研究余録 ~全集目次総覧~ TOP  >  スポンサー広告 >   >  清沢満之 >  『清沢全集』全2巻

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『清沢全集』全2巻

清沢満之著浩々洞編『清沢全集』全2巻(無我山房)



第1巻 1914.2.28 哲学及宗教

第一篇 宗教哲学

 第一 宗教哲学骸骨(明治二十五年)
  引
  序…………1頁
   第一章 宗教と学問…………3頁
    宗教心…………3頁
    宗教心の対境…………4頁
    道徳心と宗教心…………4頁
    道理と信仰…………6頁
   第二章 有限無限…………9頁
    有限無限…………9頁
    依立独立…………10頁
    絶対相対…………11頁
    唯一多数…………11頁
    全体部分…………12頁
    完全不完全…………12頁
    諸性提結…………12頁
    二項同体…………12頁
    有限無数…………13頁
    有機組織…………13頁
    主伴互具…………14頁
    自力他力…………18頁
   第三章 霊魂論…………21頁
    霊魂…………21頁
    霊魂諸説―第一、霊魂有形説…………22頁
    霊魂諸説―第二、霊魂無形説…………23頁
    霊魂諸説―第三、霊魂自覚説…………28頁
   第四章 転化論…………32頁
    転変…………32頁
    一体貫通…………34頁
    転化と遺伝…………36頁
    因縁…………39頁
    因果の理法…………44頁
    絶対と因果…………47頁
    霊魂開発…………50頁
   第五章 善悪論…………52頁
    善悪標準…………52頁
    標準諸説―第一、幸福説…………53頁
    標準諸説―第二、良心説…………54頁
    標準諸説―第三、神意説…………55頁
    標準諸説―第四、道理説…………56頁
    標準確定…………57頁
    善悪質量…………58頁
    有覚無覚…………59頁
    諸説通会…………60頁
   第六章 安心修徳…………62頁
    因分果分…………62頁
    因分二素…………63頁
    安心(信心)…………63頁
    修徳(修行)…………65頁
    二素併説…………67頁
    成道往生…………69頁
    楽土…………70頁
    比説…………72頁
    無限の数…………74頁
    成道可得…………76頁
    宗教と道徳…………79頁
   索引…………81頁

 第二 宗教哲学骸骨自筆書入(明治二十六年)
  一、開巻扉の赤紙に…………85頁
  二、目次の上欄に…………87頁
  三、稲葉先生の序文裏の余白に…………88頁
  四、第一章の「道徳と信仰」の項に…………89頁
  五、前同項に…………90頁
  六、前同項の結尾に…………90頁
  七、第二章「有限無限」の項の上欄に…………91頁
  八、同項の末に…………92頁
  九、同章の「依立独立」の項目の傍註に…………92頁
  一〇、同章の「絶対相対」の項目の傍註に…………93頁
  一一、同章の「唯一多数」の項目の傍註に…………93頁
  一二、同章の「二項同体」の項目の冠註に…………93頁
  一三、同項の冠頭に…………93頁
  一四、同章の「有限無数」の項の末に…………94頁
  一五、同章の「有機組織」の項の上欄に…………95頁
  一六、同項傍註…………95頁
  一七、同章の「主伴具足」の項に…………96頁
  一八、同章の末に(一)…………96頁
  一九、同(二)…………97頁
  二〇、同章の「自力他力」の項冠に(一)…………98頁
  二一、同(二)…………99頁
  二二、第四章の「因果」の理法の項の終に…………99頁
  二三、第六章の「楽土」の項の上欄に…………100頁
  二四、同章の「比説」の項の末に…………101頁

 第三 宗教哲学骸骨講義(明治二十五年九月―明治二十六年三月)
  緒言…………103頁
   宗教哲学とは何ぞや…………103頁
   他の哲学との関係…………104頁
   宗教哲学と宗教理学…………106頁
   宗教起源論…………106頁
  本論…………109頁
   第一章 宗教義解…………109頁
   第二章 宗教心…………117頁
   第三章 宗尊体論…………118頁
   第四章 霊魂論…………154頁
   第五章 転化論…………174頁
   第六章 善悪論…………175頁
   第七章 安心修徳…………176頁

第二篇 教理

 第一 在床懺悔録(明治二十八年春)
  引
  一、仏陀と因果…………195頁
  二、仏陀の存在…………196頁
  三、無限の心霊…………197頁
  四、自力と他力…………197頁
  五、弥陀の弘誓…………199頁
  六、誓願の顛末如何…………200頁
  七、諸経を措いて大無量寿経を取るは如何…………201頁
  八、仏一代四十八年所説其経甚だ多しと聞く而して無量寿経の外他は皆自力門の経也とせば仏出世の本懐は自力の開悟を勧むるものにあらずや…………201頁
  九、観小二経とは何ぞや…………203頁
  一〇、行とは南無阿弥陀仏(十七願成就)とは如何…………203頁
  一一、願行具足して証果を成ずるは可也と雖も是れ自力門の教相にあらずや而して今純他力門に於て大行ありとは如何…………204頁
  一二、乃至十念の念仏とは如何…………205頁
  一三、乃至十念は往生の大行なりや或は報恩の経営に過ぎずや…………206頁
  一四、報恩の経営と往生の行業と符号せざることなしや…………207頁
  一五、報恩の経営は不断相続するものなりや将た間歇的のものなりや…………209頁
  一六、南無阿弥陀仏の解釈如何…………211頁
  一七、信とは三信一心(十八願成就)とは如何…………214頁
  一八、三信帰一の義略ぼ聞くを得たり何故に三信を区別するや…………217頁
  一九、信と行との関係如何…………219頁
  二〇、四法の建立にも教行信証と行を先にし信を後にし今の和讃にも称名を先に出し信心を後に属す是れ豈に仏法の通軌信行証に逢ふにあらずや将又格別の由なるか…………221頁
  二一、信心の重要なること略ぼ聞くを得たり然るに茲に一疑あり悪逆の凡夫が獲信の一念に往生の業事を成弁するといふは豈に甚だ怪事ならずや若し果して然る事あらんか是れ全く因果の理法に背反するものにあらずや…………222頁
  二二、獲信の段落によりて如何なる風光かある…………227頁
  二三、証とは必至滅度(第十一願成就)とは如何…………228頁

 第二 他力門哲学骸骨試稿(明治三十一年一月―明治三十年三月)
  一、宗教…………239頁
  二、無限…………243頁
  三、有限無限…………245頁
  四、根本の撞着…………247頁
  五、有限の外に無限あり…………249頁
  六、自他力二門…………250頁
  七、有限は無我也…………251頁
  八、因縁所生…………253頁
  九、自覚の一致…………254頁
  一〇、開発(活動)…………258頁
  一一、同補訂…………261頁
  一二、心霊…………264頁
  一三、智情意…………265頁
  一四、三用の階級…………267頁
  一五、心霊開発…………268頁
  一六、万有心霊…………271頁
  一七、無限無数…………272頁
  一八、無神論有神論…………273頁
  一九、一神論多神論…………274頁
  二〇、凡神論万有開展論…………275頁
  二一、自利々他(上)…………276頁
  二二、自利々他(下)…………279頁
  二三、自利々他及方便の必要…………279頁
  二四、救済の必要…………281頁
  二五、自力他力…………282頁
  二六、方便…………286頁
  二七、無限の因果…………291頁
  二八、疑難…………294頁
  二九、無限の因果…………298頁
  三〇、願行成就(無限の因果)…………304頁
  三一、三種荘厳…………307頁
  三二、浄土…………309頁
  三三、伴属荘厳…………312頁
  三四、有限の信心(華開蓮現)…………313頁
  三五、有限…………316頁
  三六、造業種別…………319頁
  三七、煩悩…………320頁
  三八、無明…………323頁
  三九、迷悟凡聖…………324頁
  四〇、転迷開悟…………325頁
  四一、他力信行…………326頁
  四二、獲信因果…………327頁
  四三、正定不退…………328頁
  四四、信後行業…………330頁
  四五、信後風光…………332頁

 第三 隨感録(明治三十一年頃)…………335頁

 第四 教理断片
  一、宗教の天地…………347頁
  二、南無阿弥陀仏…………347頁
  三、信仰条目…………351頁
  四、仏陀答解…………353頁
  五、阿弥陀仏釈解…………357頁
  六、迷悟十界…………360頁
  七、真宗の教法…………368頁

第三篇 哲学

 第一 純正哲学(実在論)(明治二十二年)
  序言…………373頁
  緒論…………375頁
  本論…………391頁
   第一章 実在論…………391頁
    第一節 事物の実在…………391頁
    第二節 事物の性質…………403頁
    第三節 実有及実体…………415頁
    第四節 変転二化…………426頁
    第五節 物理的動作の性質…………433頁
    第六節 万有一体…………443頁
    第七節 終結…………453頁

 第二 思想開発環(明治二十六年七月)
  一、思想の開発…………462頁
  二、ヘーゲル氏哲学の一節…………463頁
  三、法華経の十如是…………468頁
  四、宗教の基想…………472頁

 第三 心識不滅論(明治二十九年八月)
  第一章 序論…………479頁
  第二章 心識論の沿革…………482頁
   総論…………482頁
   第一 古代の説…………483頁
   第二 中代の説…………492頁
   第三 近代の説…………501頁
  第三章 個人的心識…………508頁
  第四章 社会的心識…………509頁
  第五章 無限平等と有限差別…………513頁

第四篇 哲学道徳宗教論集

 第一 哲学定義集(明治二十一年十月)…………519頁
 第二 教学問題(明治二十六年)…………524頁
 第三 眞理の品階及検定法(明治二十八年十一月)…………532頁
 第四 眞理と宗教(明治二十九年三月)…………542頁
 第五 眞理と事実「眞理と宗教」に対する批評に就いて(明治二十九年六月)…………557頁
 第六 因果の理法(明治二十九年十二月)…………569頁
 第七 加藤先生に質す(仏教の因果応報論に就いて)(明治二十八年八月)…………588頁
 第八 善悪の因果応報論に就いて再び加藤先生に質す(明治二八年十二月)…………595頁
 第九 因果の必然と意志の自由(明治三十二年六、七月)…………612頁
 第十 個人と社會との関係(明治二十九年九月)…………629頁
 第十一 宗教と文明(明治三十三年六月)…………640頁
 第十二 宗教と道徳との関係(明治二十九年七月)…………655頁
 第十三 宗教と倫理との相関(不詳)…………668頁
 第十四 仏教と進化論(明治二十八年十二月―翌年二月)…………688頁
 第十五 「仏教と進化論」に対する批評に就いて(明治二十九年四月)…………712頁
 第十六 仏教の現利(明治二十九年七月)…………732頁
 第十七 仏教の効果は消極的なる乎(明治三十一年九月―十二月)…………741頁
 第十八 信の成立(明治三十年一月―六月)…………765頁
 第十九 信仰の進步(不詳)…………779頁
 第二十 正信と迷信(明治三十年九月)…………784頁
 第二十一 他力信仰の発得(明治三十二年六月)…………791頁
 第二十二 破邪顕正談(明治三十二年七月)…………799頁
 第二十三 祈祷は迷信の特徴なり(明治三十三年一月)…………828頁

附録 英文宗教哲学骸骨(明治二十六年四月)

第2巻 1914.6.29 信仰及修養

第一篇 精神主義

 精神主義 第一…………1頁
  一、精神主義…………1頁
  二、精神主義と物質文明…………6頁
  三、精神主義と競争…………11頁
  四、精神主義と唯心論…………15頁
  五、精神主義と他力…………20頁
  六、精神主義と三世…………25頁
  七、精神主義と共同作用…………30頁
 精神主義 第二(明治三十四年七月)…………35
 精神主義 第三(明治三十五年六月)…………55

第二篇 信念

 一、信ずるは力なり…………67頁
 二、万物一体…………76頁
 三、一念…………82頁
 四、宗教は主観的事実なり…………89頁
 五、平等観…………92頁
 六、宗教は目前にあり…………104頁
 七、先づ須らく内観すべし…………107頁
 八、心機の発展…………111頁
 九、宗教的信念の必須条件…………118頁
 一〇、親鸞聖人の御誕生会に…………124頁
 一一、信仰問答…………128頁
 一二、他力の救済…………136頁
 一三、我信念…………137頁

第三篇 徳の性質

 一、至誠の心…………147頁
 二、満足の心…………151頁
 三、少欲の心…………157頁
 四、克己の心…………163頁
 五、不動の心…………168頁
 六、無畏の心…………174頁
 七、精進の心…………180頁
 八、忍辱の心…………185頁
 九、不諍の心…………192頁
 一〇、従順の心…………197頁
 一一、和合の心…………201頁
 一二、自由の心…………207頁

第四篇 思索及修養

 第一 思索及修養…………213頁
  一、教育の二針路…………213頁
  二、黄金世界…………220頁
  三、釈尊降誕会に就いて…………229頁
  四、家庭的教化…………237頁
  五、ソクラテス…………240頁
  六、空想の実用…………245頁
  七、『信仰の余瀝』序…………255頁
  八、『宗教管見』序…………257頁
  九、因縁と諦むること…………259頁
  一〇、公徳問題の基礎…………262頁
  一一、自由と服従との双運…………268頁
  一二、『布教学』序…………273頁
  一三、本位本分の自覚(『真人』)序…………275頁
  一四、『霊界の偉人』序…………279頁
  一五、遠美近醜…………281頁
  一六、知徳円満は我等の理想なり…………289頁
  一七、実力ある者の態度…………295頁
  一八、楽天…………301頁
  一九、真正の独立…………306頁
  二〇、善悪の思念によれる修養…………311頁
  二一、仏による勇気…………318頁
  二二、迷悶者の安慰…………324頁
  二三、客観主義の弊習を脱却すべし…………328頁
  二四、女子に対する感情の両面…………333頁
  二五、日曜日の小説…………337頁
  二六、生活問題…………343頁
  二七、天職及び聖職…………349頁
  二八、倫理以上の安慰…………354頁
  二九、『静観録』序言…………361頁
  三〇、自ら侮る、自ら重んずるといふこと…………364頁
  三一、人の怒るを恐るゝこと…………369頁
  三二、倫理以上の根拠…………375頁
  三三、我以外の物事を当にせぬこと…………380頁
  三四、喀血したる肺病人に与ふる書…………387頁
  三五、真の朋友…………400頁
  三六、宗教的道徳(俗諦)と普通道徳との交渉…………407頁

 第二 修養時感(明治三十一年―明治三十四年六月)
  一、内心の決定…………427頁
  二、心意の強弱…………429頁
  三、心念の連結…………432頁
  四、善悪…………434頁
  五、罪悪…………434頁
  六、吾人は有限なり…………435頁
  七、独立自主…………437頁
  八、相対と同情…………439頁
  九、平等…………440頁
  一〇、差別…………441頁
  一一、優勝劣敗…………443頁
  一二、無我…………444頁
  一三、無我と元気…………445頁
  一四、妄念の伏断…………447頁
  一五、快楽と理解…………447頁
  一六、理解と信仰…………449頁
  一七、信仰と疑惑…………450頁
  一八、疑惑の増進…………451頁
  一九、人智は窮極あり…………453頁
  二〇、転迷開悟の二門…………454頁
  二一、自己有限の覚悟…………457頁
  二二、憍慢…………458頁
  二三、虚飾…………459頁
  二四、自信力…………460頁
  二五、服従…………462頁
  二六、心の動転…………463頁
  二七、理想…………464頁
  二八、理想の転変…………465頁
  二九、真理の遍満…………467頁
  三〇、本位の尊厳…………469頁
  三一、吾人は他人の為に苦めらるゝものにあらず…………471頁
  三二、吾人は外物の為に苦めらるゝものにあらず…………473頁
  三三、吾人は欲の為に苦めらるゝものにあらず…………475頁
  三四、自由…………477頁
  三五、厭世…………478頁
  三六、現在…………479頁
  三七、人生…………480頁
  三八、活動は必ずしも進化作用にあらず…………481頁
  三九、活動の方向、道…………483頁
  四〇、人心と道心…………484頁  
  四一、道徳と不徳…………486頁
  四二、道徳と法律…………487頁
  四三、形式と精神…………488頁
  四四、有用と無用…………489頁
  四五、価値の本源…………490頁
  四六、吾人の価値…………491頁
  四七、価値の本体…………492頁
  四八、価値の変動…………494頁
  四九、時世と宗教…………495頁
  五〇、変ずるものは不安を生ず…………496頁
  五一、不安は必ずしも苦痛にあらず…………497頁
  五二、智目行足…………498頁
  五三、理想は目標なり…………499頁
  五四、各拠一義…………500頁
  五五、反対は心に在り…………502頁
  五六、世間、出世間…………503頁
  五七、不調と調和…………504頁
  五八、解脱…………505頁
  五九、極端なる利己主義…………506頁
  六〇、極端なる利他主義…………507頁
  六一、光明主義…………508頁
  六二、精神主義の活動…………509頁
  六三、発達進歩と寂然不動…………510頁
  六四、智識と信仰との融和…………511頁
  六五、二種の読書法…………512頁
  六六、同情…………513頁
  六七、異情…………513頁
  六八、あるべきもの…………514頁
  六九、標準の探求…………515頁
  七〇、標準は不可得なり…………516頁
  七一、客観的標準なきなり…………516頁
  七二、主観的標準…………517頁
  七三、迷信の根拠…………518頁
  七四、真個の迷信…………518頁
  七五、迷信の消滅…………519頁

 第三 有限無限録(明治三十二年春―明治三十三年春)
  一、有限無限…………521頁
  二、善悪…………522頁
  三、仁義礼智信…………523頁
  四、忠信孝悌…………524頁
  五、智仁勇…………525頁
  六、義と利…………525頁
  七、実際…………526頁
  八、道義の発育…………526頁
  九、内象…………527頁
  一〇、外象…………527頁
  一一、権勢と君子…………528頁
  一二、道義と執着…………528頁
  一三、無限は真理なり精気なり…………529頁
  一四、道心は生命なり…………529頁
  一五、無限的眼光…………530頁
  一六、宗教の効用…………530頁
  一七、仏教の特長…………531頁
  一八、我に絶待あり…………531頁
  一九、病者に対して示すためエピクテタス氏の言を書き送れと井上豊忠兄より来書ありし故左の数項を書き送る…………532頁
  二〇、日常止観…………533頁
  二一、衣、食、住、具…………534頁
  二二、倹約…………535頁
  二三、倹約の実行…………535頁
  二四、克己制欲…………536頁
  二五、貧富は精神にあり…………537頁
  二六、知足不足の世界…………537頁
  二七、道心と人心との争闘…………538頁
  二八、知愚の天性…………539頁
  二九、順境と逆境…………539頁
  三〇、角力は人生の快事なり…………540頁
  三一、電気には両極あり…………541頁
  三二、虚浮を観ぜよ…………542頁
  三三、不可知的…………542頁
  三四、依頼は苦痛の源なり…………543頁
  三五、人智は薄弱なり…………543頁
  三六、学理の成立…………544頁
  三七、是非善悪…………544頁
  三八、他人を咎めんとする心を咎めよ…………545頁
  三九、寂寞楽むべきか憂ふべきか…………545頁
  四〇、閑寂何在…………546頁
  四一、我職業を愛重せよ…………546頁
  四二、能を誇るべからず…………547頁
  四三、不能を蔽ふべからず…………547頁
  四四、飢へよ渇けよ…………548頁
  四五、艱難汝を玉にす…………548頁
  四六、苦悩の本源…………548頁
  四七、遺伝と経験…………549頁
  四八、偽善は罪悪なり…………549頁
  四九、至誠は道義の根本なり…………550頁
  五〇、違順…………550頁
  五一、宗教の情は実修門にあり…………551頁
  五二、無執無着…………551頁
  五三、執着は奴隷心の源なり…………552頁
  五四、宗教の実用…………554頁
  五五、罪悪の念…………556頁
  五六、顕微鏡と望遠鏡…………557頁
  五七、無限の境界には善悪なし…………557頁
  五八、福利の増進…………558頁
  五九、公の為にせよ…………560頁
  六〇、各其能を尽せ…………561頁
  六一、公の為にするものは秩序を重んず…………561頁
  六二、公の為にするものは約を重んず…………562頁
  六三、公共の範囲に大小あり…………562頁
  六四、公共の各範囲に約束あり…………563頁
  六五、国家主義と個人主義との調和…………563頁
  六六、公の為にする者は我を別立せず…………564頁
  六七、公共心を修養せんには無限を観ずるを要す…………565頁
  六八、公共心は無我心たるを観ずべし…………565頁
  六九、公共心は無畏心たるを観ずべし…………566頁
  七〇、公共心は不動心たるを観ずべし…………566頁
  七一、百般の妄情は我心に根…………567頁
  七二、報恩の経営は義務を守るにあり…………567頁
  七三、絶待無限と人格…………568頁
  七四、応無所住而生其心…………568頁
  七五、無念無想を誤る勿れ…………569頁
  七六、道徳と宗教…………569頁
  七七、無上命令(本具心念)…………575頁
  七八、昇沈…………576頁
  七九、希望…………576頁
  八〇、苦痛(恐怖)…………577頁
  八一、苦楽…………577頁
  八二、死生を均くす…………577頁
  八三、一定の悪あることなし…………577頁
  八四、平等界は無功用以上なり…………578頁
  八五、宗教は信念の確立を主とす…………580頁
  八六、学理は信念に根拠す…………580頁
  八七、我現在の信念…………582頁
  八八、我の信界…………583頁
  八九、精神界と物質界…………585頁
  九〇、絶対的考察…………589頁
  九一、世界観…………590頁

[ 2013/03/29 12:53 ] 清沢満之 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール
本サイトでは管理人が趣味で作成したデータベースを公開しています。著作権等の知的財産権を侵害する意図はありません。ご要望のある方はお知らせください。速やかに対応致します。なお、データの無断複製・転載はお断りしています。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。