研究余録 ~全集目次総覧~ TOP  >  スポンサー広告 >  未分類 >  『日本童話選集』全6巻・別冊解説編1巻

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『日本童話選集』全6巻・別冊解説編1巻

『日本童話選集』全6巻・別冊解説編1巻(大空社、1983.6、童話作家協会編)
※復刻版(もとは丸善版)



第1巻 1983.6.17 秋田雨雀,芦谷芦村,小川未明,沖野岩三郎,楠山正雄,浜田広介,藤沢衛彦編
 
*選集のはじめに……………………… (1)
秋田雨雀
虎と狐……………………… 1
芦谷芦村
古くならない御殿…………15
安倍季雄
菊花の御紋章………………23
巌谷小波
苦虫(にがむし)大王……39
岩井信実
電車…………………………65
宇野浩二
胡桃とチユリツプ…………81
小川未明
雪来る前の高原の話………93
小野政方
お日様と子ども………… 107
小寺融吉
山姥(やまんば)と金太郎…… 117
尾関岩二
ひよこ物語……………… 131
沖野岩三郎
弟子入り………………… 143
北村寿夫
小さい物語……………… 155
花と蜂…………………… 157
小石と豚………………… 159
ステツキ………………… 160
古い灯籠………………… 163
きりぎりすと足………… 164
雨蛙……………………… 168
久留島武彦
羊仙人…………………… 171
楠山正雄
白い鳥…………………… 189
酒井朝彦
天へ昇つた蛍…………… 209
渋沢青花
王様の冠………………… 223
相馬泰三
たわいのない話………… 237
千葉省三
ワンワンのお話………… 251
煙草を吸つたワンワン… 253
七面鳥の奥さん………… 257
おさかなにつられた話… 261
豊島与志雄
コーカサスの禿鷹……… 265
中島孤島
かはせみの歌…………… 279
長尾豊
くされ魚………………… 295
野辺地天馬
お月様のあくび………… 309
浜田広介
弓の名人………………… 317
藤沢衛彦
胴合橋(どうあひばし)…… 325
馬渕冷佑
夜叉(やしや)が池…… 337
前田晁
つね子とお伽芝居……… 355
松原至大
一本の藁………………… 373
水谷まさる
ふしぎなけだもの……… 385
宮原晃一郎
豆小僧の冒険…………… 389
村山籌子
みじかいお話四つ……… 403
お姫さまと猟師………… 405
なくなつたじやがいも… 408
たまごとおつきさま…… 410
はちとくま……………… 412
山内秋生
歌をのせた船…………… 415
吉田絃二郎
伐り倒された木………… 427
鹿島鳴秋
庭の忘れもの―みじかいお話三つ…… 437
庭の忘れもの…………… 439
主のないボール………… 441
烏と蛙のうた…………… 443
久保田万太郎
「北風」のくれたテイブルかけ…… 445
*附録……………………………………… 489
*日本童話史(藤沢衛彦)…………… 491
*会員著作年表………………………… 529
*童話作家協会会則…………………… 536
*会員名簿……………………………… 537
 


第2巻 1983.6.17 芦谷芦村,鹿島鳴秋,渋沢青花,松原至大,前田晁編
 
*序……………………………………… (1)
小川未明
金魚売(きんぎようり)… 1
沖野岩三郎
岩を小(ちひさ)くする…13
尾関岩二
蛙の子は蛙…………………23
長尾豊
月の武士……………………35
渋沢青花
猿曵の爺さんと猿…………47
松原至大
梢から落ちた小鳥…………65
浜田広介
飛ばれない鶏(にはとり)……79
小野浩
ゐばりやの七面鳥…………89
水谷まさる
乞食の子と王子………… 101
鳴海要吉
フラスコ………………… 117
中島孤島
天翔ける翼……………… 131
大木雄三
さびしい柿の葉………… 141
山内秋生
太郎と魔法使…………… 155
北村寿夫
点(とも)りし灯(ひ)…… 161
野辺地天馬
小さい花びら…………… 183
鬼百合の花……………… 185
電信柱の影……………… 188
雪のトンネル…………… 190
酒井朝彦
青い光の国……………… 193
小寺融吉
豊玉姫(人形芝居)…… 207
岩井信実
花弁(はなびら)と粟(あは)…… 225
細川武子
鳩のお医者(いしや)様…… 237
相馬泰三
休み日の算用数字……… 249
鹿島鳴秋
小さい人へ小さいお話… 263
つばめのひかうき……… 265
すゐくわの車…………… 267
あひるのふうせん……… 269
森の中のラヂオ………… 270
たこと赤ちやん………… 272
なかなほり……………… 273
おまじなひ……………… 275
村山籌子
かざぐすり……………… 277
犬さんと、くもさんと、かへるさん…… 281
せんたくやさんと、がてうの子供…… 283
リボンと、きつねと、ごむまりと月…… 285
小野政方
いちごのガラス皿……… 293
大木篤夫
蝋燭をつぐ話…………… 303
福永渙
軽業師の娘……………… 321
芦谷芦村
百舌鳥(もづ)と爆弾… 335
徳永寿美子
うたふ小鳥……………… 347
馬渕冷佑
兄の心…………………… 361
千葉省三
丘の向(むか)ふ……… 377
宮原晃一郎
鳩の鳴く時計…………… 383
前田晁
内弁慶(うちべんけい)…… 397
秋田雨雀
三人の子供……………… 417
楠山正雄
決闘……………………… 423
江口渙
蜜柑の中………………… 431
茅野雅子
天にのぼつた月………… 441
巌谷小波
馬の水…………………… 451
豊島与志雄
天狗笑(てんぐわらひ)…… 461
中村星湖
まつりの方へ…………… 475
宇野千代
ナーヤルさんと星……… 489
*附録……………………………………… 509
*明治大正の童話界(山内秋生)…… 511
*新会員著作年表……………………… 547
 


第3巻 1983.6.17 小川未明,酒井朝彦,渋沢青花,浜田広介,山内秋生編
 
*序……………………………………… (1)
巌谷小波
小蝶の死…………………… 1
石黒露雄
金貨物語……………………11
浜田広介
神は真(まこと)を見せ給ふ……25
細川武子
うごくお家(うち)………47
豊島与志雄
影法師………………………57
徳永寿美子
サンタクロースのお家……71
小川未明
その日から正直になつた話……81
小野政方
小さな銀のお舟……………91
小野浩
シロの贈りもの……………99
尾関岩二
あうむの歌……………… 113
大木篤夫
光の馬と十三番目の国… 125
大木雄三
芒(すすき)の踊り…… 149
沖野岩三郎
二勇士の失敗…………… 159
鹿島鳴秋
火箸の一生……………… 177
坪田譲治
善太と汽車……………… 189
鳴海要吉
うめのんこ……………… 205
中島孤島
消え失せた幸福の島…… 219
長尾豊
首なし小僧……………… 229
村山籌子
川へおちた玉ねぎさん… 249
かくれんぼ……………… 256
野辺地天馬
乗合船…………………… 261
山内秋生
野菊と鈴虫……………… 273
馬渕冷佑
蠅………………………… 281
松原至大
不思議な燭台(しよくだい)…… 293
藤沢衛彦
虹はなぜぢき消えるか… 303
福永渙
鼻なし半兵衛…………… 315
小寺融吉
帽子……………………… 329
江口渙
森の中の大事件………… 347
安倍季雄
薩摩武士のお話………… 363
少年将軍………………… 365
英雄の閑日月…………… 368
十歳の人質……………… 370
芦谷芦村
石ころのお話…………… 375
酒井朝彦
月夜をゆく川水………… 387
北村寿夫
お化(ばけ)饅頭……… 401
お猿退治………………… 410
水谷まさる
五つの春風……………… 417
宮原晃一郎
身を守る楯……………… 427
清水かつら
眼………………………… 447
渋沢青花
ある一つの小石………… 457
*附録……………………………………… 471
*大正昭和の童話界(浜田広介)…… 473
*『明治大正の童話界』補遺(藤沢衛彦)…… 541
*『明治大正の童話界』補遺(山内秋生)…… 544
*新会員著作年表……………………… 545
 


第4巻 1983.6.17 前田晁,藤沢衛彦,浜田広介,水谷まさる,尾関岩二編
 
*はしがき……………………………… (1)
野辺地天馬
チユーリツプの行方……… 1
千葉省三
鷹の巣とり………………… 7
北村寿夫
七つの物語…………………15
鳩ポツポと坊やの話………15
お寝坊ワンワンの話………17
金とととカステラの話……20
キユーピーさんの話………22
パツパを喫(の)んだ坊やの話……23
楽隊の話……………………26
お菓子のひそひそ話………28
石黒露雄
音楽師の犬…………………31
小野浩
エレンの冒険………………41
水谷まさる
手袋…………………………53
山内秋生
時間は飛ぶ…………………63
下村千秋
ひよつことおたまじゃくし……69
沖野岩三郎
芳養(はや)の鍛冶さん…81
鳴海要吉
小父さん……………………95
江口渙
河童のおみやげ………… 107
渋沢青花
蛙のめがね……………… 115
北川千代
お母さんを売る店……… 121
細川武子
おもちやの犬…………… 137
徳永寿美子
雲を眺める……………… 147
松原至大
少女と蝋燭……………… 157
小野政方
母の涙…………………… 161
坪田譲治
日本をたづねて………… 169
木内高音
硝子切(がらすきり)になつたダイヤモンド…… 181
村岡花子
さびしいクリスマス…… 191
伊藤貴麿
三人の書生……………… 201
小川未明
正月のある晩の話……… 211
鹿島鳴秋
凧とうぐひす…………… 221
長尾豊
マツチ…………………… 229
馬渕冷佑
けんくわ………………… 239
大木雄三
敵………………………… 251
芦谷芦村
あたらしい電車………… 257
浜田広介
さむい子守唄…………… 265
酒井朝彦
雪と少年………………… 273
田中宇一郎
雪野原の一本杉………… 283
村山籌子
にはとりのをばさん…… 293
尾関岩二
蛍と病める少年………… 305
小寺融吉
我がままなインドの王子―児童映画ストオリイ…… 319
塚原健二郎
よいお爺さんたち……… 333
大木篤夫
気のよい悪魔と羊飼ひ… 349
福永渙
夢を買つた男…………… 365
巌谷小波
火の戸開(とびらき)… 377
*附録……………………………………… 383
*昭和三年の童話界(尾関岩二)…… 385
*新会員著作年表……………………… 419
 


第5巻 1983.6.17 小川未明,沖野岩三郎,酒井朝彦,浜田広介,前田晁編
 
*序……………………………………… (1)
尾関岩二
消えて行く橋……………… 1
小川未明
船の破片に残る話…………15
巌谷小波
待ツ乙椿……………………21
伊藤貴麿
竜……………………………29
芦谷芦村
がらすの兎…………………35
沖野岩三郎
お人形箱とジヤガイモ……47
大木雄三
ぶつこはし…………………57
鳴海要吉
三日物語……………………69
千葉省三
仁兵衛(にへえ)学校……83
石黒露雄
村の話………………………93
村の鼠………………………93
村の川の鮒…………………99
北川千代
桃太郎さんの話………… 107
水谷まさる
ブランコ………………… 115
宇野浩二
ピツチヨラ……………… 123
塚原健二郎
風と兵隊帽……………… 129
江口渙
鯨をひろつて…………… 139
村岡花子
夢のやうなおはなし…… 147
ポストの散歩…………… 147
古羽子(ふるばね)…… 152
松原至大
寝坊な牝牛……………… 157
野辺地天馬
谷川の歌………………… 161
酒井朝彦
こほろぎと星…………… 167
福永渙
臍をとられた話………… 177
田中宇一郎
あこがれの町へ………… 187
小野浩
エレンの望み…………… 197
前田晁
春夏秋冬………………… 209
花の御殿………………… 209
軍艦と河豚……………… 214
小鳥……………………… 217
雪………………………… 221
山内秋生
いたづら風……………… 227
坪田譲治
小川の葦………………… 235
細川武子
二匹の仔熊……………… 245
長尾豊
たくらく………………… 253
徳永寿美子
千里の橋………………… 265
馬渕冷佑
やどり木………………… 273
村山籌子
ライオンの大損………… 285
のんきなお医者さん…… 288
あはれな兎さん………… 290
浜田広介
のらくら蛇……………… 293
一番かはいい子………… 295
ひらめの目……………… 299
渋沢青花
ひとりぼつち…………… 305
下村千秋
太一郎とつばめ………… 317
安倍季雄
松の木に梅が生(な)つた話…… 329
木内高音
蓄音機と小犬…………… 347
小寺融吉
鳩の豆売り……………… 359
*附録……………………………………… 371
*一九二九年の童話界(藤沢衛彦)… 373
 


第6巻 1983.6.17 沖野岩三郎,酒井朝彦,藤沢衛彦,前田晁,水谷まさる編
 
*序……………………………………… (1)
沖野岩三郎
二人は黙つていましたから…… 1
北川千代
木樵小屋のサンタクロース……11
尾関岩二
猫の作つたお話……………25
江口渙
護命水(ごめいすゐ)……39
宇野浩二
さとり爺さん………………47
村岡花子
少年三吉……………………59
松原至大
大きなお菓子………………67
長尾豊
風の神の外套………………77
下村千秋
きつね………………………85
塚原健二郎
町へ出た鳩…………………97
大木雄三
兄さんも泣いた………… 107
渋沢青花
元山(もとやま)先生… 115
田中宇一郎
二つの話………………… 131
丘の上の釣鐘…………… 131
鳩と鳶(とび)………… 137
木内高音
木のぼり競争…………… 143
伊藤貴麿
メリーちやん…………… 155
鳴海要吉
ゴメの卵の行方………… 167
酒井朝彦
雪と小雀………………… 179
竹やぶの蔭……………… 188
小川未明
不幸な親と娘…………… 191
千葉省三
みかん…………………… 201
石黒露雄
大時計…………………… 209
野辺地天馬
ふしぎな飛行機………… 215
細川武子
大海(おほうみ)を越えて…… 225
巌谷小波
蛙のお臍………………… 237
芦谷芦村
三吉の心配したこと…… 245
小寺融吉
新しい雪だるま………… 259
浜田広介
親切なペンギン………… 269
馬渕冷佑
お話三つ………………… 283
バリカン………………… 283
おひげが生えたら……… 288
あぶない!……………… 291
前田晁
林の中でお城を見た話… 295
徳永寿美子
剖葦(よしきり)は歌ふ…… 307
坪田譲治
黒猫の家………………… 315
水谷まさる
なぜ寒がらないか?…… 327
小野政方
子供を育てる夢………… 341
中村星湖
一匹の牝牛……………… 351
*附録―一九三〇年の童話界(芦谷芦村)…… 367
 


別巻 解説編 1983.6.17 滑川道夫,上笙一郎編
 
*刊行にあたって……………………… (1)
*解説………………………………………… 1
*『日本童話選集』の史的意義(滑川道夫)…… 3
*『日本童話選集』の児童出版美術(上笙一郎)……79
*資料編………………………………………93
*童話作家協会に就て(芦谷重常)……95
*童話作家協会とその時代(山内秋生)……98
*童話作家協会の創立と解散まで(渋沢青花)…… 112
*日の目を見なかった『日本童話』―童話作家協会の機関雑誌(渋沢青花)… 123
*作者略歴………………………………… 133
*童話の部……………………………… 135
*挿絵の部……………………………… 161
*復刻制作について……………………… 167
*索引…………………………………… (1)
*著者別索引………………………… (3)
*作品別索引………………………… (5)
*作者別挿絵一覧…………………… (9)
[ 2017/03/01 06:00 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール
本サイトでは管理人が趣味で作成したデータベースを公開しています。著作権等の知的財産権を侵害する意図はありません。ご要望のある方はお知らせください。速やかに対応致します。なお、データの無断複製・転載はお断りしています。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。