研究余録 ~全集目次総覧~ TOP  >  スポンサー広告 >  未分類 >  『新選日本児童文学』全3巻

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『新選日本児童文学』全3巻

『新選日本児童文学』全3巻(小峰書店、1959.3~1959.5、小川未明,佐藤春夫,坪田譲治監修,千葉省三,与田凖一,滑川道夫,藤田圭雄,奈街三郎,瀬田貞二,鳥越信編)
※日本児童文学集成第二期



第1巻 大正編 1959.3.10
 
*まえがき(千葉省三)…………………… 3
童話の部………………………………………13
良友…………………………………………15
浜田広介
むく鳥の夢…………………15
花びらの旅…………………19
水谷まさる
ぶら先生……………………23
吉屋信子
湖のあし……………………27
千葉省三
チックタック………………31
おとぎの世界………………………………34
小川未明
牛女…………………………34
上司小剣
豚のばけもの………………40
与謝野晶子
わからないこと……………44
武者小路実篤
小学生ときつね……………50
中村星湖
裾野の玄白…………………54
金の船・金の星……………………………63
沖野岩三郎
ばか七………………………63
志賀直哉
菜の花と小娘………………69
小山内薫
自動車のステッキ…………73
青木茂
やせ牛………………………78
吉田絃二郎
清坊と三吉…………………83
後藤末雄
花火…………………………87
西条八十
六さんと九官鳥……………94
楠山正雄
夢殿……………………… 100
島崎藤村
山家(やまが)の話…… 107
屋根の石と水車………… 107
生徒さん、こんにちは… 107
きつねの身の上話……… 108
豊島与志雄
山のおじいさん………… 110
水谷まさる
ある手品師の話………… 117
童話……………………………………… 123
田山花袋
島の話…………………… 123
木下杢太郎
崑崙山…………………… 130
小川未明
港に着いた黒んぼの話… 138
佐藤春夫
いなごの大旅行………… 147
吉江孤雁
おそろしかったパリの話…… 152
原田謙次
烏舞(からすまい)…… 158
千葉省三
五右衛門風(ごえもんかぜ)…… 169
有島武郎
ぼくのぼうしのお話…… 174
福士幸次郎
厄病船(やくびようぶね)…… 182
北村寿夫
いなか物語……………… 192
土田耕平
天童……………………… 219
相馬泰三
甚兵衛さんとフラスコ… 222
千葉省三
虎ちゃんの日記………… 228
梅づけのおさら………… 250
立石美和
根来(ねごろ)先生の思い出…… 257
童謡の部…………………………………… 291
小川未明
海と太陽………………… 293
三木露風
真珠島(しんじゆしま)…… 293
浜田広介
しじゅうから…………… 294
野口雨情
しゃぼん玉……………… 295
四丁目の犬……………… 295
三木露風
すみれ…………………… 296
清水かつら
叱られて………………… 296
茅野雅子
しゃぼんだま…………… 297
野口雨情
もろこし畑……………… 297
西条八十
お菓子の汽車…………… 298
清水かつら
あした…………………… 298
三木露風
正午……………………… 299
若山牧水
はだか…………………… 299
野口雨情
山椒(さんしよ)の木… 300
十五夜お月さん………… 300
山村暮鳥
たんぼにて……………… 301
島木赤彦
山の茂作(もさく)…… 301
野口雨情
七つの子………………… 302
三木露風
赤とんぼ………………… 302
北原白秋
ゆりかごのうた………… 303
野口雨情
赤い靴…………………… 303
青い目の人形…………… 304
百田宗治
朝寒(あささむ)……… 305
西条八十
九人の黒んぼ…………… 305
相馬御風
船の灯(ひ)…………… 306
北原白秋
砂山……………………… 307
かやの木山の…………… 307
浜田広介
みぞれ…………………… 308
伊藤真蒼
袋………………………… 308
島木赤彦
庭風呂…………………… 309
百田宗治
どこかで春が…………… 309
島木赤彦
どんぐり………………… 310
西条八十
村の英雄………………… 310
肩たたき………………… 311
島木赤彦
法螺(ほら)の貝……… 311
島田忠夫
鹿………………………… 312
島木赤彦
葱坊主…………………… 313
西条八十
ある夜…………………… 315
野口雨情
証城寺のたぬきばやし… 315
サトウハチロー
イエス・キリスト……… 316
野口雨情
雨降りお月さん………… 316
北原白秋
かえろかえろと………… 317
アメフリ………………… 318
*付録……………………………………… 319
*大正期の児童文学(関英雄)……… 321
*童心主義の諸問題(古田足日)…… 332
*大正期の童謡とその周囲(巽聖歌)…… 341
*「金の船」「金の星」の思い出話(斎藤佐次郎)…… 349
*「こども雑誌」について(大木雄二)…… 352
*あのころのこと(千葉省三)……… 355
*童画の思い出(川上四郎)………… 358
*「金の船」創刊の辞………………… 362
*「金の船」改題について…………… 363
*みなさまに(「童話」創刊の辞)… 365
*解説(鳥越信)……………………… 366
*「金の船」「金の星」総目次(その一)…… 372
*「童話」総目次……………………… 391
 


第2巻 昭和編 1959.5.25
 
*まえがき(奈街三郎)…………………… 3
童話の部………………………………………13
童話文学・児童文学………………………15
千葉省三
乗合馬車……………………15
井戸…………………………22
水谷まさる
観兵式………………………26
青木茂
ひぐまの目の玉……………31
酒井朝彦
ふすべ岩の話………………34
少年戦旗……………………………………44
鹿地亘
総督様のお通り……………44
片岡鉄兵
源さんとなみ子……………46
小林多喜二
健坊の作文…………………50
宮本百合子
ペーチャの話………………53
お話の木……………………………………57
北川千代
汽車のばあの話……………57
槙本楠郎
母の日………………………62
下村千秋
幸吉とジロー………………70
日本の子供…………………………………77
川崎大治
太陽をかこむ子どもたち…77
秋田雨雀
ネプタ祭り…………………93
奈街三郎
青と黒と赤…………………96
尾崎一雄
踏切り番の話…………… 103
新児童文化……………………………… 108
火野葦平
天にのぼる話…………… 108
関英雄
北国(ほつこく)の犬… 114
坪田譲治
谷間の池………………… 122
新美南吉
うそ……………………… 132
少国民文化……………………………… 149
塚原健二郎
つばめの村……………… 149
新美南吉
耳………………………… 159
牛をつないだ椿の木…… 168
少年倶楽部……………………………… 182
下畑卓
肩………………………… 182
椋鳩十
栗野岳(くりのだけ)の主…… 191
吉田甲子太郎
ふぶき…………………… 199
少女の友………………………………… 211
室生犀星
人界魚界………………… 211
徳永直
小さい記憶……………… 221
壷井栄
お留守番………………… 233
太宰治
雪の夜の話……………… 241
その他の雑誌…………………………… 248
横光利一
面………………………… 248
宮沢賢治
北守将軍と三人兄弟の医者…… 253
岡本良雄
朝顔作りの英作………… 267
下畑卓
三十五人の小学生……… 275
大河原三郎右衛門(おおかわらさぶろうえもん)… 286
童謡・詩の部……………………………… 291
北原白秋
世界の子供……………… 293
後藤楢根
思ったこと……………… 293
西条八十
鞠と殿さま……………… 294
松山文雄
廃兵……………………… 295
岡一太
ビラ刷り………………… 295
槙本楠郎
小さい同志……………… 296
藤井樹郎
東京……………………… 296
周郷博
アパートの子どもたち… 297
川崎大治
おいらの腕……………… 298
サトウハチロー
赤牛(あか)病む……… 298
木馬……………………… 299
柴野民三
虫………………………… 299
佐藤義美
小母さまと菊…………… 300
ぼくのゆめ……………… 300
小林純一
この手で………………… 301
巽聖歌
法律……………………… 302
与田凖一
父と兄…………………… 302
北原白秋
すずしい夏……………… 303
十六ミリ………………… 304
まどみちお
布袋戯…………………… 304
巽聖歌
こどものかみさま……… 305
加藤輝男
戦地えはがき…………… 307
与田凖一
ものおきべや…………… 307
森たかみち
鴉(からす)のノート… 308
滝口修造
カイガラ………………… 309
巽聖歌
ボクハ技師……………… 309
与田凖一
希望……………………… 310
古論不子
からっぽの船…………… 311
茶木滋
馬………………………… 311
百田宗治
支那のともだちへ……… 312
与田凖一
山羊とお皿……………… 313
巽聖歌
たきび…………………… 313
近藤東
マンシュウの蝶々……… 314
巽聖歌
こっそりした仕事……… 315
阪本越郎
むぎのめ………………… 316
佐藤義美
お母さん………………… 316
野長瀬正夫
病気……………………… 318
百田宗治
オ米……………………… 319
清水たみ子
代用食…………………… 319
丸山薫
手………………………… 320
与田凖一
父母のこえ……………… 320
*付録……………………………………… 323
*昭和期児童文学とその背景(菅忠道)…… 325
*プロレタリア児童文学―それへの一視点(国分一太郎)…… 335
*戦中児童文学の二、三の問題(鳥越信)…… 342
*童謡から少国民詩へ(与田凖一)… 349
*「童話文学」「児童文学」の思い出(酒井朝彦)…… 354
*「少年戦旗」の思い出(猪野省三)…… 359
*「お話の木」が倒れるまで(奈街三郎)…… 362
*「日本の子供」創刊始末記(太田博也)…… 364
*「ルーペ」よろめき記(熊谷宏)… 368
*戦争前後の童画(中尾彰)………… 371
*「お話の木」を主宰するに当りて宣言す(小川未明)…… 375
*解説(鳥越信)……………………… 377
*「金の星」総目次(その二)……… 381
*「童話文学」「児童文学」総目次… 389
*「少年戦旗」総目次………………… 400
*「お話の木」総目次………………… 403
*「児童文学」(文教書院版)総目次…… 406
 


第3巻 現代編 1959.4.10
 
*まえがき(藤田圭雄)…………………… 3
童話の部………………………………………13
赤とんぼ……………………………………15
林芙美子
鶴の笛………………………15
青木茂
かっぱの三太………………20
関英雄
お化けものがたり…………28
岡本良雄
ディオゲネースの家………43
塚原健二郎
たらい………………………56
銀河…………………………………………68
北畠八穂
十二才の半年………………68
椋鳩十
暗い土の中でおこなわれたこと……78
室生犀星
ふたりのおばさん…………84
平塚武二
ヨコハマのサギ山…………91
北川千代
小さいあらし…………… 101
少年少女………………………………… 114
石井桃子
トムの教育……………… 114
幸田文
あか……………………… 126
余寧金之助
郵便机…………………… 135
加藤道夫
まねし小僧……………… 151
壷井栄
坂道……………………… 162
猪野省三
テングの庭……………… 178
子供の広場……………………………… 189
藤森成吉
ピオの話………………… 189
岩倉政治
空気がなくなる日……… 196
筒井敬介
コルプス先生汽車へのる…… 204
童話教室………………………………… 215
宮口しづえ
塩川先生………………… 215
渋川驍
磁石……………………… 217
外村繁
山の小僧………………… 226
火野葦平
風に散る手……………… 236
その他の雑誌…………………………… 248
坪田譲治
犬と友達………………… 248
佐々木望
ザイツェフ夫人の音楽会…… 257
国分一太郎
誰かローマ字!………… 272
佐藤義美
どうぶつえんから にげた さる…… 282
与田凖一
ゴム長ちがい…………… 288
童謡・詩の部…………………………… 295
サトウハチロー
母さんのウタ…………… 297
ふじたたまお
象の子…………………… 297
田中冬二
雪の日…………………… 298
巽聖歌
つばきの頃……………… 298
サトウハチロー
春の教会堂……………… 299
長崎源之助
クワとシャベル………… 299
村野四郎
夕だち…………………… 300
小林純一
いつもリヤカーひいてく子…… 301
与田凖一
くるみ…………………… 302
福井研介
レールとレールが……… 302
柴野民三
ゆきのみち……………… 305
国分一太郎
胸のどきどきとくちびるのふるえと…… 306
与田凖一
少女とえんぴつ………… 307
小林純一
つゆどき………………… 308
ふじたたまお
兎の角…………………… 308
中島千鶴
風の夜…………………… 309
大木実
娘………………………… 310
伊藤海彦
山の月夜………………… 311
さとうよしみ
かなかなぜみ…………… 311
サトウハチロー
雨がしずかに…………… 312
ふしぎだな……………… 313
中勘助
山がつとはしばみ……… 313
まどみちお
たまねぎ………………… 315
水上不二
ヒバリの報告…………… 316
さとうよしみ
ほしのうた……………… 317
吉田一穂
あしたのうた…………… 317
サトウハチロー
裏山小山………………… 318
野上彰
いろりばた……………… 318
サトウハチロー
烏とトランプ…………… 319
叱られ坊主……………… 320
ふじたたまお
つる……………………… 321
*付録……………………………………… 323
*戦後の児童文学(瀬田貞二)……… 325
*戦後の童謡(藤田圭雄)…………… 334
*座談会 児童文学の流れ(滑川道夫,藤田圭雄,千葉省三,瀬田貞二,与田凖一,奈街三郎,(司会)鳥越信) …… 337
*「広場」の創刊から廃刊まで(来栖良夫)…… 353
*「童話教室」の思い出(加藤昌義)…… 356
*闇にかくれた「銀河」(石川光男)…… 357
*「赤とんぼ」の創刊から「少年少女」の廃刊まで(藤田圭雄)…… 360
*「赤とんぼ」創刊のことば(大仏次郎,川端康成,岸田国士,豊島与志雄,野上弥生子)…… 365
*創刊のことば………………………… 365
*「子供の広場」…………………… 365
*「童話教室」創刊のことば(坪田譲治)…… 365
*解説(瀬田貞二)…………………… 367
*「赤とんぼ」総目次………………… 372
*「銀河」総目次……………………… 376
*「少年少女」総目次………………… 381
*「子供の広場」総目次……………… 390
*「童話教室」総目次………………… 395
*「子どもの村」総目次……………… 398
[ 2012/03/15 00:00 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール
本サイトでは管理人が趣味で作成したデータベースを公開しています。著作権等の知的財産権を侵害する意図はありません。ご要望のある方はお知らせください。速やかに対応致します。なお、データの無断複製・転載はお断りしています。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。