研究余録 ~全集目次総覧~ TOP  >  スポンサー広告 >   >  石川理紀之助 >  『石川翁講演全集』全1巻

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『石川翁講演全集』全1巻

『石川翁講演全集』全1巻(石川翁遺書刊行会、1918)
*尚庵叢書第1編


1918.9.1

自ら知れりとするは未だ知らざる也………1
時機を失する勿れ……………………………3
経済は俯仰天地の徳に応ず…………………5
我が心を知るものは独り前田君あるのみ…8
救荒要訣四篇…………………………………8
善行談の奨励…………………………………26
予算を立てよ…………………………………27
候庵の一則……………………………………28
急就論…………………………………………29
名聞を棄てて実用に就けよ…………………32
学問の要諦は心に在り………………………33
干田策について………………………………39
愚公の山を学べよ……………………………40
守の文字大切なり……………………………42
習静の効用……………………………………43
正師に就き正書を読め………………………44
万の事善意に解釈すべし……………………45
一人前の人……………………………………46
来時を待つべからず…………………………46
人爵に属する勿れ……………………………47
急がば落付くべし……………………………48
多言すべからず………………………………49
和歌の徳………………………………………50
鬼にも宿を貸すの心あるべし………………51
松の喩…………………………………………53
経済の先蹤を見るべし………………………54
秩序は克く身を養ふ…………………………55
順逆の理を知るべし…………………………56
「より」の日より従事すべし………………58
建碑の愚………………………………………58
知識は多きを嫌はず…………………………59
人材の配備につきて品川子爵の請ひを斥く…60
謙譲して実効に就くべし……………………64
品評会は華美を要せず………………………64
勤むるものは必ず栄え行くべし……………67
日課の功………………………………………69
家倉を充たすは女房の心掛け次第也………72
心の不具を如何にせん………………………72
教育の要は得手を助長するに在り…………73
機会を失ふこと勿れ…………………………74
書籍を尊貴する方法…………………………75
我れは天道様の使徒なり……………………76
見習生を送る辞………………………………78
愛に溺るるの罪………………………………80
迷へるものは繋げる犬の如し………………81
専門の功を悟るべし…………………………83
蟲害を予防する法……………………………88
農家自ら増税の禍を招ぐ……………………89
至尊は只遠きより仰ぎ奉るべし……………90
時世に執着すべからず………………………91
良木は節あるべからず………………………92
世に完全なるものなし………………………95
永年馴れたる事業を守るべし………………97
読書は熟読するにあり………………………98
最も便利にして必要なる方法に就くべし…100
馭の字を守るべし……………………………100
人を批評するは宜しからず…………………102
予は自ら安心すべき道に就けり……………103
滅亡の墓は太平無事にあり…………………104
箸を節約すべし………………………………105
公共には私心あるべからず…………………106
己の及ぶ所を奨励すべし……………………107
死するまで務めを守るべし…………………109
死を行くの覚悟………………………………112
歯落つるは覚悟の前触れなり………………113
地方経済の大計を論ず………………………114
紙を大切にすることにつきて………………122
貯金法と農家経済……………………………125
心の学問を勉むべし…………………………131
借るは大なる恥辱なり………………………137
報恩の道を誤る勿れ…………………………141
遠大なる考にて大なる決心を要す…………144
婦人の心得……………………………………150
再び婦人の道につきて………………………158
祖霊を重んずべし……………………………162
善性を発揮すべし……………………………164
子孫には肉体以外の子孫あり………………167
石工の詠歌を禁止す…………………………168
身に切要の学問を為すべし…………………169
熟練の功………………………………………170
何事も時世なり………………………………171
実用の学に就くべし…………………………171
真の人物は郷に居ても尊く国に居ても尊し…172
降ることは目に着き易し……………………173
勉強の間は病魔もこれを避く………………173
勝国は経済戦に勝つに在り…………………175
山林経済の道を守るべし……………………177
大人物を輩出する方法………………………179
糧の常食と開墾とは相比例す………………185
農業教育はその家風を教ふるに在り………187
人心の険陂は農を害すること大なり………193
財産維持の為めに給料を受けず……………196
村掟の罰則は愚を主とすべし………………202
話して害となる事あり………………………203
吝嗇と節倹とは一軒置きの隣也……………205
「かんにん」の徳を保つべし………………207
天職の吏と私欲の吏とを識別せよ…………209
真の楽は楽の種子也…………………………210
天爵を得んと努むべし………………………213
視察は先づ自らを視察すべし………………216
愛するに道を以てすべし……………………219
副業を本業化するは家を亡ぼす基也………221
人間は天地なりと心得べし…………………223
心を一にすることを心掛くべし……………224
小説雑誌を読むべからず……………………226
元旦の心を以て一年の心とせよ……………226
来世の為めに勉励せよ………………………228
最後の勝利まで働けよ………………………229
時を貴ぶべし…………………………………231
寡言にして多く勉むべし……………………233
商法の手段に乗ること勿れ…………………234
廃物利用は私利の為めならず………………236
和歌は徒に飾るべからず……………………238
畜類の子を養ふを見よ………………………241
学問の大要……………………………………242
形式を去りて誠実に就くべし………………243
急用は急ぐべからず…………………………244
一事に秀ずるを期せよ………………………245
学問を罪すべからず…………………………246
暇あるは猛馬の如し…………………………248
祖先の遺産を用ふる法………………………248
三筆の必要……………………………………250
知らざるを知らずとせざる害………………251
前後は略すべからず…………………………256
見習は活用を主とすべし……………………258
九升田は斯の如くして救済しつつあり……260
家政の復興は婦人にあり……………………269
待の字を心得べし……………………………276
予の政策は経歴の外を出でず………………277
五計を立つる事………………………………294
予の蓄音器を聴けよ…………………………307
国風と守れば裁判所監獄も不必要也………311
和合と本位……………………………………315
独立の覚悟を立つべし………………………317
娯楽に偏する勿れ……………………………318
表裏の理を心得べし…………………………318
恵の理に通ずる事……………………………320
心中無一物なるべし…………………………321
今の大臣は私欲に専らなり…………………322
貧乏の原因はここにあり……………………322
財産のつづく年限に参すべし………………326
農家経済………………………………………329
格言集…………………………………………345
[ 2012/06/29 07:18 ] 石川理紀之助 | TB(1) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

まとめtyaiました【『石川翁講演全集』全1巻】
『石川翁講演全集』全1巻(石川翁遺書刊行会、1918)*尚庵叢書第1編
[2012/06/30 04:48] まとめwoネタ速neo
プロフィール
本サイトでは管理人が趣味で作成したデータベースを公開しています。著作権等の知的財産権を侵害する意図はありません。ご要望のある方はお知らせください。速やかに対応致します。なお、データの無断複製・転載はお断りしています。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。