研究余録 ~全集目次総覧~ TOP  >  スポンサー広告 >   >  小野十三郎 >  『小野十三郎著作集』全3巻

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『小野十三郎著作集』全3巻

『小野十三郎著作集』全3巻(筑摩書房、1990.9~1991.2)



第1巻 1990.9.20
 
半分開いた窓‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 3
序‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 5
第一部
林‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 7
盗む‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 7
街道にて‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 7
十一月‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 8
無蓋貨車‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 8
この秋‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 9
大砲‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 9
菊‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 9
風船と機関車‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 9
倦怠‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥10
畑の欠呻‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥10
中空の断層‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥11
急止‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥11
白昼‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥12
野の楽隊‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥12
クライマックス‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥13
レンズの中‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥13
或恐怖‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥14
赤い雀‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥14
春‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥14
情人‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥15
蝶‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥15
蘆‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥16
錘と浮標‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥16
野鴨‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥16
葉鶏頭畑狂歓‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥17
無題(あの女の眼と)‥‥‥‥‥‥‥18
無題(死ねと書いて)‥‥‥‥‥‥‥18
青葉の腹‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥18
最初の疲労‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥18
ゆれる‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥19
土人の歌‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥19
楽書‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥19
無題(春の水に)‥‥‥‥‥‥‥‥‥20
無題(窓を展くと)‥‥‥‥‥‥‥‥20
無題(ぼくが神楽坂を)‥‥‥‥‥‥20
無題(まつぴるま)‥‥‥‥‥‥‥‥20
無題(春の朝)‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥20
猿‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥21
駝鳥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥21
爆破作業‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥21
殺風景‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥22
断崖‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥22
第二部
死せる日曜‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥23
夢見る力をうしなつた者は生きてゐられない‥‥23
起重機‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥23
大都市遠望‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥24
夕暮‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥24
食慾の日‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥24
沿線‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥25
快晴‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥25
日曜日の日和‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥25
貧しき者の安息‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥26
幸福‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥26
昨日‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥26
日の狂ひ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥27
巨人と死神‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥27
思想に‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥28
革命的知識階級に‥‥‥‥‥‥‥‥‥29
虚無主義に‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥30
ロマンチシズムに‥‥‥‥‥‥‥‥‥31
抒情詩人に‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥31
嵐の歌‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥32
炎の歌‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥33
補遺 I ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥35
神楽坂,今日は!? ‥‥‥‥‥‥‥‥‥37
茶飯詩‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥37
迂回する意識‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥37
空と都会を借りてくる‥‥‥‥‥‥‥‥38
××(―又始つたね)‥‥‥‥‥‥‥‥38
賭・決闘‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥39
街上不平‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥39
紙の心臓‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥39
舗道‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥40
腕の無い広場‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥41
無題(僕は一人)‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥42
待ちもうける精神異状者‥‥‥‥‥‥‥42
彼と文化標準‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥43
陸橋の眼‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥43
サツコ,ヴアンゼツチの死 ‥‥‥‥‥‥‥45
工場歌と小唄‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥47
一九二八年二月二十日‥‥‥‥‥‥‥‥48
投票函‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥49
サツコ,ヴアンゼツチの死 ‥‥‥‥‥‥51
歌‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥52
労働者ヨウリス‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥53
残されたノートから‥‥‥‥‥‥‥‥‥54
風よ!‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥55
五月の朝,林の中で ‥‥‥‥‥‥‥‥‥55
Kを想ひながら ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥56
犬にくれてやる友情‥‥‥‥‥‥‥‥‥57
馬鹿を軽蔑する馬鹿‥‥‥‥‥‥‥‥‥57
惨殺者‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥58
手帖から‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥58
×(俺は語る!)‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥58
手紙‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥59
灰色の部屋にて‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥59
補遺 「闘争の中から」‥‥‥‥‥‥‥60
トラスト‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥60
「残らず収めろ!」‥‥‥‥‥‥‥‥60
はなむけ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥61
死の懺悔‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥62
小樽から‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥62
再び‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥64
自伝‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥66
補遺 II‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥67
支那よ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥69
ロシヤの詩人たち‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥70
手帖から‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥72
復讐の詩二ツ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥73
主人に‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥73
過去に‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥73
訳詩―アメリカプロレタリヤ詩集‥‥‥‥75
アルチウロ・ジオヴアニツチ‥‥‥‥‥77
MALBOLGE「小伊太利」‥‥‥‥‥‥‥77
一番鶏が鳴くとき‥‥‥‥‥‥‥‥‥80
エドガー・リ・マスターズ‥‥‥‥‥‥82
オラフ リンドブルーム‥‥‥‥‥‥82
ウイリス ベツグス‥‥‥‥‥‥‥‥83
サイラス エニングス‥‥‥‥‥‥‥83
リラ ウツド‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥84
ミカエル グラツハー‥‥‥‥‥‥‥85
ヰリヤム アルストン‥‥‥‥‥‥‥86
牧師フリモンド デツドマン‥‥‥‥86
ソール大使‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥86
ワトスン ストリンヂヤー‥‥‥‥‥87
デイツク サツパー‥‥‥‥‥‥‥‥88
相棒‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥88
ジョージ マスタマン‥‥‥‥‥‥‥89
ユウリピデス アレキソポウロス‥‥89
エ・ビ・マジル‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥90
斯うしてあいつは死んだ‥‥‥‥‥‥90
クロウド・マツケイ‥‥‥‥‥‥‥‥‥93
どうせ死ぬなら‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥93
ジエームス・オプンハイム‥‥‥‥‥‥93
奴隷‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥93
不徳義‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥94
俺達‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥95
ニイチエに‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥95
シヤーウツド・アンダスン‥‥‥‥‥‥95
市伽古‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥95
リカルド・フロレス・マゴン‥‥‥‥‥96
さやうなら‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥96
サルバドール・デイアズ・ミロン‥‥‥97
雲‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥97
カアル・サンドバーグ‥‥‥‥‥‥‥‥97
殺しあふ者‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥97
絞刑吏‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥98
悲しむ権利‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥99
よろこび‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 100
波止場‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 100
被圧迫階級‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 101
古き世界の上に‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 103
序‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 105
第一部
橋の上で‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 107
軍用道路‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 107
夏の雲を歌ふ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 108
夏から秋へ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 108
天王寺公園‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 109
工場裏の家‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 110
阪南風景‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 111
難波駅近く‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 112
淀川の北‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 112
第二部
鏝と鋏‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 113
留守‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 113
交叉点にて‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 114
老人の話‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 114
軍馬への慰問‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 115
燦然たる飾電灯(シヤンデリヤ)の下で‥‥ 115
万歳声裡‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 116
乾盃‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 116
送別‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 117
色‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 118
無題(俺はどんな労働でも)‥‥‥ 118
反古‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 118
一坪の庭‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 119
ビラ配り‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 119
背景‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 120
ある詩人に‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 120
ガンヂーズム‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 120
彼を迎える日‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 121
株の話‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 121
自動販売器の前で‥‥‥‥‥‥‥‥ 122
「掌中の国旗」‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 122
選挙戦風景‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 123
町内見聞‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 123
腕‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 123
邂逅‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 124
機械油‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 125
夜更けの電車‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 125
阿佐ケ谷‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 125
蔵前橋を渡る‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 126
フアブル自然科学叢書‥‥‥‥‥‥ 127
第三部
やくそく‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 128
泣きむし‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 128
機関車に‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 129
同伴者‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 129
思想‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 130
厚い壁‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 130
明快さ以上‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 131
強くなれ!‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 131
いたるところの訣別‥‥‥‥‥‥‥ 132
波止場‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 132
家系‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 133
家では‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 133
手帳から‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 134
冬‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 134
横はつてゐるもの‥‥‥‥‥‥‥‥ 135
冬‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 135
補遺 III ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 137
信越線にて‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 139
戦術‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 139
鏡‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 140
隣りの大将へ虎公語る‥‥‥‥‥‥‥ 140
ある一日の記録‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 141
帰国留学生‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 142
髪床での対話‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 143
大阪‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 145
早春‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 147
白い炎‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 147
葦の地方‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 148
晩春賦‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 148
住吉川‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 148
明日‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 149
北港海岸‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 149
骸炭山(一)‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 150
骸炭山(二)‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 150
焚火‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 151
戸籍‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 151
古い春‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 152
貨物列車‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 152
雀‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 153
冬の夜の詩‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 153
一日‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 154
雨季‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 154
動物園‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 154
城‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 155
小事件‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 155
赤外線風景‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 156
舗道‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 157
帰りの旅‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 158
泉北平野‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 158
五月のある夕暮に‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 158
或夏の真昼の歌‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 159
初秋の詩‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 159
梅‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 160
十年‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 160
交替‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 160
初夏の安治川‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 161
猪飼野‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 162
撫養の塩田‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 162
鳴門村‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 163
電気広告塔‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 164
補遺 IV‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 165
木津川農林倉庫‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 167
その傍で煙草を喫かしてゐた‥‥‥‥ 167
場末の映画館で‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 168
雪景‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 169
骸炭山(古調)‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 170
風景詩抄‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 171
大葦原の歌‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 173
完全な日常について‥‥‥‥‥‥‥‥ 173
夏の葦‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 174
花園‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 174
風景(四)‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 174
風景(五)‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 175
風景(六)‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 176
風景(七)‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 176
硫酸の甕‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 176
未来風景‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 177
鄙びた海岸の大煙突に‥‥‥‥‥‥‥ 178
大河口‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 178
人造石油工場一つ‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 179
露店掘‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 180
山‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 180
重工業抄‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 180
北西の葦原‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 181
風景(八)‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 182
風景(九)‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 182
風景(十)‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 183
鳥影‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 183
住居‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 183
日紡の近所‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 184
風景(十一)‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 184
風景(十二)‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 184
風景(十三)‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 185
葦原拾遺‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 185
黄昏の地平‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 187
収容‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 188
過大都市‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 188
禾本莎草‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 188
詩人の投資‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 189
骸炭記‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 189
対岸‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 190
化学工場‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 190
葦の地方(二)‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 190
森林‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 190
渺かに遠く‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 191
未知の世界‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 191
私の人工楽園‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 192
自然嫌ひ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 193
浮游生物(プランクトン)死滅‥‥‥ 193
今日の羊歯‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 194
葦の地方(三)‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 194
葦の地方(四)‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 194
葦の地方(五)‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 195
或る小さな一都市についての対話‥‥ 196
新風土‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 196
工業‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 197
鉄柱枯野を横行す‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 197
全国の雨‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 198
夏(一)‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 198
夏(二)‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 198
山も海も深い靄にとざされてゐる‥‥ 199
秋の蕁麻‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 199
鐘状火山‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 199
鷺‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 200
サルガス‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 200
無人島‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 201
油田遠望‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 201
日本の沙漠‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 202
空‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 202
風景‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 202
北陸‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 203
冬‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 203
きのこ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 204
大和国原‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 204
温泉宿‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 205
富士近接‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 205
赤外線について‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 205
アリユーシヤン列島はいまその極めて短い夏期に入つてゐる‥‥ 206
大工場二篇‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 206
完全燃焼‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 206
丘の中‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 206
海辺‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 206
巻末に‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 207
補遺 V ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 209
石油富士‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 211
蜃気楼‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 211
神話‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 212
帰化植物に就いて‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 212
小人国(リリパツト)漂流‥‥‥‥‥ 213
動物地図‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 213
二千六百年を送る‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 213
植物誌‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 214
大和の棕梠の木‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 214
杉‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 214
万葉植物園‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 214
松‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 214
蘇鉄‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 214
薔薇‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 214
荒地野菊‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 214
槲‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 215
木生羊歯‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 215
硫酸法‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 215
帰化植物‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 215
葦‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 215
大阪八景‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 215
風景‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 216
秋雨の記憶‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 216
石油幻想譜‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 217
大陸‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 217
南方‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 217
沙漠‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 217
富士山‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 217
第二年十二月八日‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 218
物質の原にも‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 218
大海辺‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 221
雀の宿‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 223
大海辺‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 224
日本冬物語‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 227
街を歩く妖精‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 227
夕暮の葦原で‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 227
夢‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 228
遠望‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 228
あの頃に読んだ本のこと‥‥‥‥ 228
成瀬政男‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 229
昔の場所‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 229
砲塔旋盤について‥‥‥‥‥‥‥ 230
針葉樹帯へ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 230
パイプの話‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 231
河川生産物No.1‥‥‥‥‥‥‥‥ 231
航空機用アルコールについて‥‥ 231
自転車について‥‥‥‥‥‥‥‥ 231
穴‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 232
諸機械たち‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 232
鳥影‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 232
海岸の女竹‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 232
惜別‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 232
深夜の出迎へ‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 232
空赤し‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 233
車内で‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 233
脱走者‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 233
吹雪の中‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 233
紙鳶‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 234
慶州‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 234
井邑の人‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 234
或る日‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 234
惜別‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 234
足音‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 235
海‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 235
小旅行より‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 235
雀の宿‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 236
精神と物質‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 239
葦の中の小さな水たまり‥‥‥‥‥ 240
地平を見てゐると‥‥‥‥‥‥‥‥ 240
ある荒漠‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 240
倒さまにうつつてゐる影‥‥‥‥‥ 240
枯葦の葉末に‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 240
未発達的段階‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 240
海の方へ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 241
河口に‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 241
痕跡‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 241
子供に‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 241
夢幻集‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 242
紫の花‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 242
廃墟‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 242
鶴‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 242
物質の原にて‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 243
不当に「物」が否定されたとき‥‥ 244
農十二篇‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 244
放棄の歌‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 246
小鳥たちの風景の記憶について‥‥ 247
夜の葦‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 247
精神と物質‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 247
新椿海‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 248
窓から‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 248
世界の第四百六十五位の工場地帯で‥‥ 249
志留利亜‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 249
夜の雲‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 251
ぼうせきの煙突‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 252
石炭(イシ)搬ぶ海のほとりで‥‥ 252
海中の櫓‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 252
天平雲‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 253
夜の雲‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 253
植木棚‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 253
金山‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 254
四国のボーキサイド‥‥‥‥‥‥‥ 254
土用波来‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 254
浪曲記‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 255
夜食‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 256
波荒き日に‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 256
鉱石標本‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 257
門‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 257
凶器携帯者‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 258
途上‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 258
星‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 259
夢‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 260
近づく‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 260
十一月の或る日の空‥‥‥‥‥‥‥ 261
小詩篇‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 262
曇り日‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 265
曇り日‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 266
熊虻‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 266
暗い桜‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 266
夕暮の水の中に‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 267
野茨‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 267
般若‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 268
吉野の羊歯‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 268
六甲閑居‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 268
東奔西走‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 269
鳥に寄せて‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 270
鳶‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 270
雀‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 270
農村のことども‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 271
壊滅‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 272
日本海‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 272
覚書‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 273
抒情詩集‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 275
道‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 277
冬の旅‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 277
夜の雲‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 277
豊富な山‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 277
みづうみ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 277
暗い寒い田園の中を‥‥‥‥‥‥‥ 278
死‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 278
街で‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 278
芽芹‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 278
蜆‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 278
兎‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 278
雨中に桧皮葺きの小さな五重塔をおもいつゝ‥‥ 279
堅下の山のあたり‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 279
K・Iへ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 279
Xへ ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 280
影絵の庭‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 280
タスマニヤ人蔘‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 280
はぜつり‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 281
紡績の菊‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 281
妖精の翅‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 282
妖精彷徨‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 282
道で‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 282
地下で‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 283
眼鏡の中‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 283
夕暮の川に沿うて‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 284
かもめ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 284
地殻変動‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 285
地下の夜‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 286
夜の海へ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 286
海のほとりで‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 286
犬‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 287
補遺 VI‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 289
木と鉄と鋼‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 291
疎開学童を送る‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 291
数と量‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 292
帰郷者‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 292
ひとりごと‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 293
光‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 293
火呑む欅‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 295
群雀‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 297
ひき汐のとき‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 297
冬の海から‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 297
こだまのニンフ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 298
舟幽霊‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 299
不知火‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 299
空洞‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 300
石庭‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 300
大怪魚‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 301
人間の土地‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 301
火呑む欅‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 302
橋‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 302
日本放れ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 303
地下要塞‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 304
播州平野‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 305
爆心地の鳩‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 305
たつまきの歌‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 305
小鳥の国‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 306
ARDENTE ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 307
富士山‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 308
夏の旅‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 309
海の眺め‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 309
霧の中‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 310
或る日大和吉野群山を見ながら‥‥‥ 311
日本の新聞‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 312
梅田の風‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 313
落葉‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 314
深夜の富士‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 314
大峰がえり‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 315
唐辛子の歌‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 315
西班牙‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 316
沙漠‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 317
真夏の夜の夢‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 317
造園術‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 319
DISPERATO ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 320
AFFLIZIONE‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 321
外套‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 321
灯台‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 322
山陰紀行‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 322
日本の壁‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 322
石見(イワミ)のはて‥‥‥‥‥‥ 323
帰り旅に大山にかかる雲を見ながら‥‥ 323
浜坂にて‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 323
なわばり‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 324
何十年か何百年か後の‥‥‥‥‥‥‥ 324
島‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 325
死‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 326
空中観覧車‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 326
DOLPHIN ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 327
暗い大きな森の中から‥‥‥‥‥‥‥ 327
トリスの空壜に‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 328
東京の新聞‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 328
街角で‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 329
最後の一人‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 329
とぎれた国道の人家‥‥‥‥‥‥‥‥ 329
雷管の山‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 330
旅びとに‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 330
雪げむり‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 330
芋と炭がはこばれる‥‥‥‥‥‥‥‥ 331
禽のうしろ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 331
車中偶感‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 332
ムンク‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 332
身投げ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 333
熱帯の俳句‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 333
蝿‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 334
過ぎゆくものへ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 334
北九州から‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 334
木と水と石に‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 335
時計‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 335
自然について‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 336
北の秋‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 337
秋風‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 338
わがたてるところより‥‥‥‥‥‥‥ 338
一本のろうそく‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 338
あとがき‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 339
重油富士‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 347
野の夜‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 349
虫の声‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 350
重油富士‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 350
野の夜‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 350
むかしばなし‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 351
虫と人と‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 352
灯の帯‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 352
ひとでの山‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 353
穴‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 354
秋の草々‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 354
田舎の火事‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 355
白雪姫‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 356
空席‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 357
機械化遊戯機具群の中‥‥‥‥‥‥ 357
地平のはてまで‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 358
深夜の雷鳴‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 359
葦の地方(七)‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 359
わさび漬‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 361
信号所の上‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 361
夜の鳩‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 361
木は一せいに夏に向ってなびく‥‥ 362
木々が芽吹くとき‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 363
不時停車‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 364
宮城‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 364
ハマスゲのたぶさ‥‥‥‥‥‥‥‥ 365
葦の地方(六)‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 365
葦の地方(八)‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 366
木々が芽吹くとき‥‥‥‥‥‥‥‥ 367
高いところ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 367
みりんぼし‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 368
春の雪‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 368
「灯台の光を見つつ」‥‥‥‥‥‥ 369
告別式‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 369
出発‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 370
自動扉にもたれて‥‥‥‥‥‥‥‥ 371
雀の水浴び‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 371
寒雀‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 371
火‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 372
日の出‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 372
早春‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 372
中国の岩塩‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 373
つるバラの根に‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 373
あとがき‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 374
補遺 VII ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 375
逸見猶吉のこと‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 377
異境‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 378
神崎川の右岸との土手に‥‥‥‥‥‥ 379
大きな都会と都会の間‥‥‥‥‥‥‥ 379
干潮‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 380
仝じく 千船の橋も‥‥‥‥‥‥‥‥ 380
子供に‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 380
その街上の煙突‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 380
子供に‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 380
夜の城東線で‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 381
啄木の写真を見ながら‥‥‥‥‥‥‥ 382
阿哲郡の隕石‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 382
日本の庭‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 383
どんごろすの袋‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 384
新語蒐集狂‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 384
とほうもないねがい‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 387
ひまわり‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 389
きのうの雨‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 389
「ばめき」の現象‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 390
濁流‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 390
遊説隊‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 391
りんごの血‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 391
このはずくの目の中‥‥‥‥‥‥‥‥ 392
土民の手‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 392
夏山‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 393
白いにわとり‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 393
白鳥の卵‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 394
たばこの火‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 395
ゴルフバッグ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 395
もののかたち‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 396
山狩‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 397
とほうもないねがい‥‥‥‥‥‥‥‥ 398
野辺歩き‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 399
床の下‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 399
星空‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 400
子どもの見る夢‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 400
国境‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 400
*解説(長谷川龍生)‥‥‥‥‥‥‥ 401
異郷‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 405
雲も水も‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 407
花びら‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 407
サイゴンの南方メコン川下流のデルタ‥‥ 407
落葉の下‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 408
自然も闘いに参加する‥‥‥‥‥‥‥ 409
スカンポの花とチョウデの花‥‥‥‥ 410
紅葉 1 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 411
紅葉 2 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 411
シェーラの山‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 412
城砦‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 413
北越雪譜‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 414
毛先生の七律‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 415
古い貴重な資料‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 416
北の恋人‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 417
こどもの失踪‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 419
土讃線の雨‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 420
八月は 蝉の声なく‥‥‥‥‥‥‥‥ 422
海底地震‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 422
キューバへ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 423
寝汗の世界‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 424
奥の細道‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 426
工作者の旅行‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 427
いま,この時刻に ‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 428
コンビナートの鰻‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 429
黒四の地下‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 432
まだ行ったことのない国の街の大通り‥‥ 433
だれもいない家のかけっ放しのTV映像‥‥ 435
薮蚊‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 435
丘‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 437
叫び‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 438
野のまわり‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 439
きみの眼に‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 440
鬼あざみ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 440
シャクナゲ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 441
そんなに遠くはない‥‥‥‥‥‥‥‥ 441
やめときなさい‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 442
着陸‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 443
父なし子‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 443
海には汐がみちていた‥‥‥‥‥‥‥ 444
きょうは雨‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 445
太陽,この夜明けの ‥‥‥‥‥‥‥‥ 445
秒よみ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 446
あとがき‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 447
太陽のうた‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 449
はじめに‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 451
赤いタビ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 453
はなびだいかい‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 454
おまちどうさま‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 454
世界の海‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 454
えんそく‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 454
かくれんぼ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 455
水力電気‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 455
ガスの出る音‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 455
山頂から‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 456
北国の春‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 456
フーラーさんのドーム‥‥‥‥‥‥ 457
赤いタビ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 457
ひとり歩き‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 457
十二月‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 458
雪の夜‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 458
飛行塔の上で‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 459
遠くに目をやって‥‥‥‥‥‥‥‥ 459
くつおと‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 460
一九五七年‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 461
夜あけの歌‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 461
野の雨‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 463
白い山なみ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 464
ノサップ岬‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 464
早春‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 465
狩猟解禁‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 465
野の雨‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 465
冬山で‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 466
木の芽だち‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 466
湧き立つ雨の中に‥‥‥‥‥‥‥‥ 467
五月の風‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 467
豪雨の山‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 468
秋の豪雨‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 468
日本の秋‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 469
黒部鉄道‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 469
旅にて‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 470
鳥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 470
海‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 471
見知らぬ土地のはてまで‥‥‥‥‥ 471
切妻の屋根より高く‥‥‥‥‥‥‥ 472
ヒマラヤ桜‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 473
きみの目がそれをみつめるとき‥‥ 474
春雨の中の歌‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 474
未知の世界へ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 475
新種のバラ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 476
野山はかがやく‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 477
世界が一変して見えるとき‥‥‥‥ 477
わたしのピカソ‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 478
校庭で‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 479
ヒマラヤ桜‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 480
生命の歌‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 481
この春の太陽の下に‥‥‥‥‥‥‥ 482
木枯しの夜‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 483
大阪の木‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 485
人間の夢‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 486
不眠の大都市‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 486
ネオンの木枯し‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 487
大阪の木‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 487
未来都市大阪‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 488
サンドイッチ・マン‥‥‥‥‥‥‥ 488
べんとう箱‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 489
尻無川口‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 489
未来へ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 490
ベンチのひと‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 490
みち汐のとき‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 491
夏雲の下‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 491
未来が見える‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 492
小鳥の影‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 493
木の枝に鳥が降りたつとき‥‥‥‥ 494
この時のしじま‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 494
明治百年‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 495
さらに広くさらに深く‥‥‥‥‥‥ 496
光はここに‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 497
悪魔になりたい‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 497
屋根雪の重みの下‥‥‥‥‥‥‥‥ 498
春がすみ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 498
小鳥の影‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 499
虫の声‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 500
寒ざむとした海から太陽がのぼる‥ 500
原爆記念日‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 501
原爆記念日(一)‥‥‥‥‥‥‥‥ 502
原爆記念日(二)‥‥‥‥‥‥‥‥ 502
原爆記念日(三)‥‥‥‥‥‥‥‥ 502
原爆記念日(四)‥‥‥‥‥‥‥‥ 503
ロンのゆめ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 503
風は砂塵を上げて‥‥‥‥‥‥‥‥ 504
買物かご‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 504
ひとりの山‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 505
小川のほとりで‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 505
垂直旅行‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 507
燃える籠‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 509
トウルキノのふもと‥‥‥‥‥‥‥‥ 509
黒いオルフェ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 510
昆明の夕だち‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 511
消えた村‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 514
バベル‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 516
ボリビアからの便り‥‥‥‥‥‥‥‥ 516
キリン草への唄‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 519
スペインの舞扇‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 522
黄金虫‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 522
鶴見‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 524
グゼンの里‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 527
シルクロード‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 528
ある旅信‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 529
ケニヤよりも遠く‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 530
グリーンランドの海‥‥‥‥‥‥‥‥ 532
平家村‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 532
汽車はかならず反対の方向からはいってくる‥‥ 533
旅と滞在‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 533
政治のことば‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 534
きみが死ぬとき‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 535
なまはげ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 536
大学の庭‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 537
コンビナートで‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 538
飛鳥の野みち‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 538
始祖鳥の骨‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 539
きりん草のテリトリイ‥‥‥‥‥‥‥ 540
明日香の三叉路‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 540
長い長い冬休み‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 541
菊科の雑草‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 542
陽に映える野の草‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 543
日常の樹木‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 544
最初の場所‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 544
カナカナ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 545
天の香具山‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 546
残ルヤツ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 546
ESSSOのガソリンスタンド ‥‥‥‥ 547
雀‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 548
客観的情勢‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 549
状況α‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 550
わが友‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 551
実地‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 552
夜景‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 553
物の手ごたえ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 553
鑵切り‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 553
切り出しナイフ‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 554
石‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 554
スコップ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 554
金槌‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 555
リックサック‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 555
樽‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 555
電気掃除機‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 556
鉄棒‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 556
小銃‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 557
戦車‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 557
砂利トラック‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 558
茶碗‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 558
鋏‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 558
眺め‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 558
信州‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 559
北大阪急行‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 560
呼鈴‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 560
最後の葉‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 561
拒絶の木‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 563
蓮のうてな‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 565
一匹の水牛が道を横切る‥‥‥‥‥‥ 566
霧の国土‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 567
越境罪‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 567
うるしの芽‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 568
また雨だよ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 569
みごとにととのった景色‥‥‥‥‥‥ 570
一揆の里‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 571
鴨山考‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 572
霧のさくら‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 573
渚の砂‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 574
いつかこの道を通る‥‥‥‥‥‥‥‥ 574
崖‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 575
現実といういやな言葉‥‥‥‥‥‥‥ 579
半島のさいはて‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 580
夏まで‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 581
世界を震撼させなかった三日間‥‥‥ 583
拒絶の木‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 585
夕やけ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 585
うなぎ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 586
ねこ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 587
からす‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 587
中空のみち‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 588
雨の刻限‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 589
鳥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 590
待ちびと‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 590
青い蘭‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 591
ソニーの奥さん‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 592
プールの水‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 592
三多摩の空‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 593
三条河原で‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 593
のどかな金曜日‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 594
アマゾンの緑の蛇‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 595
最後の夏休み‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 596
冬の靄‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 596
水槽の中‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 597
明日住む家‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 599
夏の渚‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 600
三重連‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 600
あとがき‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 601
蒸気機関車‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 603
機関車二題‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 605
広軌機関車操作‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 605
又‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 605
超大蒸気機関車‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 605
日本の鉄道‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 606
吹田機関区‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 607
野蛮な鉄道の中で‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 607
詩人の旅‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 608
運搬‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 609
友情列車‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 610
南太平洋鉄道(カアル・サンドバアグ)‥‥ 610
汽鑵車(マックス・バルテル)‥‥‥ 611
宮原機関区の人たち‥‥‥‥‥‥‥‥ 611
黒煙,原野を行く ‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 612
天の氷駅‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 613
最後の影‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 613
出発‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 615
機関車‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 616
玩具の機関車‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 617
その朝‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 618
蒸気機関車‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 620
機関車に乗って‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 621
蒸気機関車への挽歌‥‥‥‥‥‥‥‥ 623
あとがき‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 625
補遺 VIII‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 627
かがやく雷雲‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 629
夏の旅‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 629
逃げたおろち‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 630
地の涯‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 632
水の輪が元におさまるとき‥‥‥‥‥ 633
OAPEC ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 633
わが「民の叫び」‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 634
悼詩‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 635
明日呆け‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 636
帰る‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 637
帰る‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 637
もう一つの天体‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 637
下方の森‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 638
吼える犬‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 639
雨雲のきれ目‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 639
叫び 1 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 640
叫び 2 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 640
木は地下の根のひろがりを天にさらして生えている‥‥ 641
ブラックホール‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 642
長沖一(マコト)への弔辞‥‥‥‥‥ 642
雪の中の伝令‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 644
冬の樹木‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 645
山中を行く夜行便長距離トラックのライト‥‥ 645
捜索隊‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 646
あの夕やけの赤かりしは‥‥‥‥‥‥ 647
まだ外は暗いか‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 648
物象が眼に映るかぎり‥‥‥‥‥‥‥ 649
少年たちがいる川‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 650
折紙‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 650
こどもニュース‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 651
地球のこちら側に時雨が降っていたとき‥‥ 652
松阪の農家‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 652
先に逝くか,岡本 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 654
これ,なんやろう ‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 655
ダミヤ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 655
ソウルの夏に‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 656
まちがった国で‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 657
あの夏この夏‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 658
一夜の回想‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 659
二都物語‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 663
ヤマアジサイ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 663
まちがった道で‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 664
*解説・編注‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 665
*小野十三郎(秋山清)‥‥‥‥‥‥ 667
*編注(寺島珠雄)‥‥‥‥‥‥‥‥ 682
 

第2巻 1990.12.5
 
環濠城塞歌‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 3
1
北海のテリトリーソング‥‥‥‥‥‥ 5
三千羽の鴨と八千羽の鴨‥‥‥‥‥‥ 5
イギリス大使館の庭のさくら‥‥‥‥ 6
ビルは高く‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 7
わが砂上植物群‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 7
白鳥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 8
アメリカ楓‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 8
雨の桜‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 9
息をひそめて‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥10
早起き喫茶店の常連たち‥‥‥‥‥‥10
冬山の奥から‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥11
電話の声‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥11
時はずれの悼み歌二つ‥‥‥‥‥‥‥12
ヤマアジサイ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥13
生きてるやつは‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥13
日没のうた‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥14
鉄橋‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥15
仝じ人が‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥16
夕立と‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥16
死者の声‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥17
全詩集‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥18
同時現象‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥18
新聞の束‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥19
ザイールの山奥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥20
槍のミサイル‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥21
朝一番の客‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥21
百番‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥22
横の酔客‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥23
SF狂い‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥24
鯖の生き腐り‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥24
炎天下の生命‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥25
2
玄境‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥26
陸行水行‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥26
狐の宴会‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥28
環濠城塞歌‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥29
一体の鴟尾‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥30
部落へ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥30
環濠城塞歌 二番‥‥‥‥‥‥‥‥‥31
地下にひろがっている大芒っ原で‥‥34
他の星から‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥35
四十一年目の鞍馬で‥‥‥‥‥‥‥‥35
夕やけ,臼砲がある村 ‥‥‥‥‥‥‥36
オズの魔法使‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥37
「地理」と「歴史」と‥‥‥‥‥‥‥38
いつか来た道‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥39
このサイプラスにかこまれた一画の土地‥‥42
隠し砦‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥43
セピヤの地図‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥44
榛名‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥44
眠っているひと‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥45
ちょんぎられた北海道‥‥‥‥‥‥‥45
人間の土地‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥46
その山奥の共同体に入居したとき‥‥47
「その山奥の共同体に入居したとき」という私の詩について‥‥50
まちがった国で‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥52
その本の最後の描写から‥‥‥‥‥‥53
帰郷列車‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥54
夜の帰郷‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥55
粋な亡霊‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥57
霞立つ三輪の山すそ‥‥‥‥‥‥‥‥58
3
化けものどもと‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥59
恐竜はいる‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥60
野鳥公園で‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥61
わが共和国‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥62
野ざらし‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥63
明治のすき焼‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥64
さしかえ幻燈‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥65
松下から天安門の空まで‥‥‥‥‥‥67
川どめ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥69
うしろの魔もの‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥70
気象の条件‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥74
毒へび料理‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥77
深夜映画‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥78
詩と暗号‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥79
遺跡で‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥80
秋‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥81
表情のない木‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥81
いま,おれのそばで ‥‥‥‥‥‥‥‥82
ナンキンハゼ十三本,メタセコイヤ4本‥‥82
外川のほとり‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥83
スープのだし‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥84
生き残り‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥85
姑蘇城外まで‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥85
世界の切り立つ崖のはざまで‥‥‥‥87
眼下の水‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥88
異星人‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥88
クロスカントリー‥‥‥‥‥‥‥‥‥89
夏の日よ,おぼえておけ ‥‥‥‥‥‥91
4
忘れているとき‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥92
白い馬‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥93
夕やけの中にいる金芝河‥‥‥‥‥‥94
包囲の輪‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥95
ベトナム戦争は終った‥‥‥‥‥‥‥96
天‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥97
馬山三題‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥97
隣りの電話‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥97
仙崎の灯‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥98
月よりも‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥98
冬景色二つ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥98
あとがき‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 100
樹木たち‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 101
自然読本‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 103
終末の影と‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 104
信号機という木‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 106
クルミの木探し‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 107
ガラスの野づら‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 108
毒の廻り‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 108
一人ぐらいは‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 109
やさしいレオナルド‥‥‥‥‥‥‥‥ 109
はじめて見たように‥‥‥‥‥‥‥‥ 110
怒る樹木‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 110
擬似自然と‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 111
枝の尖兵‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 111
青木一平の発見‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 112
木の消滅‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 112
大井川‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 113
遊園地‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 113
夜の挑戦‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 116
かいわいの鳥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 117
通過の仕方‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 117
名家‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 118
崖の集会‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 119
河口の天気‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 120
パイオニア11号が土星に最接近したとき‥‥ 120
地の果で‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 121
時よ,とまれ ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 122
この街園の樟‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 123
樹木でない木‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 124
葉桜まで‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 125
横断歩道で‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 126
北西の河川‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 126
北方の点と線‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 127
木のそばに人は集まる‥‥‥‥‥‥‥ 128
残った渚‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 128
ある一つの時代に‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 129
栃の木の梢の向う‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 129
野の庵‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 130
なんと悲しい音だ‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 131
詩も‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 131
光る管球‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 131
相模湖にて‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 132
大樟の下の茶店‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 133
烏蕃の里‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 133
洞窟の車線‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 135
熱気球のつな‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 135
模型山河‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 135
瞬発の影と‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 137
息をひそめて‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 138
夜が明けたら‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 138
夜あけの歌ではおそい‥‥‥‥‥‥‥ 139
まちがった道で‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 139
供花‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 140
辛夷の影‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 140
「ゲルニカ」の時代の詩碑‥‥‥‥‥ 141
戦争案内‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 141
あとがき‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 143
最期の木‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 145
見えない導火線(浅井薫)‥‥‥‥‥ 160
樹木の影から(小野十三郎)‥‥‥‥ 165
補遺 IX‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 167
湖のひと‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 169
窓々の灯‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 169
字知らんとこあるからみんなおしえてや‥‥ 170
渡り鳥と‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 171
終末の語彙‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 171
落下する道‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 172
捕虫網を持った子ども‥‥‥‥‥‥‥ 173
深いところから‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 173
地平が見える交叉点‥‥‥‥‥‥‥‥ 174
落葉‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 175
大阪の海‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 175
カヌーの速度で‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 177
木はどう思っているか‥‥‥‥‥‥‥ 179
変身‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 180
夏の終り‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 180
時の運行の外に‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 181
終着駅‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 181
きょうわ終わった‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 182
やさしい木‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 183
言葉のありか‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 183
この夏の雨‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 184
発見‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 184
夜あけの街並‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 185
言葉さがし‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 185
宇宙という言葉‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 186
ハレー彗星物語‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 187
散歩‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 187
ハレーよ,おまえが去ったあとも ‥‥ 188
短命‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 188
小鳥と時間‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 189
新しい仕事‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 189
枯葦と言葉‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 190
だれもいない‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 191
尾が消えてしまっても‥‥‥‥‥‥‥ 191
ベッドから‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 192
目をさまして‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 192
遅刻‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 193
この夏の終りに‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 193
夢の中で‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 194
わが季の移り‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 195
室内の風‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 195
残り時間‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 196
ながめ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 197
詩がま近にきた‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 197
サインペン‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 198
終りの時はなく‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 198
無季‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 199
歌になる言葉‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 200
蕚アジサイが青く‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 200
カプセルの中の詩‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 201
速達‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 202
消える樹木‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 202
残った空間‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 203
この林道を行こう‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 203
カヌーの速度で‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 204
一定の方向‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 204
ありとあらゆる物影‥‥‥‥‥‥‥‥ 205
小川で‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 206
編集おぼえ書き(寺島珠雄)‥‥‥‥ 207
いま いるところ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 209
I
前夜‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 211
最後の声‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 212
終夜灯明はともっている‥‥‥‥‥ 213
四本の牛乳壜‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 213
かわりばんこ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 214
言いわけ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 215
無題(1)(十二時を過ぎると) ‥ 215
荷物‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 216
レモンのすっぱさ‥‥‥‥‥‥‥‥ 217
無題(2)(夏は) ‥‥‥‥‥‥‥ 217
ミナミにつれていってほしい‥‥‥ 218
弱ってない足‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 218
フォークにスパゲッティをからませるとき‥‥ 219
飛びとびに‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 220
やくそく‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 220
亡き妻よ,見えるか ‥‥‥‥‥‥‥ 221
II
白っぽけているもの‥‥‥‥‥‥‥ 222
詩論が妨害する‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 222
しんどい‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 223
どっという感覚‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 223
無という言葉が‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 224
待ってる間に‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 225
書き終ったとき‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 225
異次元にあるもの‥‥‥‥‥‥‥‥ 226
なにもないところで‥‥‥‥‥‥‥ 226
無題も題だな‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 227
走る横線‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 227
無題(3)(またしても) ‥‥‥‥ 228
安心‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 229
自動しているものは無い‥‥‥‥‥ 229
言葉につきまとわれる‥‥‥‥‥‥ 230
野暮用‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 230
枝から枝へ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 231
無題(4)(先へ,先へと)‥‥‥‥ 232
夜明けは関係ない‥‥‥‥‥‥‥‥ 232
いま,いるところ ‥‥‥‥‥‥‥‥ 233
いつも眼先に‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 234
無題(5)(はじめから) ‥‥‥‥ 234
草野心平‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 235
秋山清‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 236
III
無題(6)(遠くに) ‥‥‥‥‥‥ 237
馬‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 238
眠っている時のための工夫‥‥‥‥ 238
長城が果てるところ‥‥‥‥‥‥‥ 239
真下の海‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 239
二つの世界‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 240
運動‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 241
穴掘り‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 241
いま,夜が明けた ‥‥‥‥‥‥‥‥ 242
言葉なんてない‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 243
コトン‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 243
スウスウ,スウスウ ‥‥‥‥‥‥‥ 244
無題(7)(カラオケが) ‥‥‥‥ 244
たのしみを無くせ‥‥‥‥‥‥‥‥ 245
確認‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 246
眼先にあるもの‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 246
スーザホンで‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 247
無題(8)(きみでなく) ‥‥‥‥ 248
無題(9)(詩を悪用した罰) ‥‥ 248
いま,待っているもの ‥‥‥‥‥‥ 249
跋(藤沢桓夫)‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 250
編集覚え書き(寺島珠雄)‥‥‥‥‥ 252
未刊詩篇‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 255
追悼藤島桓夫‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 257
不平‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 258
六甲山脈も遠くなった‥‥‥‥‥‥‥ 258
作品二つ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 259
ピストルを手にしたことがない‥‥‥ 260
夜中に家に帰ってきたら‥‥‥‥‥‥ 261
ひぐらしがなきやむとき‥‥‥‥‥‥ 261
襖の上に‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 262
対話‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 263
志をはたして‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 263
山の中の小屋‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 264
子どもたちは‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 264
妻への二篇‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 265
生者への悼みうた‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 266
あのころは‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 267
蒼ザメタ馬‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 268
始祖鳥が来た‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 269
さらば始祖鳥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 269
詩論+続詩論+想像力‥‥‥‥‥‥‥‥ 271
詩論‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 273
続詩論‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 385
まえがき‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 387
想像力‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 445
解説(花田清輝)‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 458
あとがき‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 460
補遺‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 463
民衆侮蔑ということ‥‥‥‥‥‥‥‥ 465
「奴隷の韻律」補遺‥‥‥‥‥‥‥‥ 468
詩の音楽性‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 472
短歌的抒情‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 481
韻からよみがえるもの‥‥‥‥‥‥‥ 483
精神の中の短歌‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 491
短歌的抒情に抗して‥‥‥‥‥‥‥‥ 501
新しい言葉の秩序とともに‥‥‥‥‥ 507
奴隷の韻律‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 514
この短歌的なもの‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 522
弱い心‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 529
浪花節的旋律‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 534
抒情の変革について‥‥‥‥‥‥‥‥ 542
俳句的表現について‥‥‥‥‥‥‥‥ 546
歌六首‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 550
風景論の意想‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 553
ルオーの神‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 561
*解説・編注‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 573
*海から見た土地―小野十三郎(富岡多恵子)‥‥ 575
*編注‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 587
 

第3巻 1991.2.25
 
奇妙な本棚―詩についての自伝的考察‥‥ 3
第一部
自然はおそろしく退屈だ‥‥‥‥‥‥ 5
この白い小さな手よ‥‥‥‥‥‥‥‥14
椎の木の若葉‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥24
賭と恐怖‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥33
カアル・サンドバアグと出会う‥‥‥43
家郷の観念‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥53
第二部
葦の地方‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥69
露天営業組合連合会‥‥‥‥‥‥‥‥79
昭和十八年夏‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥88
奇妙な本棚‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥98
二見ケ浦のアリラン‥‥‥‥‥‥‥ 108
猿のこしかけ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 118
第三部
群雀‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 130
アルコールと豚のホルモンについて‥‥ 140
引越しぎらい‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 150
「緑の鸚鵡」‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 159
集会 旅行 サークル‥‥‥‥‥‥ 169
笠置対談‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 178
詩集・朝鮮戦争‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 188
この章はパチンコからはじまる‥‥ 197
「夜の詩会」から文学学校まで‥‥ 207
五月雨をあつめて早し最上川‥‥‥ 216
自伝 空想旅行―日は過ぎ去らず‥‥‥ 247
大阪の道すじ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 249
わがユートピア紀行‥‥‥‥‥‥‥‥ 261
空飛ぶ蒸気機関車‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 273
庶民の文化とはなに‥‥‥‥‥‥‥‥ 284
大阪文学学校二十年‥‥‥‥‥‥‥‥ 295
終の栖‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 313
アラブの詩人と‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 323
教室の詩論‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 336
詩を書き唄もうたう‥‥‥‥‥‥‥‥ 345
「モダンタイムス」とシカゴ詩集‥‥ 353
葦原の痕跡 花田清輝のこと‥‥‥‥ 363
あとがき‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 372
夢魔を追って‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 375
風景と人間と‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 405
「赤と黒」まで‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 407
赤と黒‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 413
南天堂時代‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 414
「赤と黒」のながれ‥‥‥‥‥‥‥‥ 416
詩歴‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 420
自伝‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 422
風景と人間と‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 424
私の処女詩集‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 432
「赤と黒」との出会い‥‥‥‥‥‥‥ 434
二人の母‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 436
めぐってきた八・一五‥‥‥‥‥‥‥ 438
水かけ不動‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 441
私の「銅鑼」時代‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 442
荒漠「葦の地方」‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 445
招き猫‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 449
*編注・年譜‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 451
*編注(寺島珠雄)‥‥‥‥‥‥‥‥ 453
*年譜(寺島珠雄編)‥‥‥‥‥‥‥ 467

[ 2011/01/29 09:55 ] 小野十三郎 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール
本サイトでは管理人が趣味で作成したデータベースを公開しています。著作権等の知的財産権を侵害する意図はありません。ご要望のある方はお知らせください。速やかに対応致します。なお、データの無断複製・転載はお断りしています。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。