研究余録 ~全集目次総覧~ TOP  >  スポンサー広告 >   >  小川国夫 >  『小川国夫全集』全14巻

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『小川国夫全集』全14巻

『小川国夫全集』全14巻(小沢書店、1991.9~1995.11、興善宏編)



1 1992.4.30
 
アポロンの島‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 9
エリコへ下る道‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥11
枯木‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥13
貝の声‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥17
エリコへ下る道‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥23
重い疲れ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥30
アポロンの島‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥41
ナフプリオン‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥43
寄港‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥52
スイスにて‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥57
シシリー島の人々‥‥‥‥‥‥‥‥‥67
エレウシスの美術館‥‥‥‥‥‥‥‥82
アポロンの島‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥87
動員時代‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 123
海と鰻‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 125
箱船‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 129
東海のほとり‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 133
雪の日‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 157
お麦‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 163
夕日と草‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 168
動員時代‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 171
大きな恵み‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 179
海の声‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 181
遊歩道‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 188
大きな恵み‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 192
ボス‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 197
大きな森‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 201
想う人‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 213
遠い百合‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 215
初冬‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 243
二月のノート‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 253
すみ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 263
悲しみ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 277
洗い場‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 287
想う人‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 299
ある日‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 309
重い航跡‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 315
ファンタジア‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 339
リラの頃,カサブランカへ ‥‥‥‥‥ 341
ファンタジア‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 403
テサロニキに病んで‥‥‥‥‥‥‥‥ 459
愛の種族‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 471
傾いた公園‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 473
二つの顔‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 483
マグレブ急送‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 487
*編集後記‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 499
 

2 1992.8.20
 
生のさ中に‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 9
生のさ中に‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 9
里にしあれば‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥11
物と心‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥15
役者たち‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥17
巨人伝説‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥24
再臨派‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥33
相良油田‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥42
解らない道具‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥61
コートにて‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥67
高砂族‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥70
三月‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥74
爽かな辻‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥78
平地の匂い‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥82
海峡と火山‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥87
修道士の墓地‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥98
エンペドクレスの港‥‥‥‥‥‥‥ 122
警備隊のいる町‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 130
スパルタ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 141
施療病室‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 156
軍艦‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 165
ヴァランスまで‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 171
ゲラサ人の岸‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 184
旅の痕跡‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 202
アポロナスにて‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 204
海からの光‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 209
青年司祭‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 211
速い馬の流れ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 213
崖への往復‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 220
人隠し‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 230
五十海‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 245
青年司祭‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 251
白い息‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 254
地中海の漁港‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 261
支倉常長‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 263
地中海の漁港‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 271
鞭打苦行者‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 317
遥かな日本‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 319
鞭打苦行者‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 323
アンダルシアの本‥‥‥‥‥‥‥‥ 327
自殺‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 329
闘牛の日‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 336
ジブラルタル海峡‥‥‥‥‥‥‥‥ 342
父と子‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 353
カナリア群島‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 355
行く者残る者‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 363
曝露記事‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 382
海難の後‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 393
二百九人の死‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 401
父と子‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 406
海からの光‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 419
海からの光‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 421
流域‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 431
心臓‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 433
先生の下宿‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 453
消えた青年‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 461
夜の水泳‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 479
終の住家へ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 487
姉弟‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 495
*編集後記‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 505
 

3 1992.1.30
 
悠蔵が残したこと‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 7
悠蔵が残したこと‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 9
影の部分‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥35
違約‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥73
サラゴザ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥97
大亀のいた海岸‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 127
アフリカン・ナイト‥‥‥‥‥‥‥‥ 147
港にて‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 175
河口の南‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 201
入江の家族‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 243
試みの岸‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 267
試みの岸‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 269
黒馬に新しい日を‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 403
静南村‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 481
*編集後記‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 573
 

4 1991.11.20
 
或る聖書‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 7
一部 ともに在りし時‥‥‥‥‥‥‥‥ 9
二部 なぜ我を棄てたまいしか‥‥‥‥67
三部 その血は我に‥‥‥‥‥‥‥‥ 159
アフリカの死‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 247
エル・キーフの傷‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 249
甘い砂‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 327
ゲヘナ港‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 371
*編集後記‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 485
 

5 1992.11.20
 
彼の故郷‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 7
海鵜‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 9
或る熱意‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥19
火喰鳥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥33
狙う人‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥41
異邦の駅‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥63
あじさしの洲‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥81
翔洋丸‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥95
彗星‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 117
梟たち‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 127
キャンプ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 141
伸子の体‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 155
モルヒネを‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 177
六道の辻‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 189
アナザ・ギャング‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 205
青銅時代‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 235
青銅時代‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 235
闇の力‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 399
酷愛‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 401
闇の力‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 445
*編集後記‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 511
 

6 1991.9.20
 
若潮の頃‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 7
旅役者‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 9
砂丘‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥85
親父の血痕‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 121
石の夢‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 211
火の夢‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 243
逸民‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 267
海の囚人‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 269
崖の絵‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 287
自殺‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 303
放蕩息子‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 323
幻の家族‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 343
欠落の秋‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 361
手強い少年‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 381
逸民‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 407
存在証明‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 429
聖女の出発‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 453
鷺追い‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 477
単車事故‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 501
*編集後記‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 521
 

7 1993.2.20
 
王歌
王歌‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 7
血と幻
十二族‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 233
キリガミロイ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 247
マンドラキ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 267
光と闇‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 295
血と幻‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 309
塵に‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 335
遠つ海の物語
遠つ海の物語‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 353
*編集後記‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 437
 

8 1995.11.20
 
跳躍台
I
小さな花‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥11
鷲‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥41
跳躍台‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥65
肋骨‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥87
II
憂いの日‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 135
駅の明り‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 155
天の本国‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 165
舞踊団の思い出‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 179
黙っているお袋
接触する獣‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 213
函館附近‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 229
他界‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 247
黙っているお袋‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 277
こうの他界‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 297
幾波新道‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 319
幾波回想‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 339
幾波行き‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 359
蛇王
蛇王‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 383
捨子‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 399
骨王‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 415
少年ゴ・ニクレ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 441
*編集後記‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 449
 

9 1993.5.20
 
或る過程
或る過程‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 7
遊子随想
遊子随想‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 219
瘠せた青鬼‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 221
新しい友達‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 252
ローヌ・デルタ‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 313
永遠の都へ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 334
陽炎の道‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 374
葦辺の日々‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 419
*編集後記‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 439
 

10 1995.8.20
 
私の文学観
言葉の星座‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥17
文体‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥21
消えた小説‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥24
建物の石‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥33
インタービュー‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥36
作家のふるさと‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥46
朽ちない冠‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥54
治癒力‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥55
読書遍歴‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥62
なぜ書くかなぜ書かないか‥‥‥‥‥‥66
青春の読書‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥69
書きたくないこと‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥72
命への考察‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥74
リアリズムを越えて‥‥‥‥‥‥‥‥‥87
少年期素描‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥94
言語感覚と言語哲学‥‥‥‥‥‥‥‥‥97
《黒馬に新しい日を》について‥‥‥ 102
なぜ港をうろつくか‥‥‥‥‥‥‥‥ 107
考える規準‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 113
混沌と形成‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 115
体験と文学‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 127
失われた旅‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 135
《リラの頃、カサブランカへ》について‥‥ 140
《兄弟と友達》について‥‥‥‥‥‥ 144
推敲‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 147
超現実主義へのうながし‥‥‥‥‥‥ 152
体験と告白‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 155
内部と外界‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 160
物と心の出会い‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 165
死んでいる私‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 169
《或る聖書》について‥‥‥‥‥‥‥ 173
想像力‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 177
なぜ書くか‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 179
血筋‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 182
主観的照明‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 187
言葉とは何か‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 204
波頭としての人間、その言葉‥‥‥‥ 207
能動的習慣としての言語‥‥‥‥‥‥ 211
眼の苦しみ、眼の喜び‥‥‥‥‥‥‥ 215
志賀と芥川
毀れた武蔵野‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 223
《こゝろ》と《門》‥‥‥‥‥‥‥‥ 236
後悔の価値‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 250
志賀直哉の家‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 252
典型としての家‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 269
志賀文学の魅力‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 273
思い出すままに‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 275
書ききるということ‥‥‥‥‥‥‥‥ 280
一つの読み方‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 288
直哉の夢‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 294
直哉との一会‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 299
仕事と生活‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 306
芥川の聖書‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 307
芥川と私‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 311
室生犀星とその母‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 313
錬金術師の雄‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 318
西東三鬼の幻‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 322
立原道造の脆さ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 328
ア・プリオリの文学‥‥‥‥‥‥‥‥ 333
私の古典
さやにさやげども‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 339
この世に住む自覚‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 343
世阿弥の花‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 350
謡曲‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 355
望月‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 359
仁侠の徒‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 362
孤影とコミューニケイション‥‥‥‥ 365
一人の意味‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 372
一茶の根‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 377
私の外国文学
コーラン‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 385
パスカルと私‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 391
サド寸感‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 393
スタンダール《パルムの僧院》‥‥‥ 395
情熱の法則‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 397
現世と来世‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 403
フランソワ・モーリアック《内面の記録 正・続》‥‥ 408
フォークナーと暴力‥‥‥‥‥‥‥‥ 410
フォークナー断想‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 413
情熱の探究者‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 418
手紙 大橋健三郎へ‥‥‥‥‥‥‥‥ 435
私を先導した作家‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 442
チェーザレ・パヴェーゼの世界‥‥‥ 444
パヴェーゼ《牢獄》《故郷》‥‥‥‥ 449
アレキサンドリア‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 453
アフリカ三篇‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 455
サーレフ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 461
ふたたびサーレフ‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 464
パゾリーニ《アポロンの地獄》‥‥‥ 467
パゾリーニの世界観‥‥‥‥‥‥‥‥ 471
マシーセン《遥かな海亀の島》‥‥‥ 474
自殺へ誘惑する幻想は‥‥‥‥‥‥‥ 477
聖書と私
福音書の理解‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 485
使徒言行録‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 488
外典‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 490
律法‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 495
復活‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 500
ダビデ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 505
旧約聖書と少年時代‥‥‥‥‥‥‥‥ 508
欲望と哲理‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 512
聖書の喩え‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 515
黙示録・呪術空間への関心‥‥‥‥‥ 518
未完成の自作について‥‥‥‥‥‥‥ 522
共同訳《新約聖書》‥‥‥‥‥‥‥‥ 526
聖書の運命‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 530
聖書翻訳‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 533
聖書の表現‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 537
*編集後記‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 539
 

11 1995.1.20
 
天の花 淵の声
夢見る僧―序にかえて‥‥‥‥‥‥‥‥11
蝉丸‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥17
景清‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥39
弱法師‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥59
葵上 野宮‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥75
鉄輪‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥95
羽衣‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 115
井筒‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 135
熊野‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 155
大原御幸‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 173
道成寺‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 195
百万‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 215
融(とおる)‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 235
新天の花 淵の声
鬼について―序にかえて‥‥‥‥‥‥ 263
通小町 卒都婆小町‥‥‥‥‥‥‥‥ 267
松風‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 289
砧‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 309
隅田川‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 327
自然居士‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 349
花筐‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 367
班女‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 383
実盛‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 401
鵜飼‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 421
吉野静‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 441
江口‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 455
西行桜‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 471
*編集後記‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 491
 

12 1994.3.20
 
ヴァン・ゴッホ
ゴッホ紀行‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥15
ゴッホ素描‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 101
アルルの闘牛‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 103
南フランス―セザンヌとゴッホ‥‥ 106
花と血‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 109
言葉の壁‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 112
ゴッホと三人の友人‥‥‥‥‥‥‥ 114
ゴッホの宗教性‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 122
鰊‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 125
鴉の飛ぶ麦畑‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 127
機織り職人‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 131
新編 冷静な熱狂
冷静な熱狂‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 135
猟人ピカソ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 137
ピカソの鳩と牛‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 145
絵の夢―ピカソ‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 147
熱狂した体験―ヴラマンク‥‥‥‥ 150
赤外線のような眼―ムンク‥‥‥‥ 153
ルオー‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 155
日常のなかに―ボナール‥‥‥‥‥ 156
生粋のフランス―モネ、ルノワール、ボナール‥‥ 158
澄んだ湖―ホドラー‥‥‥‥‥‥‥ 161
母胎としての影―ルドン‥‥‥‥‥ 170
セザンヌの場所‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 172
セザンヌと文学‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 181
冷静な熱狂―セザンヌ‥‥‥‥‥‥ 184
日本の線‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 191
日本の線‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 193
時空を超えて―法輪寺の虚空蔵菩薩‥‥ 195
仙 の百丈野鴨子図‥‥‥‥‥‥‥ 197
小林古径《河風》‥‥‥‥‥‥‥‥ 201
鮫をかついで漁師が行く―青木繁《海の幸》‥‥ 202
佐伯祐三‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 205
鳥海青児と闘牛‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 216
夢のなかの私―駒井哲郎‥‥‥‥‥ 222
写実と個性―津田季穂‥‥‥‥‥‥ 225
伊藤勉随想‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 227
物静かな人―小川龍彦‥‥‥‥‥‥ 231
小林ドンゲの呪縛‥‥‥‥‥‥‥‥ 233
栃折久美子の本‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 239
灰色の群れ―野見山暁治、戸田吉三郎、岡本半三、金山康喜、堀内規次‥ 242
池田満寿夫と私‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 246
水と人間―加納光於‥‥‥‥‥‥‥ 249
杉村孝と私‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 254
石彫家―杉村孝‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 257
司修と私‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 259
胸に海が―司修‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 263
司修と田舎の店‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 265
絶句と笑い―司修‥‥‥‥‥‥‥‥ 269
詩へ旅する人―司修‥‥‥‥‥‥‥ 271
幻聴追跡―坂東壮一に‥‥‥‥‥‥ 273
芥子粒のようなもの―白川義員‥‥ 277
既成のイメージからの解放―木村一生‥‥ 279
思索し構想する視覚―吉田勝彦‥‥ 281
スケッチ行‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 284
聖劇・人間劇‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 291
パルテノン神殿‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 293
レプティス・マグナ‥‥‥‥‥‥‥ 310
ササン朝ペルシャの皿‥‥‥‥‥‥ 312
ヴィキング‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 314
聖劇・人間劇―ステンドグラスを尋ねて‥‥ 316
イコン‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 342
非凡な静けさ―ジョットー‥‥‥‥ 345
ボッティチェルリなど‥‥‥‥‥‥ 347
迫真の力―メムリンク‥‥‥‥‥‥ 349
女の自然を―ティツィアーノ‥‥‥ 351
おのずから聖なるものが―レンブラント‥‥ 354
好きな場所―ベックリン《死の島》‥‥ 356
地中海の慰め
聖痕―アッシジのフランシスコ‥‥‥ 359
聖なる百科全書―シャルトル大聖堂‥ 401
かぐわしい香り―ゴーガン‥‥‥‥‥ 427
スペインの思い出‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 465
*編集後記‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 499
 

13 1995.3.30
 
なだれる虹
漂う小舟‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥15
渡仏前後‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥17
漂う小舟‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥21
流れる秋―丹羽正への手紙‥‥‥‥‥34
鉱山の復活祭―丹羽正への手紙‥‥‥36
星を見ると―丹羽正への手紙‥‥‥‥41
語ろう―丹羽正への手紙‥‥‥‥‥‥43
重油―丹羽正への手紙‥‥‥‥‥‥‥46
友情―丹羽正への手紙‥‥‥‥‥‥‥49
エドモン・ロジェ街―丹羽正夫妻への手紙‥‥51
氷塊―母への手紙‥‥‥‥‥‥‥‥‥54
査証(ビザ)を待ちつつ―丹羽正への手紙‥‥56
人種的偏見‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥59
牛とは何か‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥63
学生食堂―丹羽正への手紙‥‥‥‥‥70
野兎の案内‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥71
メッツの新春‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥76
ローヌ川河口‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥79
なだれる虹‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥82
サンチャゴ巡礼‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥97
サンチャゴ巡礼‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥99
旅の中のバッハ‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 171
対照の国で‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 175
中庭―丹羽正への手紙‥‥‥‥‥‥ 177
対照(コントラスト)の国で‥‥‥ 180
カディツに眠る‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 193
タンジェールの思い出‥‥‥‥‥‥ 195
タンジェールへ行った時―姉への手紙‥‥ 198
貧しい青年‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 199
小さすぎる靴―母への手紙‥‥‥‥ 201
雪―義兄への手紙‥‥‥‥‥‥‥‥ 204
貧しい青年‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 207
優しい遺跡‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 208
再会―丹羽正への手紙‥‥‥‥‥‥ 210
若夫婦―丹羽正への手紙‥‥‥‥‥ 217
オリンピア‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 223
アフロディテ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 230
エーゲ海の泊り‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 238
ギリシアで会った奴‥‥‥‥‥‥‥ 242
よすが‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 249
予期しない照明
シシリー島‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 257
驢馬と縞馬‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 259
地中海岸の夜‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 262
さぼてんの国‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 266
シラクサ行きの事情‥‥‥‥‥‥‥ 273
泉伝説‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 277
楽しい光‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 281
自然な身ごなし‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 285
神殿‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 290
チェファルーでの野宿‥‥‥‥‥‥ 298
セーター‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 300
学生通訳‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 307
すばらしい退屈‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 309
列車‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 311
学生通訳‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 316
色と香り‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 320
二つの河口‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 323
藤枝宿‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 325
二つの河口‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 329
大井川の現在‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 336
御座松‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 338
西伊豆の夏‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 342
無文禅師‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 346
二月の雪舟庭‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 349
富士見にて―芥川随想‥‥‥‥‥‥ 356
渡島半島‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 364
北海道の友へ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 376
予期しない照明‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 379
天草灘‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 381
予期しない照明‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 438
大江港高砂屋‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 440
旅とは‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 445
旅とは‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 447
漂泊‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 450
国際的文学への素地‥‥‥‥‥‥‥ 455
旅と定住‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 460
サハラの港
サハラの港‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 465
川の便り‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 467
小さな村‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 469
親密なパリ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 471
ヴェリア博士‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 483
モロッコ・ノートの一ページ‥‥‥ 487
シェッラの門のディディ‥‥‥‥‥ 492
アトラスを越えて‥‥‥‥‥‥‥‥ 496
サハラの港‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 507
南イタリアへ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 511
寒波の冬の想い出‥‥‥‥‥‥‥‥ 517
ヨルダンの水‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 521
機内‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 525
*編集後記‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 531
 

14 1995.10.20
 
回想
小学校五年の時‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥19
本箱と本の想い出‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥25
少年の読書‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥28
文庫本‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥32
鳥と私‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥36
頭上の爆弾‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥39
展覧会‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥41
文章修業‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥43
寒い夏‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥48
自殺について‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥51
解苦‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥55
長期欠席者‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥60
口実‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥63
大森カトリック教会‥‥‥‥‥‥‥‥‥67
重傷者の想い出‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥71
友情‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥76
森有正さんのこと‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥79
酒の想い出‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥84
文芸の会‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥93
青銅時代‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥96
逝ける渡辺克己に‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥98
同伴者‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 101
小説の発想‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 103
郷里
豆本の世界‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 109
現代豆本館‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 112
東名高速道路‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 116
サッカー・コーチ‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 120
思い出の海‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 124
水と土地について‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 127
写本《駿河記》‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 132
二俣・藤枝・静岡‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 134
長い町‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 138
侠客‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 140
街道‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 145
藤枝辺の言いかた‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 149
馬車‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 151
アルゼンチンの文学者‥‥‥‥‥‥‥ 153
出発の不安‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 155
自動車事故にも余裕があった‥‥‥‥ 160
勾玉‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 162
非凡な凡人‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 169
宇津ノ谷峠と私‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 173
夢の大井川‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 178
羽衣‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 183
鰻‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 186
御前崎‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 189
小泉八雲の夢‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 208
朝露を踏んで‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 210
街道と人‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 212
駿河湾西岸‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 215
駿河の人‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 217
新富岳百景
富士と隔絶される人間性‥‥‥‥‥‥ 227
富士幻想‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 238
新富岳百景‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 244
日常
通勤の道で‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 281
金嬉老事件‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 284
テレビは冷淡に‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 288
人間の中の自然‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 291
日記‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 293
車と船と家‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 300
贈物‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 307
連合赤軍‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 313
十一月十三日金曜日‥‥‥‥‥‥‥‥ 314
愛憎から愛蔵へ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 317
よろずの行為には時あり、裁きあり‥ 320
鼠の子‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 325
交通事故経験者‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 327
アニマル‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 329
槇の木‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 331
親の存在‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 333
失敗‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 337
中学生に‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 342
かくれんぼ、鬼ごっこ‥‥‥‥‥‥‥ 344
或るカメラマン‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 346
鬼神の帰郷‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 348
空間について‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 350
退化したあこがれ‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 352
愛らしく残忍‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 354
死にざま‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 356
エビガニ御難‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 358
突然の招待‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 360
鳴き声‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 362
二つの店‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 364
紙も凶器‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 366
狂乱クリスマス‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 368
待つこと‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 370
現代人と時間‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 372
夜と昼‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 376
病院へ行った日‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 380
足掻きと慰め‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 388
食事風景‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 393
まだ見ぬ絵‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 394
列の心理‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 399
恋愛や結婚‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 401
同窓会‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 403
時報‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 405
映画熱‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 407
火の用心‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 409
衣を裂く‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 411
母のこと‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 415
雪と私‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 420
スニーカー‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 422
清浄な肉体‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 425
鯉好き‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 430
歩き魔‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 434
中年の惑い‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 438
荷物‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 442
花深き
衣服とは何か‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 453
聖衣‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 460
霊香体験‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 467
蛇幻想‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 470
自閉の部屋‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 474
夢まぼろし‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 477
飢え渇き‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 480
無間の鐘‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 483
シバの女王‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 486
クレオパトラ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 489
没薬をたずねて‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 492
マリア信仰‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 495
舞踊のふるさと‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 498
花野伝承‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 501
コンポジション‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 504
俳句
俳句と私‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 509
愛と憎みの顔‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 510
教養‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 511
高速動物‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 512
鳥と天狗‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 514
風信‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 517
燃える馬‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 519
梅と矢‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 523
蛇と住む‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 525
最近の夢‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 527
折れ釘‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 535
徹夜‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 537
動物の世界‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 538
悪霊‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 541
深夜の散歩‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 544
耕馬の島‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 547
ひよこと蟻‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 550
蝉と蛙‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 553
鷹‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 556
蝶と蜂‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 559
川竹の女‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 562
*書誌(高柳克也編)‥‥‥‥‥‥‥‥ 567
*年譜(山本恵一郎編)‥‥‥‥‥‥‥ 583
*編集後記‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 593

[ 2011/01/27 00:54 ] 小川国夫 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール
本サイトでは管理人が趣味で作成したデータベースを公開しています。著作権等の知的財産権を侵害する意図はありません。ご要望のある方はお知らせください。速やかに対応致します。なお、データの無断複製・転載はお断りしています。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。