研究余録 ~全集目次総覧~ TOP  >  スポンサー広告 >   >  小島輝正 >  『小島輝正著作集』全5巻

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『小島輝正著作集』全5巻

『小島輝正著作集』全5巻(浮游社、1988.5~1989.5、小島輝正著作集刊行会)



第1巻 全小説集 1988.5.5
 
友だちの話‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 7
巡査の話‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥21
黒い河‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥39
初期小説
ある過程‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 125
事業家‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 139
壊滅への中間駅‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 159
巴渦(ウズ)‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 191
殻‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 207
光芒‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 227
貪婪(タンラン)の子‥‥‥‥‥‥‥ 261
かへりみず(未完)‥‥‥‥‥‥‥‥ 293
*解説(越前谷宏)‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 319
 

第2巻 弔鐘―小島家家譜 1988.5.5
 
はじめに‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 4
一部 三代の跡‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 9
一,充常 文政八年―明治四〇年 ‥‥‥11
イ,田安家勤務中履歴 ‥‥‥‥‥‥‥13
由緒書‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥17
申述書(書き置き)‥‥‥‥‥‥‥21
ロ,家譜抄 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥26
充常履歴抄‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥27
二,正勝 安政二年―大正五年 ‥‥‥‥29
イ,書簡 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥31
ロ,履歴抄 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥43
三,誠 明治十三年―昭和二十三年 ‥‥47
イ,覚書 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥49
ロ,書簡 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥59
ハ,履歴抄 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥63
四,八重 明治二十一年―昭和五十一年‥‥65
イ,日記抄 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥67
ロ,書簡 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥78
二部 誠日記抄‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥87
イ,明治三十四年―四十三年 ‥‥‥‥‥89
ロ,大正四年―五年 ‥‥‥‥‥‥‥‥ 116
ハ,昭和六年―二十二年 ‥‥‥‥‥‥ 122
*解説(野中春水)‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 151
 

第3巻 小説の方法―フランス文学断章 1989.2.10
 
第一部
小説の方法‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 9
モデルニスムの一問題‥‥‥‥‥‥‥‥27
オーギュスタン・ティエリとその「メロヴェ朝史譚」‥‥45
日本的伝統の一側面―Sensibilityの問題‥‥75
マルロー不信‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥95
未完の小説―「レ・コミュニスト」はなぜ完成されなかったか‥‥ 109
諷刺について‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 119
初期シュルレアリスムの政治的軌跡‥ 133
ラディゲの精神‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 149
神と自由‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 155
現実離脱の文学‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 181
アンドレ・ジッド―旅への訣別‥‥‥ 199
第二部
小説について‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 211
J・P・サルトルの文芸思想と政治思想‥‥ 237
サルトルにおける「作家の政治参加」の意味‥‥ 249
サルトルの作家論を聞いて‥‥‥‥‥ 255
サルトルのこと‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 259
「汚れた手」が問いかけたもの‥‥‥ 263
「恭々しき娼婦」題名考‥‥‥‥‥‥ 269
サルトルを悼む‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 271
異和と共鳴‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 273
エルザ―亡きアラゴン夫人‥‥‥‥‥ 277
一時代の終焉―アラゴンの死‥‥‥‥ 281
アラゴンからもらった詩集‥‥‥‥‥ 285
誤訳のはなし‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 289
翻訳についての雑感‥‥‥‥‥‥‥‥ 293
訳詩断層‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 305
「詩と詩論」における翻訳・その一,二例―昭和初期のシュルレアリスム受容‥ 309
幻のAugustin Thierry‥‥‥‥‥‥‥ 321
今日のタブウ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 327
*解説―仏文学者としての小島さん(木内孝)‥‥ 335
*初出一覧‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥巻末
 

第4巻 エッセイ集1―人間の自由 1989.5.5
 
第一部
記録文学‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 9
反映とはなにか‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥25
人間の自由‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥33
留学についての雑感‥‥‥‥‥‥‥‥‥55
好色とフェミニズム―荷風・潤一郎・康成‥‥67
久坂葉子―書き手としての‥‥‥‥‥‥77
青野季吉・小説「心輪」‥‥‥‥‥‥‥89
第二部
「新思潮」一四次の一‥‥‥‥‥‥‥ 109
あるベトナム人作家‥‥‥‥‥‥‥‥ 113
文献集めの話‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 117
Que sais-je? ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 121
「夜ひらく」寸感‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 127
戸田と私‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 131
青木靖三のこと‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 135
新島繁―その精神の歴史の素描‥‥‥ 139
*解説(直原弘道)‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 175
*初出一覧‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 181
 

第5巻 エッセイ集2―忘却のなかから 1989.5.5
 
第一部
奇数への郷愁‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 9
当世浮世床‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥12
初体験のはなし‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥15
テレホン恐怖症‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥18
アパートの栄光‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥20
最大の難敵‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥22
花園の中の孤独‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥25
シャンソン雑記‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥28
歌のちがい‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥33
既往忘れ難し‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥37
くされ縁‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥40
友をえらばば‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥42
おんな的私性‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥44
男と鏡‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥46
女好き‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥49
女はなぜやせたがるか‥‥‥‥‥‥‥‥51
好ききらいということ‥‥‥‥‥‥‥‥53
食べもの屋‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥55
立食御免‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥58
大阪弁‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥60
イナカモン‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥62
流れ者‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥66
天王寺界隈‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥68
梅林への道‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥71
第二部
ミッチャンの朝酒‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥75
憂しと見し世ぞ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥78
昭和十二年十一月‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥82
忘却のなかから‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥87
ピストル‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 125
不毛の成果‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 127
順四郎兄を悼む‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 130
本音の話‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 134
“小野田さん帰る”への疑問‥‥‥‥ 138
後の祭‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 141
第三部
猫女のはなし‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 145
梅田新道‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 149
「たうろす」編集後記I ‥‥‥‥‥‥ 154
「たうろす」編集後記II‥‥‥‥‥‥ 157
*解説―小島輝正著作集ノート(中島務)‥‥ 159
*初出一覧‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥巻末

サイトtopへ戻る
[ 2011/02/06 01:32 ] 小島輝正 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール
本サイトでは管理人が趣味で作成したデータベースを公開しています。著作権等の知的財産権を侵害する意図はありません。ご要望のある方はお知らせください。速やかに対応致します。なお、データの無断複製・転載はお断りしています。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。