研究余録 ~全集目次総覧~ TOP  >  スポンサー広告 >   >  梅崎春生 >  『梅崎春生全集』全7巻

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『梅崎春生全集』全7巻

『梅崎春生全集』全7巻(新潮社、1966.10~1967.11)



第1巻 1966.10.10
 
桜島‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 9
崖‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥45
日の果て‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥69
埋葬‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 107
失われた男‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 114
B島風物誌 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 128
赤い駱駝‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 162
生活‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 172
ルネタの市民兵‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 181
故郷の客‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 213
無名颱風‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 233
小さな町にて‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 266
水兵帽の話‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 297
万吉‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 301
蟹‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 309
奇妙な旅行‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 319
歯‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 332
山伏兵長‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 339
眼鏡の話‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 344
上里班長‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 352
ある失踪‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 357
演習旅行‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 362
大夕焼‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 369
年齢‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 400
*解題・校訂(古林尚)‥‥‥‥‥‥‥ 413
*解説(本多秋五)‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 423
 


第2巻 1966.12.10
 
地図‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 9
風宴‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥16
微生‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥38
不動‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥62
紐‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥69
蜩‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥78
行路‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥88
ある顛末‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 101
贋の季節‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 114
亡日‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 135
鏡‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 150
鬚‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 158
朽木‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 167
麺麭の話‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 186
蜆‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 202
虹‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 213
飢えの季節‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 235
握飯の話‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 255
仮面‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 263
青春‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 277
虚像‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 292
ある男の一日‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 302
猫男‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 315
傾斜‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 326
一時期‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 344
流年‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 356
偽卵‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 366
囚日‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 375
黄色い日日‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 387
*解題・校訂(古林尚)‥‥‥‥‥‥‥ 412
*解説(埴谷雄高)‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 425
 


第3巻 1967.1.10
 
輪唱‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 9
赤帯の話‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥19
黒い花‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥29
破片‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥63
莫邪の一日‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥71
是好日‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥71
黒い紳士‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥80
溶ける男‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥96
ヒョウタン‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 106
指‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 108
拾う‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 120
山名の場合‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 132
Sの背中 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 164
春の月‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 186
A君の手紙 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 228
カロ三代‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 254
服‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 265
拐帯者‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 267
春日尾行‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 292
雀荘‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 309
クマゼミとタマゴ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 324
大王猫の病気‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 326
ボロ家の春秋‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 338
十一郎会事件‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 373
紫陽花‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 387
侵入者‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 412
ある少女‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 422
*解題・校訂(古林尚)‥‥‥‥‥‥‥ 430
*解説(椎名麟三)‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 445
 


第4巻 1967.2.15
 
砂時計‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 9
猫と蟻と犬‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 223
古呂小父さん‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 235
犬のお年玉‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 239
風早青年‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 250
熊本牧師‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 255
飯塚酒場‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 260
弁慶老人‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 265
西村少年‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 274
時任爺さん‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 280
阪東医師‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 284
葬式饅頭‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 289
遠足‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 297
益友‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 303
小さい眼‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 317
豚と金魚‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 322
井戸と青葉‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 333
雨女‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 345
雨男‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 358
熊本弁‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 403
やぶれ饅頭‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 412
*解題・校訂(古林尚)‥‥‥‥‥‥‥ 436
*解説(中村真一郎)‥‥‥‥‥‥‥‥ 453
 


第5巻 1967.3.30
 
つむじ風‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 7
ピンポンと日蝕‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 316
ある青春‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 325
その夜のこと‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 332
冬の虹‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 342
尾行者‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 361
ポストの嘆き‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 370
百円紙幣‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 374
狸の夢‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 384
青春‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 398
*解題・校訂(古林尚)‥‥‥‥‥‥‥ 424
*解説(小松伸六)‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 427
 


第6巻 1967.5.10
 
日時計(殺生石)‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 7
庭の眺め‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥50
空の下‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥56
三日間‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥67
犯人‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥90
魚の餌‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 104
突堤にて‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 108
炎天‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 115
モデル‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 119
凡人凡語‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 126
記憶‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 140
狂い凧‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 152
仮象‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 273
朱色の天‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 299
幻化‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 336
*解題・校訂(古林尚)‥‥‥‥‥‥‥ 416
*解説(山本健吉)‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 423
 


第7巻 1967.11.15
 

死床‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥19
カラタチ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥20
嵐‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥20
追憶‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥21
創痍‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥22
海‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥23
時雨‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥23
春‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥24
空虚なる展望‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥25
断層‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥26
秋の歌‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥28
三十二歳‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥28
鴉‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥29
己を語る‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥30
誓文(戯文)‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥30
烏賊干場風景‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥31
エッセイ I
映画「硫黄島の砂」をみて‥‥‥‥‥‥33
『コンティキ号漂流記』‥‥‥‥‥‥‥34
伊藤整‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥34
三好十郎‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥36
チャップリンの「殺人狂時代」‥‥‥‥38
憤りと抗議の長詩―許南麒著『巨済島』―‥‥39
不当の犠牲者達―『あれから七年』『壁あつき部屋』―‥‥41
戦争のもつ悪に反抗―レマルク著『生命の火花』―‥‥41
『ケイン号の叛乱』 ハーマン・ウォーク著‥‥42
その表情―原民喜さんのこと―‥‥‥‥43
現代への執着‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥44
チャップリン、コクトオ、ディズニイ‥45
『悪い仲間』 安岡章太郎著‥‥‥‥‥47
私の小説作法‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥48
私の創作体験‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥51
野間宏‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥57
金史良のこと‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥58
左手の文学―「駅前旅館」論―‥‥‥‥60
憂鬱な青春‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥62
「崖」について‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥69
編集者の頃‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥70
『桜島』のこと‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥73
わが小説‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥74
八年振りに訪ねる―桜島―‥‥‥‥‥‥76
『桜島』―「気宇壮大」なあとがき―‥77
「崖」を書いた頃‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥77
私の小説作法‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥78
エッセイ II
現代風俗と小説‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥80
身振りの文学‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥81
エゴイズムに就て‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥82
茸の独白‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥83
世代の傷痕‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥85
ランプの下の感想‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥88
人間回復‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥93
日本的空白について‥‥‥‥‥‥‥‥‥95
衰頽からの脱出‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥99
大きな共感の下で‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 102
蝙蝠の姿勢‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 103
若い作家の弁‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 104
蟻と蟻地獄‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 106
天皇制について‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 111
道路のことなど‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 116
近頃の若い者‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 120
文学青年について‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 125
食生活について‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 130
妙な違和感‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 135
法師蝉に学ぶ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 136
二塁の曲り角で‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 137
神経科病室にて‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 142
只今横臥中‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 147
聴診器‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 149
閑人妄想‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 152
エッセイ III
浅草と私‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 155
終戦のころ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 156
吾妻橋工場見学‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 161
私はみた‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 163
警官隊について‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 166
変貌した本郷界隈‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 167
保安隊航空学校見聞記‥‥‥‥‥‥‥ 169
靖国神社例大祭‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 176
無事平穏の後味―今年のメーデー―‥ 177
ダムでの感想‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 179
今や紳士になった街―池袋‥‥‥‥‥ 180
国会議事堂‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 183
ヌード撮影場‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 184
砂川‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 186
うたごえ酒場‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 193
院生‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 195
エッセイ IV
チョウチンアンコウについて‥‥‥‥ 197
博多美人‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 198
昔の町‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 199
日記のこと‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 200
小品 メシ粒‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 201
強情な楽天家―妻を語る―‥‥‥‥‥ 202
烏鷺近況‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 203
幾年故郷来てみれば―福岡風土記―‥ 206
悪酒の時代―酒友列伝―‥‥‥‥‥‥ 212
夜戦‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 218
空費された青春‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 219
流感記‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 220
未見の風景‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 222
ハゼ釣り記‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 223
郵便のことなど‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 225
蓼科秋色‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 228
懲治部隊‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 229
男兄弟‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 231
道と人権‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 233
あさって会‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 234
押し売り‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 236
交友について‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 237
ヌカゴのことなど‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 241
私のノイローゼ闘病記‥‥‥‥‥‥‥ 243
わが兵歴‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 250
暴力ぎらい‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 252
胸に残る強い郷愁―熊本と私―‥‥‥ 257
母を語る‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 258
病床日記‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 259
小学校歌の作詞‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 264
環状七号線‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 266
宇宙線‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 267
好きな作家‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 267
弓流し‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 268
推理小説‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 268
人の師表‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 269
M式二十一箇条 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 270
憂楽帳‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 271
PTA会長 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 271
人口が半減すれば‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 271
クツの付属物‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 272
切手集め‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 272
かん違い‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 273
続「乱れ髪」‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 274
文士のスタイル‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 274
こわいもの‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 275
腹芸‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 275
アリ地獄‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 276
外人の眼‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 277
街に死ぬ覚悟‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 277
あまり勉強するな‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 278
南風北風‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 279
博多の食べもの‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 279
てんぷらウドン‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 280
さつま揚げ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 281
笑いんしゃい‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 282
葉室少年‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 283
伊崎浜‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 284
水泳正科‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 285
譚海‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 287
乱読‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 288
悪役‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 289
マメ本‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 290
福日図書館‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 291
多情多恨‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 292
チャンバラ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 293
活動写真‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 294
五高見参‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 295
寮費一円‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 297
文学青年‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 298
人間の生命は地球より重い‥‥‥‥‥ 299
責任‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 300
モデル小説‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 301
四月ばか‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 302
うんとか すんとか‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 304
仰げば尊し‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 304
四つんばいになるな‥‥‥‥‥‥‥‥ 307
被告は職業ではない‥‥‥‥‥‥‥‥ 309
酒のサカナに肝臓薬‥‥‥‥‥‥‥‥ 312
「声なき声」の正体‥‥‥‥‥‥‥‥ 315
夫婦喧嘩中の訪客‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 318
一億総鉄カブト‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 321
味方同士の喧嘩‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 323
おせっかいの鐘‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 326
桜島の八月十五日‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 329
字の上手下手‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 332
インチキの許容量‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 334
美談にもの申す‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 337
三代目の個人主義‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 340
外国に恥かしいとは‥‥‥‥‥‥‥‥ 343
即席文化‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 345
戦争が始まった日‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 348
税金払って腹が立つ‥‥‥‥‥‥‥‥ 351
女中天下の家‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 353
人間通行止‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 356
うまくてタダの井戸水‥‥‥‥‥‥‥ 359
赤字路線は犯罪である‥‥‥‥‥‥‥ 362
痛いものは痛い‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 364
教育は学校で十分‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 367
なつかしき昔の教科書‥‥‥‥‥‥‥ 370
デパートになった阿蘇山‥‥‥‥‥‥ 372
観光づいて乞食的‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 375
オリンピックより魚の誘致‥‥‥‥‥ 377
ドナギ、タコイカ、骨なし魚‥‥‥‥ 380
文芸時評‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 383
昭和22年6月 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 383
昭和26年4月 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 385
昭和27年6月 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 389
昭和28年3月 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 393
昭和29年4月 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 395
昭和30年1月 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 396
昭和30年12月‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 400
昭和32年12月‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 405
日記‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 409
昭和7年 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 409
昭和8年 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 413
昭和9年 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 419
昭和10年‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 421
昭和11年‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 421
昭和14年‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 440
昭和20年‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 447
昭和21年‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 448
昭和22年‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 449
初期短編補遺
明日‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 452
喪失‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 460
*解題(古林尚)‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 473
*校訂(古林尚)‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 482
*年譜(古林尚)‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 495

[ 2011/01/25 19:34 ] 梅崎春生 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール
本サイトでは管理人が趣味で作成したデータベースを公開しています。著作権等の知的財産権を侵害する意図はありません。ご要望のある方はお知らせください。速やかに対応致します。なお、データの無断複製・転載はお断りしています。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。