研究余録 ~全集目次総覧~ TOP  >  スポンサー広告 >   >  久保栄 >  『久保栄全集』全12巻

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『久保栄全集』全12巻

『久保栄全集』全12巻(三一書房、1961.11~1963.4)



第1巻 創作 1962.8.5
 
史劇 国姓爺新説(六幕)‥‥‥‥‥‥‥ 7
戯曲 青年教育(一幕)‥‥‥‥‥‥‥ 143
戯曲 漁民(三場)‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 157
合唱詩 トルクシブ鉄道の建設(一幕)‥‥ 223
生きた新聞 ファッショ人形(一幕)‥ 241
合唱詩 謹賀新年(一場)‥‥‥‥‥‥ 257
掛合噺 デマ(一幕)‥‥‥‥‥‥‥‥ 259
合唱詩 五月近し!(一幕)‥‥‥‥‥ 271
討論劇 「パン」開幕劇‥‥‥‥‥‥‥ 293
戯曲 中国湖南省(六景)‥‥‥‥‥‥ 305
合唱詩 ドニエープル発電所(一幕)‥ 403
*解題(内山鶉)‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 415
*解説 「中国湖南省」と小形式脚本とについて(中野重治)‥‥ 447
 

第2巻 創作 1962.2.10
 
史劇 五稜郭血書(五幕)‥‥‥‥‥‥‥ 5
劇詩 吉野の盗賊(八場)‥‥‥‥‥‥ 189
喜劇 こわれた瓶(一幕)‥‥‥‥‥‥ 293
新大衆劇 博徒ざむらい‥‥‥‥‥‥‥ 325
*解題(内山鶉)‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 451
*解説 久保栄と「大衆性」(木下順二)‥‥ 468
 

第3巻 創作 1961.11.25
 
戯曲 火山灰地 二部作‥‥‥‥‥‥‥‥ 5
シナリオ 石狩川‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 323
戯曲 林檎園日記(四幕)‥‥‥‥‥‥ 379
*解題(内山鶉)‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 495
*解説1 「火山灰地」創造をめぐる状況(野間宏)‥‥ 507
*解説2 『林檎園日記』について(小宮山量平)‥‥ 520
 

第4巻 創作 1962.5.31
 
ロマン のぼり窯‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 5
戯曲 日本の気象(五幕)‥‥‥‥‥‥ 237
*解題(内山鶉)‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 413
*解説 『のぼり窯』と『日本の気象』の問題(平野謙)‥‥ 421
 

第5巻 評論 1962.10.5
 
評論(1926―1933)
1926年
「ホオゼ」序‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥13
翻訳者の観た「ホオゼ」‥‥‥‥‥‥‥‥16
表現派の喜劇作家カアル・シュテルンハイム‥‥19
「ユウディット(ユダヤの寡婦)」序‥‥23
聖書―「ユウディット」―「ユダヤの寡婦」‥‥26
「解放されたウオタン」序言‥‥‥‥‥‥32
ドイツ劇壇の1926年―本年度の上演作品から―‥‥36
ゲオルク・カイザアの閲歴‥‥‥‥‥‥‥46
1927年
「平行」の批評にたいして―泰豊吉氏に―‥‥53
シュテルンハイムについて‥‥‥‥‥‥‥59
ハンス・ザックスについて‥‥‥‥‥‥‥62
シュテルンハイムの横顔‥‥‥‥‥‥‥‥65
表現主義の戦争劇とゲエリンク‥‥‥‥‥76
1928年
演劇と映画の接点‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥87
「築地小劇場」編集を完えて‥‥‥‥‥‥95
イプセン百年祭講演‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥98
「メツザレム」巻末に‥‥‥‥‥‥‥‥ 106
謝肉祭狂言とハンス・ザックス‥‥‥‥ 112
「ウィルヘルム・テル」について‥‥‥ 115
創作劇場と翻訳劇場‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 119
帝劇公演と「ウィルヘルム・テル」‥‥ 123
六号活字で‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 130
世相劇への道―「二人のオリイフェル」その他―‥‥ 132
「組織委員提出テーゼ集録」から‥‥‥ 141
「築地小劇場」編集余語‥‥‥‥‥‥‥ 143
「真夏の夜の夢」とその音楽‥‥‥‥‥ 145
「築地小劇場」編集後記‥‥‥‥‥‥‥ 150
ハイエルマンス断片‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 151
オランダの代表作家ハイエルマンス‥‥ 153
鄭芝竜と鄭成功―「国性爺合戦」の史実―‥‥ 157
「国性爺合戦」の改作‥‥‥‥‥‥‥‥ 163
「たのむ」小感‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 167
「当世立志伝」のテキスト・レジイ‥‥ 169
1929年
ドイツの「仮名手本忠臣蔵」‥‥‥‥‥ 173
「広い国」後記‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 176
恋愛とテニスと登山の芝居―「広い国」について―‥‥ 179
残された計画‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 181
追憶断章‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 186
小山内薫先生劇場葬公文‥‥‥‥‥‥‥ 192
熱情の人‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 195
数字的な演劇史‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 199
「新築地劇団」創立宣言書‥‥‥‥‥‥ 201
築地小劇場の分裂に関して‥‥‥‥‥‥ 203
「日の出前」「織工」「獺の外套」‥‥ 206
ドイツ劇壇近事‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 208
ハウプトマンの方向‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 211
「劇場街」同人として‥‥‥‥‥‥‥‥ 219
「新築地」を中心に‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 221
旧観客層から新観客層へ‥‥‥‥‥‥‥ 225
昭和4年上半期の印象に残った芸術その他(アンケート)‥‥ 232
「母」についての対話‥‥‥‥‥‥‥‥ 232
「全線」を観る‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 237
「劇場街」編集部より‥‥‥‥‥‥‥‥ 242
劇場ABC(翻訳)―ヘルベルト・イエリングとエルウィン・ピスカトオルのラジオ座談―‥‥ 246
ドイツのエレオノラ・ドュウゼ劇‥‥‥ 258
「劇場街」(10月号)編集後記‥‥‥‥ 261
明治以後の演劇史と土方与志‥‥‥‥‥ 262
カット以前の高田保‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 280
八田元夫は忘れられかけた‥‥‥‥‥‥ 282
村山知義の今と昔‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 284
「劇場街」(11月号)編集後記‥‥‥‥ 286
1930年
「劇場文化」発刊の辞‥‥‥‥‥‥‥‥ 289
大衆座にたいする希望‥‥‥‥‥‥‥‥ 291
カイゼルの生活経路‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 295
カイザアの歴史劇‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 297
「新説国姓爺合戦」について‥‥‥‥‥ 303
「新説国姓爺合戦」梗概‥‥‥‥‥‥‥ 305
歌舞伎劇壇の新旧対立‥‥‥‥‥‥‥‥ 307
大衆座の旗挙げ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 313
「密偵」と左翼派新内‥‥‥‥‥‥‥‥ 321
メイエルホリドとドイツ・プロレタリア演劇‥‥ 326
ドイツの反戦劇‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 333
ドイツ・プロレタリア演劇概観‥‥‥‥ 340
演劇雑誌の編集―その種類と職能とについて―‥‥ 352
ビッグ・メモ(アンケート)‥‥‥‥‥ 372
1931年
歴史劇の問題‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 373
「青酸カリ」資料‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 380
捕われたピスカトール‥‥‥‥‥‥‥‥ 386
プロレタリア演劇運動の国際的提携―IATB(国際労働者演劇同盟)の設立を中心に―‥‥ 391
ピスカトール「政治的演劇」‥‥‥‥‥ 409
資本主義諸国における労働者演劇の昂揚‥‥ 418
左翼劇場の「生きた新聞」‥‥‥‥‥‥ 445
1932年
国際労働者演劇同盟第一回拡大プレナム会議議事録(翻訳)‥‥ 451
「パン」を見る人々のために‥‥‥‥‥ 501
キルションに追いつけ!‥‥‥‥‥‥‥ 509
ソヴェート農民劇‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 513
プロレタリア演技の発展のために―「パン」にあらわれたわれわれの実践をとおして―‥‥ 519
「風の街」を見る人々のために‥‥‥‥ 540
戯曲「逆立つレール」にたいする支部レパ委の批判‥‥ 546
1933年
演劇創造の三体系‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 551
「恐怖」の論争について―問題の整理と解決のために―‥‥ 562
*解題(内山鶉)‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 569
*解説1 運動者久保栄(菅井幸雄)‥‥ 613
*解説2 久保栄と「マルクス主義への道」(祖父江昭二)‥‥ 626
 

第6巻 評論 1962.6.30
 
評論(1933―1944)
1933年
「五稜郭血書」覚え書‥‥‥‥‥‥‥‥‥11
「築地」第十年を迎えて―日本演劇の特殊性の概観―‥‥13
社会主義リアリズムの輪郭‥‥‥‥‥‥‥23
築地の暦‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥27
ソヴェート演劇とわれわれ‥‥‥‥‥‥‥40
歴史と歴史文学‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥47
シェークスピアの現代的評価‥‥‥‥‥‥53
「織工」における否定的リアリズム‥‥‥60
「吉野の盗賊」の作と演出について‥‥‥66
永田衡吉君に答う―「吉野の盗賊」の劇評の批評―‥‥68
新劇への提唱‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥72
シルラア的方法と「吉野の盗賊」‥‥‥‥79
蝦夷漁民一揆ノート‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥84
1934年
前進座に与える言葉(アンケート)‥‥‥89
劇評の権威のために―永田衡吉君の迷論―‥‥90
「街の風景」の演出について‥‥‥‥‥‥92
「こわれた瓶」翻案おぼえ書‥‥‥‥‥‥94
「父帰る」「同志の人々」演出覚え書‥‥95
カイザアの人と作‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥98
「五稜郭血書」について‥‥‥‥‥‥‥ 103
「五稜郭血書」のこと‥‥‥‥‥‥‥‥ 105
「五稜郭血書」自序‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 106
「ベルス」そのほか‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 108
トーキー連鎖劇‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 114
1935年
迷えるリアリズム―新劇のために―‥‥ 117
新劇・その劇団・その俳優‥‥‥‥‥‥ 126
昭和十年度劇界への指針(アンケート)‥‥ 135
「中国湖南省」前書‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 136
社会主義リアリズムと革命的(反資本主義)リアリズム―前者の中野・森山的歪曲に対して―‥‥ 137
十部作(アンケート)‥‥‥‥‥‥‥‥ 158
「ファウスト」の上演に先立って‥‥‥ 160
リアリズムの一般的表象‥‥‥‥‥‥‥ 161
「ファウスト」演出のおぼえ書から‥‥ 169
リアリズム演劇の系統的上演―「ファウスト」上演に先立って―‥‥ 172
1936年
神と科学との争い‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 175
昭和十一年度劇界への指針(アンケート)‥‥ 178
劇壇の四ツの謎(アンケート)‥‥‥‥ 179
「夜明け前」プログラムの端に‥‥‥‥ 180
「夜明け前」演出者のことば‥‥‥‥‥ 182
批判的リアリズムの批判‥‥‥‥‥‥‥ 186
火山灰地を踏む‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 187
演出‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 188
「群盗」おぼえ書‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 189
新劇の回顧‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 193
1937年
昭和十二年度劇界への指針(アンケート)‥‥ 199
大衆劇とインテリゲンチヤ‥‥‥‥‥‥ 200
ノアの方船‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 203
不自由ヶ丘‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 205
上演戯曲をめぐって‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 206
演出部会メモ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 211
モスクワと東京の「アンナ・カレーニナ」‥‥ 218
「火山灰地」作者から‥‥‥‥‥‥‥‥ 232
1938年
翫右衛門走り書‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 235
こういう戯曲は書きたくない‥‥‥‥‥ 239
掌のなかの自叙伝‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 242
「火山灰地」解題‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 248
火山灰地書簡集‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 250
火山灰地書簡集・第4信(草稿) ‥‥‥ 277
「火山灰地」登場人物の横顔‥‥‥‥‥ 282
佐藤氏の評へ一言‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 287
誤れる類推―布施氏の「火山灰地」評へ―‥‥ 288
劇評よ誠実であれ―ふたたび布施氏に答える―‥‥ 292
演出以外の演出‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 296
「夜明け前」演出おぼえ書‥‥‥‥‥‥ 299
1939年
「本年の新劇に対する希望」のうち‥‥ 319
新劇の正しい見方‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 321
歴史劇の形象‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 327
新ファウスト考‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 330
「ファウスト」の翻訳‥‥‥‥‥‥‥‥ 395
「ファウスト」再演にあたって‥‥‥‥ 397
「ファウスト」劇評へ‥‥‥‥‥‥‥‥ 401
生きている小山内薫・万歳!‥‥‥‥‥ 402
歌舞伎とリアリズム‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 404
「神聖家族」断想‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 425
トラアと新劇‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 443
「新劇の書」序に代えて‥‥‥‥‥‥‥ 444
札幌と新劇‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 446
「海援隊」のドラマトルギー‥‥‥‥‥ 452
新協・1939年‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 482
1940年
築地小劇場の回想‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 487
演劇時評に代える日記抄‥‥‥‥‥‥‥ 502
脱皮せよ、左団次‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 513
1943年
「ファウスト」第一部解説‥‥‥‥‥‥ 515
1944年
新協劇団についての対話‥‥‥‥‥‥‥ 525
*解題(内山鶉)‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 531
*解説 久保栄と社会主義リアリズム(本多秋五)‥‥ 573
 

第7巻 評論 1962.3.20
 
小山内薫‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 9
1945年
趣意書(附・添え書)‥‥‥‥‥‥‥‥ 185
マックアーサー司令部宛報告書草案‥‥ 189
草稿‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 194
新日本文学会へのメッセージ・草稿‥‥ 196
1946年
ゼスチュア課題‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 199
東芸をつくるまで‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 201
劇を見る眼‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 205
新らしい劇場への期待‥‥‥‥‥‥‥‥ 206
「小山内薫」あとがき‥‥‥‥‥‥‥‥ 207
1947年
「林檎園日記」あとがき‥‥‥‥‥‥‥ 209
「林檎園日記」を書くまで‥‥‥‥‥‥ 211
戦中日記抄‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 219
「築地演劇論」あとがき‥‥‥‥‥‥‥ 243
「ファウスト」訳者から‥‥‥‥‥‥‥ 245
1948年
「火山灰地」について‥‥‥‥‥‥‥‥ 247
小山内薫先生の二十周年に寄せて‥‥‥ 250
「世界の戯曲から」あとがき‥‥‥‥‥ 254
戯曲におけるリアリズム‥‥‥‥‥‥‥ 256
新劇の二度の危機‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 267
1949年
選集III 「火山灰地」あとがき‥‥‥‥ 269
選集I 「中国湖南省」あとがき‥‥‥‥ 273
選集V 「リアリズムへの道」あとがき‥ 278
選集II 「五稜郭血書」あとがき ‥‥‥ 284
1950年
晩学‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 289
1951年
新劇「夕鶴」は、民族的か、民族主義的か?‥‥ 293
選集VI 「古典と現代劇」あとがき ‥‥ 295
選集VI 「古典と現代劇」あとがき・草稿‥‥ 300
新潮文庫「火山灰地」あとがき‥‥‥‥ 301
1952年
「のぼり窯」あとがき‥‥‥‥‥‥‥‥ 305
選集IV 「林檎園日記」あとがき ‥‥‥ 308
青年との対話 そのI ‥‥‥‥‥‥‥‥ 312
選集VII 「新劇史のために」あとがき‥ 316
「中国湖南省」演出覚え書‥‥‥‥‥‥ 321
青年との対話 そのII‥‥‥‥‥‥‥‥ 323
私の近況‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 328
「五稜郭血書」の再演にあたって‥‥‥ 329
1953年
「五稜郭血書」走り書‥‥‥‥‥‥‥‥ 333
角川文庫「吉野の盗賊・こわれた瓶」あとがき‥‥ 339
レアリズムひとすじ‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 340
「日本の気象」についての対話‥‥‥‥ 342
サッポロの秋色‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 347
「モスクワ芸術座五十年史」すいせん文‥‥ 348
私の愛誦する去来の俳句と鑑賞(アンケート)‥‥ 349
舞台の紋切型‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 350
1954年
岩波文庫「織工」あとがき‥‥‥‥‥‥ 357
1955年
十代‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 363
ある返信‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 364
前進座の思い出‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 369
民芸の稽古場へ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 370
新潮文庫「新劇の書」あとがき‥‥‥‥ 378
ボート部と寮生活‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 380
「民芸」ひいては新劇をよくするためにI‥‥ 383
シラー死んで百五十年‥‥‥‥‥‥‥‥ 402
小山内薫素描‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 405
トの字、スの字‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 408
1956年
「新大衆劇」を書く意図‥‥‥‥‥‥‥ 409
角川文庫「林檎園日記」巻末に‥‥‥‥ 410
羽仁五郎を推す‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 411
「音楽の探求」(吉田隆子著)あとがき‥‥ 412
青春の糧(アンケート)‥‥‥‥‥‥‥ 414
曹禺氏とのひととき‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 415
近況‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 418
太宰治(アンケート)‥‥‥‥‥‥‥‥ 419
魯迅の二句‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 420
石狩の思い出‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 422
白鳥と砂鉄‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 424
堀辰雄(アンケート)‥‥‥‥‥‥‥‥ 429
1957年
歌舞伎の謎‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 431
再録する小形式脚本について‥‥‥‥‥ 434
*解題(内山鶉)‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 439
*解説1 評伝『小山内薫』を中心に―芸術における移植と伝統―(栗原幸夫)‥‥ 455
*解説2 戦後の理論的沈黙をめぐって(村上一郎)‥‥ 465
 

第8巻 翻訳 1962.4.25
 
ファウスト 悲劇2部作 ゲーテ〔作〕 ‥ 7
献辞‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 9
劇場内の序曲‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥13
天上のプロローグ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥25
悲劇 第1部 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥33
悲劇 第2部 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 297
群盗 五幕 シラー〔作〕‥‥‥‥‥‥ 345
*解題(内山鶉)‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 553
*解説1
久保栄訳「ファウスト」について(井上正蔵)‥‥ 567
久保の「ファウスト」翻訳と上演をめぐって(北条元一)‥‥ 580
*解説2 久保栄と「群盗」の上演(北条元一)‥‥ 590
 

第9巻 翻訳 1962.8.25
 
日の出前 五幕 ハウプトマン〔作〕‥‥ 5
織工 五幕 ハウプトマン〔作〕‥‥‥ 141
漁船天佑丸 四幕 ハイエルマンス〔作〕‥‥ 265
*解題(内山鶉)‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 415
*解説1 久保栄と「日の出前」「織工」の翻訳(井上正蔵)‥‥ 427
*解説2 久保栄の自然主義評価をめぐって(北条元一)‥‥ 439
 

第10巻 翻訳 1962.10.31
 
ホオゼ 四幕 カアル・シュテルンハイム〔作〕‥‥ 5
ユダヤの寡婦 五幕 ゲオルク・カイザア〔作〕‥‥ 121
カレエ市民 三幕 ゲオルク・カイザア〔作〕‥‥ 251
軍備縮少 一場(ATBD上演台本)‥‥‥ 343
シナから手をひけ! 七場(KJVD上演台本)‥‥ 351
メーデー前後 四場(ATBD上演台本)‥ 369
馬鹿の療治 一幕 ハンス・ザックス〔作〕‥‥ 385
ひどい煙 一幕 ハンス・ザックス〔作〕‥‥ 411
*解題(内山鶉)‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 433
*解説 久保と表現派戯曲の翻訳(村山知義)‥‥ 451
 

第11巻 日記 1963.1.31
 
日記(1921―1956)‥‥‥‥‥‥‥‥ 5
1921(大正10)年‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 7
1926(大正15)年‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥21
1929(昭和4)年 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥65
1930(昭和5)年 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥79
1934(昭和9)年 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥89
1935(昭和10)年‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 119
1938(昭和13)年‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 135
1939(昭和14)年‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 137
1940(昭和15)年‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 179
1942(昭和17)年‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 199
1943(昭和18)年‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 309
1944(昭和19)年‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 321
1945(昭和20)年‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 373
1946(昭和21)年‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 477
1947(昭和22)年‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 491
1948(昭和23)年‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 495
1949(昭和24)年‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 501
1950(昭和25)年‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 503
1951(昭和26)年‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 515
1952(昭和27)年‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 519
1953(昭和28)年‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 529
1955(昭和30)年‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 533
1956(昭和31)年‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 535
*解題(内山鶉)‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 553
*解説1 久保さんの日記にそえて(宇野重吉)‥‥ 571
*解説2 日記にひそむ思想について(久野収)‥‥ 582
 

第12巻 書簡ほか 1963.4.10
 
書簡(1916―1958)‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 5
俳句
「ホトトギス雑詠」投句‥‥‥‥‥‥ 137
「二瓢句集」跋‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 139
獄・花‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 141
私の俳歴‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 143
偶吟‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 145
自稿制作年譜‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 149
伝記おぼえ書‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 181
補遺
トーキー連鎖劇 新選組(三巻)‥‥‥ 279
新大衆劇 祐天仙之助(三幕)‥‥‥‥ 373
*解題(内山鶉)‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 461
*解説1 巣鴨拘置所にいたころ(滝沢修)‥‥ 477
*解説2 現代のファウスト(武谷三男)‥‥ 482
*全巻解題補訂(内山鶉)‥‥‥‥‥‥ 487
*校訂について‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 501
*附録1 逆立つレール(十二景)‥‥‥‥ 3
*附録2 座談会「ファウストを語る」(木村謹二,新関良三,久保栄,菅原太郎,遠藤慎悟,山田肇,藤村宏)‥‥81
*附録3 資料‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥97
築地小劇場組織委員提出テーゼ集録‥97
築地小劇場脱退声明書‥‥‥‥‥‥ 102
日本プロレタリア演劇同盟解散声明資料‥‥ 103

サイトtopへ戻る
[ 2011/02/04 19:54 ] 久保栄 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール
本サイトでは管理人が趣味で作成したデータベースを公開しています。著作権等の知的財産権を侵害する意図はありません。ご要望のある方はお知らせください。速やかに対応致します。なお、データの無断複製・転載はお断りしています。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。