研究余録 ~全集目次総覧~ TOP  >  スポンサー広告 >   >  石川淳 >  『石川淳全集』全19巻

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『石川淳全集』全19巻

『石川淳全集』全19巻(筑摩書房、1989.5~1992.12)


第1巻 小説 1989.5.30
 
銀瓶‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 9
拳‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥23
手の戦慄‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥37
瓜喰ひの僧正‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥45
鬼火‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥55
ある午後の風景‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥91
名月‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥99
長助の災難‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 115
桑の木の話‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 141
佳人‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 153
貧窮問答‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 189
葦手‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 207
山桜‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 271
秘仏‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 287
衣裳‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 307
普賢‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 321
一休咄‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 429
知られざる季節‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 441
不二の夢‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 465
千羽鶴‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 479
白烏‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 491
履霜‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 497
マルスの歌‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 549
野天風呂‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 579
花の春‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 589
曽呂利咄‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 601
奇術‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 613
鉄枴‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 619
巷談‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 631
*解題(鈴木貞美)‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 641

 

第2巻 小説 1989.6.30
 
費長房‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 7
白描‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥19
ころび仙人‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 237
蓮酒‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 249
張柏端‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 265
雪のはて‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 277
明月珠‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 299
黄金伝説‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 323
寒露‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 335
窮菴売卜‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 369
無盡燈‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 401
水郷記‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 449
焼跡のイエス‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 465
雅歌‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 483
燃える棘(シバ)‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 505
かよひ小町‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 539
いすかのはし‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 577
雪のイヴ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 603
しのぶ恋‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 631
処女懐胎‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 659
*解題(鈴木貞美)‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 751
 

第3巻 小説 1989.7.31
 
飛梅‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 7
変化雑載‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥39
野ざらし‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥59
昼霞‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥91
双美人‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 115
最後の晩餐‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 147
かれらの酒杯(サカヅキ)‥‥‥‥‥‥ 177
華厳‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 209
懸想文売‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 323
藤衣‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 351
善財‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 385
片しぐれ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 447
鳳凰‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 477
野守鏡‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 495
錦木‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 553
影ふたつ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 563
夜は夜もすがら‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 589
南枝向日‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 613
滝のうぐひす‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 645
篠船‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 659
妖女‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 687
梟‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 721
望楼‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 741
演技‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 755
*解題(鈴木貞美)‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 771

 

第4巻 小説 1989.8.30
 
おとしばなし 堯舜‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 7
おとしばなし 李白‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥25
おとしばなし 和唐内‥‥‥‥‥‥‥‥‥41
おとしばなし 列子‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥59
おとしばなし 管仲‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥79
おとしばなし 清盛‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥95
おとしばなし 業平‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 113
さらば垣‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 127
常陸帯‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 141
末の松山‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 159
ファルス‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 187
合縁奇縁‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 203
春の葬式‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 255
夢の殺人‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 275
他人の自由‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 301
蜘 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 339
鷹‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 357
珊瑚‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 417
鳴神‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 477
虹‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 537
*解題(鈴木貞美)‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 665
 

第5巻 小説 1989.9.30
 
小公子‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 7
蜜蜂の冒険‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥19
乞食王子‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥29
アルプスの少女‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥39
白鳥物語‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥51
家なき子‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥61
愛の妖精‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥71
前身‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥83
しぐれ歌仙‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 103
大歳の餅‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 119
狼‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 129
犯人‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 149
落花‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 163
夢の見本市‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 261
灰色のマント‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 285
紫苑物語‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 303
白頭吟‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 369
*解題(鈴木貞美)‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 685

 

第6巻 小説 1989.10.25
 
まぼろし車‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 7
近松‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥35
鰐‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥57
八幡縁起‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥85
今はむかし‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 157
修羅‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 181
蜃気楼‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 275
遊船‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 287
かくしごと‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 323
霊薬十二神丹‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 335
怪異石仏供養‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 359
狐の生肝‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 383
影‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 415
獅子のファルス‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 519
裸婦変相‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 533
*解題(鈴木貞美)‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 563
 

第7巻 小説 1989.11.25
 
にせ神父‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 7
ほととぎす‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥21
大徳寺‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥45
喜寿童女‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥61
死後の花嫁‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥79
ばけの皮‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 101
おあいにくさま‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 113
越天楽‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 135
二人権兵衛‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 147
金鶏‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 161
荒魂‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 177
ゆう女始末‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 589
靴みがきの一日‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 617
*解題(鈴木貞美)‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 641
 

第8巻 小説 1989.12.20
 
至福千年‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 7
鸚鵡石‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 481
無明‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 503
鏡の中‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 517
一露‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 531
若菜‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 549
虎の国‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 563
天馬賦‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 577
武運‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 673
*解題‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 689

 

第9巻 小説 1991.1.10
 
狂風記‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 5
*解題(鈴木貞美)‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 827
 

第10巻 小説 1991.3.28
 
六道遊行‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 5
天門‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 287
蛇の歌‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 583
*解題(鈴木貞美)‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 785
 

第11巻 歴史物語・戯曲 1990.1.30
 
渡辺崋山‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 7
筑摩叢書版「渡辺崋山」後記‥‥‥‥ 185
少年少女読物 渡辺崋山‥‥‥‥‥‥‥ 189
はしがき‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 191
第一部 少年‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 195
第二部 青年‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 232
第三部 壮年‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 262
第四部 広い世の中‥‥‥‥‥‥‥‥ 309
むすび‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 391
義貞記‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 393
巻上‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 397
巻中‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 446
巻下‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 530
おまへの敵はおまへだ(三幕)‥‥‥‥ 585
一目見て憎め(三幕)‥‥‥‥‥‥‥‥ 701
*解題(鈴木貞美)‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 819
 

第12巻 評論・随筆 1990.3.30
 
初期評論
シャルル・ルイ・フィリップの一語‥‥15
ポオル・クロオデルの立場‥‥‥‥‥‥22
詩に関する一考察‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥30
詩に関する一考察(其二)‥‥‥‥‥‥39
詩に関する一考察(其三)‥‥‥‥‥‥49
但以理奇蹟解‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥58
文芸思想史に於けるアナトオル・フランスの位置‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥64
仏蘭西的昏迷‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥79
森鴎外‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥85
鴎外覚書‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥87
渋江抽斎‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥87
北条霞亭‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥93
古い手帳から‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 113
詩歌小説‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 133
抒情詩風‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 133
我百首とその前後‥‥‥‥‥‥‥‥ 142
追儺以後‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 157
灰燼まで‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 163
傍観者の事業について‥‥‥‥‥‥‥ 171
翻訳概観‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 171
諸国物語‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 183
傍観者の位置‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 199
傍観者の運動‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 212
大塩平八郎‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 220
自然を尊重する念‥‥‥‥‥‥‥‥ 230
新なる性命‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 240
あとがき‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 257
文学大概‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 261
文章の形式と内容‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 263
一 書かれたことばのはたらき‥‥ 263
二 文章を殺すもの生かすもの‥‥ 269
三 文章の美について‥‥‥‥‥‥ 275
短篇小説の構成‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 281
一 なにが作品の長さを規定するか‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 281
二 短篇とはなにか―その名称のいろいろ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 290
三 短篇の領域‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 301
俳諧初心‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 310
江戸人の発想法について‥‥‥‥‥‥ 328
能の新作について‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 340
虚構について‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 345
雑文について‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 353
悪文の魅力‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 359
歴史と文学‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 361
文化映画雑感‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 367
ラゲエ神父‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 373
ことばと常識‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 378
牧野信一‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 382
あけら菅江‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 387
鴎外についての対話‥‥‥‥‥‥‥‥ 391
ヴァレリイ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 401
マラルメ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 408
バルザック‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 415
スタンダル‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 422
アナトール・フランス‥‥‥‥‥‥‥ 428
祈祷と祝詞と散文‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 434
二葉亭四迷‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 451
岩野泡鳴‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 479
岡本かの子‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 507
評論・随筆 一‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 531
偶感‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 533
「背徳者」訳文の脱字‥‥‥‥‥‥‥ 535
ジイドの「日記」に就いて‥‥‥‥‥ 538
ジイドの顔‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 541
Nadjaにふれて ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 543
モンテーニュの「徳」に就いて‥‥‥ 546
年齢‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 557
私小説の読者として‥‥‥‥‥‥‥‥ 560
ドストイエフスキイ‥‥‥‥‥‥‥‥ 563
政治的無関心‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 566
質問提出‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 572
降りみ降らずみ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 576
不思議な達人‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 579
古風な話‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 581
百 随筆に就いて‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 585
福岡の思出‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 589
魔法‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 593
何でもない文章‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 595
批評の混乱‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 598
貯金・富籤・発明‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 600
読書法に就いて‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 605
文学の今日‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 608
特許権‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 615
鴎外とリルケ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 617
散文小史‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 621
柳の説‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 630
善隣の文化に就いて‥‥‥‥‥‥‥‥ 635
生活と言葉‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 642
記号と言葉‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 648
概念と言葉‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 654
神のかなしみ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 660
歴史小説について‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 662
*解題(鈴木貞美)‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 671
 

第13巻 評論・随筆 1990.2.27
 
夷斎筆談‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 9
面貌について‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥12
娯楽について‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥28
沈黙について‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥44
恋愛について‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥61
権力について‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥80
風景について‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 104
技術について‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 114
悪運について‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 127
仕事について‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 138
夷斎俚言‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 151
ジイドむかしばなし‥‥‥‥‥‥‥‥ 153
乱世雑談‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 162
芝居ぎらひ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 171
論争ばやり‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 183
中間物とは何か‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 195
金銭談‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 207
模倣の効用‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 220
孤独と抵抗‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 234
芸術家の永遠の敵‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 249
芸術家の人間条件‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 264
歌ふ明日のために‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 279
フィルムあれこれ‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 294
ニヒルと政治‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 306
革命とは何か‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 321
夷斎清言‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 337
ワビ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 340
花‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 355
髪‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 368
袋草紙‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 381
和歌押韻‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 397
蝦夷日誌‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 413
譜‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 426
狂歌百鬼夜狂‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 439
珍珠舩‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 454
和訓‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 467
畸人‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 481
東坡禅喜‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 496
諸国畸人伝‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 511
小林如泥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 513
算所の熊九郎‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 532
駿府の安鶴 附 あんばい松五六〇‥ 545
都と一坊扇歌‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 565
細谷風翁‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 579
井月‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 596
鈴木牧之‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 614
阿波のデコ忠‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 638
武田石翁‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 657
阪口五峰‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 675
*解題(鈴木貞美)‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 699


第14巻 評論・随筆 1990.4.30
 
夷斎饒舌‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 9
戦中遺文‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥11
太宰治昇天‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥31
雑談‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥43
ニセモノ記‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥52
石濤‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥64
首尾‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥68
歌仙‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥78
だから,いはないことぢやない ‥‥‥ 110
坂口安吾との往復書簡‥‥‥‥‥‥‥ 119
安吾のゐる風景‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 138
ホテル気質‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 154
安部公房著「壁」序‥‥‥‥‥‥‥‥ 158
安部公房君鐫印‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 162
すだれ越し‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 164
一虚一盈‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 168
人生ノート‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 183
墓とホテルと…‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 203
京伝頓死‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 209
古書評判 烏鷺覚贋奥儀(ウロオボエニセノオクノテ)‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 214
日本語と漢語‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 234
家宝拝見 文化焼底割釜(ブンカヤキソコハワレガマ)‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 241
蜀山断片‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 246
六世歌右衛門‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 249
敗荷落日‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 253
独立の精神について‥‥‥‥‥‥‥‥ 261
秋成私論‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 269
樊噌下の部分について‥‥‥‥‥‥‥ 280
初芝居三ツ物‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 283
自由について‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 285
五十音図について‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 293
蕪村風雅‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 296
遠くから見たアルベール・カミュ‥‥ 305
夷斎遊戯‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 313
南画大体‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 315
雑‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 373
政治についての架空演舌‥‥‥‥‥ 375
ことばに手を出すな‥‥‥‥‥‥‥ 386
寄酒祝‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 405
自転車とカボチャと‥‥‥‥‥‥‥ 407
横綱の弁‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 410
京都ぶらぶら‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 411
一冊の本‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 414
わが小説‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 417
夷斎遊戯‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 421
芝居‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 423
宇野浩二‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 435
十日の旅‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 447
昼譚鶏肋について‥‥‥‥‥‥‥‥ 459
細香女史‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 470
ドガと鳥鍋と‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 484
即興‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 495
読まれそこなひの本‥‥‥‥‥‥‥ 507
武林無想庵‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 520
スカパン‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 533
小といふ字のつくもの‥‥‥‥‥‥ 546
文学賞‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 555
レス・ノン・ヴェルバ‥‥‥‥‥‥‥ 563
車‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 565
禅‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 574
道具‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 583
居所‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 592
型‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 602
アメリカ村‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 611
*解題(鈴木貞美)‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 625
 

第15巻 評論・随筆 1990.6.25
 
夷斎小識‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥11
わが万太郎‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥13
不幸でなさすぎる‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥18
京劇雑感‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥20
二十七歳の達観‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥24
三好達治‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥27
宗達雑感‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥50
ドナルド・キーン著「能」(英文)序‥54
倫敦塔その他‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥59
大みそかの夕‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥62
坂口三千代著「クラクラ日記」序‥‥‥65
ゼロックス‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥67
革命家の夢‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥69
読み癖‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥72
仏界魔界‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥75
めぐりめぐつて‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥81
無法書話‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥84
「中国の孝道」を読む‥‥‥‥‥‥‥‥98
ダダについて‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 106
吉備路‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 110
千田是也の手‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 113
文学談断片‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 116
タケノコの説‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 124
無害は有害といふこと‥‥‥‥‥‥‥ 127
本居宣長‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 131
高志高興‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 156
舌を結ぶ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 159
西游日録‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 167
文林通言‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 303
昭和四十四年十二月‥‥‥‥‥‥‥‥ 305
昭和四十五年一月‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 314
昭和四十五年二月‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 323
昭和四十五年三月‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 332
昭和四十五年四月‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 341
昭和四十五年五月‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 350
昭和四十五年六月‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 359
昭和四十五年七月‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 368
昭和四十五年八月‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 377
昭和四十五年九月‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 386
昭和四十五年十月‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 395
昭和四十五年十一月‥‥‥‥‥‥‥‥ 404
昭和四十五年十二月‥‥‥‥‥‥‥‥ 413
昭和四十六年一月‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 422
昭和四十六年二月‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 431
昭和四十六年三月‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 440
昭和四十六年四月‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 449
昭和四十六年五月‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 458
昭和四十六年六月‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 467
昭和四十六年七月‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 476
昭和四十六年八月‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 485
昭和四十六年九月‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 494
昭和四十六年十月‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 503
昭和四十六年十一月‥‥‥‥‥‥‥‥ 512
人名索引目録順‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 521
評論・随筆 二
善人悪人‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 525
追儺‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 529
リルケ「駆落」‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 530
坂口安吾を悼む‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 531
因縁深きか浅きか‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 537
思想は食へるものか‥‥‥‥‥‥‥‥ 540
私のさかな‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 543
俳諧萩すゝき‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 544
世界は金色‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 546
双璧‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 549
“人間”との対面‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 552
安房白浜‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 554
詩的回想断片‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 556
安部君の車‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 560
めぐりあひ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 563
*解題(鈴木貞美)‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 569

 

第16巻 評論・随筆 1991.8.20
 
前賢余韻‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥11
津和野‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥13
山田温泉‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥21
東条琴台碑‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥26
奈良‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥30
 斎消息‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥48
奈良再遊‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥76
京の墓‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥91
三木竹二‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 150
江戸文学掌記‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 219
遊民‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 221
百人選‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 229
山家清兵衛‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 239
墨水遊覧‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 253
山東京伝‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 260
横井也有‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 281
其角‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 314
長嘯子雑記‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 341
夷斎風雅‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 405
夷斎風雅‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 407
忘言‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 409
金沢‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 412
趣向‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 415
d j  vu ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 418
いのちはみじかし‥‥‥‥‥‥‥‥ 421
才覚‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 424
物くれること‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 428
心中‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 431
儒は俗か‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 434
狐‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 437
ばけもの‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 440
神崎与五郎‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 443
続夷斎風雅‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 447
神仙‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 449
たばこ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 453
彗星‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 457
雅俗‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 461
養老‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 466
偽書‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 470
旅‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 475
おらんだ咄‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 479
苦楽‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 483
古書‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 487
夙慧‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 491
蓼太の句その他‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 495
評論・随筆 三‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 499
大和国原‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 501
コスモスの夢‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 504
江戸文学について‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 508
閑谷学校‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 519
回想断片‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 523
一夜百詠‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 525
荻生椿‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 529
玉堂風姿‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 536
恩人‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 544
病草紙断簡‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 547
四畳半襖の下張裁判について‥‥‥‥ 549
北京独吟‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 555
附 元の仏画のこと‥‥‥‥‥‥‥ 597
文学と生活‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 602
花たちばな‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 610
椿‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 614
山越阿弥陀図‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 620
コント・クリュエルについて‥‥‥‥ 622
湯ぶくれの歌‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 625
西遊五月の花‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 629
年をへて‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 648
宿なし日記‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 650
武満徹断片‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 656
*解題(鈴木貞美)‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 659

 

第17巻 古典新釈 1990.10.30
 
新釈古事記‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 9
上巻‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥11
中巻‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥79
下巻‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 148
新釈雨月物語‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 201
白峯‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 203
菊花の約‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 215
浅茅が宿‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 228
夢応の鯉魚‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 240
仏法僧‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 249
吉備津の釜‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 261
蛇性の淫‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 273
青頭巾‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 299
貧福論‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 309
新釈春雨物語‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 321
血かたびら‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 324
天津処女‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 336
海賊‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 345
目ひとつの神‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 353
樊噌(上)‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 359
樊噌(下)‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 377
 癖談‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 399
上‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 401
下‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 416
諸道聴耳世間猿‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 433
要害は間にあはぬ町人の城郭‥‥‥‥ 435
孝行は力ありたけの相撲取‥‥‥‥‥ 442
器量は見るに煩悩の雨舎‥‥‥‥‥‥ 448
身過はあぶない軽業の口上‥‥‥‥‥ 455
昔は抹香烟たからぬ夜咄‥‥‥‥‥‥ 462
浮気は一花嵯峨野の片折戸‥‥‥‥‥ 469
西山物語‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 477
巻の上‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 479
こがねの巻‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 479
かへの巻‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 482
太刀の巻‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 485
巻の中‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 489
あやしの巻‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 489
琴の巻‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 493
文の巻‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 495
わかれの巻‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 498
巻の下‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 503
露の巻‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 503
よみ(黄泉)の巻‥‥‥‥‥‥‥‥ 510
ほぎ(寿)の巻‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 516
宇比山踏‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 519
*解題(鈴木貞美)‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 565


 

第18巻 翻訳 1992.4.20
 
翻訳
「女と影」の考察(ルビエンスキイ)‥ 7
赤い百合(アナトール・フランス)‥‥13
背徳者(アンドレ・ジイド)‥‥‥‥ 279
法王庁の抜け穴(アンドレ・ジイド)‥‥ 423
ドン・ジュアン 五幕(モリエル)‥ 687
ル・シシリヤン 舞踊劇一幕(モリエル)‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 761
ステファンヌ・マラルメの美学(カミイユ・モオクレエル)‥‥‥‥‥‥‥‥ 789
マックス・スティルネルと個人主義(アンドレ・ジイド)‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 795
ニイチェ(アンドレ・ジイド)‥‥‥ 801
人間ぎらひ 五幕(モリエル)‥‥‥ 815
タルテュフ 五幕(モリエル)‥‥‥ 885
アメリカ三九年(アンドレ・モオロア)‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 967
エドメ〔一名,当りを取つた慈善〕(アナトオル・フランス)‥‥‥‥‥‥‥‥1013
*解題‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥1021
 

第19巻 雑纂・著作年譜・書誌・参考文献 1992.12.15
 
補遺〔小説〕
義経‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 9
列子‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥29
雑纂
句歌‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥41
春一日 二句‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥42
「風流陣句会抄四月」二句‥‥‥‥‥42
「江の島句会記」二句‥‥‥‥‥‥‥42
「風薫る初夏の文壇句会」一句‥‥‥42
「涼風文壇句会」二句‥‥‥‥‥‥‥43
グラビア「顔」の句‥‥‥‥‥‥‥‥43
「水の上の文壇句」二句‥‥‥‥‥‥43
「現代日本文学全集49」揮毫の句‥‥43
「文壇初午句会」二句‥‥‥‥‥‥‥43
「日本国民文学全集27」揮毫の句‥‥43
「文士の筆跡」揮毫の二首‥‥‥‥‥44
「現代日本文学館31 附録」一首 ‥‥44
「日本文学全集69」揮毫の歌‥‥‥‥44
「文人俳句歳時記」三句‥‥‥‥‥‥44
「現代日本文学大系76」揮毫の歌‥‥45
「石川淳の自選作品」揮毫の歌‥‥‥45
歌仙「新酒の巻」発句‥‥‥‥‥‥‥45
「波」表紙揮毫の句‥‥‥‥‥‥‥‥45
増補版「石川淳全集14」揮毫の歌‥‥45
堀辰雄宛書簡二句‥‥‥‥‥‥‥‥‥46
「石川淳選集」内容見本揮毫の句‥‥46
歌仙「旅衣の巻」発句‥‥‥‥‥‥‥46
歌仙「市に五虎の巻」発句‥‥‥‥‥46
歌仙「初霞の巻」発句‥‥‥‥‥‥‥46
農協コマーシャルの句‥‥‥‥‥‥‥46
「海燕」追悼対談に紹介の二句‥‥‥47
「すばる追悼記念号」口絵所載の句と歌‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥47
讃‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥49
佐藤亞土版画集「巴里」讃‥‥‥‥‥50
短文‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥59
うまやばし‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥60
定期公演に夢を‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥62
書評‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥63
挨拶―若園清太郎著「バルザックの生涯」出版記念‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥64
辰野隆・本田喜代治共著「モリエール」‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥66
ヘルマン・ヘッセ著,佐藤晃一訳「知と愛の物語」‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥69
城左門著「終の栖」‥‥‥‥‥‥‥‥71
小林秀雄著「近代絵画」‥‥‥‥‥‥73
堀田善衛著「河」‥‥‥‥‥‥‥‥‥75
序・跋・解説‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥77
アンドレ・ジイド著,山内義雄訳「狭き門」 跋‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥78
「森鴎外集」上・下巻 解説‥‥‥‥84
永井荷風著「 東綺譚」 解説‥‥‥94
沢渡恒作品集「夢のはて」 序‥‥ 100
「森鴎外集」 解説‥‥‥‥‥‥‥ 103
丸谷才一著「食通知つたかぶり」 序‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 112
杉本つとむ著「江戸時代蘭語学の成立とその展開」 あとがき‥‥‥‥‥ 114
辻嘉一著「味覚三昧」 序‥‥‥‥ 116
「探訪 北越雪譜の世界」 序‥‥ 118
推薦文・帯文‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 121
島尾敏雄著「贋学生」‥‥‥‥‥‥ 122
福永武彦著「冥府」‥‥‥‥‥‥‥ 123
坂口安吾著「保久呂天皇」‥‥‥‥ 124
加藤周一著「ある旅行者の思想」‥ 125
丸谷才一著「エホバの顔を避けて」‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 127
佐江衆一著「すばらしい空」‥‥‥ 128
野口武彦著「江戸文学の詩と真実」‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 129
吉田健一著「ポエティカ」第一巻‥ 130
「宗左近詩集」‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 131
内容見本掲載文‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 133
おそるべき隣人―「坂口安吾選集」‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 134
蛇か,蛇ならず―「中野重治全集」‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 135
古典の精神を今日のことばに―「古典日本文学全集」‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 136
われわれはどう見るか―「中国詩人選集二集」‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 137
かならず全集を―「校本 芭蕉全集」‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 138
推薦者の言葉―「大杉栄全集」‥‥ 139
近代の收束―「三好達治全集」‥‥ 140
飛花讃―「唐木順三全集」‥‥‥‥ 142
この巨大なるもの―「定本 坂口安吾全集」‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 144
学ぶべく奪ふべし―「本居宣長全集」‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 145
ラテン文明の粋―「カザノヴァ回想録」‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 147
花の魔術師―「渋沢龍彦集成」‥‥ 148
世界観上の清音―「国宝池霞樵謝春星十便十宜画冊」‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 149
ダリの宇宙―「ダリ」‥‥‥‥‥‥ 151
図版をよろこぶ―「書道芸術」‥‥ 152
年年の雪―「荷風全集」‥‥‥‥‥ 153
賢人の書―「林達夫著作集」‥‥‥ 155
礼楽の門―「鴎外全集」‥‥‥‥‥ 156
身銭をきってあそぶ学問―「山口剛著作集」‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 158
風神の袋―「宇野浩二全集」‥‥‥ 160
不朽の大業―「荻生徂徠全集」‥‥ 161
華麗なる焚書―「三島由紀夫全集」‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 162
今日の黄昏―「福永武彦全小説」‥ 163
単純にして荘厳―「岡本かの子全集」‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 164
色道大鏡に寄す‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 165
波瀾の世界観―「古事記注釈」‥‥ 167
安東次男著作集に寄す‥‥‥‥‥‥ 168
三古会の著述に寄す―「近世の学芸」‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 169
漱石書画集に寄す‥‥‥‥‥‥‥‥ 170
芥川龍之介全集に寄す‥‥‥‥‥‥ 171
洒落本大成に寄す‥‥‥‥‥‥‥‥ 173
加藤周一著作集に寄す‥‥‥‥‥‥ 175
渋沢龍彦著作集に寄す‥‥‥‥‥‥ 176
漱石と私―「漱石全集」‥‥‥‥‥ 178
大田南畝全集に寄す‥‥‥‥‥‥‥ 179
選評‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 181
芥川龍之介賞選評‥‥‥‥‥‥‥‥ 182
(第四十七回)少数の異議‥‥‥ 182
(第四十八回)あるべくしてあらず‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 183
(第四十九回)どうにもならぬ‥ 184
(第五十回)次善の一篇‥‥‥‥ 185
(第五十一回)不可避な傷痕‥‥ 186
(第五十二回)力よわし‥‥‥‥ 188
(第五十三回)才能は認める‥‥ 189
(第五十四回)ともかく待つ‥‥ 190
(第五十五回)こまった状況‥‥ 190
(第五十六回)不毛の地から‥‥ 191
(第五十七回)最後の二篇‥‥‥ 192
(第五十八回)該当するものなし‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 193
(第五十九回)ざつと一筆‥‥‥ 194
(第六十回)三篇三態‥‥‥‥‥ 195
(第六十一回)ただこのスタイルを‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 196
(第六十二回)作用して来るもの‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 197
(第六十三回)私見‥‥‥‥‥‥ 198
(第六十四回)一本の杭‥‥‥‥ 199
(第六十五回)一つえらぶとすれば…‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 200
太宰治賞選評‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 202
(第一回)明年を待つ‥‥‥‥‥ 202
(第二回)まづ表現から‥‥‥‥ 203
(第三回)手づまり‥‥‥‥‥‥ 204
(第四回)前途多難‥‥‥‥‥‥ 205
(第五回)無きが中より‥‥‥‥ 206
「大仏次郎賞」に期待する‥‥‥‥ 207
発見したい未知の価値‥‥‥‥‥ 207
大仏次郎賞選評‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 208
第一回‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 208
第二回‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 209
第三回‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 209
第四回 学問根柢に啓発の書物‥ 210
第五回 資料を血肉として再生‥ 211
第六回 通読するに堪える力量‥ 211
第七回 歴史の筋目ただす著作‥ 212
芥川龍之介賞受賞の言葉‥‥‥‥‥‥ 215
浮ばぬ感想‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 216
感銘‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 218
礼儀‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 219
著者の言葉・編者の言葉‥‥‥‥‥‥ 221
C‐F・ラミュズ「悩めるジャン・リュック」叢文閣版―はしがき‥‥‥‥‥ 222
C‐F・ラミュズ「悩めるジャン・リュック」春陽堂世界名作文庫版―おほむね‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 223
「芥川賞全集 石川淳・富沢為男・尾崎一雄」―石川淳略歴‥‥‥‥‥‥ 224
「現代日本文学選集IV」―作者のことば 略歴‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 225
「芥川賞全集第二巻」―後記に代へて‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 226
「石川淳全集」―著者のことば‥‥ 227
「河上徹太郎全集」―編纂のことば‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 229
「石川淳の自選作品」―あとがき‥ 230
「夷斎虚実」―あとがき‥‥‥‥‥ 231
「鴎外選集」―編者のことば‥‥‥ 233
ごめん下さい‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 234
石川淳選集刊行に際して‥‥‥‥‥ 236
「露伴随筆」―編者のことば‥‥‥ 237
アンケート回答‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 239
ハガキ回答―受賞した文学賞の賞金を何にお使ひになりましたか?‥‥‥ 240
スナップ問答‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 241
精神の論理―「「松川裁判と広津和郎」に対するアンケート」に‥‥‥‥ 244
アンケート「日米新安保条約批准について」に‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 245
問と答‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 246
挨拶・談話‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 249
堀田善衛芥川賞受賞記念祝賀会スピーチ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 250
江戸ッ子タンカを切る‥‥‥‥‥‥ 251
判決を聞いて―「四畳半襖の下張」裁判‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 252
英国文明を理解―吉田健一追悼談話‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 253
思想に詩人の感覚―中野重治追悼談話‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 254
「中村真一郎の会」祝辞‥‥‥‥‥ 255
*書誌(鈴木貞美編)‥‥‥‥‥‥‥‥ 257
*I 作品発表年表‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 259
*II 刊本目録 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 345
*参考文献目録(藤本寿彦編)‥‥‥‥ 557
*I 単行本・雑誌特集号‥‥‥‥‥‥ 559
*II 編年体参考文献一覧 ‥‥‥‥‥ 567
*解題(鈴木貞美)‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 635

[ 2011/01/22 01:40 ] 石川淳 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール
本サイトでは管理人が趣味で作成したデータベースを公開しています。著作権等の知的財産権を侵害する意図はありません。ご要望のある方はお知らせください。速やかに対応致します。なお、データの無断複製・転載はお断りしています。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。