研究余録 ~全集目次総覧~ TOP  >  スポンサー広告 >   >  三木露風 >  『三木露風研究』全2巻

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『三木露風研究』全2巻

『三木露風研究』全2巻(木犀書房、安部宙之介)
*日本図書センターより復刻あり(近代作家研究叢書7・8巻、1983)


 1964.9.1

序文(三木露風)…………2
はじめに…………3
故里時代(誕生から十七歳)
 母の離縁…………10
 故郷の家…………12
 竜野中学から閑谷黌へ…………14
 少年詩人振り…………15
 処女詩集夏姫…………17
第一 東京時代(十七歳から三十二歳)
 芳水と同宿…………20
 都会に出た時の第一印象…………21
 「桂の巻」…………22
 「聚雲」の会…………25
 車前草社…………27
 三島霜川、徳田秋声と交遊…………29
 早大入学…………33
 早稲田詩社…………33
 有本芳水の思い出…………44
 早大校歌…………45
 「廃園」…………49
 「現代文芸百家小伝」…………56
 慶応義塾に移る…………61
 西条八十の思い出…………63
 服部嘉香の思い出…………64
 「寂しき曙」…………67
 柳沢健と露風…………69
 「勿忘草」…………73
 文界十傑投票…………77
 「独歩集」…………78
 「白き手の猟人…………81
 結婚…………83
 第一次「未来」…………83
 西条八十の思い出…………87
 前田鉄之助の回想…………88
 室生犀星の回想…………91
 喜志邦三の想い出…………94
 第二次「未来」…………95
 柳沢健の「輓近の詩壇を論ず」…………97
 「幻の田園」「良心」…………101
 第三次「未来」…………104
 萩原朔太郎の回想…………108
 朔太郎の「三木露風一派の詩を放逐せよ」…………110
 「日本象徴詩集」…………114
トラピスト修道院時代(三十二歳から三十六歳)
 牧神会と「牧神」…………115
 「芦間の幻影」…………120
 「牧神詩集」…………121
 「真珠島」…………122
 「信仰の曙」「青き樹かげ」…………123
 百田宗治の回想…………124
第二 東京時代(三十六歳以降)
 「美学草案」「詩歌の道」他…………126
 大木雄二の「思い出」…………128
 「高踏」と「露風先生詩談録」…………129
 牟礼時代…………140
 紫綬褒章…………144
処女詩集「夏姫」について…………146
露風の「赤とんぼ」の母…………159
三木露風氏との交遊(服部嘉香)…………172
三木露風作品発表目録…………177
三木露風著作目録…………181
三木露風参考文献…………182
後記…………186

 続 1969.5.5

露風自筆詩歌集『低唱』について…………1
露風の美濃新聞時代…………8
若き日の露風の手紙…………16
「ふるさと」成立考―そのモデルをめぐって―(家森長治郎)…………28
トラピスト修道院の露風…………45
露風のカトリック教会方面に於ける活動…………55
キリスト者の露風観…………58
露風の生活…………63
露風先生の死…………68
露風と内海泡沫…………74
「白虹」の昕江・凉月兄弟…………77
露風と生田長江…………84
露風と坂本繁次郎…………86
高浜天我氏の思い出…………91
水谷白夜氏の思い出…………93
赤とんぼ歌曲碑建つ…………95
露風の小説「千本浜の宿」…………97
露風の小説「悩」…………107
「血汐」目録…………123
「白虹」総目録…………127
「山鳩」総目録…………138
『三木露風研究』訂正…………158
三木露風年譜…………160
後記…………168


[ 2013/11/15 00:00 ] 三木露風 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール
本サイトでは管理人が趣味で作成したデータベースを公開しています。著作権等の知的財産権を侵害する意図はありません。ご要望のある方はお知らせください。速やかに対応致します。なお、データの無断複製・転載はお断りしています。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。