研究余録 ~全集目次総覧~ TOP  >  スポンサー広告 >   >  上野葉子 >  『葉子全集』全2巻

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『葉子全集』全2巻

『葉子全集』全2巻(田島龍夫、1928.10~1928.11)



第1巻 俳句 歌 評論 1928.11.28
 
はしがき‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 1
上野葉子女史を懐ふ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 5
思ひ出(君子)‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥25
葉子さんの思ひ出(成瀬無極)‥‥‥‥‥32
思ひ出の断片(有田道)‥‥‥‥‥‥‥‥41
彼女のことども(七夫)‥‥‥‥‥‥‥‥47
病中雑感‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 1
大正十一年の春私達は京都に移った而して大正十五年の暮れ名古屋へ来るまで五ケ年の春秋を京都で過した其の間の雑記帳の中から‥‥43
大正六年十月から大正八年十月まで私の英国に行ってゐた留守の間妻と子供は鎌倉に住んでゐた其の折り折りのかきざしから。‥‥87
大正四五年頃のものから‥‥‥‥‥‥‥ 109
京都黒谷にて‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 111
女‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 113
大正四年の初秋の頃‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 120
最後のねがひ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 120
お産ごつこ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 123
大正十一年ごろ京都嵐峡に遊べる‥‥‥ 127
大正七年八月十八日私の洋行中鎌倉にて老母を失ひて‥‥ 130
大正二年の春私は官命を帯びて上海に出張した其留守のをりをり‥‥ 133
明治四十二、三年福井時代のころ‥‥‥ 143
やるせなき愁‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 143
草によする思‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 149
夕栄‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 150
見出されぬ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 151
浮世の巌‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 153
あゝ八年‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 154
紅の泉‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 155
家出‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 155
汽車の旅‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 156
明治四十二三年福井時代のころ‥‥‥‥ 160
手術するまで‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 182
あるいさかひ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 204
奈良に旅して‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 238
よしなしごと‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 238
月西に傾く‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 243
若狭和田浜にて‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 247
一歩とびのいて‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 248
婦人問題と文部省の態度‥‥‥‥‥‥‥ 252
我が家庭‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 265
痛みと芸術と‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 266
人形の家より女性問題へ‥‥‥‥‥‥‥ 281
「ルーヂンを弔ふ」‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 331
進化上より見たる男女‥‥‥‥‥‥‥‥ 343
超脱俗観‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 358
超脱俗観‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 368
「性」について‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 385
新しい女のために‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 404
芝居ごつこと顔‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 411
骸骨を抱いて‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 418
枕草紙現代語訳抄‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 446
私への最後の手紙‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 462
興津の病床から遥への手紙‥‥‥‥‥‥ 465
 

第2巻 1928.10.24
 
はしがき
雑音の中より‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 1

[ 2011/01/24 00:41 ] 上野葉子 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール
本サイトでは管理人が趣味で作成したデータベースを公開しています。著作権等の知的財産権を侵害する意図はありません。ご要望のある方はお知らせください。速やかに対応致します。なお、データの無断複製・転載はお断りしています。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。