ねこ病院うら………… 196
宮脇紀雄
山かげの石……………… 207
二反長半
青桐温泉………………… 216
久保喬
時計の中にばくがいる… 223
車がわらう……………… 232
小野忠孝
馬つなぎ石……………… 244
岡本良雄
八号館…………………… 251
ラクダイ横町…………… 260
花岡大学
きつねの世界…………… 269
かたすみの満月………… 277
大蔵宏之
新しい富士……………… 286
筒井敬介
コルプス先生汽車へのる…… 296
北風は芽を……………… 307
前川康男
原始林あらし…………… 317
大石真
風信器…………………… 331
宮口しづえ
夜汽車のうた…………… 344
杉みき子
かくまきの歌…………… 356
*解説(関英雄)………………………… 371
*読書指導(菅忠道,渋谷清視) ……… 385
 


第23巻 現代日本ノンフィクション名作集 1963.8.25 吉野源三郎著者代表
 
第1部 ………………………………………… 9
*「第1部」に集めた作品について(山室静)……10
吉野源三郎
君たちはどう生きるか(全)……11
槙有恒
ピッケルの思い出……… 154
わらじ、きゃはんの山のぼり…… 154
グリンデルワルト村にて…… 161
かなしみの立山(たてやま)…… 167
ふたたびマッターホルンへ…… 173
榊原紫峰
絵をかく人に…………… 178
内村鑑三
デンマルク国の話―信仰と樹木とをもって国を救いし話…… 188
第2部 ……………………………………… 201
*「第2部」に集めた作品について(山室静)…… 202
寺田寅彦
どんぐり………………… 203
新星……………………… 210
はち……………………… 215
安倍能成
新聞配達………………… 220
京城(けいじよう)の六月…… 227
金田一京助
近文(ちかぶみ)の一夜…… 233
心の小道………………… 239
吉江喬松
山国の女性……………… 245
夜鳴く鳥………………… 250
中西悟堂
赤城(あかぎ)の組曲(抄)…… 253
内田亨
虫のけんか……………… 268
ねこの目………………… 277
坂本直行
山 原野 牧場………… 281
第3部 ……………………………………… 295
*「第3部」に集めた作品について(山室静)…… 296
森田たま
家庭日記………………… 297
俳句小品………………… 304
三月……………………… 304
小堀杏奴
母への手紙……………… 308
子供と読書……………… 317
相馬黒光
明治女学校の思い出…… 323
*解説(山室静)………………………… 333
*読書指導(滑川道夫,飛田文雄) …… 349
 


第24巻 現代日本詩歌名作集 1963.10.25 与田凖一著者代表
 
第1部 詩編 ………………………………… 9
*現代詩について(与田準一)…………10
島崎藤村
小諸なる古城のほとり……11
初恋…………………………11
潮音(ちようおん)………12
やしの実……………………13
労働雑詠……………………14
その1 朝……………………14
土井晩翠
荒城の月……………………16
星と花………………………17
河井酔茗
山の歓喜……………………17
新しいことば………………18
横瀬夜雨
お才…………………………19
薄田泣菫
ろばとぶた…………………21
さるの食いにげ……………21
与謝野晶子
きみ死にたもうことなかれ……22
蒲原有明
牡蛎の殻……………………23
北原白秋
おとなとならばいかにせん……24
あかきりんご………………25
お祭り………………………25
城(じよう)が島の雨……27
バラ二曲……………………27
からまつ……………………28
草にねて……………………30
からたちの花………………30
この道………………………31
さざなみは…………………31
月とくるみ…………………32
帰去来………………………33
三木露風
ふるさとの…………………33
とけいの音…………………34
真珠島(しま)……………34
赤とんぼ……………………35
石川啄木
飛行機………………………36
こぶし………………………36
川路柳虹
日本のあけぼの……………37
高村光太郎
道程…………………………39
うし…………………………39
氷上戯技……………………43
ぼろぼろなだちょう………43
野口米次郎
富士山へ登って……………44
千家元麿
はくちょうの悲しみ………45
かり…………………………47
福士幸次郎
じぶんは太陽の子である…48
鍛冶屋のぽかんさん………49
武者小路実篤
どこまでも生きよ…………49
ふえをふく男………………50
おれの空想…………………50
山村暮鳥
万物節………………………52
老漁夫の詩(し)…………53
風景…………………………54
春の川………………………55
雲……………………………55
おなじく 雲 ……………56
室生犀星
小景異情 その二…………56
上野ステエション…………56
うま…………………………57
あゆのかげ…………………58
萩原朔太郎
たけ…………………………59
郵便局………………………59
商業…………………………61
中学の校庭…………………62
百田宗治
夕やけの雲の下に…………62
みそしる……………………63
雪詩集………………………63
佐藤惣之助
船乗りの母…………………65
小さい灯(ひ)……………66
尾崎喜八
高層雲の下…………………67
いなかの夕ぐれ……………68
甲斐の秋の夜………………70
西条八十
書物…………………………71
雪の夜がたり………………72
謀叛(むほん)……………73
カナリヤ……………………73
たそがれ……………………74
おかしの家…………………74
川べの夕ぐれ………………75
からすの手紙………………76
こおろぎ……………………76
あり…………………………77
おもちゃの船………………77
雪の手紙……………………78
野口雨情
豊作歌(うた)……………79
さんしょの木………………79
もろこし畑…………………80
帰るがん……………………80
七つの子……………………81
牛舎(うしや)の子うし…82
佐藤春夫
少年の日……………………82
夕星(ゆうずつ)を見て…83
海のわかもの………………83
なぎさのちょう(大磯海岸所見口吟)……84
堀口大学
海の風景……………………85
海水浴………………………85
雪……………………………86
小学生………………………87
毛虫…………………………87
深尾須磨子
春……………………………87
川……………………………88
たこ…………………………88
愛……………………………89
永遠(えいえん)の母……90
大木惇夫
風、光、木(こ)の葉……90
麦畑…………………………91
ふるさと……………………91
母のこえ……………………92
野のひつじ…………………92
遠い母に……………………93
草の実………………………93
吉田一穂
旅愁…………………………93
薔薇(そうび)……………94
少年…………………………94
あしたのうた………………95
むらのいずみ………………96
ツバメノス…………………96
八木重吉
雲……………………………97
草にすわる…………………98
秋……………………………98
くだもの……………………98
虫……………………………98
素朴な琴……………………99
雨……………………………99
宮沢賢治
岩手山………………………99
高原…………………………99
永訣(えいけつ)の朝… 100
雨ニモマケズ…………… 101
金子光晴
五つの湖………………… 102
落下傘…………………… 104
サトウハチロー
もちざおの歌…………… 106
くるみ…………………… 107
秋の夜…………………… 107
もずよ泣くな…………… 108
高橋新吉
じぶん…………………… 109
父………………………… 109
日………………………… 109
水………………………… 109
ことば…………………… 110
中野重治
しらなみ………………… 111
波………………………… 111
豪傑(ごうけつ)……… 111
きかん車………………… 112
壷井繁治
種まきの歌……………… 114
あいさつ………………… 114
鉄びんのうた…………… 115
小野十三郎
吉野のしだ……………… 115
大怪魚…………………… 116
中原中也
おいたちの歌…………… 116
北の海…………………… 118
正午……………………… 118
草野心平
春の歌…………………… 119
へび祭り行進…………… 119
かっぱとかえる………… 120
三好達治
雪………………………… 122
しか……………………… 122
土………………………… 122
本………………………… 122
チューリップ…………… 123
夕だちのとおりすぎた… 123
丸山薫
夕ぐれ…………………… 124
汽車に乗って…………… 124
雪の幸福(こうふく)… 125
雪がつもる……………… 125
山の村…………………… 126
唱歌……………………… 127
せみ……………………… 127
田中冬二
くずの花………………… 128
みぞれのする小さな町… 128
きり……………………… 129
雨………………………… 129
母………………………… 129
さみだれ………………… 130
立原道造
やぎに寄せて…………… 130
ひとり林に……………… 130
草にねて………………… 131
津村信夫
戸隠びと………………… 132
冬の夜道………………… 132
西脇順三郎
天気……………………… 133
カプリの牧人(ぼくじん)…… 133
灯台へゆく道…………… 133
北川冬彦
春………………………… 135
落雷……………………… 135
ラッシュ=アワー……… 136
楽器……………………… 136
むすこといぬ…………… 136
村野四郎
鉄棒……………………… 137
飛びこみ………………… 137
花………………………… 138
花を持った人…………… 139
夕だち…………………… 139
竹中郁
テニス…………………… 140
春の朝…………………… 140
あり……………………… 140
遠足……………………… 140
奈良閑日(かんじつ)… 141
つばめ…………………… 142
近藤東
青銅の裸形(らぎよう)…… 144
初秋の昼さがり………… 144
花ハドコヘ……………… 145
雪と石…………………… 146
薮田義雄
幼時……………………… 147
お祭り…………………… 148
日本海流………………… 148
ひげ……………………… 150
平木二六
雪の声…………………… 151
月光(がつこう)菩薩(ぼさつ)…… 151
九月二十四日午後のこと…… 152
都築益世
湖水の魚(うお)……… 153
古風なランプ…………… 153
しらない人……………… 154
蔵原伸二郎
やもり…………………… 154
小さな種………………… 155
じゅもん………………… 155
笹沢美明
青園村(あおぞのむら)…… 156
生涯……………………… 157
神保光太郎
がきめら集……………… 158
帰航……………………… 160
雲………………………… 160
南方少女………………… 162
山之口獏
天………………………… 162
郵便屋さん……………… 163
野長瀬正夫
おかあさん……………… 163
病気……………………… 164
菜畑(なばたけ)……… 164
海を見にいく…………… 165
ぼくの家だけあかりがともらない…… 166
巽聖歌
放牧のあと……………… 167
こっそりした仕事……… 168
せみを鳴かせて………… 169
青函(せいかん)連絡船にて…… 170
こぶし…………………… 171
野ぜり…………………… 171
風………………………… 172
法律……………………… 173
コロボックル…………… 174
佐藤義美
都会の野原……………… 174
ともだちシンフォニー… 175
みどりの木……………… 177
母へのはがき…………… 180
月の中…………………… 180
お月夜(つきよ)……… 181
伊東静雄
ひばり…………………… 181
子どもの絵……………… 182
安藤一郎
四季の水………………… 183
ぶどう作り……………… 184
阪本越郎
雷雨通過………………… 184
文章……………………… 185
みかん…………………… 185
花ふぶき………………… 185
とうげ…………………… 186
海………………………… 187
江間章子
インドの少女…………… 188
運送屋…………………… 189
トラピストで見た冬ばらについて…… 189
山本和夫
山上のキアゲハ………… 190
新しい日………………… 190
湖畔の日………………… 191
トンビよ、しあわせ、持ってこうい!…… 192
坂本遼
おかん腹(はら)おさえてくれ…… 193
春………………………… 193
竹内てるよ
うま……………………… 194
わたくし………………… 194
秋きたる………………… 195
大江満雄
花………………………… 196
灯台……………………… 197
藤原定
わたしは今夜もおまえたちを思い出す…… 197
なわとびする少女……… 198
山室静
朝………………………… 199
庭すみ…………………… 200
与田凖一
ゆかいな おんがくかと やさいたち…… 200
えんとつそうじ………… 201
とおってよいもの……… 201
こくばんふき…………… 202
物置きべや……………… 203
やぎとおさら…………… 203
ひかりの水……………… 204
四ばんめの板…………… 205
少年の歯………………… 205
海のこころ……………… 206
空がある………………… 207
川は流れている………… 208
実(み)死なず………… 209
ポプラ星(ぼし)……… 210
大木実
ならのわか葉…………… 212
清水(しみず)あふれるところ…… 213
あらしのあと…………… 213
初節句(はつぜつく)… 214
兄弟……………………… 214
柴野民三
秋………………………… 215
虫………………………… 216
ゆり……………………… 216
ピーターとハンスはお友だち…… 217
葬式……………………… 217
弟………………………… 218
春風……………………… 218
江口榛一
先生……………………… 219
矢がすりのきもの……… 220
地球はさっき生まれたばかりだ…… 221
小林純一
銀の触角(しよつかく)…… 222
牛乳と赤いばら………… 223
すずめの大群…………… 224
もんく…………………… 225
そうだとばっかり……… 226
どうも へんだな……… 226
広い道…………………… 227
ぼんの十三日…………… 228
まどみちお
たまねぎ………………… 228
いぬがあるく…………… 229
おもちゃの部分品(抄)…… 230
1 どうぶつ……………… 230
2 しょくぶつ…………… 233
水上不二
いずみと少年…………… 234
こがねのびょう………… 235
清水たみ子
ふんすい………………… 235
吉田瑞穂
水の中の世界…………… 237
海底列車………………… 238
ふぐのうた……………… 239
藤田圭雄
しずかな地面…………… 240
地球の上に……………… 241
地球の病気に…………… 242
野口英世の歌…………… 243
国分一太郎
さようなら……………… 244
むねのどきどきとくちびるのふるえと…… 245
耳をうごかすれんしゅう…… 247
辻田東造
わらわれたって いいのです…… 248
あさまがふきだしたとき…… 249
うしの子ができたら…… 251
山本太郎
はは……………………… 252
手術室にて……………… 253
谷川俊太郎
成長……………………… 253
二十億光年の孤独……… 254
男の子のマーチ………… 255
ひみつ…………………… 256
山田今次
貨車……………………… 257
あめ……………………… 258
原田直友
花の名…………………… 258
すいっちょのうた……… 259
足音……………………… 260
かぼちゃのつるが……… 260
あかんぼう……………… 261
夜ふけのできごと……… 262
高橋忠治
えんがわ………………… 262
あんずの花と牛車(うしぐるま)…… 263
とぼとぼと歩きたい町… 264
和田徹三
しあわせなみつばちたち…… 267
秋………………………… 267
小島秀一
けんび鏡の下で………… 268
就職の日………………… 269
峠三吉
墓標……………………… 269
三井ふたばこ
ふしぎな宿題…………… 274
春嵐(しゆんらん)…… 274
高田敏子
しあわせ………………… 275
むぎわらぼうし………… 276
子もりうた……………… 276
新川和江
野のまつり……………… 277
0チャンネル …………… 278
羽曽部忠
雪のくる日……………… 279
あんとき………………… 280
渡辺ひろし
知里真志保(ちりましお)先生…… 281
山下清三
おばあさんは こうして文字をおぼえた…… 284
おれは字を五俵ならったんだ…… 285
万足卓
冬の花…………………… 286
波の音…………………… 289
西原茂
いちばん星……………… 289
七月……………………… 290
第2部 短歌編 …………………………… 291
*現代短歌について(木俣修)……… 292
与謝野晶子
短歌 12首…………… 293
伊藤左千夫
短歌 12首…………… 294
長塚節
短歌 12首…………… 295
若山牧水
短歌 12首…………… 296
前田夕暮
短歌 12首…………… 297
北原白秋
短歌 12首…………… 298
窪田空穂
短歌 12首…………… 299
石川啄木
短歌 12首…………… 300
土岐善麿
短歌 12首…………… 301
島木赤彦
短歌 12首…………… 302
斉藤茂吉
短歌 12首…………… 303
中村憲吉
短歌 12首…………… 304
古泉千樫
短歌 12首…………… 305
土屋文明
短歌 12首…………… 306
木下利玄
短歌 12首…………… 307
釈迢空
短歌 12首…………… 308
松村英一
短歌 12首…………… 309
木俣修
短歌 12首…………… 310
佐藤佐太郎
短歌 12首…………… 311
宮柊二
短歌 12首…………… 312
第3部 俳句編 …………………………… 313
*現代俳句について(木俣修)……… 314
高浜虚子
俳句 16句…………… 315
村上鬼城
俳句 16句…………… 316
渡辺水巴
俳句 16句…………… 317
飯田蛇笏
俳句 16句…………… 318
原石鼎
俳句 16句…………… 319
前田普羅
俳句 16句…………… 320
水原秋桜子
俳句 16句…………… 321
山口誓子
俳句 16句…………… 322
山口青邨
俳句 16句…………… 323
富安風生
俳句 16句…………… 324
日野草城
俳句 16句…………… 325
栗林一石路
俳句 16句…………… 326
西東三鬼
俳句 16句…………… 327
川端茅舎
俳句 16句…………… 328
松本たかし
俳句 16句…………… 329
中村汀女
俳句 16句…………… 330
中村草田男
俳句 16句…………… 331
秋元不死男
俳句 16句…………… 332
加藤楸邨
俳句 16句…………… 333
石田波郷
俳句 16句…………… 334
*注………………………………………… 335
*詩編…………………………………… 335
*短歌編………………………………… 340
*俳句編………………………………… 342
*解説(与田凖一)……………………… 344
*短歌、俳句の味わい方(木俣修)…… 356
*作者略歴………………………………… 365
[ 2013/05/01 00:00 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール
本サイトでは管理人が趣味で作成したデータベースを公開しています。著作権等の知的財産権を侵害する意図はありません。ご要望のある方はお知らせください。速やかに対応致します。なお、データの無断複製・転載はお断りしています。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。