研究余録 ~全集目次総覧~ TOP  >  スポンサー広告 >   >  菊池寛 >  『菊池寛全集』全15巻

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『菊池寛全集』全15巻

『菊池寛全集』全15巻(中央公論社、1937.6~1938.11)



第1巻 1937.6.21
 
暴徒の子(戯曲)‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 1
屋上の狂人(戯曲)‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥13
海の勇者(戯曲)‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥27
奇蹟(戯曲)‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥37
身投げ救助業‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥51
三浦右衛門の最後‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥59
父帰る(戯曲)‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥69
悪魔の弟子‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥83
ゼラール中尉‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 103
ある敵打の話‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 114
勲章を貰ふ話‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 126
病人と健康者‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 146
盗みをしたN ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 162
恩を返す話‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 180
死者を嗤ふ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 194
大島が出来る話‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 201
若杉裁判長‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 215
無名作家の日記‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 229
敵の葬式‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 258
忠直卿行状記‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 276
父の模型‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 310
青木の出京‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 331
恩讐の彼方に‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 359
敵討以上(脚本)‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 390
盗人を飼ふ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 426
葬式に行かぬ訳‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 453
我鬼‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 477
藤十郎の恋‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 485
藤十郎の恋(戯曲)‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 505
ある抗議書‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 525
まどつく先生‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 547
 

第2巻 1937.12.20
 
たちあな姫‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 1
順番‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥15
友と友の間‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥32
簡単な死去‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 117
奥附の印‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 134
神の如く弱し‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 141
出世‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 161
勝負事‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 173
形‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 179
死床の願ひ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 182
盗者被盗者‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 200
M侯爵と写真師 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 221
笑ひ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 233
極楽‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 246
A DRAMATIC SKETCH(戯曲) ‥‥‥‥‥ 255
名君‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 260
義民甚兵衛‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 264
義民甚兵衛(脚本)‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 274
蘭学事始‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 313
啓吉の誘惑‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 338
妻の非難‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 367
入れ札‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 371
乱世‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 385
流行児‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 410
仇討三態‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 420
R ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 446
 

第3巻 1938.4.8
 
俊寛‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 1
船医の立場‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥21
温泉場小景‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥34
将棋の師‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥46
マスク‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥51
天の配剤‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥57
茅の屋根‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥60
時勢は移る‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥75
中傷者‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥92
父、母、妻、子‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 114
小野小町‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 129
特種‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 138
岩見重太郎‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 155
首縊り上人‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 172
玄宗の心持‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 182
肉親‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 200
遊女の天国‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 211
従妹‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 219
信康母子‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 233
貞操‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 266
乳‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 280
法律‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 291
石本検校‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 294
震災余譚‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 303
真似‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 320
世評(A Morality)‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 332
ある記録‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 340
夫婦‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 344
丸橋忠彌(新釈慶安太平記)‥‥‥‥‥ 358
石橋山‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 389
羽衣‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 398
時の氏神‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 404
 

第4巻 1938.9.17
 
恋愛病患者‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 1
兄の場合(恋愛病患者後日譚)‥‥‥‥‥23
自讃‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥39
愛児不死‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥53
敗北‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥69
相似‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥86
亡兆‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥97
時と恋愛‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 106
恋愛結婚‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 136
沢村田之助‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 147
歓待‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 160
返り討‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 166
仇討出世譚‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 171
敵薬‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 190
安楽椅子‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 199
新太郎光政‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 206
蛎フライ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 213
家光と正盛‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 216
噂の発生‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 224
原敬‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 249
地獄のドン・フアン‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 287
半自叙伝‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 306
読書余録‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 395
読史余録‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 397
本朝綺談選‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 419
読書余録‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 442
日本十字軍‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 450
炉辺雑話‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 459
江戸巷談‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 497
 

第5巻 1937.8.21
 
恋愛結婚制度‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 1
鼠小僧外伝‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥24
七番目の愛人(戯曲)‥‥‥‥‥‥‥‥‥67
塙団右衛門‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥81
謙信と樵夫‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥97
天一坊事件‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 113
妻は見たり!‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 123
夫妻愛綺譚‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 138
謀略‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 151
良人諸共‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 163
親心‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 176
旧恋(戯曲)‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 186
東郷大将と盲人達‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 203
処女花園‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 220
本願寺異変(戯曲)‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 251
女心軽佻‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 275
男心軽佻‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 294
弘法大師‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 306
富士は晴‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 319
敵討母子連れ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 335
仇討禁止令‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 362
姉妹‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 397
上意打‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 414
猫騒動異聞‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 432
不壊の愛‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 453
老人募集‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 475
武門の耻‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 484
母の夢‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 495
正道奇道‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 511
なすな偽恋‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 520
鳴かぬ鴬‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 533
妻は皆知れり‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 542
 

第6巻 1937.9.21
 
真珠夫人‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 1
慈悲心鳥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 375
 

第7巻 1937.10.22
 
美しき鷹‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 1
新珠‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 243
 

第8巻 1937.11.25
 
禍福‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 1
結婚二重奏‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 165
 

第9巻 1938.3.15
 
日像月像‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 1
明眸禍‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 159
 

第10巻 1938.8.1
 
不壊の白珠‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 1
受難華‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 223
 

第11巻 1938.5.8
 
三家庭‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 1
貞操問答‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 181
 

第12巻 1937.7.21
 
勝敗‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 1
新道‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 331
 

第13巻 1938.11.3
 
第二の接吻‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 1
東京行進曲‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 237
 

第14巻 1938.6.28
 
恋愛と結婚の書‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 1
現代娘読本‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥93
現代人妻読本‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 133
文芸評論
志賀直哉氏の作品‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 203
浪漫主義の本質‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 208
批評家の権限‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 211
印象批評の弊‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 213
芸術と天分‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 216
ある批評の立場‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 219
文芸時評‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 221
文芸作品の内容的価値‥‥‥‥‥‥‥‥ 229
再論「文芸作品の内容的価値」‥‥‥‥ 234
プロレタリア芸術論‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 246
演劇論・随筆
戯曲家としての武者小路氏‥‥‥‥‥‥ 251
劇及び劇場に就て‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 252
演劇私議‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 257
愛蘭土劇紹介‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 262
シング論‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 268
ゴオルズワアジイの社会劇‥‥‥‥‥‥ 280
演劇随筆‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 302
劇の筋及境遇‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 302
一幕物に就て‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 305
劇と異常事‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 307
劇作振興の為に‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 308
女性尊重主義と近代劇の運動‥‥‥‥‥ 309
文芸雑筆
文芸閑談‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 317
小説の分類‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 322
ゾラ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 323
形‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 323
赤い鳥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 324
快走者亀‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 324
文芸春秋‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 324
推薦難‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 324
いい子‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 325
批評独立せよ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 326
歴史は繰り返すか‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 327
社会小説‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 329
愛蘭土人と日本人‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 330
西鶴‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 331
シヨオとトルストイ‥‥‥‥‥‥‥‥ 331
株主監督制度‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 332
バアカアの会話‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 333
国家の芸術家尊重‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 334
冷眼居雑筆‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 334
流行作家の弁‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 334
人間の描ける作家‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 336
人格と小説‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 336
作家と生活‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 337
小説家協会のこと‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 337
文芸当座帳‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 339
清算‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 339
新聞小説難‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 341
朝鮮文学の希望‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 342
小説雑感‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 343
返された原稿‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 344
文芸と人生‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 345
「第二の接吻」打明け話‥‥‥‥‥‥ 347
抗弁その他‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 351
白蓮夫人に‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 351
近松秋江氏の近作‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 352
よしなし事‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 353
出版批評について‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 353
ある明るさ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 354
バアカアの説‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 354
噂のはじまり‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 355
文芸家協会のこと‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 357
源内の手紙‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 358
原稿料のことなど‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 359
感想・小品
短篇の極北‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 365
独軍の残したもの‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 365
南蛮誓詞‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 366
長崎への旅‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 367
芸術家と後世‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 372
小説家たらんとする青年に与ふ‥‥‥‥ 377
文学志望者の読むべき書物‥‥‥‥‥‥ 380
予の浅草観‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 384
深く文芸に親しむがいゝ‥‥‥‥‥‥‥ 387
「父帰る」の事‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 387
利根川の旅‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 391
憂鬱な結婚‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 403
将棋の話‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 404
将棋‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 407
釣‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 410
サンガア夫人のこと‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 411
その月その月‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 413
有島氏の死‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 413
有島氏の文章と教科書‥‥‥‥‥‥‥ 414
「岐路」当時‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 415
災後雑感‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 417
厨川氏を悼む‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 421
喧嘩過ぎての強がり‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 423
身辺雑記‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 425
差押へられる話‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 425
チヤランケ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 428
雑誌及び雑誌記者‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 431
易と手相‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 433
特診‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 435
タクシの常客として‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 437
回想二三‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 439
新聞記者時代‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 439
貧乏の経験‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 441
自分の名前‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 442
私の日常道徳‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 443
新思潮と我々‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 445
災後雑感‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 446
落ちざるを恥づ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 447
麹町雑記‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 448
モダンガール‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 450
水産ソースのこと‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 452
小説の題‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 454
ヂャールの思出‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 455
生命保険‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 456
小山内さんと僕等‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 458
沢田の死‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 459
新聞のこと‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 460
羽太鋭治氏の事‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 461
新国劇のその後‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 462
立候補について‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 463
敗戦記‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 464
デカダン的読書‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 468
図書館‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 470
友と人との印象‥‥‥‥‥‥‥‥ 473
漱石先生と我等‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 475
晩年の上田敏博士‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 477
芥川のこと‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 480
芥川の印象‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 481
最近の芥川龍之介氏‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 483
滝田氏に就て‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 484
里見 氏の印象‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 485
新劇界の志士‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 488
島田清次郎を憫む‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 489
平沢計七‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 491
記者としての回想‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 492
芥川の事ども‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 495
 

第15巻 1938.2.8
 
日本合戦譚‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 1
姉川合戦‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 3
厳島合戦‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥20
川中島合戦‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥30
桶狭間合戦‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥46
田原坂合戦‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥63
長篠合戦‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥76
賤ヶ嶽合戦‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥88
碧蹄館の戦‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 103
島原の乱‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 117
山崎合戦‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 135
鳥羽伏見の戦‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 144
大阪夏の陣‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 151
真田幸村‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 161
応仁の乱‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 179
四条畷の戦‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 189
小田原陣‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 199
日本武将譚‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 211
平将門‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 213
八幡太郎義家‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 223
木曽義仲‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 233
源義経‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 246
楠木正成‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 258
太田道潅‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 267
北条早雲‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 278
明智光秀‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 289
黒田如水‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 299
伊達政宗‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 309
加藤清正‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 319
石田三成‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 330
謙信と信玄‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 344
秀吉と伊達政宗‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 364
仇討新八景‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 387
吉良上野の立場‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 389
下郎元右衛門‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 410
仇討兄弟鑑‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 428
敵討順逆かまはず‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 445
返り討崇禅寺馬場‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 460
敵討二重奏(石井兄弟亀山譚)‥‥‥ 475
敵討愛慾行‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 488
堀部安兵衛‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 517

サイトtopへ戻る
[ 2011/02/03 11:09 ] 菊池寛 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール
本サイトでは管理人が趣味で作成したデータベースを公開しています。著作権等の知的財産権を侵害する意図はありません。ご要望のある方はお知らせください。速やかに対応致します。なお、データの無断複製・転載はお断りしています。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。