研究余録 ~全集目次総覧~ TOP  >  スポンサー広告 >   >  木下杢太郎 >  『木下杢太郎全集』全25巻

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『木下杢太郎全集』全25巻

『木下杢太郎全集』全25巻(岩波書店、1981.5~1983.5)
※他に『木下杢太郎日記』全5巻(岩波書店、1979~80)がある。



第1巻 詩集 1 1981.5.18
 
木下杢太郎詩集
序‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 3
詩集「食後の歌」の自序‥‥‥‥‥‥‥ 5
天草組(明治40年)‥‥‥‥‥‥‥‥‥39
はためき‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥40
高札‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥40
黒船‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥41
長崎ぶり‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥42
あこがれ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥43
黒日‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥48
桟留縞‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥49
あまくさ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥50
巴爾裟摩‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥51
波羅葦増‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥52
秋風抄(明治40年)‥‥‥‥‥‥‥‥‥53
そへぶみ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥54
 古聿‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥55
秋風‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥56
残照‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥57
暹羅染‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥58
夕やけの歌‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥62
諧音‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥62
うつたへ 並序‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥64
行人語‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥65
十月‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥66
おなじく‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥67
柑子‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥68
落花生‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥69
榧の実‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥70
浅草寺‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥71
落日‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥72
緑金暮春調(明治41年)‥‥‥‥‥‥‥75
盲目の葬列‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥76
緑金暮春調‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥78
月夜‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥80
願望‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥81
夕‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥83
海の悲哀‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥85
落椿暮春‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥86
秋の朝の情調‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥88
盲唖院の落日‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥89
銀紅暮春‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥91
暮れゆく庭‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥93
湖とウヰスキイとのアランジユマン‥95
黒き扉の前にて(散文詩)‥‥‥‥‥98
街頭風景(明治42年)‥‥‥‥‥‥‥ 115
想の薄明‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 116
玻璃問屋‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 118
五月の頌歌‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 121
六月の市街の情緒‥‥‥‥‥‥‥‥ 126
五月の微雨‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 130
吉井勇に与ふ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 132
うめ草(短歌13章)‥‥‥‥‥‥‥ 133
曲中人物(明治43年)‥‥‥‥‥‥‥ 135
老いたる人の海岸の独白‥‥‥‥‥ 136
1 鴎の死‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 136
2 夜の港の悲哀‥‥‥‥‥‥‥‥ 140
門を守る老人の独白‥‥‥‥‥‥‥ 145
異国情調(明治43年)‥‥‥‥‥‥‥ 149
北原白秋氏の肖像‥‥‥‥‥‥‥‥ 150
日本在留の欧羅巴人‥‥‥‥‥‥‥ 153
邪宗僧侶刑罰図を眺むる女‥‥‥‥ 158
暮れゆく島‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 160
サフラン‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 162
『異人館遠望の曲』の序‥‥‥‥‥ 163
『異人館遠望の曲』跋‥‥‥‥‥ 166
食後の歌(明治43年)‥‥‥‥‥‥‥ 169
金粉酒‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 170
両国‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 171
街頭初夏‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 173
珈琲‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 174
五月‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 175
立秋の日‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 177
該里酒‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 179
市場所見‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 181
鴎‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 183
物いひ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 183
竹枝(明治43年)‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 185
こぞの冬‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 186
こほろぎ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 187
松の木やり‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 188
絳絹裏‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 189
紙入‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 190
秋‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 191
なでしこ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 192
海の入日 並序‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 193
石竹花 並序‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 194
町の小唄(明治43年)‥‥‥‥‥‥‥ 197
夜学校‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 198
林檎屋の小娘‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 198
窓の女‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 199
お栄さん‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 200
道のあちこち‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 201
築地の渡し 並序‥‥‥‥‥‥‥‥ 202
お花さん‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 203
幕間‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 204
ねざめ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 204
今日の芝居‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 205
八百屋‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 206
とも子‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 206
貫一‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 207
鳥屋‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 208
工場がへり‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 209
本町通‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 210
浴泉歌(明治44年)‥‥‥‥‥‥‥‥ 211
浴室の窓より落日を見る人の歌‥‥ 212
椎の葉‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 217
葉にふる雨‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 218
商人と其妻と‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 219
月の出‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 222
箚青‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 224
日ぐれ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 225
高原の寂しき温泉場の薄暮‥‥‥‥ 227
赤倉温泉にて(散文詩)‥‥‥‥‥ 228
珈琲壷と林檎と(散文詩)‥‥‥‥ 229
苦患即美(明治44年)‥‥‥‥‥‥‥ 237
もしや草の芽が‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 238
二月空‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 239
春の雪‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 240
雷雨の後‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 242
冬の夜半‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 244
埋れし春 並序‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 247
春朝‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 248
十月の哀歌‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 249
生の歓喜(明治44年)‥‥‥‥‥‥‥ 253
秋の林檎‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 254
鼻の孔をほじる人‥‥‥‥‥‥‥‥ 258
田圃道の放尿‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 259
葬送の日の淡き喜悦‥‥‥‥‥‥‥ 262
訳詩二篇(明治44年)‥‥‥‥‥‥‥ 267
窓に倚る夫人の独白(Hugo von Hofmannsthal)‥‥ 268
日の出前(Hugo von Hofmannsthal)‥‥ 279
 沢集(明治45年―大正元年)‥‥‥ 283
薄荷酒 並序‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 284
ざつくばらん‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 287
窓の芍薬‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 289
 古聿‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 290
お夏清十郎‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 292
五月朔日(明治45年―大正元年)‥‥ 295
博士と悪魔と‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 296
杜鵑‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 299
沖の帆かげ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 301
海村伝説‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 304
時興‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 305
柘榴舎利別‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 309
葱畑の鬱憂‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 310
悲しき杯‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 312
甕を抱ける女‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 313
夢幻山水(大正2年) ‥‥‥‥‥‥‥ 317
曇り日の魯西亜更紗‥‥‥‥‥‥‥ 318
煖炉のそば‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 320
ELEGIA D'UN GIOVANE FILOSOFO‥‥ 323
抒情小吟(大正2年) ‥‥‥‥‥‥‥ 329
窓のながめ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 330
よるよるは‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 332
夜ふけには‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 334
斜街時調(大正4年) ‥‥‥‥‥‥‥ 337
桐の雨‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 338
怨情‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 338
邪推‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 339
根なし草‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 339
かぞへ歌‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 340
瀋陽雑詩(大正5年―8年)‥‥‥‥‥ 341
竹枝‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 342
等一会児‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 343
梅郎唱蘇三‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 345
壷を埋むる人‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 346
それが一体何になる‥‥‥‥‥‥‥ 347
或夜の口ずさみ‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 349
満月‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 350
湖‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 351
2  ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 352
夢‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 354
夜ひそかに訪るる友‥‥‥‥‥‥‥ 355
春の夜の大雪‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 358
或る夕‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 359
解悶‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 360
梟‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 361
海ははるばる朦朧として‥‥‥‥‥‥ 363
女人のすがた(大正10年―11年)‥‥ 363
窓掛のかげ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 364
海日玲瓏‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 366
傍観者‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 367
南島の夜‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 368
知‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 369
該里酒‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 371
ヱ゛ズヰ゛オの遠望‥‥‥‥‥‥‥ 373
巴 山歌‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 379
或本の序詩‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 380
巴 山歌‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 380
諷詩‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 382
女優の評判‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 384
絵入週刊‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 385
リユクサンブウル公園の雀‥‥‥‥ 387
マロニエの花‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 388
小風景‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 389
七つ森‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 390
余白の楽がき‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 391
怨言‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 392
春のおち葉‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 397
序詩‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 398
薄暮の人影‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 398
消えてゆく轍‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 400
四月十七日夜‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 402
永代橋工事‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 403
奥の都(大正15年―昭和3年) ‥‥‥ 406
奥の都‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 408
草堂四季‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 409
窗前初夏‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 414
*後記‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 417
 


第2巻 余燼集 1982.1.18
 
余燼集
唱愁詞曲鈔‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 5
ヱロナだより‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 5
夜の好奇心‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 8
舞姫‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥10
果園に於けるおとづれの祝日‥‥‥‥12
屍を捜す船‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥13
詩集「瑞枝」の序に代へて作者黄瀛君に呈する詩‥‥16
真夏の夢‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥22
盆栽の松‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥33
余燼詩稿‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥37
拾遺詩集‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥55
名の無き遺書‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥61
寄生蟲‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥64
歌舞伎座‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥67
 喚‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥69
物影‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥71
ふるさと‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥73
暗き力‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥79
錆の花‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥84
〔短歌二首〕‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥85
黒国歌‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥86
下足へ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥89
短詩会詠草‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥91
故玉野花子一周忌歌会‥‥‥‥‥‥‥‥91
唄ふメヅサ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥92
うめ草‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 103
FJORDの一夜 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 106
雪中の葬列‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 107
酒の入荷‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 109
港の歌‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 110
水仙歌‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 113
CARICATURE‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 114
輓歌四章‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 119
冬の日光と枯草‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 123
狂人の遊歩‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 130
秋の紺糸‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 132
よるよるは(拾遺)‥‥‥‥‥‥‥‥ 133
夜半の空中飛行‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 134
春の庭‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 138
断片‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 139
初夏の道化役者‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 145
朝の新茶‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 146
丘の上‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 147
家の中‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 153
雪の夜の引打時計‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 158
二月某日‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 159
夜の湖‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 159
窓の外の港‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 160
出雲やすぎの鄙曲‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 160
窗前初夏(拾遺)‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 161
鉄砲伝来の歌‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 161
十二月八日の日記‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 163
山田長政とその僕‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 168
昭和十八年四月四日夜‥‥‥‥‥‥‥ 169
『食後の唄』〔参考〕‥‥‥‥‥‥‥‥ 171
詩歌草稿‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 301
*後記‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 453
 


第3巻 戯曲 1 1981.7.20
 
南蛮寺門前‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 1
燈台直下‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥39
温室‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥73
医師ドオバンの首‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 125
印度王と太子‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 153
実験時代‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 201
和泉屋染物店‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 301
夜‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 339
十一人の偏盲‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 363
絵踏 長崎殉教奇談‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 409
天竺徳兵衛昔物語‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 421
*後記‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 441
 


第4巻 戯曲 2 1981.10.19
 
柏屋伝右衛門‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 1
増補 天草四郎‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 101
花曇遠唄声‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 159
硝子問屋‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 197
代議士の家‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 221
空地裏の殺人‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 281
常長‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 319
訴人‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 339
柳屋‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 363
わらひ蕈‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 389
《参考》天草四郎と山田右衛門作(習作)‥‥ 413
*後記‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 441
 


第5巻 小説 1 1981.8.18
 
蒸気のにほひ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 1
霊岸島‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 7
男の持ちける花‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥13
追香記 車外の街 停車場‥‥‥‥‥‥‥23
波高き日‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥33
荒布橋‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥47
絶望‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥73
六月の夜‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥81
炉‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 123
池‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 135
硝子問屋‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 143
北郷村の強奪―村里伝説集の一‥‥‥‥ 149
珊瑚珠の根付‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 165
河岸の夜‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 183
沖の龍巻‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 207
睡眠前‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 213
山の焼けた日の夕がた‥‥‥‥‥‥‥‥ 219
北から南へ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 227
夷講の夜のことであつた‥‥‥‥‥‥‥ 235
柏屋‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 253
三人の従兄弟‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 273
葬式の前の日のこと‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 289
河岸の錨屋‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 321
霊岸島の自殺‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 343
船室‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 405
体格検査‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 425
穀倉(南国小景)‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 473
*後記‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 497
 


第6巻 小説 2 1982.2.18
 
青年の心理‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 1
小さい村の葬式‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥13
「一度は通る道だ」(Une caricature.)‥‥35
薔薇花を持つた老人‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥99
宝物拝観‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 103
少年の死‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 125
油壷‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 171
一群の人々‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 191
船室の夜‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 247
新時代‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 299
三度目の試験‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 339
崑崙山‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 377
雪‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 391
電鈴の釦‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 413
二少年‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 433
龍太郎‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 445
古都のまぼろし‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 451
口腹の小説‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 479
安土城記‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 513
*後記‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 553
 


第7巻 評論 紀行 随筆 1 1981.6.18
 
京都医科大学なる友人に与ふる書‥‥‥‥ 1
五足の靴‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 5
田山花袋氏の「蒲団」‥‥‥‥‥‥‥‥‥11
東京の河岸‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥17
「太陽」記者長谷川天渓氏に問ふ‥‥‥‥23
浅草観世音‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥35
公設展覧会の西洋画‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥48
地下一尺録‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥54
旅行紀念‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥60
山中湖‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥60
河口湖‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥61
西の湖‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥63
精進湖‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥64
伊豆伊東‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥65
吾人の小説批評の態度‥‥‥‥‥‥‥‥‥67
二月の小説‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥73
〔「昴」第3号消息〕 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥88
三月の雑誌の内より‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥92
中沢、山本氏等の写生旅行作品展覧会‥ 100
詩集「邪宗門」を評す‥‥‥‥‥‥‥‥ 114
日本現代の洋画の批評に就て‥‥‥‥‥ 122
白馬会を評す〔明治42年5月〕 ‥‥‥‥ 130
病院生活‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 140
〔「屋上庭園」骨牌欄〕‥‥‥‥‥‥‥ 147
浅草公園‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 156
市街を散歩する人の心持‥‥‥‥‥‥‥ 171
横浜及び異人館情調‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 184
三宅克己先生の洋行を送る‥‥‥‥‥‥ 188
〔「屋上庭園」卓の一角欄〕‥‥‥‥‥ 192
芸術の専門化的傾向‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 210
整復の音の感味‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 216
白馬会を評す〔明治43年5月〕 ‥‥‥‥ 223
太平洋画会を評す‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 230
外法来‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 237
京阪聞見録‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 245
写真版のRODINとその聯想 ‥‥‥‥‥‥ 270
文部省展覧会西洋画評‥‥‥‥‥‥‥‥ 283
浜田葆光氏作画展覧会‥‥‥‥‥‥‥‥ 318
夜の思想‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 323
海郷風物記‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 327
画界近事‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 358
三新作脚本の実演‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 378
山水と人と‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 400
一寸一言‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 404
絵画と批評と‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 411
島崎藤村の「家」‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 417
*後記‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 423
 


第8巻 評論 紀行 随筆 2 1981.9.18
 
山脇信徳君に答ふ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 1
無車に与ふ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 6
御返事二通‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 8
1 再び無車に与ふ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 8
2 再び山脇信徳君に答ふ‥‥‥‥‥‥‥22
公衆と予と‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥30
海国雑信‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥37
ロダンの彫刻其他‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥44
蘭人接待の古画‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥48
予感及び模索‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥54
海の幸‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥60
元素的―概念的‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥68
後ろの世界‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥75
海国の葬礼‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥83
洋画に於ける非自然主義的傾向‥‥‥‥‥89
劇評‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 125
『桐の花』に就いて‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 131
フユウザン会‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 135
光風会‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 139
現代大家小芸術品展覧会‥‥‥‥‥‥‥ 142
小林清親が東京名所図会‥‥‥‥‥‥‥ 144
ホトトギス催能の所感‥‥‥‥‥‥‥‥ 148
「エレクトラ」の実演を嗤ふ‥‥‥‥‥ 152
芸術と国民性‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 160
文展の洋画を評す‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 175
最近洋画界‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 190
洋画と洋画家‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 195
今秋の洋画界‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 199
大正二年の文学界‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 206
二月の文壇‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 211
狂言座を観る‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 221
陶器に関する考察‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 229
博覧会の日本画に就て‥‥‥‥‥‥‥‥ 239
或る夜のこと‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 247
小笠原の北原白秋へ‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 251
観劇覚え帳‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 253
高原の秋‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 258
二科会を論ず‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 264
石井君と小杉君‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 269
備忘録‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 270
リイチ氏の陶器展覧会‥‥‥‥‥‥‥‥ 276
文芸の批評に就て‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 279
年頭所感‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 293
歌集赤光‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 307
日本演劇に関する考察‥‥‥‥‥‥‥‥ 309
岡本綺堂氏の戯曲‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 335
故平出修君を追懐す‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 337
文壇近事‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 342
最近時事‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 345
小寺健吉作品展覧会目録序‥‥‥‥‥‥ 361
新似顔絵雑誌初号序‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 364
隅田川両岸の風景‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 366
柚木久太郎滞欧作品展覧会‥‥‥‥‥‥ 369
小寺健吉氏個人展覧会‥‥‥‥‥‥‥‥ 371
谷崎潤一郎氏の戯曲法成寺物語を読みて史劇を論ず‥‥ 372
現代‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 381
松本博士新著「現代の日本画」を読む‥ 386
新作評論‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 407
有島生馬氏作「死ぬほど」‥‥‥‥‥ 407
坪内士行氏「料理人」‥‥‥‥‥‥‥ 408
北村清六氏作「少年の死」‥‥‥‥‥ 410
所謂問題文芸と理想と‥‥‥‥‥‥‥‥ 411
座頭殺し‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 427
*後記‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 431
 


第9巻 評論 紀行 随筆 3 1981.11.18
 
新芸術の先駆者―二科展評‥‥‥‥‥‥‥ 1
文展の洋画‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥16
現代の芸術的意識‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥25
平福百穂氏作「朝露」評‥‥‥‥‥‥‥‥39
批評家と「夜」と‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥40
浦上村事件‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥54
「三人吉三」合評‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥68
故小林清親翁の事‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥70
新年雑誌創作評‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥83
道楽日記‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥96
現代の歴史小説‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 108
美術通信‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 113
立体派の絵画‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 143
国民的文化の自覚とは何ぞや‥‥‥‥‥ 153
新東洋趣味‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 163
文壇現状論‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 187
最近美術界‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 190
最近画壇の推移‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 202
三人吉三‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 207
吉林‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 210
文華殿観画記‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 219
為藤五郎に与ふ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 239
北支那雑話‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 242
高其佩と朗世寧と‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 253
支那の陶器‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 267
支那の劇‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 278
満洲通信‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 284
〔満洲通信拾遺〕‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 377
*後記‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 421
 


第10巻 評論 紀行 随筆 4 1981.12.18
 
南画を論ず‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 1
故国‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥28
北京‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥71
河南風物談‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥95
徐州―洛陽‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 105
銭舜挙‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 155
むだこと‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 162
人に‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 169
卒業生諸君に告ぐ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 177
中華民国学生諸君に告ぐ‥‥‥‥‥‥‥ 183
〔奉天洋画研究会展覧会目録序〕‥‥‥ 197
奉天に於ける回回教の寺院‥‥‥‥‥‥ 199
支那博物館‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 223
跳塔‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 232
平壌及び其附近の古墳‥‥‥‥‥‥‥‥ 259
朝鮮風物記‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 276
遼陽の古墳‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 304
支那住宅の装飾的要素‥‥‥‥‥‥‥‥ 318
近頃のこと‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 340
慶州‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 345
京城の博物館‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 366
支那の女‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 390
*後記‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 397
 


第11巻 評論 紀行 随筆 5 1982.4.19
 
「大同石仏寺」原版序‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 1
雲崗日録‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 3
雲崗仏龕の名称‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 220
大同美術中の 陀羅分子‥‥‥‥‥‥‥ 229
北京及び其附近‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 253
支那美術聞見談‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 288
諏訪丸にて‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 309
大阪の都会情調‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 314
クウバ紀行‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 322
倫敦通信‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 352
大寺の前の広場‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 372
サン・シユルピスの広場から‥‥‥‥‥ 378
巴里の宿から‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 383
巴里日記‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 386
エンゲン湖畔‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 390
巴里より‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 395
ブルタアニユ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 400
羅馬へ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 404
テエベス・百門の都‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 409
*後記‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 429
 


第12巻 評論 紀行 随筆 6 1982.6.18
 
アマルフイ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 1
埃及旅行の後に‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 9
里昂より‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥19
パリ近事‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥24
旅‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥29
ストラアスブウルからハイデルベルヒへ‥33
独逸‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥37
伯林より‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥41
リユウ・ド・セイヌ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥43
セエヴル陶器館‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥54
巴里に於ける支那美術展覧会‥‥‥‥‥‥58
ミユゼエ・ギメエ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥61
アンリイ・コルヂエエ教授‥‥‥‥‥‥‥67
ボルドオ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥70
マドリイ市‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥73
アルカラ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥93
トレド‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥95
コルドバ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥98
セビイア‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 103
言はでもよきこと‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 114
梅蘭芳‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 114
黒田清輝画伯遺作展覧会‥‥‥‥‥‥ 116
栗原忠二君作品展覧会‥‥‥‥‥‥‥ 117
南画・洋画‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 118
田安門と牛が淵‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 119
続言はでもよきこと‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 121
東京‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 121
文化と冱寒と東京を圧す‥‥‥‥‥‥ 123
ライト式とミキスドグリル‥‥‥‥‥ 126
仮名遣の問題‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 128
名古屋に就ての感想‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 132
仮名遣改定案抗議‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 142
リスボア‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 153
コインブラ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 181
サン・セバスチヤン‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 186
ハビエルの城‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 189
小林清親の板画‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 200
切支丹宗門の迫害と潜伏‥‥‥‥‥‥‥ 204
名陽雑記‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 209
春宵雑記‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 214
シマンカス‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 220
民衆的傾向と古典的修養と‥‥‥‥‥‥ 227
ロダン歿後‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 229
支那南北記‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 231
寂しい旅‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 269
日本文明の未来‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 276
本の批評‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 316
仏蘭西花柳病予防協会‥‥‥‥‥‥‥‥ 320
栗原忠二君個展‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 324
大阪語を以て大阪市民の心理を表現する文学はなきや‥‥ 329
長州萩に於て伊藤総理大臣一外国宣教師を引見する事‥‥ 332
古典復活礼讃‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 336
ルイス・フロイスの手紙‥‥‥‥‥‥‥ 341
日本の発見‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 344
日本に於けるカトリツク教‥‥‥‥‥‥ 373
羅馬に使した支倉六右衛門‥‥‥‥‥‥ 379
一高時代の回顧‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 391
元旦試筆‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 393
西洋の陶器‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 399
南蛮寺の建築様式‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 402
*後記‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 407
 


第13巻 評論 紀行 随筆 7 1982.7.19
 
木村荘八君‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 1
S博士 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 6
南蛮文学雑話‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥21
支那青年と自然科学‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥43
支倉六右衛門の事 附アマチが「奥州記」‥‥52
桐下亭随筆‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 118
仙台から‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 130
五城雁信‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 133
我々の通つて来た時代‥‥‥‥‥‥‥‥ 136
元亀天正時代の九州の耶蘇教青年‥‥‥ 143
パンの会の回想‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 156
グイドオ・グワルチエリが日本使節記に就いて‥‥ 165
女がた‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 171
二つの訃音‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 175
五月の夜‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 183
鶚軒游戯を読みて‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 189
アレツサンドロ・ワリニヤニの第一回の来朝‥‥ 195
フランソワ・ド・キユレル‥‥‥‥‥‥ 259
日本に於ける吉利支丹の運動‥‥‥‥‥ 300
日本に於ける目金の歴史の補遺‥‥‥‥ 354
アジユダ文庫に在る日本関係の未刊書に関する覚書‥‥ 360
二つの全集を中心に‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 374
謡曲の翻訳‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 382
中隠日記‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 386
「オルフエエ」‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 390
「今戸橋」‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 392
南蛮随筆‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 394
サラゴツサ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 406
桐下亭秋信‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 411
売りに出た首‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 416
古語は不完全である・然し趣が深い‥‥ 418
*後記‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 425
 


第14巻 評論 紀行 随筆 8 1982.9.21
 
西班牙の風物と其国の殖民伝教史‥‥‥‥ 1
「天草本伊會保物語」‥‥‥‥‥‥‥‥‥16
十六七世紀に於ける西班牙の絵画‥‥‥‥19
聖秘蹟の御馬車‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥25
大坂城‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥30
巴里の点心舗‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥35
吉利支丹宗門に関係のある美術‥‥‥‥‥40
長崎・室津‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥45
 嘯庵弄墨‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥48
ヱネチア・長崎‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥52
記憶の為めの書き附‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥54
フウゴオ・フオン・ホフマンスタアル父子の死‥‥67
白秋全集‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥73
天正年間九州諸大名より羅馬に遣はされたる四青年使者の帰朝‥‥74
ジヤン・クラツセの日本西教史とルイス・フロイスの諸年報と‥‥ 112
太閤秀吉の大巻狩‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 117
風霜集‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 120
ヲルテエルの小説に現はれた黴毒起源の問題‥‥ 125
関白とアナトミイ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 129
或日の森鴎外先生‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 131
「南蛮寺門前」‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 138
北米通信‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 143
隅田川の諸橋‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 182
晩春初夏‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 196
ポオル・ジエラルヂイ‥‥‥‥‥‥‥‥ 202
伊豆伊東‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 218
天正年間耶蘇会諸教育機関の移動‥‥‥ 220
秀吉と伴天連‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 246
「切支丹伝道の興廃」‥‥‥‥‥‥‥‥ 285
南蛮屏風‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 288
郵船アクイタニアより‥‥‥‥‥‥‥‥ 291
シヤム及びフイリツピンに於ける癩療養所‥‥ 294
「天正遣欧使節記」‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 316
黒・フイリッピイン‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 319
『乙丑周遊記』序‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 329
ブリヤンの事其他‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 332
マニラ板ろざりよ記録の事其他‥‥‥‥ 340
晴窗帖‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 348
土肥先生と癩史及び黴毒史‥‥‥‥‥‥ 356
それやこれや‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 363
石井柏亭君‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 370
ゲエテの伊太利亜紀行‥‥‥‥‥‥‥‥ 376
白露亡民の小説‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 380
洛陽及び鞏県‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 385
*後記‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 401
 


第15巻 評論 紀行 随筆 9 1982.10.18
 
サンチヤゴ・デ・ラス・ベガス‥‥‥‥‥ 1
院展の絵画‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 7
「傾斜ある感情」‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥19
森鴎外‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥22
二十五周年を迎ふる「アララギ」‥‥‥‥72
与謝野寛先生還暦の賀に際して‥‥‥‥‥78
森鴎外先生に就いて‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥85
マニラ板ろざりよの経に就いて‥‥‥‥‥93
柴扉春秋‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 139
街頭の傍観者‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 146
昭和八年の美術院‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 160
秋暑漫筆‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 167
「国語創造運動」提唱者の質問に対する御答‥‥ 174
与謝野晶子全集第1巻 ‥‥‥‥‥‥‥‥ 178
「うす二あゐ」‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 184
古玩に関する断片的考察‥‥‥‥‥‥‥ 186
平福百穂画伯‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 191
幸田露伴‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 195
鴎外文献‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 218
春径独語‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 228
自春渉秋記‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 238
「東洋の使徒聖サヰ゛エル伝」序‥‥‥ 251
本・図書館‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 254
荒庭の観察者‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 262
二十年前の今日此頃‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 268
チエンマイ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 275
暹羅記―山田長政―‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 281
自然も活動する如し‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 325
芸術・作家・名声‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 327
マカオ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 333
芥川龍之介君‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 340
「パンの会」と「屋上庭園」‥‥‥‥‥ 347
張赫宙の『ガルボウ』‥‥‥‥‥‥‥‥ 354
俳諧と自然‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 357
卒業生諸君に餞す‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 387
石龍‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 389
窮村の医療‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 400
ゲエテと医学‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 403
*後記‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 417
 


第16巻 評論 紀行 随筆 10 1982.11.18
 
真昼の物のけ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 1
僻郡記‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 8
続僻郡記‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥29
鴎外全集著作篇刊行の辞‥‥‥‥‥‥‥‥51
真贋‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥53
森先生の人と業と‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥54
郡虎彦君‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥68
鴎外先生の評論と史伝‥‥‥‥‥‥‥‥‥72
欧羅巴の留学から帰つて来た当時の森鴎外‥‥74
鴎外全集著作篇後記‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥87
科学通信に望む‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 115
十九世紀末仏蘭西に於ける独逸主義の勝利‥‥ 116
横組・縦組‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 132
フランスに於ける教育改革‥‥‥‥‥‥ 143
医学部の学生諸君と僕と‥‥‥‥‥‥‥ 176
マニラ記‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 182
露伴先生の文化勲章を得給へるを祝す‥ 200
昭和十二年の院展及び青龍展‥‥‥‥‥ 203
ことばの泉 心のかて‥‥‥‥‥‥‥‥ 211
原書と翻訳‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 212
我々の医局に在りし日の土肥先生‥‥‥ 217
国字国語改良問題に対する管見‥‥‥‥ 237
小網町・深川八幡‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 258
一水会展覧会‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 261
銀杏とGinkgo‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 268
フエルランテ・ワリニヤニのアレツサンドロ・ワリニヤニ伝‥‥ 272
残響‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 280
二度と生れぬ作品‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 299
戌亥の刻‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 300
柘榴‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 308
新万葉集のうちの癩者の歌‥‥‥‥‥‥ 309
「エグモント」解説‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 315
露伴管見‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 326
鈴木三重吉全集‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 339
鴎外全集翻訳篇刊行の辞‥‥‥‥‥‥‥ 342
笑‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 344
「夏目漱石」(小宮豊隆君に)‥‥‥‥ 351
徐州・開封・太原・晋祠‥‥‥‥‥‥‥ 364
Raimond Sabouraud先生ノ訃 ‥‥‥‥‥ 369
鴎外先生の翻訳‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 375
鴎外全集翻訳篇後記‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 378
昭和十三年の院展及び青龍展‥‥‥‥‥ 390
Jean Darier博士ノ訃 ‥‥‥‥‥‥‥‥ 397
入沢達吉先生‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 401
上林豊明教授ノ遠逝ヲ悼ム‥‥‥‥‥‥ 406
上林豊明君を追懐す‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 411
*後記‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 425
 


第17巻 評論 紀行 随筆 11 1982.12.17
 
大同石仏雑話‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 1
北魏の造像‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥13
雲崗石仏文献鈔‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥37
日本吉利支丹関係の稀覯書未刊書に就いて‥‥79
小川正子著「小島の春」‥‥‥‥‥‥‥ 113
大同石仏寺懐古‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 115
今に生きる源氏‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 117
水水水(北支及び山西を旅して)‥‥‥ 122
青木繁遺作展‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 127
霜月師走‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 129
『伽羅山荘随筆』‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 138
研究室裏の空想‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 140
北支山西で見た芸術品‥‥‥‥‥‥‥‥ 164
鴎外先生の文体‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 175
初期の日本と西班牙‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 180
動画「小島の春」‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 185
〔斎藤茂吉君帝国学士院賞受賞祝賀〕‥ 192
あかざ(藜)とひゆ( )と‥‥‥‥‥ 195
昭和十五年の青龍展・院展・二科展‥‥ 206
天正遣欧使節‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 215
近く仏印に行くに臨んで‥‥‥‥‥‥‥ 236
豕日小言‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 239
パストエルより以後現代に至る微生物学の趨向‥‥ 246
『采花集』序‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 278
小学校時の回想‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 282
熱帯の風物‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 295
仏印から帰つて‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 301
仏印の医事衛生‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 307
仏印に於ける美術及び工芸教育‥‥‥‥ 311
安南語の系譜‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 322
安南、柬埔寨聞見談‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 336
一千号を迎ふる日本医事新報‥‥‥‥‥ 362
仏印管見‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 364
仏印に於ける医育及び医学研究の機関‥ 397
長与又郎先生‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 410
タ・プロオム‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 413
三十年前の日本橋‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 426
アンコオルの古蹟‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 428
私の机上‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 441
*後記‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 443
 


第18巻 評論 紀行 随筆 12 1983.2.18
 
科学と芸術‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 1
明治末年の南蛮文学‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 3
「富貴真臘」聞見談‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥11
安南における国語国字問題‥‥‥‥‥‥‥17
水野清一、長広敏雄共著「龍門石窟の研究」‥‥38
岡本良知氏訳「九州三侯遣欧使節行記」‥41
「九州三侯遣欧使節行記」‥‥‥‥‥‥‥44
耶蘇会士アレクサンドル・ド・ロオデ‥‥51
南方医学覚帳‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥79
雲南と方山‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥93
大同より‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥98
雲崗石仏寺の今昔‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 100
南方に関する書‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 117
「寒雲」「暁紅」「白桃」‥‥‥‥‥‥ 120
白秋君を悼む‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 124
北原白秋のおもかげ‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 126
本の装釘‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 135
杏林逸話‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 150
長崎の博愛会‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 150
志賀親教の病‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 153
真臘の癩‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 155
「漱石の芸術」‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 157
北原白秋君‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 163
龍宮の美玉‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 168
南方諸国に於ける従来の医療及び医学研究の機関‥‥ 169
芭蕉と現代の生活‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 193
「仏領印度支那」‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 208
会員鈴木武雄君ノ戦死ヲ悼ム‥‥‥‥‥ 209
親試実験‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 210
皇漢医学‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 225
高橋信吉教授ヲ弔フ‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 230
天平時代の仏像に対する断片的考察‥‥ 232
古典に就いて‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 255
日本医学史に於ける古方家‥‥‥‥‥‥ 258
雲崗石仏群‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 281
俳文学論考‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 283
鴎外旧宅の焼失‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 286
東洋の道‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 287
すかんぽ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 290
森鴎外の文学‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 301
森鴎外博士の「訂正オルフェウス」‥‥ 312
薬袋も無き事ども‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 319
日本医学史概要‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 335
*後記‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 415
 


第19巻 翻訳 1 1982.3.18
 
窓に立つ人(ホフマンスタアル)‥‥‥‥ 1
曹操殺父執‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥23
チチアンの死(ホフマンスタアル)‥‥‥45
黛玉葬花‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥59
愛(アントン・ヰルドガンス)‥‥‥‥‥73
エグモント(ゲエテ)‥‥‥‥‥‥‥‥ 163
上顎の間骨は動物と同じく人間にも認めらるべきこと(ゲエテ)‥‥ 287
日本の劇場の舞台遠近法(グラアザア)‥‥ 329
日本演劇の型に就て(グラアザア)‥‥ 335
東京の市街(グラアザア)‥‥‥‥‥‥ 341
ケルン市に於ける国際美術展覧会(フォルトラアゲ)‥‥ 347
瓶の把に就て(ジンメル)‥‥‥‥‥‥ 351
ロダン論(メニエエ論)(ジンメル)‥ 361
「日本に於ける欧羅巴劇」の講話(ハアゲマン)‥‥ 379
新印象派論(マイエル=グレエフェ)‥ 395
*後記‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 413
 


第20巻 翻訳 2 1982.5.18
 
『十九世紀仏国絵画史』(ムウテル)‥‥ 1
『支那伝説集』‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 253
*後記‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 515
 


第21巻 翻訳 3 1982.8.18
 
日本遣欧使者記(グワルチエリ)‥‥‥‥ 1
キリシタン関係諸篇 その他‥‥‥‥‥ 145
大坂城に於ける秀吉(フロイス)‥‥ 146
ルイス・フロイス千五百九十年日本年報‥‥ 172
ルイス・フロイス日本書簡 1591年 1592年‥‥ 200
伴天連書翰に現はれたる 関白秀次の行状と死と(フロイス)‥‥ 303
日本の島とぱつぱグレゴリオ十三世の聖座に恭敬をささげ奉る為めにそこより渡り来れる公子たちとに関する短き記録(ベナツチ)‥‥ 336
燉煌千仏洞の装飾芸術(スタイン)‥ 349
千九百二十二年の 仏国叙情詩壇(ヌエツト)‥‥ 361
巴里の雑誌(ヌエツト)‥‥‥‥‥‥ 368
仏国に於ける中学教育の改革問題(ヌエツト)‥‥ 374
FOUCHER著「健駄羅芸術」序論抄 ‥‥ 381
ユウリウス・マイエルグレエフェエの死(ケエニツヒ)‥‥ 407
アクロポオル山上のアナトオル・フランス(セギユウル)‥‥ 419
*後記‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 431
 


第22巻 医事 1983.1.28
 
学齢児童にしばしば見らるゝ皮膚病‥‥‥ 1
仏蘭西医学家の見たる北米皮膚科学会‥‥14
糸状菌と皮膚病‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥18
仏国医界‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥23
伝染性皮膚疾患に関する最近の文献‥‥‥29
最近の皮膚科学界に於ける二三の興味ある問題‥‥48
最近一箇年間の皮膚科学界瞥見‥‥‥‥‥62
疥癬蟲講究の歴史‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥74
癩研究ノ現況‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥94
皮膚病学の沿革‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 131
癩の科学‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 145
開会ノ辞〔第40回日本皮膚科学会総会〕‥‥ 176
北支ノ癩‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 180
光力学的作用と光線に因る疾患‥‥‥‥ 185
開会ノ辞〔第42回日本皮膚科学会総会〕‥‥ 191
南方熱帯地方の皮膚疾患に就て‥‥‥‥ 193
『皮膚科学講義』(抄)‥‥‥‥‥‥‥ 198
*医学関係著作年譜‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 465
*解題(福代良一)‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 493
 


第23巻 雑纂 書簡 1983.4.28
 
雑纂
自序跋
『和泉屋染物店』跋‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 3
『南蛮寺門前』跋‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 9
『唐草表紙』跋‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥21
『印象派以後』序‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥25
『地下一尺集』自序‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥30
『現代戯曲全集』第11巻 木下杢太郎篇 小伝及跋‥‥33
『支那南北記』小引‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥35
『厥後集』序‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥36
『えすぱにや・ぽるつがる記』序‥‥‥‥38
『雪櫚集』小序‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥41
『芸林 歩』序‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥43
重版大同石仏寺 序‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥46
『重版大同石仏寺』附録引‥‥‥‥‥‥‥49
『重版大同石仏寺』跋‥‥‥‥‥‥‥‥‥50
『其国其俗記』序‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥57
『木下杢太郎選集』序‥‥‥‥‥‥‥‥‥59
『日本吉利支丹史鈔』序‥‥‥‥‥‥‥‥63
『日本吉利支丹史鈔』凡例‥‥‥‥‥‥‥64
『葱南雑稿』序‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥66
アンケート他
〔『えすぱにや・ぽるつがる記』所収「千五百九十年マカオに於て印刷せられたる一書に関する解題 Jos  Toribio Medina著」に附された註及追記〕‥‥71
〔『えすぱにや・ぽるつがる記』所収「四遣欧使節の帰朝」(岡本良知訳)の〕附記及び再註‥‥72
〔北原白秋『邪宗門』「外光と印象」中扉裏〕‥‥75
アンケート‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥76
大正博覧会を観て最も深き印象を得たもの‥‥76
「酒」諸名家の回答‥‥‥‥‥‥‥‥‥76
文章初学者に与ふる十五名家の箴言‥‥76
大正十五年度の作と人‥‥‥‥‥‥‥‥77
避暑か? 克暑か?‥‥‥‥‥‥‥‥‥77
一 最近の文化映画の中で何をもつとも興味深く観ましたか?一 文化映画に対する註文‥‥78
書簡‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥79
明治34年‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥81
明治35年頃‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥83
明治37年‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥87
明治38年‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥98
明治39年‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 100
明治40年‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 111
明治41年‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 117
明治42年‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 123
明治43年‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 136
明治44年‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 141
明治45年(大正元年)‥‥‥‥‥‥‥‥ 144
大正2年 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 148
大正3年 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 149
大正4年 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 151
大正5年 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 155
大正6年 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 166
大正7年 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 176
大正8年 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 186
大正9年 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 196
大正10年‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 213
大正11年‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 247
大正12年‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 275
大正13年‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 301
大正14年‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 328
大正15年‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 333
昭和2年 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 343
昭和3年 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 348
昭和4年 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 354
昭和5年 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 362
昭和6年 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 366
昭和7年 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 370
昭和8年 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 374
昭和9年 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 375
昭和10年‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 379
昭和11年‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 380
昭和12年‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 387
昭和13年‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 394
昭和14年‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 404
昭和15年‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 414
昭和16年‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 421
昭和17年‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 434
昭和18年‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 448
昭和19年‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 459
昭和20年‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 465
年次未詳‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 473
書簡索引‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 475
*後記‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 481
 


第24巻 未定稿集 1 1983.3.28
 
地下一尺‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 1
地下一尺 壱及弐 壱‥‥‥‥‥‥‥‥19
地下一尺 弐‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥29
地下一尺 参‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥45
地下一尺 四‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥67
地下一尺 四‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥71
地下一尺 五‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥79
地下一尺 六‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥93
地下一尺 七‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 101
地下一尺 七ノ下‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 113
地下一尺 其八‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 139
地下一尺 第九‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 209
地下一尺 十‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 227
地下一尺 十一‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 237
地下一尺 十二‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 311
地下一尺 十二‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 323
地下一尺 十四‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 347
地下一尺 十五‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 361
地下一尺 十七‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 395
地下一尺 十九‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 435
地下一尺 弐拾‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 471
*後記‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 541
 


第25巻 未定稿集 2 1983.5.30
 
未定稿集2
某氏に与ふる書‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 3
湖の底‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥10
〔無題〕‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥27
〔無題〕‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥91
追憶‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 103
島原の夜‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 103
平戸みやげ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 105
汽船宿近傍‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 112
戸の外(戯曲的小品)‥‥‥‥‥‥‥‥ 134
老‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 150
捨つるを難んずる心‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 157
21. Dec. 1915 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 160
夜の大雪‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 163
伊東‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 172
〔N・I君〕‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 174
窓‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 178
ポトシンスキイ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 191
お互に底を割つた話‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 201
〔欧洲日記〕‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 205
雨の日‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 209
鉢の木‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 211
国語国字問題‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 213
お別れ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 216
安土―京都―堺‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 221
夏の夕‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 227
〔無題〕‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 230
鉄砲伝来記‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 232
夢‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 240
〔9.IV.27〕 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 248
ドン・ジユリオの煩悶‥‥‥‥‥‥‥‥ 250
ルネツサンスに対する疑‥‥‥‥‥‥‥ 256
〔無題〕‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 259
〔無題〕‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 263
〔無題〕‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 266
8.VIII.1931 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 268
〔札幌における講演〕‥‥‥‥‥‥‥‥ 270
竹友藻風君の「文学遍路」‥‥‥‥‥‥ 272
与謝野令夫人に上る‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 273
模 と独創と‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 277
七月の雨の夜‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 279
〔無題〕‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 280
北京‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 282
百子千房の図に添へて鼓山先生の寿康と学勲とを祝し奉る‥‥ 286
〔無題〕‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 288
物の紛失は手品のやうだ‥‥‥‥‥‥‥ 289
〔無題〕‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 290
〔無題〕‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 295
〔無題〕‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 297
青島東亜医科学院 歌‥‥‥‥‥‥‥‥ 299
〔無題〕‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 302
可食之野草‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 304
〔随想〕‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 311
一本の煙草‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 311
死と恐怖と‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 312
藜園雑記‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 316
あかざ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 316
新枇杷‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 317
仆れたる水瓶‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 319
責任・反省‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 320
山川草木悉皆成仏‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 321
須賀川‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 323
夢‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 324
細雪‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 324
芥川龍之介全集‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 325
読書療病‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 328
対談・座談
一夕話‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 331
芭蕉誹諧研究(第13回)(山田孝雄,阿部次郎,小牧健夫,村岡典嗣,小宮豊隆,太田正雄,土居光知,岡崎義恵)‥‥ 344
知的教養について(石原純,長谷川如是閑,和辻哲郎,谷川徹三,太田正雄,竹内芳衛)‥‥ 371
癩文芸を語る(阿部知二,内田宋,太田正雄,小林秀雄,下村宏,本田一杉,高野六郎)‥‥ 393
奉祝展―洋画と彫刻(高村光太郎,児島喜久雄,木下杢太郎)‥‥ 402
奉祝展座談会(木下杢太郎,児島喜久雄,谷川徹三,長与善郎,藤森順三)‥‥ 410
現下の国語問題(柳田国男,大岡保三,岸田国士,太田正雄,新村出)‥‥ 438
南方報告(木下杢太郎,平野義太郎) ‥ 457
科学技術と文学(有馬頼寧,高野六郎,岸田日出刀,木下杢太郎,大仏次郎,林髞,岩田豊雄,高橋健二,石垣純二)‥‥ 474
発言抄‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 492
新春清談(太田正雄,古屋芳雄,浦本政三郎)‥‥ 492
医事雑誌記事並に医書の記述印刷法を語る座談会‥‥ 499
「医育刷新問題」座談会―医学教育の目標を何処におくべきか‥‥ 501
南方医学を語る夕‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 511
言語政策(保科孝一,小倉進平,石黒修,平野義太郎,谷川徹三,太田正雄)‥‥ 516
「医師補修教育」の検討‥‥‥‥‥‥ 519
補遺
帝国劇場の装飾画‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 527
廿四時間と労働と‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 532
思ひ出の旅 あこがれの地‥‥‥‥‥‥ 538
快楽・苦患‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 539
岩野喜久代女史の「万里の秋」‥‥‥‥ 545
*後記‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 547
*年譜‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 565
*著作年表‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 579
*総目索引‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 1

サイトtopへ戻る
[ 2011/02/03 11:28 ] 木下杢太郎 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール
本サイトでは管理人が趣味で作成したデータベースを公開しています。著作権等の知的財産権を侵害する意図はありません。ご要望のある方はお知らせください。速やかに対応致します。なお、データの無断複製・転載はお断りしています。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。