研究余録 ~全集目次総覧~ TOP  >  スポンサー広告 >   >  島崎藤村 >  『藤村全集』全17巻・別巻1巻

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『藤村全集』全17巻・別巻1巻

『藤村全集』全17巻・別巻1巻(筑摩書房、1966.9~1971.5)



第1巻 1966.11.10
 
若菜集‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 1
序1 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 3
序2 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 4
おえふ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 5
おきぬ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 6
おさよ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 7
おくめ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 9
おつた‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥11
おきく‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥12
明星‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥15
草枕‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥16
潮音‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥20
春の歌‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥20
新暁‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥21
若水‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥22
春の歌‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥22
佐保姫‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥24
春の曲‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥24
酔歌‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥25
二つの声‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥26
白壁‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥27
四つの袖‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥28
暗香‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥28
蓮花舟‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥32
葡萄の樹のかげ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥34
高楼‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥36
天馬‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥38
哀歌‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥45
母を葬るのうた‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥48
梭の音‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥49
かもめ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥49
流星‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥50
夏の夜‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥50
昼の夢‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥51
東西南北‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥51
懐古‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥52
秋のうた‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥53
初恋‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥54
狐のわざ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥54
相思‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥55
一得一失‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥55
傘のうち‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥56
えにし‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥57
知るや君‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥57
秋風の歌‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥58
雲のゆくへ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥59
逃げ水‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥60
月光‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥60
強敵‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥61
別離‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥62
望郷‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥63
松島瑞巌寺に遊び葡萄栗鼠の木彫を観て‥‥64
鶏‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥64
深林の逍遥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥68
一葉舟‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥75
序‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥76
おちば‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥77
春やいづこに‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥79
鷲の歌‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥80
銀河‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥85
白磁花瓶賦‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥86
きりぎりす‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥90
ながれみづ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥93
松島だより‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥95
葡萄の樹の蔭‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 101
春詞‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 104
秋詞‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 112
哀縁‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 116
亡友反古帖‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 119
友に寄するの書‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 130
西花余香‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 137
木曽谿日記‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 145
夏草‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 167
晩春の別離‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 169
暁の誕生‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 172
終焉の夕‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 174
月光五首‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 176
うぐひす‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 181
かりがね‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 183
新潮〔二首〕‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 184
わすれ草をよみて‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 189
高山に登りて遠く望むの歌‥‥‥‥‥ 191
二つの泉‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 192
天の河二首‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 194
其一 七月六日の夕‥‥‥‥‥‥‥ 194
其二 七夕‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 195
落梅‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 196
婚姻の祝の歌‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 197
其一 花よめを迎ふるのうた‥‥‥ 197
其二 さかもりのうた‥‥‥‥‥‥ 198
農夫‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 200
序 利根川のほとりにて‥‥‥‥‥ 201
上のまき
1 田畠の間なる小道にて‥‥‥‥ 203
2 まへとおなじ小道にて‥‥‥‥ 207
3 鍛冶の家にて‥‥‥‥‥‥‥‥ 210
4 林の中‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 214
下のまき
1 緑の樹かげにて‥‥‥‥‥‥‥ 217
2 深夜‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 222
3 鍛冶の家のほとりにて‥‥‥‥ 226
夏草の後にしるす‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 231
落梅集‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 233
序1 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 234
序2 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 235
小諸なる古城のほとり‥‥‥‥‥‥‥ 237
労働雑詠‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 237
其一 朝‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 237
其二 昼‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 239
其三 暮‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 241
壮年の歌‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 242
其一 埋木‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 243
其二 告別‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 243
其三 佯狂‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 244
其四 草枕‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 246
其五 幻境‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 246
其六 邂逅‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 248
悪夢‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 249
雲‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 252
黄昏‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 265
緑蔭‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 265
罪‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 266
胸より胸に‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 267
其一 めぐり逢ふ君やいくたび‥‥ 267
其二 あゝさなり君のごとくに‥‥ 268
其三 思より思をたどり‥‥‥‥‥ 268
其四 吾恋は河辺に生ひて‥‥‥‥ 269
其五 吾胸の底のこゝには‥‥‥‥ 270
其六 君こそは遠音に響く‥‥‥‥ 271
蜑のなげき‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 271
浦島‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 272
銀鎖‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 273
夏の夢‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 274
利根川だより‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 275
椰子の実‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 287
海辺の曲‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 288
蟹の歌‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 291
舟路‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 291
千曲川旅情のうた‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 292
常磐樹‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 293
寂寥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 294
響りんりん音りんりん‥‥‥‥‥‥‥ 298
薮入‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 300
鼠をあはれむ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 302
問答の歌〔二首〕‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 303
鳥なき里‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 304
七曜のすさび‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 306
木曜日の散歩‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 306
金曜日の懐旧‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 308
土曜日の音楽‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 309
日曜日の談話‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 313
月曜日の手紙‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 316
火曜日の新茶‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 319
水曜日の送別‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 323
雅言と詩歌‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 325
早春‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 341
早春記念‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 343
仙台雑詩‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 345
姉の家にて‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 433
浅間の麓‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 455
貝割葉‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 503
*解題‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 521
*校異‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 549
 

第2巻 1966.12.10
 
破戒‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 1
緑葉集‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 301
序‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 303
水彩画家‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 307
朝飯‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 369
老嬢‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 375
藁草履‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 401
爺‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 431
津軽海峡‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 443
椰子の葉蔭‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 455
家畜‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 469
旧主人‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 477
*解題‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 529
*校異‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 551
*語註‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 575
 

第3巻 1967.1.10
 
春‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 1
藤村集‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 247
黄昏‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 249
並木‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 253
壁‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 267
収穫‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 273
一夜‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 279
伯爵夫人‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 291
苦しき人々‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 301
旅‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 315
群‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 333
青年‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 335
死‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 339
弟子‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 345
土産‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 355
雑貨店‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 363
奉公人‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 371
河岸の家‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 385
芽生‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 399
散歩‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 435
*解題‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 441
*校異‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 475
*語註‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 507
 

第4巻 1967.2.10
 
家‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 1
食後‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 413
母‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 415
船‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 427
紅い窓‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 445
孤独‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 449
下仁田の宿屋‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 453
鶏‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 461
トラピスト‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 467
秋の一夜‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 473
少年‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 487
刺繍‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 521
汽船の客‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 535
女‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 539
 の愛妾‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 545
人形‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 551
後悔‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 555
平和の日‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 567
追憶‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 579
病院‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 587
*解題‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 619
*校異‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 631
 

第5巻 1967.3.10
 
千曲川のスケツチ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 1
序‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 3
其一
学生の家‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 7
鉄砲虫‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 9
烏帽子山麓の牧場‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥10
其二
青麦の熟する時‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥17
少年の群‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥18
麦畠‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥19
古城の初夏‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥21
其三
山荘‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥29
毒消売の女‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥32
銀馬鹿‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥33
祭の前夜‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥33
十三日の祇園‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥35
後の祭‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥38
其四
中棚‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥41
楢の樹蔭‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥44
其五
山の温泉‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥49
学窓の一‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥51
学窓の二‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥52
田舎牧師‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥53
九月の田圃道‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥53
山中生活‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥55
山番‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥57
其六
秋の修学旅行‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥63
甲州街道‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥63
山村の一夜‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥65
高原の上‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥66
其七
落葉の一‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥73
落葉の二‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥74
落葉の三‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥74
炬燵話‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥76
小六月‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥77
小春の岡辺‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥78
農夫の生活‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥80
収穫‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥82
巡礼の歌‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥85
其八
一ぜんめし‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥89
松林の奥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥90
深山の燈影‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥92
山の上の朝飯‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥96
其九
雪国のクリスマス‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 101
長野測候所‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 104
鉄道草‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 106
屠牛の一‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 106
屠牛の二‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 108
屠牛の三‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 110
屠牛の四‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 111
其十
千曲川に沿ふて‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 117
川船‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 119
雪の海‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 121
愛のしるし‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 122
山の上へ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 123
其十一
山に住む人々の一‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 127
山に住む人々の二‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 129
山に住む人々の三‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 131
柳田茂十郎‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 132
小作人の家‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 133
其十二
路傍の雑草‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 143
学生の死‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 145
暖い雨‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 146
北山の狼、其他‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 147
御辞儀‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 148
春の先駆‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 149
星‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 150
第一の花‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 150
山上の春‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 151
眼鏡‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 153
微風‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 207
出発‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 209
足袋‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 237
岩石の間‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 241
突貫‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 281
死の床‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 295
燈火‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 301
犬‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 313
沈黙‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 319
無言の人‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 341
柳橋スケッチ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 349
1 日光‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 349
2 柳並木‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 355
3 柳橋‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 358
4 神田川の岸‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 362
5 海岸‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 363
幼き日‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 369
桜の実の熟する時‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 423
*解題‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 585
*校異‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 605
*語註‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 623
 

第6巻 1967.4.10
 
新片町より‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 1
序‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 3
浅間の麓‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 5
吾国民性の欠点‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 8
ルウソオの『懺悔』中に見出したる自己‥‥ 9
放浪者‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥12
老婆と孫‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥16
静坐の努力‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥17
モウパッサン‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥17
煩悶者‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥19
モデル‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥20
放浪者‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥21
『博多小女郎浪枕』を舞台の上に見て‥23
印象主義と作物‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥30
写生‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥33
書斎と光線‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥35
北村透谷君‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥39
青年の書‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥42
単純なる心‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥42
ミレエの言葉‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥43
『運命』の著者‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥43
新生‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥44
精神の自由と肉体の自由‥‥‥‥‥‥‥44
教育の分業法‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥45
健全、不健全‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥45
一日‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥46
憐むべきもの‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥46
凌霄葉蘭‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥47
今‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥47
日記‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥48
面白く思ふこと‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥48
外面と内面‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥49
無智の悲哀‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥49
言葉‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥50
自身ある人‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥50
専門家‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥51
涙と汗‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥51
イブセンの足跡‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥52
トルストイ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥53
批評‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥54
チエホフ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥55
仏蘭西にある友人の消息‥‥‥‥‥‥‥56
批評‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥62
額の汗‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥64
養鶏者の友へ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥65
牧師の言葉‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥67
愛‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥67
女子と修養‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥68
新聞紙の傾向‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥73
歓楽の時、活動の時‥‥‥‥‥‥‥‥‥74
山国の新平民‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥77
発売禁止‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥84
小村とウヰッテ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥85
明治学院の学窓‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥86
長谷川二葉亭氏を悼む‥‥‥‥‥‥‥‥88
モウパッサンの小説論‥‥‥‥‥‥‥‥91
声‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 100
浅草にて‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 101
後の新片町より‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 111
秋の歌‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 113
緑雨‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 114
Life‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 116
芭蕉の一生‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 117
生活‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 118
人‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 119
歯痒きもの‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 119
『ボヴァリイ夫人』‥‥‥‥‥‥‥‥ 120
生の跳躍‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 120
愛憎の念‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 121
このごろ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 122
モウパッサンとトルストイ‥‥‥‥‥ 123
労働の世界‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 123
風俗話家‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 124
偶像の破壊‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 124
若き晶川の死‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 126
北村透谷の短き一生‥‥‥‥‥‥‥‥ 127
黒船‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 136
歴史‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 137
清少納言の『枕の草紙』‥‥‥‥‥‥ 137
観ることと書くこと‥‥‥‥‥‥‥‥ 142
オスカア・ワイルドの言葉‥‥‥‥‥ 144
愛‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 144
芸術家‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 145
思想‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 145
人生のハアモニイ‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 146
吾儕の欠点‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 146
大家‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 147
静物の世界‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 147
自由‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 148
外界と自己‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 148
社会‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 149
文芸委員会‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 149
厭世家の養生‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 150
今日の教育‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 151
市川団十郎の言葉‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 151
河‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 152
子供と大人‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 152
科学‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 153
『露西亜印象記』‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 154
障子‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 160
虚偽の快感‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 161
柚湯‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 161
音楽を求むる心‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 162
深刻‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 162
時‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 163
樹木の記憶‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 163
昔の跡‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 165
東坡の晩年‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 167
甲武線‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 168
芸術の保護‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 172
『三人の処女』の序‥‥‥‥‥‥‥‥ 176
自由劇場の新しき試み‥‥‥‥‥‥‥ 177
1 試演前‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 177
2 『ボルクマン』‥‥‥‥‥‥‥‥ 179
3 『出発前半時間』と『犬』‥‥‥ 183
4 『歓楽の鬼』『第一の暁』『河内屋与兵衛』及び『奇蹟』‥‥ 188
5 『寂しき人々』‥‥‥‥‥‥‥‥ 191
6 『道成寺』と『タンタヂイルの死』‥‥ 194
文芸の生命‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 198
『遠野物語』‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 200
問答‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 202
帝国大学の文科‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 204
セザン‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 207
フロオベルとモウパッサン‥‥‥‥‥ 208
人生派と芸術派‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 209
ダヌンチオ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 210
新作の洪水‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 210
若き作家の短篇‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 215
人生の精髄‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 216
情熱の絵画‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 216
平和の巴里‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 219
序‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 221
巴里の旅窓にて‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 225
露西亜の舞踏劇とダヌンチオの『ピサネル』‥‥ 231
祭の日‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 239
エトランゼエ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 245
再び巴里の旅窓にて‥‥‥‥‥‥‥‥ 248
セエヌ河畔の家々‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 264
暖炉のほとり‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 274
『タンタジイルの死』を舞台の上に見て‥‥ 281
音楽会の夜、其他‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 294
異郷の春‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 311
巴里の五月‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 313
戦争と巴里‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 317
戦時に際会して‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 319
リモオジュの客舎にて‥‥‥‥‥‥‥ 321
巴里在留の同胞‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 323
ヰ゛エンヌ河の旅情‥‥‥‥‥‥‥‥ 327
戦争の空気に包まれたる巴里‥‥‥‥ 329
オート・ヰ゛エンヌの秋‥‥‥‥‥‥ 363
ボルドオより巴里へ‥‥‥‥‥‥‥‥ 365
ある友に‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 379
春を待ちつゝ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 385
篤志看護婦‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 410
詩人ペギイの戦死‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 423
河上、河田二君の帰朝を送る‥‥‥‥ 426
街上‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 434
人形芝居‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 462
拾遺
小諸時代
「旅がらす」‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 471
面‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 472
『朝嵐夕雨』跋‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 473
消息‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 473
消息‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 474
小諸だより‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 475
『草わかば』の作者に(蒲原有明詩集『草わかば』)‥‥ 476
新しき鬼(青柳有美氏が新著のはしに)‥‥ 477
序(若松賎子訳著『忘れかたみ』)‥‥ 478
偶感(膠山絹海帖のはじめに)‥‥‥‥ 480
今回の募集に就いて(『信州文壇』“一週日記”課題)‥‥ 480
「作文帖」添削‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 483
新片町時代
「愛読せる外国の小説戯曲」への回答‥ 485
緑蔭雑話‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 485
言文一致の二流派‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 487
序(小島烏水著『山水無尽蔵』)‥‥‥ 489
「女は如何なるハズミにて堕落するか」への回答‥‥ 489
文学談‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 493
寒き口唇(予の「文学談」に就いて)‥ 494
『村長』の言葉(『さゝにごり』序)‥ 496
吾が生涯の冬‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 497
「春」と「龍土会」‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 503
一葉女史に就いて‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 504
「予の今年に於ける銷夏計画」への回答‥‥ 505
「曽遊の避暑地」への回答‥‥‥‥‥‥ 505
序(丸山晩霞著『女性と趣味〔水彩画法〕』)‥‥ 506
現時の小説に就いて‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 506
煙管三本(机に向ふ時の感)‥‥‥‥‥ 507
「小説家の好む小説」への回答‥‥‥‥ 508
「春」執筆中の談話‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 509
小説の題のつけ方‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 510
序(田中貢一著『花物語』)‥‥‥‥‥ 511
明治学院校歌‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 512
種の為め、女‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 513
自然派と非自然派‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 514
雨声帖寄せ書‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 515
序(吉野臥城著『痛快』)‥‥‥‥‥‥ 515
『壁』に就て‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 515
「新年物と文士」への回答‥‥‥‥‥‥ 516
自然から芸術を得る(「新技巧といふこと」への回答)‥‥ 516
一葉女史と其周囲‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 517
序(山浦瑞州著『一兵卒の告白』)‥‥ 519
「予の新しき希望」への回答‥‥‥‥‥ 519
最近の文学界所感‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 519
正宗白鳥論(人を愛せずして、人より愛せらるゝ人)‥‥ 520
事業と人‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 520
「文士の生命は何故に短きか」への回答‥‥ 521
「和洋何れを好むか―名流の衣食住」への回答‥‥ 521
クロポトキンの自伝‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 521
北村透谷君‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 522
文学談片‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 525
東西の相異(「活動写真について」への回答)‥‥ 527
森鴎外論(聯想と回顧)‥‥‥‥‥‥‥ 527
「銷夏招涼の珠」への回答‥‥‥‥‥‥ 528
「嗜好の果物―秋の感想」への回答‥‥ 528
昨日午前の日記‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 529
「文芸家と晩饗」への回答‥‥‥‥‥‥ 529
「早稲田派文士の長短」への回答‥‥‥ 529
自由劇場試演所感‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 530
何物をか吾生涯に与へし旅‥‥‥‥‥‥ 531
「名士と花」への回答‥‥‥‥‥‥‥‥ 534
五月の文芸雑誌‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 534
都会の情調‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 535
有楽座を見て(自由劇場第2回試演雑感)‥‥ 536
旅の印象‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 536
募集小説を読む‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 538
透谷君の故家‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 539
文芸委員会に対する予の希望‥‥‥‥‥ 540
募集小説を読む‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 541
河岸の家より‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 544
募集小説を読む‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 545
八月の募集小説‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 545
「明治文壇天才観」への回答‥‥‥‥‥ 547
読募集小説‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 548
古きを温ぬる心(『早稲田文学』記者との問答)‥‥ 549
読募集小説‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 551
読募集小説‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 552
読募集小説‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 553
『黴』の批評‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 555
『新潮』の記者に‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 559
坪内博士(坪内逍遥論)‥‥‥‥‥‥‥ 560
輝いた人と輝かない人(「明治の文壇及び劇団に於て最も偉大と認めたる人物事業作品」への回答)‥‥ 561
遺稿の後に(島崎正樹『松か枝』)‥‥ 561
序(有島生馬著『蝙蝠の如く』)‥‥‥ 562
「上場して見たき脚本三種」への回答‥ 564
装釘に就て(『春』と『家』及び其他)‥‥ 565
出発前の感想‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 567
『桜の実』の読者に‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 568
三月桃節句(種菓子屋・相川氏の求めに依る広告文)‥‥ 569
フランス時代
巴里の藤村氏より‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 570
『桜の実』について‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 571
戒厳令下の巴里より‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 571
リモオジュにて‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 573
消息‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 573
帰国当時
若き仏蘭西の二作家(小説家フヰリプと詩人ペギー)‥‥ 575
仏蘭西の新聞紙‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 577
田山君の『時は過ぎゆく』‥‥‥‥‥‥ 581
仏蘭西の芝居‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 582
床しい仏蘭西娘‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 585
漱石氏(「漱石氏に関する感想及び印象」への回答)‥‥ 586
稿を継ぐ前に(「桜の実の熟する時」)‥‥ 586
序(高村真夫著『欧州美術巡礼記』)‥ 588
オート・ヰ゛ヱンヌの田舎‥‥‥‥‥‥ 589
桜川町で‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 591
『信濃歌選』序‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 593
有島生馬氏の印象‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 594
フランス人のディレッタンチスム(「各国国民性の文学的観察」への回答)‥‥ 596
*解題‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 599
 

第7巻 1967.5.10
 
新生‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 1
*解題‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 499
*校異‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 501
*附記・語註‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 544
 

第8巻 1967.6.10
 
海へ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 1
第1章 海へ ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 4
第2章 地中海の旅 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥48
第3章 燕のごとく帰る ‥‥‥‥‥‥‥66
第4章 故国を見るまで ‥‥‥‥‥‥‥82
第5章 故国に帰りて ‥‥‥‥‥‥‥ 152
エトランゼエ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 187
幼きものに‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 445
はしがき‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 447
1 驢馬の話‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 449
2 旅の土産‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 450
3 日本の言葉‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 451
4 パンと葡萄酒‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 452
5 青い海‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 454
6 鴎‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 455
7 黄色い海‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 456
8 熱帯の国‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 457
9 鹿の身上話‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 458
10 鰐 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 459
11 忠実な水夫 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 462
12 東洋の港々 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 464
13 お釈迦さまの燈火 ‥‥‥‥‥‥‥ 465
14 亜剌比亜の海 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 466
15 黒奴 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 466
16 エルサレムの花 ‥‥‥‥‥‥‥‥ 467
17 駱駝 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 468
18 以太利娘の踊 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 469
19 仏蘭西の港 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 470
20 銀杏の樹 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 470
21 雀の案内 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 472
22 柿 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 475
23 菊の花の国 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 476
24 日本紙 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 477
25 漆器と陶器 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 477
26 絹 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 478
27 鉄と材木 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 478
28 焼肉さん、お休み ‥‥‥‥‥‥‥ 479
29 働いた報い ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 480
30 不思議な一言 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 482
31 良心の眼ざめ ‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 483
32 二匹の狐の話 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 485
33 巴里の裁判所 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 486
34 ナポレオンの墓 ‥‥‥‥‥‥‥‥ 487
35 薬剤士の銅像 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 488
36 天文台の時計 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 488
37 焼栗 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 491
38 山羊の乳売 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 491
39 兎の歌 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 492
40 雪は踊りつゝある ‥‥‥‥‥‥‥ 493
41 小学校の生徒 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 494
42 親鳥の愛 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 496
43 正直な子供の話 ‥‥‥‥‥‥‥‥ 497
44 なまけものの学校 ‥‥‥‥‥‥‥ 499
45 仏蘭西の田舎 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 500
46 少年と少女 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 501
47 お礼廻り ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 504
48 牧場 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 506
49 葡萄の産地 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 507
50 西班牙の石榴 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 508
51 飛行船 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 509
52 一生懸命 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 510
53 日の丸の旗 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 510
54 戦争の話 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 511
55 兵隊さんの日 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 512
56 鐘 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 513
57 お薬 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 514
58 人形の窓の下の歌 ‥‥‥‥‥‥‥ 515
59 お別れ ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 518
60 英吉利海峡 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 519
61 日本の船 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 520
62 銀色の魚 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 520
63 赤道 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 521
64 南十字架の星 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 521
65 セント・ヘレナの島 ‥‥‥‥‥‥ 522
66 金剛石の産地 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 522
67 鬼 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 523
68 黒いお巡査さん ‥‥‥‥‥‥‥‥ 524
69 土人の娘 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 525
70 鯨の取れた話 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 526
71 波の上 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 527
72 再び新嘉坡へ ‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 528
73 再び香港へ ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 529
74 人形のお供 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 529
75 蜻蛉 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 532
76 門の扉 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 532
77 燕 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 534
『幼きものに』の後に‥‥‥‥‥‥‥ 535
*解題‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 537
 

第9巻 1967.7.10
 
飯倉だより‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 1
三人の訪問者‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 5
土‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥10
胸を開け‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥10
回想のセザンヌ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥14
ルウヂンとバザロフ‥‥‥‥‥‥‥‥‥18
芭蕉‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥26
北村透谷二十七回忌に‥‥‥‥‥‥‥‥35
トルストイの『モウパッサン論』を読む‥‥46
二三の事実‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥62
樹木の言葉‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥66
初恋‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥74
虎に騎る人‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥74
『遊戯』の世界‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥75
パッション‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥75
花のさかり‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥76
恥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥77
忿り‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥77
遊戯‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥78
婦人の力‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥78
涙の力に‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥79
愚かな健康‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥79
孫の愛‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥80
フランシスの伝説‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥80
前世紀の名残‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥81
クリスマス‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥82
熱い料理‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥82
熱い菓子‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥83
誠実‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥83
二人の男‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥84
老年‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥84
昨日、一昨日‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥85
文学に志した頃‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥90
熱い汗と冷たい汗‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥92
芭蕉と一茶‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥93
柳沢健君著『現代の詩及び詩人』小序‥94
現代小説選集序‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥95
田中卯一郎君処女作集『悩める人々』序‥‥95
小野賢一郎君著『洋行茶話』序‥‥‥‥96
自分の全集のはじめに書いた序の言葉‥97
婦人の眼ざめ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥98
童話‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 105
複雑と単純‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 108
文学にあらはれたる国民性の一面‥‥ 111
土岐哀果の歌‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 113
ふと見つけた静かさ‥‥‥‥‥‥‥‥ 118
民謡‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 120
芸術と先蹤‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 121
初学者のために‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 122
巴里‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 126
寝言‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 128
パスカルの言葉‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 131
春を待ちつゝ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 141
自然‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 145
愛‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 146
一茶の生涯‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 150
芭蕉のこと‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 156
トルストイの晩年‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 164
ドストイエフスキイのこと‥‥‥‥‥ 168
大正十四年を迎へし時‥‥‥‥‥‥‥ 170
四つの問題‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 174
生長と成熟‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 181
前世紀を探求する心‥‥‥‥‥‥‥‥ 186
反省‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 192
フランシス・ジャンムの言葉‥‥‥‥ 192
カアライルとホヰットマン‥‥‥‥‥ 194
愚と悪‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 195
有島武郎君のこと‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 196
湿れる松明のごとく‥‥‥‥‥‥‥‥ 198
流行と不易‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 199
滑稽の大きな力‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 199
浅瀬を奔り流るゝ水のごとく‥‥‥‥ 200
大暑‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 200
都会‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 203
二三の事実‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 205
農民のために‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 210
信濃の婦人‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 212
旧い学窓のこと‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 213
小屏風の言葉‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 218
戸川秋骨君著随筆集『文鳥』の序‥‥ 220
跫音‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 221
老年‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 223
言葉‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 226
創作‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 228
チエホフの『三人の姉妹』‥‥‥‥‥ 228
ストリンドベルクの童話集‥‥‥‥‥ 229
真の人間を書くことに‥‥‥‥‥‥‥ 229
思想と人物‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 230
秘密‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 230
『プウシキンこそ吾々の教師である』‥‥ 231
先輩と考へて見ることによつて‥‥‥ 232
才能を有するものはまた勇気をも有する筈である‥‥ 232
斎藤緑雨の言葉‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 234
口語と詩歌の一致について‥‥‥‥‥ 234
吾国の象徴主義‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 235
茶人の言葉‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 236
消極と積極‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 237
相聞の歌‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 238
『人形の家』を読みて‥‥‥‥‥‥‥ 238
眼醒めたものの悲しみ‥‥‥‥‥‥‥ 249
透谷君の三十回忌に‥‥‥‥‥‥‥‥ 253
身のまはりのこと‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 256
太陽の言葉‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 264
必然性‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 266
美を積むもの‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 267
春を待ちつゝ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 267
ふるさと‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 271
はしがき‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 273
1 雀のおやど‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 275
2 五木の林‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 276
3 山の中へ来るお正月‥‥‥‥‥‥‥ 277
4 子供の時分‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 278
5 荷物を運ぶ馬‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 278
6 奥山に燃える火‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 280
7 水の話‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 281
8 凧‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 282
9 猿羽織‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 285
10 雪は踊りつゝある ‥‥‥‥‥‥‥ 285
11 庄吉爺さん ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 287
12 草摘みに ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 289
13 燕の来る頃 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 290
14 永昌寺 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 292
15 お茶をつくる家 ‥‥‥‥‥‥‥‥ 294
16 梨や柿はお友達 ‥‥‥‥‥‥‥‥ 295
17 鳥獣もお友達 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 297
18 榎木の実 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 299
19 木曽の蝿 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 301
20 蚋 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 301
21 木曽馬 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 302
22 御嶽参り ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 302
23 芭蕉翁の石碑 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 303
24 お百草 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 304
25 檜木笠 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 304
26 ふるさとの言葉 ‥‥‥‥‥‥‥‥ 305
27 お百姓の苗字 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 306
28 狐の身上話 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 306
29 生徒さん、今日は ‥‥‥‥‥‥‥ 308
30 黒い蝶々 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 308
31 梨の木の下 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 310
32 翫具は野にも畠にも ‥‥‥‥‥‥ 311
33 旅の飴屋さん ‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 313
34 水晶のお土産 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 314
35 雄鶏の冒険 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 315
36 たなばたさま ‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 317
37 巴旦杏 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 317
38 鰍すくひ ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 318
39 祖母さんの鍵 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 319
40 祖父さんの好きな御幣餅 ‥‥‥‥ 320
41 お隣りの人達 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 321
42 屋号 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 322
43 お墓参りの道 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 323
44 蜂の子 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 324
45 青い柿 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 326
46 小鳥の先達 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 328
47 鳥屋 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 329
48 炉辺 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 330
49 山の中へ来る冬 ‥‥‥‥‥‥‥‥ 331
50 木曽の焼米 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 332
51 屋根の石と水車 ‥‥‥‥‥‥‥‥ 332
52 炬燵 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 333
53 唄の好きな石臼 ‥‥‥‥‥‥‥‥ 334
54 冬の贈り物 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 334
55 少年の遊学 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 336
56 祖父さんと祖母さんのおせんべつ‥‥ 337
57 伯父さんの床屋 ‥‥‥‥‥‥‥‥ 338
58 お別れ ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 339
59 さやうなら ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 340
60 峠の馬の挨拶 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 342
61 初旅 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 343
62 木曽川 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 343
63 御休処 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 344
64 寝覚の蕎麦屋 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 345
65 浦島太郎の釣竿 ‥‥‥‥‥‥‥‥ 346
66 桟橋の猿 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 346
67 山越し ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 348
68 沓掛の温泉宿 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 349
69 乗合馬車 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 349
70 終の話 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 350
ふるさとの後に‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 351
をさなものがたり‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 353
はしがき‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 355
1 林檎‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 357
2 朝倉先生‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 358
3 鳶さん、今日は‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 359
4 瓜と茄子‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 361
5 黒いお家‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 362
6 井戸の話‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 363
7 金魚‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 364
8 活字‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 366
9 木登りの代りに‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 366
10 祖父さんからお手紙 ‥‥‥‥‥‥ 368
11 東京の言葉 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 369
12 麦藁帽子 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 370
13 樽柿の話 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 371
14 霜焼が痛い ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 373
15 倹約なお婆さん ‥‥‥‥‥‥‥‥ 373
16 居眠りの好きな洋燈 ‥‥‥‥‥‥ 374
17 臆病 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 375
18 ドンの鳴るまで ‥‥‥‥‥‥‥‥ 376
19 狆の話 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 378
20 長いもの ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 379
21 病気勝ちな小母さん ‥‥‥‥‥‥ 380
22 弱いものでも ‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 381
23 祖父さんの上京 ‥‥‥‥‥‥‥‥ 381
24 祖父さんの鏡 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 382
25 路傍の石 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 383
26 大人と子供 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 383
27 祖父さん、さやうなら ‥‥‥‥‥ 384
28 鉛筆写生 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 385
29 雀の来る窓 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 386
30 飛ぶ夢 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 387
31 蜂のお灸 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 387
32 幸福 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 390
33 愚かな馬の話 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 392
34 太陽の出る前 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 394
35 鶴と鴨 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 397
36 魔法づかひ ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 398
37 思ひ思ひに ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 400
38 香の国へ、光の世界へ ‥‥‥‥‥ 401
39 見知らぬ学生さん ‥‥‥‥‥‥‥ 402
40 この世の旅 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 403
41 小父さんの髯 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 404
42 新しいお家 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 404
43 鯉幟 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 406
44 菖蒲の葉 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 407
45 水の御馳走 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 407
46 都会へ来る夏 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 410
47 灯を見に ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 411
48 蝉の羽織 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 413
49 蝉の子守唄 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 414
50 酸漿 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 415
51 かまきりと玉蟲 ‥‥‥‥‥‥‥‥ 415
52 米つき蟲の言草 ‥‥‥‥‥‥‥‥ 416
53 沙魚の話 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 417
54 水泳 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 418
55 蟹の子供 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 420
56 同じく ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 421
57 荷物を運ぶ船 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 422
58 甘酒屋 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 423
59 西瓜の昼寝 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 424
60 シャボン玉 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 424
61 地震 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 425
62 屋根の草と釣荵 ‥‥‥‥‥‥‥‥ 426
63 蟋蟀 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 427
64 丘の上の学校 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 428
65 学校へ通ふ道 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 429
66 庭の掃除 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 430
67 柚湯 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 431
68 苺 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 432
69 冬の土産 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 433
70 夕日 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 434
71 あの時分 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 435
72 蝦蟇の道連れ ‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 435
73 燕の通訳 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 437
74 馬鹿者の話 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 438
75 兎 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 441
76 もう一度、水泳について ‥‥‥‥ 444
77 竹の子 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 447
78 書籍 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 450
79 同じく ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 451
80 水の話 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 452
81 古い時計 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 453
82 銀貨や銅貨を金貨に ‥‥‥‥‥‥ 455
『をさなものがたり』の後に‥‥‥‥ 456
藤村いろは歌留多‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 459
拾遺
芝桜川町、飯倉時代前期
木曽路の一宿駅‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 481
芝の客舎にて‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 482
「国詩」の募集を喜ぶ理由‥‥‥‥‥‥ 483
桜川町より‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 484
『国詩』を読む‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 486
小山内薫氏の印象‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 487
序(樋口一葉著『たけくらべ』)‥‥‥ 488
題言(扉筆蹟)‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 489
「読後感話」‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 489
小さな土産話‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 491
1 兎と針鼠‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 491
2 苺‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 492
3 盲目の雀‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 492
「余の文章が始めて活字となりし時」への回答‥‥ 493
旅人の眼に映ぜし仏蘭西の美術‥‥‥‥ 493
「本年発表せる創作に就て」への回答‥ 498
中村星湖氏の印象‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 498
蝙蝠の話‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 500
コケコツコー‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 501
花袋・秋声両氏が誕生五十年を記念すべく‥‥ 503
「青い鳥」を舞台の上に見て‥‥‥‥‥ 504
序(武田蚯蚓著『土に生くるもの』)‥ 505
「此一票を与ふべき代議士を文壇諸家に問ふ」への回答‥‥ 505
「夜の海」の後に(福永挽歌著『夜の海』跋
文)‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 506
筆蹟‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 508
私の事‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 508
中沢臨川君を憶ふ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 508
芸術と実行‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 510
中沢臨川君のこと‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 518
「文芸院問題」への回答‥‥‥‥‥‥‥ 519
「祝賀会は受けぬ覚悟」‥‥‥‥‥‥‥ 520
二三の印象‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 521
自分の足跡‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 522
飯倉だより‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 524
お弁当‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 524
私が筆を執る時‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 525
読む言葉と話す言葉(国語整理の問題)‥‥ 529
永遠の心を辿れ(ダンテ六百年祭)‥‥ 530
文学に志す青年諸君に‥‥‥‥‥‥‥‥ 531
透谷未亡人の現状‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 533
半生の著作を前に(「藤村全集」刊行に就て)‥‥ 534
「文芸院設立の是非と希望」への回答‥ 534
誕生五十年に際して(東京朝日新聞社記念講演会にて)‥‥ 534
『ある女の生涯』など(「本年発表せる創作に就いて」への回答)‥‥ 538
忙しい春‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 538
婦人雑誌『処女地』創刊趣意書‥‥‥‥ 539
読者へ(『処女地』)‥‥‥‥‥‥‥‥ 539
読者へ(『処女地』)‥‥‥‥‥‥‥‥ 540
読者へ(爪哇婦人カルチニの手紙)‥‥ 541
社告(『処女地』)‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 547
飯倉だより(独逸よりの最近の消息)‥ 548
読者へ(『処女地』)‥‥‥‥‥‥‥‥ 552
覆面の婦人より‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 552
読者へ(『処女地』)‥‥‥‥‥‥‥‥ 558
「わたしたちの手帖」(本号の口絵に就いて)‥‥ 559
読者へ(『処女地』)‥‥‥‥‥‥‥‥ 561
社告(『処女地』)‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 562
飯倉だより‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 562
日向吉次郎翁記念碑‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 563
飯倉だより‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 563
故郷を思ふ心‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 563
序の言葉(浜田広介著『大将の銅像』)‥‥ 566
「予が本年発表せる創作に就いて」への回答‥‥ 567
飯倉だより(少年と小児の為に談ず)‥ 567
若い母の時代(「女性美の最も十分に発揮される年齢及びその理由」への回答‥‥ 569
藤沢清造著『根津権現裏』推薦文‥‥‥ 570
有島武郎君の恋愛関係‥‥‥‥‥‥‥‥ 570
「私の好む花」への回答‥‥‥‥‥‥‥ 572
楠雄に‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 572
「邦劇を海外へ紹介するとしたら」への回答‥‥ 574
飯倉だより‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 574
近刊二種(「旅―読書」欄への回答)‥ 575
福岡日日新聞懸賞募集長篇小説を読みて‥‥ 575
南部修太郎君に‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 582
「私の得た最初の原稿料」への回答‥‥ 583
「人間と運命」‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 583
文学界の生れた頃‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 583
「父と子」への回答‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 586
「私が本年発表した創作に就いて」への回答‥‥ 587
「傷けられし処女の行くべき道」への回答(この問題に対する会話の断片)‥‥ 587
「悲しき訴へを聴く」への回答‥‥‥‥ 590
消息‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 590
深草亭記‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 592
「私の夏の書斎」‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 593
『春』のことがら‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 595
一茶のこと‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 597
「嵐の反響」‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 599
消息(私の詩碑について)‥‥‥‥‥‥ 600
融和問題と文芸‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 601
「青年の頃」への回答‥‥‥‥‥‥‥‥ 606
二三の言葉(百田宗治著『鑑賞藤村詩帖』序)‥‥ 606
「国家の文芸家表彰に就いて」への回答‥‥ 607
親ごゝろ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 607
「私が本年発表した創作に就いて」への回答‥‥ 609
*解題‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 611
 

第10巻 1967.8.10
 
嵐‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 1
嵐‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 3
伸び支度‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥53
ある女の生涯‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥63
三人‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 107
明日‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 137
貧しい理学士‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 163
子に送る手紙‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 199
熱海土産‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 237
食堂‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 267
嵐の後に‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 290
涙‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 291
分配‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 301
山陰土産‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 327
1 大阪より城崎へ‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 329
2 城崎附近‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 336
3 大乗寺を訪ふ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 340
4 山陰道の夏‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 344
5 浦富海岸‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 347
6 鳥取の二日‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 351
7 三朝温泉‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 356
8 松江まで‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 359
9 境港と美保の関‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 365
10 出雲浦海岸 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 369
11 宍道湖の旅情 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 375
12 菅田庵を訪ふ ‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 378
13 杵築より石見益田まで ‥‥‥‥‥ 380
14 雪舟の遺蹟 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 383
15 高角山 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 389
16 津和野まで ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 392
力餅‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 397
力餅はしがき‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 399
第1章 十の話 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 401
1 時計の言草‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 402
2 蛙の声‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 403
3 栗の子供‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 405
4 蝉の送別会‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 406
5 牛の先達‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 408
6 羊飼の話‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 411
7 案山子‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 414
8 たんぽゝ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 415
9 桃と菖蒲の節句‥‥‥‥‥‥‥‥ 415
10 お寺の小僧さん ‥‥‥‥‥‥‥ 417
第2章 母を思ふ ‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 419
1 母を思ふ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 420
2 蕪を漬ける家‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 421
3 古い池‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 421
4 塩のお握飯‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 422
5 芋焼餅‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 423
6 髪結の親子‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 424
7 不似合なもの‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 425
8 生ると申すか、生らぬと申すか‥ 426
9 恵那山の麓‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 426
10 里言葉 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 427
11 白い狗の話 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 428
12 母の上京 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 429
第3章 二つの雷さまその他 ‥‥‥‥ 431
1 二つの雷さま‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 432
2 この世の旅のはじめに‥‥‥‥‥ 434
3 近江の刀鍛冶‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 435
4 呉くみ子さん‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 439
5 栗本先生‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 440
6 古着屋の亭主‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 443
第4章 教師はお友達の中にも ‥‥‥ 445
1 教師はお友達の中にも‥‥‥‥‥ 446
2 サクソニイの梅‥‥‥‥‥‥‥‥ 446
3 若いお友達の死‥‥‥‥‥‥‥‥ 447
4 帚木‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 448
5 心を入れ替へに‥‥‥‥‥‥‥‥ 448
6 上総行の船が出る頃‥‥‥‥‥‥ 449
7 鹿野山を越えて‥‥‥‥‥‥‥‥ 450
8 小湊へ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 451
9 玄関番‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 453
10 『小公子』の訳者 ‥‥‥‥‥‥ 454
第5章 宮城野 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 457
1 宮城野‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 458
2 松島‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 459
3 母を葬りに‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 460
4 両親の墓‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 461
5 樫鳥の挨拶‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 462
6 帰郷の日‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 463
7 仙台の宿‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 465
8 荒浜‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 465
9 耳の好い人‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 466
10 木像拝見 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 468
11 松風 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 469
12 長いもの ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 469
13 鯛と鮭 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 470
14 朝 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 471
第6章 姉 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 473
1 姉‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 474
2 姉の家‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 474
3 栗めしの好きな橘翁さま‥‥‥‥ 476
4 馬市の立つ町‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 477
5 行商‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 478
6 古い茶椀‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 479
7 秋を迎へて‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 480
8 夕顔より干瓢へ‥‥‥‥‥‥‥‥ 481
9 涼しさうなもの‥‥‥‥‥‥‥‥ 482
10 木曽の蝿 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 482
第7章 浅間の麓 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 485
1 浅間の麓‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 486
2 チヨン髷‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 488
3 土と水‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 489
4 地大根‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 490
5 山の上へ来る冬‥‥‥‥‥‥‥‥ 491
6 若布売‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 492
7 わらびと竹の子‥‥‥‥‥‥‥‥ 493
8 佐久言葉‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 494
9 桃‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 494
10 蛙の見学 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 495
11 書物は野にも河原にも ‥‥‥‥ 499
第8章 十二の話 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 501
1 読書の声‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 502
2 斎藤さんの羽織の紐‥‥‥‥‥‥ 502
3 手製の玩具‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 503
4 小山喜代野さんの碑銘‥‥‥‥‥ 504
5 子供のお友達の一‥‥‥‥‥‥‥ 505
6 子供のお友達の二‥‥‥‥‥‥‥ 506
7 子供のお友達の三‥‥‥‥‥‥‥ 506
8 海の神‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 507
9 たけくらべの里‥‥‥‥‥‥‥‥ 509
10 新しい建築の話 ‥‥‥‥‥‥‥ 510
11 二人の旅人の問答 ‥‥‥‥‥‥ 511
12 ほゝづき ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 513
『力餅』の後に‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 515
*解題‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 519
*校異‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 527
 

第11巻 1966.9.10
 
夜明け前 第1部 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 1
*解題‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 543
*校異‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 553
*語註‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 593
 

第12巻 1966.10.10
 
夜明け前 第2部 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 1
*解題‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 539
*校異‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 555
*語註‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 579
 

第13巻 1967.9.10
 
市井にありて‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 1
いろはがるた‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 5
朝夕‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 8
言葉の術‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 8
民話‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥17
近江の商人‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥18
鯉を放つ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥19
草の言葉‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥20
消息‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥32
夜咄‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥36
枕のもと‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥40
身のまはりのこと‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥41
小諸のおもひで‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥48
芥川龍之介君のこと‥‥‥‥‥‥‥‥‥52
『蝿』‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥60
花袋君を訪ふ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥67
著作と出版‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥70
虚心坦懐‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥77
熱情と愛‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥79
深刻ではあつても残酷ではない‥‥‥‥81
青春の薔薇‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥83
精神の流浪‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥85
朝顔といふ花‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥89
磁石は常に南を指す‥‥‥‥‥‥‥‥‥90
批評について‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥92
新釈‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥94
『冬菜』の作者に‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥96
美しい心‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥98
生き残るもののため‥‥‥‥‥‥‥‥ 100
故樋口一葉‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 101
近江の自然‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 102
明治文学の出発点‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 103
『文学界』のこと‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 104
『若菜集』時代‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 108
三つの長篇を書いた当時のこと‥‥‥ 113
折にふれて‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 120
同じく‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 121
寝ごと‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 123
千曲川の旅情‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 124
小山喜代野夫人碑銘‥‥‥‥‥‥‥‥ 126
桃‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 126
短夜の頃‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 130
一茶の俳句より‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 133
夢‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 135
相生‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 137
寄席‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 139
生を養ふ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 144
ある日の対話‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 145
飯倉附近‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 157
附記‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 166
桃の雫‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 177
六十歳を迎へて‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 179
路‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 179
生一本‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 180
大きな言葉と小さな言葉‥‥‥‥‥‥ 181
昭和六年のはじめに‥‥‥‥‥‥‥‥ 185
寝物語‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 188
回顧‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 194
第三の眼‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 201
交通の変革が持ち来すもの‥‥‥‥‥ 202
町人蜂谷源十郎の覚書‥‥‥‥‥‥‥ 204
笑‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 211
ごめん下さい‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 217
餞の言葉‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 218
東歌‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 220
沢木梢君のおもひで‥‥‥‥‥‥‥‥ 221
『根岸の鴬』‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 226
秋草‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 229
このごろの日課‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 232
小半日‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 234
伊香保土産‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 239
京都日記‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 244
力餅‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 248
三義鳩の記‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 252
煙草‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 254
破屋‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 255
文章を学ぶもののために‥‥‥‥‥‥ 255
夜咄‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 256
老子‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 258
パスカル‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 259
杜子美‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 260
芭蕉‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 261
本居宣長‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 266
トルストイ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 267
チエホフ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 268
バルザック‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 269
ゾラ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 270
岡倉覚三‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 271
鴎外漁史‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 272
シェークスピア‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 274
応援の辞‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 276
世界文芸大辞典‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 277
愛児読本‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 278
文壇出世作全集‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 279
木の実、草の実‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 281
著作者としての自分の出発‥‥‥‥‥ 283
二つの像‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 286
婦人の笑顔‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 287
TERRE ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 288
覚書‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 289
昼寝‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 305
ある人へ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 309
雪の障子‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 310
紫の一もと‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 312
人工の翼‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 313
歴史と伝説と実相‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 314
牧野信一君の『文学的自叙伝』‥‥‥ 317
好き距離‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 320
日本海と太平洋‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 320
拾遺
飯倉時代後期
『夜明け前』を出すについて‥‥‥‥‥ 325
小山内薫君‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 325
鴎外漁史‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 328
牧水全集をすゝむ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 328
お答(「昭和四年に発表せる創作・評論」への回答)‥‥ 328
『千夜一夜』‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 329
名宝展一瞥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 329
「田山花袋との最後の対面」‥‥‥‥‥ 331
花袋君の芸術‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 332
机上の銷夏法‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 333
序の言葉(務台四郎編『藤村少年読本』)‥‥ 333
北村透谷を憶ふ言葉(文豪遺墨展に寄す)‥‥ 334
文豪遺墨展の印象‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 334
序の言葉(菊池重三郎著『欧羅巴物語』)‥‥ 336
「印象に残つた人と仕事」への回答‥‥ 337
「昭和五年に発表せる創作・評論に就て」への回答‥‥ 337
寝物語‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 337
田村栄太郎氏が「夜明け前」の史的考察に接して‥‥ 338
田山君の墓前で‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 341
自分一個としては見合せを希望す(国定教科書に実施されんと聞く仮名遣改定案に就て)‥‥ 342
飯倉より‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 344
故園の心‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 345
小山敬三君の製作(小山敬三滞欧作個展カタログ序文)‥‥ 346
寝物語‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 346
序のことば(山崎斌著『日本固有草木染色譜』)‥‥ 348
新春を語る‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 349
松本女子職業学校校歌‥‥‥‥‥‥‥‥ 349
西丸小園のために(西丸小園画会の推薦文)‥‥ 350
序のことば(田山花袋著『百夜』)‥‥ 351
ゲーテ全集を薦むるの辞‥‥‥‥‥‥‥ 352
『夜明け前』成る‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 353
祝の言葉‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 355
日本ペン倶楽部の設立に就いて‥‥‥‥ 356
日本ペン倶楽部発会席上にて‥‥‥‥‥ 357
北村透谷(『世界文芸大辞典』索引)‥ 360
雛祭を迎へて‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 362
「我家」を設計‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 362
「苦しい余生」‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 363
小さな声‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 363
木村熊二翁の遺稿‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 365
学院の若き日‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 368
トルストイ全集に寄す‥‥‥‥‥‥‥‥ 372
竹久君遺作展覧会の開催をよろこびて‥ 373
田山花袋全集に寄す‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 373
「独歩の記念碑」‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 374
初袷(飯倉だより)‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 374
「南米遍路の設計」(花を蒔き歌碑を建てゝ巡る、「谷底の家」と永久訣別)‥‥ 375
「愛用の文机」(感深し「夜明け前」の頃)‥‥ 376
何頼遺稿のはじに(小林郊人著『蛛栖何頼』序)‥‥ 376
所感‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 377
国際ペン大会への渡航時
南方通信を寄するとて‥‥‥‥‥‥‥‥ 377
「秋声全集」刊行の辞‥‥‥‥‥‥‥‥ 378
リオデジャネイロにて‥‥‥‥‥‥‥‥ 378
「ペン・クラブ大会」‥‥‥‥‥‥‥‥ 379
船窓より‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 380
船窓より‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 381
赤道を越えて‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 382
「日本招致も有望」‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 383
喜望峰にて‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 384
南大西洋に出でゝ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 385
「明月の詩感を贈る」‥‥‥‥‥‥‥‥ 387
南米に使せし日(1) ‥‥‥‥‥‥‥‥ 388
南米に使せし日(2) ‥‥‥‥‥‥‥‥ 389
南米に使せし日(3) ‥‥‥‥‥‥‥‥ 390
大統領選挙戦の印象‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 391
紐育の宿舎にて‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 393
大西洋を越えて(欧羅巴通信)‥‥‥‥ 394
麹町、大磯時代
国際ペン・クラブ大会より帰国の際の談話‥‥ 395
第14回国際ペン大会報告‥‥‥‥‥‥‥ 396
第14回国際ペン倶楽部大会に於ける演説‥‥ 414
日本近代文学の発展について‥‥‥‥‥ 415
最も日本的なるもの‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 418
「旅窓の信州人」‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 420
開会の挨拶(物故作家慰霊祭記念講演会)‥‥ 425
南米その他の旅より帰りて‥‥‥‥‥‥ 427
新芸術院に関する談話‥‥‥‥‥‥‥‥ 436
芸術院のこと(私の辞退したわけ)‥‥ 436
仙台の二日‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 438
「国語に対する山本有三氏の意見について」への回答‥‥ 439
土‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 440
ある人々に‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 440
師走の日‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 442
新春を迎へて‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 443
すなほな心(『模範綴方全集』序のことば)‥‥ 444
刊行の辞(『新日本少年少女文庫』)‥ 445
学院時代の戸川秋骨君‥‥‥‥‥‥‥‥ 445
序の言葉(金素雲著『乳色の雲』)‥‥ 447
「深雪の下の緑こそ‥‥」‥‥‥‥‥‥ 447
師走の日‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 448
小半日‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 448
雪の障子‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 450
母国の春‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 451
「明治学院旧総理井深梶之助に関する言葉」‥‥ 454
序のことば(岡田八千代著『若き日の小山内薫』)‥‥ 454
水上滝太郎君の著作‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 455
木曽の山里‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 456
序(『西洋文学選』)‥‥‥‥‥‥‥‥ 457
親鳥の愛‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 458
「西洋文学選」あとがき‥‥‥‥‥‥‥ 459
昭和十六年を迎へて‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 460
回顧(父を追想して書いた国学上の私見)‥‥ 461
慰問袋‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 471
夜咄‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 477
国語問題覚書‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 481
武林君とゾラの翻訳‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 491
羽衣 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 492
「千曲川のスケツチ」筋書(劇映画のためのストオリイ)‥‥ 493
序(山崎斌編『藤村の歩める道』)‥‥ 495
少年少女におくる言葉‥‥‥‥‥‥‥‥ 496
耳を洗ふ(序に代へてある人に与ふる手紙)‥‥ 499
序のことば(高橋新吉著『神社参拝』)‥‥ 501
大会への希望‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 502
心心見春草‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 504
栗本鋤雲の遺稿(鋤雲翁四十六回忌に)‥‥ 505
*解題‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 509
 

第14巻 1967.10.10
 
東方の門‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 1
東方の門を出すに就いて‥‥‥‥‥‥‥ 3
巡礼‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 121
1
船出‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 123
2
東洋の港々の一‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 125
東洋の港々の二‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 130
3
海路‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 137
東洋の港々の三‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 140
4
赤道祭‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 147
八月の印度洋‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 150
亡命の客‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 152
ダアバン寄港‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 154
阿弗利加の南端‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 156
5
南阿事情‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 160
南米移民の群‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 165
「海のハンマア」‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 168
「鴉の巣」‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 169
南大西洋‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 169
リオの燈台を望むまで‥‥‥‥‥‥‥ 172
移民の上陸‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 173
6
初めて踏む土‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 176
二三の訪問‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 178
邦人の足跡‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 181
アルゼンチンにて‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 182
大和撫子‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 183
7
奉公する人々‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 186
I博士 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 189
窓のない家‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 190
8
ラ・プラタ河の旅情‥‥‥‥‥‥‥‥ 192
邦人の歩める道‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 198
「一移民の汗の手記」‥‥‥‥‥‥‥ 202
9
日本的なるもの‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 206
アルゼンチンよりブラジルへ‥‥‥‥ 212
ブラジル上陸‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 215
10
南米事情の一‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 219
南米事情の二‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 222
「カボクロ」‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 225
南米事情の三‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 226
置土産‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 229
サンパウロよりリオへ‥‥‥‥‥‥‥ 230
11
リオの三日‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 234
北米行の船に上る‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 240
12
紐育港に近づく‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 244
北米雑記の一‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 248
北米雑記の二‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 252
13
北米雑記の三‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 259
北米雑記の四‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 264
北米雑記の五‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 268
14
A君の以太利行を送る ‥‥‥‥‥‥‥ 272
北米雑記の六‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 274
北米雑記の七‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 279
北米雑記の八‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 283
黒い麦‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 285
北米雑記の九‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 286
15
独逸船‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 288
十一月の北大西洋‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 291
シェルブウル港より巴里へ‥‥‥‥‥ 293
仏蘭西雑記の一‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 295
仏蘭西雑記の二‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 298
16
仏蘭西雑記の三‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 301
仏蘭西雑記の四‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 303
一つの譬話‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 306
仏蘭西雑記の五‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 306
仏蘭西雑記の六‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 310
巴里よりマルセエユへ‥‥‥‥‥‥‥ 312
「東方の門」‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 314
17
帰路‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 316
船窓雑記の一‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 320
船窓雑記の二‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 322
船窓雑記の三‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 324
魯迅の言葉‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 327
故国の島影を望むまで‥‥‥‥‥‥‥ 328
「巡礼」ノート‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 333
覚書‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 335
「東方の門」ノート‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 355
雑記帳(い)‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 357
雑記帳(ろ)‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 445
年譜‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 513
*解題‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 563
*校異‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 569
 

第15巻 1968.6.15
 
「夜明け前」ノート‥‥‥‥‥‥‥ 1
大黒屋日記抄‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 3
1(壱番日記) ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 7
2(弐番~五番日記) ‥‥‥‥‥‥‥‥77
3(六番~十三番日記) ‥‥‥‥‥‥ 133
4(十四番~十六番日記) ‥‥‥‥‥ 221
5(十七、十九番日記〔十八番欠〕)‥‥ 285
6(二十、二十一番日記) ‥‥‥‥‥ 333
7(二十二、二十三番日記) ‥‥‥‥ 373
8(二十四、二十五番日記) ‥‥‥‥ 423
9(二十七、二十八番日記〔二十六番欠〕)‥‥ 477
備忘録‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 519
消息集 別冊ノ一‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 521
消息集 別冊ノ二‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 567
消息集 別冊ノ三‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 601
島崎氏年譜‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 615
島崎氏年譜1 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 617
島崎氏年譜2 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 657
覚書‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 717
ノート‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 743
*解題‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 785
 

第16巻 1967.11.30
 
初期作品集
「女学雑誌」時代
明治25年
フランセス、ウイラードを訪の記‥‥‥‥ 5
人生に寄す‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 8
ビーコンスヒールドの妻‥‥‥‥‥‥‥‥12
詩人ミルトンの妻‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥15
小説の実際派を論ず‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥20
元禄時代の韻文‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥27
イーブを懐ふ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥34
ヂッケンスが其児に与ふるの書‥‥‥‥‥37
落柿舎先生挽歌‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥38
嵐雪が芭蕉の墓に謁でし辞‥‥‥‥‥‥‥40
詩人バイロンの母‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥41
甌北が李太白を評するの一節‥‥‥‥‥‥45
僧ルーサーの母‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥47
西行詠花詞十八首‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥51
ジョーヂ、エリオット小説中の女主人公‥54
紅楼夢の一節‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥57
郭公詞‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥60
ワシントンの母‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥65
洗濯の教‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥69
随園詩話の数節‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥72
源氏明石の一段‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥75
夏草‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥79
故人‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥94
「文学界」時代
明治26年
別離‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥99
悲曲 琵琶法師‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 100
六子に寄するの詩‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 123
バイロンをあはれみて 戸川棲月に寄す‥‥ 123
北村透谷に寄す‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 124
禿木子に寄す‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 125
夕軒に寄す‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 125
撫象子に寄す‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 126
暗光廬天知に寄す‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 126
石山寺へ「ハムレット」を納むるの辞‥ 127
馬上、人世を懐ふ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 128
かたつむり‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 129
訪西行庵記‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 134
人生の風流を懐ふ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 135
悲曲 茶のけぶり‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 146
刀鍛冶、堀井来助‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 172
茶丈記‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 174
朱門のうれひ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 178
なりひさご‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 217
我宿の花‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 229
紅葉‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 230
硯友社‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 230
明治27年
草枕‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 236
野末ものがたり‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 245
魂祭‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 250
月‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 256
「無題」‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 262
山家ものがたり‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 263
蝉‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 272
アンゼロ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 273
明治28年
歌反古‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 292
葛の葉‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 298
村居謾筆‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 309
二本榎‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 313
ことしの夏‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 323
新しき星‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 323
青草‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 324
若鮎‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 325
別離‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 326
芍薬‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 327
蝶と花‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 328
木曽川の猿‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 328
野の花‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 329
与作の馬‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 330
藍染川‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 333
醇粋なる趣味‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 343
韻文に就て‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 345
明治29年
新婚祝歌‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 352
月光‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 353
香川景樹の日記‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 357
夏の夜‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 363
草影虫語(内未収録篇)‥‥‥‥‥‥‥ 369
新泉‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 369
小田原海浜に遊ぶ‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 370
友のうへをいたむ‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 371
一葉舟(内未収録篇)‥‥‥‥‥‥‥‥ 372
ゆふまぐれ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 372
蓮花舟‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 373
涙‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 374
天の蝶‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 374
芙蓉峯を読みて‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 376
欧洲古代の山水画を論ず‥‥‥‥‥‥‥ 379
明治30年
河北新報を祝す‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 392
告別の辞‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 394
四つの袖‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 398
雅号由来記‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 417
うたゝね‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 418
明治31年
告別の辞‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 485
「文学界」以後
明治31年
猿曳‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 489
夏の夢‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 493
朝の歌‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 493
この夕‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 494
夏の歌‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 495
緑の蔭‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 497
故径‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 498
蛙の声‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 499
明治32年
独楽賦‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 501
無署名篇
パーネルを弔す‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 505
ヘンリー、サマーセット女史を訪ふ‥‥ 507
ジョージ、ミラーの報告を読む‥‥‥‥ 510
日東の美術‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 511
日東の 飾術‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 513
震災に於る日本人‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 522
アブラハム、リンコンの母‥‥‥‥‥‥ 525
鴨長明とウォイヅヲルス‥‥‥‥‥‥‥ 529
妾が良人ビーチャル氏‥‥‥‥‥‥‥‥ 532
スーンデルバイ、パワー‥‥‥‥‥‥‥ 535
故俳林の二女‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 539
詩人ブローニング女史の故家‥‥‥‥‥ 542
百虫譜‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 547
皐月姫‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 550
蓼花巷記‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 552
袋賛‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 553
吊不幸文‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 554
教育卑見‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 555
月見賦‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 557
園女‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 560
阿仏尼詠詞十八首‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 561
其角雑吟三十七句‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 563
秋風一葦‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 565
*解題‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 567
 

第17巻 1968.11.30
 
書簡集‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 1
I 青年時代
1889年(明治・22)‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 4
1891年(明治・24)‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 4
1892年(明治・25)‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 5
1893年(明治・26)‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 9
1894年(明治・27)‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥30
1895年(明治・28)‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥37
1896年(明治・29)‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥40
1897年(明治・30)‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥45
1898年(明治・31)‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥46
1899年(明治・32)‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥48
II 小諸時代
1899年(明治・32)‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥50
1900年(明治・33)‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥53
1901年(明治・34)‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥56
1902年(明治・35)‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥63
1903年(明治・36)‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥69
1904年(明治・37)‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥76
1905年(明治・38)‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥87
III 西大久保時代
1905年(明治・38)‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥96
1906年(明治・39)‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 108
IV 新片町時代
1906年(明治・39)‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 126
1907年(明治・40)‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 131
1908年(明治・41)‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 142
1909年(明治・42)‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 151
1910年(明治・43)‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 161
1911年(明治・44)‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 172
1912年(明治・45―大正・元)‥‥‥‥ 182
1913年(大正・2) ‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 191
V 渡欧時代
1913年(大正・2) ‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 200
1914年(大正・3) ‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 211
1915年(大正・4) ‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 222
1916年(大正・5) ‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 231
VI 芝二本榎・桜川町時代
1916年(大正・5) ‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 238
1917年(大正・6) ‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 245
1918年(大正・7) ‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 260
VII 飯倉時代
1918年(大正・7) ‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 266
1919年(大正・8) ‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 267
1920年(大正・9) ‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 276
1921年(大正・10)‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 281
1922年(大正・11)‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 292
1923年(大正・12)‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 311
1924年(大正・13)‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 323
1925年(大正・14)‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 355
1926年(大正・15―昭和・元)‥‥‥‥ 386
1927年(昭和・2) ‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 426
1928年(昭和・3) ‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 443
1929年(昭和・4) ‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 473
1930年(昭和・5) ‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 483
1931年(昭和・6) ‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 488
1932年(昭和・7) ‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 499
1933年(昭和・8) ‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 503
1934年(昭和・9) ‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 505
1935年(昭和・10)‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 509
1936年(昭和・11)‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 515
VIII 晩年
1936年(昭和・11)‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 522
1937年(昭和・12)‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 524
1938年(昭和・13)‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 526
1939年(昭和・14)‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 529
1940年(昭和・15)‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 531
1941年(昭和・16)‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 535
1942年(昭和・17)‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 541
1943年(昭和・18)‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 552
*年譜
年譜(年譜1) ‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 559
年譜(年譜2) ‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 565
年譜瀬沼茂樹〔編〕‥‥‥‥‥‥‥ 573
*解題‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 603
*書簡索引
藤村の書簡(柳田泉)‥‥‥‥‥‥ 606
藤村の書簡(瀬沼茂樹)‥‥‥‥‥ 609
島崎藤村年譜(新潮記者〔編〕)‥ 612
 

別巻 藤村研究 1971.5.30
 
同時代批評
明治期
文界要報(脱蝉子)‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 5
慶賀すべき出来事(忍月)‥‥‥‥‥‥‥ 6
『文学界』(青年文記者)‥‥‥‥‥‥‥ 6
清新の思想声調(上田敏)‥‥‥‥‥‥‥ 7
若菜集の詩と画(升)‥‥‥‥‥‥‥‥‥10
朦朧躰の末路(無署名)‥‥‥‥‥‥‥‥11
藤村の『若菜集』(橘香)‥‥‥‥‥‥‥13
若菜集を読む(奥三州)‥‥‥‥‥‥‥‥15
八月の創作(無署名)‥‥‥‥‥‥‥‥‥19
藤村の『うたゝね』(小観子)‥‥‥‥‥20
うたゝね(秋剣)‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥21
新躰詩壇(無署名)‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥21
たそかれの辞(無署名)‥‥‥‥‥‥‥‥23
一葉舟(無署名)‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥26
夏草(無署名)‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥26
『落梅集』を読む(烏水,清白,紫紅,鉄幹)‥‥31
『落梅集』を読む(有美迂生)‥‥‥‥‥44
島崎藤村(青柳有美)‥‥‥‥‥‥‥‥‥46
新体詩家の小説(無署名)‥‥‥‥‥‥‥50
旧主人(編集局同人)‥‥‥‥‥‥‥‥‥51
藤村氏の二新作(秋暁,烏水) ‥‥‥‥‥56
破戒を読む(秋江)‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥61
「破戒」(豹子頭)‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥63
『破戒』を読む(白鳥)‥‥‥‥‥‥‥‥66
『破戒』を評す(楠緒子,柳田国男,白鳥,孤島,未明,秋江,抱月)‥‥67
小説『破戒』其他(晶子)‥‥‥‥‥‥‥79
「破戒」を読む(無署名)‥‥‥‥‥‥‥84
『破戒』を読む(小島烏水)‥‥‥‥‥‥85
「破戒」を読む(のぼ流)‥‥‥‥‥‥‥91
藤村の破戒(柳葉)‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥94
小説破戒を読む(鶉浜生)‥‥‥‥‥‥‥95
『破戒』を読む(羚羊子)‥‥‥‥‥‥‥97
反動の現象(長谷川天渓)‥‥‥‥‥‥ 102
島崎藤村論(孤島,春風,酔生,夏雄,丁蹊生)‥‥ 106
新しき声(蒲原有明)‥‥‥‥‥‥‥‥ 112
藤村の近業(白雲子)‥‥‥‥‥‥‥‥ 116
「春」を読む(中村星湖)‥‥‥‥‥‥ 118
島崎先生の「春」に就いて(秋田雨雀)‥‥ 120
「春」を読む(生方敏郎)‥‥‥‥‥‥ 121
『春』を読む(長谷川天渓)‥‥‥‥‥ 123
『春』と『生』と(御風生,生方敏郎,服部嘉香,雨雀,銀漢子)‥‥ 125
「微温」と「藤村集」(徳田秋江,与謝野鉄幹,相馬御風,太田水穂)‥‥ 131
嶋崎藤村論(岩野泡鳴,徳田秋江,生田長江,蒲原有明,馬場孤蝶,片上天弦,戸川秋骨,後藤宙外)‥‥ 135
「家」を読む(晶川生)‥‥‥‥‥‥‥ 149
「家」に就ての印象と感想(太)‥‥‥ 153
「犠牲」を読みて(晶川生)‥‥‥‥‥ 158
島崎藤村先生の「犠牲」を見て(岡本かの子)‥‥ 160
『縁』と『犠牲』合評(御風生,前田晁,星湖生)‥‥ 162
島崎藤村論(小宮豊隆)‥‥‥‥‥‥‥ 168
藤村氏の小説(生田長江)‥‥‥‥‥‥ 175
小説家としての島崎藤村氏(岩野泡鳴)‥‥ 186
島崎藤村の『家』(木下杢太郎)‥‥‥ 198
藤村氏の『家』と秋声氏の『黴』(相馬御風,中村星湖,田中生)‥‥ 201
近頃読んだ小説に就ての感想(田山花袋)‥‥ 209
島崎藤村氏の『食後』(中村星湖)‥‥ 211
大正期
島崎藤村論(森口多里)‥‥‥‥‥‥‥ 214
島崎藤村氏の『海へ』合評(秋田雨雀,前田晁,中村星湖)‥‥ 225
島崎氏の『新生』(中村星湖)‥‥‥‥ 231
島崎藤村氏の懺悔として観た 「新生」合評(正宗白鳥,阿部次郎,島村民蔵,巌谷小波,沖野岩三郎,厨川白村,室生犀星,上司小剱,近松秋江,秋田雨雀,西宮藤朝,内ヶ崎作三郎,小杉天外,小栗風葉,片上伸,正宗得三郎,加藤朝鳥,前田晁,小川未明,堺利彦,豊島与志雄,生田葵,中村吉蔵,徳田秋声,江口渙,田中純,生方敏郎,加能作次郎)‥‥ 236
島崎藤村氏の『新生』(江間道助)‥‥ 245
島崎藤村氏の小説『新生』を読む(高橋泰)‥‥ 250
藤村氏の女性描写(岡本かの子)‥‥‥ 254
島崎有島二家の近作を読む〔抄〕(原田謙次)‥‥ 256
新潮合評会「三人」(久米正雄,徳田秋声,加能作次郎,宮島新三郎,菊池寛,中村武羅夫)‥‥ 259
新潮合評会「伸び支度」(田山花袋,芥川龍之介,久米正雄,宇野浩二,加能作次郎,千葉亀雄,久保田万太郎,中村武羅夫)‥‥ 264
新批評時代へ(青野季吉)‥‥‥‥‥‥ 266
九月の創作(南部修太郎)‥‥‥‥‥‥ 269
文芸時評(正宗白鳥)‥‥‥‥‥‥‥‥ 271
藤村の嵐をよむ(武者小路実篤)‥‥‥ 280
九月創作採点合評(岡田三郎,堀木克三,森本巌夫,野島辰次,木蘇穀,戸川貞雄,浅原六朗,武川重太郎,藤森淳三,今東光,中村武羅夫)‥‥ 282
小説道管見(宇野浩二)‥‥‥‥‥‥‥ 291
昭和期
島崎氏の「夜明け前」(川端康成)‥‥ 297
「夜明け前」の史的考察(田村栄太郎)‥‥ 300
『夜明け前』論(青野季吉)‥‥‥‥‥ 305
島崎藤村論(正宗白鳥)‥‥‥‥‥‥‥ 321
島崎藤村論(勝本清一郎)‥‥‥‥‥‥ 335
「夜明け前」読後の印象(徳田秋声)‥ 346
島崎藤村著『巡礼』を読む(岡崎義恵)‥‥ 356
藤村氏の「巡礼」(戸山六郎)‥‥‥‥ 358
回想・印象(1)
『凡人崇拝』〔抄〕(戸川秋骨)‥‥‥ 365
『思ひ出づるまゝ』〔抄〕(三宅克己)‥‥‥ 370
『黙歩七十年』〔抄〕(星野天知)‥‥ 372
『飛雲抄』〔抄〕(蒲原有明)‥‥‥‥ 388
『明治文壇の人々』〔抄〕(馬場孤蝶)‥‥ 390
『文学界前後』〔抄〕(平田禿木)‥‥ 404
回想・印象(2)
春雨の日に箱根まで(田山花袋)‥‥‥ 409
巴里に於ける 島崎藤村君(河上肇)‥ 414
島崎藤村先生のこと(水上滝太郎)‥‥ 417
藤村覚え書(広津和郎)‥‥‥‥‥‥‥ 427
藤村氏のこと、そのほか(山内義雄)‥ 433
対談・座談(藤村出席のもの)
徳田秋声島崎藤村 人生・文芸を語る徳田秋声,島崎藤村〔対談〕,中村武羅夫〔司会〕‥‥ 439
国木田独歩研究島崎藤村,吉江喬松,塩田良平,雅川滉,福田清人,中村武羅夫〔司会〕‥‥ 463
島崎藤村と「夜明け前」を語る(島崎藤村,宇野浩二,室生犀星,勝本清一郎,幸田成友,山崎斌)‥‥ 488
国語国字の諸問題(島崎藤村,長谷川如是閑,金田一京助,谷川徹三)‥‥ 505
補遺・拾遺
補遺
メモ(1~14) ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 535
覚書‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 548
飯倉留帳‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 552
拾遺
刑法治罪法ヲ読ム‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 561
平面賛‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 561
貧苦‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 562
序(山浦瑞洲編『浅間登山の友』)‥‥ 564
『泰西名著集』のはじに‥‥‥‥‥‥‥ 564
名家と銷夏法‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 564
文芸上における 陶庵侯と早稲田伯‥‥ 564
年頭の三ケ日‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 565
声‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 565
第5回文部省美術展覧会に於て予の最も感心したる作‥‥ 565
『人為楽園』に就て‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 566
藤村先生の書簡‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 566
明治三十八年以前‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 567
自分の半生‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 569
涼しい巴里の夏‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 569
炉辺より‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 571
一家言‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 572
透谷の名によりて集りし作品及びその作家(第1年第4回)‥‥ 573
私の好きな夏の料理‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 575
Asadya wo irete.‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 575
透谷の名によりて集りし作品及びその作家(第2年第3回)‥‥ 576
日記のつけ方‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 577
鬘自慢の巴里の女‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 578
精力の消耗‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 579
木曽路‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 579
五十年の足跡‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 581
私の文学に志した頃‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 583
回顧して‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 585
 子女史の断髪‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 586
『処女地』にあつまる若き婦人‥‥‥‥ 587
命名の記‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 589
宿駅にて‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 590
海について‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 590
ことしの夏‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 593
回顧‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 593
明治文学の発足‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 594
裙‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 598
「夜明け前」に就て‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 599
「青鉛筆」欄‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 600
「詩の漫遊から帰る」‥‥‥‥‥‥‥‥ 600
「藤村翁の歓迎会」‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 601
「四十年ぶりに踏む思出の地“仙台の土”懐かしきその頃」‥‥ 601
「『心の宿』を見はるかす、碑前に感慨無量、八木山上の藤村氏」‥‥ 602
「杖」‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 603
「詩洋」に寄す‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 604
拾遺(書簡)
書簡‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 605
ポケット用手帖‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 634
スクラップ・ブック‥‥‥‥‥‥‥‥ 635
*資料
島崎家関係資料‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 639
島崎氏系図‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 639
馬篭宿本陣屋敷見取図‥‥‥‥‥ 651
松か枝島崎正樹〔遺稿〕‥‥‥‥ 653
松枝‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 653
松乃秀枝‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 669
常葉集‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 674
許々呂婆世‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 685
ありのまゝ‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 690
島崎家訓‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 697
島崎正樹絶筆‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 699
永昌寺過去帳‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 699
地所建物売渡証書‥‥‥‥‥‥‥ 701
木曽山林事件の経緯(所三男)‥ 704
参考資料‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 717
佐藤輔子日記‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 717
懐を述ぶ(佐藤輔子)‥‥‥‥‥ 756
神津猛日記‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 757
*農事暦(島崎楠男)‥‥‥‥‥‥‥‥ 779
*蔵書目録‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 795
*作品年表‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 865
*書誌‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 911
*参考文献目録三好行雄〔編〕‥‥‥‥ 957
*解題‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥1007

サイトtopへ戻る
[ 2011/02/09 22:12 ] 島崎藤村 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール
本サイトでは管理人が趣味で作成したデータベースを公開しています。著作権等の知的財産権を侵害する意図はありません。ご要望のある方はお知らせください。速やかに対応致します。なお、データの無断複製・転載はお断りしています。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。