研究余録 ~全集目次総覧~ TOP  >  スポンサー広告 >   >  厨川白村 >  『厨川白村集』全6巻・補遺1巻・索引1巻

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『厨川白村集』全6巻・補遺1巻・索引1巻

『厨川白村集』全6巻・補遺1巻・索引1巻(厨川白村集刊行会、1924.12~1926.4)




第1巻 文学論 上 1924.12.15
 
近代文学十講‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 1
第1講 序論 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 1
第2講 近代の生活 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥29
第3講 近代の思潮(其1)‥‥‥‥‥‥73
第4講 近代の思潮(其2)‥‥‥‥‥ 132
第5講 自然主義(其1)‥‥‥‥‥‥ 217
第6講 自然主義(其2)‥‥‥‥‥‥ 256
第7講 自然派作物の特色 ‥‥‥‥‥ 279
第8講 最近思潮の変遷 ‥‥‥‥‥‥ 386
第9講 非物質主義の文芸(其1)‥‥ 406
第10講 非物質主義の文芸(其2) ‥ 465
 


第2巻 文学論 下 1925.1.31
 
文芸思潮論‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 553
第1 序論‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 553
第2 思潮史の回顧(古代)‥‥‥‥‥ 564
第3 思潮史の回顧(中世)‥‥‥‥‥ 587
第4 思潮史の回顧(近世)‥‥‥‥‥ 604
第5 希臘思潮の勝利‥‥‥‥‥‥‥‥ 638
第6 EPILOGUE‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 682
苦悶の象徴‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 697
第1 創作論‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 697
1 二つの力‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 697
2 創造生活の欲求‥‥‥‥‥‥‥‥ 698
3 強制抑圧の力‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 702
4 精神分析学‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 711
5 人間苦と文芸‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 718
6 苦悶の象徴‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 725
第2 鑑賞論‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 744
1 生命の共感‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 744
2 自己発見の喜び‥‥‥‥‥‥‥‥ 752
3 悲劇の浄化作用‥‥‥‥‥‥‥‥ 761
4 有限の中の無限‥‥‥‥‥‥‥‥ 765
5 文芸鑑賞の四階段‥‥‥‥‥‥‥ 769
6 共鳴的創作‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 778
第3 文芸の根本問題に関する考察‥‥ 783
1 予言者としての詩人‥‥‥‥‥‥ 783
2 理想主義と現実主義‥‥‥‥‥‥ 791
3 短篇『頚かざり』‥‥‥‥‥‥‥ 793
4 白日の夢‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 800
5 文芸と道徳‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 808
6 酒と女と歌‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 811
第4 文学の起源‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 814
1 祈祷と労働‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 814
2 原始人の夢‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 817
文学雑考‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 821
病的性慾と文学‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 821
文芸と性慾‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 841
芸術の表現‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 850
遊戯論‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 867
東西の自然詩観‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 876
文学者と政治家‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 887
宣伝と創作‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 894
 


第3巻 文芸評論 1925.8.10
 
わかき芸術家のむれ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 1
ジャック・ロンドンの小説‥‥‥‥‥‥‥24
文芸通信‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥41
欧州戦乱と海外文学‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥61
英国思想界の今昔‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥85
現代英国文壇の奇才‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 104
神秘思想家‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 128
お伽噺の話‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 139
1 鉢かづき‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 139
2 世界的伝説‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 142
3 シンデレラ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 144
4 比較研究‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 148
西洋の「蛇性の婬」‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 152
ケルト文芸復興概観‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 162
愛蘭文学の新星‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 184
ダンセイニの邦訳と新作‥‥‥‥‥‥‥ 202
現代文学の主潮‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 212
労働問題を描ける文学‥‥‥‥‥‥‥‥ 223
アナトオル・フランス‥‥‥‥‥‥‥‥ 239
詩人クロオデル‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 265
詩人ワ゛ン・レルベルグ‥‥‥‥‥‥‥ 282
西班牙劇壇の将星‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 303
無言劇の復興‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 317
老女優サラ・ベルナアル‥‥‥‥‥‥‥ 334
ワ゛ロットンの版画‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 351
ルウヱ゛イルの漫画‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 361
芸術としての漫画‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 368
裸体美術の問題‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 387
演劇と観客‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 396
芸術より社会改造へ‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 402
 


第4巻 エッセイと文明批評 1925.6.28
 
象牙の塔を出て‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 1
観照享楽の生活‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥77
小泉先生‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 108
小泉先生の旧居を訪ふ‥‥‥‥‥‥‥‥ 148
冷嘲熱罵‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 157
果して虚栄の罪か‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 166
女の表情美‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 201
服装の堕落‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 206
婦人と読書‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 216
平和の勝利‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 224
霊より肉へ、肉より霊へ‥‥‥‥‥‥‥ 256
強ひられたる文明‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 280
再び民衆の手に‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 288
オオプン・フォオラム‥‥‥‥‥‥‥‥ 301
何が故の侮蔑ぞ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 312
OBITER SCRIPTA‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 339
作家の外遊‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 366
人間讃美‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 386
 


第5巻 恋愛観と宗教観 1925.5.1
 
恋愛観
近代の恋愛観‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 1
再び恋愛を説く‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥78
三たび恋愛に就いて言ふ‥‥‥‥‥‥‥ 185
結婚式を評す‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 249
恋愛と結婚のこと‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 260
有島さんの最後‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 268
かの一瞬を‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 285
黎明期の第一声‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 298
宗教観
悪魔の宗教‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 339
僧正イングそのほか―『悪魔の宗教』に就いて言ふ―‥‥ 388
宗教と迷信‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 412
 


第6巻 印象記 翻訳及雑纂 1925.10.10
 
印象記
北米印象記‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 1
左脚切断‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 182
太平洋上より‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 208
ナイヤガラを見物せざる記‥‥‥‥‥‥ 225
米国の新劇団‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 246
米国の大学‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 261
翻訳
夕晴の空(ゼエデルベルヒ)‥‥‥‥‥ 285
老婆(モオパッサン)‥‥‥‥‥‥‥‥ 297
女囚(トゥリエ)‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 311
猩々物語(キプリング)‥‥‥‥‥‥‥ 322
母親(ヰイダ)‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 335
復讐(チェエホフ)‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 355
夢なりしか(モオパッサン)‥‥‥‥‥ 364
寂滅(ポオ)‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 373
奇文一篇(チェスタトン『帽子を追ふ事』)‥‥ 383
芦笛(シュヲブ)‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 393
静寂(ポオ)‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 396
ヘレンのきみに(ポオ)‥‥‥‥‥‥‥ 402
F――に(ポオ) ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 404
ささやき(ラワ゛ァ)‥‥‥‥‥‥‥‥ 406
晩秋(オオスティン)‥‥‥‥‥‥‥‥ 408
わがなやみ(シモンズ)‥‥‥‥‥‥‥ 410
恋歌(トゥリエ)‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 411
夜の歌(ゴオティエ,ユゴオ) ‥‥‥‥ 413
月下(ヱ゛ルレエヌ)‥‥‥‥‥‥‥‥ 417
暮春悲歌(レエナウ)‥‥‥‥‥‥‥‥ 419
精舎(シルレル)‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 421
雑纂
序跋
『亡霊』序(高橋泰訳)‥‥‥‥‥‥‥ 429
『趣味の文がら』序(磯千鳥著)‥‥‥ 437
『小泉先生そのほか』序(厨川白村著)‥‥ 441
『歌集無産者』恋愛篇の跋(西川百子著)‥‥ 442
『象牙の塔を出て』序(厨川白村著)‥ 446
『法律の轍』序(菊池寛訳)‥‥‥‥‥ 448
『新島襄』序(根岸橘三郎著)‥‥‥‥ 456
『サイラス・マアナ』序(今泉浦治郎訳註)‥‥ 459
『十字街頭を往く』序(厨川白村著)‥ 463
講演
英語の研究に就いて(英文)‥‥‥‥‥ 465
英文学と民族性‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 473
文芸上のリアリズム‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 497
*附録 略年譜‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 516
 


補遺 1926.4.18
 
最近英詩概論‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 1
第1章 英国近代詩壇の革新 ‥‥‥‥‥ 1
第1節 仏国革命前後の英詩概観 ‥‥ 1
第2節 詩界の新潮 ‥‥‥‥‥‥‥‥21
第2章 最近英文学の後景 ‥‥‥‥‥‥29
第3章 新時代の代表的詩人 ‥‥‥‥‥43
第1節 テニソン ‥‥‥‥‥‥‥‥‥43
第2節 ブラウニング ‥‥‥‥‥‥ 122
第4章 懐疑厭世の詩派 ‥‥‥‥‥‥ 159
第5章 スパズモディック派の詩人 ‥ 185
第6章 ラファエル前派(P.R.B.) ‥ 207
第1節 詩人ロセッティ兄妹 ‥‥‥ 207
第2節 この詩派の諸詩人 ‥‥‥‥ 266
追補(143頁に脱落せる箇所) ‥‥‥‥ 313
*編輯後記‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 336
*索引‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 1
 


索引 1926.4.18
 
文学論索引‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 1

サイトtopへ戻る
[ 2011/02/04 19:59 ] 厨川白村 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール
本サイトでは管理人が趣味で作成したデータベースを公開しています。著作権等の知的財産権を侵害する意図はありません。ご要望のある方はお知らせください。速やかに対応致します。なお、データの無断複製・転載はお断りしています。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。